Hatena::ブログ(Diary)

コーリング

2010 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 07 | 09 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2013 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 12 |

2017-12-31 ABOUT URAOCB

ABOUT URAOCB

01:15

URAOCB

f:id:uraocb:20161209005045j:image

SPOKENWORDER


90年代後半から2000年代まではDJとして活動していました。

現在は都内を中心に、「スポークンワーズ」と呼ばれるポエトリーリーディングと音楽を合わせたパフォーマンスを行っています。


2009年

ポエトリーリーディング・SPOKENWORDの活動を始める。


2010年

横浜スポークンワーズスラム(YSWS)グランドチャンピオントーナメント・ベスト8


2011年

後藤理絵と共同企画「Die Dis-le!Dis-le!」を渋谷リエゾン・カフェで開催(計3回)

新宿スポークンワーズスラム(SSWS)チャンピオントーナメントベスト4    


2012年

自主企画「TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS」を新宿ドゥースラーで開催(計3回)


2013年

スポークンワーズ・マガジン「どんと、こい!」の発行・編集に参加

( 最新号vol.6は2016年12月に発行 http://d.hatena.ne.jp/uraocb/20161206 )


2014年

大島健夫と共催で、渋谷RUBY ROOMでポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」を開始(毎月第一月曜日に開催中)


2015年

ファーストアルバムCD「STRAIGHT LANGUAGE」を発売

http://d.hatena.ne.jp/uraocb/20150601


2016年

音楽ユニット「The Punky’S Dilemma」に参加

http://www.thepunkysdilemma.com/

自主企画「華やかな孤独」を高円寺ペンギンハウスで開催


MV「LIONESS COFFEE CANDY」(2016)

D


ライヴ・イベントへの出演依頼、CD・雑誌「どんと、こい!」の通販等のご連絡は

uraocb@yahoo.co.jp までお願いいたします。


Twitter https://twitter.com/uraocb

Facebook https://www.facebook.com/ura.ocb

2017-01-18 2月6日 ポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」

f:id:uraocb:20170119013103j:image


「心を声に。声を言葉に。言葉を、明日に」


毎月第一月曜に渋谷RUBY ROOMで恒例、大島健夫とURAOCBの共同開催による朗読オープンマイクイベント「SPIRIT」。次回開催は2月6日になります。


スペシャルゲストには、昨年胎動LABELよりアルバム「輪廻」をリリースしましたフィメールラッパーRIN a.k.a 貫井りらんさんをお迎えします。ラップ、歌、音楽。縦横無尽に駆け巡る30分のスペシャルパフォーマンス、どうぞお楽しみに!


19時30分開場、20分開演。オープンマイクは当日先着16枠までが1名あたりの制限時間5分、それ以降は制限時間4分で、22時40分に到達した時点でオープンマイク打ち切りとなります。どうぞふるってエントリーしてください。もちろん、オープンマイクにご参加なさらない、純粋なお客様としてのご来場も大歓迎いたします。


☆☆☆


POETRY READING OPEN MIC

SPIRIT


2017年2月6日(月)

会場:渋谷 RUBY ROOM

http://rubyroomtokyo.com/


開場 19:30

開演 20:00

入場料 2000円(2ドリンク付)


▽主宰・出演

URAOCB/大島健夫


▽スペシャルゲスト

RIN a.k.a 貫井りらん


D


幼少期よりドラマ, 舞台, ナレーション等、役者として活動。

2014年5月 yuto.com️、 K.E.N as kiddblazzのプロデュースの元、RIN名義でラッパー活動を開始。

役になりきったlyric、LIVEパフォーマンスに特徴を持つ、フィメールラッパー


http://taidou.urdr.weblife.me/pg41.html


--


※オープンマイクは当日先着16名まで1名あたり制限時間5分、それ以降制限時間4分。22時40分に到達した時点でオープンマイク時間終了。

2016-12-08 OVER THE BORDER

毎月第一月曜日、渋谷RUBY ROOMで開催しておりますポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」。2014年の12月に産声を上げたこのオープンマイクも、皆様のお陰で無事2周年を迎えることができました。誠にありがとうございます。


