Hatena::ブログ(Diary)

糞ネット弁慶

日本声優統計学会/声優統計についてはこちら

2011-02-04

[]放置系ブラック研究室で楽しく生きるにあたって 16:15 放置系ブラック研究室で楽しく生きるにあたってを含むブックマーク

(2/6 補足書きました→ 「放置系ブラック研究室で楽しく生きるにあたって」の補足 - 糞ネット弁慶)

修士論文を提出し,発表を済ませた.また,これをもって大学院及び研究室に関する全ての行事が終了した(「教授が論文書けってうるさいから春休み潰れるわ〜まじないわ〜」などという学生とは違う).というわけなので三年間の研究室生活について振り返ってみる.

放置系ブラック研究室とは

そもそも我が研究室は非常に放任主義の放置系ブラック研究室であった.いくつか例を挙げると

  • 論文紹介や輪講などない
  • M2になってから7回程度しかゼミをやった記憶が無い
  • 研究テーマが上から降ってくることがない
  • 教授が卒論修論のテーマを提出の一ヶ月前まで把握していない
  • 研究しない
  • 論文(書かない|書けない)
  • (研究会|全国大会|諸々)(出ない|出さない|出せない)
  • そもそも何がいつあって締切りがいつとか知らない
  • 学生が学会に何一つ加入していない

などが挙げられる.このような環境の結果として,私は無事ノー論文ノー学会ノーポスター,業績欄及び所属学会空白で大学院をフィニッシュする予定である.

既存研究として,研究室に関する恨み言の多くは9時-21時コアタイム,無給労働が常態化した「激務系ブラック研究室」に関するものであり,このような「放置系ブラック研究室」というのはネットを見ていると非常に少ない.

放置系ブラック研究室のデメリット

放置系ブラック研究室は先ほど挙げたような項目の多くを満たすだろう.このような研究室では一般語られるような理系院生の生活を送る事ができない.その結果次のようなデメリットが生じる.

  • 大学院生と研究の話ができない
    • 「締め切り前にレッドブルN本飲んだ」自慢ができない
    • 「***通ったんだ〜」と言われても難易度が分からないので反応できず,愛想笑いで「えーすごいねー」と返すしかできない
    • DEIMで盛り上がるタイムライン歯ぎしりする
  • 研究をしないのでエントリーシートの「いっしょうけんめいがんばったこと」欄に研究の話が書けない
  • 「そもそも俺は何のために授業料を払ったんだ?」と考え始める
  • ルサンチマンにかられこのような文章を書く
  • Twitterで意識の高い学生を罵倒する
  • 「すっぱい葡萄」を起こす

これらのデメリットは全て「努力が足りない」「要は勇気がないんでしょ?」「自己責任」「ゆとり教育乙.大学院とは自ら学ぶ場所であり云々」などのワードで片付ける事も可能だが,しかし,それらの言葉は言った側が満足するために存在するのであり,言われた側は何も解決しない.よって解決策を考える.

放置系ブラック研究室のメリット

激務系ブラック研究室と比較した場合,最大のメリットは以下の「自由」が得られることである.

  • 時間の自由
    • ゼミが無いという事は準備に必要な時間も自由になる
    • 先輩の論文の為に作業をする必要もない
    • (春|夏|冬)休みも拘束されること無く満喫できる
  • 思想の自由
    • テーマが降ってこないので好きなテーマに取り組むことが出来る
    • 興味が持てない,データがおかしいなどという先輩の修論を引き継ぐ必要もない

これらの自由を十分に活かすには次のような行動を取るのが望ましいと考えられる.

何を目的として何をするか

ここまで挙げたメリットとデメリットを振り返ると,研究を特にするつもりの無い学生は何もしなくて良いだろう.しかし問題なのは「大学院に入ったし研究の真似事をしたり勉強したり面白そうな論文読みたい.しかし先生は質問してもあんまり答えてくれないし指導なんかしてくれない.先輩もいないので頼れない.どのようなリソースを活用してどのように行動すればいいのか分からない」という人間は一体どうすればいいか,という事である.

