Hatena::ブログ(Diary)

taronの日記

<< 2017/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2017-03-17

[]

 体調悪し。喉の痛みに、体のだるさ。熱はないけど、風邪の初期症状のような。

[]明午橋定点観測17/3/16

 明午橋の上流側で、なにやらコンクリの建造物を作っているようなので、藤崎宮の横の道から回りこんでみた。なんか、ごっついコンクリの壁がそそり立っているのだが、何の役割をするものなのだろうか。

 つーか、明午橋の工事概要とか、ネットに落ちていないのだな…

f:id:taron:20170316163241j:image

f:id:taron:20170316163307j:image

f:id:taron:20170316163341j:image

[]百間長塀の現状

 市役所前から桜の馬場へと、坪井川沿いの歩道を移動したので、写真を撮る。いや、さっぱりなくなって、城内の見通しが良くなってしまって。しかも、冬場で樹木の葉が落ちているので、いつもは見られない光景になっている。

 奥の方もだいぶ崩れているな。

f:id:taron:20170316123902j:image

f:id:taron:20170316123934j:image

f:id:taron:20170316123951j:image

f:id:taron:20170316124044j:image

[]飯田丸五階櫓の現状

 木々の葉が落ちて、下からもずいぶん見やすくなった。

 こうして見ると、明らかに建物が歪んでいるな。結局、解体することになったようだが。まあ、最近復元した櫓だから、重文ほどのもったいない感はないな。まあ、これも、かなり金をかけて再建したわけだけど…

f:id:taron:20170316124058j:image


 これは、城彩苑の二階プラットフォームから。

f:id:taron:20170316130252j:image

[]馬具櫓周辺

 馬具櫓の石垣も中央部が決壊している。これ、地震から一月近くたった5月20日に崩壊しているんだよな。馬具櫓って、先代の再建櫓を撤去して、一昨年前あたりに完成したばっかりじゃなかったっけ。本当に新品の建物だったんだよなあ。

 後の壁も倒れている。あのあたり、ブラタモリでタモリが迎撃やっていたあたりじゃなかったっけ。

f:id:taron:20170316124108j:image

f:id:taron:20170316124210j:image

f:id:taron:20170316153927j:image

[]白川公園のハクモクレン

 白い花を見かけたので。まだ、咲き始めで、きっちり開いた花は少なかった。

f:id:taron:20170316162615j:image

f:id:taron:20170316162654j:image

[]OneRoom第10話「青島萌香は悩んでる」 - ニコニコ動画GINZA

D

 萌香は新曲売り込みに苦労している。一方で、主人公は賞の2次審査まで突破と。夢の手前でもがく女の子と。

 主人公の2次審査突破祝いの席で弱気になる萌香。こう、無防備感がいいですね。

 しかし、ショートパンツにキャミソールの基本装備に黒の上着って、ギャップがあっていいね。胸を強調しつつ、うまく隠しているというか。

[]「けものフレンズ」10話上映会 - 2017-03-16 2300開始 - ニコニコ生放送

 迷探偵アミメキリンさん。

 ロッジに宿泊する一行。そこで、不思議な影が頻繁に目撃されるようになる。謎を解き明かそうとする宿泊者たち。まあ、そこはそれ、死人が出ることもなく、幽霊みたり枯れ尾花。


 一方で、ラッキービーストのホログラム再生で、いろいろと「ジャパリパークの謎」についての情報が開示されたな。外の世界、そして飛行機でやって来た人間たち。セルリアンの脅威に、完全退去を強いられる状況。サンドスターは複数種ある可能性や無機物とサンドスターが衝突するとセルリアンが出現するとか。

 ラストで、巨大なセルリアンと戦うようなことを言っていたから、ミライさんと先代サーバルちゃんは、セルリアンと戦って敗れたのかな。で、彼女たち「だったもの」にサンドスターが当ってかばんちゃんとサーバルちゃんが登場した。

 ミライさんって、ああいうお姿なのね。


 そして、最後に強烈な引き。港に着いたかばんちゃんたち一行は、船を見つけて、動かそうとする。しかし、そこで爆発音とブラックアウト。何が起こったのだろうか。次回が気になって仕方ない。タイトルが「セルリアン」というのも、また意味深というか。



