Hatena::ブログ(Diary)

毛根への圧力に耐える毎日

2017-04-21 運動で髪が生えるって本当?髪と運動の関係性とは

有酸素運動は育毛に効果的

薄毛や抜け毛が気になってくると、育毛剤や育毛サロンなどに頼りがちですが、運動が育毛の促進には効果的ということをご存じですか?
運動は無酸素運動と有酸素運動に分けられますが、有酸素運動は特に育毛促進に役立つと言われています。有酸素運動をすることで、体の血行が促進され血の巡りがよくなります。髪の毛への栄養分はすべて血液を通して運ばれるので、血行促進により髪の毛一本一本に栄養が行き届き、抜け毛を防ぎ、太い毛が生えるようになるのです。
逆に、血行が悪いと髪が抜け落ち、細く弱弱しい毛しか生えてきません。今まで日常的に運動をする習慣がなかった人は、有酸素運動をはじめてみると、育毛効果を実感できるでしょう。

有酸素運動の種類

有酸素運動にはさまざまな種類があります。有酸素運動と聞くとまず初めに思いつくのはジョギングでしょう。ジョギングはすぐに心拍数を一定まで上げることができるので血行が良くなり、発毛には効果的です。
しかし、運動することに慣れていない人にとっては、身体に負担がかかりすぎる場合もあります。そんな時は、ウォーキングや水泳、サイクリングなどがおすすめです。これらは運動習慣がない人でも続けやすいでしょう。
また、自宅の中でも有酸素運動は可能です。ヨガやピラティスは女性に人気でスクールに通う人も多いですが、DVDなどを使えば簡単に家でも実践することができます。スクワットや階段を使った踏み台昇降なども、空いた時間に取り入れることのできる有酸素運動です。

育毛に効果的な有酸素運動の仕方

より効果的な有酸素運動の方法についてご紹介します。有酸素運動をするのにおすすめな時間帯はお昼とされていますが、仕事などがある人にとってはお昼に運動をすることは中々難しいと思います。
もし、お昼休み中に軽く運動ができるのであれば、スクワットや階段の上り下りなどが隙間時間で実践しやすいでしょう。
また、朝の時間帯は、身体が完全に目覚めていない状態で激しい運動をしてしまうと疲れてしまったり、怪我をする場合もあるので、まずはストレッチなど緩やかなものからはじめるようにすると良いでしょう。夜の時間帯については寝る直前に激しい運動をしてしまうと、目がさえて眠れなくなる場合もあるので、避けた方が良いでしょう。

有酸素運動のメリット

有酸素運動には、育毛効果以外にもメリットがたくさんあります。まずはダイエット効果です。有酸素運動は脂肪を燃焼させることを目的とした運動なのでとてもダイエットにはとても効果的です。
また、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の値が減り、血液を正常な状態へと導いてくれます。さらに、有酸素運動を日常的に取り入れることで、心肺機能が上昇し、疲れにくい体を作ることができます。
また、骨にほどよい負担をかけることで、骨密度を上昇させてくれる効果もあるのです。もちろん、運動は日々のストレス解消にもとても効果的なので、ストレスフリーで血行を促進させることで確かな発毛を実感できるでしょう。

2017-04-11 ピディオキシジルの特徴と配合育毛剤

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルは、薄毛で悩まされている方に注目されている有効成分です。ミノキシジル誘導体とも呼ばれており、ミノキシジルと似たような分子構造を持つと言う特徴があります。
そもそもミノキシジルとは、血管拡張作用により頭皮の血流を促進、毛乳頭や毛母細胞を活性化し発毛を促すと言う有効成分です。元々は高血圧の患者に投与されていましたが、体毛が濃くなると言う症状が見られたため、発毛剤にも配合するようになりました。ミノキシジルは頭皮に塗布して使用しますが、頭皮のかゆみと言った副作用が出る可能性があります。その他にも頭痛や多毛症、ニキビ、性欲減退、手足のしびれやむくみ、体重増加、低血圧、不整脈、動悸など様々な症状が起きることがありました。異常が見られたときは、すぐに使用を中止する必要があったのです。