それには次のような事ができるだろう.

勉強会に出る

発表はしなくていいし発表内容を理解する必要も無いから面白そうな勉強会を探して出席する.で休み時間とか懇親会で適当に話しかけまくる.きっとそこには興味が合う大学生や社会人がいる.「先輩代わり」というのは響きが悪いが,そういう人たちとの繋がりの中でモチベーションを保てたり,刺激を受けるというのも重要であると考える.

そのまま興味が高まれば発表するのも良い.これは「輪講代わり」にもなるし,なにより一人で論文を読むよりもずっとやり甲斐がある.

参考

都内で定期的に開催されている勉強会

第4回 自然言語処理勉強会@東京 : ATND

第9回 データマイニング+WEB 勉強会@東京 ( #TokyoWebmining #9) −2nd Week−方法論・ソーシャル祭り− を開催しました - hamadakoichi blog

第1回 にこにこテキストマイニング勉強会 : ATND

Tsukuba.R#9 - Tsukuba.R - Seesaa Wiki(ウィキ)

コンペティションに出る

データコンペティションというものがオンラインオフライン問わず開催されている.オンラインだとkaggle.comだったり,オフラインだと定番なのは平成22年度データ解析コンペティションのお知らせno titleなどである.こういうのに出るメリットというのは非常にわかりやすくて

  1. データとテーマが与えられるので,「何をやったらいいか」というのがはっきりする
  2. 中間発表とか付随する勉強会で知り合いができる

という点である.この一つ目のメリットが良いと思う.目標とデータが与えられて試行錯誤するという体験を一度でもやると後々何かしらの役に立つ(本来であればこういった作業は指導教官のもとで学ぶ必要があるわけだが).

また,二つ目のメリットも良い.そういう会に出てくる人は似たような問題意識だったり興味を持ってたりするので話が通じやすい.

インターンシップに行く

折角長期休暇に対する拘束が無いのだからインターンシップに行くというのも良いと思う.就活に有利になるんじゃないかとかいう色目を抜きにしても,職場体験しながらテーマを貰って作業を行い,指導も受けて,運がよければお給料も貰えるというこれ以上無い体験である.私はインターンで「ここでも一人か二人で作業してるんだから研究室で一人でも作業できるだろ」とよくわからないモチベーションが上がった.

タイムラインを見ている感じ,研究だとNTT研究所,開発系だとPreferred Infrastructure (PFI),はてなとかライブドアインターンシップが良さそう.あとMSRAやGoogleインターン生を大量募集しているらしいので気力と実力がある人は申しこめばいいんじゃないでしょうか.

参考

PFI で2ヶ月のインターンシップに参加してきた - 肉とビールとパンケーキ by @sotarok

ピーFIという会社で行ったRed Bullを2ヶ月間飲み続けるだけの簡単なお仕事を振り返る - はてなかよっ!

NTTサイバーソリューション研究所でインターン - 糞ネット弁慶

はてなインターン全日程終了しました - yasuhisa's blog

近況報告 - yasuhisa's blog

livedoor Techブログ : ライブドア サマーインターンの様子 最終日 〜そして伝説へ〜

MSR Asia Intern(滞在中)のご紹介(第5回) | University Relations in Japan, Microsoft Research Asia

バイトをする

プログラム系のバイトには

  • 暇が潰れて金になる
  • プログラムが少しでも書けるになる
  • 運が良ければ人と知り合う事ができる

などのメリットが存在すると考えられる.

また,私が今働いているDBCLSでは来年度からのリサーチアシスタントを募集している.興味のある方は統合データベース講演会: AJACS本郷8に来ていただけるとリサーチアシスタントが何をやっているかが聞けるだろう.

ネットで遊ぶ

ネットで遊ぶにしても遊び方は色々あるが,

ぐらいか.セルフ論文紹介みたいなのを誰の目も気にすることなくできる.