 かばんちゃんは、なんかプロメテウスみたいだな。いろいろと、「概念」を伝授して回る。火を授けたプロメテウスっぽい。いや、フレンズたちも、結局火は苦手みたいだけどw

[]ハンドシェイカー 第9話「Finally Fairy」 - ニコニコ動画GINZA

D

 いよいよ、物語のターニングポイントに入ってきたか。

 前回、一方的に敗れ、怪我に発熱で体力が下がっている状況。それでも、コヨリを守ると暴走する。そして、案の定、一方的な展開に。

 そこで、コヨリ覚醒。

 守りたいという気持ちは、タヅナだけではなく、コヨリも持っていた。やっと、思いを言葉にできるようになったわけか。で、二人の力で、阿波座こだまを退けることに成功する。


 一方、ジグラートの虚像が剥がれ落ちた阿波座こだまは、売れない地下アイドルだったと。その現実を前に、打ちのめされるこだま。しかし、「敏腕マネージャー」響の励ましによって、立ち上がる。

 虚像がはがれた後のこだまの方が魅力的だと思うが。白い衣装もエロかわいい。つーか、あのウザい偉人引用キャラは、マネージャーの入れ知恵だったのかい。

 なんというか、破れた側が、「夢」から覚めて、自分の人生を歩き出している感があるなあ。


 マキハラは、やっぱり、裏で暗躍していたのだな。怪しいとは思っていたが。何を知っているのだろうか。


 そして、二人が別々に行動できるようになったときからが、本番と。

[]南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!」 - ニコニコ動画GINZA

D

 9話目にして、やっと、最後の部員登場。ここまで引っ張るのも、珍しい。

 今回は学校行事の部活対抗鎌倉オリエンテーリング。鎌倉周辺の七箇所を回る。前半は、かなりの激坂続き。そこで、クリテリウムの熊さんこと、サンディ・マクドゥーガルにリベンジの挑戦をうけるひろみ。最終的に、景色を楽しもうということで意見が一致して、サンディも自転車部に合流。鎌倉の名所を回ることに。

 海岸で、コロネと鶴の馬の散歩に遭遇して、サンディとひろみが乗馬。

 あとは、冬音と夏海の親密度が高まっていたり。


 とりあえず、鎌倉の内陸の方は、自転車に向かないのは分かった。

2017-03-16

[]文化財研修会「肥後国府の行方:近年の発掘調査成果から」

 本日は、熊本県文化財保護協会の文化財研修会に出撃。演者は熊本城調査研究センターの網田龍生氏で、内容は肥後国の国府の話。部署が変わる前のお仕事だそうで。

 ここのところ、木曜日は日記休みにしているのだが、記憶が薄れないうちに、書いておこうということで。


 端的に言ってしまえば、「託麻国府」は地名に惑わされた幻で、存在しないと考えるのが妥当だというお話。益城国府・託麻国府・飽田国府の移動は考えがたいと。一方で、二本木の飽田国府にしても、ドンピシャで「これだ!」という証拠はまだ出ていないと。


 とりあえず、古代から中世の辞典類や文書類には、託麻国府という記載は存在しない。10世紀前半の「和名類聚抄」では益城郡、鎌倉時代の「伊呂波字類抄」には飽田郡、同「拾芥抄」には飽田郡・益城郡、中世後半の託摩文書では飽田と記載されていて、託麻郡に国府があったという記録はない。


 託麻国府に関しては、1901年刊行の吉田東伍『大日本地名辞書』に「拾芥抄」に記載されているとされたのが最初。しかし、「拾芥抄」の諸写本を探しても、そのような記載は存在しない。明治の事典制作者の誤りが、引き継がれてしまった。

 また、考古学的な根拠として、松本雅明を中心にした熊日調査団による1962年の発掘調査で建物の基壇が発見されたことが重要な根拠とされている。しかし、ここ30年ほどの発掘調査では、当該時代の遺跡が見つかっていない。現在の目で見ると、調査報告書の土層の分析は誤解の可能性が高い。推定地に大型建物があったなら、地盤を強化する地業がなされているべき。ネガティブな所見が積みあがっている。

