Hatena::ブログ(Diary)

Tomのブログ

2018-07-22

Lenovo NotePC E130の修理 

| 13:51

こんにちは、Tomです。今日は折角の日曜日でお天気も良いのに、暑すぎて外では活動出来ません。そんな訳で、今日は朝早く草刈りをして9時に上がり、その後は昨夜録画した『全英オープン』を見ていました。T・ウッズが復活し、J・スピースも調子が良さそうですね。良かった!

さて、今日の話題は、ノートPCの修理の話です。
TomのノートPCは、息子が大学時代に使用していたLenovo E-130をお下がりで貰ったものです。少しずつメンテしながらだましだまし使用していました。でも、ついに物理的に壊れてしまったのです。動作はしていますが・・・・・

f:id:tomtom1ono:20180716110328j:image

なんと、液晶ディスプレイを支えているヒンジの固定部のハウジングが壊れてしまって、ヒンジが筐体の外に出てきてしまいました。

f:id:tomtom1ono:20180716110346j:image

これではPCの開閉も大変ですし、さらに被害が拡大しそうです。

f:id:tomtom1ono:20180716110405j:image

そこで、なんとかこれを直してみたいと思います。

1.バラシ

修理の第一歩はバラシから。でも、このノートPCは、すっかりバラしたことは無いので、ちょっと興味津々です。

1)裏蓋のバラシ

それでは早速バラします。まずはバッテリーを外します。

f:id:tomtom1ono:20180716110423j:image

そして、3本ある裏蓋のビスを外します。
f:id:tomtom1ono:20180716110618j:image

PCの底が見えてきました。なんてシンプルな構造なんでしょう。メンテしやすい!

f:id:tomtom1ono:20180716110637j:image

2)キーボードのバラシ

続いてキーボードを取り出します。
裏側にある2本のビスを取り除くことでキーボードは外れます。

f:id:tomtom1ono:20180716111059j:image

フラットケーブルを取り外します。

f:id:tomtom1ono:20180716111130j:image

キーボードも簡単にバラせます。

f:id:tomtom1ono:20180716111154j:image

3)TOPカバーのバラ

続いてTOPカバーをばらします。

f:id:tomtom1ono:20180716111211j:image

f:id:tomtom1ono:20180716111825j:image

これで中身がすっかり見える様になりました。

f:id:tomtom1ono:20180716111831j:image

2.ヒンジ部の観察

それではヒンジ部を観察しましょう!

f:id:tomtom1ono:20180716111900j:image

f:id:tomtom1ono:20180716111910j:image

f:id:tomtom1ono:20180716112108j:image

これはイケません。ヒンジ部を固定しているハウジングがすっかり壊れていて、接着剤やエポキシパテでは対処できませんね。

3.加工と固定

仕方ないので、ヒンジ部の穴を貫通させ、ビスとナットで固定する事にしました。

まずはヒンジを固定していたビスと鬼目ナットを取り外します。
f:id:tomtom1ono:20180716112309j:image

ドリルで穴を開けます。

f:id:tomtom1ono:20180716112636j:image

そして、手持ちの10mmのビスと、購入してきた15mmのM3のビスとナットでヒンジを固定します。

f:id:tomtom1ono:20180716115649j:image

f:id:tomtom1ono:20180716120736j:image

f:id:tomtom1ono:20180716120753j:image

そして、ナットが緩まない様に、ホットメルトで固定します。
f:id:tomtom1ono:20180716130119j:image

4.組み付け

さあ、後は組み付けです。

f:id:tomtom1ono:20180716130836j:image

f:id:tomtom1ono:20180716131146j:image

f:id:tomtom1ono:20180716131210j:image

f:id:tomtom1ono:20180716131344j:image

キーボードを固定します。

f:id:tomtom1ono:20180716131450j:image

5.中間動作確認

全部組み付ける前に、一度動作確認を行います。

バッテリーを取り付けスイッチON!・・・・・あれ?OSが無いと言っています。

f:id:tomtom1ono:20180716132119j:image

もしかして、SSDを壊してしまったのか?と思いSSDを見たら、SSDが半刺しになっていました。原因はこれですね。

f:id:tomtom1ono:20180716132306j:image

SSDをきちんと挿入してOKです。

f:id:tomtom1ono:20180716132316j:image

折角ですので、これがまた抜けてこないようにスペーサをかませましょう!ホットメルトの樹脂がちょうどいい感じです。

f:id:tomtom1ono:20180716132349j:image

これをSSDの隙間に入れます。

f:id:tomtom1ono:20180716132356j:image

これで大丈夫ですね。

6.最終確認

それでは、もう一度動作を確認します。
電源ON!

