Hatena::ブログ(Diary)

賢押杯Alt./Abs.2017 公式blog

2016-12-02

「賢押杯Alt./Abs.2017」問題提供募集のお知らせ

賢押杯実行委員会では「賢押杯Alt./Abs.2017」で出題するクイズの問題を募集いたします。メインスタッフとして長期間の協力は難しいけれど、当日出題する問題を提供することならできるというかたは、出題に関する注意書きを添えた提出フォーマットをお送りしたいと思いますのでalt2017questions(アットマーク)ken-oshi.comまでメールにてお知らせください。準備ができ次第折り返しメールをお送りしますので、ken-oshi.comのドメインが受信できるよう設定の確認をお願いいたします。

【問題提供募集の概要】

  • 問題数:1問〜
  • 提出〆切:12月28日
  • お問い合わせ先:alt2017questions(アットマーク)ken-oshi.com

※問題提出者は、賢押杯Alt./Abs.2017への参加資格がなくなります

賢押杯の問題は毎回「答えても聞いていても楽しい問題」を指向して準備しております。また、大会当日だけでなく、記録集の形で多くの方に楽しんでいただいております。

そうした問題群の中にご自分の問題を入れてみる楽しさを感じていただけたら幸いです。なお、今回は早押しクイズ等に触れた経験の少ない方向けのAlt.を中心とした募集ですので、極力易しめな問題をご用意いただければと思います。

提出期限は12月28日とさせていただきますので、それに間に合うように上記メールアドレスにお知らせいただけたらと思います。〆切が近くご迷惑をおかけしますがご理解くださいますようお願いいたします。

なお、今回の募集は「賢押杯Alt.2017」単独の問題募集となっております。今後賢押杯シリーズの大会(本大会・Alt.・Abs.)の開催が決定した際に、今回のAlt./Abs.2017の問題を持ち越すことはありません。ですので、今回問題をご提出いただくことで次回以降の大会に参加できなくなるということはありませんのでご承知おきいただけましたら幸いです。

問題をご提供いただいた皆様にはお礼として大会終了後に製作する公式記録集を差し上げる予定です。

「賢押杯Alt.2017」地方開催スタッフ募集

「賢押杯Alt.2017」では、Alt.2015までと同様に全国各地で同時に同じ問題で大会を実施することを検討中です。前回は札幌仙台埼玉千葉東京立川金沢名古屋大阪岡山北九州鹿児島の12ヶ所で開催しましたが、これ以外の地域でも是非開催してみたいという地域があればご連絡いただきたく存じます。

各地方により見込まれる参加人数に差が生じるかと思いますが、おおよそ以下のように考えております。

  • 参加定員25名の場合:
    • 1部屋での開催(早押し機1セット)、地方開催スタッフ2〜4名
  • 参加定員50名の場合:
    • 2部屋での開催(早押し機2セット)、地方開催スタッフ7〜10名

もしお住まいの地域で賢押杯をやってみたいというお考えがありましたら、alt2017ask(アットマーク)ken-oshi.comまでご連絡をよろしくお願いいたします。

なお、「賢押杯Abs.2017」については都内1か所での開催を計画しておりますのでご承知おきください。

2016-11-27

賢押杯Alt.2017開催のお知らせ

先日よりご案内しておりました賢押杯Alt.2017について開催日時が決定しましたのでお知らせします。

【賢押杯Alt.(オルタナティブ)2017 共通事項】

  • 開催日 2017年4月9日(日)
  • 時間 開場11:00、開始12:00、終了16:30(予定)
  • 参加費 2部屋会場:1,000円 1部屋会場:500円
  • コンセプト 全国同時開催のニューカマー向け早押しクイズイベント
  • 問題難度 オフラインクイズの経験が少ない方でも楽しめる問題群。賢押杯本大会より若干易しめの予定です

企画概要

  • 教室予選1R 賢押杯ローリングクイズ
  • 教室予選2R 5○3×クイズ(1部屋開催の場合実施しません)
  • 準決勝 未定
  • 決勝 「9」ポイント先取早押しクイズ(2→優勝)
  • 終了後に「全会場一斉ペーパークイズ」を実施します
  • (企画内容は変更になる場合があります)

