100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2013-06-29

[] しりあがり寿 / 絵本「ねつでやすんでいるキミへ」原画

2013年6月24-29日 GALLERY HOUSE maya

北青山の小さなギャラリーで3月に刊行された新作絵本原画と描き下ろし小品を集めた展示はホスピタリティも抜群に心地いい空間。いつものへたうまバカ路線をやや封印し作者のやさしさがにじみ出る作品にじんわり。

2013-06-22

[] 岡崎藝術座 / (飲めない人のための)ブラックコーヒー

2013年6月22日14:00 北品川フリースペース楽間

クリスティ作モチーフに少女誘拐事件を巡り関係者の証言(独白)集積し完成度抜群。薄暗舞台でギミック多用、実験性抜群に攻撃的創作が奏功。ノイズ溢れ痙攣系の不気味な動き満載も稲継&藤井のラケットラリー最高。

[] 梅佳代展 UMEKAYO

2013年4月13日-6月23日 東京オペラシティ アートギャラリー

美術館個展は10年ぶり公開の<女子中学生>シリーズから新作「能登」までたっぷり網羅し笑えて興奮。「うめめ」「男子」などの代表作も大きいプリントで見せて迫力。愛満載の「じいちゃんさま」で犬活躍も光る。

2013-06-19

[] 青☆組 / マリオン

2013年6月19日19:30 こまばアゴラ劇場

趣向を変えて「寿歌」なリアカー引いて登場の一座によるゾウガメのお伽噺でやや退屈感。様々な楽器かき鳴らし旅芸人な雰囲気いいが、筋弱く南太平洋な舞台設定もしっくりせず。やはり畳の舞台で持ち味出ると再確認。

2013-06-16

[] 城山羊の会 / 効率の優先

2013年6月16日15:00 東京芸術劇場 シアターイースト

オフィス舞台にした新作は人間関係複雑に取り繕う様に苦笑、爆笑の嵐。次々に人死ぬ不条理な展開もメタファーというより、あるかもと思わせ怖さ抜群。ラストの社内Hは蛇足でも金子岳憲の困った純愛キャラ笑えた。

[] 卯月妙子 / 人間仮免中

2012年5月22日初版 新潮社

10年間の沈黙を破っての新作は2p程度のエピソード連作も統合失調症、歩道橋バンジー、闘病生活を素直にリアル綴り圧倒的傑作。25歳年上の中年男ボビーの男気と恋愛に感涙の嵐。指輪ホテルの裏エピ興味深し。

2013-06-12

[] 動物電気 / どっきり!成人式〜オレもお前も〜

2013年6月12日19:30 駅前劇場

20周年公演は驚くほど大盛況。小林健一が帯金ゆかりと夫婦演じ田舎生活。訪問客で国武綾はじけ山口奈緒子は追われる女新鮮。庭に棲みつくニワ役の吉田麻生面白く辻修と絡み楽しいが出番少なく残念。むっちりと合同公演期待。

[] 津村記久子 / とにかくうちに帰ります

2012年2月25日初版 新潮社

6つの短編集めたが、4連作の「職場の作法」新鮮で職場の退屈で瑣末な出来事をスケッチし持ち味。続く南米のマイナースケート選手追いかける女のナードぶり圧巻。大雨で帰宅困難状況描く表題作は男性目線にも挑戦。

2013-06-09

[] 東京ELECTROCK STAIRS / 東京るるる

2013年6月9日15:00 吉祥寺シアター

今年3本計画の2本目は初期メンバー減り新機軸も泊麻衣子らソロパートも素晴らしく、ガンガン踊る群舞が圧巻。意味ありげも「無駄に過ごしましたね」と言うシュールな展開に笑う。マイク活用よくテンポ速め嬉しい。

2013-06-07

[] 子供鉅人 / モータープール

2013年6月7日19:30 アサヒアートスクエア

振付に黒田育世を迎えた新作は客席に囲まれた抽象ステージBATIK色強めの半ダンス作品。黒田の体調不良による降板残念だが、大阪のノスタルジックなエピソード盛り込み、ループし進展しない筋立ても群舞圧巻。