f:id:tomtom1ono:20180716132525j:image

キチンとWindows10も立ち上がりました。

f:id:tomtom1ono:20180716132535j:image

これで暫くは使えそうですね。Tomは先日売り払ったCDプレイヤーやミニスピーカなどを資金にして、この秋にはMacBook Airを購入したいと計画をしています。新しいNotePCを購入するのは、なんと15年ぶりです。楽しみだな〜。
それまでは、なんとかこのPCが持ってほしいものです。

2018-07-21

BOSEレシーバー R-15の修理 −その3−

| 21:32

こんばんは、Tomです。今日は週末の土曜日。Tomは朝5時に起床し、5時半から草刈りしました。でも、朝から暑かったので、9時には終了!熱中症になりそうでした。

さて、今日の記事は今週から始まったBOSEレシーバーR-15 の修理の記事です。昨日の記事では、バラしてメイン基板を取り出す所まででした。
今日はメイン基板上の電解コンデンサを交換します。

f:id:tomtom1ono:20180716200543j:image

1.スピーカー端子の確認

まずは、右側の音が時々でなくなるというのでスピーカー端子の根本を調べてみました。
すると右側の端子の根本に少しはんだのクラックが・・・・。原因はおそらくここです。

f:id:tomtom1ono:20180716201158j:image

スピーカー端子を外し、状態を確認しましたが大丈夫の様です、

f:id:tomtom1ono:20180716201022j:image

再度この端子をはんだ付けします。

f:id:tomtom1ono:20180716201152j:image

2.コンデンサの交換

スピーカー端子の再半田が終了したので、今度は、電源部の電解コンデンサを交換します。

f:id:tomtom1ono:20180716201231j:image

1)100μF

まずは100μFの電解コンデンサを取り出し値を確認します。

f:id:tomtom1ono:20180716201253j:image

結果、電解コンデンサの容量は85%までダウンしていました。

f:id:tomtom1ono:20180716201321j:image

これを新しい100μFの電解コンデンサに交換します。

f:id:tomtom1ono:20180716201340j:image

ちゃんと一つ一つ足を磨いてはんだ付けします。

f:id:tomtom1ono:20180716201434j:image

そして、部品をはんだ付けします

f:id:tomtom1ono:20180716201521j:image

2)10μF

10μF大丈夫でしたが、交換します。

f:id:tomtom1ono:20180716202242j:image

f:id:tomtom1ono:20180716202310j:image

3)4.7μF

電源部の4.7μは、若干容量が下がったようです。

f:id:tomtom1ono:20180716202746j:image

f:id:tomtom1ono:20180716202856j:image

4)470μF

470μFも357μFまで低下していました。

f:id:tomtom1ono:20180716203515j:image

f:id:tomtom1ono:20180716203349j:image

大きな5600μFのコンデンサも容量が15%ほど下がっていましたが、交換部品がないのでそのままにしました。
これで電源部の電解コンデンサの交換は終了しました。

f:id:tomtom1ono:20180716203743j:image

f:id:tomtom1ono:20180716204625j:image

電源部の電解コンデンサは、熱もあったのだと思いますが、ほとんどの電解コンデンサが15%くらい容量抜けが発生していました。
次回は、メイン基板そのものの電解コンデンサの交換となります。
お楽しみに!

2018-07-20

BOSEレシーバー R-15の修理 −その2−

| 19:22

こんばんは、Tomです。今朝も曇りで比較的過ごしやすい日でしたが、日中は暑くなりました。まだ7月の中盤なのにね。高校生は明日から夏休みだとか・・・・。いいなぁ〜。

さて、先日、修理をお受けしたBOSEのレシーバーですが、なかなか故障の症状が再現しないので、もう一つの依頼内容である、電解コンデンサの交換を行う事にしました。
今回は、まずはバラシの記事です。

f:id:tomtom1ono:20180716194635j:image

それでは行ってみよう!

