Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2017年06月23日金曜日

[] 23:35

全日本選手権タイムトライアルU23 18位

昨年のインカレで資格をゲットし、本当に楽しみにしていた試合。これのために合わせたかったともいえる。本当にこれで結果を出したいと考えていた。3月から6月に仕上げるぞと準備をしていて4月は完璧に練習が進み、ピークパワーを各所で大幅に更新。試合で勝負になるところはかなり強くなった。しかしこれから不測の事態が続き、5月の前半は気管支炎(しかも抗体菌で最初の抗生物質が全く効かない!)で2週間寝っぱなし。チームTT, 個人TT, 個人ロードは練習が足りなくて本当に悔しかった。また個人ロードで手首を骨折し、練習も足りない。そもそも試合にも出れるのか怪しいという最悪の状況。かなりきつかった。

しかし諦めたくはなかった。

Formula Kingを貸してくださっている日直商会様の応援を水口さんから聞いたときに絶対に試合までやり切ろうと思った。柿木さんに相談したところ、「ローラーでなんとかやっていこう、コーナーと起伏のあるコースだから走り方でカバーできるところもかなり大きい」とすぐに切り替えられるよう前向きに励ましてくれた。このアドバイスがあったから、上位を絶対に狙うんだと思いなおせた。

手首を折ったことを受けて、いつもお世話になっているSports Bikes HiRoadオーナーの青山様に相談したところ、すぐにシフターの左右を交換してくれなければ絶対に出走できなかった。最高のTTホイールを用意してくれたastuto Tim氏のためにも、そしてこのホイールとFormulaで走りたいという気持ちも大きかった。最強のマネージャーに移動から試合準備、マッサージまで全部サポートされて、自分がどこまで高みを狙えるかに挑みたいのも捨てきれなかった。

本当に全部が心の力になったからこそ、個人ロードから2週間できる限りでローラー2部練を行い、必要な領域を鍛え、苦しむことができた。病院でトレーナーさんにテーピングをしてもらって実走を試したときは本当に痛くてたまらなかったけど、それでも痛み止めとテーピングでごまかして出走できてよかった。僕がこの試合に強行で出場できたのは皆様のおかげです。出場できたことに心から感謝しています。


〈レースレポート〉

試合会場に到着後少しわちゃわちゃしたものの、いつも通りオイルを塗りこみ、決まったアップをしっかりこなし、ひとしきり汗だくになって準備は完了。カフェインの量、摂取するタイミングも事前にPubmedで調べておき、また痛み止めの半減期まで調査済み。すべてできる準備は整えた。

コースは前半は平坦基調、後半から登りとは言わないものの起伏が連続し、コーナーも数か所ある嫌なコース。手首を折っている状態では下手にコーナーは攻められないのでタイムロスは仕方ない。コースレイアウトは完璧に把握しているので不安はなし。走っている最中の注意点はとにかく登りでそれなりに踏み、下りの前の平坦まで踏みやめないこと。それだけを頭に叩き込み、三宅監督からも出走前の注意をもう一度受け、出走。

もちろんペースは突っ込み気味で入る。平坦区間は自分の中では快調。しかし中間計測あたりから本当に苦しくなってきて、登りのあとの平坦が踏み抜けない。本当に苦しくて苦しくてたまらなかったけど、なんとか下りまでは我慢して下りは休み気味で延命を繰り返す。それでもガンガンに垂れてゴール。

たった17分しか走っていないのに、終わった後は草むらで転がっていた。本当にきつかった。

f:id:ut-br:20170623093704j:image

ゴール後は垂れてしまったことで「やっぱ自分弱いな」と痛感してどんよりしていた。最下位争いなのかなとすごく不安になっていた。が、各選手のゴールタイムを聞いているうちにそこそこなのでは?と自信を少し取り戻し、18位の結果。学連のトップ層にもそれほど離されず、今できることはやり切ったと思える結果だった。

納得はしていないし、満足には程遠い。それでもやり切ったんだと胸を張って言える結果だというのは少しうれしい。

本当はもっとコーナーを攻めたかったし、完璧に仕上げれれれば垂れなかった自信もある。少し悔しいがifは存在しないのでインカレに向けて全力で挑んでいこう。それが僕がいまできることであり、支えてくれた人への一番の恩返しになるのだと思う。

これから2か月でインカレになりますが、とりあえず骨を治すこととローラー2部練を続けていこうと思います。時間はないですが、全力でインカレ上位を狙っていきます。

目標は10位以内、入賞です。絶対できる目標だと信じているので、これからも応援をお願いします!

最後に、最高の機材Formula Kingをを貸してくださった日直商会様、G.S. Astuto様。練習はもちろん精神的にも最高の指導をしてくださる柿木さん。機材をいつも完璧にしあげてくださるSports Bikes HiRoad青山さん。この試合に関して本当に支援をしてくださったOBの方々。最後にずっと支えてくれた植田。

重ね重ね感謝を申し上げます。ありがとうございました!

[] 11:54

6/22 荒川 ペース走高強度など 110km

響と荒川デート。ITTのとき並に向かい風がえぐくて死にかけた。

[] 12:00

6/22 小山田ペソペペソ・スプリント3

この頃足りてなかったペース走ができたので良かった。スプリントは出力も、垂れ方もパワマと同じ感じだった。

[] 17:14

6/22 V坂 70km

尾根幹からの城山を予定していたが、寝坊したのでV坂。

阪神ファンにとっては色々キツい。

前半はソリア的に、後半はとにかく登った。

西園さん、全日本TT二連覇おめでとうございます!

西園さん、秋山さんお疲れ様です。

[] 17:34

6/22 小山田 ペース走 もがき

なかなかにきつい練習だった。途中2人だったりしてかなり強度の出たペース走だった。最後の周でソリアが出来るほど元気ではなく、完全に足が終わって流すことしかできず。

死んでいたので、もがきはどこまで練習になっていたか分からない。何も出ないがただ頑張った感じだったかもしれない。

周回終わってから自販機でジュース買ったらゾロ目が当たってもう1本ジュースをゲットした。新谷にプレゼント。

6/23 ローラーメディオ パワマhiit

久しぶりのパワマだったがチェーン落ちしたりでやはり問題の多いマシンだった。

[] 22:47

昨日:ローラー

生駒が割と復活した。土日の疲れがまだ残っていて力があまり出なかったが、きっちり追い込めたと思う。

今日:ASTUTOへ

今使っているホイールに少し問題が発生したので自転車ショップASTUTOへ伺ったところ、明後日の全日本選手権に向けてホイールを貸していただけることになりました!エアロダイナミクスに優れた最新バージョンです。回転が滑らかすぎて笑みが止まりません。これは素晴らしいアドバンテージをいただきました。

[] 00:28

6/23 港北夜練 ペース、もがき

30sのピークパワー更新!

がんばったらカレーがこんにちはしそうになったので帰宅。

2017年06月22日木曜日

[] 13:05

134号

筋肉痛の箇所を意識すると中々良かった。 55km

[] 16:43

6/22 城山湖朝練, 小山田 135km

城山湖 いつもの感じでペース走とソリアともがきで5周。激坂耐性ついてきた・・・?

大井君、今日もありがとうございました。

小山田 ペースソリア流し流しソリア

城山湖から小山田セブンに帰ってきたらちょうどいい時間だったので、結構死んだ状態で新谷と千葉と。1周目ペース走からすでに脚が怪しい。2周目ソリアはなんとかごまかしたながら。メモパ坂で新谷のもがき全くついていけず撃沈、日大三高はまあまあ先行できて、その後病院坂ペース走で完全に力尽き脱落。

あまりにも脚が動かなかったので一人でショートカットして2周流した後、最後にソリア周だけ参加。メモパ坂では学習せず、また早すぎるもがきをして垂れて新谷にぶち抜かれて追いつけなかった。疲労がひどく本当に足に力が入らなかった。日大三高坂では新谷が完全にメモパ坂で出し切って死んでいたのでなんとか先着。最後の病院坂でも新谷が死んでいたので無駄に上げて先着。

休憩後もがきをしたが、とにかく足に力が入らず散々な感じだった。

なんだか今日はダメダメでとにかくキツかったです。しっかり休んで回復します。

[] 17:23

6/21 体幹

課題や試合の動画制作やらを終わらせなければならなかったので休み。が、課題の方は終わらなかった。

6/22 メディオ

時間がなかったので少しだけ。

秋山さん、生駒さん全日本頑張って下さい。明日はカッコいい主将を期待してます。

[] 18:18

ローラー ソリア、メディオ

相変わらずのダメディオだったが、腹いせのインナースプリントで覚醒した。続けるって大事。

[] 18:19

パワマ ソリア ミドル

パワマ修理後にこなしたが、全然出力は出なかった。放課後は下半身と体幹の筋トレ。

p.s 今日2限に部室に行ったらすぐ後に菅家が来て、無いはずのナットをすっと渡してきたので、恐らく犯人はヤツで間違いない。

[] 22:58

こんにちは。本日4時起きで青森県にやってまいりました、チームマネージャー植田です。4泊5日の遠征の始まりです。

明日から第68回全日本自転車競技選手権大会ロード・レースが開催されます!

当部からは生駒、秋山(ともに競技4年目)が出場いたします。
ここ5年ほど東大自転車部競技班からの出場は1名が続いており、複数名が出場するのは久しぶりのことです。

簡単にご紹介いたします。ぜひ暖かいご声援のほどお願いいたします!

◆秋山浩杜 AKIYAMA, Hiroto

出走: TIME TRIAL 男子U23/23日(金)9:19-

ゼッケンNo. 334

資格取得大会:2016文部科学大臣杯男子ロード29位

f:id:ut-br:20170604122519j:image

Photo by So Nishimaru, 2017/6/4 TTT

主将秋山、4年目にして初めての全日本選手権出場です。
2週間前の全日本学生選手権個人ロードレース大会にて落車。右手首を剥離骨折し、今もほぼ曲げることができない状態です。変速すらできず、出走は不可能かと思われましたが、急遽当部スポンサーのSport Bikes HiRoadオーナー・青山様に左右のシフターを組み替えて頂き、かつ厳重にテーピングをすることで、何とかTTだけは出走に漕ぎつけました。バイクは当部スポンサーの日直商会様ご提供、DE ROSAが誇るTTバイクのFORMULA KING!!
恐らくは最初で最後の全日本。明日はBluewych・柿木克之様に相談を重ね、練習を積んできた結果を発揮するのみ。ぜひご声援をお送りください!


◆生駒亮汰 IKOMA, Ryota

出走:ROAD RACE 男子エリート/25日(日)8:00-

ゼッケンNo. 96

資格取得大会:2016ジャパンカップ第二組14位

f:id:ut-br:20160626083908j:image

昨年度全日本選手権ロードにて

生駒さんは学連所属の現役ですが、競技開始が3年生のため、全日本の区分ではエリートとなります。伊豆大島開催の昨年に続き、二回目の出場です。
全幅の信頼を置くいつものASTUTOフレームにASTUTOホイールで出走します。生駒さんのレースへの食らいつき方は学連内ではすでにかなり有名。今回もレース内一番の追い込みを見せることでしょう。レース中は応援するとどんどん元気になるそうなので(本人談)、ぜひ見つけたら「いいぞ生駒!」と声をかけてください!

もちろん23日のエリートTT・25日のエリートロードにはOBであるブリジストンアンカー・西薗良太選手も出場されます。

幸いにも日曜までずっと雨は降らない予報です。お近くの方はぜひ会場で、また遠方の方は各チームやjcfによる実況で、ぜひご観戦ください!

2017年06月21日水曜日

[] 10:13

6/20 荒川 ペース走ソリア高強度などいろいろ

午後に虫歯というザコな理由で病院に行かなくてはいけなかったので午前中に荒川へ。とはいっても色々やったので結構な練習量になった。菅家とひびきが来てくれたので普通にペース走ができたのはよかった。

中々にコスパの良い練習だった。

[] 17:56

6/20 ローラー ソリア

朝起きて走りに行こうとしたが、フロントの変速が死んでいたことを思い出し、直してたら時間がなくなったのでローラーに乗ったが、またもやメディオで撃沈。

6/21 ローラー メディオ、ソリア

今日こそは何としてもメディオをやりきろうと、冷房解禁して臨む。最低限しか出なかったがどうにか完遂。調べてみたら約2ヶ月ぶりのまともなローラーメディオで、ああこんなに長くて辛かったっけみたいな懐かしさを感じた。

季節的なものなのか、寝つきが悪いせいで疲れと眠気がとれず、集中力が続かなくなって練習効率も上がらない。早く夏合宿に行きたい。

[] 20:29

6/21 パワマ ソリア,ミドル

ソリアでは前は垂れてた強度を完遂でき,成長をわずかながら感じた(でもなお弱い)

その後に初ミドル,きつい.

[] 20:36

パワマ ソリア 筋トレ 上半身

本当はソリア+αをやりたかったが、パワマの調子が悪く断念。用事が済んで家で筋トレ。

[] 20:42

6/21 駒場筋トレ

響と一木がパワマを破壊したので大人しく筋トレ(俺は悪くない)

一通りやった。次は全体的に少し重めで回数減らしてやろうかな…とか考えてみたり。

明日の朝はVに向かう宣言

[] 21:24

響がパワマを完膚無きまでに破壊し尽くしたのでトレ体で筋トレ(俺も悪くない)

いつものメニューを一通りやってからいろんな器具を試してみた。拷問器具にしか見えてなかったものが実に有用性のあるものだと分かった。

[] 21:50

火曜

荒川に可能性を感じる、が腰が痛い

水曜日

怪盗ヨーダにナットを盗まれたのでパワマを断念(俺は被害者)

トレ体で筋トレ、腰が痛い

ナットは依田が買って来てくれるそうです

ありがたい

[] 21:57

6/21 V坂ソリアプログレ

ソリア、まあオッケイ。

プログレ、ラスト一本もがきで姿勢を起こしすぎて、強風が真向かいから吹いて失速。かなり姿勢低くして、下ハンでもがけるようになりたいと思った。

[] 22:55

筋トレ パワマ

今日は1人なのでサイレントウホウホで頑張った。

[] 23:06

メディオソリア

昨日と同じメニューなのにてきめんに苦しかった

2017年06月20日火曜日

[] 17:59

6/20 大垂水表x4 陣馬街道ペース走からの和田峠TT 120kmくらい

みんな荒川にいってしまったので、寂しくボッチ練で気持ちが乗らない中大垂水麓のファミマに寄ったところ、MIVROの松島さんにばったり遭遇。

聞くと松島さんも大垂水反復予定とのことだったので、ご一緒させてもらって四本。あまりにも脚力差があったので全てツキイチさせてもらったが、異常気象のゲートあたりでペースアップされて全部ちぎれた、恐るべし…それでも前回新谷と登ったときよりもさらに10秒以上早かった、すごい良い練習になった。

その後、和田峠に向かうとのことだったので、ホンキで帰ろうかと悩んだが、明日雨っぽいしあんま練習できなさそうなので便乗してついていくことに。移動でもかなりキツく完全にツキイチでした。陣馬街道に入るといつものようにペース走をして、ちょっとだけ前を引いたりしてそのまま和田峠に突入。和田峠に入ると1分くらいでついていけなくなり松島さんが見えなくなり、ヘロヘロでゴール。

帰りも鬼引きしてもらいあっという間に帰宅。尾根幹で千切れそうで本当にキツかった。

なんだか後ろでひらひらしているだけでじはありましたが、短い時間でかなり追い込めました、松島さんありがとうございました。

[] 18:33

6/19 V坂 朝に一人でV坂,一人だとどうしても甘えてしまうので,甘えない精神も鍛えねば

[] 21:02

6/17 恩方5+陣馬街道3

6/18 都民の森

6/20 メディオ

[] 21:16

筋トレ

2体でしっかりと。もともと月曜実走今日休息のつもりだったが、先週末始めたばかりの筋トレを早めに体得したく、この様なプランに。

[] 23:08

ローラー メディオ パワマ HIIT

久しぶりのメディオしんどかった。HIITもしんどかった。

しんどかったカーニバル

[] 23:11

ローラー

体調不良なので追い込んではいけないと分かっていながら、いざ始めるとどうにも頑張ってしまう。案の定終わった後は頭痛。

寿命を削っている感がすごい

[] 23:17

6/20 筋トレ

先週とほぼ同じメニュー。ブルガリアンスクワットが本当にキツいが週1回なら頑張れる。

軍手(滑り止め付き)を装着すると手が痛くなくて少しだけ幸せになれた。

[] 23:19

全日本ロードはDNSすることにしました。

今日はクリニックでテーピングをガチガチにしてもらって走ってみました。痛みを予想すれば痛くないものの、予期せぬ動きで激痛。段差で痛み。シフトダウンで痛み。下ハンを握ってもがけば、ブラケットに戻した時に痛みが帰ってくる。15分しか乗っていないのに、テーピングを外したあとは明らかに悪化。というとても乗れる状態ではなかったからです。

本当に本当に残念でなりません。DNSを自分で決めるのがなかなかできなくて、3時間ほど走りたいなあとずっと呟いていました笑。ですが集中を欠いて落車を引き起こしそうだし、これが最後の試合でも無いし、早く治すという点でもDNSすべきだと判断しました。甘えや間違いじゃないと思っています。

ということで全日本はTTだけになりますが、人生で最も苦しく、最も思い出に残る15分にしてこようと思います。

余談ですが、たった15分でも外を走るのは本当に気持ちよかった。ローラーばかりで頭がおかしくなりそうです。というかだいぶおかしくなっている。拷問マシーン、固定ローラー…

[] 00:06

6/20 荒川

千葉先輩と響と。

葛西臨海公園まで往復ペース走:向かい風辛くて往路はほぼつき位置(漢字がわからん) 復路は少し引けた。しかし最後つき位置に戻り、しかもちぎられるという…うん。練習。

その後 ソリアを何本かこなしインナースプリント。本数重ねると割とケイデンスものびたが200は無理であった… 楽しかったのでこれから荒川行った時は気分転換でやる。

90km

2017年06月19日月曜日

[] 06:20

6/16 恩方 陣馬街道

ペース走はそこそこ良い感じのペースで。下りでトラックに追いついてしまって練習にならない時が2回あって残念だった。

陣馬街道は時間差をつけてだったが、その差が重すぎたようでどの回も追いつきが発生しなかった。ちょっと面白みに欠ける。

数え切れないほど通ってきた甲州街道が、今までの中で1番渋滞していた。全く進まず帰るのがとてつもなく遅くなった。

6/17 都民の森

年に1回のヒルクライムイベントとして楽しんだ。最初は岡野と上げすぎないペースで回す。後から出走した生駒さんに20分ほどで追いつかれたので張り付いてみた。生駒さんのペース速いだろうなと思いつつここで行かないとしょうがないと思ってつき続ける。かなり長いことついて行ったが、やはりペースはとても速くちぎれた。ちぎれた後前方に響が見えていて死にかけながら追いつこうと頑張ったので最後まで踏み切れた。結局1歩届かず数秒差あった。

帰りは1時間以上雨の中走った。とても濡れた。

[] 10:05

6/19 城山湖朝練

5周:ペースペースソリアペースソリア+もがき

今日もGS Everwin大井君と。昨日の体調の悪さはなんだったのか。先週より踏めた。早朝の城山湖好きになりました。

大井君ありがとうございました。

[] 13:21

6/18 都民の森

アプローチのペース走は、自分が冗談半分で高めに言った先頭出力を、新谷がバカ正直に出し続けるので、なかなかつらかった。
本当は甲部もやりたかったが、雨予報なので都民の森のみ。都民の森は今週の練習してなさがモロに出て、全くダメだった。生駒さんのペースアップで千切れ、新谷にも負け、ラスト1kmで膝が痛くなってやめるという、ひどい有様だった。まあ仕方ない。インカレに向けてここからコツコツ乗り込んでいく。

帰りは予想通り雨に振られたが、レインウェア装備してた上に、本降りはラスト30分だけだったので余裕であった。

[] 20:06

朝ローラー。夜は心が折れた。それでもいい。頑張ってる。いいぞ秋山。もっと俺を盛り上げろ!!!

