Hatena::ブログ(Diary)

毛根への圧力に耐える毎日

2017-07-14 チアダンスのポニーテールは薄毛の原因になるのか?

索引性脱毛症とは?
フットボールチームを応援するために生まれたチアダンスで良く見られるのがポニーテールと言う髪型です。このポニーテールは見た目が可愛いですが、薄毛の原因になることがあります。それは生え際を引っ張る髪型を長期間続けると、髪の毛や頭皮に負担が掛かるからです。この生え際を引っ張って結ぶことが原因で起こる抜け毛や薄毛のことを牽引性脱毛症と呼んでいます。
ポニーテールは前から引っ張り後ろで結ぶと言った関係上、額の生え際から牽引性脱毛症の症状が進む傾向があります。額の生え際から髪の毛が後退し、額が広くなってしまうのです。有名なスーパーモデルでこの牽引性脱毛症の症状が見られたことがありました。特にチアダンスを行うと束ねた髪の毛が上下左右に振られて生え際により負担が掛かりやすいため注意が必要です。

自然脱毛と索引性脱毛の違い
毛穴の奥には毛根があり、一番先にある毛乳頭は毛細血管と繋がっています。血液によって酸素と栄養の供給を受け、毛母細胞に指令を出して発毛を促しています。ところが、髪の毛が引っ張られると頭皮の血流が悪くなるため、毛乳頭や毛母細胞に悪影響が出てしまうのです。
毛根には成長期と退行期と休止期を繰り返す毛周期があります。成長期は活発に髪の毛が伸びる期間、退行期は髪の毛の伸びるスピードが遅くなる期間、休止期は髪の毛が伸びなくなり休んでいる期間です。休止期から再び成長期へ入るときには自然に髪の毛が抜けていきます。髪の毛は季節にもよりますが1日100本ほどは抜け落ちると言われています。正常な毛周期であれば100本抜け落ちても問題ありません。しかし牽引性脱毛症による抜け毛は毛周期により自然に起こるものでは無いために注意が必要です。

索引性脱毛症の予防法
牽引性脱毛症を予防するには、髪の毛を長期間引っ張らないのが一番です。チアダンス以外はポニーテールにせずに髪の毛をおろしたままにして下さい。チアダンスでどうしてもポニーテールにしないといけないと言う時は、結ぶ位置を変えてみると良いです。いつもより緩めに引っ張ってポニーテールにすると言う方法も有効です。
その他にも悪くなった血流を改善させるため、頭皮マッサージを行うと言う対策もあります。爪を立てると頭皮に傷を付けてしまうことがあるため、指の腹を使って円を描くように優しくマッサージしてみましょう。普段、ポニーテールにしない方でもいつも同じ分け目だと牽引性脱毛症を起こすリスクが高まります。一定期間ごとに髪型の分け目を替えてみて下さい。

索引性脱毛症の治療法
牽引性脱毛症が既に起きている場合、対策を行っても今すぐ改善される訳ではありません。そんな時はクリニックに来院すると言う選択肢があります。クリニックの中には牽引性脱毛症の治療を行っている場合があるからです。女性の薄毛治療で最も一般的なのがパントガールと言う内服薬です。しかし女性に良く見られるびまん性脱毛症の治療には有効ですが、牽引性脱毛症では期待出来ません。
他に、治療方法の中に自毛植毛と言うものがあります。これは残っている髪の毛を採取し、薄い部分に植毛すると言う治療です。植毛した後は自然な生え変わりが進むため、今まで通り美容室でカットして貰えます。男性のみに行う治療と言うイメージがありますが、女性でも治療を受けることができる場合があります。
この自毛植毛なら牽引性脱毛症でも改善しやすいです。ただし、他の薄毛治療より費用が高額になると言うデメリットがあります。