副作用の心配が殆ど無い

ピディオキシジルは、ミノキシジルにある発毛促進作用はそのままながら副作用は取り除かれているのです。副作用が気になる方でも安心して使用できるとして、育毛剤にも配合されるようになりました。期待できる作用が殆ど同じなのに副作用の心配が殆ど無いのならピディオキシジルを使ったほうが良いと言うことです。
ただし、使い過ぎると何らかの異常が出る可能性があります。育毛剤は、1日2回頭皮に塗布して使用するものが多くなっています。必要以上に使用せず、パッケージに記載してある使用方法はきちんと守って下さい。ピディオキシジルの場合は、副作用の心配が殆ど無いことから化粧品扱いとなっています。

浸透性が良い

ミノキシジルは頭皮が硬い、皮脂に過剰な皮脂分泌が見られるなど何らかの原因により、頭皮に塗布しても浸透性が悪いことがありました。医薬品扱いのために、ピディオキシジルより強い血管拡張作用があります。
しかし、浸透性が悪い状態で使用しても期待できないことがあったのです。ピディオキシジルは浸透性が良いと言われており、実感し易いと言うメリットがあります。浸透性の良し悪しは分子サイズが大きく関わっています。分子サイズが大きいほど毛穴に溜まった皮脂などに阻まれて浸透し難くなります。ピディオキシジルはミノキシジルより若干分子サイズが小さくなっています。ミノキシジルとどの位浸透性が違うのかは未知数ですが、期待値の大きな有効成分となっています。

ピディオキシジルを配合した育毛剤

まだ比較的新しい有効成分と言うこともあり、ピディオキシジルを配合した育毛剤は数が少ないです。フィンジアと言う育毛剤ではピディオキシジル2%配合しています。
AGA男性型脱毛症はDHTと言う男性ホルモンが大きく関わっています。フィンジアにはDHTを抑制するキャピキシルと言う有効成分も5%配合しています。さらに、カプサイシンも配合し閉じた毛穴を開かせて浸透性を向上させています。ボストンスカルプエッセンスにもピディオキシジル、キャピキシル2つとも配合されています。さらに活性酸素を除去する作用、保湿作用を持つフラーレンも配合、頭皮の環境を整える作用まで期待できます。どちらも公式サイトにて定期便を用意しており、通常価格より安くなっています。育毛剤は使い続けることが必要なので、定期便でなるべく安くしたいところです。

2017-04-07 育毛剤に頼らず前髪を育毛しよう

男性に多くみられる前髪の生え際の薄毛で悩むという方は、多いです。それは、前髪が生成される前頭部の血管の量が少ないためです。前髪の薄毛は、育毛剤だけでは改善することが難しく、生活環境も見直さなければなりません。以下、タバコと飲酒による薄毛への影響をまとめました。

タバコのニコチンによる薄毛への影響

タバコの葉にはニコチンと言う有害物質が含まれています。このニコチンには依存性があり、禁煙したくても中々止められないと言う愛煙家が多く見られます。ニコチンには依存性だけじゃなく、血管収縮作用もあります。初めてタバコを吸ったとき、頭がクラクラすることがありました。これは脳の血管がニコチンにより収縮し、血液の流れが悪くなったために起こると言われています。
頭皮には毛細血管があり、発毛の指令を毛母細胞に出している毛乳頭と繋がっています。毛細血管から流れてくる血液により酸素や栄養などを受け取りしています。ところが、ニコチンにより血管が収縮すると、毛乳頭への酸素や栄養が不足してしまいます。酸素や栄養不足により毛乳頭の働きが弱まると薄毛に繋がることがあるのです。

タバコの煙による薄毛への影響

タバコの煙には喫煙者が吸い込む主流煙、喫煙者が吐き出した呼出煙、火の付いたタバコの先から出る副流煙があります。副流煙には主流煙よりも多くの有害物質が含まれていると言われています。そのため限られた空間の中で喫煙者が喫煙すると、非喫煙者にも受動喫煙により健康被害を与えてしまう恐れがあります。以前は副流煙ではニコチン依存症にならないと考えられてきました。
しかし、受動喫煙でもニコチン依存症を引き起こす可能性があると言う、論文が発表されたのです。受動喫煙により薄毛に繋がるかは分からないものの、副流煙と呼出煙が混ざった環境たばこ煙が充満している空間には、なるべく入りたくないところです。薄毛が気になる喫煙者の方も、なるべく禁煙したほうが良いでしょう。

