Hatena::ブログ(Diary)

Tomのブログ

2017-07-25

Tom

22:28

いしやんいしやん 2017/07/26 01:30 TOMさん、北海道観光は満喫されたでしょうか。
無事にご帰還され一安心です。
実は、道内各地を知らない道産子が多いのですよ。
自分も若い頃にアチコチと走りましたが、知らない所が多いです。
それだけ北海道は広い、と云う事でしょうか。
まだまだ食べて頂きたいブツや、ご覧になって欲しい物件も数多くあります。
次のご来店をお待ちしています。

また、次回の修理物件を詳しくお待ちしています。

長沼ジンギスカン、食べてほしかったなぁ。

tomtom1onotomtom1ono 2017/07/26 12:44 いしやんさん、コメントありがとう!
なんとか無事に帰還しました。
今回は思い切って10日間の休みをフルに旅行に充てたおかげで、とても充実した旅が出来ました。それでも、まだまだ足りないですね。
今度は、3年後の定年の時にでも、また北海道にお邪魔したいと思っています。
今回はいろいろとアドバイスをしていただき、大変ありがとうございました。
次回は長沼ジンギスカンを食べてみたいと思います。

>次のご来店をお待ちしています。・・・・

もしかして、いしやんさんは、お店でもやられているのですか?
もしかして、Tomは訪問していたりして。

2017-07-24

Tomの北海道 気ままな旅 −その10:Final− 小樽から積丹 そして余市へ

| 00:11

こんばんは、Tomです。今日の宮城県は朝から雨です。天気予報によると、40mmくらい降るそうです。

今日から3日間、Tomは神奈川出張となります。そんな訳で、今日は新幹線の中で、ブログの下書きを書き、最後にホテルで編集作業を行いました。

さて、Tomは昨日の午前11:30頃に無事帰宅しました。長かった北海道旅行も終了し、これから現実の世界が待っています。
その前に、未だ書き終えていない、『Tomの北海道 気ままな旅』ーその10:Final−をレポートしますね。
フェリーは携帯の電波が入らなくなるので、一日遅れのレポートとなります。
それでは、最終回の旅レポ、楽しんでください。

1.予定外の積丹(シャコタン)

さて、Tomの旅行はいよいよ最終日となりました。当初の計画では、最終日なので、『小樽』の町とマッサンの『余市』を回って、フェリー乗り場に早めに
行くか、途中で札幌ラーメンで締めようかという感じで、最後はゆったりとする予定でした。

ところが、朝起きてみると小樽の空はスカイブルー!
これを見たら、『マグロ夫婦』は黙っていられません。
カミサンが突然、『この間テレビでやってたけど、積丹の海はすごく綺麗なんだって。』と一言。
積丹の海は『シャコタンブルー』と言われる程、海の色が綺麗で、且つ、透明度も高いそうです。
それを聴いたら、黙っていられません。最終日もアクセル全開です。

7:00に宿を出発し、8:10に積丹の海にたどり着きました。

この船は、船底から海底を見る事が出来る船らしいです。
この船の朝一番に間に合いました。

f:id:tomtom1ono:20170722082052j:image

8:30、朝日を浴びながら出港!約40分の船旅です。

f:id:tomtom1ono:20170722083441j:image

海底が見える浅瀬にたどり着きました。
みんな船底へ移動します。
これが、船底から見る積丹の海です。雲丹がゴロゴロしています。
そうです、積丹は雲丹が有名なんです。

f:id:tomtom1ono:20170722084128j:image

今度は別の場所に移動し、海の上から積丹ブルーの海を眺めます。

f:id:tomtom1ono:20170722084718j:image

f:id:tomtom1ono:20170722085159j:image

Tomはこんなに透き通った海を見るのは初めてかもしれません。

帰りは、一人ひとり食パンの耳が入ったボールを渡され、かもめに餌やりを楽しみました。
思いがけない積丹でした。

f:id:tomtom1ono:20170722085829j:image

f:id:tomtom1ono:20170722090117j:image

2.さらに奥の『神威岬』へ

積丹でパンフレットを頂いたら、積丹のさらに奥に、『神威岬』という岬があるというので、そこまで足を伸ばしてみようと言う事になりました。

30分ほどで神威岬に到着。

f:id:tomtom1ono:20170722105649j:image

この駐車場から、岬の端まで歩きます。
最初は、そんなに遠くないと思いましたが、結構な距離で往復1時間くらいかかったと思います。でも、ここの海もとても綺麗で、岬自体も綺麗でしたのでとても良かったですね。

f:id:tomtom1ono:20170722095722j:image

f:id:tomtom1ono:20170722100521j:image

f:id:tomtom1ono:20170722101536j:image

f:id:tomtom1ono:20170722101853j:image

結構良い運動になりました。
シャコタンブルーソフトと言うのがありましたので、試しに1つ買って2人で食べてみました。
ミントが入ったあまり甘くないソフトクリームでしたので、とても美味しかったです。

f:id:tomtom1ono:20170722110127j:image

3.神威岬を眺めながら、ゆったりと温泉つかる

神威岬からの帰り、展望温泉があると言うので、そこに立ち寄りました。
神威岬では、60分のウォーキングというかトレッキングに近いアップダウンを歩きましたので、二人とも汗だくです。
この温泉で、汗を流します。

f:id:tomtom1ono:20170722112949j:image

風呂の中は写真が撮れませんので、パンフレットから写真をお借りしました。
こんな感じで露天風呂から神威岬と大海原が見えるんです。
とても気持ちがいい!時間があればずーっとここで過ごしたいと思いました。

f:id:tomtom1ono:20170725002716j:image

4.お昼は最後の贅沢『うに丼

沢山歩いたし、温泉で汗も落とし、サッパリしたところで、最後の昼飯です。
積丹』と言えば『うに』、『うに』と言えば『積丹』というくらい、うにが有名だそうです。
そこで、最後の昼食は、ちょっと贅沢をして『うに丼』を食べる事にしました。
うに丼を食べさせるところは沢山ありますが、その中でもパンフレットに載っていたミシュランガイドに登録されたお店にGO!

f:id:tomtom1ono:20170722131610j:image

とても美味しゅうございました。
さあ、午後は『余市』に向かいます。

4.旧余市福原漁場へ

余市はニッカのウィスキー工場で有名な場所ですが、その前は、ニシンで有名な場所でした。
ここは、そのニシン御殿が展示してある場所です。

f:id:tomtom1ono:20170722141312j:image

f:id:tomtom1ono:20170722141405j:image

家に入ってみると、これは、マッサンに登場する熊さんが住んでいたニシンの親分のうちの内部とそっくりです。
もしかして、ここでロケをしたのか?と思ったら、この内部を再現したセットを作ったのだそうです。
この中にあるストーブは、実際に撮影で使われたとか・・・・。

f:id:tomtom1ono:20170722141558j:image

f:id:tomtom1ono:20170722141623j:image

とても参考になりました。

5.余市ニッカ工場

最後は、余市駅前にある、ニッカの博物館です。

ここに付いたのは、15:30です。フェリーの出港時間は、19:00ですので、18:00迄に苫小牧に行かなければなりません。
余市から苫小牧まで120kmくらいありますので、2時間は見ないと駄目です。
ということは、ニッカ工場の見学時間は、約30分しか有りません。
f:id:tomtom1ono:20170722144341j:image

f:id:tomtom1ono:20170722144548j:image

1)ウィスキー博物館


f:id:tomtom1ono:20170722150047j:image

初めてのウィスキー
f:id:tomtom1ono:20170722151602j:image


f:id:tomtom1ono:20170722151813j:image

2)マッサンの家

f:id:tomtom1ono:20170722151951j:image

3)ウィスキー

f:id:tomtom1ono:20170722152055j:image


短い時間でしたが、お土産も買ったし、楽しみました。

6.18:00苫小牧のフェリー埠頭に到着

なんとか高速を走りきり、18:00にお苫小牧のフェリー埠頭に到着。すぐに乗船手続きを済ませ、18:45乗船しました。
帰りのフェリーは、一寸小型。そしてちょっと古めです。
f:id:tomtom1ono:20170722182024j:image

