ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

虫屋の雑記帖

2015-10-26-Mon

[] Raspberry Pi で遊ぶ(2)  Raspberry Pi で遊ぶ(2)を含むブックマーク

ハイレゾ音源はファイルサイズが大きく、USBメモリはすぐに一杯になりそうなので外付HDDをUSBに接続することにした。

ところがRaspberryのUSB端子の供給電流容量が小さいようなのでうまく動かず、HDD電源は別からとることにした。

使用したのは、ELECOM USBハブ 充電・通信 2A出力 セルフパワー 4ポートU2HS-T201SWHという機種で問題なく動作した。

f:id:platycerus:20151026200449j:image:w450

2015-10-25-Sun

[] Raspberry Pi で遊ぶ  Raspberry Pi で遊ぶを含むブックマーク

RaspberryPi2をI2SのDACにする目的で購入。

RaspberryPiに関してはWebに多くの記事があるが、I2SのDACにするという目的では「ラズベリーパイで遊ぶよ〜!」というblogの、らんらんる〜氏がI2SのDACの内容に特化して作ったHP、「ラズベリーパイを使った音楽プレーヤーの作成」http://volumio.soragoto.net/index.htmlがとても分かりやすかった。

f:id:platycerus:20151025155412j:image:w600

ということで途中は全て省略して、I2S/DACと化したRaspberryPi2Bが2台。

手前はHyCAAヘッドホンアンプのnew_western_elecさんのSabreBerry+基板を搭載。こちらは藤原さんのDAC9018でおなじみになったESS社のローコスト、高性能DAC ES9023を使用。そして奥は藤原さんのDAC51X2 MINI B-PLUS基板を搭載。こちらは名前通りTI社のPCM5102を使用している。またデジタルアイソレータ機能もあるがそれを使わないで作った。

f:id:platycerus:20151025155413j:image:w600

I2Sはクリアで素晴らしい。ヘッドフォンアンプに出力して聴いてみる。極楽極楽。

f:id:platycerus:20151025155414j:image:w600

なおオリジナルのVolumio 1.55をジッタ−フリ−に改造したものも公開されている。

ほーりーさんの日記のこの記事とかこの記事とかnew_western_elecさんのこの記事とか見ておくと吉かも

2015-10-24-Sat

[] HyCAAヘッドホンアンプの製作  HyCAAヘッドホンアンプの製作を含むブックマーク

f:id:platycerus:20151024132340j:image:w600

真空管とOPAMPを組み合わせたHyCAAヘッドホンアンプを作った。

部品数も少なく調整するところもないのですぐに完成。回路や詳細はnew_western_elecさんを見て頂くとしてここでは触れない。部品も見たとおりだが入力のコンデンサは松下のPPS 0.1uF、オペアンプはU2がLT1364、U3がJRCの5532DDである。

さてその音だがビックリするほど良い。聴き惚れてしまいます。

真空管は12AU7/ECC82系統が使える。持っているものを順に刺して聴いたが、音の優劣は少しはあるものの、TUNGSRAM製E80CCを除いてどれも問題なく聴けた。PHILIPS製の金足のE80CCは優雅な音で鳴った。E80CCは電流を食うので、2A位供給できる電源だと使えそうな気もする(使用したのは手持ちの12V1A電源)。

f:id:platycerus:20151023222515j:image:w600

左の長い2本(左から)

  • E80CC (TELEFUNKEN) PHILIPS製
  • E80CC (SIEMENS) TUNGSRAM製------音出ない

上段(左から)

  • 12AU7A (RCA Clear Top, Side-D-Getter 1962)
  • 12AU7 (RCA Grey Plates, Top-D-Getter 1958)
  • 12AU7 (Amperex Holland Bugleboy)
  • ECC82 (TELEFUNKEN smooth plate)
  • JG-5814WA (GE TRIPLE MICA, 1955)
  • 5963 (HP)

中段(左から)

  • 12AU7 (Raytheon Black Plates, Baldwin Bland 1960)
  • JAN-CHS-12AU7 (SYLVANIA Long Black Plates 1951)
  • 12AU7 (GE Long Black Plates 1950s )
  • JRC-12AU7 (RCA Long Black Plates 1953)
  • E82CC (SIEMENS 1970s)
  • E82CC/6189 (SIEMENS TRIPLE MICA FALCON MARK 1970)