参加資格等について

  • 参加資格の対象となるゲームについては、実行委員会での議論の下、下記の通りとなっております。
  • クイズマジックアカデミー トーキョーグリモワール』『魔法使いと黒猫のウィズ』『冒険クイズキングダム』を参加資格とします。また、『冒険クイズキングダム』を参加資格として認めるのは今大会までとします。参加資格となるゲーム内の階級については直近の賢押杯シリーズのものを踏襲したものになる予定です。参加資格とするタイトルを追加する際には随時お知らせします。
  • なお、賢押杯の教室予選・5○3×クイズ等、および他のオープン大会での、全参加人数の3分の2以下への人数絞りを目的としたペーパークイズ(学生限定等の参加資格の有無を問いません)を通過したことのある方の参加はご遠慮ください。

賢押杯Alt.2017『冒険クイズキングダム』の参加資格取り扱いについて

『冒険クイズキングダム』については、2017年1月10日をもってサービスの終了が発表されておりますが、エントリー時に参加資格を確認できる画像をご提示いただけた方については今回のAlt.2017までは参加資格を認め、次回以降の賢押杯シリーズの大会が開催された際には参加資格として認めないことといたしました。従いまして『冒険クイズキングダム』での参加をお考えの方につきましては、サービス終了前に下記のようなスクリーンショットをご用意いただきますようお願い申し上げます。

f:id:qma_push:20160623234548p:image:w360

賢押杯Abs.2017開催のお知らせ

先日よりご案内しておりましたQMA宝石賢者限定大会・賢押杯Abs.(アブソリュート)2017について開催日時が決定しましたのでお知らせします。

【賢押杯Abs.(アブソリュート)2017】

  • 開催日 2017年4月9日(日)
  • 時間 開場11:00、開始12:00、終了16:30(予定)
  • 参加費 500円
  • 会場 都内を予定しております
  • コンセプト QMA宝石賢者による早押しクイズ大会
  • 問題難度 賢押杯Alt.2017と同一の問題を使用します

企画概要

  • 教室予選1R 賢押杯ローリングクイズ
  • 教室予選2R 5○3×クイズ(1部屋開催の場合実施しません)
  • 準決勝 未定
  • 決勝 「9」ポイント先取早押しクイズ(2→優勝)
  • 終了後に「全会場一斉ペーパークイズ」を実施します
  • (企画内容は変更になる場合があります)

参加資格等について

  • 参加資格の対象となるゲームについては、実行委員会での議論の下、下記の通りとなっております。
  • クイズマジックアカデミー トーキョーグリモワール』で宝石賢者(Qレベル100)以上の階級になっていること
  • 過去に賢押杯を含む50名以上の参加者によるオープンクイズ大会(個人戦)で決勝進出した方については、参加をご遠慮ください

2016-10-25

「賢押杯Alt.(オルタナティブ)2017」「賢押杯シリーズQMA宝石賢者限定新大会」開催計画について

先日は賢押杯2016にご参加・ご協力いただき、まことにありがとうございました。改めまして御礼を申し上げます。次回の賢押杯シリーズの大会は、賢押杯Alt.2017を来年4月ごろに開催することを現在計画しております。

賢押杯Alt.は、オフライン早押しクイズに触れた経験の少ない、あるいはこれまでの賢押杯で上位進出を果たしていない、クイズゲーマーの皆さんの為のオフラインのクイズ大会です。これまでにAlt.2011、Alt.2012、Alt.2015の計3回開催してまいりました。この大会を通じて、早押しクイズの楽しさを感じていただけましたら何よりの喜びです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

賢押杯Alt.(オルタナティブ)2017

  • 開催予定日 2017年4月ごろ
  • 会場 全国各地で同一問題による同日開催を計画中(関東地方については合計3ヶ所で分散して開催する計画です)
  • これまでの賢押杯(本大会・Alt.)で予選を勝ち抜けていない方、およびオフライン早押しクイズ初心者のオンラインクイズゲーマー向けの大会
  • 参加資格となるゲーム内の階級は極力低めに設定する予定です
  • 賢押杯の教室予選・5○3×クイズ等、および他のオープン大会での、全参加人数の3分の2以下への人数絞りを目的としたペーパークイズ(学生限定等の参加資格の有無を問いません)を通過したことのある方の参加はご遠慮ください
  • 12:00開始、16:30終了程度のシンプルな大会になる予定です
  • 問題の難度については本大会より全般的に若干易しめにすることを考えております
  • 今回の賢押杯Alt.2017については、「賢押杯Alt.2017実行委員会」が大会準備を行います。問題の準備についても賢押杯Alt.2017のみで使用する目的で提出していただき、仮に今後の賢押杯シリーズの大会の開催が決定しても、そちらの大会へは提出問題の持ち越しは行いません。従いまして、Alt.2017でメインスタッフ・問題提供でご協力いただいた方が、今後開催される大会についても参加できなくなる、ということは今回はございませんのでご承知おきいただければと思います。