 託麻国府が存在したとされる、現在の「国府本町」は、近世初頭までは「国分」であり、読みも「こくぶ」。むしろ、国分寺由来の地名ではないか。

 二本木が国府だとすると、国分寺と距離が離れていることが不審だが、他の律令国でも国府と国分寺が別の郡に立地する事例があり、事情があればそういうことがありうる。

 だいたいにおいて、根拠は論破されてしまっている感じだな。


 一方、飽田国府と比定される二本木周辺は、中世には明らかに国府が存在したこと。政庁らしき大型建物が検出されている。

 発掘された遺物が、質量ともに他を圧倒するレベルで、腰帯具・硯・文字土器・中国産陶磁器・国産陶器・瓦・製塩土器・土馬・銅印など、中心地性の高い遺物が多数発見されている。

 様々な傍証が積み上がっている。

 6世紀の春日部屯倉らしき遺跡が存在しない。政庁建物郡が8世紀中頃建設し、9世紀に入って徐々に廃絶していく。10世紀に入って、改めて、祇園社や藤崎八幡宮といった国家とつながる神社が勧請されるといった展開が見られる。


 益城国府に関しては、駆け足で触れただけ。

 「和名類聚抄」に益城に国府があると言う記述があり、9世紀後半から10世紀頭の状況を示している可能性。宮地遺跡群や沈目遺跡といった候補となりうる遺跡が存在する。


 熊本平野の発掘成果を勘案すると、7世紀末ごろには、菊池郡の鞠智城が最初の国府であった。その後、8世紀半ばから9世紀半ばには、港湾による水上交通を背景として、二本木の地に飽田国府が設置される。しかし、律令制の混乱や気候変動によって、9世紀後半には二本木国府は廃絶。益城郡の舞原台地上に一時移転。その後、10世紀に入って、改めて、二本木に国府が移転してくるという変遷像を紹介する。

 これはこれで、おもしろい展開だな。


 8世紀の肥後統治における建部氏の存在意義というのが気になるな。肥氏の扱いがどうだったのかも含めて。

 10世紀前半には、熊本平野全域で既存の遺跡の人口が減少。二本木や大江遺跡はほとんど廃絶。一方で神水地域では遺跡が存続したってのが興味深いな。

2017-03-15

[]

 自転車をこぐと、擦過音がして、ペダルが重くなってきたので、自転車屋に行く。後輪の車軸のグリス切れということで、一時間ほどかけて、グリスアップをしてもらう。後輪がものすごくスムーズになった。グリスの必要性というのは、聞いたことがあったけど、なるほどこういうことなのかと。


 しかし、今日はやけに寒かったな。気温は13度くらい出ていたそうだが、風がとにかく冷たかった。久しぶりに、真冬モードで出かける。

[]監物台樹木園の花

 桜の季節になると人が多くなるけど、まだ、空いてて、満喫できる。早春の花々。早咲きの桜がいくつか咲いていた。


ボケ

f:id:taron:20170314142247j:image

f:id:taron:20170314142320j:image

f:id:taron:20170314142330j:image


ナデシコ

 こういう小さい花は難しいな。

f:id:taron:20170314142421j:image

f:id:taron:20170314142445j:image

f:id:taron:20170314142516j:image


カワヅサクラ

 早咲きの桜。

f:id:taron:20170314142555j:image

f:id:taron:20170314142618j:image

f:id:taron:20170314142629j:image


アセビ

 これも、難しい。小さい液晶では良いように見えても、大きくすると…

f:id:taron:20170314142645j:image

f:id:taron:20170314142721j:image

f:id:taron:20170314142730j:image


寒緋桜

 これも、早咲きの桜。花の付き方が独特。

f:id:taron:20170314143208j:image

f:id:taron:20170314143247j:image

f:id:taron:20170314143259j:image

f:id:taron:20170314143346j:image

f:id:taron:20170314143408j:image


ウメ

f:id:taron:20170314144047j:image

f:id:taron:20170314144105j:image

f:id:taron:20170314144233j:image


ウメ?

