装丁家・大貫伸樹の装丁挿絵探検隊

2017-08-03 漫画漬け!

【漫画漬け!】

 ここ数日間、漫画漬けになっています。主には葛飾北斎・応為だが、ライバル広重や国芳まで広がりつつあります。漫画だけにとどまらず、関連本にも手を広げしばらくは江戸の美術がマイブームになりそうです。

f:id:shinju-oonuki:20170803102244j:image

2017-08-01 『原色園芸植物図鑑』がすごいので全巻揃えた〜い!

【この本がすごいので全巻揃えた〜い!】

 植物図鑑といえばそのほとんどが写真撮影した画像が掲載されていますが、『原色園芸植物図鑑』全9巻(北隆社、昭和63年)は、すべて細密なカラーイラストで描かれているんです。

 掲載種数は、3,432種もあるが、一体何人の画家が加わって描いたのか。本のサイズは小B6判 (112×174mmコンパクト判とかトランジスタ判とも呼ばれる)と小ぶりですが、定価4,635円(税込)と高価なのも頷けます。


f:id:shinju-oonuki:20170801201741j:image

 私は1巻、3巻、4巻しか持っていないので、ぜひ全巻揃えたいと思っています。ちなみに、私はアマゾンで各巻1円+257円(〒)で購入しましたが、ほかの巻はまだ見つかりません。

2017-07-30 常田富士男の語り「なかすねひこ ものがたり」

「第13回 平和を祈る演劇祭」(於:保谷こもれび小ホール)で、「日本昔ばなし」の語りで知られている常田富士男(ときた ふじお、1937年1月30日 - )の語り「なかすねひこ ものがたり」(別役実作)を聞いてきた。村の語り部?に扮した80歳の常田の語りは、演技を越えたまさに語り部ともいうべき白熱の名人技だった。

f:id:shinju-oonuki:20170730085125j:image

f:id:shinju-oonuki:20170730085121j:image

f:id:shinju-oonuki:20170730085113j:image

 真っ暗な舞台でスポットライトを浴び、今も耳に残る「日本昔ばなし」を彷彿させるあののんびりとした口調は、満員の聴衆の耳を一点に集中させた。



f:id:shinju-oonuki:20170730085331j:image

別役実「ながすねひこものがたり」(『別役実童話集 山猫理髪店』三一書房、1971年)を読んでみました。「ながすねひこ」には最初の冒険、第二の冒険、第三の冒険があり、常田富士男さんの語りは、そのうちの最初の冒険でした。読んでいるうちに常田さんの声が聞こえてきて、もう一度語りを聞いているような気持ちになりました。「ねえ、頭が、猿みたいで、胴体がたぬきみたいで、しっぽが蛇みたいで、手足が虎みたいで、声がツグミみたいなやつのことを、知ってるかい」「しってるよ」…。

2017-07-26 あふれる才能に例えられる百日紅

【百日紅(さるすべり)】

 「散れば咲き散れば咲きして百日紅」(加賀千代女)。「咲きながら、花をおびただしく散らしてゆくのに、見上げれば、またどれほども量を減らしていない満開の花が頭上にある。」(夢枕漠)。こんな風にして毎日がお祭りのように100日間も咲きつずける。枯れることのない豊かな才能にも例えられる百日紅。

f:id:shinju-oonuki:20170726093112j:image

百日紅(さるすべり)

f:id:shinju-oonuki:20170726093106j:image

杉浦日向子『百日紅』(ちくま文庫、2014年)


 杉浦日向子『百日紅』(ちくま文庫、2014年)では、葛飾北斎の娘・葛飾 応為(かつしか おうい、生没年未詳)のことを指している。

 応為の作品は10点ほどしか確認されていないせいか、あまり知られていないが、江戸末期に、強く誇張した明暗法と細密描写に優れ、陰影や遠近法を用いた作品を残しているのは、フェルメールレンブラントが『光の画家』といわれているように、もっと評価されても良いのではないかと思う。