2017-06-27 お金をかけずに育毛をしたい!簡単にできる育毛方法の紹介

シャンプーの方法
まず最初に、シャンプーのやり方を考えなくてはいけません。シャンプーのやり方が悪ければ、いくら高いシャンプーを買っても育毛効果は薄くなるからです。シャンプー前には丁寧に頭皮の汚れを落とすことです。なぜなら、頭皮には皮脂がびっしりと詰まっているからです。そこで、この皮脂をシャワーで入念に落とすようにします。
頭皮をしっかりと洗い流すような感覚で洗うようにしてあげるといいでしょう。あまり爪を立てなくても指先の表面で落とすようにすると十分に皮脂は落ちていきます。皮脂をしっかり落としたらシャンプーをします。シャンプーのやり方は、髪の表面を洗うのではなく、頭皮を洗うように心がけましょう。そして、シャンプーが終わればしっかりすすいでシャンプーが残らないように気をつけましょう。

血行促進のツボ押し
頭皮のマッサージを行うことも育毛効果があると言われています。マッサージの方法は、頭皮の血行を促進するように頭をもんであげることです。それだけでも頭皮の血行が良くなりますし、頭皮が柔らかくなりますので、育毛には効果があります。また、育毛に良いと言われているツボは体のあちこちにあります。それらのツボをマッサージしてあげるのも効果的です。
たとえば、首の後ろに風池や完骨と呼ばれるツボがあります。このツボを押してあげるのは簡単で、難しい態勢を取らなくてもできます。イスに座ってすぐにできるのでやってみましょう。他にも、足の裏にいくつかツボがあります。これらのツボを押すと気持ちは良いですし、抜け毛予防にはなるのでぜひやってみて下さい。

ストレス解消
ストレスをためない生活をすることも大切です。ストレスをためてしまうと知らないうちに髪の毛が抜けてしまうこともあります。では、ストレスをためないようにどうすればいいのかですが、嫌なことがあったらとにかく気分転換をしてみることです。本を読んだり好きなテレビや映画を見たりするなど、ほとんど家でお金をかけずにできることがあります。
また、近くを散歩してみたりサイクリングをしてみたりすると、気分転換にもなってストレスはたまりにくくなります。疲れたら早く寝ることもストレスをためない生活には欠かせません。睡眠不足になると、疲れはたまりますしストレスもたまってしまいます。日々気分良く過ごすことで薄毛にならないためにも、ストレスをためない生活を心がけたいものです。

生活習慣
食事に気をつけることも大切です。食生活が肉類中心になってしまうと頭皮にいい影響はありません。特に好き嫌いが多い人や独身で料理をほとんどしない人は食生活が乱れがちになります。コンビニやファーストフードばかり食べている人は、意識的に野菜を食べるようにしましょう。野菜はコンビニやスーパーで売っていますし、料理が面倒なら惣菜やサラダを買うという方法もあります。好きな物ばかり食べるのではなく、頭皮の健康も考えて食べる物を選ぶようにしたいですね。
生活習慣の乱れをなおすことは育毛には欠かせない条件ですが、生活習慣を正すとともに、低価格な育毛剤もドラッグストアには販売されているため、使用してみてはいかがでしょう。

2017-06-20 女性用育毛剤の副作用とは?

女性用育毛剤の使用期間

育毛剤は効果が出るまでに時間がかかります。
女性用育毛剤は肌に優しく刺激が少ない成分配合のものが多いため、数回の使用で髪が生えるということはありません。最低でも半年程は続けないと、効果を実感できません。これは医薬部外品の育毛剤だけには限らず、育毛クリニックの薄毛治療などを行った場合も、半年程の継続で変化を感じられます。そのため、薄毛対策は途中で使用を中断してしまうと、意味がなくなってしまいます。

女性用育毛剤の副作用

女性用育毛剤は塗布するタイプのものを使用する女性が多く、塗布するタイプの育毛剤にも液体・スプレー・ミストタイプがあります。育毛剤の成分の中には化学添加物などが多少なりとも含まれており、その場合に肌が拒否反応を起こすことがあります。その症状としては、かゆみ・発疹などがあり、症状がひどくなると皮膚が剥けてしまうこともあります。このようなアレルギー反応がでましたら、使用をすぐに中止してください。また、育毛サプリメントのような飲むタイプのものも、副作用が生じる可能性があります。

基本的に育毛サプリメントは、栄養素を補う目的で摂取するものが多いですので、成分自体に副作用の可能性があるものは少ないです。
しかし、用法用量を守らなかったり、人によっては含まれている成分によってアレルギー反応が出る場合もあるので、飲んだ後に喉に違和感を感じたり、発疹や倦怠感がでましたら、使用を中止してください。

初期脱毛とは?

