Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2016-06-22

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】で見れます。是非ご覧ください。https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

2016-06-12

ホラー漫画の女王・犬木加奈子の展示会

ホラー漫画の女王・犬木加奈子の展示会が日大芸術学部芸術資料館にて開催されます。期間は六月

二十一日〜七月二十九日まで。犬木加奈子は実存ホラー漫画家日野日出志の魂を継承する漫画家日野日出志犬木加奈子に対して「私が認める唯一のホラー漫画家である」と断言している。今回の展示では二人のコラボ作品の原画も数点紹介する。

f:id:shimizumasashi:20160610143804j:image

デビュー作品が掲載された雑誌を手にする犬木加奈子先生。図書館長室にて。

f:id:shimizumasashi:20160610142928j:image

f:id:shimizumasashi:20160610142840j:image




清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】で見れます。是非ご覧ください。https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

2016-06-11

ホラー漫画の女王・犬木加奈子の展示会

ホラー漫画の女王・犬木加奈子の展示会が日大芸術学部芸術資料館にて開催されます。期間は六月

二十一日〜七月二十九日まで。犬木加奈子は実存ホラー漫画家日野日出志の魂を継承する漫画家日野日出志犬木加奈子に対して「私が認める唯一のホラー漫画家である」と断言している。今回の展示では二人のコラボ作品の原画も数点紹介する。




清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】で見れます。是非ご覧ください。https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

2016-05-19

『清水正・宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。


清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】で見れます。是非ご覧ください。https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

2016-05-18

 漫画家・根本敬氏が手塚能理子さんと一緒に日藝図書館長室へ

昨日(五月十七日)の「文芸特殊研究機廚涼甘は手塚能理子先生。ゲストに根本敬さん。講義後四時半頃、日藝図書館長室で休憩していただいた。図書館刊行の『日本のマンガ家 日野日出志

』『日本のマンガ家 つげ義春』『◎型ロボット漫画』や私の編著した『日野日出志』研究などをさしあげた。 

 f:id:shimizumasashi:20160517163635j:image

f:id:shimizumasashi:20160517163616j:image

f:id:shimizumasashi:20160517163417j:image

 


今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 



f:id:shimizumasashi:20160516163223j:image

平成二十八年度「文芸研究」機D名痢崟郷紂ドストエフスキーゼミ」一年生と記念撮影。

平成28年度、清水・ドストエフスキーゼミ課題レポートより(連載2)

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 



f:id:shimizumasashi:20160516163223j:image

ソーニャについて

  河野 優樹


平成28年度、清水・ドストエフスキーゼミ課題レポートより






セミョーン・ザハールイチ・マルメラードフの娘ソフィヤ愛称ソーニャ、彼女が登場したのは彼女の父マルメラードフが酒場で酔って、主人公のロージャに語りかけている話の中での登場だった。彼女が登場したとき、私はひとまず続きを読むのを中断してどんな人物なのかを想像した。父親がかなりのろくでなしの人間であるので、その影響をかなり受けている。そう考えるとソーニャは父親のようにひねくれて、家庭の現状から目をそらしているなど、いいイメージは沸かなかった。数分後ある程度考え終えたので、いよいよ本をよむのを再開した。罪と罰を読んでいくとソーニャに対しての私の想像はいい意味で裏切られた。彼女は人が世間で言ういい人を具現化したかのような人物だ。いや、あのレ ベルの性格はいい人という言葉のさらに上の言葉に当てはまる人だ。これほどの性格の人物はこの世に生まれてくることは無いだろうと思う。人が目指すべき人格。こんな性格になりたいという人々の願望を表すなら彼女ではないかと思う。それほどに彼女はなんと言い表さなくてはいけないのか、分からないほどの人物です。きっと彼女のような崇高な人物は、この世にいないです。回りの人たちがあの人は優しいと思っている人も、心の中では何を考えているか分かりません。助けている人を見下したり、嫌々やっているでしょう。彼女も神様を信じていなければ、あのような人格ではなかったと思います。神様を信仰しているこその行動、思想、言動でしょう。しかし現代の人類に本当に神様を信じている人は どれだけいるのでしょうか。彼女みたいに信じられる人など世界に二桁くらいしかいないのではとまで私は考えます。今の日本の寺にいるお坊さんに、神を本当に信じているもの人がいるのでしょうか。テレビで神様はいるといっている場面をみると吐き気がします。昔の時代にはソーニャのような人物がいたのかもしれません。昔ではお告げというのがあったので皆神様を信じていたのでしょう。ソーニャは今の現代に対しての皮肉のようにも感じました。あれほどに神様を信じられるのが尊敬でき、羨ましいです。しかし彼女は素晴らしいのにも関わらず、なぜあの父親なのか。本当に親子なのかと思うほどの差です。親であれば子供に迷惑をかけたくないと考えるはずです。酒がやめられなくて家庭を崩壊させ 、子供に迷惑をかけるなんてとても親と思えないです。母親も病気で発狂寸前であるという状況。それに母親には連れ子がいます。親たちがこれでは生活費は収入源も無く食べていくことができません。親たちは私はどうなろうとかまわないと思ったのですが彼女は違います。彼女は、家族たちをみんな養っていきます。この家庭は彼女が頑張ることでしか生きていきません。しかしもう少し親たちがまともだったら、ソーニャはあそこまでしなくてもよかった、裕福とまではいかないけど少しの幸せがある家庭になっていたのかもしれない。ソーニャのような人物がいたら回りにいい影響を当たえるはずだと思います。もしかしたら親の性格も良くなっていたかもしれない。しかし親は変わらなかった、だからあん な事故に出会ってしまった。あんな別れをしてしまった。どうにかならなかったのかと悔しい気持ちがあります。この親科の関係は、彼女の父親をあえて酷い人物に書くことによって、ソーニャの人格の良さを引き立たせるいい関係だと思いました。そしてソーニャを駄目な親の子供なのにまるで正反対の性格をしている健気な人物のように書いています。これを読んだ読者は、彼女に同情する人が多いと思います。駄目な親じゃなければ、もっと生活ができたのに。家族を救うために娼婦になったなんてかわいそう。もっともっといろんなことを感じたり、思ったりするでしょう。私も彼女に同情の感情を強く抱きました。そして大勢の人はあんなにも苦しいのに回りのためにがんばっている姿を見て、彼女は聖母 のような人物だと思う人もいるはずです。ソーニャドストエフスキーが皮肉の感情をこめて作った人物だと感じました。あんなにも清らかな人はいない、存在しないのだと。他にも詳しく読めば彼女は聖母のような人物じゃないというのも分かってきます。その完璧じゃない部分もあるからロージャと結ばれていくのだと感じました。