Hatena::ブログ(Diary)

陽が沈むころに このページをアンテナに追加

■Total:
■Today:
■Yesterday:
tacaQをフォローしましょう

2000 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2002 | 01 | 02 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2018-05-27

[]




「日大の選手たちが練習に参加できていないというのがショックで、
いい方向に行っていない。
大人たちが言えないことをはっきりと言って、収束に向かっていってほしい」

【関学大「再回答書」会見詳報(5)】被害選手の父「日大選手に寛大な処分求めたい」 嘆願書を募る考え(2/2ページ) - 産経WEST


スポーツ指導者資質とは何か、

を考える契機が

このような事件であったことが

とてつもなく、哀しい。


正義を主張しなければ

何も変わらないが、

正義だけの主張で加害者一方的断罪する行為

今までに築き上げたものを

破壊するだけで、何も生み出しはしない


求めるべき解は、何処にあるのか、

その答えを導くための議論であってほしい、

と心より思う



問題の収束がおぼつかなくなっているなか、

日大のプレーヤーを気遣う被害者家族の言葉

希望を感じる



願わくば、全てのプレイヤー

流した汗と涙が、無に帰さない結末を

2018-04-22

[]ピートキャロルへの手紙9

試合は、ジェイクがロング・スナッパーとして

参加したキックによる得点が

最後のスコアとなった。

49-31でUSCが、ウエストミシンガン大に勝利した。


試合終了をつげるホイッスルが鳴り、

ジェィクはチームメートから再び祝福された。

「グッド・ジョブ、ジェイク」

チームメートから、肩を叩かれ、

握手を求められた。

ジェィクは、2年間の努力が報われたと思った。


ジェイク・オルソン選手

 インタビューをお願いしてもいいですか。」


幸せをかみしめ、サイドラインから

引き上げようとしたジェイクに

インタビューア達が訪れた


今日NCAA史上、初めて盲目プレーヤーとして

 試合に出場したジェイク・オルソン選手です。

 今のお気持ちをお聞かせください。」

インタビューアの声が、スタジアム

設置されている複数のスピーカーから流された。

その言葉

喧噪に包まれていたコロシアムが、一気に静まった。

ブライアンとシンディは、フィールドで

受け答えをしているジェィクの居場所を目で追った。


ジェイクのインタビューが始まった。

「僕を支えてくれたチームメートに、

 そしてチャレンジする機会を与えてくれたヘッド・コーチ

 感謝します。」


観客席から歓声があがった。


「僕は12歳で光を失いました。

 でも、不幸ではありませんでした。

 みんなが僕を助けてくれました。

 

 ケベックは、盲いた僕の目のかわりとなって、

 僕の望むところへと導いてくれました。

 私にとって彼は、ただの盲導犬ではありません。

 僕自身分身といってもいい存在です。


 妹のエマは、僕の学友であり、最高の妹です。

 彼女との二人三脚で、僕は学問において

 自分世界を広げることができました。


 今年になって、かつてクリス・オダウド選手

 つけていた番号61を戴きました。

 チームでは、ヘッドコーチクレイ・ヘルトン、

 ホルダーのワイアット・シュミット

 キッカーのチュース・マグラスを始め

 多くの選手自分を支えてくれました。


 家では、父が僕の練習に付き合ってくれました。

 僕は多くのことにチャレンジしてきましたが

 本当にたくさんの人の善意に支えられてきました。

 そして、そのチャレンジすることの大事さを

 教えてくれたのは

 8年前、USCの監督だったピートキャロル氏でした。

 彼にも感謝言葉を届けたいです。

 

 そして・・・・・・。」

ジェイクはなにかを逡巡するかのように言葉が途絶えた。

シンディとブライアンがジェイクの一挙手一投足を

見守り続けていたスタンドが俄にざわめき始めた。

マイク故障か?と人々が囁き始めたころ

ジェイクが言葉をつなげた。


「・・・・・・母さん、

 ・・・・・・僕を生んでくれてありがとう。」


スタンドから

ひときわ大きい拍手が起こった。

スタジアム全体をやさしい空気が

満たした。

シンディの目から大粒の涙がこぼれ落ちた。

もう、ジェイクを見ることが

できなくなった。

彼女は嗚咽をもらしながら

ブライアンの胸に顔を埋めた。


夫は、震える妻の髪をなでながら

やさしくなでながら呟いた。


家族に、めぐまれたね、僕たち」


シンディは、声なき声で頷いた。

 

