takebowの侏儒の言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-27 山種美術館で川端龍子を見る このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-07-27

戻り梅雨?のやや涼しい中、広尾にある山種美術館で開催されている「没後50年記念 川端龍子展」を見に行ってきた。初めて行く美術館なのでまったくアクセスが分からず、調べてみると恵比寿駅から歩けるようだが、確かあの辺は台地状になっていて大変かも知れないので、バスで行ってみた(これが正解)。建物が高くて立派なのに、地下の展示スペースは使い勝手があまり上手いとは言えず、大きな作品(例えば「火生」)を引いてみるのに十分な距離を保つのが難しい。が、作品群は洋画家時代の油彩も含めて鑑賞できて、素晴らしいラインナップであった。個人的には「草の実」という全面真っ黒な下地に金泥や銀泥で草を描いた対策が好みであった。しかし、歴史的に言って、日中戦争時の「香炉峰」と「爆弾散華」を見ておくべきだろう。戦争の初期には偵察機に軍服を着て乗り込み中国大陸を睥睨した前者と終戦間際に自宅に落ちた爆弾が破裂する様を描いた後者のコントラストは皮肉だ。前者から漂う有頂天感に対して、後者は日本人誰もが経験した戦争の悲惨さとその終焉に対し亡くなった魂を追悼する思いに溢れている。他にも「金閣炎上」や藤原三代の即身成仏を描いた「夢」など見所満点の企画だった。それにつけても戦時下の画家の生き様について考えさせられた。

2017-07-20 「安政の大地震展」をみる このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-07-20

本駒込東洋文庫ミュージアムで開かれている「ナマズが暴れた!?安政の大地震展―大災害の過去・現在・未来」を見てきた。絵画的な史料は少なく、古文書などの文献中心の展示で地味な企画のため本当にガラ空きだったが、あれから6年半の年月を思うと本当に大事な展示だと思った。古事記日本書紀にも地震(ナイフルと読んだそうです)の記載があり、中でも千年前の貞観地震で多賀城など今回と同じような処が被害に遭っている様を日本三代実録は克明に残している。繰り返される自然災害に日本人はその度、立ち上がって復興を続けてきた。いわば地震による破壊とそこからの復興の歴史が日本史のキモだと言えるだろう。

2017-07-14 一年越しで「吉田博展」をみる このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-07-14

昨年、NHKの日曜美術館で見た千葉で開かれていた「吉田博展」の紹介で、初めて吉田博という画家を知った。とても見たかったが、行けずに1年後の今回の展覧会を楽しみに指折り数えて待っていた。満を持して新宿の高層ビルにある美術館に行ってきた。この一年間に彼の伝記を読み、おもな作品群や版画を主とする制作活動などについても予備知識を得てきた。しかし、現物を目の当たりにすると、やはり伝記を書かれた安永幸一氏には申し訳ないが、彼の人生の一部を切り取って描いた評伝という印象を強くした。戦争中の作品は伝記やテレビで省かれていたため、初めて見て正直ショックだった。やはり時代が戦争とは無縁な自由人を許さなかったと言うことだろう。《急降下爆撃》のゼロ戦にはリアリティよりも彼の生きざまとは異なる戦争初期の高揚感しか感じられず、悲しかった。

初期の作品から非凡なる才能が感じられるが、やはり初の洋行が大きく彼の作風の幅を広げたと感じられた。できればアメリカで買われてしまった作品群があるのかないのか、あるとしたらどれなのか分かるようにして欲しかった。日本の洋画壇では異端児になってしまい、何より大御所・黒田清輝とは犬猿の仲であったことを考えると、自然、特に山をモチーフにした作品中心になっていったのも頷ける。そして圧巻だったのが、版画時代の作品群である。同じ題材の油絵や水彩画と比べても、完成度の高さは言うまでも無いだろう。しかも全て画家自身がプロデュースし、あろう事か自摺しているのは驚異的である。J.フロイトやダイアナ妃が愛していたという風景画群はもちろん素晴らしいが、やはり山岳や水辺を描いた作品群は圧倒的なクオリティを誇っていて写真よりもはるかに写実的、はるかに哲学的である。中でもお気に入りは、《日本アルプス十二題 劔山の朝》で剱岳に登ったことがある者ならこのリアリティは驚くだろう。兎に角、待った甲斐があった作品展であった。

