Hatena::ブログ(Diary)

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会

【救援会の動き】

  • 4月11日 「生きることは犯罪じゃない」inわらび行動 で2人が不当逮捕。1人目に弁護士が接見。
         救援会を結成。
  • 4月12日 2人目に弁護士が接見。救援会ブログ立ち上げ。救援会声明を発表。
  • 4月13日 朝、送検。さいたま地検前で激励行動
         さいたま地裁、10日間の勾留を接見禁止処分付きで決定。
  • 4月18日 読売新聞へ「実名報道」への抗議文を送る。
  • 4月19日 蕨と東浦和警察署前で激励行動
  • 4月22日 1人目の勾留理由開示請求公判
  • 4月23日 2人の勾留延長が決定される。
  • 4月26日 蕨と東浦和警察署前で3度目の激励行動
  • 4月29日 一名が釈放される。
  • 5月1日  もう一名が釈放。二名を取り戻しました!!!

2009-05-15

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会声明――支援のお礼と報告をかねて

2009年4月11日、蕨市で行なわれた排外主義団体による集会、デモに抗議中に二名が逮捕されました。一名については4月29日に,もう一名については5月1日に釈放され、ともに元気に日常生活に復帰しています。

本件では、一名は排外主義団体の横断幕の一部を奪い取った廉で「窃盗罪」、もう一名は警察署への抗議中に「公務執行妨害」で、逮捕されました。いずれの行為についても証拠隠滅や逃亡の恐れがないにもかかわらず、検察裁判所、警察は、計4回に及ぶ家宅捜索を行い、かつ二度の勾留延長によって実におよそ20日もの間、両名を勾留し続けました。しかも、先の一名については略式起訴というかたちで決着しましたが、その際、検察は、「窃盗罪」を「器物損壊罪」に切り替えざるをえず、また、もう一名についても警官を「殴った」などという偽りの容疑をでっちあげました。このように、警察、検察、またそのいいなりの裁判官は、この長期間の勾留家宅捜索がいかに適正な手続によらない、恣意的なものであったかを自ら露呈したのです。こうした警察、司法による、正当な表現活動に対する「いじめ」に他ならない行為に対して、私たちはあらためて断固抗議し、このような「いじめ」を意のままに行える代用監獄制度の即時廃止を要求します。

同時に、わたしたちは、この間の取り組みをつうじて、こうした司法と警察権の濫用が日本に生活する外国籍の人びとに対して日常的に抑圧を加えていること、そしてかかる制度的抑圧こそが、排外主義運動がかくも傲慢にふるまえる土壌をつくりだしているということを強く、認識するに至りました。今回の排外主義団体の行動については、「怒り」「呆れ」「嘲笑」が圧倒的世論の応えであることはもはや周知のとおり。しかしながら私たちはそこで甘んじることなく、その根幹にある公権力の排外主義に目をそらすことなく対峙し、公正な社会を目指す取り組みをこれからもつづけていくことを固く決意します。

今回の救援活動は、10人近くの弁護士の方々、また救援連絡センターに支えて頂き、そして数多くの方々から支援を頂き、90万円あまりものカンパが集まりました。救援会は本声明をもってこれを総括とし、事務的な処理を終え次第解散いたします。支援を頂いたみなさま、本当にありがとうございました。


5月15日        「外国人追い出しデモ反対行動」救援会

2009-05-01

2人が釈放されました!

東浦和署に勾留されていたBさんが釈放されました(4月30日午前)。また翌日(5月1日)、蕨署に勾留されていたAさんも釈放となりました。

ご支援・ご注目いただいた皆さんに厚く御礼申し上げます。

2009-04-29

家宅捜査に対する抗議文

さいたま地方裁判所

埼玉県警宛

埼玉県警による二度、総計四回にも及ぶ<家宅捜査>に強く抗議します。

4.11、「外国人追い出しデモ」へ抗議して「現行犯」逮捕された2名について、さいたま県警は4月13日にそれぞれの自宅、引き続き4月24日に、それぞれの職場、知人宅に、証拠物品の押収目的の家宅捜査を行い、自宅のパソコン、ちらし、メモ、事件とはまったく関連のない新聞などを押収しました。