副作用と勘違いされやすい初期脱毛というものがあります。初期脱毛とは、育毛剤を使用してから約1か月めあたりに、成長しきれなかった髪の毛が一時的に一気に抜けてしまうことです。これは、ヘアサイクルと関係しているといわれています。

ヘアサイクルとは、一本の毛が成長しはじめてから抜けて落ちるまでの周期で、3つの期間に分かれています。毛根がどんどん小さくなっていき髪の毛の成長が減速する退行期(2~3週間)、髪の毛が抜けるのを待っている休止期(3~4か月)、毛母細胞が分裂して髪が伸びる成長期(2~6年)があります。

初期脱毛で抜けるのは休止期の髪の毛です。通常、3か月ありますが育毛剤の効果で毛母細胞が元気になると新しい毛が古い毛を押し出すため、一時的に抜け毛が増えます。
副作用と勘違いされやすいですが、ヘアサイクルを正常にするための流れの一部のため気にしないでおきましょう。しかし、育毛剤を使用して、炎症や痒みなどが伴ってきた場合には副作用の可能性が高いためすぐに育毛剤の使用を中止して下さい。



2017-06-16 顔の肌状態と頭皮状態は関係があるのか?

顔の肌と頭皮の関係性
顔の肌が荒れている時というのは、実は頭皮も荒れていることがあるものです。顔の肌と頭皮は関係がないとも思われますが、ともにストレスや外気、栄養状態が関係しているものなので、顔の肌が乾燥していれば頭皮も乾燥していないか確認してみても良いでしょう。
乾燥していると顔にメイクをした時も粉っぽくなったりファンデーションの馴染みが悪くなってしまうものですが、頭皮も同様に乾燥していることによってフケが出やすくなってしまう場合もあります。そのため、顔の肌状態が良くない時は頭皮にも栄養を与えるようにしたり保湿ケアをするようにもしましょう。肌荒れしている時はそれ以上肌が荒れないようにするためにも低刺激のスキンケア、シャンプーを使うなども良いでしょう。

頭皮の健康状態
顔の肌状態が悪い時は、スキンケアだけでなく内側から肌を丈夫にしていくことも必要です。肌に良いと言われるのがビタミンやアミノ酸といった成分ですが、これらはそのまま頭皮にも良いものです。そのため、肌にも髪にも良い成分が配合されている食べ物は多く食べるようにしましょう。そうすることによって内側から肌や頭皮を健康にすることができます。
顔の肌の健康は手で触れてみることでわかりますが、頭皮の健康というのは良く分からないことも多いので、かゆみがないか、抜け毛は多くなっていないかということで判断してみても良いでしょう。健康な髪は切れ毛や枝毛も少ないので、髪が弱くなっていないかで頭皮状態が良いかどうかを判断してみると良いです。

サプリとは?
頭皮や顔の肌に良い食べ物を食べることが大事だということは重々承知していても、毎日忙しいとなかなか食べ物の栄養まで管理が行き届かないものです。そのため、そういった時は栄養サプリを使って栄養管理をしていくと良いです。また、抜け毛が気になる時は育毛サプリを取り入れてみても良いものです。
スキンケアやシャンプーにも美容成分は配合されていますが、肌そのものに吸収する力がなければ内側まで成分を浸透させることもできず無駄にもなってしまうでしょう。早めに効果を出したいなら必要な成分を必要な分だけ補うようにするためにもサプリを摂取してみましょう。サプリは継続することが大事なので、続けられるものを選ぶということも必要です。