 花びらが尖っていて、雄しべ雌しべが長い花。表示がなかった。

f:id:taron:20170314144424j:image

f:id:taron:20170314144439j:image

f:id:taron:20170314144445j:image

f:id:taron:20170314144545j:image

f:id:taron:20170314150359j:image

f:id:taron:20170314150415j:image


ユキヤナギ

f:id:taron:20170314145203j:image

f:id:taron:20170314145211j:image

f:id:taron:20170314145230j:image

f:id:taron:20170314145257j:image

f:id:taron:20170314145326j:image

[]「古城堀端公園」標識

 公園の入り口標識。裏側に、解説の事情が彫られていた。

 県立美術館から辛島町方面に行く際、気まぐれで、いつもは通らない古城堀端公園を通過。裏側に碑文があるのに気がつく。だいたい、新町地蔵まつりの時くらいしか通らないなあ。

 このあたり、徐々に家を撤去して公園化していく方針だったようだが、今回の地震で家屋の撤去が一気に進んだ感。

f:id:taron:20170314153900j:image


裏面碑文

 本公園は古城の堀の跡であり戦前の

段山を削った土や昭和28年の大水害の

際の排土を利用して埋め立て児童公園

として昭和36年に開設されたものです。

 このたび火の国フェスタ93を記念し

熊本市都市公園リフレッシュ事業とし

て再整備を行ないました。


   平成5年9月

   熊本市長 田尻靖幹

[]千葉サドルがっこうぐらし! 8』

 出たときに、中途半端に読んで放置していた。新刊が出たので、読破、メモ。

 「武闘派」のリーダー二人、やべーな。「選ばれた」とか思った時点で、アレ。リーダー男は、い「生き延びるために切り捨てた」か。女の方はもっとやばいな。秩序が崩壊して、空き放題できるって。

 武闘派の一人が、ゾンビ病に感染。武闘派は、新参の学園生活部たちが原因と判断し、拘束にかかる。次々と捕まる、自堕落同好会の面々。風雲急を告げる展開。

 そして、その中で一人捕まらなかったくるみは、侵食が悪化。ゾンビの中に居ても、区別されない状況か。


 ヒカさんの、ショートパンツでふとももに工具のホルスターつけているのが、なんかエロいですね。

[]千葉サドルがっこうぐらし! 9』

 とりあえず、「武闘派」が自壊して、終了。

 ゾンビ・ウイルスは、空気感染する。で、世界全体に拡散。今、生き残っているのは、たまたま耐性があった人だけ。それも、ウイルスの変異で安泰とは言えない。なかなか絶望的な状況だな。人類文明、壊滅しているじゃん。

 「武闘派」は、ゾンビ狩りを続けて、接触機会が多かったことが、命を縮めたのかね。

 とりあえず、「武闘派」も必死なだけで、悪い人ではなかったということなのかね。あの状況で、誰も暴力を振るわれていない、人間同士の殺し合いになっていないあたり、ぬるいと言えばぬるいな。まあ、あんまりエグい展開をされても困るのだが。

 くるみは、姿を消そうとしたが、ゆきの説得でとりあえず戻ってくる。かなり侵食されているわけだけど、救いはあるのだろうか。

 ラストの因果応報具合が。


 次は、ランダル・コーポレーション行きか。なにやら事情を知っている人がいそうだけど、どんな揉め事が起きるやら。


 つーか、生き残りが女性ばかりというのは、なんか理由があるのかな。

2017-03-14

[]県立美術館と肥後の里山ギャラリーへ出撃

 本日はいい天気だったので、美術館めぐりに。

 県立美術館の細川コレクション展示室で開催されている「細川家の大名道具と雛飾り」は、具足や馬具、雛飾りなどの展示。雛飾りは大正になって、三越でしつらえられたものだそうで。とりあえず、「九曜紋唐草蒔絵雛調度」と「梨地桜唐草蒔絵雛調度」が見事。こういうミニチュア道具大好き。