2018-03-25

[]ピートキャロルへの手紙8

ゴール前3ヤードボールが置きながら

レフリーがジェイクに囁いた。

ボールはここにあるからね」

「ありがとう」

審判からの善意言葉に礼を述べたジェイクは

腰をかがめて両手を地面につけた。

フットボールポジションを取りながら

右手でボールを探りあてた。


スタンドのジェイク・コールは収まったが

大きな歓声が鳴り響いていた。

USCの8人の選手は、ジェイクの横に並んでプレーに備えた。

ジェイクの7ヤード後方では、ホルダーのシュミット

片膝をついてジェイクからのボール

受け止める姿勢をとった。

キッカーのチュース・マグラスは、

キックの助走に必要な距離を確保するため

シュミット位置からさらに3ヤードほど

後ろに下がった位置についた。


ウエスタン・ミシガン大の選手の11人も

ゴール前1ヤード付近で構えた。

しかし、彼らはこれから行われるキックを

止めようとはしていなかった。

すでに彼らは全力を尽くして戦ったこ試合

敗北することを悟っていた。

点差に関係なく時間のあるかぎり、

力を振り絞ることを常としている彼らだが

ジェイクのプレーが成功することを祈っていた。


ジェイクが右手の指をボールの縫い目にかけて静止した。

レフリーがその様子を確認して笛を吹いた。

「レディ・フォー・プレー」


観客席では、ジェイクの両親、ブライアンとシンディ

フィールドを見つめていた。



シュミットが「セット、ダウン」のコールから

1秒の間をおいてスナップ

タイミングカウントを始めた。

「ハット、ハット・・・・・・」

ジェイクは、「ハット」の声が届くや否や

右手で握ったボールを股間から後方に放った。

ジェイクは緊張から手首のスナップ

いつもよりわずかに強く効かせてしまった。

そのためボールの回転が多く、ボールがやや右にそれた。


予想より右にずれたジェイクのロング・スナップ

シュミットは、何事もなかったように

キャッチして、コンマ数秒で芝生のキックポイント

ボールを右手でホールドした。

チュース・マグラスは、いつもと同じように

右足で、シュミットがホールドしたボールを蹴り抜いた。

45度の角度で上昇したボール

ゴールライン付近で対峙した両軍の選手の上を越え、

2本のゴールポストの間を通過し

ネットに突き刺さった。

ポストの下にいたバックジャッジと

フィールドジャッジの二人の審判が両手を高くあげた。


「キック グッド USC!」

キックの成功を告げるアナウスがコロシアムに流れた。

ジェイクは自分のロング・スナップ

無事にシュミットに届いたことを知った。

彼は、喜ぶより緊張から解放されたことで安堵感に満たされた。

全ての観客が立ちあがって拍手した。

シンディも飛び跳ねながら手をたたいて喜び

ブライアンに抱きついた。



USCが、このゲームの最後に追加した得点は

1点に過ぎないが、貴重な追加点であった。

盲目プレーヤーNCAA史上初めてのプレーしたこと

刻む得点となった。

2018-03-24

[]ピートキャロルへの手紙7

ジェイク・オルソンは、

同じ学年のホルダー、

シュミットの肩に触れながら走り、

喜びをかみしめていた。

入部が許された2年前、彼はクレイにこう言われた。

「入部は許可する。ただし、

 このチームは実力のある者しか出場させない」

ジェイクは、コーチ言葉を胸に刻み、

2年間努力を続けた。

バーベルを持ち上げ、毎日10kmを走った。

体重を増やし、他の選手と同じような体格を少しずつ作っていた。

そして、彼が試合で行う唯一のプレー、

ロング・スナップ毎日練習した。


四つんばいになり、ボールを股間を通して

約7ヤード後方へ投げるロング・スナップ

フィールド・ゴールで3点を狙う場合か

タッチダウンの後のコンバージョン

キックをチョイスした時に行われる。


アメフトで一試合で行われるプレーは

オフェンスディフェンス、その他を合わせて

百プレーを超えるが

キックは十回にも満たないことが多い。