飲酒による薄毛への影響

酒にはアルコールが含まれています。飲酒から体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収され、血液によって肝臓まで運ばれます。肝臓が持っているアルコール脱水素酵素の働きにより、アルコールの分解が進んでいきます。最終的には水と二酸化炭素に分解されるものの、いきなりアルコールから水や二酸化炭素に分解されるわけではありません。
まず、アルコール脱水素酵素はアセトアルデヒドに分解します。次にアセトアルデヒドから酢酸に分解され、その次に水や二酸化炭素へと分解しています。適度な飲酒なら問題無いものの、多量に飲酒すると肝臓によるアルコール分解が間に合わないことがありました。
分解が間に合わないとアセトアルデヒドの働きにより、DHTが増えることがあるのです。DHTには脱毛因子を生成する働きがあり、この脱毛因子により薄毛が広がってしまいます。

酸素不足による薄毛への影響

アルコールの分解には酸素が必要です。多量に飲酒するほど多くの酸素が必要となり、酸素不足が生じることがありました。酸素不足が生じると毛乳頭の働きが弱くなり、薄毛に繋がる恐れがあります。この酸素不足は、二日酔いにも大きな関係があります。酸素不足により頭痛や吐き気、眠気など二日酔い特有の症状が出てくるのです。
飲酒した後に就寝すると、睡眠時無呼吸症候群が起こり易くなります。呼吸による酸素の量も不足することがあるのです。アルコールが血中に多く含まれると、血中に含まれる酸素の量まで減ってしまい、酸素不足に陥り易くなります。薄毛が気になる方は飲酒も控えたほうが良いでしょう。ただし、無理な禁煙や禁酒は過度なストレスがかかり、血管収縮に繋がる可能性があるため無理の無い範囲で行って下さい。

2017-04-06 育毛シャンプー(イクオスなど)と市販シャンプーとの違いは?

界面活性剤シャンプーとは?

殆どの方が洗髪するときに市販のシャンプーを使用しています。この市販のシャンプーには界面活性剤が含まれています。界面活性剤は浸透作用、乳化作用、分散作用と3つの性質を持っています。この3つの作用によって汚れを落とすと言う仕組みになっています。
界面活性剤と一言で言ってもいろいろな種類があり、市販のシャンプーに良く用いられているのが高級アルコール系です。泡立ちが良く洗浄力が強いと言う特徴があります。成分表記にラウレス硫酸Naなどの文字がある市販のシャンプーは、高級アルコール系となっています。市販のシャンプーに対し、育毛シャンプーではアミノ酸系界面活性剤を配合していると言う違いがあります。成分表記にココイルやラウロイルと言った文字がある場合はアミノ酸系界面活性剤です。

市販のシャンプーと育毛シャンプーの違い

市販のシャンプーで洗い過ぎると洗浄力が強いため、頭皮に過剰な皮脂分泌が発生する恐れがあります。頭皮の皮脂は乾燥から守る働きを持っています。その皮脂が過度な洗髪で落ちてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。そこで頭皮が乾燥から守ろうとし、過剰な皮脂分泌が始まってしまうのです。そんなときでもマイルドな洗浄力を持つイクオスの育毛シャンプーなら、落としたい汚れや皮脂は落とし、乾燥から守るために必要な皮脂は残してくれます。
過剰な皮脂分泌が見られる頭皮は環境が悪化しているため、抜け毛や薄毛に繋がりやすいです。育毛シャンプーには使い続けると頭皮環境の改善に役立つと言う違いがあります。ただし、洗浄力の面では市販のシャンプーのほうが上です。泡立ちのしっかりしたシャンプーが好みと言う人には向かないです。

シャンプー内に含まれるシリコンとは?

