Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2016年05月30日月曜日

[] 12:59

土:TTT 12位

今までで一番緊張したレース。出走前は調子が悪い気がしたが、走り出すと良い調子。試合補正もあってか、最初の折り返しまでは1mmの疲れも感じない。ローテもスムーズ。1往復はあっという間。少し疲れを感じ始めまだ余裕はあるが先は長いので余裕はとっておく。みんな結構余裕そうなので自分が一番きついくらいだと思っていたが流石にそうではなかった模様。この時点ではキープは固い、最後の復路で上げられそうだなと思っていた。

2往復目の往路で日大に抜かされ、リズムが狂い始める。抜き返すかどうか判断が難しいところだったが流石に遅いと感じたので貫名に抜こうと声を掛ける。ここで足が余りに余っていた貫名が爆上げ。余裕を持っていた僕はそこまでダメージを感じなかったが、全体としてここで無駄に消耗をしてしまった。振り返れば、スピードはそこそこ出ていたし抜かすべきではなかったといえるが、当時は判断が難しくまあ仕方なかったかと思う。来年以降への反省としたい。その後再度日大に抜かされ、先頭出力が抑えられ、個人的には一瞬冷静さを失いかける。しかし思い直し、ここは割り切って足を溜め、向かい風になって相対的に日大のペースが上がるであろう復路に足を使おうとみんなに声を掛ける。日大に抜かれたのは、ここまで遅く走ってきた僕らが悪かった。

そして最後の折り返し。よっしゃここから、と思った矢先、足を攣った貫名が離脱。3人に。レストの短くなった秋山がきつくなり、長岡も足を攣りかけということで僕の引く時間がだんだん長く。だいぶスピードは落ちる。きつかったが、また後ろに戻れば休めるので案外行けた。全力でゴール。結果は12位。崩壊していなくても入賞は厳しかったということで周りのレベルが高かった。

少し明るい点としては、あれだけ崩壊しても1分しか落ちてなくて、タイムを見るに周りもそのくらいは崩壊しているということ。周りのレベルは高くなったが、イーブンペースで行けるというのは絶対に強みになる。秋山が反省点として挙げていた、引く時間や出力については、バンク練から調整し、朝練でも試し、そんなに悪くなかったのでは。僕に関しては朝練で少し長めにしてみてやっぱり無理だと思った経緯もあるし、そういう意味では朝練で僕の調子がなかなか出なかったことが良くなかった。やはり朝だからかな…。貫名は余裕がありそうだったけど、怪我で離脱していたし難しかったと思う。強いて言うなら、バンク練の時点でもっと乗って配分を詰められたのではと思う。あそこで殆ど4人でできなかったのが痛かった気もする。朝練はやはりいろいろな面で条件が悪いので、バンク練で配分を決め、朝練ではローテとメディオの練習、配分は微調整くらいのつもりがいいのかなと個人的には思った。TTメットとの親和性という問題もあるし。ただ、僕はバンク練の方がやりやすいのだけれど、バンクだと後ろできついという人もいるからそこが難しいところではある。確かに秋山の言う通りもっと話し合うというのが大事なのかも。まとまったいなくてすみません。ただ、ローテはスムーズで朝練が不足していたようには思わなかった。最後まで持つとかそういうのは、個人の練習の問題であろうし。

12位ということで想像していたような達成感は得られず残念ではあったが、とりあえず肩の荷が下りた。植田一家に多大なるサポートを受け、後は翌日のITTに臨むだけ。

日:ITT 43位 44’48’’898 (41.24km/h)

昨日の借りを返すべく、後はやるだけITT。昨日の反省を生かして序盤からきつめで。しかし流石にもたず往路半分くらいから垂れていく。復路に入ると向かい風もあって完全にリズムを失い、気持ちが切れかけてしまったが、なんとか立て直し垂れはだいぶ抑えた。途中意識が飛びかけるなどめちゃくちゃ追い込んだが、後半少し上がったことを考えるに中だるみは痛かった。一応、1年目の自分を超えるという最低目標はクリア。

今年はポジションを攻めすぎていたようで、出力的には行けるはずのところが全然いけなかった(おかげで空力は相当良かった)。練習段階で気づくべきだったのですが、ITTはあまりやらなかったのでここまでとは思いませんでした。来年はTTTも含め、もう少し出力の出しやすいポジションで臨んだ方が良いと思った、TTTでももっと引けるはず。後は写真を見るに、特にITTではテール付きのヘルメットは微妙だった。それから、最近疲れてくると左足のペダリングがぐちゃぐちゃになってくる気がするので何とかしたいところ。



今回の試合では多くの方々にお世話になりました。今回植田のご実家に宿泊させていただき、植田含めご家族には大変お世話になりました。ありがとうございました。お父さんには買い出しなどもしていただき本当に助かりました。毎年のことながら、TTTに当たって準備段階からサポートをしてくださった柿木さんありがとうございました。ITTの日には会場に来てくださって気合いが入りました。OBの岩崎さん、宮崎さん、洋和さん、水田さん、浦、林、上村、それから部員のみんな。応援やサポート、立哨をしていただきありがとうございました。三宅監督も2日間朝早くからありがとうございました。もっと上を目指してやっていきたいと思います。

さらに、Michelin Pro4やPowerをご提供いただいている日直商会様ありがとうございました。今回の試合でもばっちり使わせていただきました。

次は再来週の個人ロード。僕含め東大から何人も完走者を出したいと思います!

[] 18:27

土曜日 TTT立哨

コース脇にひたすら立ってるだけだったが、他大の選手も含め速い人の走りが間近で見れた。スピード感を見れて良い刺激になった。

日曜日 ITT

自分の性格からしてもっと緊張すると思っていたが、この日は大丈夫で朝ご飯もしっかり食べられたのは良かった。ペースが分からなかったので往路は抑えめに行き、復路から上げ始めたが終わってみると前半からもっと追い込めたと思う。また、折り返し直後の向かい風になった所でスピードを落とさないこともできただろう。去年の加藤先輩のタイムも下回る遅さで最下位だった。数え切れない人数に抜かれたので、次は抜く方になりたい。

監督やOBの方々、暑い中サポート本当にありがとうございました。

[] 22:34

ITT

結果は、わざわざ書くまでもないですが、「下から数えて何番目」というところだった。それでも、初めて大会に出場し、多くのことを学ぶことができた。また、強い選手の走りを見て、意識の面でも成長したところがあったと思う。

レースの反省点としては、前半もう少し攻めた方が良かったかもしれない。後半向かい風の中で足が止まるのを恐れて中途半端になってしまった。

終わりに、今回私が大会に出場し、走りきることができたのは、競技班の皆さん、大会関係者の皆さんをはじめ、書ききれないほど多くの方々の支えによるものだという事をひしひしと感じています。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

[] 23:12

5/28 TTT

立哨の仕事を精一杯やった。強い選手の走りを間近で見られたのはいい刺激になった。

5/29 ITT  0:56'17''774

初レース。一つ前の人がポイントレースのジュニアチャンピオンで一瞬で見えなくなってしまった笑ので、あせって序盤はペースを上げすぎてしまった。復路はほとんど垂れてたし、残り3kmで上げる余裕もなかった。まあ初レースだしサイコンもついていないので仕方がない気もするが、他人のペースにあまり惑わされないようにしたい。

最後に、二日間を通してロードレースが多くの人の支えのもと行われていることを実感しました。本当にありがとうございました。

[萩原洋平] 23:59

土曜 TTT立哨

先輩方や他大の、チームでの走りを見ることができた。が、暑さにやられてほとんど覚えていない。日焼け止めの重要性を知る。

日曜 ITT

往路は「あれ?これ結構楽じゃね?」と思うくらいの速度でいい、と先輩方には教えてもらっていたけれども、往路で抜かれまくると萎えて不完全燃焼に終わりそうな気がして、不完全燃焼になるくらいなら追い込んで死んだ方がましと思い、序盤からちょっととばした。とばしてるので楽ではなかったが、追い風のおかげもあり、折り返し地点までの距離は割と短く感じて、復路に入った時点で萎えていなかったのはよかった。復路に入るとすぐにケツが痛くなり、シッティングがツラくなる。シッティングが我慢の限界になるとダンシングをするが、ダンシングをするとすぐに太腿が攣りそうになるのでシッティングに戻す。疲れというよりはケツと太腿の痛みに耐えることがダルかった。サイコンがなかったので実際はどうかわからないが復路でもそこまで減速せずに済んだと思う。走りきった後はケツ割れした。追い込めた証拠だと思いたい。

結果を見てみると2秒差で慶應の人に負けてるっぽくて悔しかった。

これから練習に取り組んで強くなります。

監督や来てくださったOBの方々はありがとうございました。

2016年05月29日日曜日

[] 19:41

金曜 高強度インターバル

土曜 TTTサポート

サポートの合間にちょこっとローラーに乗っただけ。

メンバーの4人はお疲れ様でした。チームに貢献できず申し訳ない。1年生も立哨ありがとう。2年生も朝練から1年生の指導等から当日のサポートまでありがとうございました。

日曜 武蔵五日市方面へ

疲れていたので遅め起床遅め出発で甲武〜都民の森に行く予定だったが、分岐までのペース走で持病の気管支喘息で呼吸が苦しくなり、甲武登った感じダメそうだったので引き返す。萎え。なぜかこの時期に多いし、修善寺でも後半に出てきたし、対策を考えなければ。

立哨してくれた、宮崎さん、林さん、上村、加藤ありがとうございました。

[] 21:23

ITT クラス3 11位 44分53秒 avg.41.17km/h

昨日の疲れはまあそれなりに残っていてケツとかは結構痛いが最低限は頑張ろうと思ってた。

何故か出走5分前にクリートが急にはまらなくなって割とイライラしながら出走。なんとかクリートをはめてスタートしたがダンシングした瞬間にクリート外れて15秒くらい損するし、変な角度でしかはまらいしで普通にどうでもよくなりそうだったが、なんとか気持ちを保って走る。その後は予想に反して快調に走り5人くらい抜いてゴール。タイム、出力的にそこそこだなと思ってテントに戻ったら昇格あるかもと言われたので、少し期待しつつもまあないだろうと思ってたいたら、案の定青いジャージのチームがあり得ないタイムですっ飛んでたので普通に無理だった。

この二日間立哨して下さった方々、サポートして下さった方々、また宿泊させていただくなど今回の大会に関して多大な援助をして下さった植田家の皆様本当にありがとうございました。

[] 22:00

TTT12位

自分のできるであろう範囲のことはやっただけに残念。これが実力か。

1往復目は練習通り。特になし。

2本目往路できついなあ、でも時間、出力は大丈夫。しっかり休まないと死ねるな。くらいだったのが日大とのごたごたで消耗。貫名がいなくなって休めなくなって、僕の引ける時間が短くなっていってダメダメなゴールだった。

自分個人の問題はたぶん見つからない。1往復半は柿木さんと前もって話していたことはできたし、ゴタゴタ+貫名が消えたことをカバーできなかったのは自分の実力じゃできないことだと思う。それよりも練習をしっかりコントロールすること、自分一人が経験者なんだから経験を還元すること、メンバーと引く時間や出力を話し合うこと等が足りなかったんじゃないかなと思う。そこは準備段階の問題で、そういうのをしっかりしないと強い人がいない現段階ではどうやっても結果を残せない。周りのチームが速かろうが遅かろうが関係なくて、自分のチームのベストを引き出せなかったのはある程度は僕の責任なのかな、なんて思ったりもするので反省点はしっかり控えて来年にリベンジを果たそうと思う。試合後は植田家で過去最高のおもてなしを受けてきた。おかんのおかんは最強である。

ITT27位

僕も植田も1分勘違いしてて、ぬか喜びしていました笑。もし勘違いタイムなら18位くらいなので割とおおってなったのですが…。

昨日の疲れは感じるものの、みんな同じ条件って言い聞かせて無視しまくっているうちに感じなくなっていい状態で出走。貫名の教えてくれたアップも本当に良かった。往路は追い風で怖いくらいのスピードが出る。出力は練習よりやや上くらい。折り返しまではきついと楽の間くらいだった。折り返し後は大殿筋がつらかったけど調子はよさげだったのでやや上げたパワーではいっていく。折り返し後5分からの10分ほどは天国を見続けて残り3キロ。踏んでも踏んでも今まで出し続けていたパワーのほんの少し上しか出なくて地獄の3キロを終えてゴール。帰ってパワーデータを見ての反省は前半からもう少しあげなくちゃいけなかったかなと。多分前半のペースに関わらず、後半はきつい思いをするのがTTの怖さなんだろうなと思う。僕はまだできると思うし、このきつさ、順位では満足できないししてはいけない。どうもパッとしない成績ばかりですが、自分はできるという根拠のない自信だけはあるので、何が足りないのかを監督・柿木さんを頼って成長していきます。