2017-06-16 鎌倉紀行 このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-06-16

平日に休みがとれたので、家人と鎌倉に行ってきた。目的は寺巡りと出来ればアジサイ鑑賞という欲張った企画。ルートは北鎌倉の円覚寺→鎌倉→江ノ電長谷寺鎌倉大仏→江ノ電→江ノ島という感じ。平日なので自由に望み通りの時間配分でイケると思いきや、同じことを考える人の多いこと。ここは原宿か、と見紛うまでの混みように初めの円覚寺でビックリ。舎利殿を遠巻きに見て、国宝の鐘楼を堪能できたので個人的には嬉しかったが、やはりキツかった。以前、見た時はもう少し近くで舎利殿を拝めた気がしていたが、とんでもなく遠くて他のお客さんは素通りしてました。鐘楼は急坂なのにもかかわらず、多くのお客さんがチャレンジ。初めて見ましたが、谷戸の上からの眺めは格別でした。次に普通、明月院のアジサイと考えていたのですが、とても無理だと察し電車で鎌倉に移動。駅前の鳩サブレ屋さんの隣でしらすご飯とソバに舌鼓。江ノ電の入り口前のハム屋さんでソーセージを食し、こんなに上手いモンだらけなんだ、鎌倉は。と再認識。カミさんが行きたがってたドラマに登場していた長谷寺に移動したら、もっと凄い人、ヒト、ひと。紫陽花はヤバい。こんなに来るんだ。急いで鎌倉大仏に行き、リフォーム済みの大仏さんの中にも高校生以来入って合掌。肝心の江ノ島に着いた時にはエネルギーが切れて、お茶をするのが精一杯。モノレールで大船に出て帰途に就きました。みんな考えることは同じだよなぁ、疲れた。

2017-06-06 三井記念美術館に行く このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-06-06

三井記念美術館で開催されている「西大寺展」を見てきた。初めて行ったので、東京駅から歩いたら結構あって驚いた。エレベーターで7階まで上がり、いかにも財閥三井が作りました的な展覧会場で仏教美術の粋を堪能した。西大寺は東大寺と並び、重要な位置づけ・格付けの寺院であったが、失われた建物を含めて再建に奔走したのが叡尊で、彼をリアルに再現した「興正菩薩坐像」が国宝に指定されたばかりである。入ってすぐの仏具類はほとんどの人には関心が無いだろうが、密教芸術の主要部を構成するものである。寺の歴史上、やむを得ないが本来あったであろう文物が散逸している。各地の真言律宗の寺院からの出品が多いことに気づいただろう。個人的には国宝「金光明最勝王経」が見られて嬉しかった。しかし、平日の昼間なのにお年寄りばかりでかなりの賑わいを見せ、鑑賞するには辛いシチュエーションだった。金沢文庫のような理想的な状態で拝観したかった。

kabakabatamanegikabakabatamanegi 2017/06/07 16:51 三井記念美術館は三越前で下車するのがベストなのかもしれませんが、半蔵門線ですと少し歩きますね。JRですと新日本橋ですが、こちらもちょっと距離がありますね。

take-bowtake-bow 2017/06/07 20:11 kabakabatamanegiさんへ
コメントありがとうございます。埼玉の田舎にある職場から行かねばならなかったのでJR東京駅だったもので。帰りは素直に三越前から帰りました。

2017-05-31 小栗康平監督作品『FUJITA』を見る このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-05-31

遅ればせながら、『FUJITA』を見ることが出来ました。かなり前に公開されていた時は仕事が忙しく見ることがきませんでした。ネットで情報を得ようとしたら、浅田彰のスキゾ的批評を見てしまい、映画を見る前からイヤな感じでの鑑賞となってしまった。オダギリジョーのフランス語がどんだけ下手かなんて一般庶民には関係ないし、ハリウッド映画に日本語で出てるタケシの出演の方法もありかなと思いながら、画面を見つめていた。正直言って、小栗監督作品としては完成度が低いと思う。藤田嗣治がレオナルドFUJITAとなって教会の壁画を晩年に作成するに到る真相は、本作では理解できない。最初のフランス時代のデカダンスな映像がイケていたので期待したが、突然、日本に戻り戦争絵画の大作を描きまくる藤田の苦悩は、暗いトーンを多用する監督の作風を理解しても、あの映像では分からないと思う。大きな展覧会で藤田嗣治の作品を実際に見ている人なら、彼の全盛期が時代の要請でとんでもないことになって行ったのは理解しているはずだ。だとすれば、抽象的な映像美で見せられても誤魔化しにしか思えないだろう。苦い鑑賞になってしまった。

評価は、残念ながら★★☆ブラボー

2017-05-26 Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band 50周年 このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-05-26

この名盤について、今さら書き記すことは無い。今年、ビートルズの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」がリリースされて半世紀経つ。それを記念した特別盤が発売された。おじさんの懐を直撃するこのような企画モノはレコード会社も自粛して欲しいのだが、これだけは欲望を抑えることは不可能であった。購入し、今、Sgt. Pepper's SESSIONSから聴きながらブックなど資料を眺めている。どっぷりSgt. Pepper'sづけである。