市販のシャンプーにはシリコンが含まれている場合があります。髪の毛のきしみを無くす目的、コーティングしツヤを与える目的、指通りを良くする目的などで配合しています。シリコンじたいは化粧品やコンタクトレンズ、豊胸にも用いられている安全性の高い成分です。
しかし、頭皮までコーティングされ、毛穴を詰まらせてしまうことがありました。毛穴が詰まってしまうと髪の毛にも悪影響が及んでしまいます。さらに、髪の毛のキューティクルにダメージを与える恐れがあります。育毛シャンプーの多くで、ノンシリコンシャンプーとなっています。ただしノンシリコンだと髪の毛がきしむ、ツヤが出ない、指通りが悪くなると言うデメリットがあります。このデメリットを配合する成分の工夫により抑えた育毛シャンプーもあります。


育毛シャンプーの価格

高級アルコール系の市販シャンプーは、高級と言う名前が付いているものの価格面では安くなっています。少ない量で泡立ちするため、1本で長く使うことが可能です。ドラッグストアなどの店頭に並んでいるため、手軽に入手できます。
育毛シャンプーは、市販のシャンプーと比べると価格が高くなっています。人気の育毛シャンプーでは、1本1か月から2か月分で3000円から4000円ほどの負担が必要です。市販のシャンプーと違い、ドラッグストアの店頭には無い、育毛シャンプーが見られます。店頭には無い育毛シャンプーの場合は、公式サイトで購入することが必要です。公式サイトにて定期便を用意する育毛シャンプーが多くなっており、通常価格より安くなります。使い続けるときは定期便で購入すると良いです。



界面活性剤シャンプーとは?

殆どの方が洗髪するときに市販のシャンプーを使用しています。この市販のシャンプーには界面活性剤が含まれています。界面活性剤は浸透作用、乳化作用、分散作用と3つの性質を持っています。この3つの作用によって汚れを落とすと言う仕組みになっています。
界面活性剤と一言で言ってもいろいろな種類があり、市販のシャンプーに良く用いられているのが高級アルコール系です。泡立ちが良く洗浄力が強いと言う特徴があります。成分表記にラウレス硫酸Naなどの文字がある市販のシャンプーは、高級アルコール系となっています。市販のシャンプーに対し、育毛シャンプーではアミノ酸系界面活性剤を配合していると言う違いがあります。成分表記にココイルやラウロイルと言った文字がある場合はアミノ酸系界面活性剤です。

市販のシャンプーと育毛シャンプーの違い

市販のシャンプーで洗い過ぎると洗浄力が強いため、頭皮に過剰な皮脂分泌が発生する恐れがあります。頭皮の皮脂は乾燥から守る働きを持っています。その皮脂が過度な洗髪で落ちてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。そこで頭皮が乾燥から守ろうとし、過剰な皮脂分泌が始まってしまうのです。そんなときでもマイルドな洗浄力を持つイクオスの育毛シャンプーなら、落としたい汚れや皮脂は落とし、乾燥から守るために必要な皮脂は残してくれます。
過剰な皮脂分泌が見られる頭皮は環境が悪化しているため、抜け毛や薄毛に繋がりやすいです。育毛シャンプーには使い続けると頭皮環境の改善に役立つと言う違いがあります。ただし、洗浄力の面では市販のシャンプーのほうが上です。泡立ちのしっかりしたシャンプーが好みと言う人には向かないです。

シャンプー内に含まれるシリコンとは?

市販のシャンプーにはシリコンが含まれている場合があります。髪の毛のきしみを無くす目的、コーティングしツヤを与える目的、指通りを良くする目的などで配合しています。シリコンじたいは化粧品やコンタクトレンズ、豊胸にも用いられている安全性の高い成分です。
しかし、頭皮までコーティングされ、毛穴を詰まらせてしまうことがありました。毛穴が詰まってしまうと髪の毛にも悪影響が及んでしまいます。さらに、髪の毛のキューティクルにダメージを与える恐れがあります。育毛シャンプーの多くで、ノンシリコンシャンプーとなっています。ただしノンシリコンだと髪の毛がきしむ、ツヤが出ない、指通りが悪くなると言うデメリットがあります。このデメリットを配合する成分の工夫により抑えた育毛シャンプーもあります。