私たち救援会は、埼玉県警ならびにさいたま地方裁判所に強く抗議します。

そもそも今回の逮捕者については両名とも「現行犯逮捕」とされており、自宅や職場などに隠すべき物証など、あろうはずがありません。また<被疑事実>に照らしても、埼玉県警による、この総計4回に及ぶ家宅捜査はまったく恣意的なものです。

また、このようなさいたま地方裁判所は、警察が仕立て上げた「<被疑者>は刑事を殴った」などという事実無根の主張によって、この家宅捜査を許可するという、司法権の濫用を行っています。のみならず「外国人追い出しデモ」を主催した右翼団体の「被害届け」に基づいて、その外国人差別、外国人排斥に加担しているとも言わざるをえません。裁判所が外国人に対する憎悪を煽り、差別を扇動するような行為を容認することにつながりかねません。

私たち救援会はこの総計4回にも及ぶ恣意的な家宅捜査について、埼玉県警ならびにさいたま地方裁判所に対して、断固として抗議の意を表明します。


 2009年4月25日 

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会

2009-04-27

三度目の激励行動

f:id:oidashino:20090426140134j:image

4月26日、前回同様蕨署、東浦和署で激励行動を行いました。

勾留延長が決定してしまった仲間たちのため、スピーカーとマイクを使用し、救援会、友人たちが、彼らを心配していること、応援していることを大きな声で伝えました。勾留延長により、外から長期間きり離され、孤立しがちな彼らに我々の声が伝わることを願います。

蕨警察では前回と同じく、警官が多くいましたが問題なく終了しました。

我々は、仲間たちの、一刻も早い釈放を望んでいます。

2009-04-26

勾留延長抗議文

勾留決定に関する抗議・両名の即時釈放を要求します


2009年4月11日、「在日特権を許さない市民の会」なる右翼団体が行う「外国人追い出しデモ」への抗議の行動中に、2名が逮捕されました。まずはじめに、A氏は右翼の掲げる横断幕を撤回させようとしたところ、その行為を「窃盗」とみなされ逮捕されました。B氏はこの逮捕に対する警察署への抗議を行う中で「公務執妨害」をおこなったということで続いて逮捕されました。

この2名の被疑者についてまず2009年4月13日、さいたま地方裁判所は、10日間の勾留を決定しました。また続く4月23日、さらに9日間の勾留延長決定を下しました。わたしたち救援会はこの決定に対して,断固抗議します。

A氏については、4月21日に勾留理由開示公判が行われ、弁護人によりA氏の行為が「窃盗罪」を満たさないという点、また勾留の条件となる「逃亡のおそれ」「罪証隠滅のおそれ」のいずれも該当しないことが陳述されています。にも関わらず裁判官勾留についての妥当な理由を全く提示していません。

またB氏の「公務執行妨害」に関する「埼玉県警・坂上巡査の胸部を左手拳にて殴打する暴行を加えた」という警察側の主張は、全くの事実無根です。接見禁止処分により外部と遮断される中,警察・検察による脅迫めいた取調べも行われています。このB氏についても勾留延長の条件となる「逃亡のおそれ」「罪証隠滅」のいずれの条件も該当しません。

にもかかわらず、さいたま地方裁判所は、2名についてさらに9日間、合計20日間にもおよぶ勾留を決定したのです。そもそもこのような長期にわたる勾留は,「被疑者」について日常生活を強引に遮断し,さらに精神的苦痛を与えるものです。また国連拷問禁止委員会からも日本政府に対してこのような長期の勾留・処遇について,再三の勧告が行われています。重大な人権侵害であり,人間に対する侮辱にほかなりません。わたしたちは、埼玉県警および,さいたま地方検察庁さいたま地方裁判所に2名の即時釈放を要求します。

2009年4月23日

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会


勾留決定に関する抗議先>

さいたま地方裁判所 刑事部

さいたま地方裁判所長  寺田 逸郎

330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45

TEL 048-863-4111

さいたま地方検察庁 刑事部

 さいたま地方検察正   勝丸 充啓

330-8572 さいたま市浦和区高砂3丁目16番58号

さいたま法務総合庁舎

TEL 048-863-2221

埼玉県

Tel :048-832-0110(総務部広報課)

Mail:(ご意見・ご要望・苦情受付のフォーム)

https://www2.police.pref.saitama.lg.jp/cgi-bin/form/form.cgi?file=mail_soudan.html