しかし、どのチームもキックのために

専門のスペシャリスト選手を用意している。

ジェイクは、キックプレーのロング・スナップ専門の選手として

試合の出場を目指した。


ジェイクは、毎日練習したが

彼のポジションには、優れたプレーヤーが何人もいた。

入学した年と翌年はユニフォームすら、もらえなかった。

それでも、彼はあきらめなかった。

ジェイクは自分のロング・スナップが、

他のプレーヤーに劣っている理由が分からなかった。

なぜなら、自分の目で確かめる術がないからである。

普通の選手ならば、ビデオにとって確認し

簡単修正できることが、彼にはできなかった。

しかし、チームメートが彼を助けた。


球の高低、左右について、

シュミットは都度、修正要求した。

回転の加減一つボールの軌道は大きく変わる。

やがて彼の放つボールは、全くぶれなくなった。

三年目のシーズンを迎える夏、

彼は監督からダークレッドに

黄色で61を染め抜いたユニフォームを渡された。


それまでスタンドからチームを応援していたジェイクは

やっとサイドラインに立つことが許された。

チーム・メートは彼を祝福した。

誰も彼が61番をつけているのを贔屓だとは思わなかった。

全米のどんなロング・ナスッパーと比べても

遜色ない域まで達しているのを彼らは知っていた。

2018-03-21

[]ピートキャロルへの手紙6


2017年9月最初の土曜日

ロサンゼルス・コロシアム

快晴の天気だったが、

クレイ・ヘルトンは、苦虫を潰したような顔をしていた。

「なかなか、粘るな」


2017年シーズン開幕戦

ローズボウルを目指すUSCトロージャンズとしては

何がなんでも落とせない試合だった。

3Qまでのスコアは21-21のタイ

クレイ・ヘルトン率いるUSCは

ウエスタンミシガン大学ブロンコス相手に苦戦していた。



4Qに入ってトロージャンズは3つのTDで21点を加えたが

ブロンコスも10点を返していた。

残り4分を切ってスコアは42-31の11点差。

USC陣20ヤードからのウエスタン・ミシガン大学攻撃

11点のリードをされているものの展開次第では

逆転の目もあるウエスタン・ミシガン大学

まだ、戦意を失っていなかった。

「しぶとい相手だ」クレイは、ひとりごちた後、

61番の選手に準備を命じた。



セカンド・ダウンの攻撃

ウエスタン・ミシガン大QBケイシュン・ワトソンは、

ジョー・ワシンクをねらってパスを放った。

楕円のボールは回転しながら、ウエスタン・ミシガン大の

レーシーバーが走り込んでいるコース

正確に投げ込まれていた、

しかし、そのパスをUSCのディフェンス・バック、

マーべリック・テルが遮り、その手に収めた。


ターン・オーバー、

攻守が一転して変わる。

コロシアム全体が揺れるような歓声に包まれる。

マーベリックは、手に納めたボールを胸に抱えて

ゴール・ラインを目指した。

ウエスタン・ミシガン大学の11人の選手

全力で彼を追った。だが、誰も彼を止められなかった。



テルは、エンドゾーンに飛び込んだ。

7人いる審判のうちテルの近くにいたレフリーと

ライン・ジャッジが両手を上にかざした。

タッチダウン、USC」ー観客の歓声を上回る音量で

アナウスが鳴り響いた。

USCは6点を追加した。

「よし」

USCのヘッド・コーチクレイは拳を握った。

残り3分で17点差ー試合勝利を確信した。


彼は、大声で叫んだ

「61番、準備はできてるか!お前のプレーを見せてやれ!」

そして、クレイは、

フィールドを挟んだブロンコスヘッドコーチ

ティム・レスターを探した。

レスターはクレイトンの視線に気が付き

小さく頷いた。


61番は、右手をワイアット・シュミット左肩において

フィールドへ小走りで足を踏み入れた。

そのとき、USCのスタンドからコールが始まった。

ジェイク、ジェィク、ジェイク」

タッチダウンの余韻が残るスタンドから

61番の選手を呼ぶ声が次第に大きくなった。


PAC12の公式戦で初めて、否、NCAAゲーム