2日間多くの人に助けていただき、応援していただきました。日直商会様の水口さん、OBの洋和さん、水田さん、浦さん、林さん、うえむー、岩崎さん、柿木さん。そして2日とも監督にはアドバイス等いただきました。植田家では植田以上のマネージャー能力がある両親に大変お世話になりました。本当に感動するレベルの待遇でした。その他サポートの方も含め、2日間ありがとうございました。

最近応援されていることを実感することが多く、本当に励みになります。結果が伴わない自分を不甲斐なく思うこともありますが、どんな時でも支えてくれる植田や柿木さんがいるので僕は前を向いて練習するだけだなといつも感じます。必ず結果で返しますので引き続き応援よろしくお願いします。

[] 22:52

昨日 TTTサポート

メンバーの四人はお疲れ様でした。来年…は難しくても再来年は選手として結果に貢献できるよう強くなりたいです。サポートして下さったOBの方々ありがとうございました。

今日 ITT クラス3 29位 47'29 Ave38.91km/h

Ave39km/h超えを最低目標にあわよくば40km/hを超えるつもりで。往路追い風復路向かい風だが風は強くなったり弱くなったりだったので、往路の速度設定は感覚に任せ、復路平均で往路平均ー40km/hの貯金を使い切らないように頑張る予定だった。

序盤は頑張らなくても45km/h以上が出るが、風が弱まったのか突っ込んでただけなのかこれ無理だなと悟り42〜3km/hに落ち着く。しかし、7分半経過5.5km地点で後輪バトンに貼っていたスピードメーターのマグネットが飛んでいき時速その他が不明に。何重にも固定しなかったことを反省。ケイデンスだけはわかるので往路はそのままのギアでケイデンスを維持することにするも、徐々にたれてしまう。折り返しで変速してからは自分の勘を信じて走る。すぐに能活に抜かれ、朝日の選手多数にも抜かれるがペースは上げられない。股が痛すぎて痛い痛いしか考えられないが、自分に檄を飛ばして走る。残り3kmでも上げる余裕はなく、1km辺りからやや上げてゴール。

結果的に39km/hすら超えられず、悔しいの一言。走ってる時はキツかったが終わった時は死に切れた感が無く、メーターやサドルの件など準備も含めてもっとできたと思ってしまう。ただ仮にその辺を詰められたとしても大した順位にはならないし、長岡井上とのタイム差を見ても実力通りの結果だと思う。7月の三連戦で昇格を目指そうにも今の実力では話にならないので、乗り込みを前提に高強度の改善に重きを置いて取り組んでいきたい。

朝早くから運転、アドバイスしてくださった監督、応援に来てくださった柿木さん、立証、サポートしてくださった宮崎さん、林さん、魁さん、植田さんと植田さんのお父さん、加藤、本当にありがとうございました。

2016年05月28日土曜日

[] 18:31

TTT 12位

当日の調子は良く、あとは朝練でやってきたことをやるだけという感じ。

1往復目は楽ではないけど、ローテを守る分には特に苦労もないといった感じで「結構余裕じゃん」とか思ってた。2往復目に入って10分くらいでややきつくなってくる。そのタイミングに、一つ後ろ発走の日大と抜きつ抜かれつの展開となりペースが乱れて一気に脚が削られきつくなる。前の秋山さんに幾度となくはすり落車しかける。ラストの折り返し「あと4分の1ならなんとかいけそう」 ここで貫名さんがいなくなり三人ローテに。この辺りで攣る前兆が見え始め、自分がここで攣ったら終わりだというプレッシャーからひよってローテに参加するのをためらう。踏める力は残ってるのに攣ってしまいそうで踏むに踏めないというのがもどかしいが我慢。三周に一回ローテに加わる程度しかできない。そこからはそんな状態が続きそのままゴール。

結果を聞いてがっかり。ただうまくいった前半と同タイムで後半いったとしても10位にギリ届くか届かないかとかのタイムだったことを考えると、出走前にある程度の勝負は決まっていたのかもしれない。来年以降は玉砕覚悟でもう少し先頭出力を上げる必要があるのだろう。

12位という順位はもちろん納得いかないが、今年は教訓の年として来年以降の修正につなげていきたい。

サポートしていただいた皆さん本当にありがとうございました。結果で応えられなくてすみません。

2016年05月27日金曜日

[] 08:59

昨日 朝練 ローテ練→ITT

ハンドル高さを下げて乗ったが、意外と乗りやすかった。

ローテに少しずつ慣れてきて、まっすぐ走れるようになってきたと思う。ITTではタイムを大幅に更新したが、他の部員のタイムにはまだまだ遠い。

[] 20:33

火:TTT練。あまりできなかったけど、全体としてはいい感じであった。自分の調子が気になるところ。

水:ローラーメディオ

木:今日は4分坂*3。

珍しく神経質。でもやるだけ。明日は頑張ります!

2016年05月26日木曜日

[] 14:38

昨日 河川敷ペース走

流しでもいいかなと思っていたが、DHバーを持ったら頑張ってしまった。調子は悪くなさそう。

今日 朝練 ローテ×2→ITT

今期最後の朝練。ペースをそれなりに上げたが一年生のローテが安定していた。レベル高し。ITTは途中少し邪魔が入ったものの無事ベスト更新。大台には乗れなかったが、短い期間で成長を感じられ本番での目標は定まった。あとはきっちり準備して当日冷静に頑張るのみ。

浦さん、毎回朝早くに来てくださり、いろいろなアドバイスや一年生への指導など本当にありがとうございました。

[] 19:18

ローテ練、ITT

向かい風の中でもしっかり踏めたのは成長だと思う。

これで今年は朝練最後だと思うとなんだか名残惜しい。

浦さん、アドバイス本当にありがとうございました。しっかりと言われたことを意識して頑張ります。

2016年05月25日水曜日

[] 17:41

ローラーメディオ。出力の残念さに萎えて1本だけ。

怪我の後はじめて左右の出力差がなくなったのはよかった。

[] 17:41

ためてしまいました。すみません。

5/22 恩方のつもりがシフトワイヤーが死んで離脱。90km往復しただけ、、、つらい、、、。

5/23 当部OBである青山さんのお店、「スポーツバイク ハイロード」に注文していたサドルを受け取りに伺い、シフトワイヤーの交換とディレイラーの調整もしていただきました。僕の乗っているBHもハイロードで購入させていただいたものであり、バイク選び、フィッティング、サドル選びやホイールの振れ取りなどなど、本当にお世話になっています。いつもありがとうございます。

駒場に戻ってローラーメディオ。なかなかいい出力。

5/24 朝練 ローテ1+2往復ITT

浦さんの奨めで2往復ITT。練輪普通メットを考慮すればなかなかいいアベレージスピードで走れたのではないだろうか。DHバーのポジションもいい感じになってきた。浦さん、1年の指導や僕達へのアドバイスなど、色々とありがとうございました。

[] 21:08

昨日 メディオ、インターバル

いつもより高強度を意識して。案の定、自分が思っていた以上にソリア上の強度が弱かった

ので 今日 も、同じメニューをしようとしたが、疲れが溜まっていたので強度を下げずに時間を減らして完遂。まずはここから。

[] 21:41

ロード練する予定だったが、DHバーを握って走行したかったので河川敷に変更。ひたすらメディオ

[] 22:36

先週ひいた風邪は治ったが、あげると咳が激しくなってメディオ断念

副鼻腔炎とやらにもかかってしまったし……やるぞーと思うと体調くずすの、あるある

2016年05月24日火曜日

[] 12:14

朝練

ローテ1本目は最初ペース上げすぎました。千葉くん、ごめんなさい。TTは途中からサイコンのスピードメーターが壊れたため体感で。序盤抑えすぎた感はあったもののぎりぎり14分台。もう少し縮められそう。

[] 12:30

土曜 TTT練。あまりできなかったがとりあえず回復は確認。

日曜 恩方3周+登り2周、大垂水表、裏

恩方の1周目はそれなりにきついものの維持できるペースに感じたが、

3周目あたりから雲行きが怪しくなり4周目で完全に力が出ずあえなく千切れて、後ろのグループに合流。

そこでも激坂のところまでついていけなかった。

大垂水ではまた意外と走ることができて、マイペースでいい感じに足を終わらせた。

1週間練習していなかったために、絶対的な出力の低下はさほどだが持続力がだめになっている。

次週末までにどうにか戻したい。  

火曜 TTT練→ITT×1

TTTはなぜか今日は後ろに着くとき距離をあけすぎてしまっていたが、先頭からスムーズに下がれていたし、

風向きによる位置の微調整もできていたので、あとはペースを守ることのみである。

やはり後半になるにつれて調子が上がって前に出たとき上げすぎる傾向がある。

ITTは思ったように脚が回らなかったのでいまいち。

[] 12:56

朝練 ローテ→ITT

ローテは加藤につられて前半かなり上げたけど、千葉が食らいついてきてびっくり。その後浦さんのお言葉により2往復ITT。風が無風に近かったのとポジション調整して踏みやすくなったおかげか、一往復時点でベストを微妙に更新し、そのままのペースで最後までいけた。またもやこういっちゃんには惨敗したが、出力聞いたらそりゃ勝てないわという感じなうえにワンピ着用なのでしょうがない。ポジションはこれでいいとしても姿勢次第で空気抵抗は減らせそうなので木曜に実践してみる。

浦さん、練習のアドバイスや一年生への指導ありがとうございました。

[] 13:43

日、月

土曜の朝練をきっかけに自律神経大崩壊。

今日 TTT練

大分ローテへの不安はなくなった。あとは本番に向けて体調を万全にし、一回でも多く自分のローテを守れるよう頑張るだけだ。

その後のITTで地味にハッスル

2016年05月23日月曜日

[] 13:04

5/21 V坂ソリア、SFR、20秒

ソリアは2本目まで拓央さんについていったがそれ以降はダメ。SFRがいまいちな出来だったので20秒くらいのもがき4本追加。

5/22 恩方4〜大垂水2

恩方については平山が書いた通り。特筆すべきことなし。恩方後の休憩で補給をとりすぎたのか胃が消化不良っぽい感じに。1本登れば調子が戻ると思ったがむしろ悪化。練習どころじゃなかったが何とか登りきる。帰れるか心配なレベルだったが多摩サイに入る頃には普通に踏めるようになった。せっかくの練習を無駄にしてしまった。もったいない。

[] 13:31

こんにちは。パソコンに強くないのにWeb担当を務めておりますマネージャー植田です。笑

ついに今年もチームタイムトライアルが今週末に迫りました。今回は、そのメンバーをご紹介します!

●生駒 亮汰(薬学系研究科)

f:id:ut-br:20160523132016j:image

2014年3月入部。

2014全日本学生選手権ITT クラス3 2位で学連クラス2へ昇格。

・ツールド北海道2015 3ステージ完走、総合66位

・クラブ対抗ロードレース 5位 など

●秋山 浩杜(後期教養学部) 主将

f:id:ut-br:20160523132307j:image

2014年4月入部。

2014年度 浮城のまち行田クリテリウム クラス3 2位で学連クラス2へ昇格。

・2015全日本学生選手権TTT 7位

・ツールド北海道2015 ステージ1完走 など

●貫名 将人(前期教養学部理科一類

f:id:ut-br:20160523132323j:image

2014年4月入部。

2015全日本学生選手権ITTクラス3内 3位で学連クラス3へ昇格。

・ツールド北海道2015 ステージ1完走 など

●長岡 能活(前期教養学部文科二類)

f:id:ut-br:20160523132630j:image

2015年4月入部。

ぜひご声援のほどお願い申し上げます。

2016年05月22日日曜日

[] 16:50

取り急ぎ生存報告

TTT直前に週末の練習を休んだことで、迷惑と要らぬ心配をかけていますが朝の体調不良はおそらく乱れた生活リズムと貧血によるものだと思われ、爆睡したら治りました。大丈夫です

火曜に朝練やって、水曜は出来れば120kmくらいのロード練をして体に良い刺激を与えられたらと思っています

[] 18:24

昨日 急遽ぶち込んだ朝練後TTT準備。これだけじゃさすがに土曜日なのにもったいなかったのでタバタ2。久しぶりの高強度で死んだ

今日 恩方、大垂水

トライアスロンサークルDoo-upの阪田さん、西條くんと。東大唯一のトライアスロンチームなので、東大の名前で大会にも出ている実質運動会のような団体さんです。僕は東大ジャージ、Nickに乗ってる人です。二人いますね笑

1周目は序盤ぶっ飛ばしてごめんなさい。245周目でソリア。序盤の5分からのソリアなのでやはりなかなか強度が出ない。ここでしっかりパワーを出せて反復できるようにならなくちゃいけないんだろうな…。

