Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2018-01-21 小室哲哉さんが関わった映画音楽まとめ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20180121204109j:image

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

先日、あの小室哲哉さんが突然の引退を発表しました。

小室哲哉さんといえば、ロックグループ「TM NETWORK」のリーダーとして活躍し、多数のヒット曲を生み出した超有名ミュージシャンです。

僕の学生時代はまさにTM NETWORKの全盛で、「Get Wild」の爆発的な大ヒットにより小室サウンドが日本の音楽シーンを席巻し、さらに90年代以降は「TRF」「H Jungle with t」「globe」など個性的ユニットを次々と立ち上げ、それらが”小室ファミリー”と呼ばれるほどの一大ムーブメントを巻き起こしました。

また、渡辺美里さん(「My Revolution」)や鈴木亜美さん(「BE TOGETHER」)や華原朋美さん(「I'm proud」)など、様々なアーティストに優れた楽曲を提供したことでも知られています。

特に、安室奈美恵さんが歌った「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングル売り上げ枚数229.6万枚というダブルミリオンを記録し、多くのファンを獲得しました。

この歌は安室さんの歴代ランキングでもナンバーワンの成績を叩き出し、いまだに結婚式定番ソングとして歌い継がれるほどの名曲となっています。


そんな小室哲哉さんが引退してしまうということで、本日は「過去に小室哲哉さんが関わった映画音楽」をいくつか取り上げてみたいと思います。


●『吸血鬼ハンターD』(1985年

 主題歌「YOUR SONG ("D"Mix)」

元々はOVAとして作られたものの後に劇場公開され、海外で大ヒットしたアニメーション作品です(本作で、当時26歳の小室哲哉さんが初めて映画音楽を担当したらしい)。

●『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年

 主題歌「BEYOND THE TIME (メビウス宇宙を越えて)」

因縁のライバル同士であったアムロ・レイシャア・アズナブルの長き戦いにピリオドが打たれた初代『機動戦士ガンダム』シリーズの完結編。

当時、映画館へ観に行って、帰りに「BEYOND THE TIME」のレコードCDではない)を買って毎日聞いていたような記憶が…(^_^;)

いや〜、今聞いてもいい曲ですねえ。歴代ガンダム主題歌の中でも人気が高いらしく、僕なんかもいまだにカラオケで歌ってますよw

●『ぼくらの七日間戦争』(1988年)

 主題歌「SEVEN DAYS WAR」

宗田理の同名小説を、宮沢りえ主演で映画化した青春ドラマ。主題歌「SEVEN DAYS WAR」はTM NETWORKの14枚目のシングルとしてオリコン3位のヒットを記録しました。これまた名曲!

●『天と地と』(1990年

 主題歌「天と地と〜HEAVEN AND EARTH〜」

角川春樹監督が莫大な製作費を注ぎ込んで製作した超大作歴史ドラマです。日本国内に最適なロケ場所が見つからず、カナダまで行って撮影したのですが、ロケの費用だけで20億円もかかったらしい。

さらに合戦シーンでは馬を約1000頭揃え、甲冑を着けたエキストラを3300人用意するなど、前代未聞の撮影に挑んでいたようです(公開後は興収100億円を超える大ヒットを記録したものの、製作費がかかりすぎて赤字になった)。

なお、主題歌の「天と地と〜HEAVEN AND EARTH〜」は作詞・作曲:小室哲哉で、歌も小室さん自身が歌っています。

●『ストリートファイター MOVIE』(1994年

 挿入歌「恋しさと せつなさと 心強さと」

格闘ゲーム『スーパーストリートファイターIIX』を原作としたオリジナル・アニメーション映画です(なお監督の杉井ギサブローさんは、『銀河鉄道の夜』や『タッチ 背番号のないエース』などを作ったベテラン)。

篠原涼子さんが歌った「恋しさと せつなさと 心強さと」は202万枚を超えるメガヒットを記録し、当時「映画タイアップ曲のCDシングル売上」で歴代1位の成績を収めました。

●『エルマーの冒険』(1997年

 オープニンング曲「dragons' dance」

1940年代にアメリカの作家ルース・スタイルス・ガネットによって出版された児童文学作品『エルマーのぼうけん』をアニメ化した劇場用作品です。

主人公のエルマーの声をTRFのメインボーカルのYU-KIが務め、主題歌「dragons' dance」もYU-KIが歌うなど、当時の小室ファミリーの勢いを感じさせますね(笑)。なお、エンディングは宇都宮隆さんの「if you wish...」です。

●『スピード2』(1997年)

 テーマ曲「SPEED TK RE-MIX」

キアヌ・リーブス主演で大ヒットしたアクション映画の続編ですが、キアヌ・リーブスが降板したためヒロインサンドラ・ブロックを主役に繰り上げたら大コケ、という残念な映画です(^_^;)

アメリカではラジー賞の最低続編賞を受賞するほど酷評されましたが、日本では小室さんがテーマ曲のリミックスを行ったことで話題となり、興収40億円ほどの大ヒットを記録しました。

なお、映画のプロモーション用のビデオに小室さんも出演してるんですけど、「ヘリが飛び、車が走り回り、周囲で大爆発が起きている中を平然と歩く小室哲哉」という謎の演出に「『スピード2』よりもこっちの方が面白そうだ」との声が多数寄せられたそうです(笑)。

スピード2 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-06-25)

というわけで「過去に小室哲哉さんが関わった映画音楽」をいくつか取り上げてみたんですが、抜けがあるかもしれないので、「あの映画にも小室さんの楽曲が使われていますよ」という情報がもしあったら教えてください(^_^)

●人気記事一覧

これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10

日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?

まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!

町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」

「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

庵野秀明監督と岡本喜八監督の貴重な対談

新海誠監督の『ほしのこえ』がアニメ界に与えた影響と衝撃


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)

トップページへ

yossyyossy 2018/01/22 21:10 わびしい引退でしたね。
90年代の小室サウンドはどれも名曲揃いでしたよね。
残念なことです。

type-rtype-r 2018/01/23 01:06 小室さんも宮崎駿監督みたいに「引退は撤回します!」とかやればいいのに(^_^)

開 2018/01/25 23:11 不倫したの妻の病状出して話題すり替えのはいただけない。