1.TOPカバーのバラシ

まずはTOPカバーのバラシです。

f:id:tomtom1ono:20180716194835j:image

中はこんな感じです。

f:id:tomtom1ono:20180716194944j:image

2.ビデオ入出力基板の取り外し

続いてビデオ入出力基板を取り外します。まずはハーネスを外しましょう!

f:id:tomtom1ono:20180716195040j:image

f:id:tomtom1ono:20180716195050j:image

f:id:tomtom1ono:20180716195241j:image

3.ソフトスタート電源基板のバラシ

続いて、電源をソフトスタートさせる基板をばらします。

f:id:tomtom1ono:20180716195513j:image

f:id:tomtom1ono:20180716195620j:image

4.メイン基板の取り出し

いよいよメイン基板を取り出します。

まずはリアパネルのビスを取り外します。

f:id:tomtom1ono:20180716195433j:image

次にメイン基板の固定ネジを外します。

f:id:tomtom1ono:20180716195711j:image

そして、ヒートシンクを止めているビスを外します。これが結構多い!

f:id:tomtom1ono:20180716195804j:image

f:id:tomtom1ono:20180716195830j:image

f:id:tomtom1ono:20180716200219j:image

f:id:tomtom1ono:20180716200255j:image

f:id:tomtom1ono:20180716200511j:image

これで、メイン基板は取り出せました。
今後は、電解コンデンサの交換となります。
楽しみです。

2018-07-19

昨夜は突然水道工事屋さんに・・・・。

| 21:52

こんばんは、Tomです。今朝は昨日と違い曇り空でしたので、比較的涼しい朝でした。日中も晴れたり曇ったりでしたので、昨日の様な暑さでは無く、助かりました。

さて、昨夜、帰宅し家族で食事を終え、みんなで後片付けをしていた時、ハプニングが起きました。なんと、システムキッチンの蛇口のレバーを押し上げたら、レバーがポロっと取れてしまい蛇口が壊れてしまったのです。

f:id:tomtom1ono:20180718202117j:image

以前も言いましたが、Tomの家は今年で22年目です。なので、最近あちこちの家電が故障し始めました。でも、こんなものまで壊れるとは・・・・。脇が甘かった・・・・・。

1.蛇口を購入

後片付けをしていたのは、もう8時頃であったし、Tomはすでにお酒を飲んでいたので、カミサンに車を運転してもらい、閉店前のDIYに直行!
何とか8時半に到着し、下記の蛇口をゲットしました。

f:id:tomtom1ono:20180718202106j:image

ワンホールタイプの物が16000円〜29000円迄4種類ありましたが、今回は末永く使うので、一番高いものをゲットしました。

2.既存の蛇口を取り出す

家に帰り9時ごろから、工事開始です。Tomはこんな工事をしたことが無いので、勝手が判りません。(お勝手だけに・・・・)

1)水道と温水の停止

まずは、水を止めます。
温水は、シンクの真下に蛇口がありましたので、これを閉めればOKです。

f:id:tomtom1ono:20180718203714j:image

でも、水道側にはそれがないので、洗濯器近くにある水抜き栓で水道を停止しました。

f:id:tomtom1ono:20180718203821j:image

2)連結パイプの取り外し

続いて連結パイプをスパナで取り外します。

f:id:tomtom1ono:20180718204033j:image

f:id:tomtom1ono:20180718204138j:image

3)蛇口固定ネジの取り外し

いよいよ蛇口を取り外します。
蛇口の固定ネジはシンクと壁の狭く、深い部分にあるので、結構大変でした。ラチェットも回る隙間がないのでやっとの思いで取り外し成功!

f:id:tomtom1ono:20180718203659j:image

f:id:tomtom1ono:20180718204156j:image

3.新しい蛇口を取り付け

壊れた蛇口を取り出したので、今度は、新しい蛇口を取り付けます。

1)ベースを取り付ける

まずは蛇口のベースを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20180718204615j:image

f:id:tomtom1ono:20180718204850j:image

2)新しい蛇口を取り付ける

次に新しい蛇口を取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20180718205614j:image