◆蕨署   TEL・FAX 048-444-0110

東浦和署 TEL・FAX 048-712-0110

2009-04-25

救援会声明文(フランス語)

Soutien aux inculps du 11 avril



Soutenons les deux Japonais qui se sont opposs la manifestation xnophobe



Le 11 avril, deux citoyens japonais ont t arrts ; ils s'taient opposs une manifestation pour les expulsions des trangers. L'un des deux a t arrt sous l'inculpation de « vol » pour avoir chip une banderole en papier mise en place par des manifestants d'extrme-droite. L'autre a t arrt trois heures plus tard au motif de rbellion contre l'excution d'un ordre officiel. Nous, en tant que leurs amis, appelons au soutien, accusons l'illgitimit de cette arrestation et demandons la police dpartementale de Saitama la libration immdiate de ces deux citoyens.



La manifestation tait organise par le groupe d'extrme-droite « l'association des citoyens qui rcusent le privilge accord aux trangers au Japon (zainichi tokken wo yurusanai shimin no kai = zaitokkai) ». Ce groupe mne, un peu partout au Japon, une action fonde sur le slogan « trangers = criminels ». Ils traitent les trangers qui habitent et ont une relation de voisinage dans les socits locales comme des criminels. Enfin, ils sont passs l'agression personnelle et disent « dehors ! » une famille qui habite la rgion depuis bien longtemps.


Aprs avoir appris l'annonce de cette manifestation sur l'internet, nos amis se sont rassembls devant la gare de Warabi afin de protester contre le mouvement xnophobe « Zaitokkai » ; ils taient une quarantaine venus pour l'occasion Warabi. Ils ont des idaux varis mais tous partagent une mme indignation devant les manifestations de xnophobie de « Zaitokkai », et devant les agressions qu'ils font subir aux plus faibles dans la socit.



Le cortge de la manifestation est pass devant l'cole primaire et le collge o est scolaris l'enfant de la famille trangre . Les manifestants ont cri « expulsons cette famille ! ». C'est une violence non seulement contre cette famille, mais aussi contre tous les trangers qui vivent dans notre socit. « Zaitokkai » dit « nous rcusons le privilge ». Mais la cible de leur agression est en ralit ceux qui sont les plus dpourvus de toutes sortes de privilge dans notre socit : ce sont des trangers, et dans ce cas, un enfant. Ce qu'ils appellent « la grande marche nationale » est une manifestation abjecte.

A 13 heure, le groupe « Zaitokkai » a commenc son meeting dans un jardin public prs de la gare de Warabi. A la fin de cette runion, ils ont apport une banderole en papier l'entre du jardin, sur laquelle on pouvait lire 「不法入国は犯罪だ。『かわいそう』のペテンにだまされるな」 (« L'immigration illgale est un crime. Ne soyez pas dup par la tromperie de "pauvre gens" »). Ces mots ont clairement pour cible cette famille sans papiers qui habite la ville de Warabi, et dont la situation a t mdiatise au Japon. Celui qui a t arrt participait  la contre-manifestation pour s'opposer  cette violence. La police lui a demand la comparution volontaire, ce qu'il a accept. Or « Zaitokkai » a port plainte contre lui. En consquence, il est toujours dtenu au commissariat de Warabi en tant que « voleur ».




Les participants la contre-manifestation se sont ensuite rassembls devant le commissariat de Warabi. Ils ont demand voir la personne arrte, en respectant les consignes de la police. Mais le commissariat de Warabi a fait tablir une barricade et a refus l'entrevue sans aucune justification. Puis les manifestants d'extrme-droite ont soudainement rapparu, guids par les policiers, et ont insult les participants la contre-manifestation. Dans ce chaos, un des contre-manifestants a t arrt au motif de rbellion contre l'excution d'un ordre officiel.



Ce sont des gens qui vivent, travaillent, et s'intgrent  dans cette socit que le « Zaitokkai » appelle « criminels » et veux expulser. On ne blesse personne, on n'usurpe personne par le fait de ne pas avoir de visa. Vivre, ce n'est pas un crime. Nous demandons la libration immdiate des deux amis qui se sont opposs la manifestation xnophobe.



12/04/2009


Comit de soutien aux inculps du 11 avril


email : oidashihantai@gmail.com (crivez en japonais ou en anglais)



■Comment soutenir ?