初めて盲目選手がプレーする瞬間が訪れた。

2018-02-25

[]ピートキャロルへの手紙5



親愛なるシーホークスピートキャロル監督


以前お世話になった、ブライアン・オルソンです。

ご無沙汰して申し訳ありません


監督の御活躍は、いつもTVを通じて

拝見しております。

それにしても今年のスーパーボウルは、残念でした。

二連覇まであと僅かだけに

監督の胸中にもおだやならざるものが

あったと想像します。


最後のプレイ・コールは、

結果的に失敗でしたが、

あのプレイが成功さえしていれば、

監督賞賛でむかえられていたことでしょう。


結果のみで評価されるのは

プロチームの常ですが

成功も失敗も紙一重の勝負において

確実に成功確約されたプレイなど

あろう筈もなく、

成功が分からないからこそ、

人は努力するものだと、理解しております。

監督が来年のスーパーボウル・ウィナーに

返り咲かれることをねがうばかりです。


さて、以前にお世話になった

私どもの長男ジェイクの件ですが

今秋から、USCに進学することになりました。

入部を許可されるか、まだ分かりませんが

彼はフットボールに挑戦することを

決めています。


仮に彼が入部できたとしても

彼の出場を保証するものはなにもありません。

それでも彼は、トロージャンズの一員に

なることを希望しております。


立派に育ってくれたことを

有り難く思うとともに

キャロル監督の図らいに

感謝せずにはいられません。

あの日、監督が彼の心に火を

灯していただいたことが

今日の彼を支えています。


何と御礼を申し上げればいいのか

言葉に尽くせぬ気持ち

いっぱいです。


とりとめのない手紙となり

貴重なお時間

費やして申し訳ありませんでしたが

監督のお力添えで

息子が逞しく育ったことを

お知らせいたします。



ブライアン・オルソン

2018-01-03

[]ピートキャロルへの手紙4


「はじめまして、ジェイク・オルソンです。

トロージャンズのファンです。」


トロージャンズの練習場に立った12歳の少年は、

アメフトの防具を装着した青年らを前に

精一杯の大きな声をだした。

練習前、笑みなど決してみせないことを

躾けられた戦士達ではあるが、

12歳のファンを前に

彼らは優しげな表情を浮かべていた。

その眼差しは、親しい家族を迎えるようだった。


「ようこそ、ジェイク。

今日のトロージャンズは君のチームだ」

ピート言葉ジェイクは驚きながらも、

顔いっぱいに喜びの色を表した。



彼は2時間あまりの練習のあいだ

選手と一緒に走り、ボールを投げ、

タックルバックにぶつかった。


ピートは、ジェイクを招待することで

トロージャンズの練習プラン

大きく変更せざるを得なかった。

1時間練習の準備に

コーチは10時間を必要とするとも言われている。

しかし、彼は喜びを持って特別な練習計画を作り、

ジェイクを練習に参加させた。



ジェイクの心に灯をともす。

その命題は、ピートにとって

パシフィック12でチャンピオンになること、

ローズ・ボウルの勝者になることと

等しい重みを持っていた。



「僕は、今日練習に参加できたことを

一生忘れない。トロージャンズの皆さん

ありがとう

僕も選手の皆さんのように勇敢な人間

目指して頑張ります。」

ピートは、ジェイクの言葉から

彼の力になれたことに満足を覚えた。



ジェイクの言葉をきいていたシンディは、

充分に勇敢な息子であると思い、

涙が零れそうになった。

間もなく光を失うであるジェイクは

周りの人間を悲しまさせないように

必要以上に明るく振る舞っていることを

彼女は知っていた。

シンディは、息子に気付かれるまえに

涙を拭い、笑顔をうかべた。

息子の記憶に悲しい顔を残してはいけない。




「いいかい、ジェイク。手術が終わったら、

ここに戻って来るんだ、必ずだ」

ピートは、ジェイクに語りかけた。

「分かった。必ず戻ってくるよ」

ジェイクは、力いっぱいの気持ちをこめて応えた。