3)水道のホースを接続する

そしてホースを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20180718205954j:image

f:id:tomtom1ono:20180718210151j:image

4)蛇口を固定する

六角ビスで蛇口を固定します。

f:id:tomtom1ono:20180718210832j:image

4.動作確認

さて、動作確認を行います。

f:id:tomtom1ono:20180718211317j:image

これでOKです。

5.フィルターを取り付ける

最後に浄水フィルターを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20180718211436j:image

f:id:tomtom1ono:20180718211528j:image

f:id:tomtom1ono:20180718211548j:image

6.動作確認

f:id:tomtom1ono:20180718211645j:image

f:id:tomtom1ono:20180718211653j:image

f:id:tomtom1ono:20180718211701j:image

これで家のキッチンはあと20年は安泰ですね。
良かった〜。

hubuhubu 2018/07/20 12:03 こんにちは、初めてコメントします。
修理などから見に来て、良く拝見しています。
何でも対応できるんですね。
自分も先日シャワー水栓を交換しました。
今回のブログを拝見してちょっと気になったので…
配管のネジ部にシールテープを使用されていないようですが、お忘れになっていないでしょうか?
記載していないだけでしたら、余計な話で申し訳ないです。
あれの巻付けが悪いとしたしたと水が滲み出てき、難儀しました。

なおぽよなおぽよ 2018/07/20 17:28 tomさんこんにちは
キッチンの水栓交換ですか
画像見た感じとても便利そうな水栓ですね。
うちは公営住宅なのでお風呂のシャワー水栓は好きなの付けれますが、キッチンは普通の水栓でお湯と水が別なので不便です。

先程のコメントにシールテープの話し有りましたが、このタイプの水栓は水栓金具と接続ホースのネジ部に専用のパッキンが付いてるのでシールテープは巻かなくて良かったと思います。
シールテープ巻くのは壁付けの水栓金具の偏心管を取り付ける際なのでワンホールタイプには不要なはずです。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/20 19:48 hubu様、初めまして、コメントありがとうございます。

アドバイスありがとうございます。
この配管のねじ部には、専用のパッキンがついていますので大丈夫だと思います。
今のところ水漏れはありません。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/20 19:49 なおぽよさん、コメントありがとう!

なおぽよさんの仰る通り、この蛇口のホースには専用のパッキンがついていました。
今のところ、水漏れはありません。

hubuhubu 2018/07/20 21:26 こんばんは
そうなんですね、失礼しました。
なおぽよ様にもお手間を掛けさせてしまいました。

主に無線機の修理を見てるのですが、その他何でもこなされるので感心しています。
更新を楽しみにさせていただきます!

いちに改いっちーいちに改いっちー 2018/07/20 21:41 こんばんは。
蛇口だけに水を差すようで申し訳ないのですが、
レバーだけとかバルブカートリッジの交換で済むんじゃない?

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/20 21:45 hubuさん、コメントありがとう!

全然問題ないです。
私もちょっと不安でした。
なので、hubuさんのコメントは、分かりますので。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tom

DomitarouDomitarou 2018/07/20 22:04 こんばんは、もう工事すんでおられるので何をいまさらな感じですが、ネジ部の上のクリップをパチンと外せば接続部がスポンと取れて交換できるので、ネジ部を外す必要はなかったのでは、と思うのですが・・・(確かあそこは規格化されているハズ)

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/20 23:57 Domitarou 様、はじめまして、コメントありがとうございます。

確かにクリップを外せば、ホースがスコンと抜けてきますね。
でも、せっかく新しいのが付いてきたので、それを付けました。
これから20年以上使用するのでね。
Tom

2018-07-18

月曜日の朝は残りの草刈り!

| 13:00

こんばんは、Tomです。今日は朝から暑かったですね〜。Tomが出勤する時ですでに30℃を越していました。会社では冷房があるので良いけど・・・・・。

さて、BOSEのレシーバーの方は、再現するまでしばらく様子見することにしたので、今日の記事は、いつもの通りガーデンライフの話です。
日曜日の午前中、うちの周りの草刈りを行いましたが、さすがに暑くて半分で止めました。