結論

放置系ブラック研究室でどうしたら研究の真似事などをして退屈せずに過ごすかについて書いた.

放置系というのは自由度が高すぎる故にどうしたらいいか判らない,という事が多々あると思う.

そういう時は上記の手段を用いてロールモデルを探せば楽になれると思われる.

つうか駄目ならさっさとB4で見切り付けて大学院変える方がコスト楽だし自分の為になる.

saruknightsaruknight 2011/02/04 20:03 それぞれのデメリット・メリットを享受しつつ、たくましく生きてほしいです。

というか・・・厳しいのに、就職ないところとかは最悪ですがね・・・
バイオ系に多いけど

reposerepose 2011/02/04 22:36 恐らく昔は教授推薦なるものが激務系の報酬(むしろセーフティーネット)として用意されていたんでしょうが,今は機能していないと思いますね

green-windgreen-wind 2011/02/04 23:42 >研究テーマが上から降ってくることがない
>論文紹介や輪講などない
工学系だと大抵テーマがあって,教授もそれについて研究してるから指導もしてくれるから,勉強は大変だろうけど研究はある意味楽だよね.
そういう環境にいる人達がブラック研究室に入ったらどうなるのか見てみたい.
野生の便所みたいなのが量産されるんだろうか.

うちは準ブラック研究室かな.学会も金融工学やってるやつか博士以外は入ってない.論文も出さない.
研究室入って身についたことは,怒られたらひたすら低姿勢で謝り続けることと,DBをちょっと動かせるようになったくらい.
他の研究室や他大の院生の話を聞いてると本当に惨めに思えるわw

reposerepose 2011/02/04 23:57 >そういう環境にいる人達がブラック研究室に入ったらどうなるのか見てみたい.
人には向き不向き,得手不得手があるからどうなるかは本当にわからんですよね.
>学会も金融工学やってるやつか博士以外は入ってない.論文も出さない.
そもそもうちの専攻で何人が…という話にもなりそうですね.
>他の研究室や他大の院生の話を聞いてると本当に惨めに思えるわw
内定式とかこれが本当につらい感じで…

okamurauchinookamurauchino 2011/02/06 03:04 余裕があってブラックではないのではと書こうとしたけど、お先真っ暗、五里霧中という意味では該当か。自主性が養われるかもしれないが、うだうだのまま終わる学生も多いような気がした。

reposerepose 2011/02/06 04:46 五里霧中な感覚というのがなかなか怖いのである程度方向性が定まるまで非常に不安でした.

umakattyanumakattyan 2011/02/06 08:23 マジで偉いと思うわそういう状況で勉強会とか探すって発想とか絶対俺には無いしあってもめんどくさがってしないし。

reposerepose 2011/02/06 15:26 コンプレックスの解消のためなのであんまり褒められたものでもないかと…

morimori 2011/02/06 19:01 僕のところも放置系ブラック研究室です。
今年度に入って研究進捗報告なんて1度しかしてないですし、4年生にいたっては何も言わないし‥
自主性自主性って言葉をよく使うんですが、もう職務放棄のための言い訳にしか聞こえません。
自分の研究室の学生には何も世話をしないのに、学校運営のための事務には全力‥
早く理事にでもなって下さい‥研究室をもたないでください‥

reposerepose 2011/02/06 19:42 学校運営が忙しいなら忙しいで学生を取らないなどの措置を取るべきだと思いますね…….

morimori 2011/02/08 00:48 連投失礼します
愚痴ばっかり書いてしまいましたね‥
愚痴ついでにもうひとつ
頭が腐っていると、手足も駄目になるよぉぉ

同期で他研究室の人を見ると自分が惨めになります‥
できない子ですいませんね
僕のせいですよね

reposerepose 2011/02/08 02:02 放置されてる状態だとそもそも「できない」のではなくて「やってない」だけなので本当に実力が無いかどうかとは無関係だと思います.
また,研究の業績が就職活動に大きく影響する職種も少ないと思います(というより昨年の私の体験です).
なので惨めになりすぎることは無いと思います.

