スマートフォン用の表示で見る

長野市

地理

長野市

ながのし

長野県県庁所在地中核市である。

善光寺門前町として江戸時代以降急速に栄えた都市で、1998年(平成10年)には長野オリンピックが開催された。蕎麦おやきなどが特産で、小麦粉の消費量は日本一を誇る。郊外では林檎など果樹の栽培が盛ん。「市民性」は長野県民の県民性に加え、中南信地域の人と比べ大人しい傾向があるが、一方で、日本の地方都市では初のスターバックス長野駅前に開店すると「開店初日の売上高世界一」なる記録を打ち立ててしまうという、新しいもの好きな一面もある。

2005年(平成17年)1月1日に、豊野町・戸隠村・鬼無里村・大岡村を編入。

2010年(平成22年)1月1日に、上水内郡信州新町中条村合併した。

人口は県内最大、面積は松本市に次いで広い。

データ

人口
383,539人(2005.12現在)
面積
834.85km²(2010年1月1日現在)
市の木
シナノキ
市の花
リンゴ
市町村コード
20201-1

主な企業

五十音順の後アルファベット順)


主な出身者

五十音順の後アルファベット順)


*1:生まれは満州

*2戸籍上は豊野起点

*3戸籍上は篠ノ井終点

*4戸籍上は篠ノ井終点

*5:料金所は須坂市

*6:IC自体は隣の千曲市にあるが、長野市南部へのアクセスに便利