そこで、月曜日は朝早起きして残りの場所の草刈りをしました。

1.お隣の親戚の休耕田の草刈り

朝の早いうちに、お隣の親戚のおじいさんの休耕田の斜面の草刈りを行いました。
斜面はバロネスで草を刈れないので、刈り払い機で草刈りを実施。

f:id:tomtom1ono:20180715160643j:image

2.花壇の半分の草刈り

朝ご飯を食べ、今度は先日行った花壇の半分の土地を草刈りします。
これも結構な面積です。

f:id:tomtom1ono:20180716073508j:image

f:id:tomtom1ono:20180716084347j:image

3.アプローチ練習場の草刈り

続いてアプローチ練習場の草刈りです。ここはアプローチ部分に『クラピア』を定植しているので、それを残して草刈りします。

f:id:tomtom1ono:20180716065206j:image

f:id:tomtom1ono:20180716072845j:image

4.家の裏の草刈り

最後は母屋の裏の草刈りを行いました。
これで、さっぱりしましたね。

f:id:tomtom1ono:20180716070823j:image

f:id:tomtom1ono:20180716071808j:image

f:id:tomtom1ono:20180716071812j:image

f:id:tomtom1ono:20180716072801j:image

5.花はバラとアジサイの世界

そして、現在の花はアジサイとバラの世界です。

1)アジサイの世界

f:id:tomtom1ono:20180716175153j:image

f:id:tomtom1ono:20180716175133j:image

f:id:tomtom1ono:20180716175119j:image

f:id:tomtom1ono:20180716175047j:image

f:id:tomtom1ono:20180716175022j:image

2)バラの世界

f:id:tomtom1ono:20180715091328j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091608j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091613j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091620j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091623j:image

3)桔梗その他の世界

f:id:tomtom1ono:20180716173718j:image

f:id:tomtom1ono:20180716173729j:image

これで、しばらくは気持ちよく暮らせますね。
それにしても、今年は天気がいいので、草はすぐに伸びてきます。
大変ですね。

2018-07-17

BOSE レシーバー R-15の修理 −プロローグー

| 22:20

こんばんは、Tomです。今朝は曇り空。比較的涼しかったし、今日の天気予報では、仙台最高気温は30℃前後というものでした。ところがお昼ごろから急に天気が良くなり、今日もかなり暑かったようです。この暑さ、週末までは続きそうですね。

さて、先週読者の方から修理の依頼があり、先週末に荷物が届きました。

f:id:tomtom1ono:20180715102249j:image

梱包を開けると、見慣れたR-15が出てきました。これはTomも保有しています。

f:id:tomtom1ono:20180715102410j:image

今回の故障は、スピーカーの右チャンネルから時々音が聞えなくなるという不具合。そして、電解コンデンサの交換です。

1.動作確認

まずは、動作を確認します。

1)電源はOK

まずは電源を入れます。電源はキチンと入りますね。

f:id:tomtom1ono:20180715102440j:image

2)KAIRNとSPを接続して動作確認

続いては、KAIRNからの音声入力と、SPを付けて音声の確認を行います。

f:id:tomtom1ono:20180715102753j:image

f:id:tomtom1ono:20180715102808j:image

f:id:tomtom1ono:20180715103215j:image

3)音が低い!

KAIRNからの音を聴いて要るんですが、なんだか音が小さいです。
KAIRNの出力は50、そして、レシーバー側のボリュームはなんと3時の方向まで上げないと気持ち良く鳴ってくれません。

f:id:tomtom1ono:20180715103209j:image

2.DVDプレイヤーを接続する

もしかして、これってプリンプ出力が低い為!
とおもい、Tomが保有しているBOSEのプレイヤーを接続!
すると、比較的大きな音が出る様になりました。
やはりプリアンプからの出力は、直接メインアンプを接続する為、引くレベルとなっていませんでした。

f:id:tomtom1ono:20180716094109j:image

f:id:tomtom1ono:20180716094132j:image

今のところ、左右のSPからきちんと音が出て、不具合は再現しません。
暫く、様子を見てみましょう!