育毛シャンプーの価格

高級アルコール系の市販シャンプーは、高級と言う名前が付いているものの価格面では安くなっています。少ない量で泡立ちするため、1本で長く使うことが可能です。ドラッグストアなどの店頭に並んでいるため、手軽に入手できます。
育毛シャンプーは、市販のシャンプーと比べると価格が高くなっています。人気の育毛シャンプーでは、1本1か月から2か月分で3000円から4000円ほどの負担が必要です。市販のシャンプーと違い、ドラッグストアの店頭には無い、育毛シャンプーが見られます。店頭には無い育毛シャンプーの場合は、公式サイトで購入することが必要です。公式サイトにて定期便を用意する育毛シャンプーが多くなっており、通常価格より安くなります。使い続けるときは定期便で購入すると良いです。

2017-04-04 芸人も通っている?育毛剤だけではない薄毛対策

髪の毛専門病院と一般病院の違い

AGA男性型脱毛症では20代や30代と言った若い世代でも発症することがあります。少しずつ症状が進行し側頭部や後頭部を除いて、薄毛が広がってしまうため早めの対策が必要です。頭頂部や前頭部から抜け毛や薄毛が始まり出したらAGAの可能性があります。そんな症状が見られたときは、髪の毛専門病院で診て貰うと言う対策が有効です。なぜなら、一般病院の皮膚科でも薄毛治療は受けることが可能ですが、皮膚科の医師はAGA専門ではありません。さらに現状維持までの薄毛治療に限られると言うデメリットがありました。そんなときでも髪の毛専門病院なら現状維持だけに留まらず、発毛促進が期待出来る薄毛治療が受けられると言うメリットがあります。
AGAを克服した芸人のなかには、髪の毛専門病院に通って克服した方もいます。髪の毛専門は、AGAに対する症例数も豊富なことが多いです。

髪の毛専門病院のメリット

髪の毛専門病院では血液検査や遺伝子検査が受けられます。フィナステリドと言う内服薬には優れた脱毛予防効果があるものの、性欲減退や勃起不全などの副作用があります。頻度不明ながら肝機能障害と言った重大な副作用も見られました。血液検査では、フィナステリドを服用しても、問題無いかどうか調べることが可能です。定期的に血液検査を行う髪の毛専門病院もあり、副作用がもし出ていても、軽度なうちに対策を行えると言うメリットがあります。遺伝子検査では、AGAを発症しやすい遺伝を受け継いでいるかどうか、調べることが可能です。フィナステリドの感受性まで調べられるため、服用する前に効果が出やすいかどうかも分かります。その他、ミネラル検査を行い食生活の指導を行う髪の毛専門病院もあります。

HARG療法とは?

髪の毛専門病院では、内服薬や外用薬の他にも様々な薄毛治療を用意しています。HARG療法と言う薄毛治療では幹細胞由来の成長因子、150種類以上も頭皮に直接注入しています。多種類の成長因子により毛母細胞が活性化、発毛促進に繋がります。内服薬や外用薬の効果は使用している間だけ、使用を中止するとまた薄毛が進行することがあります。
しかし、HARG療法では成長因子の分泌が続くため、効果が長期間継続すると言うメリットがあります。内服薬や外用薬では十分な効果が出なかったと言う方が、良く受けている薄毛治療です。男性のAGAだけじゃなく、女性のFAGAとも呼ばれる女性男性型脱毛症にも効果が期待出来ます。HARG療法は認定医療機関のみ、一般病院の皮膚科では受けられません。

自毛植毛とは?

髪の毛専門病院によっては自毛植毛と言う薄毛治療も用意しています。この薄毛治療では髪の毛の残っている後頭部から採取し、薄くなった頭頂部や前頭部に移植しています。内服薬や外用薬では効果が出ないと言う方でも、残っている髪の毛さえあれば薄毛治療が可能です。移植した髪の毛が定着すれば、ヘアサイクルによる自然な生え変わりが期待出来ます。そのため人工毛のカツラと違い、定期的なメンテナンスは不要です。
自毛植毛も一般病院の皮膚科では受けられません。ただし、内服薬や外用薬よりも高額な治療費がかかります。広範囲に薄毛が及んでいる場合、100万円以上の治療費がかかることがあるため、最後の手段として選びたいところです。髪の毛専門病院では一人ひとりに合った薄毛治療の提案を行っています。どの薄毛治療が適しているのか分からないときは相談してみて下さい。