[] 20:54

6/15(木)大垂水

先週末の練習に参加できていなかったので平日のロング練に参加した

なかなかつらく早くも3本目にはもうあかん感じになり始めていた

大垂水からの帰り道は新谷さんと安西さんに引いてもらったがそれもなかなかにつらく、ひたすら赤信号を待ち望む15kmであった

その後5限に出た自分を褒め称えたい

6/17(土)恩方

メニューの本数が多く大変だったが頑張った

大垂水より恩方のがいい

6/18(日)都民の森

上川乗までのペース走もツキイチでひたすらに赤信号を待ち望んでいたがそもそもそんなに信号が無かった

ヒルクライムは景色いいし涼しかったしちょっと良かった

[] 23:44

パワマ ソリア→HIIT

垂れるだろうと思ったがギリギリ垂れなかったのでいい感じ。実走欲が高い。

[] 08:58

実走 坂道メディオ ソリア 30km

サポートカーがついて某牧場までという超豪華練習。(妻の最高に粋なはからいにより、家族の出かけ先まで自転車移動が出来た。感謝)

おなじみの三増峠でメディオ。愛川側からだとゆるく登る5kmなので本当にメディオにピッタリの長さ。宮ヶ瀬側から登るとソリア2本という感じ。帰り道、よく踏めた。実際に自己ベストだったが、STRAVAで見たら安西さんに遠く及ばなかった。当面の目標とする。

2017年06月18日日曜日

[] 17:02

6/17 V坂9、筋トレ

V坂ではこの前と同じメニューで9本。体をうまく使えるようになるためにボトル拾いもやった。そのあとはOB会まで駒場で筋トレ。これまで全然筋トレをやってこなかった先輩なので、西田に教えてもらいながら。最近、左右の脚で筋力差が出てきてしまっている状況をかなり心配していたのだが、筋トレなら左足を集中的にいじめることもできるし、やり方が分かったのは大きな収穫。

OB会に来てくださった皆様、ありがとうございました。

6/18 都民の森

自分なりにいい走りができた。先週末から続けてきた練習の成果を発揮することができたと思う。ただし、大王イカ生駒さんがエグつよかった。

1年前登った時は、もう何が何だかわからないくらいどうしようもない、箸にも棒にもかからないような感じだったことを考えると、感慨深いものがある。

[] 17:33

6/18 都民の森

昨年9月に自主練で行ったぶりの都民の森。ヒルクライムモチベはないが、年に1回くらい全体練で行くのはイベント感があるので、雨が降るだの足が重いだの理由を付けて休もうとする心の中の自分をねじ伏せて家を出た。

家を出てしまえば足は軽快でどんどん山の中に入ってゆく。ペース走は生駒さんと回したがなかなかに辛くてあまり引けなかった。

都民の森は1年生から2分差で加藤さん山本さん千葉とスタート。残りの上級生はそこからさらに3分差。割と序盤で千葉との二人旅になった。スバルラインの再来である。

抑えめのペースでしばらく回していると生駒さんが一人で上がってきたので、抑えめに回してたのもあり、すんなりと千葉と2人で引っ付く。

あとはひたすら生駒さんが強かった。全引きの生駒さんに対して残り1kmほどで敢えなくちぎれて2着。ちぎれてからは本当にキツかったが、すぐ後ろに響がいたので先輩の意地で踏んだ。

天気がアレだったので上であまりぐだぐだせずにとっとと下山。(僕は)(家が近いので)雨に降られずにすんだ。

木曜から4日連続で練習しているので、明日はゆっくり休みます。お疲れ様でした。


[] 18:56

昨日:恩方5+陣馬2

恩方はまずまずのペース。そんなに大した値ではないが、1分ちょいのあたりのピークパワーを更新したので喜んでおく。出した後はひたすらきつかったがよくこなせた。陣馬はペース配分を少しミスったという印象。まあでもよく頑張った。

今日:都民の森

コンビニから分岐点までのコンビニが結構きつい強度だった。本番のヒルクライムは、まあヒルクライムみたいな走り方をして、優勝した。うちの部ではヒルクライムならだれにも負けないと思ってるので、良かった。

ただ出力が低かったです…泣。少し足を使った後とか、途中でかち上げたとかを考慮してもうーん。去年の3月、学業が忙しかったりでもういろいろ手一杯であんま練習できてなかったときに行ったヤビツのパワーよりも10W以上低い。

まあ指標はこれだけじゃないし、全体としてそう弱くはなっていないと思うのですが、最後のインカレに向けては、練習してこの辺の指標も軽く超えていけるくらいの状態にはして臨みたい。

その前にまずは今度の全日本。去年も同じようなことを書いた気しかしないのですが、全体としてまあ一番強い時の状態とほぼ変わらないとは思うので、やれる範囲で頑張る。去年より集団の走り方はだいぶ上達してきたからそこは大きい。

[] 19:44

6/17 V坂 14本

短い時間の中で集中して取り組めた。新谷さんの後ろについていたのだが、ソリアだとカーブの途中くらいでちぎれてしまう。早く最後までついていけるようになりたい!

6/18 都民の森

事前情報で辛い辛いと聞いていた都民の森。気合を入れて出発。

実際走ってみると辛いけど終始なんとか足は動いたという感じだった。個人的には先週の雛鶴の方がしんどかったので頑張れた。足を酷使してしまったのでサラダチキンで回復(なかなか美味しい)。

帰り道で初めて雨に降られた。梅雨。

[] 20:24

6/17 V坂

いろいろあってまず菅家と西田とソリア

その後新谷先輩も合流し残りのメニューをこなした

カーブ終わりからの先輩のダンシングには全くついていけず、とても悔しい。練習あるのみといった感じ。

その後総会まで二体で少し筋トレ

今思えばデッドリフトもやっておけばよかった

総会ではOBだけでなく旅行班の人ともしゃべることができたり、お腹もいっぱいになれたり、とても楽しかったです。

p.s 皆さん服選びは気をつけましょう笑

6/18 都民の森

トトロの森のような楽園ではなかった。コンディションは悪くなく、結構頑張れると思ったが響にすぐに置いてかれたし全然ダメだった。せめて所々にある平坦でもっと踏めていれば良かったと思う。ダンシングをもっと有効活用できるようにもしたい。

p.s 僕は帰りに雨に降られませんでした。埼玉万歳\(^o^)/

[] 20:39

6/17(土)

午前中の練習に参加できなかったのでOB総会に参加したあと一人でV坂へ。4本目の途中でメカトラが発生したので応急処置をして帰宅。無念。

6/18(日)

チェーンやらの不具合でとても練習に行ける状態ではなかったのでロング練参加は断念。都民の森はレアな練習場所だと聞いていたのでぜひ行っておきたかった。

いろいろ修理をしてから三鷹寮で筋トレ&体幹トレーニング。二か月以上生活してたのに今日初めて知ったが三鷹寮の筋トレ設備が意外と充実していた。ヘビーユーザーになろう。

[] 20:48

みんなが都民の森で死んでるのを想像しながら今日もローラーチャレンジ。ローラーばかりで本当につまらないので、みんなには練習日記をより詳細に書いて欲しい毎日。というかまずは全員書こうね。

ローラーDNF

なぜか妙に手が痛くてアップの時からモヤモヤしていた。メニューを始めれば気にならなくなるかなと思ったけど、ずっと痛いので中止。動かしたわけではないので悪化したとは思わないが、集中できないので練習はどうしようもない、つまらない。

何もしないのも嫌なのでバランスボールでランジをしたり、ストレッチをした。バランスボールランジは左右差がある選手は少し難しいらしいが、あまりにも簡単だった。つまらない。ウェイトトレーニングをしたいのだけど、持てないから何もできない。つまらない。

[] 20:53

6/17 恩方5周ペース走・ソリア、陣馬街道x3

平山生駒さんとグループになり恩方で練習。

恩方周回は平坦の自分の弱さが露呈した。平山、生駒さんも体重は軽いので、体重は言い訳にならない…

ソリアは1本目は生駒さんの勢いがヤバすぎて、これは無理だと思ってしまい、垂れ落ちてくる平山を捕まえるので妥協してしまった。平山のように突っ込む覚悟が必要だったかもしれない。2本目はシッティングでギリギリのところまで頑張り、最後にダンシングでもがく作戦で結構いいところまで生駒さんとの差を詰められたが、今一歩忍耐力が足りず追いつけなかった。

時差発走は自分1人が先行するときはすぐに捕まってしまったし、平山を追う時は苦しすぎて生駒さんとのローテでラスト1kmくらいのとこで着き切れしてしまい、平山を捕まえられなかった。この後生駒さんは〇〇により離脱。未だに脳裏にその映像が……

最後に生駒さんのかわりに岡野を平山と自分で追うことになったが、ここでも自分の引きが弱く、捕まえられなかったし、最後の平坦スプリントもイマイチであった。あと岡野が強かった。

登りでシッティングでしっかりトルクをかけるのは以前よりできるようになってきた気がするが、平坦での走り方はやはりダメダメなので改善できるようにしていこうと思う。


6/18 休養

体調を崩してしまった、すみませんでした。この2週間やや突っ込みすぎた気がしなくもない。

都民の森なら他の部員にそれなりについていけそうだったので無念。

大人しく寝ていたらまあマシになった。ふとITTの酷いタイムを思い出してかなり萎えたので、明日からまた頑張ります。

[] 20:58

6/18 都民の森

昨日の筋トレによる筋肉痛がやばかったが、それでも最初に出発して最後にゴールしたのはめちゃくちゃ悔しかったし自分の実力がかなり不足していることを実感(いつもしているが)した。

練習頑張ります。

帰りに雨にやられた。

[] 21:40

6/17

予想以上に用事が長引いたのでローラー。

とりあえずメニューはこなしたがあまりにもキツい単純作業で悟りが開けそうだった。

汗が尋常じゃないのでタオルを忘れないようにする。

6/18 フィッツさんの練習

正直朝起きる段階で勝負が始まっていると言える。この一戦には勝った。

しかしここから某野球チームの如く連敗が始まる。

集合場所から尾根幹の1つ目の長い坂で千切られる。…悲しい。

その後城山まで伊藤さんとてるみさんに連れて行っていただいた。坂道の度に消えるのが申し訳ない(因みに坂道じゃなくても千切れていた)。

しかしフィッツさんの方々は私と同じ重力で生きていらっしゃるのか甚だ疑問であった。めっちゃ速い。

なんとか城山について坂を登る。これは前回も来ているのでキツいのはわかっていたが、言うまでもなくキツかった。最早走った方が速いんじゃないかと思うレベル。

降り方を教えて頂く(伊藤さん有難うございました)。

2周して力尽きる。男性陣が速すぎて引いてしまった。

城山から集合場所まではてるみさんと坂本さんに付き合って頂いてローテの練習。

そもそも前に追いつかない事案が発生したがなんとかくっついていく。

尾根幹あたりから伊藤さんも合流しスピードが上がった…何度も消えかけて最後に消えてしまった。

ホームのセブイレが見えた時には感動のあまり涙が出そうになった。

伊藤さんをはじめとして試合前の貴重な練習時間に手厚く面倒を見て頂いた、坂本さんさえちゃんてるみさん、有難うございました。

そしてフィッツさんの方々の力強い走りに全松田が勇気付けられました…、速度はとりあえず、あれくらいのガッツで走れるようになりたいです。

有難うございました。これからもよろしくお願いします!

お家まで後ちょっとのところで本降りになりびしょ濡れに。お陰でシャワー代が浮いた、やったぜ(冗談です、しっかりシャワー浴びて爆睡しました)。

[] 22:00

恩方5

走り始めで明らかにおかしたかったので下のグループで。大したパワーも出していないのに、登りで千切れかけるくらいにはひどかった。頭痛も発症してしまったので、インターバルはしないで帰った。 130km

今日も朝起きてから頭痛が止まらない。完全に春先の体調不良と症状が一致している。体調が良くなればまた練習するが、治らないようなら色々厳しくなる

[] 22:22

6/17 恩方5、陣馬街道往路のみ時差発走3

いつもより高い先頭出力でローテしたせいかだんだん激坂でついていけなくなり、まともなソリアどころではない感じ。うーん。その後の時差発走でも、休みつつ引くことはできても単独ではあまり踏めず。まあそのぶん頑張ってうまく(セコく?)走ったか。あと、この時期の新入生にはメニューとして重すぎたかもしれない。ごめんなさい。

6/18 都民の森

毎年恒例の6月都民の森。脚が重く、上川乗までのペース走がだいぶキツい。そこからは最終グループに入ったが、主に生駒さんのペースがキツくて12分くらいで中切れ作ってしまったので千切れる。そこからは先発組の千切れた人たちを回収しながら淡々と登った。LTは超えたしタイムも悪くないと思ったのだが、帰ってデータを見ると最後までは無理でもあそこで千切れるほどではなかったし、何より新谷は生駒さんに食らいついていってたのでこりゃいかんなと。やはり練習が全てだと思うので、今月試合やサポートでロング練から遠ざかっていたぶんの負債を、これを機に返済しないといけない。

[] 23:57

6/17 集団走行

前よりは長い時間ついていけてはきているが依然として途中でちぎれてしまう状態なので持久力をつける練習をしていきたい

[] 00:53

メディオ

金曜日より体調を崩していたため、昨日は練習せず、本日はローラー練です

2017年06月17日土曜日

[] 15:45

6/14 ローラーメディオ
6/16 ローラーソリア、メディオ
6/17 パワマミドル

今週は個人ロードの疲れを引きずったのかまるで気持ちが作れなかったのと、後回しにしていたレポートの処理に追われ、全然練習できず、、、 その上今日は、、、 V坂組の人たち、ごめんなさい。切り替えて明日から頑張ります。

[] 19:22

6/17 V坂+筋トレ

OB総会行く組でV坂した後に新谷さんと二体で筋トレ、その後に依田の筋トレを眺めたりしていた。

その後にOB総会に参加させていただきました。僕がこの部に入る前の話などを結構聞くことができると同時に、期待されている人がこんなにいるんだと思うと、すごいモチベーションになりました。

筋肉痛にならないようにストレッチをしっかりして明日に臨みます。

後もうちょっと体絞ります。

[] 19:47

試合を考えて、また時間の面でも今日はあまり時間がないのでおやすみ。明日から3日乗って、水曜回復走、木曜日は青森への移動+コースの試走。そして金曜日はTT本番になる。ロードはどうだろう。出たいのは出たいし、どうせ試合が始まってしまえば痛いのも我慢できる。でも我慢していい痛みなのかどうか…。

さて昨日はなかなか気持ちの面で頑張ったのだが、練習量はたかが知れているので体はそんなに疲れていない。そりゃそうだ、休日はこの倍以上の練習量を行うのだから。社会人サイクリストのブログを読むとあたかも苦しくないような感覚で、ローラー2部練を行なっているが、実際にやると想像以上につまらない。しんどいというより、この作業が目的のような気分になってしまって虚無感を感じる。こういう練習をきっちり積んで、結果を出している社会人は本当にすごい。

前置きが長くなってしまった。練習量が足りないので黙って2部練をするしかない。週に4日か5日練習するとして、やりたい練習量がTSSでこれだけというのがあるから、そこから逆算すると基本的に毎回2部練を行わなければならないことになる。

あまり悩まず、嫌がらず、ただ結果を掴むための手段と思ってドライに練習を進めていきたい。ドライに、一方で自分を信じて、より高いパワーを出せるようチャレンジしながら。

[] 20:10

6/17 恩方5+陣馬街道3

周回は加藤さん、長岡さん、河村、響と。偶数周でソリアをした。ソリアは先週の戸塚を思い出してゴリゴリ踏んだ。

休憩の後陣馬街道で時差発走。二本目は若干配分をミスったが、全体的によく追い込めた。追走が迫ってるかの確認はもっと確実にしなければならない。

今日の練習はなかなかにエグかったけど、しっかり休んで明日も頑張ろう。

p.s.今日加藤さんに「野人岡野ってどういう意味?」と聞かれたので解説すると、野人岡野とは、20年程前にJリーグで一世を風靡した岡野雅行選手の愛称です。岡野界隈ではみんな知ってますが、世代ではないですね。笑