2018-07-16

昨日は40年振りの同級会〜!

| 10:33

こんにちは、Tomです。今日は暑くなると思いきや、朝から曇り空で少し過ごしやすい日です。やはりこれくらいの気温の方が楽ですね。暑いと何も出来ないので・・・・。

さて、昨夜は、高校の同級会がありました。Tomは今年で58歳になります。なので、高校を卒業してからみんなと会うのはなんと40年振りです。
一番好きだった恩師の先生も合わせ20名の参加でした。
最初は、半分以上の人が誰が誰だか分らなかったけど、だんだん昔の面影が蘇ってきました。
だって、40年振りですからね。

母校の校長になっている人、起業して工場をやっている人、県庁で総務部長をしている人、作家になった人、医者になった人、学校の先生になった人、銀行の支店長になった人、警察の副所長、家業を継いで社長になっている人などなど、みんな元気にやっていて、とても嬉しかった。
そして、恩師の先生もとても元気で安心しました。

1.集合写真

f:id:tomtom1ono:20180716102928j:image

2.一次会

f:id:tomtom1ono:20180715182833j:image

f:id:tomtom1ono:20180715182837j:image

f:id:tomtom1ono:20180715182851j:image

f:id:tomtom1ono:20180715183705j:image

f:id:tomtom1ono:20180715184616j:image

f:id:tomtom1ono:20180715193324j:image

f:id:tomtom1ono:20180715193414j:image

f:id:tomtom1ono:20180715200557j:image

f:id:tomtom1ono:20180715201112j:image

3.二次会

f:id:tomtom1ono:20180715212114j:image

f:id:tomtom1ono:20180715212734j:image

f:id:tomtom1ono:20180715212738j:image

これから毎年この時期に同級会をやるというので、楽しみです!
来年は、倍の人数になるかな?

2018-07-15

昨日は芝刈り、そして今日は草刈り!

| 23:08

こんばんは、Tomです。昨日から猛暑が続いております。今日も昨日と同じように35℃以上の天気でした。明日も暑いそうです。みなさん熱中症には気を付けましょう!

さて、今日の夕方は、高校のプチ同級会です。20名くらい集まるそうです。
そのために、昨日はゴルフで遊んでしまいましたので、今日は同級会の前に草刈りをしなければなりません。

1.朝五時半から草刈り

まずは、朝5時半から、先日バロネスで草刈りをした、お隣の親戚のおじいさんの休耕田の斜面を草刈りしました。斜面はバロネスで刈れませんので、ホンダの刈り払い機を使用しました。
なんとか朝飯前に終了。

f:id:tomtom1ono:20180715160642j:image

2.朝飯後は花壇の草刈り

そして、朝飯を食べた後は花壇の草刈りです。
朝飯前は曇りで、割と涼しかったのですが、8時を過ぎると、日差しが出てきました。
早くからなければ・・・・・・。
花壇は、ワイヤーの刈り払い機を使用します。

f:id:tomtom1ono:20180715083257j:image

f:id:tomtom1ono:20180715083302j:image

熱中症にならないために、氷水も持参してます。これ重要!

f:id:tomtom1ono:20180715083336j:image

3.草刈り開始!

さあ、それでは草刈りを開始しましょう!
前回から3週間も経過しているので、草も結構伸びています。

1)ブルーベリー

まずはブルーベリーの場所。
こんなに伸びました。

f:id:tomtom1ono:20180715084027j:image

ワイヤーは、木の根元ぎりぎりまで草を刈れるのでとても良いです。

f:id:tomtom1ono:20180715084039j:image

綺麗になりました。

f:id:tomtom1ono:20180715084820j:image

2)チューリップ跡地


続いてチューリップの跡地です。

f:id:tomtom1ono:20180715084843j:image

マルチもいためず草刈りが出来ます。

f:id:tomtom1ono:20180715085024j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091647j:image

