ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

虫屋の雑記帖

2014-03-23-Sun

[] 電流帰還アンプ (6) 出力段バイポーラTr版(第2回)  電流帰還アンプ (6) 出力段バイポーラTr版(第2回)を含むブックマーク

正直に言って、このアンプは過去に作ったどのパワーアンプよりも音が良い。MOS-FET出力の時から良いアンプだと思っていたが、今回はそれをはるかに超える音だ。電流帰還アンプがそもそも良いのだろう。電源オン、オフ時のショックノイズは皆無。

一言でいえば、長岡鉄男さんに聴かせたいアンプである。

f:id:platycerus:20140323215541j:image:w640

使用部品をメモっておく。

使用したトランジスタはオーディオ全盛期の定番を使った。小信号用Trは2SA992E/2SC1845E (hfe:550)、Q11とQ12は富士通2SA899V (hfe:200)2SC1904BL (hfe:180)である。ドライバーの2SA985Aと2SC2275AはNECの銘石で、NECのA-10シリーズやSONYのTA-F333シリーズやF555シリーズといった往時の音が良いと言われたアンプに使われている。出力段の2SA1386Aと2SC3519AはサンケンのLAPTエピタキシャルプレーナ製法の石で、ftがきわめて高くcobも比較的小さい。有名な別府アンプでの指定トランジスタでもある。

抵抗は、在庫のものですませた。茶色い抵抗は1/2Wタンタル抵抗、小さい抵抗は1/4W利久抵抗。NFB抵抗のアースとつながっている抵抗はNS-2Bがあったのでこれを使った。白いエミッタ抵抗は0.22Ω/5WのMPC74。

コンデンサ類は入力の大きなコンデンサはアルミ箔とポリプロピレンを捲いたEROのKP1832。3個見える茶色のフィルムコンデンサは松下のPPS。2個の電解コンデンサ330uF/50Vはニッケミの汎用品。2個の100pFは米国製の500Vの黒いマイカ。中心部の赤いものはWIMAのMKS4.7uFで小型で大容量のフィルムコンはこれくらいしかない。

なお、ドライバーTrは常時10mA以上流れて熱くなるため小型の放熱器を付けている。

藤原さんの電流帰還アンプを使っている人にも眠らせている人にも、出力バイポーラ化は強くお勧めできる。ただしバイアス回路の変更と、ドライバーTrをPc15W級(放熱器設置時)へ変更、ドライバーのエミッタ同士をつなげている抵抗(R21)をマニュアルの680Ωから150Ω程度に変更する必要がある、なぜその必要があるかわからない人は触らない方が良い。

2014-03-21-Fri

[] 電流帰還アンプ (5) 出力段バイポーラTr版  電流帰還アンプ (5) 出力段バイポーラTr版を含むブックマーク

7年ぶりにお気楽でないパワーアンプを改造した。

藤原さんのアンプ基板マニュアルでは出力石はMOS-FETであり、ぼくもMOS-FET版で作っているが、電流帰還アンプの作例をググると、Nob氏はMOS-FET版バイポーラTr版の両方を製作しており、バイポーラの方が良いように読める。これが気になり、バイポーラTr版を作ることにした。発注した「お気楽でないパワーアンプ基板」は改良されて一回り大きくなっていた。

f:id:platycerus:20140322002100j:image:w450

マニュアルをベースに、バイアス回路やドライバーに流す電流を増やすなど、出力段バイポーラTr用に変更している。

ドライバーTrはかなり熱くなるので小型放熱器を付ける。

f:id:platycerus:20140322002101j:image:w450

7年前に作ったMOS-FET版と、出力Tr以外の半導体で違うところは、TR11,TR12を東芝2SA1145/2SC2705から富士通2SA899/2SC1904へと変更している。また出力Trには、先日入手したSONYのTA-F333ESRにサンケンのLAPTが使用されており良い感じだったので、LAPT製法で入手が容易なものを採用した。

f:id:platycerus:20140325203916j:image:w450

調整は容易でオフセットと出力Trのアイドリング電流を調整すれば終わり。MOS-FET版と同様に150mAを流している。

f:id:platycerus:20140322002102j:image:w450

さて音であるが、いきなりビックリするほどの良い音。クリアで解像度が高く音数が多い。ピアノのペダルや衣擦れや、良く音を拾う。歌いだす前の口元の動きまでわかるような気になる。めちゃくちゃリアル!これは良い!