下段(左から)

  • 12AU7/ECC82 (松下)
  • 6189/12AU7WA (東芝 通測用)
  • 12AU7 (TEN)
  • 12AU7 (NEC)
  • 5814A (東芝 Black Plates)
  • 12AU7 (マツダ))
  • 12AU7 (東芝 通測用Hi-S)

f:id:platycerus:20151023232155j:image:w600

2015-08-30-Sun

[] 小型スピーカーの製作 (4)  小型スピーカーの製作 (4)を含むブックマーク

更にその後、BMS4540NDの相棒をSB12NRX25-4からCA12RCYに変更した。

f:id:platycerus:20150830203312j:image:w240

ネットワーク回路は以下のようなもの。

f:id:platycerus:20150830204143:image

非常につながりが良く情報量が多い。そして半年が経ち今に至っている。

kishikishi 2015/10/13 01:16 はじめまして、kishiと申します。以前からいろいろと参考にさせていただいています。私は長いこと Jazzを15インチのウーファー(今はTAD Tl1601)とJBLの375やLE85を使って聴いて来ました。が、還暦も過ぎて、これまでみたいに、ガンガンと大音量で聴くこともなくなり、クラシックも聴くようになりました。それで、DYNAUDIOのユニットなどを入手して大幅にSPシステムの変更を試行錯誤しているところです。それで本題ですが、BMSの4540NDにとても興味があります。記事で紹介されていた
US SPEAKERのサイトから注文しようとしたのですが、注文のformが米国内を前提にしているように思えます。直接メールで注文しなければならないのでしょうか。発注方法を教えていただけますか。

platycerusplatycerus 2015/10/13 07:34 メ−ルで注文した形跡がないので、商品をクリック選択して、最後にペイパル決済だったと思います。ペイパルからのメ−ルは来てました。

BMS4540はすごく良いですよ。金田式マイクのワンポイント録音など空間が気持ち悪いくらい再現されます。うちのTADは全く聞かなくなりました。

kishikishi 2015/10/13 22:56 platycerusさん、こんばんは。US SPEAKERへのBMS4540発注のこと、お世話になりました。
落ち着いてオーダーformを見たら米国以外を指定すれば良いだけでした。
PayPalもアカウントを取り、決済もできたようです。
実は先日、もう使うこともないだろうとJBLのLE85も手放したばかりですが、platycerusさんの小型スピーカーの製作を見てホーンを使ったSPを作りたくなりました。ところで今回、ウーファを選択する際にScan-speak製は
候補に上がらなかったのでしょうか。Ektaで使っておられる18W/8531とかはどうでしょうか。私はもう少し大きい箱にしてもいいので検討中です。

platycerusplatycerus 2015/10/13 23:32 小型スピ−カ−計画始動の発端が「Proac tablette reference 8」です。結果的に違う形になりましたが(笑)
reference 8 の低域がCA12RCYですのでこのサイズで計画しました。このサイズでScan-speakに適当なものが無かったんじゃないかな?考慮に入れていません。

2015-08-22-Sat

[] 小型スピーカーの製作 (3)  小型スピーカーの製作 (3)を含むブックマーク

実はその後 BMS4540NDをツイタ−にしたところ素晴らしい音に感激した。

画像のド−ムツイ−タ−は使用していない。

f:id:platycerus:20150112131738j:image:h240 f:id:platycerus:20150112130716j:image:h240

BMS4540NDはかなり低い周波数から使える。

APT-150Sと組み合わせておよそ2khzでクロス。

f:id:platycerus:20150822175905j:image

f:id:platycerus:20150112131737j:image:w240 f:id:platycerus:20150112131736j:image:w240


中心軸上:距離100cm

f:id:platycerus:20150113200927j:image:w360f:id:platycerus:20150113200930j:image:w360

f:id:platycerus:20150113200929j:image:w360f:id:platycerus:20150113200928j:image:w360


中心軸から30度:距離140cm

f:id:platycerus:20150113201126j:image:w360f:id:platycerus:20150113201128:image:w360

f:id:platycerus:20150113201127j:image:w360f:id:platycerus:20150113201129j:image:w360

<続く>

Copyright © 2004-2015 platycerus. All Rights Reserved.