Hatena::ブログ(Diary)

鬼畜!ヤリマン道場 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-24

35歳、初体験

懲りもせず泥酔した話をするよ。最近は年なのか総酒量が少なくなったせいなのかめっきりお酒に弱くなっていて、その日は昼から飲んでいたので案の定、途中から意識がなくなったのね。


気が付いたのは帰りの電車からホームに降り立ったところだった。間違った電車に乗ったらしくそこは知らない駅で、ここはどこ?私は誰?って記憶喪失みたいなこと言ってたら、若干の便意をもよおした。それでトイレを探して歩いてる時に、出ちゃったんですよね。ちょっと洩らした、なんてかわいいものじゃなくて、わーっとお尻が温かくなってあーって言ってる間に全部出ちゃった。なんの抵抗もなくてびっくりした。ちょっとは出し惜しみしようよ。あたい、こんなの初めて……。


素知らぬ顔でトイレに入り個室でおそるおそるパンツを脱ぐと、パンツに付いてるっていうかむしろパンツに盛り付けられてるそれが、手にべっとり付いた。

オーライ、わかった。まずは落ち着こう。鞄を置いて、便座に座って、ティッシュで手を拭くんだ。でも酔っぱらってるから真っ直ぐ座れないやん?フラフラするやん?手を突くやん?気が付いたら壁にも床にも斬新なデコレーション。

わあどうしようと思ったけど、唐突に眠くなった私は、前衛アートルームの床にトイレットペーパーを敷いて横たわった。本能だけで欲望のままに生きてる野獣のような女だよ。


多分1時間くらいが経ったと思う。まだアルコールは抜けてはいないものの、眠気は消えていた。とりあえず手を洗おうとなんとか立ち上がると、お気に入りのコム・デ・ギャルソンの白いスカートの裾が、まだらな水玉模様になってた。キャー!私のギャルソンが三毛猫みたいになってるー!どんな寝相?この狭い空間で?密室トリック?ミステリー!

で、もう個室を飛び出して洗面台に突撃したよね。オラ、どけ!そこのメス!三毛猫ホームズ様のお通りじゃい!

恥も外聞もなく、一切合財を洗ったよ。なんで鞄に脱いだパンツ入れてんだよ。お持ち帰るつもりか。くるぶしにも付いてたから、サンダルを脱いで脚を交互に洗面台につっこんだ。自分の出したものだし一回触っちゃったし、慣れればそんなに汚くないよ。誤解されやすいけどあの子、結構素直でいい子だよ。見た目のせい敬遠されやすいだけなの。


個室も一応は掃除したんだけど、多分元通りにはなってなかったと思う。すみません。テクスチャで軽くニュアンス出しちゃって。

帰りの電車の中で、申し訳なさそうに俯いてたら気取られる!! と思って、堂々と顔を上げて胸を張って、立ってた。さすが35歳にもなると小娘とは度胸が違う。若干、私の周りだけ人が少なかった気がしなくもないけど、きっとアレじゃない?出てたんでしょうオーラが。近寄りがたい。黄金色の。


【告知】

6/28(金)19:30〜神保町EDITORYにて「恋と童貞」の小野編集長主催の「ミニコミの作り方」というイベントに登壇します。他の出演者は「野宿野郎」のかとうちあきさんと「葬」の奥山晶子さんです。申込はこちらからお願いします。→http://bit.ly/18iRa7e

2012-06-14

一触即発とセックスレス解消

10か月という長期に及ぶセックスレスがなぜか唐突に解消した。


例のごとく同居人がなかなか帰って来ないのでいきつけの飲み屋に行ったら案の定同居人が飲んでまして。隣にいる女が「大好きーチューしよー」などと彼にベタベタしてやがる。その女の数々の発言から、こいつただの酔っ払いのキス魔じゃないな…と容易にわかった。少なくとも一回はヤッてるだろ。

しかしここは平常心。悲しい癖でね、こういう時って出来るだけ平静を保とうとしちゃうの私。

ところが不機嫌を隠していても、私達が付き合ってることを知ってる周囲の人達はハラハラするよね。

お店の人「龍堂さんそろそろ灰皿いる?」

私「出来るだけ大きいの下さい(キリッ」(女とイチャつく同居人の頭部を灰皿で殴打した前科あり)


でもねえ、そこで私が本気でキレたらさ、皆楽しく飲んでるのに台無しじゃない。たまたまなんだけどその日は私の元彼と同居人の元浮気相手がいたから、他の知り合いはともかくその2人にあまりみっともないとこ見せたくなかったし。なんでこんな時に鉢合わせするかな。