[] 00:43

三増峠 メディオ 20km

自己ベストを更新。毎度のことながら、後半が辛くて辛くて仕方がなかった。ただ、後半にかけて斜度が徐々に上がっていくという、心折設計のコースレイアウトは素晴らしい。そうでないとサボりたくなってしまうから。

2017年06月16日金曜日

[] 09:59

6/15 大垂水6

毎回かなりの強度が出せた。

1本目はローテ回してたらちぎれたのでそれ以降ほぼつきいちにした。毎回安西さんがとても強かった。

上半身をなるべく意識しようとはしていたが、少しぶれてしまっていたと思う。特にちぎれかけや頂上近くの死にかけの時に意識できなくなってひどくなってしまったように思える。正しいフォームは大事。

[] 10:14

6/15 大垂水 表裏表表表表

1本目:先週土曜日に安西さんと回した裏垂水のとてもいい感覚を再現したかったのでガンガン踏んだ。ここは最後までたれず、とてもいい走りだった。

2本目:途中で安西さんのペースアップに引きちぎられた。自分も踏めていたのでマジでビビった。復調してこられたらしい。

3本目:後半の安西さんの上げにギリギリついて行ったが、最後にもう一段あげられて、ダンシングで頑張るも及ばず。

4本目:3本目に全力で頑張っても置いて行かれたのがショックで、気持ちが切れて早々に終了。

5本目:これはいかんと思い自分のほおを打って気合を入れ直すが、今度は体がボロボロになっていてダメだった。

6本目:シチュエーション作りが奏功し、4、5本目の醜態から考えられないような力が出た。おわりよければすべてよし。

先週土曜から昨日までで、大垂水を計13本(表8、裏5)登った。

今朝、健康診断で4ヶ月ぶりに体重をはかった(身の回りに体重計がないので…)ら、公称よりもやや軽いことが判明した。

[] 11:38

走行距離 約90 小山田1.5周

午後から夕方まで空いていたので小山田のコースを教えてもらう。

下った分登らなければならないという厳しい現実を突きつけられた(当たり前か)。

パワマだと目標が立てやすいが実際に走っているととりあえず頑張るだけになってしまいがちなので、次回からタイムを測ろうと思った。

小山田をこやまだと読み間違え続けたにもかかわらず丁寧に訂正し続けてくれた山本氏に感謝します、有難うございました。

追伸

ついに反射板とさようならすることに。

反射板との日々を忘れない。

[] 15:18

6/16 某寺

プログレも挟みつつ全力走。一人の割に頑張った。プログレの最後のもがきで気持ちが切れがちだった。一人では仕方が無い部分もあるが、もう少し粘りたかった。とはいえ、いい練習だった。

この領域は前回のピークでほぼ揃えられたのでむしろ上がっている。昨日のダメダメディオの原因が単なるバッドデイなのか本当にメディオ域が弱体化したのかは分からないけど、とりあえずメディオを増やした方が良さそう。

[] 18:45

パワマスプリント

本来休養日だったが、水曜の負債を返すためにやった。走りは悪くなかった。「忍耐力」をキーワードにしている。

[] 20:49

6/16 城山湖朝練

気分が乗って走れるときは走っておこうと思ったので朝練。調子は戻ってきているのでオーバートレーニングには気をつけたい。

今日はGS Everwin大井くん、今井くんと城山湖周回。平日早朝城山湖は車もいないし信号も引っかからないし小山田に比べるとめちゃくちゃ走りやすかった。1周でソリア坂ともがきにちょうどいい長さの坂があり良いコース。

ソリア坂は大井くんが12パーセントくらいあるのにアウター53tから一度もインナーに落とさず登って行くのでワケがわからなかったが、毎回下りで待ってもらったので1人にならずに済んだ。とにかく大井くんが化け物であった。10%前後では踏み方が難しいが、まずは一発でいいから食らいつけるようになりたい。

もがきは重いギアを踏みすぎてしまう癖があるのでもっとケイデンスをあげて回せるようにしたいと思う。

他の部員よりも練習環境は恵まれていると思うのでそれを活かせるようにしていきたいです。

一緒に練習してくれたお二方、ありがとうございました。

[] 22:21

ローラー練。頭がおかしくなっています。

1st-leg

淡々とメニューは進んだ。想定通りホームのチーム秋山が、悪の軍団ローラーをぶっ倒した。

2nd-leg

ここで負けては後が無いローラーが前線でかなりのプレッシャーを与えてきたが、秋山は難なくクリア。これは圧勝かと思いきや、2つ目のメニュー中まさかのwi-fi選手が急に不調になりサポーターであるYouTubeが停止。応援を失ったチーム秋山は完全に崩壊してしまう。

しかしここから修正するのが4年目の実力。きっちりと切り替えて後半のメニューは自分たちのペースを取り戻し手堅く勝ち点を手に入れた。

俺たちの戦いはまだまだ続く…!!!

[] 22:22

6/15 早朝ローラー

メディオを試みるも、脚が重すぎて撃沈。御多分に漏れずインナースプリントだけはやった。

6/16 サイクリング

スポーツバイクハイロードにて、サドルやシューズのフィッティングをしていただきました。いつもありがとうございます。

帰ってからシフトワイヤー交換してたら一時間以上かかってしまった。まあこれでもだいぶ速くなったのだが…。

[] 23:25

長岡の忠告むなしく日記ゴミと化しました。すみません。

6/10 v坂

6/11 雛鶴

6/13 ローラーメディオ

6/14 某所メディオ、ソリア

6/15 ローラーメディオ、ソリア

[] 00:30

6/16 ローラーメディオ 体の水分が全部入れ替わったと思ったくらい汗をかいた。大量に汗をかいた後のシャワーは最高

2017年06月15日木曜日

[] 08:42

朝ローラー

うるさくてすみません。この時間からやらないと病院のリハビリに間に合わないので。隣人さん本当に申し訳ない。あまり生活音が聞こえないのでもう出ているかもしれないけど笑。

今日は手首が少しだけ痛かったし、朝からうるさくてごめんなさいとか雑念まみれでイマイチ。そもそも朝ごはんを食べる前にローラーをするとどうしても出力が落ちてしまう。朝のローラーはとりあえずやる、死にそうまではやらない、くらいでいい気がする。今日の夜はローラーをできるかどうか時間的に怪しいけど、余裕があればやりましょう。

[] 17:06

6/12 本郷にて大西宇宙飛行士のミッション報告会 勉強モチベーションup しかし自転車に乗れなかった

6/13 雨で朝練できず…

6/14 パワマ ソリア

先週より上げてみると途中で垂れてしまったので先週のkpに戻す。

6/15 ローラー メディオ

秋山先輩のアドバイスを即取り入れてメディオ域強化。午前大垂水組が羨ましかったので多めにやった。せっかくいい天気だったのにローラー。うーむ。

[] 19:12

パワマ

菅家と同じく秋山さんのアドバイスを受けて練習。途中死にかけるもなんとかやりきった。結局昨日の筋トレによる筋肉痛が出てきたので、筋トレは無し。

[] 20:32

6/15 筋トレ 月火風邪を引き練習ができなかった。

水曜日に本郷に借りてた新歓車を納車し新しい新歓車を借りた。

練習のモチベが上がったので風邪で遅れた分頑張ります。

部室に行ったら基本的に誰か練習してるので負けてられない。

[] 22:22

6/15 メディオ

1時間半くらい走ったらガーミンがフリーズして何も分からなくなった...無念の撤退

ですが、下校中の小学生とすれ違った時に、あのロードバイクかっこいいって言われたのでご機嫌です。

[] 22:31

6/15 大垂水 表裏表表表表

今週メディオできていなかったので大垂水へ。千葉新谷安西一木響の5人で。平日からこんなに集まり感動。基本上級生三人でローテを回す。

一本目:表。気づいたら新谷とぼくだけになっていた。そのまま峠までローテを回した。かなり良いペースで以前生駒さん達と来たときより5秒ほど早かった。ドンドン調子が戻ってきているように感じる。

二本目:裏、工事区間で引っかかったがそれでも良いペース。気分が乗ってきて権助看板あたりで上げて新谷をちぎった笑

三本目、四本目、五本目:表、全てほぼ変わらないペースで登れた。三本目では新谷が食らいついてきて、五本目では千葉のアタックがすごかった。

六本目:時差発走で最後尾から一人でだったが気持ちが作れず垂れた。人が近くにいないとダメっぽかった。

ラスト1本以外はよく追い込め、帰り道もかなりハイペースで走ることが出来た。1年生の二人は本当に強くてびっくり、すぐに追いつかれてしまいそうなので自分も練習頑張らなくては。

[] 22:54

大垂水峠 表→裏→表×4 +通学 150km

デフォで午前休かつ3限休講というロング練日和だったので安西さん主催の大垂水練に参加。

1,2,3,5本目はメディオ。先輩方のペースについていくのはやはりまだまだ厳しい。割と序盤で千切れてしまった。

4,6本目は時差発走で先に発走。ついていかなければならないミッションより追いつかれてはいけないミッションを課された方がめちゃくちゃ頑張れることが分かった。

練習後、急いで駒場に向かって4限(の終了時刻)に滑り込みセーフ。めちゃくちゃハードな一日だった。

やはり実走の方が力がついてる感があるので時間を見つけてできるだけ走りに行きたい。パワマ星人を脱却して実走星人になりたいが落単星人にはならないようにしよう。

[] 23:25

6/15 出来損ないローラーメディオ、インナースプリント

本当は大垂水反復に参加する予定だったのだが、やらなければいけないことが終わらず、夜更かしアンド寝落ちでコンディション最悪だったのでパスして寝た。まあ自業自得なのだが。昨日の掃除の時に新谷と安西さんには行きますと言っていたのにごめんなさい。夜にローラーメディオをしたがLT-30Wくらいしか出ないしラスト一本の半分位で気持ちが切れてやめた。これでは大垂水行っても相手にならなかったので良かったのかもしれない。さすがにダメダメすぎたのでインナースプリントでお茶を濁した。

[] 00:48

通勤 70km

帰り道は、後ろに付かれたこともあり必死に坂道踏みました。仕事後補給しなかったので最後はハンガーノック気味になって帰投。そういえば普段の練習に使用する三増峠やヤビツ峠について調べていたところ、「餓鬼付き」という言葉に出会ったのですが、これって今で言うハンガーノックのことですよね。それにしても「餓鬼」とは上手く言ったものだと思います。

2017年06月14日水曜日

[] 16:05

ローラーインナースプリント

ローラーメディオのつもりだったが気分が保たず、インナースプリントでお茶を濁した形。まあ、最近ペダリング左右比とか気になっていたので良かったのかもしれないけど。とはいえやはり練習量は少なかったので、明日盛り返したい。

[] 18:56

6/7 パワマ 記録更新

6/8メディオとソリア

アップ中にジロの動画を見たらテンション上がった

6/10.11個人ロードサポート

モチベが上がった、俺もあそこで走りたい

6/12メディオとソリア

6/14パワマ

[] 19:41

6/13 ローラーメディオ ソリア

雨で外に出ず。朝起きて雨降ってたので二度寝したら昼だった。なんとか気持ちを作ってローラー。

6/14 筋トレ

[] 20:03

ローラー

テーピングと芯材を入れて手首の動きを制限して練習。一応痛くないので大丈夫そうだけど、メニューが始まると痛みも何もわからなくなるので、練習をしていて大丈夫なのかわからない笑。しかもメディオをすると体が汗まみれでテーピングが外れかけるので、もうぐちゃぐちゃになる。でもまあいけるでしょう笑。

頑張ったけど、1時間を超えると「もう早くやめたい」状態になって出し尽くす感じではない。やっぱ2部練やるか。朝と夜で合計tss180以上くらいで淡々とやりたい。この剥離骨折を機にローラー嫌いを克服できそうだ。1年生はパワマ大好き軍団になりがちなので、ローラーも積極的にやりましょう。メディオ大事だよ。

[] 23:23

飯能 ソリア系、メディオ、SFR

初っ端に最近下級生がやっているV坂メニューをやってみたが、鬼キツかった。メディオは一応ピークを更新したが、最終目標まではあと10w以上あるので、こちらもしぶとく続けるしかない。SFRはペダリングと姿勢維持に集中して。これまでのものよりはマシになっていたと思う。

掃除組ありがとうございました。

[] 23:38

筋トレ

体幹と尻の筋肉を意識してトレーニングした。が、あまりやった気になっていないので、もし明日練習やって余裕あったらまたやってみようと思う。

p.s 掃除行けなくてごめんなさい。

[] 23:42

6/14 夜練V坂

朝の雨予報で寝坊した。部室掃除から帰宅後V坂へ。ソリア、ダンシング、プログレあたりを重点的にやった。昨日よりかなりまともだったし、プログレもうまくもがけた。

2017年06月13日火曜日

[] 16:55

パワマ ソリア

またまたパワマ。雨だったので仕方ないけど、今日は外でこぎたかった…

[] 18:02

筋トレ

今週から毎週火曜日の夕方は岡野と筋トレ。魔法のキーワードがあるので頑張れる

[] 21:26

6/13 筋トレ

火曜4限は長岡さんと筋トレのお時間。ふたりでウホウホ言いながら頑張った。合い言葉はウホウホである。来週もウホウホ頑張ろう。

[] 22:04

手首が痛いし、まだぼんやり疲れているのでお休み。明日は手首が痛くないポジションを探しつつローラーしよう。

今日は僕が今通っている病院が神すぎるので紹介。下北沢の外れにある山手病院というところで丁寧な診察をしてくれる上に、超音波で骨の治癒を促す治療も、関節が固まりにくいようにマッサージもしてくれる。

f:id:ut-br:20170613220139j:image

↑超音波治療。本当に骨の回復が促進されるのか???笑

こういう整形外科に感動してしまうのはもしかしたら単に僕の地元の和歌山クオリティが低いだけかもしれない笑。

僕は新陳代謝良いはずだし、丁寧な治療もあるので案外早く治ると思う。今は体重もかけれないしハンドルもまともに握れないけど、立ち止まりはしない。

[] 22:19

パワマ ソリア&ミドルパワー

V坂に行きたかったが、あいにくの雨で断念。おとなしく駒場でパワマ。

ソリアはいい感じ。ミドルはダンシング固定。やはり30秒持たず、20秒過ぎで限界が来る。

[] 22:25

6/13 雨、夜練V坂

朝起きたら雨降ってたのでV坂に行きませんでした、一木、ごめんなさい。と思ったら一木も言ってなかったのでセーフ。

20時くらいに雨がマシになったので加藤とのソリアを思い出しながら、1人でV坂へ。時間がなかったのでレスト短めで。

1本目はかなり突っ込んで、20km/h越えを目標に。直線部はよかったが徐々に垂れ球場入り口から脚がめちゃくちゃ重くなりながらも踏み切って好タイム。2本目以降は普段1人でやっているペースですら踏めず、どんどん垂れ、いつもよりギア2枚分くらい重い感覚だった。余り良くない感じだった。なんでだろう。

最後2本はダンシングを混ぜながらだったが、球場入り口からラストのもがきで2本ともヘロヘロな踏み方になってしまったので、やはりプログレといい、脚を使った後のもがきを意識的に鍛えなければ…

最後の最後で雨に降られてしまいました。とほほ。

[] 23:17

こんばんは。ずっと「チームマネージャーって英語の意味としては『監督』なのでは?」と思っていた(けれど選手が決めていたのでまあいいかと流していた)のですが、JICF CUPのエントリーの際にそれを確信してなんともいえない気分です。監督ではないチームマネージャーの植田です。笑

週末開催の個人ロードレース大会にサポートとして参加してきました!

この大会に行くのは今年で4回目ながら、会場が長野木祖村から岩手紫波町へと変わったことからだいぶ様子の違ったレースでした。まず遠くて笑、西日本の子たちのことを考えたらこれしきで遠いと言ってはいけないのですが、それでも遠かったです…笑

土曜

朝早くに出て移動。前日までにライセンスを預かっておき、選手は後発でゆっくり。先に引退した同期たっくんがサポートで来てくれて、ちょっとうれしいなあと思いつつドライブでした。女子レースが始まる前に着いて、買い出しへ。ここで何を思ったか勘違いを発生させ、コーラを買い忘れるという失態…しかも気づいたのが翌日…本当にごめんなさい…

会場へ戻ってきたら「(学連のレース写真をいつも担当してくださっている)深井さんが今日はいらっしゃらないので、お願いします!」ということで急遽学連カメラマンに…!なんだか若干変なにおいのするピンクのビブスを受け取って笑、コース上を徒歩でてくてく移動し続けていました。笑 途中で近隣のお散歩中のお子さんに出会い、しばらくお話ししていたら花を頭にさしてくれたのですが、そのあとで選手が来たのでそのまま花のことを忘れて移動してしまい、あとで順大の原ちゃんに指摘されました…皆さん「なんであの人は頭に花載せてるんだろう」と思っていたことでしょう。笑
ちなみにお仕事のごほうびとしてお弁当をいただけることになったのですが、昼食を食べたあとのわたしが食べられるはずもなく笑、無事三宅監督のおなかに入りました。笑

写真はわたしのFacebookにアップロードしています。とりあえず早くあげねば!と思ってなにも加工せずにアップしています、すみません…

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011707938611&sk=photos&collection_token=100011707938611%3A2305272732%3A69&set=a.405854863148108.1073741832.100011707938611&type=3&pnref=story

深井さんがシェアしてくださったのでたいていは大丈夫かと思うのですが、女子選手にあまり知り合いが多くなく、ご本人にお伝えできていないので、もしご存知の方がいらっしゃればお伝えいただけますようお願いいたします。また、広報に使用してくださる慶應義塾大学鹿屋体育大学の自転車競技部のみなさん、ありがとうございます。光栄です。

レース終了後に選手は試走へ。日報杯でも走ったコースということもあり、軽く回って終わり。補給も登りなので難易度は低く、それほど練習の必要もないだろうということで、一年生が数回やってみるだけで終わり。宿へ移動し、選手は早く寝られるようすぐお風呂に入ってごはんを食べました。金曜までにだいたいのことは決めてありますが、翌日の天候等の事情もあるので最終ミーティング。選手はそれが終わったら各自自由時間で、サポートはわたしにこき使われます。笑 翌日の会場についてからの流れを再確認し、サドル高を伝えて代車・代輪の最終整備。スプロケを換えようとしたもののトルクが足りず選手に大笑いされました。笑 佐比内サイクルパークには水道がないのでボトルに水を多めに汲み、ドリンクとゼリーを確認して、まとめてボックスにしまって終了。他のサポートはここで終わって休んでもらい、わたしはこのあとマッサージに。そのあとお風呂にはいって一日が終了です。

日曜

なぜかあまり眠れず目覚ましよりだいぶ前の4時に起床。ごそごそ準備して荷物を積んでから5時の朝ごはんへ。宿の方には本当によくしていただきました。ありがとうございました。また行きたいなあと思っています…!