ha?ha? 2011/02/10 02:52 放置系ブラック研究室って割と多いんですかね。
B4のときの教授の振ってくるテーマが本気でアホだ思って研究室を移ったのに、
移った矢先は放置系の研究室。事前にしっかり確認しないのが悪いんだけども。
M1にもなって、未だに研究が何なのか分からない状態。
やっていることがテーマとして妥当なのかも不明。

てか、厳しくても研究の面倒を見てくれる教授の所へ行くほうがメリット多いと思いますよ。
放置系ブラックにOBが訪問してくるのを見たことがない。

reposerepose 2011/02/10 09:48 >放置系ブラックにOBが訪問してくるのを見たことがない。
これは本当にそうですね.上下関係が希薄.
>てか、厳しくても研究の面倒を見てくれる教授の所へ行くほうがメリット多いと思いますよ。
だと思います.こんなエントリ書いてる時点で負け惜しみです

marikomariko 2011/04/27 11:42 参考にさせてもらいます!

turaiturai 2015/10/15 07:26 テーマがほぼ決まらず論文を探して読み続ける日々、誰かに相談しようにも先輩も0からスタートなので落ち着いたテーマは全くバラバラで相談相手もいない。
同期がそれなりのテーマに落ち着いて少しでも手を動かして実験していると焦ったり妬んだり。
就活では(特にメーカ)研究のことを聞かれしどろもどろになり。
他の研究室に進んだ同期は海外で発表したり忙しい自慢。
こんな状況が1年2年と続いていると自己肯定感もなくなり劣等感の塊となり、研究室内の皆からは馬鹿にされているように感じる日々で
本当につらい日々を過ごしています。
これまで自分の能力不足だと自己否定・自己嫌悪していましたが、似たような人がいることを知って少し心が軽くなりましたありがとうございます。

aaaaaaaa 2015/11/22 17:32 私も放置系ブラックでした。
B3で配属&プレゼミ、B4で卒論って流れでした。
やるきはあったけど、何すればいいかわからないから、
B3の4月に、プレゼミだけでなく研究室にある本とか読ませてほしいとか、研究の手伝いさせてほしいとか相談いったけど、
みごとに断られました。テーマ自由の研究室で、B3でそうのすると頭が固くなるからダメだそうな。
自分じゃどうしようもなくて、インターンとか外部に救いを求めました。
ただ、B4になって結局、テーマ決めるために論文読めとしか言われなくて、ならB3で読んでてよかったよね?
楽しい研究生活を夢見ていたのに総崩れです。
隣の研究室では、かなりハードだけどしっかり先輩から教わってて、比較してみると自分は2年間と学費ドブに捨てた感があります。
ただひとつよかったのは、ありあまる時間使って、バイトとか院試勉強ががっつりできたことです。
拘束時間長いと院試勉強は無理だけど、放置系ブラックなら東大とか目指してみると心のバランスが保てるかも知れませんので検討してみる価値はあると思います。

こうゆうブログがあって少し楽になりました。
コメントはほぼ愚痴ですが、ご容赦ください。だれかに聞いてほしかった!

はつかりはつかり 2015/12/16 15:42 こんな所に仲間がいたなんて・・・。うちはお金も道具も、そもそも定まった研究対象すらない研究室で、理系として劣等感しかないです。やろうと思っていた研究は予算不足でオジャン。次に与えられたテーマは本当にどうしようもない内容。自分で論文読み漁って、真似に近い形でテーマ変えたけど、それも勘違いで論理破綻してて・・・辛い!他の研究室のみんなは真面目にやってる中、俺はやる気湧かなくなって研究室ほとんど行かなくなりましたよ。他の研究室の人からすればただの怠けと思われてるのかな。努力不足もありますけどね。でも、同じような境遇の人いて少し楽になりました。B4で卒業なんであと数ヶ月なんで頑張ります。これから研究室配属される人は、よく考えて選んでほしいです。折角の大学生活が台無しになってしまいますよ。