休憩後大垂水裏表。特に何もなかった。ここでどれだけピークパワーに近いパワーが出せるかってところなのに、毎回甘えてしまっている気がしなくもない。メニュー仕上げのメディオは精神的になかなか来るものがある。

Doo-upのお二人お疲れ様でした。すごく喰らいついてきて実は驚いていました。またお互いの都合がいいとき、一緒に練習しましょう!ありがとうございました。それと1年生は初めての長めの練習お疲れ様でした。去年の絶望しきった顔には程遠いさわやかなスマイルで面白味が足りない笑

[] 19:00

恩方大垂水

朝から冴えなかったが、まあ踏めるので、恩方は頑張った。ソリアもいい感じに踏めるようにはなってきている一方で、秋山、生駒さんと同じくらいソリアで振り絞っている感じに見えるものの、自分だけ明らかにそのあとのダメージが大きい。結果、5周目は途中でさようなら。

大垂水表は体調不良でまともにできず、頂上で少し休んでから、1年生の最後尾まで裏をくだって5分走。ここで足が残っていて、うーむ、もったいない。

もっと1回1回の練習を大切にしなければ、と反省した1日でした。トライアスロンのお二人もお疲れ様でした。

[] 20:38

恩方 ペソペソ→大垂水表裏

恩方は一年生を後ろにくっつけて加藤と回しながら。最近はITTに向けて平地練を増やしていたので平地はそれなりに引けたが、激坂ソリアは加藤に歯が立たず。もともと苦手な領域だし、美麻までに克服したい。大垂水は2本とも秋山さん、生駒さんから千切れてしまったが、Doo-Upのお二人に負ける訳にはいかないので振り絞った。裏はそこそこか。まだまだ実力不足。

完全に脚が終わってしまったので、帰りはツキイチでヒラヒラし、是政で一人になってからは20km/hすら満足に出せずに死に体で帰った。距離耐性が落ちているのか、高強度のダメージに弱いのか…。6月は乗り込みと強度を両立させたい。

Doo-Upの阪田さん、西條くんお疲れ様でした。実は西條は高校同期(で大学の先輩笑)で、テンション上がったと同時に刺激を受けました。是非また練習しましょう。一年生もお疲れ様。案外元気そうでびっくりです。

[] 21:53

土:TTT練

木曜の疲れが残っていたからか、めちゃくちゃ調子が悪かった。申し訳なかった。

日:恩方5周、大垂水表裏

今日は一転調子が良かった。恩方もめっちゃ踏める。メンバーの足が揃っていると本当に走りやすく素晴らしいコース。激坂でも良い出力。5周ではそれなりに余裕があったようで、大垂水表でまずまずの出力。裏も踏ん張れた。やばくはなく丁度いい練習量だった。

今日は以前の自分に戻っていた感じ。この調子が続くとは限らないが、日に日に調子が良くなっていて嬉しい限りである。しかし恩方の最終周や裏垂水では秋山に置いていかれ、秋山の強さを感じた日でもあった。この分なら秋山にくらいついていけば自然と強くなれそうなのでありがたい。

今日はトライアスロンサークルの方々と一緒だったが、想像以上に強かった。自転車部を引退したらトライアスロンでもやろうかと思っていたが、このレベルでランやスイムもこなすと人たちと争うとなると、厳しい限りである笑。

2016年05月21日土曜日

[] 13:54

V坂ソリアSFR

明日もあるし1年生もいるので今日は短時間高強度。出力は冬に比べると格段に上がったが、ラストは半分で心が折れた。

SFR、平山が強すぎて笑った、下手するとソリアとタイム同じくらいなのでは?笑笑

1年生も結構強くて期待。

[] 15:40

前について行こうとしたが毎回一瞬で置いてかれる。置いてかれた後スピード落ちすぎ。

登りやすい道ではあった。坂の最初の斜度がきつかった。

[] 17:15

V坂 ソリアSFR

ソリアはこういっちゃんとだったが、ついていけたのは1本目だけであとは全然ダメ。実力通りではあるが、そこを7月までに何とかしたい。休憩後のSFRで謎のトルク芸人化笑。3、4月に継続してやった成果かもしれないが、SFRをやってSFRが強くなっても何の足しにもならない…。自分の課題克服には適しているはずなので、ITT後にまたしばらくやろうと思う。最後加藤につられおまけの一本。しっかり出し切れ、前半よりずっと良い出来だった。アップ不足もあったかも、と思いたい。

[] 19:00

早朝練

諸事情によりほとんど出来ず。なんか付きミスが多くて疲れたが、外的な何かのせいだと思うので特に気にせずいきたい。

その後自走で帰宅

[] 20:41

先輩たちに全くついていくことが出来ず力の差を痛感した1日だった。

学んだことをしっかり実践して、特に登りで踏ん張れるようにしていきたい。

あと、同じところを何度も登るのは精神的に非常にきつかった。

115km

[] 00:46

5/20 パワマソリア

5/21 V坂ソリアSFR

ソリアは目標出力で完遂したが、SFRは全然ダメ。SFRもっとやりこまないと。

2016年05月20日金曜日

[] 17:55

5/18 大垂水表裏表裏〜小仏3

大垂水に向かう途中で駒澤大学の森さんに声をかけていただいて一緒に練習することに。1本目表はこういっちゃんの謎ペースアップについていく気がおきず千切れる。2、3本目もすぐ千切れる。4本目はきつかったものの着き位置で着いていけた。これについて行けるなら2、3本目あんなにすぐ千切れるわけないと思うのだが…。自分でもよく分からない。小仏は1本目でオールアウトして、2、3本目は全然ダメ。森さんありがとうございました。またの機会があればよろしくお願いします。

5/19 朝練

昨日の疲れのせいかローテ練が普通に辛かった。TTはエネルギー切れで力が入らず。

2016年05月19日木曜日

[] 11:35

早朝TTT練

今日はメンバーが生駒さんと二人しかいなかったので、練習は無理かと思ったが、思いがけず浦さんが登場したので加わってもらい三人で回した。自分自身は大分慣れてきているが、全体的に順調さを欠いているので少し不安ではある。浦さん朝早くから来ていただきありがとうございました

終了後本郷で積み下ろしをし、駒場まで疾走してパワマでSFRをやって終わり。  75km

[] 12:12

朝練 ローテ×2→ITT

DHバーでの初の実走。ローテは二人の飲み込みが早く、指摘した点をすぐに改善してくれたので後半は快適だった。頼もしい限りです。ITTはDHバーに加え風が前回より弱かったことを考慮するとよろしくないタイム。一方で一年生の強さに驚愕…。ペーシングはうまくできたと思ったものの、一定出力の鬼である長岡先輩にはいつも通り突っ込んでたと笑われました。難しいです。ポジションについて変えるべきところは見つかったのでまたいじってみます。

浦さん、朝早くから練習に来ていただいてありがとうございました。そしてやっぱり強いです。自分も頑張ります。

[] 15:13

もがきインターバル

某弱小部に公然とパワマを占領されてしまったので、3年前のホームグラウンドに行ってもがいた。

チームに協力できず、申し訳ない。

[] 15:43

TTT練

バンク練以来の調子の良さだった。サドル高を下げ直したおかげと思われる。ポジションは段々と最適化されていっているように思う。メンバーは揃わなかったが、個人的には先頭交代にも慣れ、いい練習になったと思う。自分が長い時間を引いたというのはあるが、波形もきれいになってきた。ただし自分の出力が結構ぶれているので気を付けたい。強度も出てよかった。

ITTは引退した浦に1秒差でなんとか勝利。しかし、調子の良かった今日でさえ、どうしようもないと思えた去年の自分より弱い。そんな最近でもレースで走れているのは技術的な向上(TTTのグラフを見比べても明らかに感じる)と、高強度帯が改善したことが大きいようだ。

そういう意味ではTTTはまあ走れそうですが、ITTに関しては1年目の自分にも勝てないかも。とは言っても、一時期の絶望に比べればよく復調したもの。前向きに捉えていきたい。

[] 17:38

朝練ローテ2本

まだ強度を出すとダメそうな感じがしたので、TTTには入らず、ローテ練で先頭交代の感覚の復習だけ。1年の走り方もかなり安定していて、走りやすかった。左右均等に踏めているように思っていたのだが、帰って見返してみるといまだに右がちょうど左の7割しか働いていないらしい。

[] 22:03

朝練 ローテ練2本+ITT

2回目の朝練。早朝の道はすいていて気持ちいい。ローテはだいぶ慣れてきた(と思う)。平山さん、アドバイスありがとうございました。ITTは先週よりも風が弱いのもあるが、タイムが2分近く縮まってうれしかった。

2016年05月18日水曜日

[] 18:11

昨日今日 ローラーメディオ

TTポジションでの練習。久々に追い込めるようになった。精神的に回復していくのを日々実感。

[] 19:02

パワマソリア、ミドル

着実に成長を感じる。以前よりも追い込めるようになった。(先輩方に比べればまだまだだとおもうが…)

[] 21:44

昨日

諸々の調整に手間取って時間切れで乗れず。前日の回復走がよかったのか疲れは抜けていた。

今日 ローラー メディオ

一応のポジション出しをして、動画も少し撮ってもらいながらやってみたが、不自然さしかなかった。最後の方でやや身体が慣れてきた気はしたものの、明日走っていろいろ考えてみたい。

[] 22:05

5/18 大垂水表裏×2+小仏3

駒沢の森さんに声をかけていただき、大垂水反復に入ってもらった。1本目で盛大に突っ込むが、それほど調子がよくなくて3,4本目は残り2分で千切れてガンタレ。情けないしもったいない。森さんありがとうございました。

休憩後小仏へ。1本目はチェーンがカオスになって4分しかできず。もしかして修善寺でチェーン落ちしたのって、チェーンウォッチャー云々じゃなくて、単純にFDの調節が上手くいってないだけなのか、、、 残り2本は6分なのにメディオ強度しか出なくて全然ダメだった。

まあ日々の調子に一喜一憂せずにとにかく乗ろう。

[] 22:48

メディオ、SFR

まだ足が重かった一方で思ったよりトルクはかけられた。

データをちゃんと見る時間がとれない...

[] 22:57

駒場まで往復。1週間ぶりにダンシングができるようになり、何と1秒から30分までの全領域でピークパワーを更新(それはそう)。

まだデータでは右足は左の7割くらいしか仕事ができていないし、痛みも残っているので、焦りは禁物である。

2016年05月17日火曜日

[] 14:47

5/15 修善寺オープン 右足の怪我によりサポートにまわる。金子がかなり好走していたので、インカレへの希望が見える。

5/17 ローラー練→10分で中止。右足の出力が100Wに近づいたあたりから痛みが出始めたので、まだダメだと判断。

   毎日、前日よりはましになっているのを感じるので、TTには間に合うだろう(調子を取り戻せるかは別問題だが)。

[] 17:45

修善寺オープン DNF

1週間前の練習でも調子が良く、割と楽しみだった試合。とりあえず自分が一番納得いってないですが仕方ないですね。

20周の試合でとりあえず最初の鬼ペースに着いていけるかがまず課題。それを乗り越えればメディオ強度に落ちるので、勝負のペースアップまでは必ずメインで過ごせる。そういう読みでスタート。

最初はやはり速いなとは思ったものの、そんなにしんどくなくて嬉しくなる。補給の貫名達に手を振れるレベルで余裕はあった。でも4周目あたりですごく余裕があるのにふくらはぎがぴくぴく。仕方ないのでダンシングを封印して必死にボトルを飲んで周回をこなしたけど、攣ってそれを無理やり踏んでを3回ほどこなしたら思い切り攣って死亡。監督から「そこで千切れちゃもったいないよ」と言われたけど自分も余裕があるのに本当に納得いかなかった。

自分のコンディションが悪かったのかなとしか思えなくて、どうも小学生のような言い訳しかできない。確かに出走前にいっぱい水分を出した割には明らかに摂取量は足りなかったように思う。最近は足を攣りやすいみたいなこともなかったし。これが実力と言うにはあまりにも納得できない。

1つ慰め事項は前半のペースは自分にとって心肺的にはそれなりに余裕があるペースだったこと。たぶんこのコースは嫌いじゃない。

自分が練習レベルのパフォーマンスを出せないことに関しては、試合に出られるだけ出れば変わってくるのかもしれない。もっと試合出て自分の癖をつかまないといけない。

たくおがしっかり走っていたことにやや嫉妬を感じたり、いつも期待に応えられない自分に失望したり、もう何から何まで悲しく見えてしまったけど、練習して試合に出る以外のことはできないので前を向いていきたい。

