Hatena::ブログ(Diary)

今日から四百 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-23 Mon

[] 第53回新自由主義研究会

 次回新自由主義研究会のお知らせです。ウェンディブラウンの新訳を読みます。


第53回新自由主義研究会

日時:11月5日(日)15時〜

場所:一橋大学キャンパス国際研究館5Fゼミ室2

テクスト:ウェンディ・ブラウン『いかにして民主主義は失われていくのか──新自由主義の見えざる攻撃』(中井亜佐子訳、みすず書房2017年

報告者:河野真太郎

2017-09-11 Mon

[] 第52回新自由主義研究会

 ものすごくショートノーティスになってしまいますが、お知らせです。


第52回新自由主義研究会


日時: 9月15日(金)15時〜

場所: 一橋大学キャンパス国際研究館5F ゼミ室2

課題テクスト: Alderson, David. Sex, Needs, and Queer Culture: From Liberation to the Post-Gay. London: Zed Books, 2016.

担当者: 田尻

2017-07-29 Sat

[] 第51回新自由主義研究会

 以下の通り開催します。ご参加を!


第51回新自由主義研究会


日時:2017年8月11日(金)15:00〜

場所:一橋大学キャンパス国際研究館5階ゼミ室2


テクスト:Nealon, Jeffrey T. Post-Postmodernism: Or, the Cultural Logic of Just-in-Time Capitalism. Standford UP, 2012.


報告者:宮永隆一朗

(ディスカッサントというか一緒に発表していただける方、引き続き募集しております)


 本書『ポストポストモダニズム』は、副題どおりフレドリック・ジェイムソン『ポストモダニズム』の議論やその方法論を継承した文化批評です。ダサいタイトルですが、新自由主義における文学・文化研究のあり方、または新自由主義と文学・文化研究の奇妙な関係について問題提起をしてくれる良書ですので、皆様と共にこうした問題に取り組む機会となればと思います。

2017-07-16 Sun

[] 2017年度 第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会

 下記の要領で第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会を開催します。前々回の本の続きに加えて、ブレイディみかこさんの本を私が報告いたします。ご参加を!


2017年度 第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会


日にち:7月23日

時間:15:00〜

場所:中央大学 駿河台記念館410号室

理工学部後楽園)ではないので、ご注意ください)


プログラム担当者敬称略

14:50 開場

15:00 第一部:Power, Culture and Conflict in the Coalfields: West Virginia and South Wales, 1900-22読書会

   担当:河野真太郎、西亮太


16:30 第二部 ブレイディ・みかこ『こどもたちの階級闘争』読書会

   担当:河野真太郎

18:00 読書会終了


18:20ごろ 自由討論

2017-06-17 Sat

[] 2017年度第3回 レイモンド・ウィリアムズ研究会

 今回の例会大貫隆史さんの単著『「わたしソーシャリズム」へ──二〇世紀イギリス文化とレイモンド・ウィリアムズ』(研究社、2016年)の合評会となります。チラシをご参照ください。

f:id:shintak:20170617215505j:image

2017-05-30 Tue

[] 2017年度第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会

 ものすごくショートノーティスになってしまいますが、やります。南ウェールズウェストヴァージニア炭坑比較歴史研究を読みます。

2017年度第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会

日にち:6月3日

時間:15:00〜

場所:中央大学後楽園キャンパス6409教室

プログラム(案)

14:50 開場

15:00 Power, Culture and Conflict in the Coalfields: West Virginia and South Wales, 1900-22読書会

   解題:西(分担してくださる方を今更ながら募集しております。)

17:30 読書会終了

18:00 自由討論

2017-05-25 Thu

[] 新刊予告『戦う姫、働く少女

 7月10日に、私の二冊目の単著、『戦う姫、働く少女』が発売となります。下に、版元ドットコムAmazonリンクを貼っておきます。

 版元ドットコムの方では詳しい目次が見られます。目次で、だいたい扱っている作品が一覧できるように配慮していますのでご参照ください。

 これまで一応「英文学者」としてやってきた私にとって、この本は大きな出発となります。ポピュラーカルチャー論であり、ジェンダーフェミニズム論でもあるのですが、それ以前にこれは新自由主義論でありポストフォーディズム論です。その点でじつのところ、私の中では、これとは全く違う種類の本である前著『〈田舎と都会〉の系譜学──20世紀イギリスと「文化」の地政学』と問題意識通底しています。ですがその一方で、今回の本はこれまでとは全く違う読者層を意識して書いたものであり、広い読者を得て、もちろん批判も含めた議論喚起できればと願っております。

http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708987

戦う姫、働く少女 (POSSE叢書 Vol.3)

戦う姫、働く少女 (POSSE叢書 Vol.3)