頭皮状態を整えるためには
顔の肌の状態は良くなってきたのに、頭皮状態は荒れたまま、というようなこともあるものです。頭皮は帽子を被っていないと紫外線を直接浴びてしまいますし、シャンプーがあわないことで皮脂が溜まったままになっていたり、湿疹ができてしまっているようなこともあるものです。そのため、頭皮が荒れている時は植物性のシャンプーや、弱酸性シャンプーを使ってみましょう。
弱酸性のタイプは子供でも使うことができるなど、低刺激で安全に使えることも魅力的です。頭皮に優しい成分のヘアケア製品に変えることで頭皮を良い状態にしてみましょう。植物性のものは顔の肌にも良いので、肌荒れケアの洗顔も植物性のものはおすすめです。

2017-06-05 育毛剤のアルコール成分についてチェックしてみよう

育毛剤を購入する前に
肌の悩みや頭皮の悩みがある時、その悩みを改善させようとして今までとは違ったスキンケア製品やヘアケア製品を使おうとすることも多いでしょう。しかし、多くの人が見た目の良さやイメージの良さ、なんとなくいいだろうと感じた直感で製品を選んでいることも多く、具体的にどんな成分が良い働きをしているのかはわからないというようなこともあるものです。
そのため、ちゃんと効果を出したいなら配合されているどの成分がどんな働きをしているのか、といったことにも注目してみると良いでしょう。成分の働きを知ることで、今まで使っていた製品との違いも知ることができます。また、抜け毛に悩んで育毛剤を使うような時も、成分の違いで判断することができるようになります。

育毛剤のアルコール成分とは?
育毛剤を選ぶとき、どんな栄養成分が含まれているのか、どんな効果をもたらす成分が含まれているのかということを知りたいという人も多いでしょう。育毛剤は薬ではないため、使ってすぐに効果が出るような成分は難しいですが、頭皮の血流を良くするための漢方や、頭皮に溜まっている皮脂を落とすのに効果的な成分などが含まれています。
毛穴に汚れが詰まっていることが原因で新しい髪が生えないということもあるため、育毛剤を選ぶ時に洗浄効果というのは大事になってきます。しかし、育毛剤に含まれている洗浄効果のあるアルコール成分は、そのほとんどがエタノールのため、強すぎないものを選ぶことも必要です。あまりにエタノールが強いものは頭皮の炎症にもつながります。

アルコール成分の効果
男性の育毛剤と女性の育毛剤を比較した場合、男性の育毛剤のほうが含まれているエタノールの割合が多いということが一般的なため、それだけ男性のほうが女性よりも頭皮の汚れが溜まりやすいということが分かるでしょう。エタノールの割合が多いことで頭皮に雑菌が繁殖するのを予防することもできますし、古い角質も綺麗に落とすことができます。そのため、女性用で満足できないような人は男性用の育毛剤を使うことで爽快感を感じることができるかもしれません。しかし、それだけしっかり洗浄するということは刺激が強く、結果、乾燥や痒みが増してしまうということもあります。乾燥しないために保湿を優先させたい人は、アルコール成分が強いものは避ける様にしていくと良いでしょう。

おすすめ育毛剤m1
育毛剤を選ぶ時、アルコール成分に注目するのは良いですが、それ以外に内容量にもこだわってみましょう。育毛剤は毎日使っていくものですから、消費が早いものは買い替えが面倒にもなります。そのため、適量と適した値段で使えるという意味でもm1がおすすめです。m1はアルコールフリー・添加物フリーなため、乾燥しやすい人の頭皮ケアにも最適です。女性は強い洗浄などは必要ないことも多いため、自然な頭皮ケアをしていきたいという人にも良いです。女性が使いやすい育毛剤といえるでしょう。また、ミストタイプで使うことができるので、育毛剤を使う時の独特のべたつきやひんやりとした嫌な感触を感じなくても良いので快適です。