水口さんわざわざ来てくださってありがとうございました。応援だけでなくもろもろ手伝っていただき助かりました。貫名サポートありがとう。監督もありがとうございました。植田は最近普通のサポートではないことばっかりやってもらってる気がする。頭が上がりません。いつかというか絶対に今シーズン恩は返します。

[] 18:07

5/15 修善寺オープン クラス3 8/10周DNF

気持ちがグチャグチャで何を書けばいいかまとまらなくて、書くのが遅くなってしまいました。すみません。

学連主催レースでは初めてのロードレースだった。前日泊をしてゆったりと準備をし、当日もしっかりアップをとり、先頭に並ぶ。

そして意を決して出走。しかし最初の1号橋でアウタートップからいきなりインナーに落としてしまってチェーン落ち。頭が真っ白になってしまって、しばらく停車。集団が行ってしまったところで我に返って、チェーンを直して再出走。必死でソリアして追いかけるが、2周かけて能活のいるグルペットまで戻るので精一杯。その時点で先頭と100秒差もついていた。その後、5周までは諦めずに踏んだが、6周目に入ったところで先頭と3分以上差がついてしまっていて、気持ちが切れてしまい、8周でDNF。サポートしてくださった人達には本当に申し訳ないです。

最近の調子の良さからして昇格は十分に射程圏内だろうと思って、本気で昇格を狙っていた。それだけにメカトラで全く集団で走れなかったのは本当に悔しい。悔しいというか虚しい。だが、これをただ運が悪かったとして片付けてしまってはいけない。変速をもう少し気を使ってやるとか、チェーン落ちしたぐらいで思考停止せずにすぐに直すとか、準備段階でチェーンウォッチャーを買ってつけておくとか、こんなことにならないように出来たことは絶対にあったし、本当に後悔しかない。そもそも先頭に追いつけるだけの足があればいいだけの話なのだが、、、

このことを教訓にして、2度とこんなレースをしない様にする。そしてまた1ヵ月みっちり乗り込んで、美麻、白馬、湾岸で昇格を狙っていこうと思う。

運転とアドバイスをしてくださった監督、サポートをしてくださった植田さんと貫名さん、本当にありがとうございました。情けないレースをしてしまってすみませんでした。

[] 19:37

ソリア、SFR、ミドル×2

[] 21:18

パワマ ソリア

脱追い込まな奴のために垂れてもいいから負荷を0.2上げて決行したら完遂してしまった。まだ追い込めるということだろう。

今朝の豪雨の中朝練に行ってしまう新入生のようなひたむきさを取り戻さねば

2016年05月16日月曜日

[] 14:22

RCS#2 修善寺ロード クラス1+2 8/20周DNF

久々の大きなレースということで気合が入り、結構緊張した。ただ、始まれば頑張るだけなので自転車レースはちょっと緊張したくらいで負の影響はないのがいい。

チャレンジロードもそれなりに走れたし、このコースは得意なつもり。最低完走はするつもりで臨む。こんなに早くDNFになってしまうとは‥。結果的に見れば、完走は結構レベルが高かったが。

スタートはトイレに行ってる隙にみんなが一気に並び、後方からのスタート。そんなに違いはないだろうと思ったが、走ってみるとこのミスは少し大きかった。クリテダッシュのないコースとはいえ、集団後方では下りはじめや登りはじめで無駄に踏まされたのは、そういうのが苦手な自分にとってはやや痛かった。

1周目はペースが速く前に出れない感じ。3周目くらいには集団前方に位置どれるようになっていたと思う。思っていたより調子が良いようで、秀峰亭も余裕を持って登っていた。4周目。1号橋の登りで何人もアタックしていく。この時点では自重していたものの、下りに入ったところでなぜか前方を追う動きをしてしまう。さらに、秀峰亭の登りはじめで謎のアタックで集団から飛び出してしまい一気に疲れが押し寄せる。集団に戻ってポジションを下げながら登るがきつい。

その後は必死で集団内で疲れを戻そうとする。しかし疲れているためポジションを上げられず、後方にいるせいで下りでの中切れを埋めるなど足を使わされて足がまたなくなるという悪循環に陥る。集団がやや緩んでいたのでなんとかついていくことはできたが、きつい。痰がからんでも食らいつく。少し話されてもまた追いつくという我ながら驚異的な粘りによってなんとか食らいつくが、7周目の1号橋を登りきったところで千切れてしまった。無念。今までで一番悔しかった。

4周目で足を使っていなければその後も余裕を持ってついていけて、もっと長く走れたのではとも思う。しかし、あのくらいでダメになってしまったのなら実力不足。データを見ると、出力は結構出ていてチャレンジの時より厳しい感じ。このところの練習不足がだめだったというよりは、実力相応の結果であった、むしろ気合で頑張ったのではというところ。

6周目以降の集団のペースなら、出力はそこまで高くなくついてけそうな感じはあって自分でもいけそう。インカレよりも早いであろうペースで金子があれだけ走れたところも見ると、インカレ完走は十分射程圏内だと思う。練習を積めばもっとうまくいくはず。コース的には下りの難易度も低く、クリテダッシュもないので凄く得意。

次のロードレースは個人ロード。クリテダッシュがあるしポジションは上げにくいしで苦手なコースだが、完走人数は今回より多い試合。何としてでも最低完走は果たしたい。

サポートしてくれた植田、貫名、クラス3のみんなありがとうございました。監督もありがとうございました。次のTTTではいい結果を持ってこれるよう頑張ります。

[] 16:58

修善寺オープン クラス3 24位

前々から目標にしてきたはずのレースだったが、ここ最近の不調と弱さから自信喪失気味だったので目標は完走。準備だけはきちんとしようと思い、直前の練習量、なんちゃってカーボローディング、カフェイン、ボトル等に気を配り、アップはゆるく長めにしたいので自走亀石越えで臨んだ。

亀石では脚が回った気がしたものの、試走でソリアした時点でもう脚が重くてげんなりしていたが、せっかく楽しみにしていた初のクリテ以外のロードレースなので悔いだけは残さないようにと決めて出走。しかし冷静さを失っていたのか下りカーブに減速せずに入って盛大にふくらみあわや落車というのを2回やる。奇跡的に助かってからは無理せずカーブ前はブレーキかけてアウトインアウトを意識し、それで問題はなかった。まず最初の二周のハイペースを耐えるのが大事だと聞いていたが、これは何とか耐える。しかし三周目でもあまり緩まず、秀峰亭の序盤で前の落車を避ける間に少し遅れ、もう脚も限界で頂上までには千切れる。この時点で残り7周あり絶望。その後前も緩んだものの、自分がそれ以上に死んでいて追いつけず、近くの人と回そうとしても千切られていたが、しばらくして後ろから来た大阪産業大の選手についたらこの人が強くてかなり引いてくれ、前の小集団に追いついて10人弱のグルペット形成。雰囲気的に完走行きのグルペットと踏んで、絶対ここについていくと決意。幸い脚もほぼ回復して普段の練習よりも楽なくらいで、ペース走してるなという感じで淡々とこなす。はずだったが、終盤にはキツくなってきて、残り一周で完走が確定し、順位争いでグルペットのペースが上がりサヨナラ。四頭筋が攣りかけていてダンシングできないので最後もがくこともできず、グルペットメンバー中最下位でフィニッシュ。

ここのところいいことがなかったので最低限の目標を達成できたことは素直に嬉しいが、内容としては序盤で千切れて最後グルペットからも千切れ全く展開に絡んでいないので、勝負できるレベルにない現実は変わらない。それでも毎度散々だったクリテよりは登りの方がマシなことはわかったので、厳しくても美麻を本命に練習しつつ、苦手な高強度を改善して白馬湾岸でもチャンスを創れるようにしたい。というか今回も緩むまでの三周と最後で高強度を出せないとダメだったわけで、美麻でも高強度弱いと勝負はできない。ひとまず今やるべきはITTなので、出せそうにないポジションを出す努力をして、大臀筋の使い方を習得したい。

監督、お忙しい中運転やサポート、アドバイスありがとうございました。植田さん、貫名さん、サポートありがとうございました。

[] 22:33

ソリア

感想:気持ち悪いです

[] 22:34

5/15 修善寺オープンロードレース 3周目途中落車DNF

 初出走となった今回のレース。当日になってリアの決輪の調子が悪く、練輪で出走することになってしまい、前日に確認しなかったことを反省した。いろいろバタバタしたが、無事アップや検車も時間内にすませ、スタートラインに先頭で並ぶことができた。

 スタートの合図後長者ヶ原の登りのあたりでパレードが解除される。登りがとにかく弱いのでホームストレートと下りで稼ぐべく、ホームに入る下りに入ってからソリアくらいの強度で踏むと先頭に出れた。そのまま1号橋まで先頭にいた時間は至福のひと時だった。しかし登りに入ってからは案の定ごぼう抜きをされ、その後2周目が終了するまで登りでごぼう抜きされる、平地と下りで巻き返す、を繰り返す。

 3周目のホーム直後の下りの右カーブで曲がり切れず、左側のフェンスに接触した後、投げ出されて右上半身から着地。本当にセンスのなさを感じる。救急搬送され、腰椎横突起骨折と診断された。その日は歩くことができなかったため、一日入院し、今日の昼過ぎに退院した。今は痛み止めを服用すれば歩くことはできるようになっている。

 救急車に同乗していただきその後も付き添ってくださった植田さん、お見舞いに来てくださった監督、秋山さん、自転車の回収や荷物の運搬をしてくださった皆さん、本当にご迷惑をおかけしました。この場をお借りしてお詫び申し上げるとともに、感謝いたします。

[] 23:05

修善寺オープン DNF

先頭集団からは1周目の秀峰亭で遅れ、その後は集団で走ることもなく4周目あたりで降ろされる。先週の合宿の感じからしてもう少し走れると思っていたが全然ダメだった。下りで7、8人に抜かれて、登りで3、4人抜き返すという超非効率的な走り。下りでビビり過ぎていた。

植田さん、先輩方サポートありがとうございました。監督もお忙しい中ありがとうございました。

[] 23:40

こんばんは。選手に25歳から27歳くらいに思えると言われて複雑な気持ちの21歳のマネージャー植田です。笑

おとといのTRS第二戦、昨日の修善寺オープンのサポートに行ってきました!

TRS

サポートというよりも観戦でした。翌日のロードに出る選手たちと一緒に、午後入り。和泉さんのそばをうろうろしたりゼッケンをつけたり他大学の人たちと話したりした後、ポイントレース観戦をしました。

f:id:ut-br:20160514143007j:image

ゼッケンをつけながら、和泉さんのゼッケンをつける機会ももう数えるほどですね、と感慨に浸っていたのですが、ポイントゼッケンでないものをつけていたので付け直しになりました。機会を一回増やしてしまいました。笑

その後金子くんの運転にどきどきしながら峠を下って駐車したのち笑、買い出しをして宿へ。補給の準備とレースの確認をして、積み込みをしたあと寝ました。なんとなく選手に頼まなくてもいいかなーと思ってボトルの詰まったクーラーボックスをひとりで駐車場まで運んだのですが、冷静に考えたら12kgはあって途中で後悔しました。笑 自分で言うのもなんですがたくましいですね。笑

修善寺オープン

朝5時に起きて自転車を載せて出発。

今回はなんとDE ROSAレヴォーグで日直商会の水口様が応援においでくださいました!

f:id:ut-br:20160515074836j:image

部車レジアスのとなりにDE ROSAレヴォーグ。そして前にあるのが金子くんのNickです!

秀峰亭と駐車場がなかなか遠いうえに道がよくなく、一人ではさすがに運べなかったので、金子くん秋山くん貫名くんと補給物の運搬。珍しく同期だけが集まっていました。笑 謎の意地でいちばん重そうなものを持ったのですが笑、結局貫名くんが手伝ってくれました。足を痛めているところありがとう…

もう一往復したら出走に間に合わない恐れがあったのでがんばって急ぎました。息が切れました…

クラス3出走前。

f:id:ut-br:20160515090852j:image

一周め完了直前秀峰亭にて、平山くん。120人出走中24位だったとのことです。

f:id:ut-br:20160515091803j:image

そして集団の三周完了時に東大選手落車との連絡が入り、落車場所へ。学連役員の小山さんに役員車に同乗させていただき、大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

そのまま会場を離脱し付き添いで病院へ。

帰りに秋山くんや加藤くんがねぎらってくれたのがうれしかったです、ありがとう。笑


次回はチームタイムトライアル、翌日の個人タイムトライアルにいきます。ぜひ応援にいらしてください!

[] 23:50

御殿下HIIT後チャリ帰宅

[] 00:31

修善寺オープンロード 17/20周DNF

今年のインカレと同コース、他の大きな試合ともかぶっていないこともあって学連はほぼフルメンバー、インカレの前哨戦ぽくなるのかなとか思っていたら、それらに加えてシマノフルメンバー、ブラーゼン、アンカー...