そして、取れた客室もA寝台というカプセルホテルのような寝室でした。それでも独立しているので良しとしましょう。
なんたって、帰るだけですから。

f:id:tomtom1ono:20170723073609j:image

次の日の10:00、フェリーは仙台港に到着し、いよいよ下船です。

f:id:tomtom1ono:20170723100023j:image

11:30無事自宅に到着しました。
長かったTomの北海道 気ままな旅もこれで終了です。
旅の途中皆様からの励ましのお言葉や、情報を頂き、大変感謝しております
最後の日の午後は少し慌しかったけど、積丹ブルーを存分に楽しんだので、とても良かったです。

走行距離は約2000kmくらい走りました。
Tomもカミサンもとても充実した旅行だったと思います。
またいつか行けたらいいなあと思います。
フェリーの北海道旅行、お勧めです!

2017-07-23

Tomの北海道 気ままな旅 −その9− 旭川から小樽へ

| 15:37

こんばんは、Tomです。今日の午前10時、Tomは仙台港にたどり着きました。仙台は小雨ですね。昨日は、結構雨が降ったそうです。畑は何とか無事だったようですね。

さて、『Tomの北海道 気ままな旅』は−その9−となりました。
今回のレポートは旭川から小樽までの旅です。昨日フェリーでは、携帯の電波が届かなくてブログが書けませんでしたので、一日遅れのレポートとなります。

今回の計画では、富良野の後はまっすぐ小樽に行く予定でしたが、ここはTomの気ままな旅、せっかくなので、旭川まで戻り、旭川ラーメンをもう一度食べ(今度は醤油)、2時間でも良いから、旭山動物園に行く事にしました。

1. 旭川ラーメン 再び!

二日前に旭川ラーメンを食べましたが、定番のしょうゆではなく、味噌。しかも野菜味噌と、いささか札幌ラーメン系のラーメンとなってしまいました。

そこで今回は、改めでしょうゆの旭川ラーメンを食べる為に、もう一度旭川へ訪問。
旭川ラーメン村にたどり着きました。ここには約8件のラーメン屋さんが並んでいます。

旭川ラーメンと言えば、定番の『青葉』が有名ですし。『山頭火』も有名です。
でも、どちらも食べた事があるので、今回は別のお店に。

今回食べるのは、『梅光軒』というお店です。
ここは、旭川ラーメングランプリで1位になり、ミシュランガイドにも登録されている所です。

f:id:tomtom1ono:20170721131233j:image

注文したのは、もちろんしょうゆラーメンです。

f:id:tomtom1ono:20170721131634j:image

麺は中細麺の縮れ麺で、Tomが大好きな麺です。硬さもちょうどいい!
チャーシューも種類の違った肉厚のものが2枚入っています。
メンマも太く、味があります。
ただ、スープがトンコツ醤油だったのが残念です。これが魚介類系のスープならと良かったのに・・・。
Tomは、トンコツが苦手です。やっぱ、青葉にすべきだったか・・・・。反省。
でも、大盛をぺろりとたいらげてしまいました。美味しかった!

2.旭山動物園

ラーメンでお腹を満たした後は、旭山動物園に行きました。
ここは、動物を生き生きと見せるアイディアが沢山有り、一度は行って見たいと思っていました。
ただ、この動物園を目的に宮城からわざわざ来るわけには行きません。
そこで今回思い切ったのです。

f:id:tomtom1ono:20170721134801j:image

1)全景

中に入ってみると、手前のゆるいスロープを下ってから、山に向かって見学をするようになっています。おそらくこの山が旭山なのでしょう。

f:id:tomtom1ono:20170721135020j:image

2)動物園のアイディア


ここの動物園のアイディアは、大きく4つくらいある事が分かりました。

 悗發阿發哀織ぅ燹
『もぐもぐタイム』という餌付けの時間を各動物30分ずつずらしながら実施しており、説明と共に餌付けを行います。
 その日の旭山の気温は32℃くらいありましたので、動物はみな死んだように、木陰でぐったりしています。
しかし、餌付けの時間になると、動物たちはみな生き生きとして振舞うのです。

∋海侶梗个鰺用し様々な目線で観察が出来る。
旭山の傾斜を利用して、下から少しずつ目の高さが高くなってゆくようになっています。
また、動物を下から眺める事も出来ます。

M袈颪楽しい
動物がまるで自然の中にいるかのように、様々な工夫を凝らした遊具があり、特にサル系の動物は楽しそうでした。

だ睫製颪が楽しい。
説明書きは、殆どが手書きのポスター風のものです。ですから、親しみやすいし、書いている言葉も話しかけてくる様な書き方をしています。

f:id:tomtom1ono:20170721135517j:image

f:id:tomtom1ono:20170721140017j:image

f:id:tomtom1ono:20170721145614j:image

f:id:tomtom1ono:20170721144800j:image

f:id:tomtom1ono:20170721150448j:image

f:id:tomtom1ono:20170721153846j:image

3)見学の後はおやつ

今日の旭山動物園はとても暑い日でした。夕方なので、西日もきつかった。
そこで、子供じゃないけど、見学のあとは、冷たいおやつです。
Tomはイチゴソースのかかった、ソフトを、カミサンは宇治金時ミルクのカキ氷を食べました。

f:id:tomtom1ono:20170721154607j:image

3.いざ小樽

朝日山動物園も見たし、美味しいソフトも食べエネルギー充填!
いざ、小樽へ直行です。
旭川から小樽までは、約200km。
高速を使っても2時間以上かかります。

小樽の宿に到着したのは、18:30頃です。何とか無事に到着しました。
今日の宿は、小樽運河(倉庫街)から1.5kmという非常にいい場所であるにもかかわらず、2人(素泊まり)で6,400円という破格の宿です。

4.お楽しみの夕食

小樽と言えばお寿司ですので、宿が安い分、夕食はお寿司を食べる事にしました。
宿のオーナーに安くて美味しいお寿司屋さんを紹介して頂き、宿のレンタサイクルで小樽の町へ
GO!
ここは、『魚真(うおまさ)』というお寿司屋さんです。

f:id:tomtom1ono:20170721200533j:image

今回は、2人とも頑張ったので、15貫の握りセット(土瓶蒸し付き)を頂きました。
小樽の新鮮な魚介類が沢山入っていて、お腹いっぱい!

f:id:tomtom1ono:20170721193104j:image

5.食後は運河を見学

美味しいお寿司でお腹いっぱいになりましたので、食後は自転車で小樽の運河と倉庫街を見に行きました。
寿司屋さんは、倉庫街に程近い場所でしたので、ちょうど良かったのです。

1)小樽運河

小樽運河は、やっぱり夜に見ないと、その美しさが分かりません。

f:id:tomtom1ono:20170721201121j:image

f:id:tomtom1ono:20170721202329j:image

2)倉庫街

倉庫街も、やっぱり夜の方がいい!
でも、小樽の町にも沢山のチェーン店が入り込んでしまい、そこらの街と同じ風景になって行くのが残念でした。

f:id:tomtom1ono:20170721201521j:image

今日のレポートは、ここまで・・・。
明日は、いよいよ、北海道最終日のレポートです。
お楽しみに!