追記:DVDやブルーレイを見るのに手間取りました。キチンとメニューが分かりやすくして欲しい。

2017-05-21 呉座勇一著『応仁の乱』を読む このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-05-21

とても売れているという本書は出たときから欲しいと思っていた。それは小生があまりに応仁の乱を知らなすぎたからである。知ってるつもりになっている応仁の乱の実像を解き明かすのが、本書の目的だとしたらかなり厳しい評価になってしまう。結局、分かりにくい歴史事象の応仁の乱の分かりにくさが判ったというのが一番正確で率直な感想だ。そんなレベルの低い感想だけでは著者の労苦に報いることが出来ないので、いくつか小生でも判った点を記す。

1.「国民」の存在。奈良というか興福寺春日大社独特の国人層にあたる呼び名を知った。

2.尋尊『大乗院寺社雑事記』と並んで貴重な史料の存在。経覚の『経覚私要鈔』の重要性は本書のおかげで理解できた。

3.興福寺のうち、近衛家は一条院に九条家は大乗院へという摂関家の棲み分けがなされていたという基本的なことを知った。

4.畠山氏の分裂が応仁の乱を準備し、もともと細川・山名の対立があった訳では無い点を知った。ここから勢力均衡によって戦いが長期化・泥沼化する点にも結びつくことを理解した。

奈良という京都から適度に離れた土地から応仁の乱を見ていたので、客観的に論じることが出来るということは逆を返せば、現場から離れすぎているという弱点を本書はもっているのでは無いかという素人の疑問が残った。

2017-05-03 [国宝体験]10「称名寺聖教・金沢文庫文書」 このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-05-03

久しぶりに横浜の「金沢文庫」に行き、昨年、国宝に指定された称名寺聖教・金沢文庫文書の一部を見てきた。何せ多岐にわたる中世の古文書群が2万点というのだから凄い。紙が大事な品である時代なので、裏書きなど当たり前で読みにくいが、それだけに貴重な史料が多い。「金沢文庫」という図書館を作った北条実時やその子孫は執権の縁類の家柄なので、政治的な内密のメモ書き的なモノまで残ってしまっているのは笑える。また、仏教系は豊富な写本群が見られ、真言宗の知識が若干ある小生としては本当に価値の高いモノばかりだった。中でも「伝法灌頂血脈」というのは汚いメモ書きに見えるが、たいへん貴重で興味深い。絵画も少しあるが古文書中心の実に地味な国宝群なので、おばちゃんが「字ばっか」と言っていたが、やむを得ない。帰りは称名寺にお参りしたが、一度で良いから朝比奈切通し経由で鎌倉まで行ってみたいと思った。

2017-04-29 国立新美術館で「ミュシャ」展を見る このエントリーを含むブックマーク

take-bow2017-04-29

日曜美術館で知ったアルフォンス・ミュシャ展覧会を見てきた。GWの混雑は避けたかったが、日程上やむを得ず今日となってしまった。テレビで今回の展覧会は「スラヴ叙事詩」全20作がすべて見られると知って、出動することにしたのだった。正直言って、アールヌボー的なパリ時代のミュシャだったら見に行かなかっただろう。無知なことに、こんなに骨のある作家だとは知らなかったのである。「原故郷のスラヴ民族」から始まってもの凄い大作が20枚も並ぶと圧巻だ。そのテーマはまさに20作目の「スラヴ民族の賛歌」である。のちの彼の人生を思ったとき、この作品に込めたものこそミュシャという画家の本質である。売れっ子時代のいかにもなポスター群とはあまりに差があると思われる。これだけの作品を一挙に公開する難しさを理解した上で、あえて苦言を呈するなら、やはり作品を順番通りに並べた状態で見たかった。また、一部屋に一ないし二作品までに限定して頂けると別の作品を見る人とクロスするような混雑状態にはならなかっただろう。そんな辛い状態でも見ておかないと、美術ファンなら損をする紛れもないホンモノの展覧会である

塩鮭塩鮭 2017/06/16 22:39 私も鑑賞しました。人凄かったですね。展示方法については同感です。「人間らしさ」をここまで個人が昇華して描ききった作品はそうないと思います。圧倒されっぱなしでた。

take-bowtake-bow 2017/06/17 14:44 塩鮭さん、コメントありがとうございます。
ブログまで見て頂いて恐縮です。私が見に行った時は比較的空いていた方なのかも知れません。その後、多部未華子さんが旅をしながらミュシャの足跡を辿る番組を見ました。もう少し基礎知識があれば、もっと楽しめたり理解できたのにと思いました。塩鮭さんは小生と違ってお詳しいので、あの創作意欲をストレートに感じられたことと存じます。