前日は多少迷った末にTRSにはエントリーしなかったので、ゆっくり前日入りして10キロ流し+7分*3で無理しない程度にかつ心拍数はあげておいた。

今回の目標は最低限前半のふるい落としにはついていって、長距離長時間レース強度で走るにあたっての自分の走力を試すこと、その上で完走者が多い展開であれば完走を狙いたいという感じ。前半で千切れては本当に意味がないので、補給を取るリスクと500gの軽量化で迷った末、初期搭載は浦さんに負けじといろいろ混ぜて作った大きめのボトル一本のみ。まあ補給の練習にもなるかなと。

アップは3時間前から入念にやって、ほぼ最前列でスタート。最初はまあそこそこ速いんだろうなと思いつつも普通に余裕。実際、出力的にも(当たり前だけど)チャレンジに比べたらどうってことなかった。なるべく下りと登りの途中の平坦でポジションを上げて、勾配が急なところはポジションを下げながら楽にこなす。

あっという間に5周回。こんな楽でいいのだろうかと思っていた矢先に、6周完了時の秀峰亭の後半でアンカー鈴木選手がアタック。長者ヶ原にかけて一気にペースが上がる。ここでここまでギリギリだった選手の中切れがブチブチ発生して、少しだけ離され、きつかったがここは後ろにいたまだ余裕な選手と一緒に追いついてひと段落。余裕のあるうちはこれくらいならほとんど問題なくこなせる。

そして集団が緩む。散発的にアタックがかかりはしたが、ここは少し頑張れば別に問題なし。逃げとのタイム差は各周10秒くらい広がっていって最大70秒差くらいまで。来るべきペースアップに備えて省エネ走法をこころがける。この展開でさすがに先頭でチンタラ登るのはあれだったし、先頭を牽くほどの余裕はなかったので集団内に潜伏。ドリンクはこまめに取るようにしていたが、緩いペースでもさすがに足は使っていて8.9周目あたりでダンシングの際に少し四頭筋が攣る前兆が。よりこまめに取るようにしたら、唯一のボトルが補給開始の10周目で大体空。微妙な選択だったものの、11周目で確実に取れたので結果オーライ。

大体完走へのビジョンが12周あたりで見え始める。まだまだシッティングでもダンシングでもソリア強度なら踏めるし、ある程度のペースアップには対応できる自信はあった。そしてついに14周目の一号橋でシマノ、ブラーゼンの痛烈なアタック。アタックのキレが想像を遥かに超えていて、あわよくば集団が容認してくれることを期待するものの、そんな甘い話はなくペースがカチ上がる。ダンシングで必死にくらいつくが足が同時に4箇所攣りかけ、シッティングでは400Woverでは踏み切れず、多少離される。下りは同じところで遅れた数人で追うが、秀峰亭で少し前を行く集団に追いつけず完全に千切れる。

そのあとは沿道の声援を糧にギリギリでメディオ強度を保つが、(逆にここで保てるくらいには足が残っていたのがなおさら残念)17周で足切り。自転車から降りた瞬間に攣る。さすがに限界だったか...

結果的には例年よりペースは速く、学生の完走は20名と学生にとってはサバイバルな展開。正直にいって上出来なところではあるし大きな残り3周ではあるけれど、ここまで走って完走が見え始めてあと1,2歩完走まで足りなかったことが本当に悔しい。やはり位置取り、補給など細かい反省はあるものの14周目で高強度についていけなかったのがほぼ全て。もう少しデータを分析して、これからの練習に生かそうと思う。

サポートしてくれた貫名、植田、2年生、ありがとうございました。生駒さんも運転ありがとうございました。

TTTメンバーではないので、次は個人ロード。東大から完走者が出せるよう、そして、おそらく生駒さん同様修善寺に比べると苦手なコースな気がするが自分もそこに加われるように頑張ります。

2016年05月15日日曜日

[] 22:52

修善寺ロード クラス3 8周DNF

2周目くらいまではきついと覚悟していたが、3周目以降も集団のペースが緩まなくてそれに付いていけず千切れた。それからは完走を目指したものの、良さげなグルペットと思われたものが全て崩壊して機能しなかったので基本一人で走っていた。その後も割りかし粘って残り2周で先頭から5分と聞こえたので完走はいけただろうと思っていたらまさかの赤旗( ゚д゚)

TTTメンバーに決まった時点でこのレースに向けての準備はあまりしていなかったが、DNFしたという事実が割とイラつくのでもう少し練習しようと思う。

貫名さん、植田さんサポートありがとうございました。

[] 01:00

TRS#2

スクラッチ完走

残念ながら出来ることは何も無いので、今後のためにとにかく徹底的に脚を使わない走り方を意識し続けた。何度かあ、今アタックかけられたらなあ、これ乗れたらなあ、てのがあったけれども

ポイント半分DNF

同様の走りを意識したがそれでも2回目のポイント周回後はもう死を待つのみ感があった。3回目で臨終した。情けない。

いけべをはじめ慶應の皆様本当にありがとうございました。

2016年05月14日土曜日

[] 20:57

木:TTT練。火曜より調子は良かったが、3人だったこともあって疲れた。慣れてきた感じはあるが、バンクの時と違ってきつくて不安。

金:流し40km。TTT練の翌日は足重。

土:今日も足重な感じ。疲れてて昼寝と自転車の整備でおしまい。悪かった調子もだいぶましになってなんとか間に合ったとも言えるので、明日は頑張ります!

2016年05月13日金曜日

[] 18:23

久しぶりにハンドルを付け替えたので、感覚を取り戻すために自宅近辺を周遊 25km

[] 20:51

昨日 朝練

新谷くん、千葉くんとローテ練。二人ともうまくできていたと思います。

全然関係ないですが、ジロデイタリアに出場している山本元喜選手の身長が163cmと知って驚きました。今まで自分が弱いのは背が低いからだと思っていた節が少なからずありましたが、ただの言い訳でしたね。ひそかに応援中です。

[] 22:24

昨日 朝練

ローテ練の途中で両目にごみが入って視界が無くなり危なかった。サングラス必要。

ITT練はみんな速かった。負けないように頑張ります。

早朝で道は走りやすくて良かった。

2016年05月12日木曜日

[] 16:10

TTT練

諸事情により3人だったので少し崩れたが、それでもそれなりには回っていたので良かったと思う。もう少し風への対応力を上げたいところ。まだまだ詰められる 75km

[] 21:44

パワマ

今週は練習できないんじゃないかとも思っていたくらいだが、とてもよく頑張った。怪我も日曜日までには治りそう。

[] 23:02

ローテ練、ITT練

先輩と走れるのは新歓合宿以来なので密かに楽しみにしていた。ローテは行きのペースは自分にとって丁度良かったが帰りに井上さんがめちゃ上げるのでちぎれた。先輩方が異次元過ぎる。ITTは風が強く行きと帰りで巡航速度がまるで違く、自転車は風に強く影響されるということを身をもって体感した。

朝練はもちろんのこと、自宅(東村山)→現地、現地→駒場、駒場→自宅と実走もたくさん出来たし、千葉に輪行の仕方を教わったりととても充実した一日だった。

[] 23:12

一昨日 平地練 メディオその他

昨日 パワマ ソリア

2日とも全く力が出なかった。よくわからないが疲れているので無理はしないことに。

今日 朝練 ローテ×2→ITT

新入生との初練習。ローテは初めてにしてはよくできてたと思う。ついあれこれ言ってしまうけど、一度に全部改善はできないので、一つずつ意識してトライしてみて下さい。自分も下手くそですが。ITTは逆風の往路序盤を盛大に突っ込んで鬼タレし、こういっちゃんに惨敗。ペーシングが上手く出来ても勝てはしなかっただろうが、もう少し何とかしたい。不調の一因かはわからないが、3月に覚えた大臀筋の使い方を忘れてしまったようなので、早く思い出さなくては。

2016年05月11日水曜日

[] 12:19

5/10 TTT練。1本目の前半はとても辛かったが、その後は予定通りの配分でいい感じにこなせた。バンクとの違いに慣れず、あまりうまく後ろに着けなかったが、そこはいずれ慣れていくだろう。終了後、ひとりでITTを1本。平均時速で見れば去年同時期の自分とほぼ並べる程度にはなっているらしい。雨でぬれていたので帰ると全身泥まみれになっていた。

5/11 ローラーメディオ。出力はどうかわからないが、きつさ耐性は上がっている。

[] 14:54

5/10 3本ローラーメディオ、パワマミドル

メディオは2本目4分半で手が汗で滑って落ちる。もうあと1本でいいやと思ってやるも、2,3匹の虫にたかられて萎える。結局まともな時間と強度でできたのは1本だけ、、、 1本目かなり高めでできたし調子良さそうやったのになぁ、、、 申し訳程度にミドルやって終わり。

5/11 パワマソリア

ピーク更新。また負荷値が上がった。

[] 18:50

HIIT、SFR

ソリアしかやってなかったので初めてのものをやってみた。HIITの半分くらいからかなりキツく、SFRをやりきるだけの筋力が残ってなかった。文字通り足が止まってしまった。秋山さんから、初めのうちはレストを長くしてもいいから一回一回やりきる事が大事だとアドバイスをいただきました。ありがとうございました。

[] 19:18

昨日:TTT練

いまいち調子が良くなかったがそれなりに頑張った。アップ不足と朝と寒さからかな。慣れたバンクと違って後ろに付くのがやりにくかったが、集中してやっていきたい。全体としては出来が良く手ごたえであった。

今日:ちょっとまたいだだけ

家の中を歩くだけで息が切れる謎。このところ異様に疲れやすい。

[] 20:44

パワマ

負荷を下げて完遂。まだまだ〜

[] 21:29

飯山2戦

1日目 ヒルクライム 11位(0:49'31'')

かなり意気込んで臨んだだけにこの結果にはがっかり。ヒート1、2ともに最初の激坂アタックにはついていくものの、そこで息が上がってしまって1kmも行かないうちに千切れてしまった。結局長岡とは10数秒、こういっちゃんとは3分近く、クラス3の優勝者とは6分くらい差があいており、山形村昇格とか言っていた過去の自分が恥ずかしくなった。背筋がいたくて踏めなくなったのでまだまだ自転車に乗る上での基礎的な筋力がついていないということを痛感したし、飯山前に集中的にするつもりだったメディオもいろいろ言い訳をつけてほとんどやらなかった。口では飯山で結果を出すと言っておきながらそれに向けての行動が全く伴っていなかったことがこの惨敗に繋がったのだと思う。

2日目 クリテリウム DNF

自分でも擁護のしようがない走りをしてしまった。ホントに飯山まで何しに来たんだ感。

監督運転とアドバイスありがとうございました。そして植田さんレースレポート遅れて本当にすみませんでした。

[] 21:40

5/5 大垂水〜牧馬〜宮ヶ瀬1周〜牧馬〜大垂水

飯山のショックが抜けておらず練習に身が入らなかった。すべて走り初めてすぐに千切れてマイペース走法。柿木さん練習に同行していただいてありがとうございました。

5/7、8 修善寺合宿

1日目csc10+4

こういっちゃんにひきずられまくった。最後は腹痛のため途中離脱。

2日目csc5+スプリント5+csc2+メディオ2

スプリント後は全く踏めなくなった。

2016年05月10日火曜日

[] 12:39

起床から早8時間半が経過しようとしている

早朝TTT練

加藤に所要時間が40分かかると騙され15分も早く着いてしまったので、少しポジション出しをした。サドルを5mm下げたところかなりしっくり

1本目はサングラスをかけ忘れるという失態を犯し、元々少ない視力のほとんど全てを奪われ付きミスを連発したためにきつかった。2本目は付きミスをほとんどせずにかなり効率よく走れたのでよかった。タイムが変わらずに平均出力をかなり落とせたので本番への手応えを掴んだ。

帰りは通勤通学ラッシュをかき分けマッハで帰宅 加藤シャワーを貸してくれてありがとう 60

[] 13:29

早朝練

バンクよりずっとやりやすかった。去年より余裕ができたようで障害物等がない場所では着きミスはなかったように思う。帰ってcyclo-sphere見るのが楽しみ。練習量的にこれだけじゃ少ないようだけど、雨だったし体調崩したくないので今日はこれでおしまい。