2017-07-21

Tomの北海道 気ままな旅 −その8− 富良野編

| 22:48

こんばんは、Tomです。今日の富良野旭川はとても暑かったです。気温は32℃以上はあったと思います。でも、今回の旅のハイライトである美瑛富良野の天気が良かったのはとてもラッキーでした。だって、ここで雨が降ったら、何をして良いのかわからないですからね。これも神様のおかげです。感謝いたします。

さて、昨日から今日にかけて、美瑛そして富良野を旅しています。昨日は、美瑛をレポートしましたので、昨日の午後から今日の午前にかけての富良野の旅をレポートしますね。

富良野編>

1.お昼に富良野に到着! まずはランチ!

昨日の午前中、美瑛を回り、その後富良野に向かいました。
13:00、富良野に到着!
まずは、ランチです!
調べてみると、富良野ではオムカレーが有名だそうです。その中でも富良野ナチュラックスホテルのオムカレーは良さそうなので、ここに決めました。
f:id:tomtom1ono:20170720131545j:image

Tomは最初、オムライスデミグラスソースケチャップだろ?と思っていました。
しかし、いざ食べてみると、カレーソースにも合うオムライスである事がわかりました。

f:id:tomtom1ono:20170720133156j:image

とても美味しく頂きました。
ご馳走様です。

2.彩香の里 佐々木ファーム

富良野と言えば、ラベンダーラベンダーと言えば、ファーム富田か佐々木ファームです。
家内は、15年ほど前に富良野に来ています。その時、佐々木ファームがとっても気に入ったと言うので、真っ先に佐々木ファームへ。

f:id:tomtom1ono:20170720141205j:image

佐々木ファームは、沢山のラベンダーの花で埋め尽くされています。Tomは、この広大なラベンダー畑は初めてなので、とても感動しました。

f:id:tomtom1ono:20170720141840j:image

なかには、白いラベンダーもあるんですね、初めて見ました。

f:id:tomtom1ono:20170720142231j:image

ここは、観光客が少ないので、ゆっくり、静かにラベンダーの花を愛でる事が出来ました。
美瑛の新栄の丘のように、ずーっとここにいても良いなぁ〜という感じでまったりとした時間を過ごしました。

f:id:tomtom1ono:20170720142836j:image

f:id:tomtom1ono:20170720143047j:image

ここでは、700円でラベンダーを摘む事もできるのですが、それは以前カミサンが実施しているので、今回はやめて、その代わりにラベンダーの花の種を買って帰りました。

その後、ファーム富田にも足を運びましたが、アジアの観光客がごった返していたので、諦めました。

3.ペンションに直行!

北海道に来てから早7日目。毎日約300kmのドライブをしているので、Tomもカミサンもさすがに疲れが出てきました。そこで、昨日は早めにペンションに直行しました。

遠くの丘に見えるのが、今回宿泊する『四季の宿 KI・ZU・NA』です。
なんだか、かわいい感じです。

f:id:tomtom1ono:20170721082856j:image

KI・ZU・NAに到着!
近くで見ると、こんな感じで素敵ですね。

f:id:tomtom1ono:20170721070832j:image

17:00頃にチェックイン。Tomたちは、隣のロッジに泊まる事になりました。

f:id:tomtom1ono:20170721071006j:image

4.ペンションの様子(夕食から出発まで)

1)夕食

夕食前にお風呂に入り、さっぱりとして夕食です。
今日のメニューは、ポトフ、グラタン、ラーメンサラダ、おひたし、などなど。
Tomは、薄味で素材の味を引き出す、やさしいポトフの味に感動しました。

f:id:tomtom1ono:20170720183506j:image

2)夕食後は、富良野四季のスライドショー

夕食後は、ペンションのオーナーが撮影した、富良野四季の風景のスライドショーです。
綺麗な富良野四季折々の風景とオーナーさんの巧みな説明に大満足です。

3)朝食

本日の朝食はこれ!
オーナーさんが自分で焼いたパンと、美味しいおかずです。
朝から、大満足です。

f:id:tomtom1ono:20170721072926j:image

4)お別れ

ペンションのオーナーさん、そして、一緒に泊まった、タイのご家族、台湾のご家族ともお別れしました。記念に写真を1枚。
本当にありがとうございました。

f:id:tomtom1ono:20170721082225j:image

5.いざ『ビールの麦畑』へ

ペンションの皆さんとお別れし、いざ、ビールの麦畑へ。
この道をまっすぐ行くと10分ほどで到着します。

f:id:tomtom1ono:20170721082842j:image

10分ほどで、麦畑に到着。
実は、この麦畑は、ペンションのオーナーさんのお勧めのスポットです。
ビール用の麦は、穂先の毛が非常に長く、風が吹くと頭をふり、まるで海のように波立ちます。
とても素敵です。

ビール麦畑周辺の写真>

f:id:tomtom1ono:20170721085817j:image

f:id:tomtom1ono:20170721090428j:image

f:id:tomtom1ono:20170721090833j:image

f:id:tomtom1ono:20170721091305j:image

f:id:tomtom1ono:20170721091348j:image

f:id:tomtom1ono:20170721091822j:image

f:id:tomtom1ono:20170721092015j:image


f:id:tomtom1ono:20170721093940j:image

6.ニングルテラスへ

ビールの麦畑の後は、ニングルテラスへ。
ここは、富良野プリンスホテルのすぐ向かいの林の中にあり、小さなログハウスが沢山あって、そこで様々なグッツを販売しています。(ニングルとは小人を意味します。)

f:id:tomtom1ono:20170721101752j:image

f:id:tomtom1ono:20170721101755j:image

f:id:tomtom1ono:20170721104902j:image

ここで、娘と息子のお土産を購入しました。

7.風のガーデン

そして、ニングルテラスの奥にある、『風のガーデン』へ。
この風のガーデンは、先日、ご紹介している、森のガーデン、そして井上ファームのオーナーである、井上さんがプロデュースしているガーデンです。
このガーデンは、以前テレビドラマのロケ地になりました。

f:id:tomtom1ono:20170721111456j:image

f:id:tomtom1ono:20170721111648j:image

f:id:tomtom1ono:20170721111903j:image

Tomはここでもガーデン作りのヒントを頂きました。

8.さよなら、富良野、そして美瑛

これで、富良野の旅も終了です。
とても綺麗な北海道の景色を楽しみました。
美瑛・そして富良野。二日間ありがとう!
最後は、山頂まで綺麗に晴れ上がった十勝岳がTom達を見送ってくれました。

f:id:tomtom1ono:20170721120145j:image

車は、旭川へ戻ります。
明日は、旭川から小樽への旅です。お楽しみに!