 肥後の里山ギャラリーでは、「熊本の現代陶芸:井上泰秋・山本幸一・久保田烈工」を見る。小代焼、抽象的オブジェ、青白磁と三者三様でおもしろい。個人的には、山本幸一氏の注器が印象的だったかな。久保田烈工氏の青白磁の色合いが良い。井上泰秋氏の大皿もいいなあ。


 あとは、監物台樹木園で、花の写真を撮ったり、図書館に行ったり。いろいろとやってきたのはいいが、自転車の調子が悪くなった。自転車屋に行かねば。

 しかし、今日は、天気の割りに寒かったな。特に、夕方になってから。もっと厚着していけばよかった。

[]明午橋定点観測17/3/14

 西側の橋脚の型枠はずし作業や、川底に杭を打ち込む作業が行われていた。そろそろ、橋桁を乗っけるための準備作業が行われているようだ。周囲で土木作業が。

 場所柄、他所から出来上がったのを一気に持ってくるやり方はむりだろうな。

f:id:taron:20170314162116j:image

f:id:taron:20170314162156j:image

f:id:taron:20170314162234j:image

f:id:taron:20170314162325j:image

f:id:taron:20170314162506j:image

f:id:taron:20170314162515j:image

f:id:taron:20170314162532j:image

[]市電5014号の試運転

 辛島町の交差点で、見慣れない電車を見かけたのでパシャリ。

 レトロな車両だなと思ったら、60年選手なのか。西鉄の車両を譲り受けて運用。2009年ごろから放置されていたのを、修理と。検索をかけると、10日あたりから、試運転を行っているようだ。

f:id:taron:20170314160646j:image

f:id:taron:20170314160653j:image

f:id:taron:20170314160707j:image

[]撤去された百間長塀

 坪井川沿いに建っていた百間長塀。熊本地震で倒れたままだったのが、撤去されてなくなっていた。生まれてこの方、あそこに塀がないという状態を見たことなかったので、けっこう衝撃的。

 手前の市役所に近い側は、倒壊して、後の支えも倒れたようだ。一方、奥の御幸橋近くは、支えの石柱が残っているな。

 このあと、どうするのだろう。重文だから、再建するのだと思うけど。

f:id:taron:20170314140707j:image

f:id:taron:20170314140718j:image

[]熊本城の被災状況

 熊本城の状況も、どんどんと変わっていく。

 気がついたら、熊本大神宮の裏手では、石垣の上の櫓が完全に撤去されていた。県立美術館横の道も、金網とフレコンバッグで応急処置が施され、通行可能に。久しぶりに、県立美術館から野鳥園ルートを通過。

 熊本城の石垣、仔細に見ると、崩れていないところも、かなり歪んでいて、ほぼ全域積みなおしの必要があるかも。そうなると、いつまでかかるやら。


熊本大神宮から不開門まで。

 冬場で木の葉が落ちているのと、撤去が進んで、なにやら見通しが良くなっている。こうして見ると、奥のほうまで壊れまくっているのだな。

f:id:taron:20170314140957j:image

f:id:taron:20170314141116j:image

f:id:taron:20170314141128j:image

f:id:taron:20170314141157j:image

f:id:taron:20170314141227j:image

f:id:taron:20170314141308j:image


県立美術館脇

 グーグルマップ上では「住江御門跡」と表示されている辺り。長らく通行止めになっていたが、石垣をガッチガチに金網で固めて、通行可に。二の丸公園から新町方面に抜けるのは、楽になったな。

 金網で戒められた姿は、なにかの封印のようだw

 かなり派手に崩壊している場所も。場所的には、細川コレクション展示室の石庭の向こう側か。

f:id:taron:20170314152910j:image

f:id:taron:20170314152929j:image

f:id:taron:20170314152946j:image

f:id:taron:20170314153016j:image

f:id:taron:20170314153030j:image

f:id:taron:20170314153238j:image

f:id:taron:20170314153258j:image


監物櫓

 監物台樹木園の奥の櫓。以前、園内から見たときはたいしたダメージを受けているように見えなかったが、下から見ると、ずいぶん石垣が歪んでいる。そういう目で見てみると、建物が、石垣から浮いているな。

