スマートフォン用の表示で見る

信越本線

地理

信越本線

しんえつほんせん

JR東日本の路線(幹線)。路線名は「信濃」(長野県)と「越後」(新潟県)から。


概要

分断

信越本線は、群馬県高崎市を起点とし、路線名の通り、長野県を経て新潟県新潟市に至る幹線鉄道だった。ところが1997年10月1日の北陸新幹線長野新幹線高崎長野間の開業に伴い、横川群馬県安中市)‐篠ノ井長野市)間の並行在来線は廃止されてしまう。このうち長野県内の軽井沢篠ノ井間は、第三セクターしなの鉄道に承継されて現在も営業を続けているが、碓氷峠を越えるJR最急勾配区間として知られた横川軽井沢間はバス輸送に転換された。これにより信越本線は、以下の通り群馬側と長野新潟側、二つの区間に分断されてしまった。

ただ、信越本線はこれよりずっと前から分断路線であったともいえる。それというのも、東京新潟市を結ぶという信越本線本来の役割は、1931年上越線全通をもって基本的に終焉しているからである。その後は直江津を境に高崎寄りは東京長野北陸方面へのルート、新潟寄りは関西と東北を結ぶ日本海縦貫線の一部としての機能を果たしてきた。

前者の機能は現在では新幹線に移った。東京から長野へは北陸新幹線長野新幹線)、北陸へは上越新幹線ほくほく線がメインルートである。後者、日本海縦貫の役割には変わりがない。


碓氷峠

中山道における碓氷峠は、東海道における箱根に相当する存在である。険しさでは碓氷峠のほうが勝るという。明治の初めに東京京都を結ぶ鉄道を建設しようとした際、当初の計画では鉄道中山道を経由するはずだった。しかし当時の技術では中山道の経由する中部山岳地域、なかんずく碓氷峠への鉄道建設は不可能ということになり、急遽東海道経由に計画が変更されたという経緯がある。

その後、横川軽井沢両駅まで開通した線路を碓氷峠で連結する工事が始まったのが1891年。日本初のアプト式鉄道として開通したのが1893年である。1912年には幹線で初めての電化が完成した。これは同区間に26個ものトンネルが連続し、最大66.7‰の急勾配を登る蒸気機関車の煙による鉄道職員の窒息などの事故がしばしば発生したことも理由とされる。電化されたとはいえ、連結両数や運転本数に制限のかかるアプト式はその後信越本線の輸送力を増強する際の障害ともなり、これが上越線建設の動機のひとつともなった。

技術の進歩により1963年にはアプト式によらない(粘着式)新線が開通し、アプト式は廃止された。この新線でも専用の補助機関車を用いる方法がとられた。

1997年北陸新幹線の開業によりこの区間を通過する特急列車が廃止されることとなった。普通列車のみの運転では補助機関車をはじめとする特殊な設備を維持することは採算性から不可能と判断され、北陸新幹線開業前日、1997年9月30日をもって廃線となった。

専用機関車の機関庫だった横川機関区の跡地には、1999年、碓氷峠鉄道文化むらが開場した。粘着運転時代の碓氷峠で終始補機として使用されたEF63型機関車の運転を体験できるほか、廃線区間の一部を活用したトロッコ列車の運転もある。


年表

年月できごと
1885年10月高崎横川間開業
1886年8月直江津−関山間開業
1888年5月関山−長野間開業
1888年8月長野−上田間開業
1888年12月上田−軽井沢間開業
1893年4月横川軽井沢間開業
1897年5月北越鉄道 春日新田(現・直江津−黒井間)−鉢崎(現・米山)間開業
1897年8月北越鉄道 鉢崎−柏崎間開業
1897年11月北越鉄道 柏崎北条間、沼垂(現在は貨物駅)−一ノ木戸(現・東三条)間開業
1898年6月北越鉄道 一ノ木戸−長岡間開業
1898年12月北越鉄道 北条長岡間開業
1899年9月北越鉄道 直江津−春日新田間開業
1904年5月北越鉄道 沼垂−新潟(旧)間開業
1907年8月北越鉄道国有化
1912年5月横川軽井沢間電化
1931年9月上越線全通
1947年10月宮内−長岡間電化
1952年6月長岡新潟間電化
1952年7月高崎横川間電化
1958年4月新潟付近のルートを変更、現在地に新潟駅開業
1963年6月軽井沢長野間電化
1963年7月横川軽井沢間のアプト式廃止
1966年8月長野直江津間電化
1969年8月直江津−宮内間電化
1982年11月上越新幹線大宮新潟間開業
1997年10月横川篠ノ井間廃止。横川軽井沢間は104年の歴史を閉じ、軽井沢篠ノ井しなの鉄道引継ぎへ
1997年10月軽井沢篠ノ井間をしなの鉄道に移管
北陸新幹線長野新幹線高崎長野間開業
2004年10月新潟県中越地震により主に新潟県内の区間で被害
2007年07月新潟県中越沖地震により、主に新潟県内の区間で被害。青海川付近は土砂埋没となる長期被害が発生。