ここで選手サポート陣が遅刻。その場でも言いましたが、選手たちが懸けてきた以上はサポートするのが役割ですし、それは普段自分が選手であっても同じことです。特に現在の東大においては、チームとして戦っていることの意味は、整えられた体制によるところが非常に大きいです。しっかり反省して次回からはこのようなことがないようにしましょう。

5:45にはサポート陣は宿を出発。選手は後発。雨ということでテント張りを優先、次にローラーを出して、並行して補給所を確保、機材ピットへの運搬。このあたりの誰がどの順番で何をするかという流れは全部前日までに決めています。そのあと検車にサポートが代理で並んでおいて途中まで選手はアップ。選手にはできるだけ思う通りに動いてほしいので、サポート陣をどんどんこき使っていきます。笑 自分は全体を把握するという役割が一番重要なので、頼めることはほかの人にどんどん頼みます。本日の写真担当はきりちゃん。

ドリンクにいろいろ入れて「これいれるとめちゃくちゃまずくなるんですよ」と言っているこういっちゃん。笑

f:id:ut-br:20170611070453j:image

マッサージ中。イナーメアップオイルの香り、大好きです。

f:id:ut-br:20170611070115j:image

レース直前はボトルと補給をもって待機。寒かったのでぎりぎりまで選手が着ていたウェアを回収。代輪ももっていくのですが、さすがに腕が4,5本ないと無理なので笑、今回は岡野くんにお願いしました。このあたりから水田OBが実況を始めてくださいました。

https://togetter.com/li/1119820

レース実況はこちらから。写真たっぷりです。ありがとうございます。詳細なレース展開は実況ですでに掲載されているので、以下では省略させていただきます。

補給開始まではいつも通り応援。長岡貫名が相次いでメカトラ、DNFでなんと言葉をかけてよいのかわからないものの、わたしは今も走っている選手たちのことを考えていかねばならないのでひとまず集中します。
実は補給はあまり失敗したことがなく(たぶん図々しいし背があるので人波に埋まらないからでしょうか笑)、今回も秋山くん1回、生駒さん2回か3回、こういっちゃん1回を渡して、生駒さんの体当たりを手首にうけたものの笑、とりあえず特に落とさなかったので一安心。落とすと渡せないのはもちろん、落車を誘発しかねないのでひやっとします。
ただし、今回は前周でこういっちゃんが「次水ください」と伝えてきたので水を用意して待っていたら、「水!水!」と叫んでいたのに生駒さんが「ドリンク!」といいながら向かってきたので、どうしてだろう、渡さないよりいいか…?と思って渡したところ、次の周で「あれ水だったよ!」と言われてしまいました。たぶん聞こえていなかったんですね…ごめんなさい…そしてもちろんそのすぐあとに来てしまったこういっちゃんにも渡し損ねました…ごめんなさい…

このあと秋山くんが現れず、おかしいと思っていたら「落車しちゃった」といいながら走ってきて、無理と判断したようでゴールラインで自分でバイクを降りました。そんなに痛くないから大丈夫と息巻いていましたが、剥離骨折だそうです。

生駒さんは調子がよさそうな感じで、最終周回へ。こういっちゃんは途中で明らかにきつそうな様子をみせたものの、なんとかくらいついて選手権大会初の完走となりました。

非常に完走者の多いレースとなったため、本人たちとしては微妙に思うところはあるようですが、それでも次の目標が上になるという意味で、完走したことには意味があると思います。ぜひご期待ください。選手ともども、より一層精進してまいります。

レースが終わってばたばたと片づけをして、岩手から運転して帰りました。たっくんがかなり運転してくれたので気持ちの上で楽でした。ありがとう!

役員を務めてくださった大脇OB、白石OB、応援に来てくださった水田OB、谷OB、本当にありがとうございました。また、今回の大会出場に伴い、OB会の皆様にはたくさんのご支援をいただきました。お陰様で、無事遠征を終えることができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて、今週末はOB総会にお邪魔します。たくさんのOBの皆様にお会いできること、楽しみにしております。

P.S.1

京都大学自転車競技部にあやのちゃんという同期がいるのですが、彼女が最近レースレポートを書き始めたそうです。「主な理由はマネージャーの脳内解剖。マネージャーの仕事には、普段思っていても後輩にいちいち言うことではないことなどが多い上に、毎年入部するとも限らない。」という動機、ものすごく共感しているので紹介します。

http://d.hatena.ne.jp/kucrt/searchdiary?word=%2A%5B%CA%A1%C5%E7%B0%BD%5D

わたしは広報でもあるので、どうしても写真をたくさん載せてハイライト的紹介、という役割が大きくなっていて、詳細な仕事というのはなかなか書けない部分です。その分部内には別に詳しく準備状況を残しているのですが、特に会場では「指示されたわけではないけれど選手を見ていたらやろうと思うこと」というのがほとんどで、このことは非常に伝えるのが難しいです(だから植田は仕事の割に教えるのが下手といわれるわけですが笑)。わたしも意識的に残していかねばならないなと思うのと同時に、彼女のレースレポートは後輩たちにぜひ参考にしてほしいなあと思っています。ぜひ読んでください。

P.S.2

担当させて頂いている日本学生自転車競技連盟・学生委員ブログ、「雨垂れ石を穿つ」が更新されました。。初心者から始めた選手のインタビュー企画です。第二弾の今回は慶応の福田咲絵ちゃんです!

http://jicf.info/officials/3191

[] 00:27

後回しにしていた流体力学のレポートに追われていました。更新が遅くなりすみません。

6/11 個人ロード 69位
例年の木祖村のコースが使用できなくなり、今年は岩手県紫波町での開催。めちゃくちゃ遠いので移動がきついが、コースとしてはテクニカルなコーナーが多い木祖村と違って、道幅が狭いものの下りは簡単で、下りがクソな自分にとってはありがたいコース。また、学連のロードレースとしては珍しく、平坦がかなり長い。
出走前はサポートの人たちのおかげで、何もストレスなく準備ができた。道幅の狭い部分での落車が予想されるので、スタート30分前には並び始め、クラス2最前列でスタート。しかし、相変わらずの集団走行と下りの下手さですぐに集団後方に埋もれる。よくないと思ったが全然上げられない。仕方ないので最後尾で走る。幸いコース的には最後尾でしんどいのは、90度コーナー後の平坦の最初の部分だけで、奇跡的に散発する落車もすべて回避できたので、ある程度はなんとかなった。2周目の平坦で中切れを3つほど埋めないといけなかったりと、ところどころきついところがあったが、それ以外は問題なくこなす。平坦でかなり休める展開で周回を重ねていったが、それでも徐々に足が削れていき、9周目あたりで逃げの吸収のために集団のペースが上がり、10周完了でまもなく吸収というところで盛大に中切れができて、ポジションの悪さともう足が残っていなかったことでちぎれる。2周は他の選手と回すも、残り3周でそこからもちぎれて1人になり、もう全く足が回らず死にそうだったし、完走はできないだろうと思いながら走っていたが、なんとかギリギリで完走できた。
1つの目標にしていた選手権大会初完走ではあるのだが、完走者が約半数で過去最多という展開で、なんともいえないなあというのが正直な感想である。せめて集団でゴールしたかった。ちぎれたのは明らかにポジションのせいであり、ポジションがよければいくら足にきていても食らいつけただろうと思う。圧倒的に集団走行ができなさすぎる。これは本当に本当になおさないといけない。
とはいえ、一応100km以上のロードレース初完走なので、そこはよかったと感じている。ここからさらに上位入賞へとステップアップできるように、練習を重ねていきたいと思う。

長距離の運転とサポート、指導をしてくださった三宅監督と洋和さん、サポートをしてくださった植田さん、拓央さん、平山、岡野、響、山田、根岸、ありがとうございました。また、急なお願いにも関わらずばっちりバイクを整備してくださった、スポーツバイクハイロードの青山OB、応援に駆けつけてくださった谷さんと水田さん、たくさんのご支援をしてくださったOBの皆様、本当にありがとうございました。

2017年06月12日月曜日

[] 08:38

6/11 多摩丘陵でインターバル 50km

V坂そのいち→団地坂もがき→V坂そのに

V坂そのいち

前の時と同じメニューで加藤山本安西森のペアで。加藤とのソリアが今まで自分でやっていたソリアよりもはるかに強く、シッティング縛りで力強く踏んで登っていくのを見て、自分でもさらに強度を上げなければという気持ちになり、とても良い刺激になった。プログレではやはり弱く、1本目は山本に負け、2本目は加藤に負けた。土曜の雛鶴で新谷に負けたのを思い出した。この領域を鍛える必要がありそう。

団地坂

山本と、よくわからないが1人の時よりは追い込めた。

V坂そのに

休憩後SFR、じんわりと回せた。

土曜の疲労で日曜朝絶望していたがなんとかなった。休んでまた頑張ります。

[] 10:16

6/11(日) V坂→団地→V坂 60km

前半V坂×9

新谷さん、千葉さん、颯希と。ソリアのときに絶対カーブ明けでついていけなくなるのがもどかしかった。颯希はどのメニューでも最後まで食らいついていた。強すぎる。

団地×5

颯希、森と。立ち上がりからもがけたが全く30秒持たなかった。1回颯希をまくっても後半雑魚過ぎてまくり返されたりした。練習して30秒もがき続けられるようになろう。

後半V坂×5

初めてのSFR。いい感じに脚を使えた気がする。

今日はしっかり休んで明日V坂にリベンジ。

[] 11:41

6/10

初めての全体練習参加。

集合場所から練習場所までで既に死にかけるも、信号運が悪かったことでなんとか乗り切る。

大垂水峠

加藤君が引いてくれたが恐らくあまりの遅さに驚愕したと思う、すみません。

踏ん張ったつもりだったがいまいち全力で漕げていない気がする。

後ろをチラ見しまくってくれた加藤君、有難う。

雛鶴

ここでも移動でさよならしかけるが優しさのおかげでなんとか耐え切る。スタート地点が遠過ぎでは。

スタートして最初の方で集団からさよならし、道間違えたらヤバイぞと慌てていたが、後ろから来たグレープに抜かれることで合っていたことを確認、なんか悲しい。

ぼっちでふんふん言いながら登る。

大垂水峠裏

用事があったので先に練習を抜けて、急いで登る。頂上付近で大垂水峠と書かれた石を発見し写真を撮るか迷ったがそんな余裕はなかったので心のシャッターを切る。

全体的に。

前回のプレ・フィッツ練でも言われたが、ギアの扱いが下手すぎることを痛感。後ろに走っている人に言われて初めてそう言われればそうやなガチャンガチャンとなるぐらいの無能っぷりであった。ギアに申し訳ない。これはもう漕ぐしかない。

意外と全力で漕ぐのが難しいと思った。原因としては上のギアとそもそもビンディングシューズに慣れていないことが挙げられる。これはもう漕ぐしかない。

あと自転車用の筋肉的なものがない。これはもう漕ぐしかない。

結論、漕ぐしかない。


昨日はお疲れ様でした。

[] 17:17

6/10.11 個人ロードサポート

10日に試走2周。1周目は本当の試走で、2周目は平坦ガン踏みで、登りはだいたいもがいた。どうせ岩手まで来るなら出たかったとか、何で今年だけ一週間ズレてるんだとか思っていたが、翌日を通して自分には脚以前にまだ選手権大会を走る覚悟が足りないと自覚した。次のインカレが最初で最後のチャンスかもしれないからこそ、その一回のために全てを賭けて、絶対に結果を出す覚悟を持って取り組んでいく。

選手・サポートの皆さん、また、遠方まで役員や応援で来てくださったOBの方々、お疲れ様でした。

6/12 平地練 長メディオ、ソリア、スプリント

メディオがドロハン時最速をマークした。ハンドルを狭くしてエアロになった、ということにしておく。

[] 18:17

6/11 v坂 団地

v坂は割といつも通り。良い負荷で練習できた。

団地でのもがきは新谷と2人でやった。出力で殴り合った。立ち上がりでは新谷をちぎっていたらしいのだが、あとから垂れまくって結局先着はできない。30秒程度になると全く持たないので、大きな課題である。

これだけでこの日の走行距離100km近くに及んだ。v坂練なのに練習量的にもかなりのものだったようだ。

[] 18:21

6月10日 午前中自主練習

スピードはそれなりに出たがもっと長めの距離を走れば良かった。

6月11日 個人ロードレース観戦

観戦した感想として、長いはずなのにあっという間に終わってしまったという感じ。レース序盤の動きは少なかったけれども、後半で先頭が目まぐるしく変化するのは見ごたえがあった。そして最後の2〜3周での集団のペースアップの様子を見て、レベルの違いをしみじみと思い知らされた。来年出られるくらいのレベルになるにはもっともっと練習しなければいけないことを痛感しました。家に泊めてくださった上、色々と話をしてくださった谷先輩と水田先輩ありがとうございました。そして出場した先輩方とサポートの皆さんお疲れさまでした。

6月12日

午前中自主練習

午後 パワマでHIIT、ソリア

昨日の個人ロードレース、土日の他の部員の練習日記を見て、今日は頑張らねばと思い、なんとかやりきった。午前、午後とも出しきれて良かった。

[] 19:32

個人ロードDNF

未だにうまく心の整理が付いていないので、あっさり日記にします。

まだまだ完璧に仕上がってるなとは感じていなかったが、調子はいい感じ。前日から植田にリラクゼーションのマッサージをしてもらい、アップ前もアップオイルで丁寧にマッサージしてもらった。いつもありがとう。

f:id:ut-br:20170611070115j:image

検車もスムーズに済ませアップの時間を最大限確保。出走もクラス2最前列でスタート。何もいうことはないが、これ以上のことはない。完璧な試合までの流れ。これもみんなのおかげ。ありがとう。

試合中は下りで何人かに抜かれ、クリテダッシュでいつも通り抜かれ、平坦で前にズバズバーと出て行く感じ。逃げのアタックは確認したが、メンツ的に勝ち逃げにはならないしコース的にも厳しそうなので乗らずにおとなしく集団に。途中集団が不安定になることはあったが、5周目からは落ち着いてダラダラ消化するのみ。平坦アタックは本気ではもがかないが、前方はキープし続けた。

f:id:ut-br:20170612193008j:image

しかし5月の実走不足か寒さか、全くしんどくはないのにクリテダッシュが体に堪える。何周目かわからないけど、平坦の日大岡本アタックで足がつる。そのまま登りに入ったので、後ろにポジションを落としながら回復を待つ。一番後ろでちぎれかけながら田んぼ前コーナーでスリップして転倒。速すぎたのか、路面が悪かったのか、雨だったからなのか、それの複合か。起き上がって追いかけても手首が痛くダンシングが辛くて、ゴール地点で降りた。(余談になりますが、救護テントで「俺に痛点はない!!!悔しい!」と言いまくって申し訳ございません笑。)

様々な人の期待を背負って戦っている以上、もっと完璧に仕上げなくてはいけない。最近の試合はメンタルの仕上げが非常にうまくできていて、試合の入り方はすごくいいが、そもそも練習が少し足りなくて本当に悔しい。落車も避けられるものだったし、このような終わり方はとても残念で申し訳なくて、とてもとても悔しい。

サポートのみんなや支えてくださるスポンサー様、OBの方々にいい報告をしたかった気持ちで悔しすぎて、帰り道は妙なテンションになってしまった。しかしまだまだこれから。ソリア域は学連でもトップクラスだと思っているし、あと30秒までの領域の反復能をあげて、メディオを少しだけ伸ばせば十分上位を狙えるということに変わりはない。むしろこの試合を通じて強まったとも言える。戦うのみ。サポートしてくださった皆様、ありがとうございました。

p.s. 手首は剥離骨折でした。治るのはしばらくかかりそうですが、全日本があるのでローラー練で修行していこうと思います。ロードはダンシングが厳しいこと・落車のリスクがあることから回復次第ですが、TTは出ようと考えており、治療も進めています。2016年のヘイマンのパリ〜ルーベ優勝が語るように、この程度の怪我は言い訳になりません。Always Keep Ridingの精神を胸に戦います。

[] 22:22

6/10、11個人ロードサポート

先週に引き続き、サポートで今回も参加しました。
本格的な自転車レースを見たのは初めてでしたが、迫力と同時に集団で走る時の危険やレース前の準備がいかに結果に響くか、色々知ることができたと思います。

サポートとしての自己評価は、まだまだわからないことだらけではあるものの、先週にも増して先輩からの指示を待つだけだったように思います。次からはもっと積極的、主体的にサポートに回って仕事を覚え、できる仕事を増やしていきます。

選手の皆さん、お疲れ様でした。秋山さん、お大事に。

[] 22:25

大垂水 表裏表裏裏

ぐっすり回復して、11時過ぎからスタート。個人練は孤独でつまらない。だんだん増えてくれるTSSさんだけがモチベーション。今日の出来としては裏垂水の出力が不満。土曜日に安西さんと登った時よりもだいぶ低かった。ところで4本目の後に神奈川側で練習場所さがしの探検に出かけた。底沢周辺でソリア坂を幾つか発見した(底沢は裏小仏とも言えるような場所なので当然と言えば当然のこと)が、肝心のスプリントポイントは見つからず。相模湖の橋が実際の2倍長ければなあ。練習量は先週の土曜からいい感じできている。