サブリナサブリナ 2017/07/22 22:12 こんばんは(*^^*)
ブログ見つけましたよ!すぐにわかりました。
風になびくビール麦、素敵ですね。
この秋~冬の楽しみが増えました!
もう少し時間が出来たら、ゆっくりと、よ〜く読ませてくださいね!

tomtom1onotomtom1ono 2017/07/23 16:48 サブリナさん、コメントありがとうございます。

本日、午前11:30、無事に家にたどり着きました。

先日は、素敵な時間を過ごさせて頂き、大変ありがとうございました。
私もカミサンもとっても楽しかったです。

それから、ご紹介頂きました『ビールの麦畑』、とても素敵でした。
そういえば、昔、何かのお酒のCM(ロバートブラウンだったかな?)で、麦の畑で黄金の麦の穂が風にたなびき、まるで麦の海のような風景のシーンがあり、いつかこんな風景を見てみたいと思った事を思い出しました。
長年の想いが叶い、大変うれしいです。

私は基本的に毎日ブログを書いていますので、是非、秋から冬の少し時間が取れるようになった時期にでも、じっくり読んでください。
そして、時々コメントを頂けますと励みになりますので、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

奥様、そしてお嬢様達にも宜しくお伝え下さい。
この度は、大変ありがとうございました。
まずは、御礼まで・・・・

Tom

2017-07-20

Tomの北海道 気ままな旅 −その7− 美瑛編

| 19:40

こんばんは、Tomです。今日の天気予報では、曇りのち雨と言う予報でしたが、なんと、朝起きてみると快晴とは言えませんが、結構晴れ間があり、ラッキーでした。さすが晴れ男ですね〜。
日中も、曇り時々晴れという良い日でした。美瑛富良野は、お天気が命なので、今日の天気は、晴れ男のTomが頑張りました。

さて、『Tomの北海道 気ままな旅』もーその7−になりました。北海道の滞在も明日、明後日の2日間で終了となります。
今回のレポートは、今回の旅行のハイライトである、美瑛富良野の旅です。ここは、沢山の見所がありますので、今日と明日の2回でレポートしますね。

美瑛編>

まず、今日のレポートは、美瑛の活動をレポートします。

1.白金青い池

Tomが、ガイドブックで美瑛を見たときに、一番行ってみたいと感じたのは、『白金 青い池』です。水が透き通っていて、且つ、きれいな青い色をしています。

f:id:tomtom1ono:20170720081809j:image

f:id:tomtom1ono:20170720082126j:image

Tomは、中国に駐在していた時、『九寨溝』で見た景色によく似ています。但し九寨溝の場合はもう少し緑色していたかな〜。
それにしても、綺麗です。

2.望岳台

次に向かったのは、青い池の奥にある、『望岳台』です。
これは、十勝連峰の麓にある場所です。
ここには、美瑛富士などの十勝連峰の山々が噴火した際に、身の安全を確保する為のシェルターが新設されたそうです。

f:id:tomtom1ono:20170720084851j:image

Tomたちは、時間短縮のため、このシェルターの屋上から、美瑛の景色を眺めました。パッチワークの畑が綺麗です。
f:id:tomtom1ono:20170720084521j:image

3.白ひげの滝

望岳台から降りてくると、次は白金温泉にある『白ひげの滝』です。ここは、あまりガイドにも載っていないので、たいした事無いのかな?なんて思っていましたが、実際に見てみると、本当に白髭のように滝の白い水が拡散して流れています。そして、硫黄や石灰水が混じった白い水が、青い池と同じ青を作り上げるようです。

f:id:tomtom1ono:20170720085945j:image

f:id:tomtom1ono:20170720090317j:image

4.町の中心にある展望塔

美瑛町の中心に、ひとつ展望塔があります。
この展望塔は、なんと美瑛町役場の庁舎の一部として建てられたものだそうです。

f:id:tomtom1ono:20170720093242j:image

ここから、美瑛の丘の畑のパッチワークを見る事ができます。

f:id:tomtom1ono:20170720093628j:image

料金は、もちろんタダ!だって庁舎ですから・・・・。

5.ぜるぶの丘

今度は、町の中心から北に上がり、ぜるぶの丘に向かいました。
ここは、物凄い花畑で埋め尽くされています。

その中を、ゴルフのカート(有料)で回りました。
f:id:tomtom1ono:20170720101501j:image

f:id:tomtom1ono:20170720102414j:image

6.ケンとメリーの木

ぜるぶの丘周辺は、美瑛の見所が詰まっています。
まずは、『ケンとメリーの木』です。これは、Tomが小学生の頃に、ケンとメリーのスカイライン(箱スカの後)という車がありました。そのコマーシャルに流された木です。これを知っているのは、私らの世代までかな〜?

f:id:tomtom1ono:20170720103556j:image

7.マイルドセブンの丘

そして、これもJTのマイルドセブンのCMに使用された、丘です。

f:id:tomtom1ono:20170720105029j:image

ここに向かう途中、羊の牧場がありましたので、次いでに紹介します。

f:id:tomtom1ono:20170720104422j:image

8.北西の丘

ここは、美瑛のパッチワークエリアを一望できる丘です。

f:id:tomtom1ono:20170720110213j:image

f:id:tomtom1ono:20170720110216j:image

f:id:tomtom1ono:20170720110258j:image

f:id:tomtom1ono:20170720110233j:image

ここで、やっとこさおいしいトウモロコシを食べる事ができました。
これは、ピュアホワイトという品種で、とても糖度が高く、生でも食べる事ができます。

f:id:tomtom1ono:20170720110950j:image

でも、Tomは、生をはじめて食べてみましたが、やはり青臭い感じがするので、茹でたピュアホワイトを購入!
とても甘くて、美味しかった〜。

9.新栄の丘

ここは、Tomが美瑛で見た景色では一番の丘でした。
本当に綺麗です。
最近、新しい見所が増えて観光観光しているけど、新栄の丘は、とても静かです。
でも、眺めは最高!
何時間でもここにいたい気分でした。

f:id:tomtom1ono:20170720115202j:image

f:id:tomtom1ono:20170720114944j:image

f:id:tomtom1ono:20170720114942j:image

f:id:tomtom1ono:20170720114940j:image

10.四季彩の丘

本当は、昨日泊まったペンションのすぐ目の前になるのが『四季彩の丘』でした。
なので、当初の予定では、一番最初に見る予定でした。
しかし、朝の静かなうちに青い池を見ないと、団体で混雑してゆっくり見れないと言うペンションオーナーのアドバイスを頂き、急遽予定を変更したのです。

そんな訳で、『四季彩の丘』は、最後の方になってしまいました。

ここも、ぜるぶの丘同様、様々な花で丘が埋め尽くされています。

f:id:tomtom1ono:20170720121616j:image

f:id:tomtom1ono:20170720121634j:image

f:id:tomtom1ono:20170720121849j:image

f:id:tomtom1ono:20170720121938j:image

f:id:tomtom1ono:20170720122134j:image

11.かんのファーム

富良野に向かう途中にあるのが、『かんのファーム』です。
ここも丘一面花畑なのですが、Tomとカミサンでとった写真だけだったので、これしか写真が有りません。

f:id:tomtom1ono:20170720123607j:image

ここまでが、美瑛での活動です。
明日は、富良野に関する内容をレポートします。
お楽しみに〜!

