スマートフォン用の表示で見る

189系

一般

189系

ひゃくはちじゅうきゅうけい

鉄道車両の形式

国鉄が1970年代に生産した、一般特急型車両。直流区間運用車両で、2ドア車体の183系に準じた車両である。

横軽通過対策が施されており、空気バネのエア抜きによる走行と、EF63機関車との協調運転対策が可能である。

この装備を持っている関係上、JRではJR東日本の配置に限定されている。

JR化後の動き

1993年から、リニューアル工事が実施。リニューアル時に施された塗装(右上画像参照)は運用列車の名前から「あさま色」と呼称される。

1997年長野新幹線開通に伴い、横軽通過運用から撤退。

183系より若干新しい車齢と、後から施されたリニューアル工事に伴い、183系車両の内老朽車を置き換える形で転用。中央本線総武本線系の183系を置き換えていった。多くの車両が183系と混結運用されたが、2001年に入り中央本線総武本線系の順に新型特急E257系の配置が進み、定期運用から撤退。

その後、多くの車両が車齢の新しい189系同士で編成を組み直し、通勤ライナーへの運用などを経て順次、前線から引退していった。

現在ではその多くが不定期運用・臨時列車用車両として、かつて臨時列車用に使用されていた165系を置き換える形で引き続き活用されている。

2012年時点での主な運用

ムーンライトながら」・「ムーンライト信州

中央線首都圏地区のホリデー快速 

多客時臨時増発特急あずさ」(時刻表には「一般特急型車両で運転」の但し書きがある)

信越本線 長野直江津間 快速・普通「妙高

※なお、JR西日本が所有する、特急はまかぜ」に使用される気動車についてはkeyword:キハ189系を参照。