記念すべき2周年のスペシャルゲストは青木研治さん。私と大島健夫の間では決して外すことができない最初からお名前の上がっていたポエトリーリーディングの先輩でしたが、2周年という丁度良いタイミングでお迎えすることができました。


f:id:uraocb:20161209001851j:image

f:id:uraocb:20161209001849j:image


フリースタイルのようであり、かつ微細に伏線が張り巡らされているリリック。数知れぬパンチラインの雨。軽妙な語り口から、ストロングスタイルのスポークンワードまで、朗読の旨味がギッシリ詰まった30分でした。青木さんのようなそびえ立つ先輩が、朗読のシーンを牽引し、さらにそこから飛び出し、先へ先へと進んでいる姿には襟を正さずにはいられません。


オープンマイクは定員の16人が早々に埋まった為、私の判断で17番目以降の方は時間を4分とすることで、結果22人の方にご登場いただきました。


ご登場頂いたのは、登場順に、


並四ビデオさん

ジョーダン スミスさん

牟礼鯨さん

merry-andrewさん

筒渕剛史さん

Zohab Zeeさん

村田活彦さん

アンドリュー カンパーナさん

上條美由紀さん

三木悠莉さん

Jonas Emgesvicさん

死紺亭柳竹さん

どぶねずみ男さん

丸山永司さん

ポテトチップスさん

あしゅりんさん

前木久里子さん

yaeさん

DJ春井さん

黒川武彦さん

こんぺー糖さん

ジュテーム北村さん


以上の皆様でした。

オーストラリアのポエトリースラムチャンピオン、Zohabさんを始め、多くの外国の方にも読んでいただきました。様々な言語が同じ空間の中で共鳴した、忘れられない1日になりました。

ポエトリーリーディングスポークンワード、ラップ。どのような名付け方でも良いのですが、自分の言葉で話すという行為は、日本だけではなくこれからの世界で重要な意味を持つであろうことに、私は大きな確信を持っています。これからも、そのような場所の創造に尽力してまいります。

オープニングは大島健夫が「新しい詩を書き始める」を、ラストはURAOCBが「夜想」を朗読しました。


ポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」。次回の開催は第二月曜の1月9日、祝日になります。スペシャルゲストには黒川武彦さん率いるポエトリーバンド、Dialoguesをお迎えします。3年目を迎える「SPIRIT」を今後とも宜しくお願い申し上げます。

2016-12-06 スポークンワーズマガジン「どんと、こい!」Vol.6発売します!

日本スポークンワーズ協会編集 スポークンワーズマガジン「どんと、こい!」第6号が完成いたしました!


f:id:uraocb:20161206211332j:image


スポークンワーズマガジン「どんと、こい!」第6号

巻頭特集は、2016ポエトリースラムワールドカップ日本代表 大島健夫インタビュー。パリで行われたワールドカップの話をじっくり伺いました。彼はパリで何を思い、何を語ったのか。優勝したポエトリースラムジャパンについても伺っております。


もうひとつの特集は、先日エッセー詩集と新刊を続けて発表されました文月悠光さんのインタビュー。詩作から朗読にいたるまで、文月さんの創作について「詩×」で活動を共にしている黒川武彦が訊きました。とても興味深い内容です。文月さんの詩も掲載しております!


その他、大島健夫、URAOCB、菊池奏子、黒川武彦、死紺亭柳竹、モリマサ公のレギュラー陣の詩・コラムも掲載、充実した内容のスポークンワーズマガジン「どんと、こい!」第6号、宜しくお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------


「どんと、こい!Vol.6」は、毎月第一月曜日に渋谷RUBY ROOMで開催されますポエトリーリーディングオープンマイクSPIRITをはじめ、上記レギュラーメンバーの出演イベント、でもお買い求め頂けます。


