スマートフォン用の表示で見る

人工衛星

サイエンス

人工衛星

じんこうえいせい

ロケットなどで地球の周りの軌道に打ち上げられ、公転している人工天体

軌道上に静止しているものや、地上の任意の上空に留まるため、地球の自転の速度に同期して移動している物(静止衛星)がある。

人類史上初の人工衛星は、1957年旧ソ連の「スプートニク1号」。

 

直線的にゆっくり移動する輝点が空に見えたら、それは人工衛星宇宙ステーションである。

航空機とは違い、点滅せず、ただ一つの点状の光が移動して見える)

明るいものは、昼夜を問わず肉眼で観測することができる。

リスト::天文学