ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

虫屋の雑記帖

2016-12-03-Sat

[] TU-8340 (5) 完成  TU-8340 (5) 完成を含むブックマーク

で、いきなり完成、一発で問題なく音が出た。

f:id:platycerus:20161203134951j:image:w400

初段と2段はキットに入ってたJJの12AT7(ECC81)、出力管は手持ちのスヴェトラーナEL34をとりあえず刺している。

f:id:platycerus:20161203134950j:image:w400

f:id:platycerus:20161203134948j:image:w400

ロシア製 Reissue Tung-Sol 6550、初段と2段はSIEMENS E81CCに換えている。

f:id:platycerus:20161203181254j:image:w400

Telefunken EL156 問題なく使える。

f:id:platycerus:20161203181256j:image:w400

f:id:platycerus:20161203181257j:image:w400

2016-12-02-Fri

[] TU-8340 (4) 製作中  TU-8340 (4) 製作中を含むブックマーク

基板をシャーシに装着、よく考えられた構造である。

f:id:platycerus:20161202191028j:image:w400

中央の紫の長方形の部分がバイアスモジュール

f:id:platycerus:20161202191029j:image:w400

付属しているVolumeは小型のものなので定番RK27を使う

支柱は添付の長いものと短いものを組み合わせると丁度良い塩梅になる。

f:id:platycerus:20161203091208j:image:w400

f:id:platycerus:20161203093246j:image:w400

フロントパネルを付ける

f:id:platycerus:20161203093245j:image:w400

f:id:platycerus:20161203093243j:image:w400

2016-11-30-Wed

[] TU-8340 (3) 製作中  TU-8340 (3) 製作中を含むブックマーク

メインボードは完成、実装時は裏面になる

f:id:platycerus:20161130231934j:image:w400

カップリングコンデンサー8個は方向性の測定を全数行ったが、方向による電位差が非常に少ない良いものだと思う。

f:id:platycerus:20161130231938j:image:w400

f:id:platycerus:20161130231936j:image:w400

f:id:platycerus:20161130231939j:image:w400

ソケットを取り付けるときはMT9にはロシア製のピンが尖った真空管を実装して半田付けすると実際に真空管を刺すときに刺さりやすい。8Pのソケットも同様にソケットアダプタなど軽量なものを実装して半田付けする。

f:id:platycerus:20161130231941j:image:w400

2016-11-29-Tue

[] TU-8340 (2) 到着  TU-8340 (2) 到着を含むブックマーク

エレキットのTU-8340が到着、基板がデカい

f:id:platycerus:20161129175727j:image:w400

本体

f:id:platycerus:20161129175726j:image:w400

ボンネットと本体

f:id:platycerus:20161129175725j:image:w400

その下に電源トランス、パーツ、出力トランスx2

f:id:platycerus:20161129175724j:image:w400

出力トランスはアテネ電機製のようだ。ココココにアテネ電機の社長の記事がある。国内製造のようで好ましい。

f:id:platycerus:20161129185733j:image:w400

パーツは袋に分けられている

f:id:platycerus:20161129175723j:image:w400


抵抗類を取り付けた

f:id:platycerus:20161130010805j:image:w400

f:id:platycerus:20161130010803j:image:w400

f:id:platycerus:20161130011217j:image:w400

f:id:platycerus:20161130010801j:image:w400

今日はここで終わり

(11/30追記)

上の基板では初段のグリッド抵抗 R102,R104,R202,R204を取りつけていない。

これは組み立てマニュアルでは27KΩ、回路図では2.2KΩと異なっているためだ。

この点についてエレキットに照会したところ、朝一番でマニュアル(27K)が正しく回路図中の抵抗値(2.2K)は誤りとの返信が来たので申し添えておく。

2016-11-15-Tue

[] TU-8300 (7) KT150  TU-8300 (7) KT150を含むブックマーク

70W級の大型出力管KT150のQUADを購入

f:id:platycerus:20161115221413j:image:w600

TELEFUNKENの大型管EL156が子供に見える大きさ

f:id:platycerus:20161115221412j:image:w600

TU-8300に刺してみた。とてもワイドレンジで鮮烈な音、分解能もすさまじい。EL156と比較するとEL156は中低域が豊かで大人の音。

(追記)KT150に関してのUpscaleAudioのKevin Dealの評価を見つけたがまさにその評価の通り。

”The overall sound of the KT150 is thunderously powerful. The bass is tight, full, and precise with a neutral midrange and transparent high end clarity. The dynamics are unlike anything we have ever heard before. This is truly the tyrannosaurus rex of beam tetrodes.”

f:id:platycerus:20161116003810j:image:w600

Copyright © 2004-2016 platycerus. All Rights Reserved.