また、今号の「どんと、こい!Vol.5」及びバックナンバーは、通信販売でもお買い求め頂けます。

ご希望の方は、


1.「お名前」「ご住所」「希望冊子名とその数」をご明記の上(一部バックナンバーは在庫切れの場合がございます)、


uraocb@yahoo.co.jp


までご連絡ください。


2.折返し、振込先の口座と合計金額をメールにてお知らせいたします。


3.商品はお振込確認後、発送させて頂きます。ただし、恐れ入りますが振込手数料に関しましては、ご購入者各位にてご負担をお願いいたします。

2016-11-27 11月27日 TPD reboot live show ”The Premiere”

f:id:uraocb:20161113224818j:image

11月27日(日)に、自分が参加している

The Punky’s Dilemmaの再始動ライヴがあります。

人前でライヴをするようになってから、大分年月を重ねましたが

他の人達と共に音楽を創り、パフォーマンスを行うのは

これが初めての機会になります。


The Punky’s Dilemma(以下TPD)は

自分の作品「Lioness Coffee Candy」に参加いただいた

ピアニスト土屋千華さんのソロユニットになります。

以前はピアノピアニカ、ヴォーカルの3人編成で活動されていましたが

活動を再開するに当って、新たに言葉を加えたいとの彼女からお誘いがありました。

私が土屋千華さんに初めてお会いしたのは、音楽の場所ではなく

実は「詩のボクシング」東京大会の会場でした。

今から6年前の話です。

私は観覧に行ったら、枠があったので最後に飛び入りしたのですが

その時に土屋さんも出場していました。

土屋さんは、朗読の世界とも深い繋がりがあり

毎年詩のボクシング全国大会の翌日に

「Round Poetry Party」というイベントを開催されてました。

自分も、2012年にキャストとして出演させていただきました。


http://www.thepunkysdilemma.com/rpp.html


私がピアニストとして土屋さんを認識したのは、その後の事になります。

TPDのYoutube動画を見て、そしてライヴを実際に見て

その時に、今から思えば不思議な話なんですが、

ひょっとしたら将来自分はTPDと何か一緒に作品を創る機会が

あるのではないだろうか?と密かに思っていたのです。

実際、自分のアルバムを作る時に「Lioness Coffee Candy」で

土屋千華さんをお迎えしたのですが、

制作する前からこの作品の音楽は土屋さんしか考えていませんでした。

この感覚は本当に不思議な物ですが、とても素晴らしい作品が生まれました。



土屋さんから、TPDへの参加打診があったのは、「Lioness〜」の録音が行われてから

少し時間を置いてからのことでした。

数多くの詩人・朗読を聞いてきた彼女からのオファーは光栄でしたし、自分が抱いていた予感はやはり現実の物になったな、と思いました。

程無く、ヴォーカルにノンジさんをお迎えし、新生TPDは始動しました。

長い時間をかけて作品を創り、スタジオでリハーサルを繰り返しました。こういった一連の作業で、自分は色々な事を学びました。

自分の作った言葉が、土屋さんやノンジさんのフィルターを通して、様々な色となって形作られていく、この作業は非常に刺激的な物でしたし、ひとりでは生み出すことのできない可能性の意味を、身をもって体験することができました。

11月27日、The Punky’s Dilemmaは音と言葉と歌を携えて再起動します。以前のTPDとも、そしてURAOCBとも異なる、新しい試みです。それは、皆様に新しい世界をお見せすることができるものであると、私は確信しています。

その機会を、てあしくちびるツバキコウジ氏といった方々と御一緒できることを、とても嬉しく思っております。11月27日、新しい出発に1日です。宜しくお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------


TPD Reboot Live Show "The Premiere"

2016.11.27(日)

SHIBAURA HOUSE

http://www.shibaurahouse.jp/

OPEN 14:00

LIVE 15:00〜18:00

PARTY 18:00〜20:45


【出演】

The Punky's Dilemma

てあしくちびる

ツバキコウジ

ご来場を希望される方は、イベント特設サイトを参照下さい!

http://www.thepunkysdilemma.com/thepremiere.html

2016-11-22 12月5日 ポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」

f:id:uraocb:20161123005919j:image

「心を声に。声を言葉に。言葉を、明日に」

毎月第一月曜に渋谷RUBY ROOMで恒例、大島健夫とURAOCBの共同開催による朗読オープンマイクイベント「SPIRIT」。2016年12月の回は5日の開催です。次回で24回目、2周年を迎える運びとなりました。

スペシャルゲストには朗読詩人・青木研治さんをお迎えします。SPIRITを開始以来、是非お呼びしたかった方のお一人です。2周年記念の今回お招きすることとなりました。30分のスペシャルステージ、どうぞお楽しみに!