2017-07-19

Tomの北海道 気ままな旅 −その6− 層雲峡

| 21:02

こんばんは、Tomです。昨日、層雲峡にたどり着いた瞬間に、強い雨が降って来ました。日中降らなくてほんとに良かったです。でも、その後寝る時も、結構物凄い雨音、そして、夜中起きたときにもザーっという大きな雨音でしたので、心配になってロビーまで下りて見ると、なんと駐車場は乾いています。実は、このザーッという音は、部屋の窓の外の渓流の音だったんです。要らぬ心配でした。

さて、『Tomの北海道 気ままな旅』も昨日折り返し、今日はーその6−となります。
今日は昨日宿泊した層雲峡と午後は、旭川経由で美瑛に入りました。今日は、どんな事があったのでしょう?
お楽しみに!

1.朝起きると、抜けるような青空!まるでカナダ

今朝、起きてみると、層雲峡は、とても天気がよく抜けるような青空でした。空気も乾いていて、ひんやりして気持ちがよく、まるでカナダに居るみたいでした。

昨日の雨はうそみたいですね。

f:id:tomtom1ono:20170719074850j:image

層雲峡の景色を見ながら、朝食をとりました。

f:id:tomtom1ono:20170719071800j:image

2.ロープウェイとリフトで大雪山へ!


おなかも満たされたので、チェックアウトし、近くにある大雪山ロープウェイに乗り、5合目を目指しました。(残念ながら写真が有りません)

1)7号目まではリフト

その後、天気が良いので、ペアリフトで7合目まで上ることにしました。

f:id:tomtom1ono:20170719085635j:image

2)7合目もから見る景色

いよいよ、7合目に到着しました。
上から見る景色は最高です。

f:id:tomtom1ono:20170719091235j:image

3)あまりょうの滝展望台までトレッキング 

滝を見る為に20分ほどトレッキングしました。

f:id:tomtom1ono:20170719092456j:image

f:id:tomtom1ono:20170719092918j:image

f:id:tomtom1ono:20170719092942j:image

帰りのロープウェイでは、ガスがかかってしまいました。

f:id:tomtom1ono:20170719094325j:image
これ迄晴れていてラッキーでした。さすが、晴れ男です!

3.銀河流星の滝までサイクリング

大雪山を下山した後、今度は層雲峡の『銀河流星の滝』までサイクリングしました。

1)マウンテンバイクをレンタルし銀河流星の滝までサイクリングします。

f:id:tomtom1ono:20170719110553j:image

SHIMANOマウンテンバイクはGood!

f:id:tomtom1ono:20170719110613j:image

f:id:tomtom1ono:20170719111126j:image

2)銀河流星の滝を下から眺める

到着しました。
まずは、銀河流星の滝を下から眺めます。

f:id:tomtom1ono:20170719111728j:image

f:id:tomtom1ono:20170719111736j:image

f:id:tomtom1ono:20170719111852j:image

f:id:tomtom1ono:20170719112925j:image

3)展望台まで登り滝を眺める

そして、展望台まできつい階段を登り、銀河流星の滝を眺めます。
今度はくっきりと見えるようになりました。

f:id:tomtom1ono:20170719113422j:image

それでは帰りましょう!
サイクリングも楽しかったです!

4.大雪山 森のガーデンへ

ホテルの宿泊で、『大雪山 森のガーデン』のチケットを頂きましたので、次はそこに行く事に。

f:id:tomtom1ono:20170719125612j:image

f:id:tomtom1ono:20170719130035j:image

f:id:tomtom1ono:20170719130429j:image

f:id:tomtom1ono:20170719130824j:image

5.旭川ラーメンを食べる

今回の旅行で、北海道の3大ラーメンのうち2つは食べたいと思っていました。今回はその2で旭川ラーメンです。

青葉は以前食べた事があるので、今回は『つるや』に行く事にしました。

f:id:tomtom1ono:20170719145847j:image

つるやのお勧めは、『野菜味噌』という事でしたので、Tomは野菜味噌チャーシューを食べる事に。

f:id:tomtom1ono:20170719150518j:image

カミサンは、お勧めとおりに『野菜味噌』を注文

f:id:tomtom1ono:20170719150520j:image

ちょと麺は柔らかかったけど、スープが最高でした!

記念にマッチも頂きました。

f:id:tomtom1ono:20170719152105j:image

6.今日の最後のアトラクション

今日の最後のアトラクションは、『上野ガーデン』を見る事です。

f:id:tomtom1ono:20170719155411j:image

f:id:tomtom1ono:20170719155829j:image

f:id:tomtom1ono:20170719160042j:image

f:id:tomtom1ono:20170719160702j:image

f:id:tomtom1ono:20170719161749j:image

f:id:tomtom1ono:20170719163020j:image

Tomはこれから、家の前の土地にガーデンを造る予定ですので、今回のガーデンめぐりは、非常に参考になりました。

marumorikoromarumorikoro 2017/07/20 05:03 黒岳ロープウェイは天気が良いと最高ですよね!私は2年前に黒岳山頂まで山登りをして楽しんで来ました。北海道は美味しい物が一杯あるしビールは美味しいし太ってしまいますよねぇ〜!

tomtom1onotomtom1ono 2017/07/20 22:25 marumorikoroさん、コメントありがとう!

今回は、北海道も不順な天候の中、私の行く先々の天気は、結構良かったほうだと思います。
特に、大雪山の黒岳はとてもラッキーな日でしたね。
この旅ももう少しで終わりです。
最後まで太らないよう頑張ります。

2017-07-18

Tomの北海道 気ままな旅 −その5− 網走からオホーツクへ 

| 20:37

こんばんは、Tomです。今日の北海道は、一日中曇りでした。そして、ホテルに着いた瞬間、雨が降り出しました。今日は雨に合わなくてラッキーです!

さて、『Tomの北海道 気ままな旅』はーその5ーとなり、今日は折り返しとなります。
今日の行程は、網走からオホーツク海を臨み、層雲峡までの行程です。今日の旅はどんな事が待っているのでしょうか?

1.まずは、網走監獄を見学

昨日宿泊したペンションは、なんと網走監獄のすぐ近く。
そこで、ペンションを出た後、すぐに網走監獄に行きました。

f:id:tomtom1ono:20170718084537j:image

北海の道路の一部は、網走監獄の受刑者たちが、命を掛けて作ったのですね。
ちょっと感動!

f:id:tomtom1ono:20170718092423j:image

2.サロマ湖直前のオホーツク海と畑の景色

オホーツク海に面し、サロマ湖に向かいました。その直前の広大な畑と、オホーツク海の景色です。最高!

f:id:tomtom1ono:20170718102307j:image

f:id:tomtom1ono:20170718102310j:image

3.サロマ湖周辺の『ワッカ原生花園』でサイクリング

次に、サロマ湖周辺の『ワッカ原生花園』に到着!
ここでは、レンタル自転車を借りて、原生花円の中を、1時間ほどサイクリングしました。

f:id:tomtom1ono:20170718105850j:image

沿道には、原生の花が沢山ありました。

f:id:tomtom1ono:20170718105914j:image

f:id:tomtom1ono:20170718111236j:image

f:id:tomtom1ono:20170718111432j:image

片道約5kmという距離ですので、結構な距離です。

f:id:tomtom1ono:20170718111631j:image

折り返し地点には清水がわきでていました。

f:id:tomtom1ono:20170718112418j:image

f:id:tomtom1ono:20170718112454j:image

4.サイクリングの後のおやつ

1時間のサイクリングの後は、ホタテ饅頭を食べました。

f:id:tomtom1ono:20170718120825j:image

ホタテ饅頭はとても美味しかったです!