■

Les amis des deux inculps mnent des actions bnvoles pour obtenir leur libration immdiate. Nous avons besoin d'argent pour leur faire parvenir des cadeaux, pour l'entrevue, et pour l'avocat. Vous pouvez nous faire un don en transfrant :


銀行振込 みずほ銀行 早稲田支店 店番068普 2223022 タノ シンイチ

2009-04-24

救援会声明文(英語)

Statement

Save the Two Persons Arrested

for Demanding an End to an Antiforeign Agitation

April 12th, 2009

by: the Rescue Committee for Action against the "Demonstration for the Expulsion of Foreigners"

On April 11th, 2009 there was an incident involving two persons arrested by the Warabi Police Station in Saitama Prefecture of Japan while participating in a counter protest against the "Demonstration for the Expulsion of Foreigners." One of the two persons was charged with the "theft" of a paper held by a leader of the demonstration. Some three hours later, the second person was arrested for allegedly interfering with a police officer in the execution of his duty. As their friends, we are calling for their rescue, appealing against the significance of their action and the injustice of the arrest, and we strongly urge the Saitama Prefectural Police to release them promptly.

On the day of the incident a "Demonstration for the Expulsion of Foreigners" was being held by a nationalist group called the "Society of Citizens Allowing No Privilege for Foreign Residents in Japan (Zainichi Tokuken wo Yurusanai Shimin no Kai; hereinafter called "Zaitokukai")." This group’s members have been widely propagandizing with inflammatory slogans such as "Foreigners are Criminals". They treat foreign nationals living peaceably and normally with their local communities as "criminals"; and they are persistently agitating for the deportation of foreigners. On top of all this, they have been carrying out personal attacks on one particular family that has long been living in the community, loudly advocating for the government to "Expel them!".

Informed of these circumstances from Internet and other sources, some forty individuals from outside the city gathered in front of the Warabi station of Japan Rail in order to protest against the demonstration being held by the Zaitokukai. While this group of individuals differed in their stances and philosophies, they shared a sense of crisis over growing anti-foreigner sentiment, as well as anger over the mean-spirited nature of attacks on some of the most vulnerable people in Japanese society.

Unbelievably, the Zaitokukai demonstration followed a course that included the elementary school previously attended by the child of the long-staying foreign family in question, as well as the junior high school s/he is currently attending. The demonstrators' shouts of "Expel them!" are an act of violence not only against the family concerned, but also against all long-staying foreigners in Japan. While this group stridently calls to "Allow No Privilege", they are specifically targeting foreigners, in particular child, who is most removed from any privilege within this society. This so-called "Great National March", is a cowardly and mean-spirited attack on the vulnerable.

At one o'clock p.m., in a public park near the station, the chauvinist group Zaitokukai started a rally to shout "Expel the family!" Sometime before the rally concluded, they carried a hand-made paper banner to the entrance of the park. It read "Illegal Immigration is a Crime - Don't Be Cheated by the Deception of 'Pity'!" These words, obviously targeted at the specific family living in Warabi, are beneath contempt, and are simply another example of the type of violence being used to attack overstaying foreigners living in the community. In order to resist this violence, one of the two arrested individuals participated in a protest action against the "Demonstration for the Expulsion of Foreigners." A police officer then requested him to come voluntarily to the police station for questioning, and he agreed. However, unbelievably, the Zaitokukai filed a property damage report to the police, as a "theft" case. Consequently, he was placed under arrest for "theft", and continues to be detained in the Warabi Police Station.

Thereafter, many of the participants in the counter-protest action gathered at the police station and made a formal request to meet the arrested person. However, the police response was to erect barricades, deploy officers, and refuse any meeting with the arrested man, without indicating any reason for their stance. Moreover, a lawyer, presenting identification, was also denied visiting rights for longer than one hour with the man. Then, escorted by the police, some rightists suddenly appeared on the scene, and began verbally abusing the protesters. In the confusion of the moment, another person was arrested, allegedly for interfering with a police officer in the execution of his duty.

In this counter protest there were undoubtedly many deficiencies in organisation, and a number of errors were made by those who called for this action. Shortcomings that can be attributed to the highly diverse body of protesters, and an insufficient consensus amongst those assembled. These criticisms should be accepted and learnt from. However, we think that the protest action against the chauvinist group Zaitokukai was, in itself, a fully justified action. The demonstration was a threatening action, one that aimed to intimidate the many foreign citizens struggling to survive in Japan despite an uncertain legal status. It is the demonstrators, and their aggressive actions, that should be judged.