--
Sent from Gmail Mobile

[] 21:47

パワマ

頑張った。3月はレースでやっと心拍190に乗るくらいだったのに、最近は練習でも200を越えてくるのはなんで。。

[] 23:29

更新滞りすみません。

5/5 大垂水→牧馬→宮ケ瀬2周→裏牧馬→裏垂水

  ほぼ1か月ぶりの大垂水。1か月前はペース走の序盤でちぎれていた大垂水だったが、ピークまでちぎれずに行けて感動。しかし牧馬では相変わらずおいてけぼりを喰った。宮ケ瀬も2周目中ほどでちぎれてしまい、力のなさを実感した。この日は柿木さんに同行していただき、練習後にアドバイスをいただいた。柿木さん、ありがとうございます。

5/7 TTT合宿1日目。メンバー外で修善寺CSCを10周+5周。序盤にちぎれたが、3周目あたりから調子が出始め、結局井上たちとの10周タイムの差は2分程度だった。自分はどうやらアップが結構必要な人種のようだ。

5/8 合宿2日目。CSCを5周+3周。初めの5周は調子がよかったが、後半は足が回らなかった。修善寺オープンはどうなることやら。

今日 駒場のパワマでメディオ&HIIT。久しぶりにやったHIITはとてもきつく、最後の二本の垂れ具合が尋常でなかった。

2016年05月09日月曜日

[] 08:09

チームTT練合宿

1日目

1本目は先頭時間が長すぎたけど死ぬ気で引いて完遂。2本目は僕の疲れで崩壊。2日目に向けて修正。

2日目

いろいろ修正してもう一度同じメニュー。疲れのせいかきつかったけど妥当なラインに落ち着いたのでは。バンクでは風向きがぐるぐる回るし先頭出力が上下しがちだけど、ここからの練習でどんどん理想に近づけていきたい。ストレステストやポジションを整えるという点でも最高の二日間だった。

[] 13:20

修善寺合宿

1日目 csc10+5

まるでダメ。こういっちゃんと加藤に引きずられ続けた。ソリアは言うまでもなくペースでも後半は秀峰亭でちぎれまくる。むしろ最後まで同じ調子でこなせたのが不思議なくらいだった。

2日目 csc少し→プログレ&メディオ

朝は思っていたより脚が重くなくて今日はいけそうだと思ったものの、序盤の周回で既にフラフラ寒い踏めない状態。少しだけスプリントに参加して離脱し、補給と休息をとって復帰。それなりに粘れたが2本ともラスト1分のこういっちゃんのペースアップについていけなかった。最近まるで歯が立たない…。

4月以降は修善寺オープンを見据えて練習してきたはずがこの有様で絶望だが、ここのところ調子を崩して思い通りに練習できていないので当然か。すぐに強くはなれないので、体調管理に気を配ってきっちり練習するのが一番。

運転してくださった皆さんありがとうございました。合宿担当の能活もお疲れ様。

[] 15:20

土日はTTT練。復調であった。

やって思ったが、レースのように辛い時間をひたすら耐えなければならないわけでもなく、団抜きのように全力で引かなければならないわけでもないので、僕にとっては辛さをあまり感じない得意種目だと思った。ペダルの回転数を数えていれば時が自然と過ぎる。自分にとってそんなに高強度でないからだろう。正直普段のロング練より全然楽だった。

練習ではポジションを詰めることなどができ収穫は多かったが、いまいち限界まで達しなかったのが残念。個人的な意見を少し言わせてもらうと、みんな疲れていたりしたようだが、どの回もだんだんと貫名と僕が主に引く感じになるし、最後まで4人でいかず途中で終わったりして、配分の最適解はまだ不明瞭だと思うし、あまりみんなは重視していなかったのかもしれないが、なんでもいいから4人で目標時間をやりきれないという点で本番走り切る画が見えず消化不良であった。今回は練習目的からしてそうなったのだろうと思うが、本番ではツキイチでひたすら頑張るとか、千切れる可能性があるならさっさとツキイチになるとかいうことが大事だと思う。勿論自分も。

たたき台ができたという意味では大きいのでこれからの練習で詰められればと思う。ポジションもまだ詰め切れていないのでそこも。

[] 21:19

TTT合宿

1日目

最近は平地で牽く能力が向上したこともあって何とかなるかと思っていたがそれ以上にDHバーに適応できず、普段は余裕の負荷に耐えられなかった。DHバーに荷重がかかり過ぎるのが原因で、ペダリングに体重を持っていけない&激しくフラつくまでは分かったが、改善点が見つかりそうになかったし、改善できたとして長岡とどっこいどっこいだろうということでここでTTTメンバーから離脱。ここ最近の練習から、TTT走る気マンマンだったので、残念ではあるけれど自分以外の4人で形になってるし、まあこれでもいいかなという感じです。他にもご迷惑かけてすみませんでした。

2日目

たまたま普通のロードも持ってきてたので、ロード練。といってもあんまり気持ちが作れなかったので、1人で楽しく山伏峠往復。帰りがけにソリア1本を挟んで、2年生とプログレ、メディオ。井上、平山が強くて千切られました。笑

やはり調子が4月に比べるとイマイチになってきたが、何とかここらでキープさせたい。

[] 22:39

TTT合宿
とりあえず五人でスタートしたが、1日目の午後には四人のメンバーが確定し、自分もその内の一人に含まれることになった。
1日目は合わせた2本とも出力をしっかり守れて千切れずにいけたが、2日目は後ろでまったく休めず2本とも千切れた。ポジションを少し変えてしっくりこなかったのもあるがもう少し楽に後ろにつけないと本番も厳しいのでしっかり詰めていきたい。
四人のメンバーの中では自分が明らかに一番ザコだが、しっかり貢献して良い成績を残せるようやっていく。

[] 23:53

5/7〜8 修善寺CSC練

1日目 10+5週

最初の10周は5周ごとに1号橋と秀峰亭でソリア。あとはメディオ強度。やはりソリアをすると一気に足が削れる。その後2周ごとにソリア。ラストに秀峰亭だけソリアして終わり。

2日目 ペース5,スプリント5,ペース,ソリア+プログレ,メディオ

前日よりかなり上げ目のペースになってしまっていた。しかも周を重ねるごとに強度が上がって、5周目は弱ソリアだった笑 スプリント5本後にソリア。秀峰亭はタレてしまった。最後にプログレとメディオして終わり。メディオは案外短くて、普段あまりやらない6分のピークが出た。

修善寺オープンの1週前にこれだけCSCを走れたのは良かったと思う。修善寺オープンのために社会人対抗にも出たわけだし、これで修善寺オープンがしょーもない結果だったらちょっと言い訳できない笑 本気で昇格狙います。

2016年05月08日日曜日

[] 23:17

はじめに、私の当練習日記への書き込み方法に対する誤った理解のために、一昨日、昨日の2日間にわたり、幾つもの大切な記事を消去してしまったことについて、関係する皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを、改めて、深く、お詫び申し上げます。本当にすみませんでした。

今日の練習:ソリア

垂れることなく最後まで回すことができました。

[] 01:08

週末 修善寺バンクTTT練。

土曜はいろいろあったが、2本目では配分を多めにした分しっかり追い込めた。

日曜は前日の状況をみて配分を再調整したが、自分はどうやら適正に近いようで、限界が来る2歩手前で交代するというのが続けられていたように思う。前後間隔や速度の上下、左右の乱れなどの不安定要素も徐々に減ってきたし、ポジションもかなり煮詰めることができ、いい練習になった。

2016年05月07日土曜日

[] 22:03

ソリア

超低レベルの範囲で、とはいえ、日々パフォーマンスが向上していることが実感でき、嬉しい。垂れる回数が減ってきた。明日には最初のノルマをクリアできるかもしれない。

力をつけていきたい。

[] 22:21

リベンジアップです笑

一昨日 パワマソリア

早川とカニと部室で。前回よりもかなり上がった。誰かと一緒にやる方が追い込める事が分かった。一人でやるときも同じくらい追い込みたい。早川強し。

今日 パワマソリア

部室の鍵を受付に返さずにどっかに行っている人がいて、部室にはいれなかった(学生証を見せて貰ったところ、競技班の方ではないようです)。2時間後に来てみたら返っていたので気を取り直してソリア。やはり一人だったので一昨日ほどは追い込めなかった。もっと自分に厳しくしたい。あと毎回ふくらはぎがつってしまうのをどうにかしたい。

2016年05月06日金曜日

[] 23:10

新入部員の新谷です。よろしくお願いします。

おととい:ソリア

昨日:ソリア

今日:ソリア

途中で足が止まってしまう。しかし、毎日15秒ずつくらいのペースで垂れるまでの寿命が延びているようなので、継続して頑張ります。

[] 23:20

先週の木曜に軽く練習した後、胃腸炎にかかって飯山はDNF。高熱でだいぶ体力も落ちてしまった。今週は火曜、水曜と少し乗ったもののいまいち治っていない感じ。

そして、昨日は宮ケ瀬。もとの自分の出来とはいかなかったが、ここ最近では一番だった。最後の裏垂水はぼろぼろ。半年くらい前は自分の一人勝ちだったところを思うと残念。今は秋山が強いし、他のみんなも結構強そうで、自分が奮わず悲しい。柿木さんGWなのにありがとうございました。

まあ結構走れて調子は上向きかなと思うので悲観せず積み重ねていきたい。明日から気合が入りますな。

新入生はたくさん自転車に乗っていきましょう!大鋸本の練習日記を読んでみてください笑。このくらいやれば強くなりますね。(自分も乗り込み不足なので、頑張ります。)

[] 23:44

5/5 大垂水,牧馬,宮ヶ瀬,裏牧馬,裏垂水

柿木コーチに同行して頂いての練習。最初の大垂水はなかなかのアベレージの割に余裕だった。牧馬もそこそこ。宮ヶ瀬でのインターバルが1番キツかった。やはりメディオ強度よりも、圧倒的にソリア強度がダメなことがわかった。これはLT測定の結果通りであると思われる。また、ケイデンス等でも改善すべきところが見つかった。裏牧馬、裏垂水はともにあと1分で秋山さんにちぎられるという悔しいものだった。最近秋山さんから全く取れない。悔しい。

柿木さんのおかげで色々と改善すべき点が見つかり、非常に有意義な練習でした。柿木さん、本当にありがとうございました。

[] 05:37

リベンジ投稿です。

昨日 大垂水→牧馬→宮ヶ瀬2→牧馬→大垂水

柿木さんとの練習。下の組に入る。序盤は抑えめ(と言いつつもキツイのはキツイ)だったので、何だかんだぽこぽこではそれなりに頑張ってしまった。宮ヶ瀬は生駒さんに食らいつくことに専念し、登りはかなりキツかったが何とか耐えた。裏牧馬はかなり意気込んでいたものの、放置していた右足のクリートが終わりを迎え、序盤に右足がペダルから外れて立ちゴケ未遂してる間に前がいってしまい、結局はまらないまま自棄気味で登ってしまった。最低限の強度は保てていたと思うが、完全に自業自得なのでアホとしか言いようがない。ちょこちょこいじって何とかはまるようになったので、裏垂水は何も考えず全力でついていく。7番目出走から中切れを埋めまくって3番目まで上がったが、普通に脚がなくて2/3あたりの平坦で千切れる。こういっちゃんの背中が恨めしい。千切れてからも全力で脚を回してたれてはいなかったと思うが、最後能活にまくられた。おなじみ展開すぎてめちゃくちゃ悔しい。

距離的にもほぼ200km、順天合宿を除けば自分史上最長クラスで、本当に脚を使い切った。上の組と違い高強度をやっていないのにこれなので、まだまだ先は長い。

柿木さん、暑い中一日中練習を見て下さってありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

今日 臨時収入を財源にDHバーその他をポチる

実はITT楽しみだったりする。やりだしたら後悔しそうな気もするが。

2016年05月05日木曜日

[] 22:37

大垂水→牧馬→宮ヶ瀬インターバル→牧馬→大垂水

柿木さんのご指導のもと、非常に密度の濃い練習となった。ほとんどダンシングを使わずにいったがさすがに使い方を忘れるとまずいので裏牧馬でダンシングを発動したがすでに使い方を忘れかけていた。練習量の少なさに定評があるようだが、今日くらいの練習はコンスタントにこなしていきたい。さすがにこれだけやれば伸びる…だろう 157km

柿木さん暑い中1日中練習を見て下さり本当にありがとうございました。また宜しくお願いします

[] 10:48

大垂水牧馬宮ケ瀬牧馬大垂水 180km

ここ2か月で一番調子悪いんじゃないかくらいで、大した強度じゃなくても心拍数がめっちゃ上がるので最初からきつかった。

そんな中で、宮ケ瀬ソリアでピークパワーをたたき出してしまい、もっときつくなったがそれからも柿木さんのおかげでとても頑張れた。が、裏牧馬は秋山、井上に歯が立たず、裏大垂水は半分くらいで心が折れた。足は完全に使い切れた。

色々な部分で成長はできているが、相変わらず足を使ったあとのメディオが全然ダメなままなので、改善方法を考えていきたい。あと、水分補給をもっと意識的にやらなければ。

こういっちゃんがこの日は強くて、修善寺に期待がもてそう。

柿木さんありがとうございました!