駅・快速停車駅と接続路線

高崎‐横川間

駅名よみ
“えき”は略
所在市町村接続路線
高崎駅たかさき群馬県高崎市上越新幹線長野新幹線
JR高崎線両毛線上越線吾妻線八高線
上信電鉄
北高崎駅きたたかさき群馬県高崎市  -
群馬八幡駅ぐんまやわた群馬県高崎市  -
安中駅あんなか群馬県安中市  -
磯部駅いそべ群馬県安中市  -
松井田駅まついだ群馬県安中市  -
西松井田駅にしまついだ群馬県安中市  -
横川駅よこかわ群馬県安中市  -

(篠ノ井‐)長野‐新潟

篠ノ井長野間には、信越本線長野以北と直通する列車は平日朝の1本しか乗り入れない。ただし旧信越本線であるしなの鉄道へ直通する列車は多数設定されている。この区間の駅・接続路線についてはkeyword:篠ノ井線を参照。

駅名よみ
“えき”は略
所在市町村



接続路線
篠ノ井駅しののい長野県長野市   
    
長野駅ながの長野県長野市 長野新幹線
JR篠ノ井線
しなの鉄道線・長野電鉄長野線
北長野きたながの長野県長野市 長野電鉄長野線信濃吉田駅)
三才駅さんさい長野県長野市   -
豊野とよの長野県長野市 JR飯山線
牟礼むれ長野県上水内郡飯綱町   -
古間ふるま長野県上水内郡信濃町   -
黒姫駅くろひめ長野県上水内郡信濃町   -
妙高高原駅みょうこうこうげん新潟県妙高市   -
関山せきやま新潟県妙高市   -
二本木にほんぎ新潟県上越市中郷区   -
新井駅あらい新潟県妙高市  -
北新井きたあらい新潟県妙高市  -
脇野田わきのだ新潟県上越市  -
南高田みなみたかだ新潟県上越市  -
高田駅たかだ新潟県上越市  -
春日山かすがやま新潟県上越市  -
直江津駅なおえつ新潟県上越市JR北陸本線
黒井駅くろい新潟県上越市   -
犀潟さいがた新潟県上越市大潟区 北越急行ほくほく線
土底浜どそこはま新潟県上越市大潟区   -
潟町かたまち新潟県上越市大潟区   -
上下浜じょうげはま新潟県上越市柿崎区   -
柿崎かきざき新潟県上越市柿崎区   -
米山よねやま新潟県柏崎市   -
笠島かさしま新潟県柏崎市   -
青海川おうみがわ新潟県柏崎市   -
鯨波くじらなみ新潟県柏崎市   -
柏崎駅かしわざき新潟県柏崎市 JR越後線
茨目いばらめ新潟県柏崎市   -
安田やすだ新潟県柏崎市   -
北条きたじょう新潟県柏崎市   -
越後広田えちごひろた新潟県柏崎市   -
長鳥ながとり新潟県柏崎市   -
塚山つかやま新潟県長岡市   -
越後岩塚えちごいわつか新潟県長岡市   -
来迎寺らいこうじ新潟県長岡市   -
前川まえかわ新潟県長岡市   -
宮内駅みやうち新潟県長岡市 JR上越線
長岡駅ながおか新潟県長岡市 上越新幹線
北長岡きたながおか新潟県長岡市   -
押切おしきり新潟県長岡市   -
見附みつけ新潟県見附市   -
帯織おびおり新潟県三条市   -
東光寺とうこうじ新潟県三条市   -
三条駅さんじょう新潟県三条市   -
東三条駅ひがしさんじょう新潟県三条市 JR弥彦線
保内駅ほない新潟県三条市   -
加茂駅かも新潟県加茂市   -
羽生田はにゅうだ新潟県南蒲原郡田上町   -
田上たがみ新潟県南蒲原郡田上町   -
矢代田やしろだ新潟県新潟市   -
古津ふるつ新潟県新潟市   -
新津駅にいつ新潟県新潟市 JR羽越線磐越西線
さつき野さつきの新潟県新潟市   -
荻川おぎかわ新潟県新潟市   -
亀田かめだ新潟県新潟市   -
越後石山えちごいしやま新潟県新潟市   -
新潟駅にいがた新潟県新潟市 上越新幹線
JR越後線白新線
凡例
快速1
快速妙高
快速2
快速くびき野
すべて停車
一部が停車
すべて通過

主な列車

普通・快速妙高」(長野直江津
長野行きの妙高2号のみ快速。他は普通列車である。189系特急「あさま」色のまま使用。指定席車両1両連結。
快速くびき野」(新井−新潟
特急みのり廃止に伴い新設された。新井寄り先頭1両が指定席車両。485系1000・1500・3000番台使用。

いずれも一部を除いて乗車券のみで乗車可能。


リスト::鉄道路線

目次