19時30分開場、20分開演。オープンマイクは当日先着16枠までなっております。1名あたりの制限時間は5分です。どうぞふるってご参加ください。もちろん、オープンマイクにご参加なさらない、純粋なお客様のとしてのご来場も大歓迎いたします。

☆☆☆

POETRY READING OPEN MIC

SPIRIT

2016年12月5日(月)

会場:渋谷 RUBY ROOM

http://rubyroomtokyo.com/

開場 19:30

開演 20:00

入場料 2000円(2ドリンク付)

▽主宰・出演

URAOCB/大島健夫

▽スペシャルゲスト

青木研治

http://www.h2.dion.ne.jp/~aoken/-

D

--

※オープンマイクは当日先着16名まで。1名あたり制限時間5分

2016-11-02

From the Cradle

02:02

日常は本当に慌ただしく、気が付けば2016年も後2ヶ月

毎日は忙しない。

日常は仕事で、

週末はライヴやTPDのリハーサルがあり

月に一度はSPIRITがあり、その間に雑誌を作って。


このブログを作ったのは2010年で、それから6年経って

このように忙しくしている未来は

予想していなかったことで

思えば当時は、自分が行った場所、ひとつひとつのオープンマイクを

克明に記録していた物でした。

最近はSNSの存在もあって、SPIRITのレポート以外は

あまりブログには記してなかったのですが

ポカっと時間が空いたので、この夏から今までの出来事を色々と

振り返ってみたいと思います。


自主企画「華やかな孤独」@高円寺ペンギンハウス

f:id:uraocb:20161103020833j:image:w360

f:id:uraocb:20161103014729j:image

f:id:uraocb:20161103014728j:image


今までのクラブスペースを離れて

ライブハウスで企画を行うことは、数年前から念頭にあった

それを実行に移すことができたのは、津田一矢、成宮アイコ、内藤重人

これらの人達との出会いに他ならない。

彼らと同じ場所で、音と言葉を交わすことは

とても大きな意味を持っているという確信がありました。

そのタイトルを「華やかな孤独」と銘打つことは、

メンバーが決まってからの判断でした。

自分は、企画を打つペースが遅く、1年に1度くらい。

自分の頭の中で何度も何度も反芻して、GOサインを出してから

ようやく実行に移す。

その場所が、ペンギンハウス以外にないということも

当然その中には想定されていた。

今も昔も変わらないですが、自分は実際に知り合って

お互いの人となりが分かっている事が企画する時の

大切な条件だったりする。

そのやり方は、当然時間がかかるし

オーガナイザーとしては、宜しくないのだと思う。

正直、将来のことを考えればここから先の企画は

どれも大切にしたいから、慎重になる。

その選択は、決して間違って無かった夜だったと思います。

津田一矢をトップで堪能すること。

成宮アイコを、ライブハウスの空間でじっくりと見ること。

内藤重人を、言葉と音を中心とした空間で聞くこと。

そして、最後にURAOCBが登場すること。

これらには、全て明確な理由と意味がある。

普通のブッキングであれば、この順番はひっくり返る。

それをあえて出演順を反対にすることで、イベントのテーマであった

「孤独」は浮き彫りになる。

出演者のパッション、お越しいただいた方の温度、

ライヴの現場で起こった、様々なドキュメント

どの部分から見ても、とても良い夜になったと思います。

どの方のパフォーマンスも、素晴らしく独立していて、

しかし、観覧されている方のハートの鷲掴みにしていた。

その光景を観させていただくだけで、とても幸せな夜でした。

過ぎてしまうのが勿体ないくらいに。


http://penguinhouse.net/51721.html


ペンギンハウスのジミーさんが、当日に書いていただいた感想です。

とてもお世話になりました!ありがとうございます。


今後、自分の企画はその度にコンセプトを変えて、やっていく予定です。

具体的な予定はまだ頭にありませんが、浮かんで形にできた時に