また、上記の賢押杯Alt.2017と同日に、関東地方で賢押杯シリーズの新大会を計画しております。

賢押杯シリーズQMA宝石賢者限定新大会(仮)

  • 開催予定日 2017年4月ごろ(Alt.2017と同日)
  • 会場 都内か関東地方を予定
  • QMAを十分にプレイされている方限定の早押しクイズ大会
  • 参加資格となるゲーム内の階級は従来よりも高めに設定する予定です。具体的にはQMAの宝石賢者(Qレベル100)以上を想定しております
  • 賢押杯を含む50名以上の参加者によるオープンクイズ大会(個人戦)で決勝進出した方については参加をご遠慮ください
  • 大会の構成・問題はAlt.2017と共通です

上記の開催計画についてご意見ご要望などございましたらalt2017ask(アットマーク)ken-oshi.comまでメールをくださいますようお願い申し上げます。

暫定的な参加資格(Alt.2017)

正式な参加資格は大会参加エントリー開始までに発表いたしますが、スタッフ・問題提供を募集するに当たり、大まかな参加基準を公表いたします。あらかじめご確認いただけましたら幸いです。

プレイ面からの参加資格は、賢押杯2016と概ね同程度のものとし、基本的に最新作でのプレイ歴を適用します。なお、賢押杯2016での参加資格(QMA暁の鐘を除く)は以下のとおりです。

ただし、以下の条件に当てはまる方は参加をご遠慮いただきます。

  • 予選としての人数絞りを目的としたオープンクイズ大会のペーパークイズで、通過したことが一度でもある(参加者全体の3分の2以下の人数に絞るものを対象とし、学生限定などの参加資格の有無を問わない)
  • 賢押杯2006以降の賢押杯について、教室予選相当のラウンドを通過したことが一度でもある

(敗者復活ラウンドからの勝ち上がりは、最終的に優勝した場合以外は含めません)

(具体的なラウンドについては今回は省略させていただきます)

現行バージョン以前での階級・プレイ実績は参加資格として適用しません

ゲーム内での上位の成績・階級や、各種店舗大会での戦績等は参加資格の条件とはいたしません

TV番組や、クイズサークル・クイズ研究会以外の団体による大会の戦績については参加資格の条件とはいたしません

暫定的な参加資格(新大会)

新大会の参加資格については下記の内容を想定しております。

QMA以外のゲームは、新大会については参加資格に含めません

ただし、以下の条件に当てはまる方は参加をご遠慮いただきます。

  • 参加人数50名以上のオープンクイズ大会(個人戦)で決勝進出した経験がある(参加資格・問題傾向を問わない)

(賢押杯シリーズ(本大会・Alt.)での上位進出経験は、上記の決勝進出に該当しない限り問いません)

「賢押杯Alt.2017」「賢押杯シリーズ新大会」大会スタッフ募集のお知らせ

開催計画の記事でご案内した内容を踏まえて、大会開催に向けて運営にご協力をいただくスタッフを募集いたします。クイズサークルへの参加経験を問わず、賢押杯をスタッフの側から盛り上げてみたいというご希望をお持ちの方を広く募集いたします。上記の参加資格により今回のAlt.あるいは新大会のいずれにも参加できない方のご協力をいただけましたら大変嬉しく思います。