 応為こそは百日紅に例えられるにふさわしい才能あふれる女性といえよう。

f:id:shinju-oonuki:20170726093214j:image

葛飾応為『吉原格子先之図』


f:id:shinju-oonuki:20170726093210j:image

葛飾応為『夜桜美人図』


f:id:shinju-oonuki:20170726094030j:image

葛飾応為『三曲合奏図』

 吉原の遊女を描いているが、着物の模様の蜘蛛の巣は囚われの身を、露は儚い身の上を表わしているとの解釈もあり、一見楽しそうな絵も実は、社会風刺のようである。

2017-07-23 東大農場・観蓮会

【東大農場で蓮を見てきた】

 毎年、東大農場・観蓮会で蓮の花を観賞させてもらっていますが、今年は曇り空で、気温も低く涼しく花も眩しくなくじっくりと眺めることができました。撮影も曇天の方が綺麗に写るように思えました。今回は植物画にも使えるように、花、蕾、種、葉が、一枚の写真に収まるように心がけて撮影しました。

f:id:shinju-oonuki:20170723233952j:image

f:id:shinju-oonuki:20170723233947j:image

f:id:shinju-oonuki:20170723233943j:image



ひっそり咲いているので見落としそうですが、河骨(こうほね)も見事でした。

f:id:shinju-oonuki:20170723233940j:image

2017-07-22 【版画展+版画ワークショップ+缶バッジ作り準備開始

【版画展+版画ワークショップ+缶バッジ作り準備開始】

 8月27日(日)、駄菓子屋・ヤギサワベースで、消しゴム版画展(新作8点予定)+消しゴム版画ワークショップ+缶バッジ作りを開催することになりました。

 今回、作品を展示する壁が石膏ボードなので重い額縁は使えそうにないので、いろいろ悩んだ末にファブリックボードというハッポースチロールを布で包んだようなものを見つけた。これに黒いボードをくりぬいて版画を貼り、プッシュピンで止めることにした。

 テストをしてみたら、無事合格!

 額付き1点500円(シートのみ200円)で販売しようかと思っていますのでよろしくお願いいたしま〜す。同じ絵の缶バッジも200円で販売します。

f:id:shinju-oonuki:20170722093940j:image

2017-07-21 ハッポースチロール製魚のモチーフ

水彩画のモチーフにと、ハッポースチロールで魚を作った。猫にくわえさせて「食欲の秋」を演出するつもりだが…。

f:id:shinju-oonuki:20170721075214j:image

f:id:shinju-oonuki:20170721075201j:image


 せっかく作ったハッポースチロール製魚のモチーフも、絵にしたら背の部分しか見えず、苦労があまり報われませんでした。

f:id:shinju-oonuki:20170721075423j:image

2017-07-15 植物画コンクール入選作品展

入谷へ墓参りに行き、帰り道に国立科学博物館で「植物画コンクール入選作品展」を見てきた。受賞作品の「ワサビ」の根、「ブドウ」の花、「たらの芽」のトゲなど、その細密さは一体どうやって描いてるのだろうかと想像さえもできない神っている作品群に圧倒された。

f:id:shinju-oonuki:20170715234032j:image

f:id:shinju-oonuki:20170715234029j:image

f:id:shinju-oonuki:20170715234025j:image



 さらに、今まで通った時はいつも閉館されていた黒田清輝記念館に入ることができた。有名な作品の展示はなかったが、歌舞伎座、明治生命館などの建築家として知られる岡田信一郎設計による国の登録有形文化財でもある建物に入ることができたのが嬉しかった。

f:id:shinju-oonuki:20170716000354j:image

f:id:shinju-oonuki:20170715234219j:image

f:id:shinju-oonuki:20170715234216j:image

f:id:shinju-oonuki:20170716000432j:image

f:id:shinju-oonuki:20170716000546j:image

f:id:shinju-oonuki:20170716000540j:image

2017-07-13 けしごむ版画「魚の目が猫の目」

【けしごむ版画「魚の目が猫の目」ほぼ完成】

 こんな感じかな? 最初にイメージしたのは。

f:id:shinju-oonuki:20170713161344j:image

2017-07-12 魚の目が猫の目

【魚の目が猫の目】

急に思い立って、朝から一日中版画制作中! なんとか線画だけできてきました。黄色の紙に刷った時はデブねこでしたが気に入らず、下右は修正中。修正ってかなり難しい! 明日は、色版を作ります。

 意味もなく物を作りたくなるようになってきたのは、少し制作意欲が戻ってきたってことかな?

f:id:shinju-oonuki:20170712220636j:image


f:id:shinju-oonuki:20170712220714j:image


f:id:shinju-oonuki:20170712220826j:image


f:id:shinju-oonuki:20170712220749j:image