On the other hand, the people whom the Zaitokukai refer to as "criminals" and whose expulsion they call for are people who live, work and have friendships with the broader Japanese community. Even though they do not possess an officially sanctioned visa, they represent no threat to Japanese society.

To live is no crime. We urge the authorities to promptly release the two people who were arrested while seeking for an end to xenophobic agitation.


e-mail address:oidashihantai@gmail.com

2009-04-23

2人の勾留延長が決定されてしまいました

4月23日、2人の勾留延長が決定しました。刑事訴訟法208条第2項には「裁判官は、やむを得ない事由があると認めるときは、検察官の請求により、前項の期間を延長することができる。この期間の延長は、通じて10日を超えることができない」とあります。

今回の2人に関して「やむ得ない事由」がどこにあるのでしょうか。裁判官検察の言い分を丸呑みしているだけにすぎません。救援会をはじめ、皆さんの力でこの不当な勾留をやめさせ、2人の即時釈放を勝ち取りましょう!

勾留理由開示請求公判、報告

4月22日、Aさんの勾留理由開示請求公判さいたま地裁C104号法廷で行われました。勾留理由開示請求公判というのは、勾留中の被疑者裁判所に対して勾留の理由を明らかにするよう求める手続です。

当日は多数の警備員・地裁関係者が見つめる中、厳重な荷物チェックがなされ、開廷15分前から狭い一室の中に傍聴人全員が二列に並んで待機させられるなど過剰な警備がなされましたが、多くのAさんの友人、支援者が集まり、傍聴席がほぼ埋まりました。入廷したAさんは私たちを見かけ微笑み返すなど元気な様子でした。

裁判官勾留を認めた理由として「罪証隠滅のおそれ」や「逃亡のおそれ」などを挙げていましたが、そもそも現行犯逮捕で隠滅する罪証がどこにあるのでしょうか。この状況で罪障の隠滅はあり得ないものです。また住所や名前を特定し家宅捜索まで警察が行っているのに、逃亡のおそれがあるとは考えられません。これらの勾留理由は根拠のないものだと考えざるをえません。

また、弁護士が意見陳述で触れたように容疑は「窃盗」だとされているにもかかわらず、蕨署刑事部捜査第三課ではなく埼玉県警警備部公安第三課が現在取り調べを行っています。裁判官勾留を認めることは、罪状とは別である情報収集のための取り調べ継続を認めることです。

裁判官は警察・検察行政と結託するのではなく、独立した司法としての矜持を持っていただきたい。私たちは引き続き二名の即時釈放を訴えます!

2009-04-19

二度目の激励行動

f:id:oidashino:20090419130416j:image

f:id:oidashino:20090419130641j:image


4月19日、今度は蕨と東浦和の警察署前で激励行動をしました。

これは中に入っている仲間のために、警察署の前に直接行って、声を大きくする「トラメガフォン」を使って「来たよ、がんばれ!」と伝えます。よく晴れたお昼前、東浦和と蕨でみんなで声を出しました。蕨ではかなりの数の警官が来ましたが無事やり遂げました。きっと中にも聞こえているはずです。

2009-04-13

さいたま地検前で激励行動を行いました

f:id:oidashino:20090413093809j:image


4月13日、逮捕された2人がさいたま地検に送致されました。警察は48時間を超えて身柄を拘束したい場合には、被疑者を満期以内に検察に送り、検察勾留請求の手続きを取る依頼をします。警察単独では請求を裁判所にかけられないからです。

私たちはJR浦和駅に集合し、地検の入り口へ向かって激励行動をしました。次々と入構していく車輛の中に、確実に2人がいます。そこに向かって「中はがんばれ!」「外のことは安心して!」と私たちは声をかけ続けました。

2人には私たちの激励の声がしっかりと聞こえたことが、弁護士によって確認されています。

声明文

救援会声明

排外主義扇動を終らせることを求めて逮捕された二人を救援しよう」

4月11日、外国人「追い出しデモ」に抗議した二人の男性が埼玉県警蕨署に逮捕される事件が起きました。ひとりは「追い出しデモ」の主催者が掲げていた紙製の横断幕を「盗んだ」容疑で、もうひとりはそのおよそ3時間後、公務執行妨害容疑での逮捕でした。彼らの友人として、私たちは両名の救援を呼びかけるとともに、彼らの行動の意義と逮捕の不当性を訴え、埼玉県警に即時釈放を求めます。

