Hatena::ブログ(Diary)

若草鹿之助の「今日はラッキー!」

2017-09-24

北方ルネッサンス

『北方ルネッサンス』という本を読んでます。

油絵関係の本は、アチラのものが多い。

英語の本を読むと、まず題名がおぼえられない。
そして、著者名も出版社名もおぼえられない。

題名がおぼえられなくて著者名がおぼえられなくて出版社名もおぼえられないと、非常に頼りないです。

え?
中身もおぼえてない?

た、たしかに。

さて、ルネッサンスというと、イタリアということになってましたが、オランダあたりの方が進んでましたよ、ということのようです。

ルネッサンスとか、印象派とか、いろんな名前があるけど、一言で言えば、「それまでにないことをやった」ということですね。

「それまでにないこと」をするのはむずかしい。

何で読んだのだったか、人物の彫像は、エジプト以来、正面を向いて左右対称形だった。
ギリシャ人が、片足に重心をかけて腰をひねった像を作るまで何千年かかった。

それまでにないことを誰かが始めると、あっという間に誰もがマネをして、流行する。

我々が、ふつうだと思ってることも誰かが始めた。

15世紀に流行ったのは、マリアとキリストが部屋にいて、窓からアントワープとかの町の風景が見える絵。
まあ、自分の町に、マリア様とキリストさんが来てくれたらうれしいですよ。
このパターンはたいへん流行ったそうです。

アルブレヒト・デューラーが、アダムとイブの像の版画を作った。
これが大当たりで売れまくった。

それまでのアダムとイブは、楽園を追放されたみじめな存在だった。
デューラーアダムとイブは、堂々たる裸体の若い男女だった。

これを見た画家たちは、「お!この手があったか!」とマネしまくって、これも売れまくった。

デューラーは、「それまでにないこと」をたくさんしたので、たくさんマネされた。
怒ったデューラーは、裁判に訴えたけど、判決は、「マネしてもよろしい」だった。

ただし、デューラーのサインは入れたらダメ。
デューラーのサインを入れなければ、デューラーの絵をマネしてもよろしい。
納得できなかったと思います。

版画は大量生産できて安かったのでよく売れた。
油絵よりもうかった。

デューラーの手紙が残ってるそうです。
教会の祭壇画の注文を受けて、みっちり製作に打ち込んで、やっと完成したときの手紙です。

「こんな手のかかる仕事引き受けてエライ損や。版画やってたらどんだけもうかったやろ。1000フロリンはちがうと思います。これからは、版画一本でいきまっせ!」

絵描きも、ビジネス感覚がないとやっていけません。

デューラーは、画家として初めてディーラーを使って、作品を売りさばいたんだそうです。

デューラーディーラーって、私が語呂合わせして喜んでるんじゃないですよ。
著者が語呂合わせで喜んでるんです。

と思います。

2017-09-23

一生

きのうは防犯パトロール。

雨が降ってたんですが、集合場所の公園に行きました。

「小雨決行」なんですが、きのうはかなり降ってました。

かなり降ってましたが、ウチのパトロール隊はスジガネ入りなんで、決行しかねない。

4時集合です。
いつものように10分前に公園に着いたんですが、すでに7人が集合していて、歩き出したところでした。

パトロール隊のドンAさんが、「あんたを待ってたんやで!」と言うので、「遅れてすんません」と謝らざるを得ない。

ひどいときは15分前に出発してたこともあります。
皆さんスジガネ入りで、気合も入ってて、ご高齢ときてますから、前のめりなんです。
毎回、10分前到着の私を待って出発です。

みなさん大きな傘をさしてる中で、去年からパトロール隊に加わって、今年隊長に抜擢されたというか押し付けられたというか、まあ、気の毒な立場のBさんが、ポケットに入るような小さな折り畳み傘なのが目につきました。