f:id:tomtom1ono:20170718120513j:image

5.いざ紋別へ!そして、お昼。

サイクリングはとても楽しかったです!
その後は、紋別にまっしぐら!
一時間ほどで紋別に到着しました。
そこで、紋別でお昼を食べる事に。

それが、ここです!

f:id:tomtom1ono:20170718135504j:image

Tomとカミサンは、カニいくら丼(1280円)をオーダーしました。

f:id:tomtom1ono:20170718133849j:image

6.食後は、北海道オホーツク流氷科学センターを見学

食事の後は、北海道オホーツク流氷科学センターに訪問しました。

マイナス20度の世界を体感!
f:id:tomtom1ono:20170718140923j:image

f:id:tomtom1ono:20170718140817j:image

f:id:tomtom1ono:20170718140805j:image

クリオネもかわいい!

f:id:tomtom1ono:20170718141828j:image

7.100km先の層雲峡へ

この後は、ひたすら今夜の宿の層雲峡へ100kmの道のりをドライヴします。
層雲峡が見えてきました。

f:id:tomtom1ono:20170718171059j:image

ホテルに到着!
突然、雨が降ってきました!
今日一日雨に合わなくて良かったです。

f:id:tomtom1ono:20170718171748j:image

8.夕食はバイキング

ひと風呂浴びた後、いよいよ夕食です。
今日の夕食はバイキングでしたが、結構美味しかったです!

f:id:tomtom1ono:20170718183416j:image

窓辺の席で、層雲峡を見ながら夕食を楽しみました。

f:id:tomtom1ono:20170718184653j:image

今日の行程も、昨日に引き続き約300kmでした。
平均燃費は約28kmでした。
f:id:tomtom1ono:20170717173201j:image

シャトルハイブリッドは、なかなかです!

いしやんいしやん 2017/07/19 00:45 Tomさん、道内の旅は快適そうですね。
存分に楽しんでください。

回転寿司の件ですが、自分はほとんど行かないので分かりません。
期待させて申し訳ありません。

海鮮がお好きな様なので、小樽市周辺の寿司店をお勧めします。
私は美国町の寿司店が好きです。ローカルなので格安です。
小樽はTomさんの好物の『お水』も美味しいのが多いです。

層雲峡からは南下するのでしょうね。
時間にゆとりがあれば、長沼町のジンギスカンもお勧めです。
また、高速輪厚PAの『豚汁』も旨いですよ。

tomtom1onotomtom1ono 2017/07/19 05:01 いしやんさん、コメントありがとう!

そして、貴重な情報もありがとうございます。
勿論、普通のお寿司やさんには行きたいと思っていますが、テレビで北海道の回転寿司は凄いという番組を流していたので、ランチに良いかな?と思っておりました。
いしやんさんオススメの美国町のお寿司屋さんに行ってみたいと思います。
これからルートを確認してみますね。
今日から3日間は、層雲峡、美瑛、富良野のルートで旅をします。
決まっているのは宿だけなので、いろんな変更がきく気ままな旅です。

2017-07-17

Tomの北海道 気ままな旅 −その4− 知床編

| 20:43

こんばんは、Tomです。昨夜、阿寒湖は夕方から雨が降りましたが、朝は雨が止み、曇りの天気となりました。このまま雨が降らなかったので、良かったです。

さて、今日の『Tomの北海道 気ままな旅』は3日目。今日は阿寒から根室に移動し、知床半島をぐるっと回り、網走に宿泊するというルートです。
今日はどんな旅が待っているのでしょうか?

1.朝起きると雨がやんでいました。

昨日の夕方から、阿寒は雨が降っていましたが、小樽の様な豪雨ではなく、普通の雨でした。そして、朝起きてみると、その雨も上がり曇り空になりました。
そこで、ホテルのロビーから阿寒湖のほとりに出て、写真を撮りました。

f:id:tomtom1ono:20170717064435j:image

なんだか、今日も大丈夫そうですね。

2.一気に根室の海洋台展望台へ

阿寒湖マリモアイヌ、そして摩周湖は霧。今日は霧で絶対に摩周湖は見れないと判断。しかも、今日は300km近く走らなければならないので、朝7:00に阿寒湖のホテルを出発し、いざ根室へ。
根室湾に出る手前でどうしても行ってみたかったのが、『開陽台展望台』です。
ふれこみでは、ここは地球がまるーく見えるとの事。ワクワクです。

10:00 開陽台展望台に到着しました。

  
f:id:tomtom1ono:20170717093420j:image

f:id:tomtom1ono:20170717093514j:image

2)360°のパノラマが・・・・しかも地平線!

この開陽展望台に上ってみると、なんと根室周辺の360°パノラマが見れました。しかも、普段日本ではなかなか見ることが出来ない、地平線も見ることが出来ました。

f:id:tomtom1ono:20170717093750j:image

この広大なスケールの景色に、Tomは感動しました!
来てよかった〜。
北海道に来たら、絶対にここに来るべきです!

最後に開拓者の鐘を鳴らして次の場所へ。

f:id:tomtom1ono:20170717094903j:image

3.根室湾に出るまで、真っ直ぐな道路と、広大な牧場が続く。

開陽台周辺は、とても大きな乳牛の牧場が続きます。
そして、道路も数キロメートル真っ直ぐな道路が沢山あります。
この広大な牧場の景色と、真っ直ぐな道路に第二の感動!まるでイギリスみたいです。

f:id:tomtom1ono:20170717095536j:image

f:id:tomtom1ono:20170717101313j:image

これが北海道なんですね。嬉しい!

4.根室海峡を走る

11:00。車は根室の海岸にたどり着きました。
それから、ひたすら、羅臼に向けドライブです。

f:id:tomtom1ono:20170717103748j:image

今日は結構寒い!晴れていればもっといいのですが、仕方ない!

5.羅臼展望台に到着

根室海峡を見ながらひたすらドライブ。
12:00頃に、羅臼展望台に到着しました。

f:id:tomtom1ono:20170717110345j:image

ここから国後島などの北方領土が望めるのですが、今日は、曇っているのでどうでしょうか?

f:id:tomtom1ono:20170717110515j:image

残念ながら、今日は雲が多く国後島の山のてっぺんしか見えませんでした。

f:id:tomtom1ono:20170717110529j:image

しかし、目の前に見えるのは、ロシアなんですね。なんだか複雑な気分です。
北方領土返還の署名をしてきました。
はやく日本に返還してもらいたいですね。

6.羅臼道の駅に到着

その後、すぐ近くの羅臼道の駅に行きました。
道の駅では、北海道の海の幸をたくさん販売していました。
なんて言ったってここが最果てですからね。

f:id:tomtom1ono:20170717120417j:image

このお店の社長がいきなり、タラバガニの足を食べさせてくれました。
それがとても美味しいこと!
そして、生うにもうまい!試食ながら幸せ!

f:id:tomtom1ono:20170717115435j:image

Tomは自宅と兄弟(姉妹)に、海の幸を送りました。

f:id:tomtom1ono:20170717115440j:image

7.知床峠を走る

カニとウニですこしお腹が満たされたので、ここでは昼食を摂らず、いざ知床峠を上りオホーツク海へ。

なんだか、霧の蔵王を上っている景色と同じ感じでした。

8.ウトロタウンに到着!そして待望の昼食!