(おまけ)

先のNob氏のページや山田のタマさんのページや出力部を2段ダーリントンTrにしたchibidac氏のページのように回路をシンプルにするのも一興かも。上記各氏のページを参考にしたシンプル版回路が次のようなものである。そのうちに作るかも。

f:id:platycerus:20140322135842j:image:w450

2013-11-03-Sun

[][] LPで遊ぶ  LPで遊ぶを含むブックマーク

最近はスマホとイアフォンで音楽を聴くことが多くなった。かなりの曲をスマホには入れてあるが、1979-1982年頃に発売されたアルバムは、コンパクトディスク登場直前だったこともあってかCD化されていないものも多く、こういった曲をスマホで聴くためにはLPからデジタルへの取り込みをする必要がある。

探しているとamazonで"USB接続オーディオキャプチャー AD-USB"を発見。

小型でこれだけでRIAAイコライジングとアナログーデジタル変換が可能。小型で構成がシンプルであるためか16bitだけれど音質的には全く問題ない。

LPなのでレコードプレーヤーが必要になる。MICRO BL91/SAEC WE407/23とLUXMAN PD121/SME3010Rの組み合わせを持っているが、録音に使うためスタートストップが速い装置が必要となる。よってベルトドライブのMICRO BL91は駄目で、立ち上がりの速いダイレクトドライブのモーターでなくてはいけない。LUXMAN PD121のモーターはテクニクスのSP-10そのものなので問題はないが、手持ちのSME3009を使いたいので、アーム交換を前提にハードオフでSL-1200の程度の良いものを仕入れた。余談であるが2台1組で置いてあるSL-1200はDJに使ったものが多いので避ける。1台だけのものはレコード観賞用に使用されたものが多い。といっても、アームは替えるからどうでもいいのかもしれないが。

f:id:platycerus:20130930013620j:image:w300LUXMAN PD121/SME3010R

f:id:platycerus:20131103172958j:image:w300SL-1200MK5 / SME3009imp2

カートリッジ(いわゆる針ですな)はDL-103、SHURE V-15lllなどが残っていたが現用機としてSHURE M-97XEを購入した。これは V-15lllとよく似た音でとても良い。

LPはオークションで極めて安価に購入できる。70年代終わりから80年代前半の国内の女性ポップスのLP77枚セットが2000円とかで買えた。いやはやびっくりです。

LPからデジタル変換するとき、LPに埃がついていてパチパチ音があると、そのノイズをソフトウェアで除去する作業が結構面倒なので、できるだけノイズ無しで取り込みたい。そのためにはレコードの事前クリーニングが必要になる。

ネットで調べると色々な方法があるが、実際やってみると

1)最初に「水の激落ち君」をたっぷりスプレーして歯ブラシ(を加工したもの)でクリーニング

2)水で洗う

3)ガーゼ等で拭く

が効果があった。

デンターシステマを使ったレコードクリーニング方法というページが判りやすい。

ということで、LPのデジタル化は着々と進んでいる。一応CDのようなものも作ってみたり(笑)

f:id:platycerus:20131103172957j:image:w300豊島たづみ

f:id:platycerus:20131103172955j:image:w300惣領智子

f:id:platycerus:20131103172954j:image:w300TINNA(惣領智子+高橋真理子)

doradora 2013/11/25 21:41 SL-1200MK5 に SME3009imp2 を載せるためのアームベースはどのようにされたのですか。最近、SL-1200MK5を入手したのでとても気になります。ぜひ教えてください。

platycerusplatycerus 2013/11/25 23:07 ここです↓
http://www.soundsupports.com/userimages/procart22.htm

2013-04-07-Sun

[][] Yラグとかバナナプラグとかギフチョウとか  Yラグとかバナナプラグとかギフチョウとかを含むブックマーク

スピーカーケーブルの端末は、アンプ(DC-300AS2)側はYラグ、スピーカー(Exclusive2402)側は被覆を向いた裸線状態で使用していたが、アンプ側の取付取り外しが不便なのでバナナプラグに変更し、ついでにSP側もYラグに変えた。

まったく知らなかったがバナナプラグには先端が波形スリットの入った筒状のものがあるようで、接触面積が大きいと思われたのでそれを使った。多種販売されているが、カバーを外せば(カバーは使わないし)どれも同じもののようであり@200円程度。

スピーカー側のYラグ(Y型圧着端子)は共立で販売している富士端子の 5.5-YAS6を使用した。@20円である。4個で消費税込84円である。

ところで、逸品舘で販売されているAIRBOW F5.5/6(8)/CR(Yラグ)は同じものに見えるが、価格は「4コ入 定価(税別) 1,200円」とのことだ。こちらは圧着端子絶縁用キャップが付属しているけれど、先の共立だと@4円なり(笑)