同居人は抱きついてくるその女に「酔っ払いはしょうがないな〜ハイハイ」みたいな対応をしてたので別に彼にハッキリ非があるわけではない。でもこの場合、その女に私のことを彼女だって紹介してくれてもよくない?ずいぶん親しいみたいだけどこの女となにかあるの?とムカついたので深夜、先に帰った。


どうにも怒りが収まらなくて、この状態で話したら喧嘩しちゃうなーと思って3日くらい電話はしなかった。向こうからも連絡がないってことは彼は絶対まずいなって思ってるでしょう。都合が悪くなると距離を置いて嵐が過ぎ去るのを待つ人なので、やましいことがなかったら普通にいつも通り連絡してくるはず。

私が怒ってるのをわかってて何もフォローなしか。ダメだなもう。


結局私が4日目に別れを覚悟して(彼の女問題で喧嘩する時は私はいつも別れを覚悟してます)電話した。そこからはまたいつものごとく「あれはただの知り合いだから何もない」「好きなのは薫子だけ」「明日帰るね」→翌日夕方「これから軽く飲んでから帰るね」→更に翌早朝「やっぱりオールしちゃった、帰ろうとしたのに皆に引き止められちゃってさー。ホテルで寝て起きたら帰るよ〜」とヘラヘラ言われて。

あーもうこのパターンは崩さないんだ。ワンパターンだね。進歩ないね。私もこいつもな!

さすがに切れた。


私「おめーがクズなのを人のせいにしてんじゃねーよ!約束破るのもいい加減にしろ、もう帰ってくるな!」

同居人「あ?てめー俺に『おまえ』つったか?もう連絡するなよ!死ね!ボケ!」

私「一生そうやって酒飲んで嘘ついて遊んでろよ!」

電話プツッ。切られた。

すぐ「今の言い過ぎました、ごめんなさい」って電話かかって来たけど。

以上の一連のアホみたいに長い手続きを踏んで、久しぶりに「ホテルに泊まるからこっちおいで」と呼んでくれたので朝の6時にラブホに向かった。まあ、私が着いたら同居人寝てたけど。そこで私も寝て、起きて、セックスした。

10か月ぶりでセックスの仕方忘れちゃったよ、と思ったけどよく考えたら私も他の人とはしてたわ。全然忘れてないわ。なんならむしろ新技繰り出したわ。あはははは。


セックスレスが原因で何度も喧嘩して別れそうになった経緯があるので、どうしてまたする気になったのか理由は聞かなかった。聞いても絶対「なんとなく」で濁されるってわかってるんだよ、今までの経験でな!まあ彼の中で何か変化があったんでしょう。(投げやり)

で、私のセックス事情はどうでもよくて、電子書籍発売のお知らせです。


「秘めゴト文庫vol.21 修羅!女ケモノ道」

f:id:ryudo-kaoruko:20120614152505p:image

今回は小説じゃなくて日記形式形なのですが、ほぼ実話です。主に「鬼畜!ヤリマン道場」で書かなかったエピソードを書きました。名前とか変えてあるけど。

今のところ「ビットウェイブックス」さんと「GALAPAGOS STORE」さんと「どこでも読書」さんで購入できます。他の電子書籍サイトでも順次配信されるようです。価格は210円です。よろしくね。


追記:「LISMO Book Store」さん、「SONY Reader™ Store 」さん、「Raboo」さん、「紀伊国屋書店Book Web 」さんでも配信始まりました。


人気ブログランキングへ

2012-05-21

続・なんとなく日記

一週間前に同居人と散歩をした時、通りかかったスーパーで衝動的に西瓜を買った。去年は食べられなかったから、一緒に食べよう。真っ赤な半月型の果実。


その日の夜に同居人は飲みに出掛けて、未だ帰って来ない。

飲み歩いてるようだが連絡はない。私も連絡をしない。所在を尋ねられると束縛されているようで息苦しくなるのだそうだ。だからいつ帰って来るかは聞かない。聞いたところで予告通りに帰って来た試しもないからそれでいい。


「一緒に暮らしている恋人」というこの玉座はあたかも昔の食堂に置いてある真ん中に穴の開いたあのビニール張りの丸椅子のように軽くて不安定で些細なことで揺らぐから、私はいつも壊さないように体重を掛け過ぎないように、そっとそっと腰を下ろす。


冷蔵庫を開ける度に西瓜が熟れていくのを見る。熟した西瓜がどこかの時点を境に腐り行く様を眺め私は、夏は始まる前から終わってしまったのかなと思う。


果実は熟しきったら後は腐って落ちるだけだ。だけど土地にその種子を残す。いつかまた実ることを願って。


人気ブログランキングへ