12:10 知床峠を抜け、オホーツク海のウトロタウンへ到着!
その、ウトロ漁協婦人部食堂へ。Tomとカミサンはここに行き『ウニいくら丼』を食べることが、今日のお昼の目標だったのです。

f:id:tomtom1ono:20170717124949j:image

少し並んで、席に座りました。
メニューを見ると、『ウニいくら丼』は『時価』と書いてありました。
でも、これが目的なので、迷うことなく『ウニいくら丼』×2を注文!

f:id:tomtom1ono:20170717131424j:image

これが、それです。

f:id:tomtom1ono:20170717130332j:image

食べてみると、ウニが上手くて、天に昇るような気持ちでした。
やっぱり、本場のウニですね。
今日、3つ目の感動です!

9.知床五湖へ・・・・でも残念!

感動の昼食後、時間があるので知床五湖へ戻ってみました。

しかし、霧が濃く、且つ気温は10°くらいなのでとても寒い状況でした。

f:id:tomtom1ono:20170717143304j:image

f:id:tomtom1ono:20170717143931j:image

Tomとカミサンは早々に退散
天気が良ければ、結構良かったのに・・・残念です。

10.オシンコシンの滝

気を取り直して、オホーツク沿岸に戻り、網走へ向かいます。
途中、『オシンコシンの滝』がありましたので、それを見学。

f:id:tomtom1ono:20170717151556j:image

11.『天に続く道』へ

その後、国道244号線を走ると、そこは全長18kmの真っ直ぐな道路。ここは『天に続く道路』というそうです。
今日は、あまり天気が良くないので、先が見えませんが、本当に道路は天に向かっていました。
f:id:tomtom1ono:20170717160015j:image

12.小清水原生花園

もう少しで、網走ペンションですが、その前に小清水原生花園に立ち寄ります。
ここでは、エゾキズゲやハマナスが咲いていて綺麗でした。

f:id:tomtom1ono:20170717163443j:image

f:id:tomtom1ono:20170717163451j:image

f:id:tomtom1ono:20170717163850j:image

13.網走ペンションに到着

15:30、網走ペンションに到着しました。

f:id:tomtom1ono:20170717172432j:image

なんと、庭で羊を飼育しています。

f:id:tomtom1ono:20170717172443j:image

14.夕食 ・・・・偶然が重なった!

そして、待望の夕食。
このペンションの料理です。

f:id:tomtom1ono:20170717183322j:image

食事をしながら、一緒に泊まるライダーの方と話をしたら、実はこの方は、Tomが仙台から乗ったフェリーに同乗していたとか・・なんという偶然!
そして、偶然は続きます。
実は、このペンションにチェックインするときに、オーナーから、『Tomさんはずーっと××町に住んでいるのですか?』と訪ねられました。『そうですが、××町をご存じなんですか?』と尋ねると。、『ええ、ちょっと・・・』という話でした。
でも、夕食時に話を聞くと、オーナーの息子さんは、小学校の先生をしていて、Tomの町の小学校に勤めているとか・・・・。これこそなんという偶然なんでしょう!
日本は狭いと感じる今日この頃でした。

kamadakamada 2017/07/18 09:33 内地よりオハヨウございます
いい塩梅に雨が降ってます、真夏の格好では少し寒いです
近頃の鼓笛練習は随分と迫力あるな〜、タイミングよく雷がバックで鳴っていました
北の大地は楽しいようですね
では
また

tomtom1onotomtom1ono 2017/07/18 22:49 kamadaさん、コメントありがとう!
今日で北海道旅行も、5日目になりました。折り返し地点です。
着いた時は非常に暑かったのですが、ここ2、3日は13〜15℃なので、ちょっと寒いです。
晴れていればもっと感応するのですが…。
でも、北の大地の景色を満喫しています。

2017-07-16

Tomの北海道気ままな旅 ーその3ー 釧路編

| 22:22

こんばんは、Tomです。今日の北海道は、小樽を中心に大雨になっているようです。ビックリです。Tomは今、阿寒湖のホテルに居ます。夕方から雨が降っていますが、それほど強く無いようです。

さて、今日は北海道に来て2日目です。
今日は、帯広から釧路に移動し、釧路湿原を堪能して阿寒に移動する計画です。
さて、どんな旅が待っているのでしょうか?

1. 10:50 釧路に到着!

今朝は、8:30頃に帯広を出発し、約120km走り、10:50頃に釧路に到着しました。

f:id:tomtom1ono:20170716104257j:image

2. ノロッコ号に乗り、釧路湿原

釧路駅からノロッコ号に乗り、釧路湿原へ向かいます。
f:id:tomtom1ono:20170716115522j:image

3.駅弁を購入

折角なので、海が近い釧路駅弁を購入しました。
f:id:tomtom1ono:20170716120146j:image

ノロッコ号で駅弁を食べながらノンビリ移動します。

f:id:tomtom1ono:20170716120608j:image

f:id:tomtom1ono:20170716122021j:image

4. 湿原が見えて来ました。

30分ほど走ると釧路湿原が見えて来ました。

f:id:tomtom1ono:20170716113934j:image

f:id:tomtom1ono:20170716114217j:image

海鮮のお弁当と綺麗な釧路湿原で、大満足でした。

5.展望台へ移動

続いて、阿寒湖に向かいながら、まずは、展望台に立ち寄りました。

6. 続いてビジターセンターへ

続いて展望台の近くにある、ビジターセンターに行きました。
ここでは、実際に湿原の中を歩く事ができます。

f:id:tomtom1ono:20170716150321j:image

なんて素晴らしい時間なんでしょう?
Tomとカミさんは、湿原の中を49分ほど歩きました。
Tomはこの時間が事が今日のスケジュールの中で一番思い出になりました。


7. 17:30 阿寒湖温泉のホテルに到着!

湿原を歩き終わったら、雨が降り出しました。ラッキーです。
夕方、17:30,阿寒湖のホテルに到着しました

16:30から夕食開始。
美味しそうですね。

f:id:tomtom1ono:20170716183009j:image

Tomはこれに特別メニューの毛ガニをプラス、カミさんはステーキをプラスし、シェアしました。

f:id:tomtom1ono:20170716183026j:image
とても美味しいステーキとカニに大満足です。

Tomの北海道気ままな旅 ーその2ー

| 06:01

今日は、Tomです。昨日、北海道に到着しましたが、北海道もめちゃくちゃ暑いです。特に宿泊先の帯広は夕方なのに熱風が吹いていました。折角涼しい北海道に来たのに…。

さて、Tomの北海道気ままな旅、今日は2日目となります。
2日目と言っても、その半分は昨日のフェリーの話ですので、今回は、昨日の午後、苫小牧から帯広に移動するまでの話となります。短い時間ですが、どんな事があったのでしょうか?それでは始まり始まり〜!