この日、外国人「追い出しデモ」を主催したのは、「在日特権を許さない市民の会」という右翼団体でした。彼らはこれまであちらこちらで「外国人=犯罪者」という扇動を続けてきた団体です。彼らはあたり前に地域と関係を作り暮らしている外国籍の人々を「犯罪者」扱いして、国外への追放を求める活動を続けています。そのあげく彼らは個人攻撃を開始し、長期に地域に滞在する一家を「追い出せ」とまで言いだしたのです。

このことをネットなどで知り、当日「在特会」のデモに抗議しようと蕨市外から駅前に40名ほどの個人が集まりました。それぞれの思いは異なるにしても、共通していたのは彼らの煽る排外主義への危機感と、弱い立場にある人を標的にして攻撃する彼らの卑劣さへの怒りでした。

あろうことかこの日のデモコースには、長期滞在の外国人ご一家のお子さんが通っていた小学校と、現在も通っている中学校が含まれていました。そこで彼らが「一家を追放せよ」と叫ぶことは、その一家に対してだけでなく、長期滞在するすべての外国人に対する暴力です。「特権を許さない」と彼らは言います。しかし、彼らが攻撃の標的としたのは、もっともこの社会の特権からは遠い外国人の、しかも子どもです。彼らの言う「国民大行進」は、そのような卑劣かつ卑怯なデモだったのです。

午後1時から「在特会」は「一家の追放」を叫ぶ集会を駅近くの公園で開始しました。その集会の終わりごろになって、公園の入口に彼らが作成した紙製の横断幕が運ばれてきたのです。そこに書かれていたのは「不法入国は犯罪だ。『かわいそう』のペテンにだまされるな」という文字でした。蕨に住む家族を明らかに標的としたこの言葉は言葉の名に値するものではありません。これは地域に住む超過滞在の外国人を攻撃する暴力なのです。「追い出しデモ」への抗議に参加していた彼が行ったのはこの暴力への抵抗でした。警察は当初、彼に「任意同行」を求め、彼もそれに応じました。ところが「在特会」はあろうことか「窃盗」事件として被害届を出し、そのため彼は「窃盗犯」として逮捕されいまなお蕨署に留置されています。

その後、抗議活動に参加した人々の多くは蕨署に集まり、正規の手続きに則って逮捕された人への面会を求めました。ところが蕨警察署はバリケードを築き警察官を配置し、根拠も無く面会を拒みました。それどころか弁護士が身分を提示して面会を求めても1時間以上にわたって面会を拒否し続けたのです。そして突如そこに蕨警察署に先導された右翼が登場しました。彼らは抗議活動に参加した人々に罵声を浴びせかけ、その際に生じた混乱の中で一名が公務執行妨害容疑で逮捕されたのです。

今回の行動については、参加者の間に充分な意思統一がはかれず、抗議行動を呼びかけた側の不手際も多々あったようです。抗議行動を呼びかけた側はその点を十分認識しなければならないと私たちも考えます。しかし、抗議行動が企図した「在特会」への抗議そのものは正当なものだと私たちは考えます。彼らの行ったデモは多くの外国籍で暮らす不安定な法的地位の人々を恐怖にさらす重大な犯罪です。裁かれるべきは彼らです。

一方で、「在特会」が「犯罪者」と叫び排除を求めているのは、この社会で生き、働き、人々と友情関係を結ぶ人々です。ビザがないことはだれを傷つけているわけでも誰を侵害しているわけでもないのです。

生きることは犯罪ではありません。私たちは排外主義扇動を終らせることを求めて逮捕された二人をただちに釈放することを要求します。

2009年4月12日

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会

連絡先:oidashihantai@gmail.com


■カンパの御願い■

2名をいちはやく釈放させるために両名の友人が中心となってボランティアで活動しています。差し入れ、面会、弁護士の手配などにお金が必要です。まことに心苦しい限りですが、救援会にカンパを寄せて下さい。よろしくお願いします。

銀行振込 みずほ銀行 早稲田支店 店番068普 2223022 タノ シンイチ


救援会声明文PDFデータのダウンロード