こめこめ 2016/10/08 01:03 少し共感できた
ただでさえゼミも学会も機会が無い研究室な上
選んだテーマが悪かったのもあるんだけど、研究室の専攻に対して、なるべく専攻の内容を使わないようなシステムを確立するような研究をやることになってしまった
院には行きたいけれど、このテーマで院に行っても、研究を通してより深い学習ができないなぁと思うとやるせない
テーマ替えるか自学自習すればいいんだろうけどね

kloklo 2017/03/23 21:11 悶々としてネットをうろついてたら、中々近い境遇を見つけました。工学ですが。もう運営されていないかな?

熱意のある先生だと思って意気揚々と入ったら、先輩たちはコアタイムにとっとと帰るし、
直属のM2はよっぽど嫌なのか教えてくれずにとっとと帰るし、それで自分なりに挑んでも、何が影響及ぼすか分からないから手探りにならざるを得なくて、
その行く末に先生呼んだら「今忙しいから」と。何回あったかなこれ。八方塞。
問題点はだいぶ明確に絞り込んで、雑な質問は回避したと思うんだけど。
B4をひいひい学会発表レベルで終えて、M1になったらがんばって知識も蓄えるよう心構えしてたのに、気づいたら
自治は俺ばっかりで、回りみればシコシコ実験してて挙句の果てにそいつの成果がほめられる。だいたい電装機器使えるの俺しか居ないってだいぶおかしいだろ。説明書読めよ。
俺は「進んでないねwww」って。引継ぎ5年以上もやってるテーマなのに理論もまともに教わっとらん。自分的にはだいぶ動いた。専門はずれたテーマ選んだのは俺だし力不足は認めるけど、
装置も大して変えてないんだから、それ相応に気をつけるべき「経験」的な部分もあるだろうにこれを1からやってたら研究として機能しない。
「教育機関だから」て言う人も居たけど、プチ企業みたいなもんだからそこは効率と折衷すべきじゃないのかな・・・。
伝承されたもんがほとんど無くて。
散々下の世話したから少しくらい就職活動に呆けてもいいかな、と思って許可も得て動き回ってたら、今度はサボり魔扱い・・・。冗談でも許せない。

放置系研究室はあるけども、ブラックたる所以は所属する人間にもよると思います。教授は学会などの「機会」だけはくれました。これはreposeさんのを聞くとマシに思えます。
笑い声の聞こえるばかりが良いとこの研究室はそんなもの。
うちの先輩様は四六時中うるさい時もちらほら。進み遅いけど教授は甘々。先生は会議と事務で報告日時ずらしまくりで、連絡は全部俺。
本当に不満が無いと思っているんだろうか。フレンドリーさで全て許せるわけが無い。

まだありますが愚痴は止めます。全体の幸福が一定なら、僕一人のイライラはだいぶみんなにプラスになるはず。
まだ在籍中ですがバレてもいいや。村が大事ならとっとと僕は村八分にでもしてください。十分でもいいや。我慢の限界。
あと一年マジメな後輩がつくので、隣の席でみっちり教えます。守るべき伝統のみを貫くスタイル。

アドバイスは、reposeさんと全く同じです。ブラック≒不公平。ならば、公平な場に出かけるべきです。
勉強会は本当に高まります。バカな振りして参加して質問すると本当に色々知識広がります。
自分は解析ソフトウェアとその理論の講習に出かけました。少ないかな。
Dを薦められたけど冗談じゃない就職にむけてがんばります。
教育業に没頭したせいもあってか、ここの方々の境遇を思うだけで惜やし涙が出そうです。
僕は贅沢な悩みだったんでしょうか?よく分かりません。。。

このエントリーに感謝。