[] 08:01

宮ケ瀬

柿木さんに同行していただいた。前半は緩めで楽ちん。渋滞気味で宮ケ瀬半周は不完全。その後インターバル練は柿木さんに付きっ切りでいじめていただいた。やはりかなり追い込めたし、最後は2分ピークを大幅に更新。満足。

ここから半周はぼっちでそれなりに踏む。最後のメディオ2本は全引きで後ろを引きちぎる楽しいお仕事だった。にしてもこういっちゃんがなかなか粘るものだからきつかった。柿木さんありがとうございました。

*********************

休憩中に柿木さんと写真を撮って頂きました!!

f:id:ut-br:20160506114027j:image

柿木さんは僕たちのスポンサー様のひとつ、BLUE WYCH様の方で練習メニューを作って頂いたり、LT測定、また今日のように練習に同行してくださったりしています。また5月末にあるチームTTは柿木さんのおかげで力を出せると言っても過言ではありません。このようなサポートだけでなく、尊敬でき、信頼できる方なので精神的にも大きく支えられており、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。今シーズンも頑張りますのでよろしくお願いします!

http://www.bluewych.co.jp/

2016年05月04日水曜日

[] 15:46

5/3 恩方ペソぺぺぺ +V坂SFR

ポジションが最適化できて調子は戻ったようで、前回とは比べ物にならないほどよく走れた。4本目のソリアができなかったのが悔やまれる。実走SFRをあまりしていないせいで、SFRはいまいち追い込めず。終わったあとも足は死にきってなくて不完全燃焼な1日だった。

[] 16:13

昨日

 恩方ペース走3.5周+V坂SFR。練習前におにぎり1つと小さいようかん3つを食べたのがよくなかったのか、ペース走4週目途中で強い胃もたれに襲われ、途中離脱。休んでいる間に回復したため、SFRには参加。ほぼ1か月ぶりのSFRだったが、前モモを使ってしまう悪癖は解消されていた。修善寺まで2週間を切り、とても完走できるような力はついていないが、あせってもしかたないのでこつこつ練習を続けよう。

[] 20:26

昨日 恩方2.5周DNF

のっけから異様にキツくて、でも飯山組の方がキツイはずだろと思い痩せ我慢していたが、3周目で全然踏めないのに頭クラクラ心臓バクバクでリタイア。振り返ると春合宿終わってからきっちり5日/7日練習できた週がなくて、修善寺近いのに何やってんだか、往復100km無駄じゃんかetc…。日曜に続いてだったので沈んだ。

今日 河川敷流し

心と体のリフレッシュのために、いつもは下るところを上ってみた。サドル高をあげてみたり途中キジを見つけてバシャッたり、だらだら乗ってるうちに気持ちが湧いてきたので、帰り際にちょろっとスプリントして終わりにした。修善寺を意識するのはもちろんだが、ひとまずあれこれ考えずに明日と週末の合宿を頑張ります。

2016年05月03日火曜日

[] 09:56

5/1 ベックオンクリテリウムC1,C2 5位

ポイントレース形式、20周回で偶数周ごとにポイント周回のレース。スタート前は、序盤は集団の中で休んで、人数が減ってくる中盤から狙っていこうと考えていたが、始まってみるとポイント周回を終えるごとにサイクリングペースに落ちる展開。これでは人数が減らず、スプリント力のない自分にとって不利な展開だと思ったので、緩んだところで集団の前まで行き、コーナーを利用してアタック。ある程度セーブしつつ1.5周を逃げ、ブリッジしてきた人にまくられて2位通過。その後も何度かアタックをかけているうちに先頭は6,7人に減っていた。終盤になって、自分が後続グループに吸収されたところで2人がカウンターアタック。明らかにここまで最も強かった2人で、決まるのは確実だったが、そのとき脚が残っておらずどうしようもなかった。もう1人がブリッジしていったので、自分のグループは4位争いに。もうブリッジできるほどの脚はなく、他のメンバーも同様だったようなので、ゴールの半周前に抜け出しては4位ポイントを回収、を繰り返して、フィニッシュも同様に4位。

実力的には表彰台に上ることも非現実的ではなかったが、すべてのポイント周回を狙いに行ったために中途半端に終わってしまった。狙う周回を絞って高ポイントを重ねればよかったように思う。勝負できるレベルのレースでの動き方を学べた点ではよい経験になった。

今回、日直商会さんのブースに立ち寄ったときに、Powerタイヤについて、空気圧を落として使ってみることを勧められたので、5.5気圧ぐらいにしてみたが、コーナーでの安定性がかなり良くなり、振動吸収性も段違いに向上したため、レースに集中することができたように思う。

畑中君運転&レース出場ありがとうございました。

5/2

鷲林寺坂(9分)→六甲逆瀬川ルートの甲寿橋から宝殿インター間(20分くらい)。

後者は2本やる予定だったが、試合で思ったより疲労していたのでここまででギブアップ。

[] 16:54

恩方5周

試合の疲れが残っている人が多かったがそれなりにはこなせた。チームTTを意識して下りでゴリ踏みしたが向かい風が強すぎて笑った。その後大垂水のはずだったが道が車で溢れていたのであえなく解散した。帰宅後白旗でSFRをやるつもりだったが、250wで踏んでも30km/hしか出させてくれない爆風に体力の全てを奪われたので断念した。

そして今dhバーを取りに行くために電車に揺られている まもなく相模大野らしい 127km

[] 17:16

恩方5周、SFR

激坂はゆる、上げ、弱上げ、上げ、弱上げで。たくおといい感じに上げていけて楽しい。やはり同じフレームで同じジャージで練習するとかなりテンションが上がる。激坂を尻の筋肉で登るように意識していったが、なかなかダメージを抑えられた気がする。

このあと大垂水の予定だったが交通状況的にとても走れる雰囲気ではなかったので、V坂でSFR。柿木さんからのアドバイスを意識した。足を使った後のSFRは史上最大級のつらさだった。

[] 18:57

恩方5,V坂SFR 155キロとか

土日の疲れが残っていたが、アプローチでだんだん足がまわってきて気にならない程度に。疲れが残っているときはアップ多めにするとよかったりするのかも

全体的によく踏めた分、いつもより心肺がきつかった。最大心拍更新w。秋山、貫名はNickに変えて速くなった気がしていたが、自分もその例に漏れず速くなった気がします笑

大垂水は渋滞で回避、V坂でSFR。とてもきつかったが、ずいぶん前にやった時よりはトルク値は結構上がっていた。

[] 22:15

新入部員の岡野諒です。これからよろしくお願いします。

昨日 パワマソリア

本数を重ねるごとにパワーが落ちてゆく。あと汗がすごい。

今日 パワマソリア

昨日の筋肉痛が痛かった。やはりパワーが落ちてしまうのでパワーを最後の回までキープできるようにしたい。

本当は昨日投稿しようとしたのですが、日付が上手く入りませんでした。昨日の投稿を消して下さった方、ありがとうございました。改善はしたので今回は上手く上がるといいのですが、、、

2016年05月02日月曜日

[] 11:34

飯山2戦

1日目 ヒルクライム 26位

最近は期せずして体重が落ちている+出力も上がってきている+チャレンジで登りなら多少自信をもてる、でそこそこ走れるんじゃないかなぁと少しだけ楽しみにしていたヒルクライム。20分ちょいを2本。

ヒート1

クラス3は初めはソリア強度で始まったと聞いていたけど、クラス2ならさすがにみんなペース配分わきまえるだろーとか思っていた、が、それは大間違いでローリング解除後はガチソリア(笑)さすがにこれはアホやろとか思いながらついていく。気づいたら開始3.4分とかで50人いたはずの集団はすでに15人ほどw。きつかったけど、周りもまだ1/5しか進んでいないのが嘘かのようにゼーハー言っていたし、まあこのあたりが定位置かなとか思ってついていく。7分くらいで中切れで集団から少し遅れたがまあ集団の利はそこまでないと考えて無理せず集団と等距離を保って登る。しかし、10分経過あたりで自分でも本当にびっくりするくらい急に足が止まる。そのあとはもうどう頑張っても踏めず、後ろからズバズバ抜かれ、もうきつすぎて何でエントリーしたんだとか、なんでこんな弱いんだとか、ヒルクライムを楽しみにしていた自分を呪いながら地獄のような13分を過ごす。終わったあとはあまりの弱さと肺の痛みで呆然...

ヒート2

1本目ではさすがに突っ込みすぎたのかとか思ったのと1本目の肺の痛みはさすがに再来すると心身の危機を感じるレベルだったので、前半は抑えて後半あげていく方針。開始4分後辺りから垂れた人を抜いていく。しかし、開始15分あたりで...(以下略)

全体のタイムはこういっちゃんに惨敗、クラス2内の順位も軽量級にしては散々。むっちゃ萎えて原因をひたすら考えたけど、結局最近睡眠不足気味で調子が悪かったとしか思いつかなかった。結局データをみたら、出力が1本目に関しては1分あたりから8分あたりまでのピークパワーに沿っていた。もう少しは粘れたと思いたいが、それでもただの前半のオーバーペース。。調子が悪いというよりは、自分のベースに比べて最上位の人が速すぎただけであった。埋められる気がしない差であるがもう少し何とかしなくてはならない。

宿は手打ちそばの石田屋というところ、温泉で食事も最高だった。疲れすぎていて、8時前に布団に倒れこんで気づいたら寝ていた。ハッとしたときに洗濯物干さずに寝落ちしたことに気づいて青くなったが、こういっちゃんが干してくれていた。本当にありがとうございました。。

2日目 ポイントレース 27位

1周1キロちょいのコースをひたすら約70分回るポイント方式。初めの20分はポイントなし、それ以降は5分おきにポイント周回。昨日の調子も考えてこんなに長いクリテリウム最後までもつ自信はなかったが、Nickでの初試合で散々な結果で終わって帰る訳にはいかないと決意して出走。

はじめの20分はポイント周回はないため、集団のペースはそこそこ速いもののペースの上下はなくて前方を楽にキープ。ポイント周回が始まると、ポイント周回はかなりペースが上がるが、それ以外はそこそこ緩む感じ。ポイント周回で前方キープしてスプリント勝負してもまず無理なので、集団が中だるみするまではポイント周回ではポジションを下げながらついていき、緩んだところでポジションを上げる作業を繰り返す。

そして、38分あたりで集団が緩み、完走へのビジョンも見えてきたので、ポイント周回手前の一周でアタック。集団に容認され、追いついてきた早稲田塩田選手と二人逃げ。しかし、残り0.8周のところで痛恨の先頭交代での付きミス。追いつくのに足を使い切ってしまい、のこり300mのところで千切れて自分だけ集団に吸収...塩田選手は逃げ切り5pt...