クイズサークルに参加したことの無い方にとっては、もしかするとこうした大会でのスタッフ協力は敷居が高く感じられるのかも知れません。問題作成などクイズ大会特有のスタッフ業務も存在するのは確かですが、道具の買出しやレンタルなど、一般的なイベントで求められる業務スキルも数多くあります。また、賢押杯という大会はクイズと直接関係しない作業が他のクイズ大会よりも格段に多い大会です。そうした部分で、たとえばクイズゲームの店舗大会運営の経験や、これまでの賢押杯に参加して感じたことなどを次回の賢押杯で是非生かしてみていただけたらと思っております。

もちろん、クイズサークルに参加されている方のスタッフ参加も引き続き歓迎いたします。依然として賢押杯は国内屈指の規模のオープンクイズ大会と言えますし、この大会でのスタッフ経験は何物にも替え難いものだと信じております。ぜひ、賢押杯でのスタッフ経験を今後のクイズ生活に役立てていただければと思っております。特に、これから多くのクイズ企画を担当するであろう学生さんのご参加をお待ちしております。

なお、関東以外の地方にお住まいの方でもスタッフとしてご協力いただくことは十分可能ですので、是非お問い合わせいただければと思います。

メインスタッフの人数が25名確保できない場合は、開催を無期限延期させていただく予定ですのでご承知おきください。

現状で考えておりますメインスタッフの役割を列挙いたします。この中でご自分が担当してみたいというものがあれば、是非スタッフ参加をご検討いただけましたら幸いです。

  • 問題作成

当日出題する問題を作成します。メインスタッフの多くが共通して担当します

  • 問題選定

集まった問題の裏取り(クイズとして正しいかを確認)、修正を行い、出題する問題を選び出します

  • 台本・進行表製作

当日すべきこと、参加者に伝えなければならないことを洗い出し、わかりやすくまとめます。おおまかに「受付」「予選」「本戦」に分担が分かれる予定です

  • 資材管理

進行表製作と連携し、大会に必要な物品を手配します。おおまかに「早押し機」「印刷物」「レンタル物」「その他購入物」に分かれます

  • 会計

当日までの支出と、参加費、記録集頒布の収益、打ち上げ(賢押盃)の費用をまとめます

  • エントリー受付

参加エントリーを確認し、漏れや誤りが無いかを確認した上で参加者にメールを送ります

  • web管理

公式サイト(ken-oshi.com)の更新を行います。また、必要に応じてスタッフが使用するメールアドレスの設定を行います

  • 会場折衝

大会会場の予約や疑問点の確認など折衝を担当します

メインスタッフに関するお問い合わせはalt2017ask(アットマーク)ken-oshi.comまでご連絡ください。

皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

2016-09-28

賢押杯2016公式記録集頒布開始のお知らせ

大会終了後より編集を続けておりました「賢押杯2016公式記録集」について頒布を開始いたしました。順次各地のオープン大会や、QMAの店舗大会(の、お店の外など邪魔にならない場所)、コミックマーケットなどで頒布させていただきますので、ご興味のある方はお声をおかけいただければと思います。

教室予選2限・本戦1回戦・準々決勝の各部屋記録はPDFファイルにて記録集購入者限定で公開を行いますが、公開は10月以降になりますのでご容赦くださいますようお願いを申し上げます。

また、下記の各通販サイトでも順次取扱を開始していただきますので、お急ぎの方はそちらをご利用いただけましたら幸いです。

Quikethttp://quiket.biz/
クイズ宅配便(Q宅)http://q-tak.com/
キーボートスhttp://quizkivotos.cart.fc2.com/

賢押杯2016にて問題提供・当日スタッフ等でご協力いただいた方々へは、お礼として記録集を差し上げます。遠方の方へはメール等にて送付方法等を近日中にご案内しますのでもう少々お待ちください。

2016-09-03

賢押杯はオンラインクイズゲームを取り巻く環境の変化に合わせて、大会ごとに参加資格を一から設定してまいりました。

「2009」の終了後、参加資格条件の低さから「もう少し参加資格を上げてお互いのことをクイズゲーマーと認められるような条件にしてほしい」とのご要望をいただきました。以降本大会では「クイズサークルに所属経験のある方は1年間に3回以上の店舗大会参加」や、「黄金賢者・S級プロアンサー以上」といった、人によっては厳しく感じられる条件を提示させていただきました。

その結果、「2011〜2013」の3大会では大会の参加人数がピーク時よりも100名弱も減少する状態に陥りました。上記の参加資格で目指した「普段クイズゲームをより多くプレイされている方」の参加者数の伸び悩み、かつ「賢押杯に関心はあるのに条件が厳しすぎて参加できない方」の増加が原因と考えております。