 ここも、解体修理が必要か。発掘調査担当の人が死にそうというか、大増員が必要そうだな。

f:id:taron:20170314143728j:image


二の丸の石置き場

 二の丸公園の北側は、崩落した石垣の石や裏の栗石の仮置き場に。表の石を置く場所が広大になるのは当然として、栗石も山三つなんだからすごい。

f:id:taron:20170314150915j:image

f:id:taron:20170314150928j:image

[]中央郵便局の前のたぬき

 もう、花見で酔っ払ってるのかw

f:id:taron:20170314154046j:image

[]林立するクレーン

 交通センターの後継の施設建設中の光景。基礎工事中か、クレーンがいっぱい並んでいる。数えてみると、11台以上いるのかな。

f:id:taron:20170314160802j:image

2017-03-13

[]細川重男編『鎌倉将軍・執権・連署列伝』

 図書館の書棚で見かけて、読もう読もうと思っていた本。今回、やっと撃破。タイトルの通り、鎌倉幕府の中枢を担った歴代の将軍や北条家の執権・連署を、各人ごとに紹介する本。一人5ページほどの割り当てで、まあ、サクサクと読める本。

 こうして見ると、「鎌倉幕府」の本体は、将軍の家政組織で、家政組織を設置できる官位の人間なら、神輿は融通が利いた感じだな。


 源頼朝の家系が息子の世代で絶えてしまったのが、ボタンの掛違いの始まりだよなあ。頼家には、武蔵の武士団や義経・範頼といった頼朝の弟たちを藩屏とするように構想されていた。しかし、京都の朝廷に取り込まれた義経の反逆が、頼朝の構想をご破算にする。結果として、北条氏とパワーバランスが近接し、政争の中で敗れ去ることになる。その後、弟の実朝も暗殺され、頼朝の家系は絶える。朝廷との関係が悪化して、親王を将軍として迎えることができなかった鎌倉幕府は、頼朝の妹の血を引く九条道家の子頼経を将軍として迎える。親王が欲しかったけど、手に入らなかったから、「源氏」の血が濃い人物を引っ張ってきたと。

 頼経が将軍宣下を受けるまで、政所を開く権利がなく、その間は北条政子の政所として、運営されたという話が興味深い。

 摂家将軍が二代続いた後、親王将軍の時代になる。親王は生まれながら政所を開くことができる。「年齢に関係なく将軍儀礼を遂行可能な将軍」が必要だったというのが、興味深い。

 また、将軍は将軍である限り、人を集め、それなりの権力を持ち出す。そうなると、北条氏と対立し、京都に追い出されているのが興味深い。細心の注意を払う必要があったと。あとは、それぞれの将軍が、更迭されたときの待遇の違いとか。円満離婚から、罪人同様の扱いまで。


 鎌倉時代後半の得宗家の短命化も興味深い。三代目執権の泰時までは、60代まで生きているが、その後、四代目の経時以降、30代で死亡する例が続く。著名な時宗も、30代で死んでいるのだな。

 「得宗専制」と権力が強まる印象だが、実際には、家政機関である御内人の力が強くなっていく。将軍の家政機関である政所や侍所を押さえた北条氏、さらにその家政機関を抑える平頼綱という二重構造が興味深い。

 時貞、師時、宗方の「義兄弟」政権による、得宗家に権力を再集中の試みが挫折した「嘉元の乱」が一つのターニングポイントだった感じだな。時貞の命で、北条氏の長老、連署北条時村を、北条宗方が殺害。しかし、庶家の巻き返しで、宗方を討つ羽目になった。結果、時貞は政権運営の意思を失ってしまう。

 その後は、最後の執権北条高時が就任するまで、庶家出身の執権が続くことになる。一方で、実権は御内人にあったのだろうな。

 鎌倉後半の政治構造は執権や連署では、見えなくなっているように思う。


 以下、メモ:

 今世紀初頭における頼朝関連の最大のニュースは、『三槐荒涼抜書要』所収『山槐記』建久三年(一一九二)七月条の発見・紹介により、征夷大将軍任官の事情が明らかとなったことである。頼朝が申請したのは「大将軍」任官であり、朝廷は候補に惣官大将軍・征東大将軍・征夷大将軍、中国に例のある上将軍をあげ、惣官は平宗盛、征東は木曾義仲の先例を不快として、上将軍は中国の事例であることを理由に退け、坂上田村麻呂を吉例として征夷大将軍を選び、頼朝に授けたのである。つまり、頼朝は単に「大将軍」への任官を希望したのであり、「征夷」は朝廷によって選択されたもので、すなわち頼朝の「征夷大将軍」任官は結果に過ぎなかったのである。p.15-6

 へえ。つまり、奥州藤原氏を狙って、征夷大将軍と言うわけではないと。


 惟康の親王宣下は、俗人の孫王としては史上初のものであった(摂関期において東宮を辞退した小一条院敦明親王の王子女が親王宣下された例はあるものの、院号を賜った前東宮という敦明の特殊な立場が考慮されてか、先例のうちに数えられていない。これは、第九代鎌倉将軍守邦親王の場合も踏襲された。しかし孫王に対する親王宣下はこの時期、鎌倉将軍だけにとどまらず、他の傍系皇族においてもみられるようになった。親王が代を重ねることによって「宮家」と呼ばれる天皇家の分家を形成していく萌芽が生まれたのである(最終的には室町前期に成立)。幕府から強要された先例破りを甘受した後、それを慣例化させ、自分のものとして取り込んでゆく。権力を失って久しい朝廷の持つ、したたかな一面かもしれない。親王将軍の系統は宮家として存続しなかったが、惟康の親王宣下は、その契機を生んだものとして評価されよう(親王将軍の系統では、久明親王の王子か王孫とされる熙明親王が五辻宮家を立てしばらく存続したといわれるが、宮家の動向・系譜ともに詳らかではない)。p.113-4

 実態的な権力を失った後の朝廷は、こういう概念の操作が本分と。

 幕府から強要された先例破りを利用して、自分たちの利益となる宮家形成の路を開いていったと。

[]小林さんちのメイドラゴン 第9話「運動会!(ひねりも何もないですね)」 - ニコニコ動画GINZA

D

 今回、ぼへぇさんの「ぼへぇ」率が高すぎw

 かなり「家族」に振った話だったな。カンナちゃんの運動会。見に来て欲しいカンナ、仕事と家庭のどっちを優先するかで悩む小林さん。いつの間にか変わっているか。

 たゆんたゆんで小学生男子どもを悩殺するルコアさんや四六時中食べてるエルマも。

[]スクールガールストライカーズ Animation Channel 第9話「青春!紅の決闘」 - ニコニコ動画GINZA

D

 モルガナに見捨てられたあから以下の降神三姉妹が、五稜館学園に転入。まながお世話しようと構いすぎたり、降神三姉妹に敗れたプロキオン・プティングの天音とあからが決闘したり。テンプレをテンプレとして、見せてきたな。

 一方で、全体ストーリーに関わる話としては、椿芽の記憶の回復。平行世界で、プロキオン・プティングの仲間が倒された記憶。そして、この世界の椿芽に当たる存在は誰か。

 次回、オディールが仲間になって、モルガナに対処するといった方向性なのかね。

 とりあえず、伊緒さんがいいですね。

[]セイレン 第10話「オサガリ」 - ニコニコ動画GINZA

D

 相変わらずの鹿推しw

 二学期開始直後から時間が飛んで、クリスマス直前。クリスマスにどう誘おうかで悩む正一。なんか、すごくまっとうな恋愛ものの感じだ。距離が近すぎて、逆に近づけないというのは、幼馴染ものの王道だな。

 まあ、相変わらず変な演出が混じるんだけど。正一の子供の頃のパジャマを着て、ピチピチの今日子とか、「隣のお姉さん」呼ばわりとか。

 そして、相変わらず、自分がメインじゃないほうが輝いてる常木さん。つーか、口からでまかせがすごい。見栄を張るにもほどがあるだろう。今回、やたらとキャラが立っている感じがするw

 今日子ちゃんのコスプレも良かったですね。