[] 22:59

ローラー台 20分全力走

メディオの練習などは定期的にしているが、少し長いとどうか?ということで実施。やはり室内ローラー台は暑い。そろそろクーラーかけないと実施はキツイかなというところ。

主将、お大事になさって下さい。一刻も早い回復を心から願っています。個人ロード出走の皆様、サポートの皆様本当にお疲れ様でした。

2017年06月11日日曜日

[] 19:33

6/10
大垂水雛鶴大垂水

行き大垂水
新谷さんに引いてもらった。普段のメディオより少し強度が低かった(多分)のでそこまできつくなかった。

雛鶴
加藤さんに引いてもらった。自分の想定で50分くらいかかると思っていたので、33分経過時点で心が折れて諦めてしまった。結果的に42分しかかからなかった時は、ついて行けば良かったと後悔した。先が見えないと体が拒否反応を起こす癖をどうにかしたい。

帰り大垂水
新谷さん、安西さんに引いてもらった。行きよりも、そして自分のメディオよりも明らかに強度が高く、8分時点でちぎれてしまった。これは純粋に体が弱かった。

6/11</d>
v坂 団地 v坂

v坂 
メディオ、ソリア強度は前回よりも先輩についていけるようにはなってきた?と思う。プログレは全く駄目で、最後の50秒あたりからの加速に全く反応できない。

団地
一木、森ともがき。最初と最後の一本はきっちりもがけたと思うが、中盤は立ち上がりが遅すぎて追い込めていなかったと思う。v坂でも感じたが、立ち上がりの遅さは非常になんとかしたい。あと途中で一木に抜かれた時は驚いた。負けないようにがんばり続けよう

v坂
よく分からなかった。


そろそろ付いていくだけの練習は脱却したい。



[] 21:03

v坂14,団地5

スプリントがわかってきた気がして良い。この土日は新入生の面倒を見るのに特に気をつけたが、そんな中でも2日でTSS700越えだから悪くない。とはいえ白馬まで、調べてみると土日ロングを取れる日がかなり限られているので、もっと頑張らないと。

[] 22:40

個人ロード メカトラDNF

自分史上最もクソなレースだった。自転車競技というものは自分が完璧な準備を出来なかっただけで、今まで練習や機材、移動等に費やしてきた時間や金を全て一瞬にして無駄に出来るということを改めて感じた。また、機材に関しては最初から最後まで自分で責任を負わなければいけないと強く感じた。

この2週間は本当にダメすぎて記憶からも記録からも消し去りたい気持ちで溢れている。さすがに気持ちがパッとは切り替わらないが、落ち着いたら次の目標に向かってまた頑張りたい。

はるばる岩手までサポートや応援に来てくださった皆様ありがとうございました。それと同時にこんな結果になってしまい本当に申し訳ありませんでした。

[] 22:49

6/10 雛鶴峠

今までの練習で一番辛かった…それだけ追い込めたと言えばそうなのだが弱いのが悲しい。だんだん練習場所が増えて嬉しい。チラッと見えた相模湖が綺麗であった! 145km

6/11 無念の休養

タイヤにちょっぴり穴があいていた。行けるだろとそのままチューブ交換して出発するも運悪く2度目のパンク、箇所は同じだったのでそこがやられたらしい…そこまで大きな穴ではないのになぜだ?運悪し?

とりあえず明日の夜にはタイヤ君が届くので火曜には練習できる。愛しのV坂へ向かおうと思う。

2017年06月10日土曜日

[] 19:40

6/10 ロング練 大垂水雛鶴大垂水 140km

とにかく暑かった、ボトル一本では足りなかった。やっぱり峠での練習は楽しくて好きです。

行き表大垂水

一年生がギリギリついてこれる強度で上級生が全引きということだったので一木とペアになり全引き。自分のギリギリくらいの強度で引いたが、普通に6分くらいまでついてきて強すぎてびっくりした。結果最後の信号から8:30くらいで自分も登れてなんだか普通に練習になった。

雛鶴

結構好きな練習場所。千葉新谷山本安西で、ペース走。後ろからチーバくんを見ていると、顎の辺りから「追い込みの証」が20cmほどだらりと垂れていた笑 饅頭屋あたりまではアタック等なしでローテ、ということであったがぶちぶち切れて新谷と2人きりに。そこからは前を引きたい気持ちだったので、前で少しずつじわじわ強度を上げていったのだが新谷をちぎることが全くできず、ラスト500mくらいで新谷の心を折りたい一心でやや早すぎるアタックをかけて1人で垂れたところをカウンターアタックされてついて行けずに終了、完敗でした。ペース走でカスカスになった足で最後にドカンともがく練習と忍耐力が足りない気がしたので意識していこうと思う。

帰り裏大垂水

本日新谷に2回くらい間違えて響と呼ばれたさつきと、新谷と、ぼくで。新谷がさつきと響を間違いまくるせいで自分も間違えてしまいそうです笑

新谷と2人で回して、さつきはツキイチで8分くらいまでついてきてかなり強かった。最後に大垂水の石碑みたいなとこがあるとこから新谷がもがき始めたが、ギリギリのところで意地で捲ってやった、多分勝った笑 雛鶴のおかげで最後のもがきの忍耐力みたいなのを少し学習した。

今日は全ての登りでかなりいいところまで追い込めてとても良い練習になりました。なんだか6月に入って脚の調子も戻ってきた気がします。

明日も頑張ります!

[] 20:17

大垂水 雛鶴 大垂水

暑くて水をかぶり続けていた。

雛鶴はかなり頑張ったが最後までついて行くことはできなかった。いつも通りちぎれかけから粘りはしたが。せめて下りがある所まではついて行きたかった。

帰り道も安西さんと回しながらでそれなりに練習になった。

帰りの大垂水は脚が残ってないです詐欺だったかもしれない。全然引いてはいなかったが思ったより出た。時差発走で前にしてもらったことと、途中で一木が引き続けるアシストのもと最後にアタックかけて1番だった。

雛鶴行くといつも走行距離がすごいことになる。長い1日だった。

個人ロードの人は頑張ってください!

[] 21:52

表垂水雛鶴裏垂水

自分自身、ITT後すぐに白馬に向けた特訓を始めたいと思っていたのに、今週はメカトラなどで歯がゆくも全然実走できておらず、その状況下でできるかぎりこと(パワマスプリントなど)はやっていたもののやはり力は落ちているかなと不安ななか出走。

表垂水ではサツキとペアを組み全引き。いつものメディオと変わらない出力でこいだのにサツキは最後までちぎれなかった。しかも頂上でまだ余裕ありそうだったし。驚くほど強い。雛鶴は最終的に安西さんと二人旅になり、カウンターアタックを決めて勝利。最後のアタックではスプリントの練習が生きたかも。裏垂水は安西さんと2人で回したが最後まくられた。スプリントで負けた時って、スプリントしている瞬間は確かにギリギリの状況なのだが、後から考えるとなんでもっと踏めなかったのだと悔しい思いがこみ上げてくる。安西さんの言う、もがきの忍耐力っていうやつか。実走不足で距離耐性がついてなかったのもきつくなった原因かな。とはいえ、裏垂水頂上までの10分弱はこれまでのメディオよりだいぶ高い出力が出ていて、そっちはかなり満足。

今日は全般的にかなり良い練習になった気がする。(今の)安西さんと足が揃っていることも大きかった。

それにしても、今日は上級生が3人しかおらず、当初、僕もイニシアチヴを発揮しようと思っていたのだが、そっち側に回ると、自分自身、輪をかけてポンコツで、全然ダメだった。サツキを何度も響と間違えて呼んだことで、人望(カリスマ性?)みたいなものを完全に失ったのも要因の一つ。本当にネタじゃないんです、分かって下さい。笑。

事故とかの問題ごとなく1日を終えられて、本当に良かった。明日も気をつけていきます。

個人ロードの人は明日頑張ってください!

[] 22:36

昨日、新歓合宿から約一ヵ月間お世話になった新歓車GIANT OCRを本郷の部室に返還し、新たに千葉さんからかつての愛車であるTREK madone2.1を新品宛らの状態でお借りしました。Myロードバイクを買うまでの間たくさん乗り回すことになると思いますが大事に使わせて頂きます。千葉さん本当にありがとうございます!


6/10(土) ロング練 大垂水→雛鶴峠→裏垂水 130km

行き大垂水

安西さんに全引きしてもらって初の大垂水峠越え。自分にとっては最初からソリア域くらいの強度だった。どうにか最後まで食らいつこうと踏ん張ったが半分過ぎくらいでちぎられてしまった。だいぶ追い込めた。

雛鶴峠

加藤さんにひいてもらって新入生がついていく形。勾配がえぐくなってきたところでインナーのはずなのにあまりに重く感じたので、フロントギアを見てみたらアウターから切り替わらなくなっていた。せっかく千葉さんが完璧に整備してくださったマドンのフロントディレイラーを昨日いろいろいじってしまったのが原因っぽい。アホすぎて急勾配になるまで気付かなかった。(大垂水もずっとアウターで登ってたようです。)トルクがハンパなくてふくらはぎが攣りまくったが何とか登り切った。かなり追い込めた。

帰り裏大垂水

加藤さんと。先頭交代するタイミングをうかがっていたら結果的に馬鹿みたいに長く引いてしまい撃沈した。めちゃくちゃ追い込めた。

本当に暑い日だった。ようやく長距離の練習にも慣れてきた気がするが相変わらず疲労感がすごい。しっかりとリカバリーして明日の練習も頑張ります。

[] 22:50

6/10 大垂水、雛鶴、大垂水

行きの大垂水表で2人一組になって登るところを全体の人数が奇数だったので1人で登ることになり、後ろから皆を追いかけてがんばった。

下ってコンビニで休憩後、初の雛鶴

ペース走がつらかった。ポジションをかなりいじってまだ慣れてないからかもしれないが、全然ついていけない...どころか前より遅くなってる説さえある。


雛鶴を下って大垂水に戻る時にブレーキをかけたら、バキッという音とともに引きが尋常じゃなく軽くなり、これはやばいと思って確認すると、ブレーキのスプリング?(ぐるぐるなってるとこ)が折れてしまっていた...

ワイヤーダルダルだし、常に左のブレーキシューがホイールのリムに接触しているしで輪行して帰ろうかとも思ったが、車間広めに取ってスピード出さなければ大丈夫そうだったので、そのまま走って帰ることに。

とりあえず大垂水裏を登ってゆっくりのんびり下って、あとは平地を流して終了。


いつもお世話になっているCYCLE CUBEにブレーキを見てもらうために伺ったが、こんな壊れ方初めて見たし、シマノからもパーツ出てないよと言われてしまい、(...買い換えかー)と思っていたら、何何何と...!型落ちの105を頂けることに!!(感涙)

その場ですぐに付け替えていただき、無事復活しました。

お陰さまで明日の練習にもちゃんと参加できます。

いつも本当にありがとうございます!

(ついでに競技班に入ったことがFace Bookの東大の記事経由?で伝わっていて笑ってしまいました)


雛鶴登ったときは全然ダメで、...(´・ω・`)こんな感じの顔になっていましたが、何だかんだ大垂水の表も裏も自己ベストを更新していたので成長はしてるみたいで良かったです。

明日もがんばります。

個人ロードの方々がんばってください。

2017年06月09日金曜日

[] 08:33

6月6日 ソリア

6月7日 ソリア HIIT 筋トレ(ちょっと)

6月8日 ソリア

三日間パワマ。この一週間自転車の不具合もあってまともにロードバイクに乗れていないので、明日は乗ろうと思う。

[] 11:57

6/8 v坂 ソリア、もがき ローラーメディオ

小山田でペース走をやろうと思っていたが、なぜかほぼ1人でv坂になってだいぶ趣旨が違う練習になった。なぜか練習終わりの安西さんが途中までいた。

なんか練習量足りてなさそうだったので帰ってからローラーしました。

雨に降られなくてよかった。

[] 21:10

体幹

[] 23:00

平地練 ソリア、メディオ、ダッシュ

最近ダメダメだった平坦ソリアが過去最高に良かった(そのぶんメディオはキツかった)。時間に追われていたのでインターバルでもがいておしまい。

[] 23:51

6/9 流し(尾根幹、小山田)、ASTUTOへ

6時過ぎから、知人と2人で練習する予定だったが、諸事情により来れなくなってしまったので1人で。土日もあるのでとりあえずあんまり負荷かけずにペダリングとか意識してみたりした。最初のひと踏みで一気に加速したり、高ケイデンスでハイパワーを出せるようになりたい。

早起きすれば授業ある日でももっと山の方に行って帰ってこれそうなので来週は練習場所探しにいろいろ試してみようと思う。

そのあと、GS ASTUTOに初めてお伺いして、Timさんにお会いしました。お恥ずかしながら拙い単語をつなげるような英語しか話せなかったのですが、ぼくでもわかるように、ゆっくりと話してくださり、色々なお話をお聞きしました。

見ただけで大体の股下がわかったり、適切なフレームサイズを教えていただいたり、レース向けのポジションなどについてもお話しいただいて、色々目からウロコでした。

自分が航空宇宙工学科だということを話すと、飛行機やらボーイングについてもぼくが知らないことを色々教えてもらってしまいました笑。Timさん、自転車だけでなくいろんなことを知っていてすごいです、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

次のフレームはASTUTOでTimさんにオリジナルカラーのものを組んでいただく予定です、今からめちゃくちゃ楽しみです!!!

Timさん、ありがとうございました!今後とも宜しくお願いします。

[] 23:00

ローラー台 メディオ

随分暑い。複数本実施予定が、単発となってしまった。反省。

2017年06月08日木曜日

[] 12:03

6/8 小山田朝練(小周回x4)+ 団地坂もがき + V坂ソリア,SFR 計70km

小山田

時間的な都合の問題で、7時からAFRT手柴さん羽上田さんGSEverwin大井さん、東京VENTOS村田さんとの練習に参加させてもらいました。

平坦はペース走、坂はソリアな感じ、坂の終わりのゆるい部分から下りにかけてみんな踏んでいくので、坂終わりで足を休めがちな自分には良い練習になった。

1周目の日大三高坂からものすごい勢いでもがかれて、いきなり自分だけちぎれてしまったが、信号でなんとか追いつく。そのまま病院坂でも今の自分には到底ムリな速度で村田さん大井さん羽上田さんが登っていくのでここでもちぎれる。自分のダンシングの速度域でシッティングで登っていかれるので、自分の力不足を痛感した、シッティングで出せるパワーを大きくしたい。

そんな感じで4周ブチブチちぎれまくりでしたが、信号に助けられなんとか最後の病院坂まではついていけた。

4月末に練習再開してすぐのときにも参加させてもらったりしていたのだが、その時よりは確実に走れるようになっていたので一安心。ありがとうございました、次はもっと食らいつけるようにします。

団地坂もがき

今週はしっかりもがいてなかったので、団地坂で。一人だったので追い込めたかは微妙な所。

V坂

そのまま帰る予定だったが、LINEを見たら千葉がV坂にいるようだったので、V坂でソリア。脚がかなりパンパンだった割にまあ頑張ったと思う。数本やってもう無理そうになったのでSFRをやって帰宅。腹が減りすぎて千葉からお饅頭をいただきました、ありがとう。

ディレーラーの調整がやや適当で、もがくと歯飛びするようになっていたので直さなければいけない。

[] 12:33

諸事情あって練習に行けなかった。ちーばくん詐欺ってごめんなさい笑。ローラー練。最後の10秒の耐え具合が今日はいい感じだった。

ITTの自分の走りには満足できないけど、上位の面子を見たところ、みんな強く見える。名前だけ見ると22位に満足してしまいそうになる。満足してはいけない。つまり強そうな人も実は大したことはないんだ。僕も強くなってきているということ。自分の走りに満足できるようなレベルに至れば、必ず結果は手に入れられる。自分の感覚は間違っていない。まずは練習で自分を満足させろ。今の自分を一回り超えてみせろ。それが結果とリンクする。

強くない???と植田に自慢できるような練習負荷をまずは設定して、それを普通の基準に引き上げることがまず第一歩。意外とできちゃうから人間は怖い。おかんに今日も練習報告しようっと。

[] 14:16

6/8 ソリア HIIT (パワマ)

共に今までのkpを超えられた。やはり数字で成長がわかるのは良い。

駒場でやる予定だった筋トレは疲れたので夜に回す(寮に筋トレ器具が一式あるのは神)

シャワーを浴びて課題を殲滅する。勉強も頑張らねば。

[] 23:15

ローラー

昨日ハードにやったので、大きく上げることはせず

2017年06月07日水曜日

[] 17:39

こんにちは。先ほど来週の木曜までのゼミ準備が降ってきてさすがに瀕死のチームマネージャー植田です。どうにかして研究と部活のお仕事を両立させます。がんばります。

さて、遅くなっておりましたレースレポートの続きです!

---

日曜日 個人タイムトライアル

TTTメンバーは植田家泊で、人数が多くて乗り切れないので父にも車を出してもらい会場へ。家族には2年連続でこのような状況を作ることに協力してもらって、感謝しています。ありがとう。

会場は暴風が吹き荒れ、ものがどんどん飛んでいくありさま…

さすがに出場が18人ともなるとわたし一人ですべてサポートするのは無理なので笑、声をかけてきた人の作業を優先する感じに。となるとどうしてもわたしを使い慣れている3,4年生が主になるのですが、下級生も遠慮せずに声をかけてくれていいんですよ!笑

今回は一年生カメラマン・西丸くんが会場まで来て写真を撮ってくれました!テント列でむりやり捕まえただけなのに笑、本当にありがとう…!

多くの新入生にとっての初レース。せっかくすてきな写真がいっぱいなので、まずは新入生で出場した選手をご紹介します!わたしもまだよく知らないので、適当だったらすみません。笑 ほとんどの人が部員紹介もかいてくれたので、リンクをはっておきますね!