1. 苫小牧から高速に乗る

さあ、いよいよ北海道の長旅が始まります。
まずは、苫小牧から高速(道央自動車道)に乗ります。
ナビの情報では、苫小牧から帯広までは約200km。このままずっと走れば15:00位には帯広に到着する様です。
なんだ、楽勝じゃん?とおもっていました。
ところが、暫く走ると、『夕張ーむかわ穂別間で事故の為通行止め』の表示が…。
これが、第一のアクシデントでした。

2.札幌近くで札幌味噌ラーメン

そんな訳で、事故が復旧するまでの時間稼ぎとしてちょっと札幌近く迄足を伸ばし、お昼は札幌味噌ラーメンを食べる事に。今回は、札幌には立ち寄りませんので、ちょうど良かったです。
f:id:tomtom1ono:20170715124553j:image

3. 夕張夕張メロンソフトを頂く

食事をした後、高速のインフォメーションで事故の復旧状況を確認すると、復旧にはかなりの時間を要すらしいので、まずは、夕張まで行き、1区間下を走る事にしました。
夕張まで行きましたが、やはり、まだ復旧しておらず、強制的に高速を下されました。
高速を降りると直ぐに『夕張メロード』と言う道の駅
折角なのでそこに立ち寄り、夕張メロンソフトを頂きました。
f:id:tomtom1ono:20170715140811j:image

ソフトを食べているとこんなものを見つけました。カットメロンも売っていたのね、こっちの方が良かったかも?

f:id:tomtom1ono:20170715141044j:image

そこには、こんな面白いソフトもありました。
『リアル夕張メロンソフト』です、価格はなんと1500円。

f:id:tomtom1ono:20170715141051j:image

4.第二のアクシデント

さて、夕張メロンのソフトクリームを食べたし、出発しますか〜。
次のIC迄は30km位ありますが、北海道の道の速度規制は、殆どが50km/h。なので実質70km/h位で走っています。
楽勝楽勝!と思って走っていたら、10km手前で突然渋滞。

f:id:tomtom1ono:20170715145817j:image

何が起こったの?
実は、橋の工事で橋一本の区間が片側通行でした。
しかも、高速が通行止めなので上下ともこの道路に車が集中したので物凄い渋滞となってしまったのです。
これが、第二のアクシデントでした。

5.17:30無事帯広に到着

渋滞は1時間ほど続きましたが、問題の橋を通過すると、スイスイと走れ、直ぐに高速乗れました。
途中、雄大な十勝平野を眺めながらドライヴし、17:30無事帯広のホテルに到着しました。


6.夕食は帯広の恵みを頂く

いよいよ夕食です。
夕食はホテル近くの居酒屋で食べる事に。
帯広と言えば、畜産と農業が有名です。
そんな訳で、お通しも、キャベツときゅうり。なんだか、豪快!
f:id:tomtom1ono:20170715174030j:image

そして、帯広と言えば、じゃがバターでしょう!と言う事で、ジャガイモ料理を2つほど。

f:id:tomtom1ono:20170715174536j:image
北海道ジャガイモはホクホクしているのかと思っていたら、意外にしっとりとしていました。

そして、一番豪快だったのが、『帯広炎の豚串焼き』と言うやつです。

まず、目の前にこんなでかい串焼きが出て来ました。

f:id:tomtom1ono:20170715175031j:image

店員が、『大きな声でファイヤーと叫んでください。』と言うので、『3.2.1. ファイヤー!』と叫ぶと、店員が火をつけました。
巨大串焼きは、一気に炎に包まれました。面白い企画です。

f:id:tomtom1ono:20170715175053j:image

この豚肉は、とても甘みがあり、美味しかったです。

f:id:tomtom1ono:20170715175254j:image

その他シシャモやササミ、ゴボウのスライスの唐揚げなど帯広やその近くの自然の食材を楽しみ、お腹いっぱい。
とても楽しい夜でした。

2017-07-15

Tomの北海道気ままな旅 ーその1ー

| 20:24

今日は、Tomです。Tomボーナス今日も休暇は昨日から始まりましたが、昨日もとても暑かったですね〜。でも、午後、旅行に出かける時には、ゴロゴロと雷模様。車で走っていたら、道路のすぐ脇の民家の杉の木にいきなり落雷しました。目の前で青白い光ととても大きな音で落雷したので、2人ともビックリです。

さて、今日からしばらくの間は、『Tomの北海道気ままな旅』をレポートします。
今回は、昨日仙台から北海道苫小牧そして帯広迄をレポートします。

1.仙台港に到着

f:id:tomtom1ono:20170714173546j:image

夕方、仙台港に到着。これが我々が乗船するフェリーです。
結構大きくて新しいですね。ちょっと期待できるかも。

2. フェリーに乗船,部屋に感動

18:00,係員に誘導され、フェリーに乗船。
部屋に入りました。
部屋はとても綺麗でホテル並みです。

f:id:tomtom1ono:20170714182701j:image

バスは比較的大きめですし、トイレもキチンとシャワートイレが付いています。
f:id:tomtom1ono:20170714182934j:image

f:id:tomtom1ono:20170714182942j:image

3. 夕食はバイキング

18:30 仙台港を離れる前に夕食開始です。夕食はバイキングで、味はまあまあ。
北海道に向けて生ビールで乾杯!

f:id:tomtom1ono:20170714185022j:image

4. 船酔いする前に『綿屋』で酔っ払います。

19:30部屋に戻りました。もう少しで出航ですので、船酔いする前に、持参した綿屋で先に酔っ払いましょう!

f:id:tomtom1ono:20170714193437j:image

5. ところが全然揺れない

いよいよ出航しました。
フェリーは上下の揺れが気持ち悪くなります。
ところが、今回はベタ凪、かつ、船の振動も静かで、殆ど揺れません。
なので、日本酒を飲まなくとも、全然平気なほどで、海の上を滑って行くような感覚です。
割と静かな部屋でしたので、吸い込まれるように眠りました。

6.4:30起床

ぐっすり眠れたので、4:30に目が覚めました。
カーテンを開けてみると、ジャストタイミングで日の出が。ラッキーです。

f:id:tomtom1ono:20170715042037j:image

7.朝風呂は展望大浴場で

折角なので展望大浴場で朝風呂です。

f:id:tomtom1ono:20170715045317j:image

この船は、本当に揺れないですね。
浴槽のお湯も殆ど波立たないのです。
まるで、普通の温泉に入るみたいでした。

8.お風呂の後はマッサージ

この船には、最新のマッサージ機が3台設置されていました。
無重力モードと言うモードがあり、幸せな気分を味わいました。

f:id:tomtom1ono:20170715052251j:image

9. 朝食もバイキング

7:30,いよいよ朝食です。並んでいたら、同じ会社の大先輩とお会いしました。偶然ですね〜。
朝食もバイキングです。野菜を中心に食べました。

f:id:tomtom1ono:20170715073610j:image

10.飯を食べた後は、お部屋でゴロゴロ

朝食でお腹を満たしたら、後は11:00の到着まで、ゴロゴロです。
ホテルの様にチェックアウト時間を気にしなくていいので、とてもノンビリですね。

11. やっと電波

10:00ごろ陸が近くなり、携帯の電波が入る様になりました。
そこで、展望ラウンジに行き、海を眺めながら、美味しいコーヒーを飲み、iPadでノンビリとこのブログを書いています。

f:id:tomtom1ono:20170715102940j:image


12.そろそろ下船

ブログを書いていると、苫小牧の景色が見えて来ました。

f:id:tomtom1ono:20170715103312j:image

そろそろ下船の準備です。
それではまた