足を使い切った後の集団はかなりきつく、ひたすら回復するまでは我慢の走り。なんとか耐えてやっと10分くらいで回復。この頃にはレースも最終局面。もう完走は確定したであろう60分のところのポイント周回でもう一度攣りそうな足をなだめながらアタック。。するも一瞬で吸収。。。そのあとは集団のケツにくっついて後方ゴール。

行田、神宮の頃に比べると集団内にいる分にはそれほどきつくなく、多少はレースに参加できるようになったのでそこは収穫。あと300mもっていて3ptとっていれば入賞前後なので、入賞は決して遠くない。昇格とか表彰台はまだまだ遠そうだけど。一方で、逃げになったときにあまり冷静に走れていなかったのは反省。あとは平坦ソリアの弱さ。まあやっとこさレースで足を使い切って強度の高い練習ができるレベルになったことは少なからず喜ばしい。

レース開催にあたって協力してくださった地元の方々、ありがとうございました。監督いつものように来て下さって、運転、アドバイス等ありがとうございました。

----------------------------------------------

今回、日直商会様より提供していただいた、Derosa Nickを使わせていただきました。軽さと剛性のバランスがよくとれていて、ヒルクライムでは(少なくとも前半は)周りの選手よりも軽々登ることができましたし、なんといっても二日目のポイントレースでは普段は苦にしているコーナー後の立ち上がりでもよく力が伝わってくれて楽に走ることができました。また振動吸収性もよく、路面の悪い部分で周りが踏みやめる場所でもしっかり踏めてポジションを上げるのが楽でした。本当にありがとうございます。今後もう少しポジション等煮詰めて、このバイクでTTT,インカレでいい結果を残せるように頑張ります。

[] 14:54

RCS#1 飯山ヒルクライムクリテリウム

1日目 ヒルクライム クラス3B 7位

2ヒート合計 46分23秒

パレード解除直後の激坂で意味のわからないソリア強度が始まる。絶対持たないのはわかってたけど、ちぎれたら気持ちが切れるのでとりあえずついていく。並んでいた位置的に後ろの方でスタートしたが、道幅が広くなる度に横から抜けていってポジションをあげていく。そうこうしているうちに1/3ぐらいのところで、先頭の10人弱ぐらいの集団にいた。その後はそのままついていきたかったが、残り3km〜2kmにかけてのところでちぎれる。あとは1人で淡々と。残り1.5kmぐらいで1,2人ほどまくってゴール。ゴールした後の気管の痛みがえげつなかった。

2ヒート目もほとんど同じ展開で、2ヒート合計で7位という微妙な結果。トップと3分も差があるからどうしようもない気もするが、ちぎれるところで「ヒルクライムよりクリテ重視で来てるんだからいいか」みたいな気持ちがよぎっていたことは否めない。2ヒート目を捨ててでも、1ヒート目であのまま先頭集団に残っていた方がヒルクライムで昇格する人達のペースがわかるという点で意味があったんじゃないだろうか。

宿は石田屋というところで、お風呂は温泉で料理もとても美味しくて最高だった。

2日目 クリテリウム(ポイントレース) クラス3B 13位 (0pt,着順11位)

なんというか、本当にどうしようもない結果。ヒルクライムで頭によぎった感情が恥ずかしすぎる。ペース自体はついていくことに全く問題はなかったが、ポイント周回のペースアップについていけなかった。3回目のポイント周回はいい位置にいたが、最終コーナーでかなり膨らんで遅れてしまい、4位でポイント取れず。行田と比べると道が狭くて路面が悪いところがあったので、ビビってポジションを下げてしまうことが多かった。特に上りのあとの道は幅が細くてポジションを上げれないどころか、ズルズル下がっていた。あと、監督に指摘していただいて初めて気がついたが、下ハンを1度も握っていなかった。何をしてるんだ、、、 よく考えたら下ハン握ってないからコーナー膨らみまくってたんじゃ、、、

いろいろなところでもっと攻めれたと思うし、何より1ptも取れないなんて本当に情けないレースだった。

昇格を狙うという気持ちが全く足りなかった。高校経験者の1年生が昇格してはけるのを待つなんて、情けないことは絶対にしない。次からは死に物狂いで昇格を狙っていく。

レース開催にあたって協力してくださった地元の方々、ありがとうございました。飯山はレース名の通り、菜の花が咲き乱れていて綺麗なところでした。監督、長時間の運転とアドバイスをありがとうございました。

[] 17:57

昨日 京都市内から山中越経由で琵琶湖ポタリング。荷物激しく背負っていたこともあり思ったより疲れた。

今日 ローラー弱メディオ

金曜のクリテ後、京都で高校時代の友人にかなり心の栄養をもらった。持つべきものはやはり友だなと痛感。北海道のときにも思ったけど応援されることってあきらめたいときの心の支えになるもんだな。今更ですが笑

[] 22:13

こんばんは。自転車部facebookを活用したいものの使い方がよくわからず苦戦しています。マネージャー植田です。

まずはお知らせです。facebookではすでにお知らせしましたが、DE ROSA JAPANホームページにて当部のサポート情報をご紹介いただきました!

http://www.derosa.jp/derosanews/?p=971

5月15日の修善寺オープンロードに応援においでくださるとのことで、気がひきしまりますね。

そして今更ではありますが、4/23,24の新歓合宿の写真がアップできたので日記をかきます!

今年は9人の新入生が参加してくれました!

一日目

新入生とこういっちゃんとわたしで本郷に集合、レジアスに乗って出発。新入生は部員が自走で向かっていることを聞いて驚いていました。毎年のできごとですね。笑

全員が合流後、不安の残る新入生に再度乗り方講習をして出発。

f:id:ut-br:20160423133932j:image

部員たちが先輩らしく見える一枚です。笑

f:id:ut-br:20160423134126j:image

新歓担当こういっちゃん。彼はほんとうにがんばってくれました、お疲れさま!

準備ができたら新入生と部員を組に分け、写真を撮ってから出発。なんだか楽しそうな三人。

f:id:ut-br:20160423135432j:image

こんな感じの道を走っていきます。部員たちにとってはいつもの道なわけですが、新入生にきいたら「きついです!」「つらいです!!」というコメントが得られました。笑 でも今年の新入生はなんだかんだ元気そうだった気がします。

f:id:ut-br:20160423150332j:image

途中休憩。わたしはこれを車内から撮っています(なのでフォトギャラリーにはわたしがドアミラーに映り込んでいるバージョンもあります笑)。

f:id:ut-br:20160423145204j:image

この直前にこういっちゃんがまた虫にさされたので念のため回収。さされやすい人がいたりするのでしょうか…彼にとってはかわいそうでしたがわたしは道案内人ができて安心でした、ありがとう。笑

その後もレジアスで追走してもろもろあったあと、鴨川青年の家で電波の悪さと格闘しながら日記をかいてfacebookを更新してねました。

二日目

部員(ほぼ)集合写真。

f:id:ut-br:20160424092020j:image

せっかく撮ったので、部員紹介ページの写真も更新しました。部員紹介も随時更新されておりますので、よろしければご覧ください。

http://utbr.sakura.ne.jp/wordpress/?page_id=2

ついつい撮ってしまった貫名くんのNick。ワイヤーあたりにこだわりが見えます。そのうち特集してみようかなあと思っていたりします。

f:id:ut-br:20160424090723j:image

この日もグループ分けをして出発。ポーズがかわいいと話題の平山くん。笑

f:id:ut-br:20160424093458j:image

このあとは雨が降って予定のコースをかなり短縮して終了、帰還しました。積み下ろしを手伝ってくれた新入生のみんなはありがとう!自転車は我慢比べのような競技ですが笑、しっかりサポートするので入部してくれる人は一緒に頑張りましょう!

残りの写真はフォトギャラリーにて公開しております。ぜひご覧ください。

http://utbr.sakura.ne.jp/wordpress/?page_id=2341

次回は修善寺オープンに同行します。学科の課題をかきわけかきわけ笑、全力でサポートしますのでみなさんがんばってください!

2016年05月01日日曜日

[] 18:06

平山と是政へ。二分坂ソリア5本×2セット。

1セット目は平山が10本やったうちの偶数本目に参加。平山が諸事情で帰ったあと、2セット目はレストを長めにとって5本やった。振り返ってみればダンシング中心で登っていたが、シッティングとダンシングはどれくらいの比で行えば練習効率がよいのだろうか。

[] 22:08

いろは下りレストインターバル10

修善寺オープンに向けて普通のソリア以外もやっとこうということで、岩淵の力を借りてインターバル。案の定というか、ぼっちの奇数本目は少したれて岩淵がいる偶数本目は頑張る形になってしまった。心肺はキツイが死ぬほどではなく、徐々にたれつつも何とか鬼タレはしなかったが、脚的にこれでは厳しいなという感じ。レストを入れて何とか気持ちを作りさあ二回戦というところでアクシデント発生により打ち切り…。

かなり萎えたが、同期は皆飯山で奮闘していたようで、切り替えて頑張らなくてはと思った。この連休から合宿までの一週間が修善寺に向けてしっかり練習できる最後の期間なので、気持ちを切らさず頑張りたい。

[] 22:38

菜の花飯山ラウンド

1日目ヒルクライム 3B 13位 49分13秒

一本目、二本目共に自分の中ではかなり高い出力を出せたと思うが上位陣はあり得ないスピードで登っていった。20分超のヒルクライムで普段のメディオより普通にパワーが出ていたので日頃の練習の負荷を疑わざるを得ない。最初が無駄に早かったが割とついていけたので修善寺の序盤もおそらく大丈夫だろう。最後に下りで加藤を千切って1日目終了

2日目クリテリウム 3A 3pt 8位

隙あらば逃げようと数回アタックして集団からちょいちょい抜け出したが、全部吸収された。それなのにポイントはスプリントで取ったことを考えると、結果論としてはスプリントに専念しても良かったかもしれない。二年生になってから練習量を増やす努力をしたが、反復能力を主体に着実に力は付いているようなので、しっかり続けていきたい。

今回のレースで日直商会様が提供して下さった、MichelinのPowerを使わさせていただいたが平坦での高速巡航が非常に楽に感じられた。このような素晴らしいタイヤを提供していただき本当にありがとうございます。

監督二日間長い時間運転していただき本当にありがとうございました。

あと石田屋最高でした

2016年04月29日金曜日

[] 17:41

軽メディオ

明日頑張ろう

[] 18:27

飯能 ペース2→ソリア

岩淵と。一周目の三段坂、五分坂とも普通についてきてちょっとビビる。二周目は五分坂でガチる。若干突っ込み気味だったが、なかなか千切れてくれないどころか隙あらば捲らんくらいの感じで、落としたいのをプライド総動員で必死で耐えていたら4分くらいでやっと千切れてくれた。しかしこの感じだともうそろそろ抜かれるんじゃないかと恐怖。ここまででだいぶ脚にきていて、ソリアは1本目いつも通りを出してから徐々にたれていき、心肺にあまり負荷をかけられなかった。最後はなんとか戻したものの、戻せたということは途中は甘えていたわけで…。まだまだ弱い。

今日は行田並の爆風が吹き荒れていて、向かい風はともかく横風には怖い思いをさせられた。何事もなく帰ってこれて一安心。

[] 19:50

流し25km

恩方でチェーン落として以来変速がうまくいかなくなっていたのでなるしまで調整してもらった。風強すぎ。

[] 21:46

全日本クリテ。

予選 15位通過。

風速10mの横風が吹き荒れる中でのレースとなった。風に当たらない位置取りを常に意識して、相次ぐ中切れを埋めつつ、後方へ消えてゆく選手たちを追い越しながら走っているうちにかなり前のほうにいたらしい。第3集団あたりでフィニッシュし無事に15位で通過。新しい自転車Nickにまだあまり慣れておらず、コーナリングや加速でかなりのロスをしてしまったのを脚力で埋めていたので、非常にきついレースだった。

決勝 11/20周DNF

相変わらずの風地獄。予選で足を使ってしまったのでもう走れないかと思ったが、スタートすると案外まだいけることに気付く。また予選と同じように、1周目でかなり集団後方に行ってしまったが前からどんどん選手が降りてきて、中切れで先頭集団から切り離されてしまってからはかなり協調のとれたグルペットに入ったが、9周目あたりで突然力が出なくなり、グルペットとさよならしてしばらく一人旅、のち11周目で赤旗。

集団先頭で勝負に加わるのはまだまだ先のことになりそうだが、思っていたよりよく走れていたように思う。

ローラーを貸してくれた畑中君ありがとう。また、今日のレースでは前後輪に、日直商会様より提供していただいたMichelinのPower Competitionタイヤを使用しましたが、転がり抵抗でのアドバンテージは決勝序盤まである程度走れる脚力を残せたことに確実に効いていると思います。高性能なタイヤをご提供いただきありがとうございます。

[] 22:39

全日本クリテ

予選1組 14位

爆風横風で耐久レース。一度集団から千切れたけど絶対あきらめちゃダメだって祈りながら踏んでいたら追いつけて、そのあとゆるゆるだったので飛び出して2位ポイント。そのあとは流してゴール。アップ不足だったのは否めないけどそれにしてもきつかった。

決勝 DNF

やっぱり爆風。もっと集団で粘りたかったけどもう地脚がなくて千切れる。そのあとは諦めたらって思ったけど、どうしようもないことは明らかでさようなら。完走が12人は驚いたけど、序盤で千切れてるのは地脚がない結果。スプリント練とペース走を交えてやっていけば、高強度の連続・その後のそれなりのペースにも対応できるはず。特に後悔はなく自分の実力なので、これからの練習でレベルアップしていきたい。

Nickお披露目試合となったが、芳しい結果ではなくて少し残念。とはいえ提供してもらったことで、絶対に中途半端な結果ではいけないという精神が刻まれたのはありがたい(当たり前のことだけど)。次は修善寺オープン。頑張ります。

ローラーを貸してくれた貫名の友人、畑中君ありがとうございました。

[] 22:51

今日 

強風吹き荒れる中、平山と飯能へ。周回コース2周+三段坂ソリア3本。2周目の5分坂は平山に死に物狂いでついて行ったが、最後の急坂を目にしたとたん気持ちが切れてちぎれてしまった。体力と気力をそこで使い果たし、ソリアは平山の1,3,5本目に合わせてやったが、全くついて行けなかった。練習を重ねまだまだ強くなりたい。

[] 23:29

ローラー流し

日曜日までの課題が終わらず絶望...明日明後日頑張ります!