3)南側の通路

f:id:tomtom1ono:20180715085915j:image

f:id:tomtom1ono:20180715091710j:image

バラの花壇

f:id:tomtom1ono:20180715091706j:image

ラベンダーの花壇

f:id:tomtom1ono:20180715091650j:image

f:id:tomtom1ono:20180715092406j:image

コキアの道

f:id:tomtom1ono:20180715092004j:image

f:id:tomtom1ono:20180715093021j:image

こんなに綺麗になりました。
でも、暑くて熱中症になりかけて、半分で中断!
後は別の日にします。

2018-07-14

今日は、猛暑の中のゴルフでした。

| 20:54

こんばんは、Tomです。今日から宮城県は猛暑の天気予報でした。実際に暑かったですね〜。今日からの三連休は、ずーっとこんな感じです。

さて、そんな猛暑の中、Tomは会社のお友達とゴルフを楽しみました。

1.今日のメンバー

今日のメンバーは、TakaさんとKikeさん、そしてTomの3人です。

f:id:tomtom1ono:20180714085240j:image

f:id:tomtom1ono:20180714085248j:image

2.フロントナインはNGでした。

さてフロントナインの前半は、ドライバーが全然ダメな上に、ユーティリティが全然だめで、2ndショットでOBを2つたたき途中大叩きでした。もう、今日はだめかと思いました。

f:id:tomtom1ono:20180714085552j:image

それでも、折り返しからドライバーが火をつけて噴き出し、パーも2つ取れたので。なんとか56で収まりました。

f:id:tomtom1ono:20180714110207j:image

3.昼飯はブレずにカツカレー

そして、お楽しみのランチです!
Tomは、ブレずにカツカレーをオーダー。
やはり、宮城野GCカツカレーは美味しい!

f:id:tomtom1ono:20180714113447j:image

4.バックナインはそこそこで

そしてバックナイン。
バックナインは、パーとボギーペースでしたが、途中2か所でトリプルとプラス4を叩き49
。まあまあでした。

f:id:tomtom1ono:20180714121312j:image

f:id:tomtom1ono:20180714124731j:image

という事で、今日の結果は105で終了。
今日はフロントナインの前半がダメで100を切ることが出来ませんでしたが、次回は100を切りたいと思います。

2018-07-13

TDA7293デュアルアンプ(依頼品)のサポート −その9−

| 20:52

こんばんは、Tomです。今日の午後は仙台のグループ会社に外出しました。暑い買ったですね〜。明日から三連休ですが、猛暑らしいです。
明日は1か月半ぶりのゴルフです。楽しみですが、熱中症に気を付けなければ・・・・。

さて、今日の話題はアンプの製作の記事です。
前回の記事では、アドバイスを頂いた内容で電源の配線の改良が終了しました。
今日はいよいよ火入れ、そして音出しです。

f:id:tomtom1ono:20180713195310j:image

1.火入れ

まずは、火入れです。
おかしい時にすぐに電源を切れるように、スイッチ付きのテーブルタップを購入してきました。

f:id:tomtom1ono:20180713195329j:image

電圧も確認し、問題ないですね。
良かった〜。先週不注意でアンプを飛ばしてしまったので、最近ビビりがちです。

f:id:tomtom1ono:20180710200211j:image

f:id:tomtom1ono:20180710200536j:image

2.音声の入力

続いて、最小構成であるCDラジカセの出力を入力に入れます。

f:id:tomtom1ono:20180713195313j:image

スピーカーを繋がずオシロスコープで出力を確認します。

f:id:tomtom1ono:20180713195729j:image

f:id:tomtom1ono:20180713195732j:image

3.スピーカーをつないで音声確認

そしていよいよスピーカーをつないで音声の確認です。

f:id:tomtom1ono:20180713195351j:image

さて音声を確認しましょう!

f:id:tomtom1ono:20180713203457j:image

4.メインシステムのKAIRNに接続!

そして、いよいよメインシステムのKAIRNに接続します。
これまで、アンプの製作をしてきましたが、KAIRNにつなぐと必ずノイズが発生します。
でも、今回は大丈夫なはず。

f:id:tomtom1ono:20180713203520j:image

でも、やっぱりノイズが発生しました。
ダメか〜。

やっぱり電源ラインに抵抗を入れないとダメかな〜?
ダイオードがファストリカバリーダイオードだからね〜。
スイッチングノイズが大きいんですよね。

アンプ屋さんアンプ屋さん 2018/07/13 22:30 この配線でノイズが出るのが不思議です。アンプ入力のピンジャックをショートした状態でノイズがなければアンプ単体では問題ないことになります。これでも残留ノイズが大きい場合はパワーアンプ基板信号入力端子のアースをシャーシに落とし整流基板のシャーシアースを外して下さい。このICではどんな整流ダイオードを使用しても整流ノイズは無視できるレベルです。
整流後に大容量のコンデンサを使用していて抵抗を入れるとノイズが減る現象も不思議です。IC回路基板銅箔の結線がわかりませんが市販品なら問題ないと思われます。プリアンプ接続時だけノイズが出る場合はRCAケーブルのシールドが断線しているぐらいしか考えられません。