安西 祥幸 ANZAI, Yoshiyuki  0:50'25''774

f:id:ut-br:20170604103750j:image

ロードバイクツーリングサークル・なかよしさいくる(NC)からきた安西くん。レースはホビーのヒルクライムしか出たことがないそうですが、諸事情によりブランクがあってこの強さとのこと、大いに期待です。ちなみに部では一年目ですが、4年生でわたしと同い年。

山本 晃裕 YAMAMOTO, Akihiro  0:49'45''914

f:id:ut-br:20170604103609j:image

おなじくNCからきた3年生。昨年度の新歓合宿に参加してくれて、一年をはさんでついに入部の「グラファイトデザインくん」。笑 背がかなり高く、朝練で後ろについた平山くんがそのドラフティング効果にいたく感動していました。新入生で唯一50分を切るタイムでゴール。

一木 寛正 ICHIKI, Kansei 0:53'45''128

f:id:ut-br:20170604102805j:image

早い段階で(たぶん)入部を確定してくれた新入生のひとり。こまめに練習日記を書いてくれるのでわたしはうれしいです。笑 試合翌日も練習していたという驚異のモチベーション(でもちゃんと休息はとったほうがいいですよ!笑)。

菅家 颯太 KANKE, Hayata  0:59'09''909

f:id:ut-br:20170604100628j:image

新歓合宿で指導した長岡くんが「あいつは一生懸命でいいやつです」といきなり称した菅家くん。五月祭中も筋トレしていたことからも頑張りがうかがえます。個人的には先に引退したわたしの同期・上村くんに似ているなあと思っているのですがどうでしょう…笑

木村 響 KIMURA, Hibiki 0:53'12''958

f:id:ut-br:20170604102554j:image

東大自転車部競技班に久しぶりにやってきた自転車競技経験者(記録が残っておらず何年のことかわからないのですが、昔一度経験者がいらっしゃったことがあるそう)。最初はみんなフレームをみて「チネリくん」と呼んでいましたが、最近は「響」になっています。練習日記がじわじわ面白くて好きです。笑

木村 颯希 KIMURA, Satsuki 0:54'18''132

f:id:ut-br:20170604101119j:image

木村はふたりいるので、呼び名はさつきちゃん。なんでかわかりませんが新歓合宿のときからちゃん付けでかわいがられています。笑 練習日記で「一年生全員でレベルアップしていきたい」と書いていたのがうれしかったです、頑張って!

土屋 叡本 TSUCHIYA, Eibon 0:55'17''067

f:id:ut-br:20170604105330j:image

新歓コンパで「追い込むことが好きです」と言ってのけ、部員みんなで「それは自転車部向いてるから入った方がいい!!」と大プッシュした土屋くん。笑 新歓合宿でいきなりオールアウトする追い込みを見せていて、今後の伸びが楽しみです。

森 晶輝 MORI, Shoki 1:06'18''705

f:id:ut-br:20170604111658j:image

ロードに乗ったことがあった森くん。乗っているのはAnchorで、そろそろ新しいフレームがほしいんですと言っていたので楽しみにしています(わたしは新しい自転車を見せてもらうのが好きです笑)。いま部員紹介を改めてみていたら誕生日がITT翌日だったみたいですね、おめでとう!笑

依田 淳之介 YODA, Junnosuke 0:58'25''690

f:id:ut-br:20170604105130j:image

上級生が自主朝練を募集するとすぐに「参加します」と言っていたやる気のある依田くん。浦高出身ということで個人的には親近感があります(わたしは浦和一女)。笑 平山くんとおうちが近いようで、練習場所までの仲間になれそうですね。笑

この試合に出ていない◆河村くん、◆西田くんと合わせて今年入部の選手は11人です。よろしくお願いします。

そして最後に、集合写真も撮ってもらいました。

f:id:ut-br:20170604142004j:image

西丸くんは写真の技術が高いのはもちろんのこと、集合写真もかなり撮り慣れていてびっくりしてしまいました。こんな楽しそうに笑っている東大自転車部、そうそう見られません。笑 ぜひ今後も撮りに来てください、よろしくお願いします…!

---

TTTで激励に来てくださった日直商会水口様、OBの岩崎様、谷川様、二日間にわたって見に来てくださった柿木克之様、そしてこの試合に出るために様々なサポートをしてくださった日直商会の皆様、AstutoのTimさん、HiRoadの青山様、本当にありがとうございました。

今週末は個人ロードです。選手と相談しつつ準備を着々と進めています。すっかり部内の機材のことが把握できてきて、4年目であることを実感する日々です。笑

PS ちなみに秋山くんが上げていた写真のTTポジションごっこ、みんなに大爆笑されました。つらいです。笑

[] 18:20

戸塚 6+3

野人岡野参戦。結構強くて、中々良い強度で練習出来た。高強度に関しては結構良い感じに出ていたし、思ったよりも調子は悪くない。

やはり自分の自転車はよく進む 100km

[] 18:24

ITT裏話として植田家の晩餐の写真をあげたかったのに、完全に撮り忘れて悲しんでいます。秋山です。植田家のみなさん、重ね重ね感謝を申し上げます。ありがとうございました。

なんとか練習を再開。体がすごく重くて妙に眠いが、そういうときは一度体を刺激してみればなんてことはなかったりする。肉体よりも精神が弱いんだ。まだまだ勝負はこれから。

ちょこっと筋トレ系もやった。ダンベルスイングはゴリゴリ感は薄いけど、実はしっかり主要な筋肉に効く。バキバキの筋肉痛にもならないし、ブルンブルン振るだけだから気分が楽でいい。筋トレは本業ではないしまだ弱いので、ローラーのように地獄まで追い込まなくてもかなり効果がある。

気楽な気持ちでやるしんどいことほど無責任で楽しいことはないと思うのは、自転車部に入ってドM度が爆上がりしているからだろうか。強制されるわけでもなく、高い目標を掲げるわけでもないのにあえぎ苦しむのは、達成感が簡単に得られてなかなか気持ちいい。責任ある中で努力する方が高みは目指せるんだけどね笑。引退したらキリマンジャロとかキナバル登りたい(適当)。

[] 20:51

6/7 V坂ソリア 20km

夕方から。誰も釣れなくてぼっちだったが、V坂に着いたら以前も見かけたオレンジジャージ高校のスーパー高校生がいたので見栄を張って頑張った。

V坂は行くと誰かしら練習してるし、なんかラスト200mくらいのとこから巨人選手の追っかけがたくさんのでいるので見られてる感があって(?)手を抜きにくく、とても良い練習場所です。

帰りはちょこっともがいたり、ダンシングのフォーム意識してみたり。梅雨入りでなかなか萎えます。

[] 21:07

6/7 野川

ゼミの課題に追われてるので家の近くでソリアだけ

DHバーを使ってたせいで、ドロハンってこんなに幅広かったけと首をかしげる今日この頃です笑

[] 21:21

飯能 SFR、メディオ

いつもは長岡を置き去りにして行われる飯能練だが、今回は自分が置き去りにされる側に回った笑。そしてこんな日に限ってパワータップが反応せず、微妙な感じになってしまったが、成木5丁目の交差点から小沢峠を登ればメディオがとれることを確認できたのが一番の収穫。しばらくレースがないので、この期間は基礎的な能力の強化に重点を置こうと思う。

[] 21:44

6/7 戸塚5+3

長岡さんに召集されたので野人岡野が遂に戸塚上陸。

運転の練習のため、近くのコインパーキングまで自転車を積んでドライブ。戸塚があまりにも遠いからというわけでは決してない。(運転の方はバッチリでした!)

遅刻したため1周少なくなってしまったが、それでもTSS290いったので充分であろう。これで家から自走してたらさすがに重すぎたのでいろいろとちょうどよかった。笑

何度か坂で吹っ飛んでいく長岡さんに食らいついていったらえげつないパワーが出たのでまだまだ普段の練習に妥協があることが分かった。あと、平地とか傾斜が緩い所でもっともがけないといけない。

家に帰ってからメディオしようとか言ってたけどさすがに無理だった。




[] 21:45

体幹,腹筋,デッドリフト,パワマスプリント

2体でデッドリフトをやってみたが、体の使い方が下手過ぎて怖かったので途中でやめた。スプリントは昨日よりはよく出来た。とはいえ今日の伸びはパワマでのスプリントに体が慣れたから、というだけであろう。これから1カ月半で、本物の力が、ぐんと伸びるようにやっていく。

[] 21:57

6/5

お久しぶりです。

御殿下の年パスを入手してからトレーニングルームに通い、密かにパワマ・マスターを目指しています、マネージャー兼選手の松田です。

前回の練習日記で次のLT測定に向けて頑張ると意気込んでいた私ですが、その後どうなったのか、気になっている方もいらっしゃるかと思います(いませんかね…)。私とパワマの特訓生活についてはまた別の機会に書こうと思います…。

さて、ここでお知らせが。

冒頭でもちらっと言っていますが、マネージャーだけでなく選手にも挑戦します!

(欲張りですみません…)

とりあえず、デビュー戦のインカレを目標に漕げるところまで漕いで行こうと思います!

女子は競技人口の関係でクラス分けがないんですね…女に生まれて良かった!!!

とは言うものの、あまりにも実走経験が少なく、男性陣と走るには限界がある云々というわけで、サイクルチームフィッツさんの日曜練にお邪魔させて頂くことになりました。

フィッツさんは色々な選手がいて女子も比較的多いそうです(わーい!)

何もわからずいきなり練習参加は厳しいという事で、本日フィッツさんに所属しているインカレチャンピオンの福田さんとプロサイクリストの関君が練習コースの案内をしてくれることになりました(メンバーが豪華すぎる問題)。

お二方ともめっちゃ速いやん…、と思わず関西弁が出てしまうくらいに速いと思うのですが私に合わせてくれました。有難うございました。

また、とても気さくな方で初対面でしたが色々教えてくれました、楽しかったです。

ただ結構な激坂を登っている時もお話&応援して下さり…いや相槌しか打てへんわっ!となっていました。

しかし自転車での実力差は言うまでもなく、圧倒的に実力差を感じたのはコース終了後の補給タイム。私はすでに満身創痍でアクエリアスとアイス、おにぎりという病み上がりかと突っ込まれそうなものを食べていたのですが…(正確には味の濃いものが喉を通りそうにない)、彼はアメリカンドッグを彼女は餃子を携えてコンビニから出て来たので脱帽ならぬ脱ヘルメットでした。強い選手は補給も強いんですね…。

自転車の練習や試合など色々話をしたのですが、自転車乗りが気にする空気抵抗と軽量化の話題にて。

まず、テールライトの蛙さんが空気抵抗だとして外すべきと言われました…。

かえるううううううう!

確かに彼はサドルにガッツリぶら下がっているので全身で空気をキャッチしています。

次に前輪後輪に2枚ずつ付いている反射板と後輪の、チェーンが後輪に巻き込まれないように付いているプラスチックの板もさようなら宣言を食らいました。ハンドル操作にも影響が出るのだとか…。

そしてずっと意味があると思っていたバルブの黒いカバーもポイされました…、そもそも意味なかったのか、あれ。

極限まで自転車から無駄を駆逐する彼らのプロ意識に目から鱗です。

4時間ほどご一緒させて頂き、沢山の学びがありました。自転車競技は本当に奥深いですね…。

とりあえず当面は脱貧脚に向けてもがこうと思います。

付き合っていただいた彼らに感謝です、有難うございました。

そしてこれからもよろしくお願いします。

[] 00:02

6/6 ローラーミドル、メディオ
6/7 ローラーソリア、メディオ

調子は悪くなさそう

2017年06月06日火曜日

[] 12:25

ITT 22位 44’55”600 41.67km/h

f:id:ut-br:20170604122518j:image

Photo by 西丸くん ありがとう!

[試合前]

準備としてはチームTTがあるのでほぼ同じ感覚で。練習の準備は本当はしたかったのだけれど、病み上がり&試合が近いということであまり無理に練習はしなかった。

リカバリーはとても気を使った。前日のチームTT後からプロテインと炭水化物を摂取しグリコーゲンの回復を促す。大臀筋が激痛だったのでストレッチを行う。植田家に移動して入浴。すぐマッサージを念入りに行ってもらった。食事もいつもながら晩餐レベルの大盤振る舞い。本当に植田家にはお世話になりました。植田家にもう行くことがないのかと思うと心から寂しい。また行っていいですか?笑

当日もただぼーっとしてマッサージしてアップしただけ。本当にみんなのおかげで試合だけに集中できています。ありがとう。

[試合中]

ただ突っ込んだ。いやいや無理でしょと思いたくなるパワーだったけど上位を取るなら仕方ない。でも爆風向かい風でケイデンスもパワーも安定できず、ズルズル後退。そもそも弱い。折り返しに到着した時は随分ときつかった。

折り返し後は追い風爆風。8割アウタートップで回していた。55-11でもほぼほぼアウタートップ。でも自分が弱いせいで高ケイデンス・高出力をセットでできない。目標のパワーを出せずに帰ってきてしまった。

[試合後]

自分が弱すぎて引いた。あんまり落ち込む方ではないが、さすがに遅すぎて引いた。

とはいえ、5月はあんまり練習できなかったので前半の弱さはそのせいだと思う。それで後30秒は縮まる。そして高ケイデンスができないことで30秒失っているから、それは明日からの練習で全日本までになんとかする。これで10位近くまでは行くから、そんなもんだろう。絶対にできる。

そう思うと元気になった。僕はまだ弱いけど課題がはっきりしているし、それほど絶望的な壁ではない。そして同期にも助けられた。

f:id:ut-br:20170604131331j:image

このちんちくりんな植田を見たら絶対笑う。完璧人間に見える植田もTTポジションは取れないみたい笑。すごく元気になった。ありがとう。奇跡的にたくおも写っていて、全員揃っているのが結構嬉しい笑。

---

順位を見ると、上位5人はやはり本当に強い。一方でそこからは届かなくもない強さだと思う。今は僕より強いのは確かだけど、僕の方が成長が早いから追いつける。絶対に選手権大会で入賞します。必ず。

2日間を通して、サポートしてくれたみなさんありがとうございました。柿木さん、三宅監督から頂いたアドバイスを取り入れて、必ず全日本は躍動します。その前に個人ロード。勝つことを考えろ。

[] 16:47

6/6 インターバル、ローラーメディオ、自転車屋さん往復

MIVROの朝練に参加。多摩地区の3分坂で3人一組でインターバル走、プログレみたいな感じ。一緒の組になった太田さんが強く、太田さんはシッティング縛り、自分はダンシングでもがいたが1本も取れなかった。ラスト2本はかなり垂れてしまったが、脚が痛くなるくらいまで追い込めた。ありがとうございました。

そのあとローラーメディオ。怪我のブランクの後からパワー出せないみたいな思い込みというかセーブがかかってしまっているような気がしたので、ITTの悔しさを爆発させる勢いでブランク前のパワーに一気に目標を上げてやってみた。流石に目標には届かなかったがかなりいい線まで行けた。

大学から帰宅後は自転車屋さんでPioneerの修理依頼と新しくクランクなどを購入。岩島さんありがとうございました。

沢山自転車に乗った1日でしたが、先日加藤に暇そうなんですが暇なんですか?と言われてしまったので勉強も頑張ります。

p.s. そう言えば書き忘れてました、カメラマン西丸くん、ありがとうございました。かっこよく撮れていてとても気に入りました。

[] 17:17

平地練 長メディオ、ソリア、スプリント

加藤と朝練。ITT対策で何度もやったのでメディオはきっちり揃ったが、ソリアとスプリントは全然だった。とはいえ登りでの出力と比較してみたらなので、これが平地での実力なのかもしれない。

梅雨が迫っており、かつ6月は土日にあまりロングに行けないので、雨でない日はできるだけ乗っていきたい。クソ眠いけど。

[] 18:22

朝練@V坂 with 菅家&西田 +スポ身 +通学 (60km)

火曜午前暇組で朝練。集合時間にV坂に行ったが誰もいない。昨日の豪雨によりかくかくしかじかでスマホが息を引き取ってしまったので連絡も取れず一人で練習開始。30分後に二人が来たので安心した。

あまり時間もないのでゆっくりの下りをレスト代わりにしていろんなメニューを10本。先々週の土曜の練習のときよりはいい感じに登れるようになっていたので良かった。スマホがないのでサイコンのデータを比較できないのが空しい。