備忘録代わりにギフチョウ記録

  • 2013-4-4 福井県越前町K 13♂♂2♀♀(うち1頭未交尾) 好天 21℃ 無風

     10:00-11:10 15ex ギフチョウ以外目撃せず

  • 2013-4-9 兵庫県西脇市  16♂♂2♀♀(うち1頭未交尾) 好天 20℃ 風あり

     Point B 9:40- 9:50 5ex, 10:00-10:30 5ex, 11:30-12:00 8ex

     Point D1/D2 10:40-11:20 Null D1/D2採集者各1 姿を見ないとのこと

     キチョウ、コツバメ、ルリタテハ 目撃

kephiskephis 2013/04/08 09:52 ksさん,おはようございます.
以前大電流の仕事ばかりやっていたときに知った,ソルトンのこれ↓
http://www.solton.co.jp/test_acc/adaptor/index.html
R4/2-Fの写真でわかるように,S字にツイストのように切り込みが入っている,ここの会社の特許の超低接触抵抗のものです.これはいいです.これをオーディオや小口向けに小売りしてくれないかなぁ,と.
HPをあちこち見ればわかりますが,もともと超大電流接点の専門メーカーなのでいいですよ.
代理店に言っても,大量販売か,用途を教えて計画販売とか,そういう感じしか受けてくれないので・・・

platycerusplatycerus 2013/04/09 15:30 ググってみましたが入手できるところないですね。

2013-03-23-Sat

[] BMS 4540ND  BMS 4540NDを含むブックマーク

2008年からスピーカーにEXCLUSIVE 2402を使っている。今まで使ってきたスピーカーのなかではベストだと感じている。サイズは別として特に不満はないが、2402は4インチダイアフラムのTD-4001に高音全域を受け持たせており、内部のネットワークでイコライジングをかけて頑張っているが、10KHz以上は4dbほど落ちている。

そこで、スーパーツイーターを軽くスパイス的に加えるという感じでやってみてはどうかと思った。

f:id:platycerus:20130323120543j:image:w225

最初に試したのがSelenium ST400である。Seleniumはブラジルのメーカーだが近年JBLに吸収されたようだ。ST400は製造中止になって久しいJBL 075の近代版的な機種でブラジル製なので安価、海外のサイトでは075よりも良いという意見が多く評価はとても高いが、075と同様に超高域は期待はしていない。

1.47uFのコンデンサー(RTX1.0uF + theta0.47uF)とアッテネータという簡単なハイパスフィルターで繋いでみた。アッテネータの位置ごとの抵抗値などを測定とすると1/8位のかなり絞ったポジションでのfc(-3db)は11KHzである。聴いてみると良いのだけれどもっと上で切りたい。コンデンサーをRTX1.0uFだけとした。これでfc(-3db)は16KHzとなる。なかなか良いですなあ。

余談だけど075の中古を高額で買うよりもST400が良いと思う。

f:id:platycerus:20130323112615j:image:w225

次にもっと進化した現代的なスーパーツイーターのBMS 4540NDで試してみた。BMSはドイツのメーカーで、4540NDはJBLに2407Hとして供給されたという話である。カタログ上の周波数では上は30KHzまで伸びている。残念ながらBMSは国内では扱いが無く、米国から輸入することとなった。

ネオジウムマグネットであるためとても小さい。

f:id:platycerus:20130323112614j:image:w225f:id:platycerus:20130323112612j:image:w225

ホーンにはEMINENCE APT-150SとJBLSelenium HM17-25を用意。先ずはHM17-25に取り付けてある。

f:id:platycerus:20130323112616j:image:w225f:id:platycerus:20130323112613j:image:w225

ハイパスフィルターはST400と同じで1.0uFの6db/octのもの。

f:id:platycerus:20130323112617j:image:w225

20KHZとかが聴こえてるわけもないが、弦楽器の音色、人の声、ベルの音色etc、より自然になったしなにより空気感が向上。これは素晴らしい。

BMSでは、中音域用のコンプレッションドライバー4592ND-MIDも良さそうである。TAD TL-1601a(b)/BMS4592ND-MID+しっかりしたフルサイズホーン/BMS4540ND の組み合わせなどは魅力的だろうなあ。

<4/1追記>

その後、ハイパスコンデンサー0.47uF、コイル0.05mHの12db/octとした。すっきりとして良い感じだ。

ヤッチャンヤッチャン 2013/09/16 07:33 初めて投稿いたします。BMS4592NDを、米国から輸入して、2インチウッドホーンを自作して使っておりますが、大変きれの良い音で満足しています。

platycerusplatycerus 2013/09/18 10:06 ウーファーは何をお使いですか?

アキちゃんアキちゃん 2014/03/31 23:34 以前に木製シャーシを落札頂きました者です。貴殿のブログを拝見しました所、私も同じユニットST400を使用していますのでコメントさせて頂きました。ST400と中域はBMS4592NDをマンタレーホーンMR-94のコピーの自作木製ホーンで使用しています。ST400と木製マンタレーホーンと4592の組み合わせはダイヤフラムが非金属の為でしょうか、又マンタレーホーンの癖のない音質で、ボーカル、弦楽器からビッグバンドまで滑らかで自然な音質です。

Copyright © 2004-2013 platycerus. All Rights Reserved.