進めていきたいと思います。


この数か月にかけて、印象的だったアクトを幾つか


カニエ・ナハ @TOKYOポエケット


f:id:uraocb:20161103014727j:image:w360


自分が現代詩関係の方々と関わりを持つようになったのは

SPIRITが始まってからのことで

それまでは、交わる場所も時間も無かったというのが実際でした。

なので、自分にも何処か現代詩の方に枠をはめて部分が

今にして思えばあったかなと思うわけです。

その中でも、カニエさんのパフォーマンスは印象的な物で

他の方と少しだけ異なるかなと感じるのは

彼の中には「リズム」が備わっているということ。

ダンスミュージックのような

一定のBPMではないけれど、

彼の詩には確かにリズムが息づいている

そして、それを音像化することによって

立体的な言葉と間が具体的な像を伴って現れる

僕は、やはり音やビジュアルがドキュメントとして

生えるポエトリーリーディングが好きな人間なので、

非常にスリリングなパフォーマンスに感嘆しました。


GOKU @ JET POET


f:id:uraocb:20161103014726j:image


長野で活躍しているGOKUさんのパフォーマンスは以前も一度

「ROUND POETRY PARTY」でも拝見していたのですが

即興楽器とのインプロビゼーション

潜在能力が一気に引き出されたようなアクトでした。

今まで自分が見た中でも、群を抜いた最高峰のポエトリーリーディング

シンプルに紙の上の言葉を読むだけで、

これほどまで芳醇な風景と情感を現すことができるのか。

何も足さずとも、ポエトリーリーディングはここまでいけるのか。

ここまで見せることができるのか。


f:id:uraocb:20161103015325j:image

f:id:uraocb:20161103015324j:image

f:id:uraocb:20161103015322j:image


後、この日のJET POETはGOKUさんのパフォーマンスに触発されたように

素晴らしいオープンマイクが続出していたことも

とても印象に残りました。

それぞれが、それぞれの近況を伝えあうような言葉の応酬がありました。

詩の朗読は、確かにここにある。

JET POETは自分が通う数少ないオープンマイクになりましたが、

ここを出発点に始めたことには、重要な意味があるんだと、再確認。


自分が出演した印象深かった企画


不気味なもの @ 大宮ヒソミネ


f:id:uraocb:20161103014725j:image:w360

f:id:uraocb:20161103014723j:image

f:id:uraocb:20161103014722j:image

f:id:uraocb:20161103014721j:image


つい先日催された、そにっくなーす企画

元々は活字畑にいた彼女が

詩の朗読を本格的に始めるきっかけのひとつには

SPIRITに足を運んだこともあったのだろうと思うけど

その間にも様々な活動を継続し、

彼女にしか繋ぐことができない異ジャンルの人達を集めた。

こういう企画を行う際は、同じ言葉のジャンルとはいえ

方法論が異なるので、乖離する危険も孕んでいる。

けれど、この日来られていた方はどのスタイルの朗読にも

寛容に開いて見ていただいていて、

その懐の広さに、彼女がこの1年余りで築いてきた結晶を

見ることができたような気がした。


今年になってから、ポエトリー関係のイベントが幾つも立ち上がり

しかも、それが自分達より後にやって来た人達によって創られていること

そしてその場所に、自分が立つことができること

これは、この世界に足を踏み入れた7年前には

全く想像していなかった風景。ひとつの感慨を覚える。

と同時に、その時点で留まってはならないなという気持ちもある。

同じようにこの7年を前線で戦ってきた猫道、大島健夫を見て

一層その気持ちを強くする。

まだまだ先に行けるし、良い物を作れるし、披露できる。

スキルを磨いてステージに立つ。できることはそれだけだ。

それだけを、精進していきます。


そんなわけで、まだまだ日々は続く。

今後の予定は以下の通り!