三限はスポ身。サッカーきつかった。

[] 18:42

6/6 駒場二体で筋トレ

デッドリフト、ブルガリアンスクワット、レッグカール、腹筋、ベンチプレス

二体はバスケ部やバレー部が筋トレをしていて刺激を受けるのでいい。

[] 19:42

6/6 長尾台

プログレ、メディオ、ソリア

ポジション模索中。

たまには写真でも

f:id:ut-br:20170606174730j:image

[] 20:14

6/5 筋トレ

軽めに。たまたま高校の友達に会ったので一緒にやった。

6/6 大垂水 メディオ、プログレ

1人で頑張った。眠かった。朝出るのが遅かったので思ったより終わったのが遅くなった。

[] 20:31

6/5 筋トレ

下半身を中心に全体的にしっかり。翌日やばそうと思ったら案の定全身筋肉痛である。

6/6 V坂 15本

今年中に何本できるだろう?寮から比較的近い練習場所なので2年間よくお世話になりそう。

[] 22:50

荒川タイムトライアル

早起きして先輩方の練習に参加しようとも思ったが睡魔に勝てず結局8時過ぎから1人で漕いだ

何本かやったが何故か最後に1番いいタイムが出て目標の台にようやくぎりぎり乗った

最後に出たってことは次はもっと伸びるのではと期待中

その後友人に誘われ筋トレをしに行ったが2日連続だったのでちょっとやってやめた

[] 23:49

かなり溜め込んでしまいました。また、レースレポートも遅くなってしまい、申し訳ありません。

5/30 ローラーミドル
5/31 ラスト朝練
6/1 軽くメディオ

6/3 TTT 9位
3年目にして初めてメンバーとして出場。自分は1ヵ月前から朝練で調整してきていた上に、脚質的にもTTTは向いていると思っていたので、初めてではあるが十二分にチームに貢献できると考えていた。また、メンバーも1人として劣っている人がおらず、上位が狙えると思っていた。
サポートの人たちが色々としてくれたので、出走前はゆったりとアップして余裕を持って出走。風は往路がやや向かい風、復路がやや追い風。走り出してみると感触は悪くない。設定出力、時間を守ってきっちり引く。しばらくして長岡と生駒さんが微妙そうだったので、上げることもせずそのまま引く。1本目の往路は普通に終了。問題は復路。追い風で後ろが休みにくかったことが大きかったのか、かなり消耗してしまう。生駒さんと長岡がつらそうで、若干配分を下げて長く引くことになってきて、自分もつらくなる。1本目完了での感触はかなりやばい。このまま持つのかという感じ。やはり復路は全体的に強度を落とすべきだったのではないだろうか。
2本目に入るともうかなりダメ。引く時間が秋山さんと僕に集中してきて、出力がかなり下がる。自分も滅茶苦茶つらい。姿勢を保つのもつらくなってきて、出力的にもったいないことが分かっていながら、何度も先頭交代時にサドルからケツを上げてしまう。そうこうしているうちに復路に入る。復路では生駒さんが復活したものの、先頭出力は上がらない。足が攣るなどして、自分もローテを飛ばさざるを得ないときが出てくる。それでも崩壊だけは免れるべく、必死で耐える。しかし、残り4kmでどうしようもないレベルで足が攣る。ツキイチで食らいつこうとしたが、ズルズル離される。残り4kmで自分を待つのは得策ではないので、「そのまま行け!残り4km!」と叫んでちぎれる。あとは自力でゴールまで戻って終了。
結果は9位。今年も入賞すらできず。なんというか、受け入れられない順位である。
仕方なかった部分が大きいものの、やはり今年は準備不足だったと思う。正メンバーで合わせた回数が少なすぎる。本番で問題になったのは、出力配分の問題ではなく、全体での調整が最適解まで至っていなかったということでしかないと思う。TTは準備がものをいう競技だと言うことを強く再認識させられた。
確かに周りのレベルは異常に高くなってきている。今回のアベレージスピードはうちとしてはおそらく最高記録だし、同じような風の条件だった3年前なら、4位に入るタイムである。だが、当たり前のことだが、周りのレベルが上がっているのなら、自分たちのレベルをもっと上げないといけないのである。「最近のレベルからしてTTTを狙うのはもう違うんじゃないか」みたいな声が若干聞こえてくるが、はっきりいって今年は全然準備不足だったし、自分たちが詰めきれていないかったことを棚に上げて、こう結論付てしまうのは違うと思う。絶対に来年リベンジします。

6/4 ITT 49位
前日の振るわない結果を引きずってしまった。追い込んだつもりだったが、全然追い込めていなかった。終わったあとがあまりしんどくなくて、去年のITTが終わったあとの感じと比較すると、本当に全然ダメだった。目標出力の9割程度しか出せなかったし、しょうもない順位だし、本当に何もかもダメだった。サポートしてくれた人たちには大変申し訳ない。

TTT,ITTでは本当に色々な方々にお世話になりました。運転と指導をして下さった三宅監督と洋和さんや、サポートや立哨をして下さった植田さん、和泉さん、拓央さん、松田、山田、根岸、ありがとうございました。また、役員をして下さったり、応援に駆けつけてくださったOBの方々や、激励に来てくださった日直商会の水口さん、ITTにカメラマンとして来てくれた西丸くん、ありがとうございました。
さらに機材面において、サドルではスポーツバイクハイロードの青山OBに、ホイールではGS ASTUTO様に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。さらにさらに、TTTの日には植田さんの実家に泊めていただきました。豪華でおいしい食事をはじめとして、本当にこれ以上ないというレベルで迎えていただきました。植田家の皆様、ありがとうございました。

[] 23:56

6/4 ITT 31.2km 48’59”602 (29位)

正直なところ、ただ走ってきただけというかんじ。ITTの走りそのものに関してはあまり感想がない。

2週間前の修善寺で落車し、擦過傷だけだからすぐ復帰できるつもりだったのだが意外と長引き、一番大事な、レース2週間前に全然乗れなかった。これによりITTでの昇格は内心諦めた。するとモチベーションが消えてしまい、レースまでズルズルと。レース本番でも全然足が動かなかった。

実際、レース結果を見ると、絶好調だったとしてもなお昇格できなかっただろうと思われ、のどをかきむしりたくなるほどの悔しさは、ない。しかし、最近、惜しい結果がポツポツと出てきている中で、自分の昇格に期待の言葉をかけてくださる方々がいる。今回、ベストとはかけ離れたパフォーマンスを、準備段階からしてしまったことでそういう方々にひどいことをしてしまったと考えると心が傷む。

とはいえ自分の目は既に白馬に向いています。これから2ヶ月ほど、白馬だけに照準を絞ってあの手この手を尽くせばいい。これまでの経験からして、こういうときに自分は最も力を発揮できると確信している。絶対、白馬で昇格する。次は言い訳はなしです。

お忙しい中来てくださった柿木さん、三宅監督、役員を引き受けてくださったOBの方々ありがとうございました。カメラマンをやってくれた西丸くんもありがとう。

6/6 パワマソリア・スプリント・腹筋

スプリントがまだ全然できていない。白馬に向けた最優先事項と言っても過言ではない。

2017年06月05日月曜日

[] 12:04

ITT 66位 58分25秒

初レース。強烈な向かい風を感じて、金曜日の自主練での苦しみを思い出しました笑

往路は負荷は下げてもペダルを回そうと意識してなんとかこぎきり、復路はギアを重くしてこぎまくった。結果を見ると多くの同期にかなり離されてたし、途中結構な人数に抜かされた。この悔しさを忘れずに精進します。

[] 16:44

6/3 TTTサポート

選手、役員、サポートの皆さんお疲れ様でした。自分は来年もサポートでいるはずなので、植田さんが卒業してもきちんと回せるよう、去年と今年の経験は下級生に還元していこうと思います。

6/4 ITT(31.2km) 50'14 87位

朝練の感じからして好タイムは期待できないが、TTポジションでの練習は納得するまで積んだし、当日に突然ディスクの使用権が降ってきたこともあり、とにかく自分のベストを尽くそうと思っていた。

風がとにかく強く、往路はしばらく30km/h前後しか出ないが、周りに見える選手もわりとそんなもんなのでそのまま維持。途中で風向きが変わり、最終的には40km/hくらいまで上がって折り返し。復路序盤は40km/h台前半から、追い風が強くなるにつれてギアを上げていって、後半は50tを恨みながらアウタートップ固定でぶん回す。しかし残り4kmほどのところでチェーンがスプロケのトップ側に落ちてしまう。走行中は何故クランクの回転が止まったのかわからず、さんざんガチャガチャした後、結局止まって直す。残りはもうどうしようもなくゴールまで。

まず、加工スプロケから普通の11速に変えたにも関わらず、変速が決まることを確認したくらいで、調整が甘かった。今回は不注意というより知識不足が原因だったが、3年目にもなって機材の知識が不十分なのがまずひどく、だとしてもせめてわかる人にお願いするべきだった。今後の大事なレースをこういうことで潰すことがないよう、機材には細心の注意を払うよう肝に命じておく。

ただ、トラブルがなくても48分切れるかくらいであり、風があったとはいえひたすらに遅い。どうやったってパワー不足なので、インカレまでに登りなら部内の誰にも負けないくらいに強くなって、「まあ出られただけよかったね」とは絶対に思わせない結果を出したい。そのためにも、あと3ヶ月しっかり計画を立て、意志を持って追い込んでいく。また、今回のTT2戦は個人的にかなりチームに期待していたが(それ故無神経な発言あったと思います、すみません)、納得のいく結果が得られなかったということは、現状認識を改めてチーム練習で求めるものを上げなくてはいけないということだと思うので、それに貢献できるようにしたいし、しなくてはいけない。

お忙しい中お越しいただいた柿木さん、ご指導してくださった三宅監督、役員を務めてくださったOBの方々、スタッフ陣、西丸カメラマン、ありがとうございました。

[] 20:57

TTT,ITT共にサポートでした。

初めて自転車の大会というものを見ました。個人的に印象が残ったのはTTTでの速度と車間の狭さでした。朝練で何度かローテ練をしましたがそれとは比にならないくらい密着して走ってて、すごい衝撃を受けました。

練習に対するモチベーションがとても上がったのでこれからも練習をしっかりやっていきます!

6/5 筋トレ、メディオ

土日のモチベーションのまま練習ができたのでよかった。

[] 21:58

パワマHIIT+通学

またまた負荷値が若干物足りなかった。

練習後に帰っている途中でゲリラ豪雨に見舞われ、やむなく駒場に逆戻り。すぐにやむかと思ったが案外降り続いたので長時間一人で駒場で過ごした。雨は嫌い。

[] 22:49

TTT 9位 1:22’16”12 46.09km/h

[試合前]

5/5から体調が悪く、なんとか7日の試合は出場、それ以降ずっと寝たきりで5/20から練習再開。ほとんど練習できていない中でのチームTT。はっきり言ってこれほど準備できなかった試合はない。TTは準備がものを言う試合なのに、こんなので大丈夫なのかという不安でいっぱいだったのは言うまでもない。一方で、僕が主将になってからチームTTでの入賞から離れていて、絶対に入賞したいという思いもあった。僕が引っ張るぞというより、みんな強いのでそれをまとめるぞという思い。それが強かった。

準備段階では「試合前なのにまだ完璧じゃない」自分と走るのが気に食わなかったけど、それでもなんとか指定時間の少し短めを守る感じでごまかしていた。強度も時間も少し無理をして、後ろで必死に休む感じ。さすがに3年目となればそこらへんは上手くなる。調子も上々とは思わないけど、伸びる感覚はあったのでひたすらに自分を信じるのみ。50分の練習の感覚から考えて、生駒さん、長岡、こういっちゃんがやはり強いので彼らを信じて突っ込むことにした。保険をかけていては入賞はできないから、ある程度攻めないと無理なはず。柿木さんを信じて、僕はひたすら突っ込んで鼓舞し続けるしかない。

できる範囲で準備は結構した。練習後の疲労感が全く抜けないのでマッサージオイルを買い、セルフでもマッサー植田からもしてもらった。ストレッチは欠かさず行い、栄養も積極的に摂取。機材も最高のFORMULA KINGだし、Sports Bikes HiRoad青山さんに整備は依頼して完璧。ホイールも最高。試合の用意はだいたい人に動いてもらった。ただ集中するのみ。

[試合中]

柿木さんから僕の先頭の時間を5秒減らしてはという提案があったが、きつかったら下げよう程度で考えて出走。個人の時間はいくらでも調整できる。それよりも全体強度を落とさないこと。それだけを考えていた。

出走して7分くらいから全体の調子を聞いて回る。生駒さんが調子悪い、長岡が浮かない返事。僕井上はいい感じ。これではあまりあげられないので、そのままのペースを維持するように指示。風向きは往路1/3ほどが少し左からの横風。それ以降は弱い向かい風。ちょこちょこ声をかけながらサクッと走った。復路も同じ。やや追い風だけど、ぴったり後ろに入って横風に敏感になれば基本は楽チン。あっさり1本目は終わった。

2往復目に入った時は余裕たっぷりでこれからだぞと叫び回った。しかし、このとき他の3人はかなりきつかったらしい。1)意思疎通が取りきれていなかったし、2)どれくらいのきつさが想像されるかのシミュレーション不足だったように思う。

そこからは全体的に交代頻度が上がっていった。これは仕方ないことだが、先頭の出力があまり出ない。速度が下がっていた。生駒・長岡で速度が下がるように僕には感じた(交代の関係上、そう感じただけで他の人が下げているだけかもしれない。別に誰を責めるわけでもなく、全体が弱いだけ)。これはどうしようも無いので全体の強度を落とすように指示。僕自身もなかなかにしんどいのでたまに時間を少し減らしたりして対応。なんとか最低限の時間だけは守る。

2本目復路はもう足が全然なくて、それでも意地で回していく。長岡が本当にきつそうで生駒さんがなぜか復活。出力は低いものの結構長く引いてくれた。それでももうボロボロでなんとかゴール。1本目を守りきれなかった。東大は2往復目で速度が落ちてはいけないのに、そこで1分ほど落としている。

[試合後]

周りの反応を見ると、上手く休めていなかったようだ。3)横風の指示をまめにしなかった、あるいはその重要性を練習段階で徹底できなかったことに原因を感じる。

また4)速度を途中であげてしまうのを何回か繰り返す選手、それに怒る選手をうまく扱うのも僕の仕事だった。最後に5)半数がイマイチな反応を出走後7分で示したのだから、ペースを少し落とせば1本目と2本目のタイム差をなくせたのでは無いかとも思う。

以上5点が試合中の僕の反省点。でもこれを全て修正したところでどれだけ伸びたかと言うと難しいところはある。後40秒近く詰めるのはできたようにも見えるが、前半のペースはやはりきつかっただろうとも思う。各々の当日のベストは尽くしただろうと僕には思える。

結局のところ、個々が弱い。それに尽きる。柿木さんのデータ解析、それに基づく練習によって力の100%を引き出すことはほぼうまくできている。だから明治や法政などにはなんとか勝てた。でも実力が足りない分だけ入賞や表彰台に届いていないのだと思う。追い込み具合が足りなかったという指摘もあるだろうけど、追い込んだからといって前半以上のタイムは出ないので、それだと6位だ。僕たちはもっと上を目指さないといけない。実力が足りない。

[色々振り返って]

実力が足りないなどすごく上から目線で書きましたが、一番実力が足りなかったのは僕です。最も強い僕が途中自転車から離れたせいだということはかなり大きいファクターだと思う。僕がもっと引いていれば違う結果だったでしょう。試合中の小さなミス以上に大きな原因です。だからメンバー3人と期待をかけてくれたスポンサーの皆様、そして東大のみんなには申し訳ない。期待が落胆に変わる瞬間は悲しいものだから、それを味わわせてしまったのはかなり残念です。

また最高のサポートシステムを作ってくれ、そしてチームTTという最も準備で変わる試合の結果を出そうと奮闘してくれた植田にも、申し訳ない。みんなの力で結果を出して「ほら私のサポートでかいでしょ」とドヤ顔する植田を拝みたかった。背中をバシバシ叩かれたかったけど、これは個人ロードに延期なようです。

さて。今回は入賞すらできなかった。でもだからといって悲観的にならなくていい。東大チームTTは選手の実力を最大まで引き出すことがやはりできるし、その実力を伸ばしことさえできれば、学連のレベルが上がっても入賞以上の結果を目指せることに変わりはない。実力を伸ばすことに関しては僕が引退するまでの間に、なんとかする。僕はでかい口を叩きまくるけど、でもその発言に少しずつ近づいているといつも思う。だから信じてついてきてほしい。だいたい三宅監督と柿木さんの言っていることをやっているだけだけど、それでも身近に生身の目標があれば簡単に目指せる。そういうものになってみせるから、目指してくれ。僕は浦さんを「レベルが違う」と思いたくなかった。実際レベルは違うけど、そう思っては始まらない。僕はまだ身近なので、僕を抜きにかかってほしい。それが東大のTTT入賞、そして表彰台への第一歩だと思う。

それでは以上がチームTTのレポートです。DE ROSA FORMULA KINGを貸していただいた日直商会様、TTホイールを用意してくださったG.S.Astuto様本当にありがとうございました。サポートしてくれたみんな、ありがとうございました。こんな中で競技をできる自分は本当に幸せ者です。あとは賞状をとってみんなと写真を撮るのみ。あと少しで着を取れる。口先だけの男にならないように、試合から逆算して練習するのみ。信じてもがけ。

[] 23:02

6/4

30km個人タイムトライアル

54位53:12

なんかよくわからないうちに終わってしまった感がある

最初もうちょっとスピード落とせばよかったとか復路で燃えるようにケツが痛かったとか思うところはあるっちゃあるが普通におそかったし他大の人のリザルトを見て改めて練習せねばと思った

来年のITTではムカイカゼニモマケズ、ケツノイタミニモマケズ爆走できるように頑張る

練習するぞー

6/5

駒場筋トレ

[] 23:07

ITT 52位 47'02''503

爆風ITT。復路で強風でギアが足りなくなることを考え、前半は突っ込み気味で行ったが、やはり練習不足で思うように出力が出ず。復路はひたすら脚を回して、終わりが見えてきた残り5kmあたりからペースを上げてフィニッシュ。

ITTは自分の好きな試合であり、これに向けて準備をしようとしてきたものの膝の故障で体が着いてこず、もどかしい思いだったが、やはり準備不足が結果に出てしまった。夏までに膝を治し、最後のインカレには万全の状態で臨みたい。

立哨で来てくれた皆さん、運転・アドバイスを頂いた三宅監督、サポートしてくれた植田、カメラマン西丸くん、ありがとうございました。

[] 23:23

6/3 TTTサポート

6/4 ITT 49'18"598

強風でペーシングが難しく、向かい風の往路で抑えすぎてしまった。復路は50
Tだったので回りきってしまい、想定はしていたが不完全燃焼でのフィニッシュになってしまった。クラス3としてはかなり贅沢な機材を使ってのこのタイムは非常にみっともないし、悔しい。

あと、朝練や大学の試験などがあり計画的な体調管理が必要不可欠であったのに、それを怠り睡眠時間が確保できず、当日も万全な体調ではなかったのはアホとしか言い様がない。

正直、昇格とまではいかなくとももっといい順位が取れると思っていたのでショックはデカいが、切り替えて、この悔しさをバネに白馬昇格に全力を尽くします。

サポートや役員をしてくださった監督、和泉さん、金子さん、植田さん、松田さん、根岸、山田、ありがとうございました。カメラマンとして来てくれた西丸も素晴らしい写真をありがとう!