Bさんに、「かなりの降りなのに、小さな傘ですね」と言ったら、小声で、「たぶん誰も来なくて中止だと思ってたんです」と言った。

「あまいですねえ!」
「あまかったです」
「ウチのパトロール隊をなめてたらダメですよ」
「気をつけます」

もちろん、98歳の長老も傘をさして参加です。

パトロールを終えて帰ると、4歳児あきらくんが来ました。

「あきらくん、とまっていくか?」
「とまらない」
「とまっていき!」
「とまらない。一生とまらない」

あきらくんの一生が、長く平穏であることを祈る。

2017-09-21

防犯講演会

今日は、自主防災防犯会主催の防犯講演会でした。

毎年、警察の生活安全課長を招いて公民館分館で行っています。

演題は、もちろん「振り込め詐欺」です。

毎年です。
高齢者の町というより、超高齢者の町では、それしかないです。

このあたりは超高齢者の町ですが、健全な超高齢者ばかりではない。
ヘンな人もいますよ。

講演が終わると、隣の自治会のAさんが手を上げた。
Aさんは、ヘンな高齢男性です。

ヘンなことを言うんじゃないかと思ってたら、「私が振り込め詐欺のオトリになります!」と、生活安全課長に宣言しました。

電話がかかったらどうすればいいのか、悪い奴がウチに来たらどうすればいいのか、どうやって時間稼ぎをすればいいのか、熱心に聞いてました。

「課長!いっしょに悪い奴を捕まえましょう!」

課長は、苦笑いしながら、「積極的にオトリになりますと言っていただけることはほとんどないのでありがたいです」と感謝の言葉を述べました。

Aさん以外のまともな方から、まともな質問も出て、無事終了、と思ったら、ウチの町内のヘンな男性Bさんが、つかつかと課長に近寄った。

Bさんは、Aさんをしのぐヘンな人です。
Bさんに捕まったら1時間は覚悟しなければならない。
わけのわからん話を1時間です。

Bさんは、課長に話し出した。
二十年ほど前、犯罪に巻き込まれて、その犯人の目星はついている。
尻尾は捕まえている。
真相は99%わかっている。

「あとの1%がわからんのです。DNAといっしょです」

突然DNAが出てきて、課長もびっくりしたようですが、実に辛抱強く聞いてました。

どこかでやめさせようとしたんですが、Bさんの話には切れ目がないので、延々と続いてしまう。

Bさんの後ろで、私と同年配の女性が、何か相談でもあるらしく、じっと待ってるんです。

Bさんの話を早く終わらせなければと焦りました。

私が、「Bさん、あとは課長にまかせましょう。きちっと処理してくれますよ」と言ったら、やっと納得したか、Bさんは帰りました。

で、女性の番になって、女性は課長に話し出した。

私は、Bさんを見送って、後片付けをしてました。

女性の話も長かった。
非常に込み入ったややこしい話のようであった。

やっと女性の話がすんで帰ったので、課長にあいさつに行きました。

「さっきの男性は、ウチの自治会の人なんですが、ちょっとヘンな人でなんです。どうも失礼しました」
「いやいや、今の女性の方がずっとヘンなんです」

何年も前から何度も警察に相談してる方だそうです。
自宅の天井裏に賊がひそんでるというんです。
署員が何度も調べに行ったけど、異状ないんだそうです。
天井裏に今もなおひそむ賊について課長に訴えてたようです。

課長が、「いろんな方がおられるので大変です」というので、「課長はそれで給料もらえるからいいじゃないですか。私ら自治会の役員は、ボランティアでヘンな人の相手してるんですよ」と言ったら、「ごくろうさまです」とねぎらっていただきました。

2017-09-19

衆議院選挙投票日に関する要望2

選挙管理委員会に電話しました。

私どもの自治会で、10月21日に子供向けのイベントとして影絵公演を予定しているので、10月22日の投票は困るという申し入れです。

「10月下旬に選挙とかいうてるけど、安倍のボケからワシには何の連絡もないがな。あのガキ何考えとるんじゃ。こっちは半年前から影絵劇団と連絡とって、スケジュール調整してもろて、やっとこさ10月21日に決めたとこやないか。もしもやで、10月22日投票てなことになったら、おたくは20日の金曜日の夕方に分館大会議室に投票所を設営して、21日は使用禁止やろが。あのボケが人の都合も考えんと、おのれの都合だけで勝手なことさらして、こっちはええ迷惑じゃ。うちだけじゃないやろが。他の施設でもひと月先の予定ぐらいきまっとるやろ。あのガキのウスイどたまではそんなことも考えられんのか。しばいたろか。ワシかて自分だけの都合でごててるわけやないで。どうしても選挙せんならんというもっともな理由があって、急なことでえらいすんまへん、兄さんにはえらい迷惑かけまっけど、なにぶんよろしゅうおたのもうしますと、あいつからことわりの電話の一本でもかけてくるんなら話は別やけど、何のあいさつもなしに22日投票てなことはゼッタイに許さん」

まあ、だいたいこういうことを選挙管理委員会の人に言いました。

選挙管理委員会の人は、私の情理を尽くしたおだやかな話ぶりに恐縮しきりで、衆議院選挙にはいつも泣かされますとのことであった。

で、もし22日に投票と決まっても、21日の影絵は中止しなくてよろしいということになった。
影絵が終わってから、投票所設営にかかるそうです。

市の職員さんには、休日出勤となってもうしわけないです。

文句は安倍さんに言ってください。

2017-09-18

衆議院選挙投票日に関する要望

安倍首相が、衆議院解散総選挙を決意したそうです。

で、10月下旬が投票日というんですが、22日はダメですよ。

この地域では、公民館分館が投票所なんですが、10月22日は、公民館分館で、自治会主催の子供のための影絵の公演をするんです。
半年前から、子供向けのイベントでどんなのがいいかいろいろ調べて、影絵に決めたんです。

そして、私が自分の目で影絵を見て、影絵劇団の人とスケジュールを調整して、10月22日に決めたんです。

来週、回覧を回す予定です。

10月22日投票日はダメ。
29日ならよろしい。

こっちは半年前から走り回ってあれこれ調整して22日に決めたんですよ。
今がチャンスてな思いつきで22日投票なんて許さない。

たぶん29日だと思いますが、念のため、明日、奈良市選挙管理委員会に22日はダメと電話します。

いや、安倍さんに電話した方がいいかな。

常に日本の未来を見据える賢明なる総理のことですから、選挙と子供のための影絵と、どっちを優先すべきかくらいわかってくれるはず。


投票日が29日に決まったら、総理が私の要望を聞いてくれたと思ってください。