11月7日(月)

POETRY READING OPEN MIC

SPIRIT

渋谷 RUBY ROOM

http://rubyroomtokyo.com/

開場 19:30

開演 20:00

入場料 2000円(2ドリンク付)

▽主宰・出演

大島健夫/URAOCB

▽スペシャルゲスト

山田亮太

※オープンマイクは当日先着16名まで。1名あたり制限時間5分


今回のSPIRITは、詩集オバマグーグル』を刊行された、

山田亮太さんをお迎えします。

毎回異なる風景が現れるSPIRIT、今回はどうなるでしょうか?

乞うご期待!


11月21日(月)

『謡(うたげ)〜其の二十三』

渋谷喫茶SMILE

http://udagawasmile.com/

19:00/19:30 1000+D

【出演】

片岡フグリ

ロットン瑠唯

URAOCB

Anti-Trench


毎月渋谷SMILEで催されている

かずちゃんのイベント、3回目の登場です!

Anti-Trenchは勿論、普段顔を合わせることが少ない

ミュージシャンとの共演は刺激的!

楽しみにしております。


11月27日(日)

TPD Reboot Live Show "The Premiere"

SHIBAURA HOUSE

OPEN14:00 START15:00

出演

The Punky's Dilemma

てあしくちびる

ツバキコウジ

http://www.thepunkysdilemma.com/thepremiere.html


昨年後半から、創作とリハーサルに没頭していました

新生TPD、いよいよ初お披露目です!!!

超強力な共演陣に囲まれ、音と言葉を紡ぎ出します!

ぜひぜひお楽しみに!!!!

2016-10-08

make a decision

23:47

オープンマイクSPIRIT、22回目の夜も沢山の方にご来場いただきました。今回も沢山の言葉が交わされた、素晴らしい夜でした。誠にありがとうございました!


今回スシャルゲストとしてお迎えしたのは、ラッパーの音猿さんでした!


f:id:uraocb:20161008234609j:image

f:id:uraocb:20161008234607j:image



音と言葉に拘り抜いた渾身の30分。緊張感とエモーショナルな空気に包み込まれました。今、この瞬間に見れた事が語り継がれるであろう、素晴らしいパフォーマンスでした。

音猿さんに初めて会ったのは今年の3月の事です。高円寺のとある場所で共演しました。残念ながら彼のライヴに間に合わなかったのですが、終演後にした話は今でも自分の中に突き刺さっています。何故ラップを選んだのか、表現にどのように向き合っているのか。そこには、続けるかあるいは終わるのか、そこまで研ぎ澄ました切実な思いがありました。それは、この日のリハーサルからパフォーマンスへと移る過程の中で充分に感じる事ができました。おそらく、彼は後少しの時間で大きなフィールドに向かうのだと思います。その前に、ポエトリーリーディングの現場で体感できた事をとても嬉しく思います。


オープンマイクには18人の方にご登場いただきました。

ご登場頂いたのは、登場順に、


かとうゆかさん

川島むーさん

ハントさん

波四ラジオ3号さん

遠藤ヒツジさん

どぶねずみ男さん

DJ春井さん

モリマサ公さん

死紺亭柳竹さん

落山羊さん

上條美由紀さん

渋澤怜さん

TAOさん

yaeさん

丸山永司さん

ジュテーム北村さん

川方祥大さん 

もがくひとさん


以上の皆様でした。

朗読からラップ、弾き語りまで今回も様々なステージが繰り広げられました。

オープニングは大島健夫が「大蛇をください」を、ラストはURAOCBが「華 原 朋 美はフィクションです」と新作を朗読させていただきました。

ポエトリーリーディングオープンマイクSPIRIT、次回は11/7です。スペシャルゲストには山田亮太さんをお迎えします。今後ともSPIRITを宜しくお願いいたします!

