ENIAC

(コンピュータ)
えにあっく

Electronic Numerical Integrator And Calculatorの略。
1946年にアメリカで開発された世界最初のコンピュータと呼ばれている。
ペンシルベニア大学において、ジョン・エッカート(John Presper Eckert)博士とジョン・モ−クリー(John William Mauchly)博士は、リレーや半機械部品を真空管に置き換え、開発をしたもの。
17,468本もの真空管を使った巨大なもので、全長30メートル、総重量30トン、消費電力140キロワットというものであった。
開発の目的は、アメリカ軍の弾道計算を目的とし、軍の要請と多大な援助によって開発されたもの。

ほかの「世界最初のコンピュータ」との関係。

ENIACは「非特定用途向け・プログラマブル・非プログラム内蔵方式・デジタル方式」コンピュータとしては世界初である。

「世界最初のコンピュータ」を冠するコンピュータはほかにもあるが、それらは「ENIACとは異なる定義下での世界初」である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