「2015」の開催告知の冒頭で「極力低めの参加資格を設けさせていただく」旨ご案内したのはそうした経緯を踏まえてのことです。

2015で参加資格が緩和されたのは

  • 「オンラインクイズゲーマーのための大会であること」
  • 「参加人数が多い、必ず一定時間クイズに参加できる、大規模なホール演出といった賢押杯らしさ」

のうちどちらを優先すべきか、という大変難しい二者択一に、悩みながらも最終的にはメインスタッフ内の全会一致で後者を選択したことに基づいております。2015以降は「参加したいと思ってくださる方」の側を向いて参加資格を策定させていただいているのは事実です。

ただ、そうした参加資格の方針の変更が、従来の賢押杯をご存知の方にとって「賢押杯は変わってしまった」「賢押杯は自分たちのものではなくなってしまった」とお感じになられるのは無理もないことであると思います。「そうした参加資格にするのであれば『オンラインクイズゲーマーによる早押しクイズナンバー1決定戦』を掲げないでほしい」との厳しいご意見も頂戴いたしました。

また、オフラインクイズの経験を持つ方の賢押杯への参加についてもご批判を頂戴しておりますが、クイズゲームというジャンルが定着し、クイズゲームからオフラインクイズに参加する人、あるいはオフラインのクイズサークルに籍を置きつつクイズゲームに触れる人が増え続ける中で、クイズゲームオフラインクイズのどちらに重きを置いているかについて線引きを行うのはもはや不可能と言えます。少なくとも本大会については、今後もオフラインクイズの実績を参加資格に設けることは消極的にならざるを得ないところです。ただ、今大会においても、オフラインクイズの経験の有無がそのままアドバンテージになるような出題や、早押しクイズ特有の決め打ちができ得る出題は可能な限り控えられていたと認識しております。

次の本大会はいつ開催するか全くの未定ですが、次の本大会も基本的には「なるべく参加しやすい参加資格の大会」で、「様々な形でクイズに触れている方が一堂に会する機会」として開催したいと考えております。

それとは別に、「QMAのヘビープレイヤー限定、かつオフラインクイズのオープン大会で大きな実績のない方による賢押杯」という枠組みも計画中です。おそらく来年の春ごろに開催を考えている「賢押杯Alt.2017」の一会場としての開催となるかと思われますが、既存の賢押杯を支持してくださった方への一定の解答を何とかご用意したいと考えております。

最後になりますが、今回賢押杯2016でお招きした参加者の皆様はすべて実行委員会が定める参加資格を満たしてご参加いただいています。当大会にご興味を持ってご参加いただけたことに改めましてお礼を申し上げます。もし次回同様の参加資格で開催の際には、また是非ご参加いただけましたら幸いです。今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

2016-08-29

賢押杯2016 準決勝・決勝 映像公開

賢押杯2016の準決勝・決勝の模様を撮影した映像をYouTubeにて公開しました。是非ご覧いただけましたら幸いです。

https://youtu.be/wn-m5HYXth4

賢押杯2016当日の忘れもの

賢押杯2016の際のお忘れ物をお預かりしております。

f:id:qma_push:20160829084047j:image

f:id:qma_push:20160829084011j:image

f:id:qma_push:20160829083948j:image

f:id:qma_push:20160829083805j:image

f:id:qma_push:20160829083748j:image

(お申し出のあった品物については随時画像の削除を行っております)

上記の画像の中の品物でお心当たりのある方は、恐れ入りますが送付できる住所や受け渡し方法のご希望などをお書き添えの上、2016ask(アットマーク)ken-oshi.comまでご連絡をよろしくお願いいたします。なお、保管期間は9月11日までとさせていただき、その後は実行委員会にて処分させていただきますのでご容赦ください。

2016-08-23

ペーパークイズ問題・解答を公開しました

当日出題したペーパークイズの問題と解答を公開しました。下記リンクよりダウンロードの上ご覧下さい。なお、公開期間は9月23日までとさせていただきます。

(9/27更新)公開を終了しました。以降は10月頒布開始予定の公式記録集をご覧ください。