アンプ屋さんアンプ屋さん 2018/07/14 11:33 KAIRNは特殊なプリアンプでプリ出力が逆相のためスピーカー端子を±逆にする必要があります。位相が逆の場合は低域が出ない定位がおかし音になります。通常のRCAケーブルでホットとアースの2本だけの仕様では外来ノイズの影響を受けてしまいます。これがノイズの原因と判断します。対策としてホット、アースの2本をールド線でシールドする構造のRCAケーブルが必要です。RCAケーブルを自作する場合はモガミ電線2549が安価で音質が良いのでお薦めです。

アンプ屋さんアンプ屋さん 2018/07/14 11:45 アンプ入力端子のピンジャックからIC基板までの配線もモガミ電線2549と同じシールド構造のものを使用しないとノイズが問題となります。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/14 21:07 アンプ屋さん、コメントありがとう!

まず、1つ目のコメントから。
これまでのアンプでも、KAIRNの近くでアンプを接続するとノイズが発生しやすかったです。
でも、アンプをスピーカーの近くに設置するとノイズは無くなりました。
それからコンデンサの後の抵抗はローパスフィルターになるのだと思います。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/14 21:13 アンプ屋さん、コメントありがとう!

2つ目のコメントに対するコメントです。
KAIRNの逆相の件は知っており、スピーカーは反転して使用しています。
問題はRCAケーブルなのかもしれませんね。
今度やってみます。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/14 21:15 アンプ屋さん、コメントありがとう!

3つ目のコメントに対するコメントです。
そうなんですか〜、知らなかった。
そのケーブルが必要なのかもしれませんね、やってみますね。

アンプ屋さんアンプ屋さん 2018/07/15 11:04 KAIRNはLINNパワーアンプに接続することを前提にしています。出力インピーダンスが高いのでRCAケーブルのシールド構造が弱いとノイズの影響が出ると思います。LINNのRCAケーブルは
モガミ2549と同じ構造だと思います。通常プリアンプの出力インピーダンスは100オーム以下ですがKAIRNは1Kオームもあるためオペアンプによる出力回路と思われます。真空管プリアンプも1Kオーム以上のものがあり、友人のシステムでレコード再生時にCDプレーヤー等のデジタル機器からのノイズの影響を受けるためRCAケーブルで対策したことがあります。

真空管アンプでは高耐圧少容量コンデンサのためチョークコイル、抵抗を入れます。トランジスタでは大容量のため抵抗は不要です。IC出力段の電源ラインに抵抗を入れると音の伸びがないダイナミックレンジが狭い音になるため高出力ICの良さが無くなります。

空白空白 2018/07/18 04:48 気になったので
KAIRNの出力が逆相とのことですが何を基準としたお話なのでしょうか
所謂絶対位相の話なら音楽メディアの制作側はそれを管理していません、曲によってバラバラですその為プリの出力が逆相だからといってどこかで反転しても意味が無いように思います

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/18 23:07 アンプ屋さん、コメントありがとう!

確かにLINNのKAIRNはLINNのパワーアンプに接続することを前提にしています。
なので、LINN同士で接続すると、10m離しても問題ないという事を聞いたことがあります。
しかし、今回のアンプは、自作なのでシールドケーブルに工夫が必要なのかもしれませんね。
でも、TDA7293もかなり敏感なアンプなので、ファストリカバリダイオードのノイズは、かなり拾います。
私の友達も、同じ症状が出て、電源に1Ωの抵抗を入れましたし、私のアンプも1Ωの抵抗を入れています。
なので、今回も1Ωの抵抗は、必要かなと思います。

tomtom1onotomtom1ono 2018/07/18 23:11 空白様、はじめまして、コメントありがとうございます。

LINNのKAIRNの出力の位相が反転しているのは本当です。なのでパワー・アンプの出力の所で反転しなければならないという事は、マニュアルにも書いてあります。