2016-09-19

10月3日 オープンマイク「SPIRIT」

23:21

f:id:uraocb:20160919232041j:image


「心を声に。声を言葉に。言葉を、明日に」


毎月第一月曜に渋谷RUBY ROOMで恒例、URAOCBと大島健夫の共同開催による朗読オープンマイクイベント「SPIRIT」。22回目となる2016年10月の回は3日の開催です。


今回のスペシャルゲストには、ラッパーの音猿さんをお迎えいたします。エモーショナルな30分のスペシャルステージ、どうぞお楽しみに!


19時30分開場、20分開演。オープンマイクは当日先着16枠までなっております。1名あたりの制限時間は、今までと変わらず5分でございます。どうぞふるってご参加ください。もちろん、オープンマイクにご参加なさらない、純粋なお客様のとしてのご来場も大歓迎いたします。


☆☆☆


POETRY READING OPEN MIC

SPIRIT


2016年10月3日(月)

会場:渋谷 RUBY ROOM

http://rubyroomtokyo.com/


開場 19:30

開演 20:00

入場料 2000円(2ドリンク付)


▽主宰・出演

URAOCB/大島健夫


▽スペシャルゲスト

音猿

D


---

※オープンマイクは当日先着16名まで。1名あたり制限時間5分

2016-08-03

HOT SUMMER

00:55

2016年8月1日、ポエトリーリーディング・オープンマイク「SPIRIT」は20回目を迎えることができました。ここまで続けることができたのも、オープンマイクに参加された方。観覧いただいた方、お越しいただく皆様のお陰です。心より御礼申し上げます。


記念すべき20回目のスペシャルゲストは、ジョニー大蔵大臣 from 水中、それは苦しい!!!


f:id:uraocb:20160804005403j:image

f:id:uraocb:20160804005401j:image

f:id:uraocb:20160804005756j:image


パワフルかつエネルギッシュ、圧巻のステージ。ご存じの方は沢山いらっしゃるので、多くを語る必要はないのかもしれません。ライブハウスシーンの第一線で戦ってきたことが一目瞭然、プロフェッショナルのライヴでした。オープンマイクイベントに合わせて、5年ほど前に作ったという詩を朗読!しかも、それが水中のテイストそのものの傑作で驚きました。最後は谷川俊太郎リメイクした「芸人の墓」で締めていただきました。


お互いのMCで触れましたが、同じ歳の私とジョニー大蔵大臣は20歳くらいの頃出会って、ミニコミでインタビューをしたり、呑んだりする間柄でした。水中のファーストアルバムがリリースされた前後の時代です。その後長い空白を経て、私は朗読を始めることで彼と再会し、ライヴを再び観ることができたのですが、嘗ての水中で展開されていた言語と音が即興的に絡み合う世界観が、体力とエンターテインメント性を伴ってスケールを大きくしていたことがとても印象的でした。この20年で私も変わりましたが、彼も唯一無二の素晴らしいパフォーマーになっていました。人生や運命には、時として色々なことが起こりますが、この日のような瞬間を迎えることもあるのだなと、彼のライヴの時間中は考えていました。


オープンマイクには、17名の方に登場いただきました。

ご登場頂いたのは、登場順に、


モリマサ公さん

黒川武彦さん

丸山永司さん

もりさん

公社流体力学さん

ユウサクさん

川島むーさん

シノザキダイゴさん

かとうゆかさん

どぶねずみ男さん

merry-andrewさん

TAOさん

死紺亭柳竹さん

渋澤怜さん

コーラさん

ジュテーム北村さん

西田夏奈子さん 


以上の皆さんでした。初登場の方は5人。ジョニー大蔵大臣のパフォーマンスに触発されたように、エモーショナルなアクトが連鎖していきました。とにかく徹底掉尾「熱い」夜でした。つくづく、オープンマイクは生き物なのだなと再確認しました。

オープニングは大島健夫が、最後はURAOCBが「This is statement」を朗読しました。


オープンマイク「SPIRIT」次回は9月5日です。スペシャルゲストには、2016ポエトリースラムジャパン・ファイナリスト「もり」さんをお迎えします。どうぞお楽しみに!