[] 23:32

こんばんは。練習日記を書いていたらこんな時間になり焦っているチームマネージャー植田です。

土日のTT二戦にチームサポートとして行ってきました!長いので二回に分けますね。笑

土曜日 チームロードタイムトライアル

ついに最後のTTT。実は私は木曜・金曜と研究の関係で四国におり、日付が変わるギリギリに帰宅しての参戦(言い訳するようですが、そのため各方面へのメールのお返事が遅くなっておりました。申し訳ございません)。そのため、3日前までにはすべての準備を終えるつもりで動いていました。機材の準備を終え、初の試合観戦となる新入生にも当日の動きを割り振って指示。いろいろと戸惑うところはあったと思いますが、みんな働いてくれてありがとう!

f:id:ut-br:20170603094112j:image

代輪準備をするちーばくんと岡野くん。ふたりは一番遠い地点まで行ってサポートしてくれました。暑い中お疲れさまでした。ちなみに今回は写真を一年スタッフの姫梨ちゃんに頼みました。ありがとう!

コミュニケに従って代輪に「東大」とテープを貼ってチーム名を書き、ゼッケンをぴったりつけて、サポート内容を確認したらひと段落。秋山くんがマッサージしてほしいと希望を出していたので、イナーメのアップオイルを塗り込みました。気温が高く、機材準備を終えた貫名くんが来てまるでうなぎを扇ぐように秋山くんをぱたぱたしていました。笑

f:id:ut-br:20170603110640j:image

アップ中。今回テントを新調したので、全員が日陰に入れました。笑

このころ岩崎OB、谷川OBが来てくださって激励してくださり、水口様がいらして「頑張ってください」とのお言葉を頂き、そして柿木さんがいらして選手に声をかけてくださいました。東大自転車部がたくさんの方に支えていただいていることを実感する瞬間です。

そうこうしているうちにいつのまにか出走時間。水をかぶり、ドリンクを補充し直して、サポート全員でスタートラインまで見送りに。

f:id:ut-br:20170603114705j:image

同期がとても好きなのでこの写真を載せます。笑 出走直前までこんな感じ。「緊張するから普段通りにしゃべっていたい」という秋山くんの希望をかなえています。笑
わたしは試合前あまり緊張しないのですが、珍しくかなり緊張していておなかを壊しそうな勢いでした。笑 そのわりに誰にも気づかれていなかったようなのでポーカーフェイスです。笑

f:id:ut-br:20170603114810j:image

出走直前。左から秋山、長岡、生駒、井上。日直商会の水口様が撮影してくださいました!ありがとうございます。

そして出走。

f:id:ut-br:20170605223016j:image

こちらの写真はFacebookページの「写真館(仮)」さまより転載させていただきました。ありがとうございます!

結果としては9位。昨年度のように大崩壊ではなかったものの、入賞することはできませんでした。

---

今年は、本当に選手たちが自発的にこの試合に向けて調整し、詰めてきていました。「最後だから頑張りたい」と追い上げてきた生駒さん、体調を崩して「本当に間に合うのかなあ」と言いつつほかのメンバーには弱音を吐かず引っ張ってきた秋山くん、自分はTTT向きだとメンバーとしての自覚を早くからもって詰めてきたこういっちゃん、去年の悔しさをぶつけるように、ぎりぎりのスケジュールでも調整してきた長岡くん。いつになくきっちりと相談し、練習に取り組んできていたことを知っているだけに、結果につながらなかったことは本当に悔しく思います。

TTは事前の準備がものをいう種目です。強さの面でもそこに至る過程の面でも、さらにそれを見せる術という点でもとても尊敬する先輩であり、全日本TT二冠チャンピオンの西薗さんに、以前冗談交じりに「TTの配分とかにマネージャーが手を出してもいいんだよ」と言われたことがあります。実際には柿木さんが各選手のパワーデータを把握してアドバイスしてくださっていて、だからこそ信頼もおけるのだとわかっているので手を出すことはしなかったのですが、それ以外の面、特にTTT特有の技術のようなものと毎年の反省点の次代への伝達という意味では、もう少しわたしが担うべきものはあったのではないかと思っています。昨年あたりからずっと、知識の蓄積を部の構築の中心に据えるよう主張してきていて、選手たちもそれを自発的に時代に伝えようとしてくれるようになってきました。今年の反省は来年以降に活かされるべきだと強く思います。

ここ数年でTTTの水準は明らかに上がっていることは事実です。それでも部として戦う以上、決してあきらめずに上を目指していくことができるはずです。

選手たちが練習を積んで脚力を伸ばし、技術を向上させていく傍ら、サポートとして、チームとして何ができるかということは、常に考えていかねばならないことです。わたしは選手ではなく、後輩たちに具体的な戦績も技術も残してあげられないけれど、考え方や姿勢を残し、システム化していくことで、わたしたちが築いてきたものを足場に、もっと上を目指してほしいなと思います。

まるで引退のような日記ですね。笑 インカレまではしっかりがっつりサポートしていくので、今後もしばらくよろしくお願いします。笑

また後ほどITTのレポートを写真たっぷりでお届けします!

[] 23:35
















6/3 TTTサポート、6/4ITT立哨

入部して初めてのスタッフ業務でした。ですが、自分から率先してやれることは何もないので先輩に言われたことをこなしていたら終わっていたという感じでした。

4日は立哨だったのでコース途中で選手のみなさんが走る様子を少しだけですが見ることができました。1年生が走る様子を見たのは初めてでしたが、みんな必死そうだったので、笑、これから練習を積んでバリバリ走れるようになるのを見るのが楽しみです!

この2日間で自転車競技の雰囲気を知ることができたし、何より植田先輩の敏腕ぶりを間近で感じました。頼れるおかんと言われるワケがよくわかりました笑1年生選手にもようやく会えて顔と名前も覚えてそこそこ仲良くなれたので、今回の試合での収穫はたくさんあったと思います。

来週の個人ロードにもサポートとして参加します。先輩に従うだけになるとは思いますが、1つ1つしっかりと仕事をこなしたいです。これからよろしくお願いします。

 

P.S.選手のみなさんが走る様子を見てもロードバイクかっこいいなぁと思うばかりです。私もバイト代を貯めてロードバイクを買って競技とまでは言いませんがサイクリングくらいやりたいなぁと思い始めました。

[] 00:36

6/3 チームTT サポート

1年ぶりの利根川河川敷で懐かしかった。1年前来た時はどうしようもなく弱かったなあと。

サポートとしては、上流側折り返し地点で普通に応援していただけだった。

土日にわたって家から本郷までの運転を無事終えられて良かった。

6/4 個人TT 普及大会 38位

風が非常に強く、一定で走るのは不可能だったが、それなりに往復のペース配分は良かったと思う。一番最初の5kmほどだけ少し上げすぎたが、帰りは追い風でアウタートップで回す感じだったので、結局そのくらいで問題なかったのだろう。出し切ることはできたと思う。

リザルトから今の実力がこのくらいだということ。タイムも含めてそれなりに予想通りだった。

去年終わった後に次は抜かす側になりたいと書いた覚えがあるが、残念ながら今年も誰かを抜かすことは叶わなかった。

後からリザルトみたら安西さんに0.7秒差という大接戦で勝っていた。接戦すぎて面白かった。

6〜7月は授業が減って暇なので練習します。次は白馬です。強くなります。2年3人で全力で狙っていきます。絶対にやり遂げます。

サポートや役員をして下さった部員やOBの皆様、ありがとうございました。三宅監督と柿木さんお忙しい中お越しいただきありがとうございました。

[] 07:46

ペース走 50km

時間が限定されている中で、どうやったら少しでもトレーニングになるかということを念頭に、力を入れる箇所、一定量の力を継続させるとなど、如何に出来る範囲で出来ることを実行するかという意識が癖づいて来た。

2017年06月04日日曜日

[] 18:55

6/1 レスト 自転車整備しました。

6/2 某所で30分ITT

祖父母家に滞在。

暴風で往路は47.5km/h、ルンルンでそれなりにパワーも出る、復路は25km/h、辛すぎてパワーも出ない、飛ばされそう、という感じだった。

6/3 初学連レース観戦、立哨。

立哨、TTTで目の前をものすごい勢いで選手達が駆け抜けていった。自分も速くなりたいと思った。

山本とぼくの祖父母の家に滞在、帰り道ぼくが変な考えを起こして行きと別の道で帰ってしまい迷子になり、なぜか立哨と会場までの往復で75kmも走る羽目になった。

6/4 ITT クラス3 39位(0:50'25''774 37.12km/h)

昨日の教訓で自走で会場に行って無駄に消耗したくなかったので祖父母に頼み、車で会場まで送ってもらった。2日間いろいろお世話になりました、ありがとうございました。

肝心のITTは最初5kmほどは強い向かい風のなかガツンと突っ込み、三人ほどの選手を抜かし、やや垂れながらも往路10kmはなんとかこなした、ここはまあそれなりに良くできたと思う。しかしその後は全く前の選手が見えず、残り往路5km-復路5kmほどでやや風が弱くなったので少しだけペースを上げたが、パワーメーターがある割に十分にペースを上げられなかった。ここでももっと踏むべきであった。

ラスト10kmほどは追い風がすごく、50km/hは普通に出るくらいで50T-12Tしかなかったのでアウタートップでギリギリだった、普段から高回転でもパワーを出せるようにする練習をしておくべきだったと思う。

結果としては50分すら切れなかったし、山本、岡野、新谷、千葉全員に負けてしまった。かなり悔しい。まだまだ弱すぎるし、自分1人だとついついキツくなった時に休もうとしてしまいがちなので、普段の練習から目標パワーを高くしてもっと追い込んで負荷をかけてギリギリのところで走れるようにしていこうと思う。

立哨、サポートをしてくれた部員・OBの皆様、応援してくださった皆様、三宅監督、柿木さん、本当にありがとうございました。早く昇格できるように練習頑張ります。

[] 19:18

6/4

ITT

 競技班に入部してから初めての試合であった。
 試走時から逆風がすごく、往路では速度がかなり出にくいことは予想できていた。
往路は30km/hでいければいいと思っていたが、スタートしてからものの五分で30km/hを切り、漸次的に速度が落ちて25km/hを切ったあたりから自分が目標とすべき速度が全く分からなくなってしまってからはとりあえずペダルを回すような形になってしまった。逆に復路では追い風のため50km/hを超え、アウタートップでこれ以上回せない!という感じで戻ってきてしまったため、変に体力が残った状態でのゴールになり、不完全燃焼となってしまった。
 一木と響きに負けてしまった悔しさも当然あるが、他大学の選手との差を大きく感じた。今は一年生

全員でレベルアップしていきたい。 

[] 19:42

6/4 itt

風が強いなかでの大会

何人もの他大学の選手に抜かされてかなり精神的にもしんどかったが自分の力を出し切ることができたと思う

今後のトレーニングで体力をつけていきたい

[] 21:42

6/4 ITT 49'45

人生初レースの緊張のせいか試合前にドリンクを全く飲まずにスタートしてしまい、往路の途中からずっと両足のふくら脛がつりかけていた。

それでも目標にしていた出力−10Wくらいでこなせたが、復路はアウタートップでケイデンスを上げ切れず、つった足を伸ばし伸ばし走りきった。

せめて前に見えていた選手との差が開かないように走ることができていれば良かった。

今回はメンタルの弱さを特に強く感じたので、もっともっと追い込めるようになりたい。


前日泊めてくださり今朝は車で送ってくださった安西さんのおじいさんおばあさん、役員の皆様、三宅監督、柿木さん、応援に来てくださった皆様ありがとうございました。

[] 22:04

チームTT 9位

個人TT 22位
詳細なレポートは明日行います。ざっくりとした感想を少し。
5月にやろうと思っていた練習メニューをほとんど気管支炎のためにできなかったというのが、非常に痛い形で出てしまった。ペースはどちらも攻めていったし、そのペースを守れば必ずいい結果が出せた。このリザルトは単純に今の僕が弱かったということ。でも、5月の頭の調子にはまだ届いていないのでそこにまず戻し、そして今回の結果を受けて練習をより良くすることで、必ずいい結果は出せると思っています。個人ロード、全日本TT、全日本ロードの3つで一桁順位を狙っていくし、取れると信じています。とにかくまだまだ僕はできる。だからこれからも応援をお願いします。
DE ROSA Formula Kingを貸していただいた日直商会の皆様、そしてTT専用ホイールを用意してくださったG.S. Astuto の皆様には感謝でいっぱいです。この試合でいい結果を報告したかったという思いでいっぱいなのですが、今回は届きませんでした。これからさらに成長して必ず結果を出していくので、引き続きお願いします。
他にも2日間指導してくださった柿木さん、三宅監督、そして全く準備をしない僕を全力でサポートしてくれたみなさんに心より感謝を感じています。ありがとうございました。体調不良やらでまだまだ「最高の秋山だ」とは全然思っていないので、これからを楽しみにしてください。これが俺の意地だというものを見せてやる。それが最後の目標です。それでは、明日詳細な日記を書きます。おやすみなさい。

[] 22:32

ITT 47分41秒 59位

アップの時点から昨日の影響でとても脚が重く感じたが、それ以前に走り出してから全くと言っていいほど試合に集中出来なかった。特に頑張るでもなく、出し切るでもなくちんたら30km走って帰ってきてしまった。

去年の美麻でレースに対して気持ちを整えずに走ると後々後悔することは学習していたはずなのに、一年の時を経てまた同じ過ちを繰り返した。こういう走りをすることは、良い結果を期待して応援して下さったサポートの方々や、お忙しい中ご指導しにいらして下さった方々、良い結果につなげるために多くのデータの分析をして下さった柿木さんなど、多くの方々に失礼だということも分かっていたはずなのに、なぜまたこういうことをしてしまうのか。こういうことをする選手は期待や信頼を失うということをもう一度強く自分の中に刻み込む必要がある。

この二日間は競技人生の中で圧倒的黒歴史として残るだろうが、もう終わってしまったものはどうしようもないので、前を向いて次のレースに全身全霊で望もうと思う。

サポート、立哨、役員をして下さった皆様本当にありがとうございました。また、昨年に引き続き宿泊を含めて手厚いサポートをしてくださった植田家の皆様ありがとうございました。

[] 22:45

6/4 ITT

今の自分の力は出せたと思うがまだまだ弱いのがとてもとても悔しい。明日からまた気合いを入れ直して練習します!

[] 09:09

ITT 53分45秒 男子普及の部57位

本当に風の強い日だった。往路は全然スピードが出ずもどかしかったし、復路の終盤では尾骶骨が痛くなり思うようにペダルを踏めなかった。

初めての大会でイマイチ反省すべき点も分からないが、昨日今日で学連の大会の雰囲気を味わえたというのは非常に有意義だったと思う。これからどれだけ強くなったかを測るための指標もできたので良かった。

最後に同じ一年生の西丸カメラマンに撮ってもらった写真。高画質すぎて最高です。西丸くんありがとう!

f:id:ut-br:20170604085101j:image

2017年06月03日土曜日

[] 06:29

おはようございます。

今日はTTTです。ここ数日はスイッチ入りっぱなしでやばかったです。ようやく結果が出るのです。頑張ってきます!

[] 21:37

TTT 9位

ここ1ヶ月はこのレースに向けて色々なものを犠牲にして、しっかり仕上げてきた。それだけにもう少し良い結果が欲しかった。

1往復目の往路は順調にいっているように思えたが、今思い返して見ればあの時点で既に歯車は狂いかけていた(少なくとも自分の中では)。風をイマイチ把握し切れていなかったことや、気持ちが先走ってペースが乱高下していたことで後ろで全然休めていなかった。先頭でペースを上げてしまうのは、どうしても自分が辛くなるわけではないので気づきにくいという点があるので仕方ない部分もあるにはあるが、修正しきれなかったのは少しきつかった。来年以降出場する選手は気をつけてほしい。練習を繰り返していく中である程度の平均出力の目安はついていたが、結局1往復目の平均出力はそれよりも20wぐらい高い出力で終えることになってしまい、こうなってしまうと色々厳しいものがあり、2往復目は中々先頭で引っ張ることが出来なかった。結果9位。受け入れたくはないが、大失敗に他ならないだろう。

自分自身の反省として、1往復目で身体的にも数字的にも明らかにきついと感じているのであれば、早めに配分を減らすとかの判断をするべきだった。ちょっと実力が付いたぐらいで、今回のTTTは自分がどんどん引かなきゃとかいうよく分からない使命感のようなものに捕らわれて先頭時間を減らさなかったのは馬鹿げていたし、他大学の選手から見ればクソ雑魚のくせに自分の実力を過信していてみっともないことこの上なかった。結局それで最終的に与えられた仕事が出来なくなっているのだから、頭が悪いとしか言いようがない。練習から常に危機感を持って、後ろにビタ付きすることを徹底していたかと言われれば、それも去年より足があるしとか思って少し手を抜いていたのかもしれない。慢心を極めていた

色々な要因が重なり全体として確かに詰めきれなかった部分はあったかもしれないが、それでも1ヶ月かけてしっかり準備してきたし、去年より先頭出力も一回り上げたし、周りからも今年はイケると言われていたのに、蓋を開けて見れば入賞にすら届かなかった。この事実は悔しいというよりは、絶望に近いものを感じてしまう。ここには書けないようなかなりマイナスな思考も持ってしまうが、自分が積み上げてきたものを否定し、さらには来年以降のTTTに支障をきたしてしまいそうなのでここに記すことは自粛しておく。中々切り替えるのは難しいが、明日のITTも全力を尽くしたいと思う。

サポートや立哨をしてくれた部員のみんな、応援に駆けつけて下さったOBの方々や柿木さん、ご指導して下さった監督、洋和さん本当にありがとうございました。

[] 01:55

実走メディオ ソリア

久しぶりの実走練習。ソリアは結構踏めて、当該箇所の自己ベストか?と思ったけど、そうは甘くなかった。多分もっと踏めるのだろう。しかし、ここのところ以前より良くなった実感があるので、このまま練習時の目標値を更新していきたい。

TTT出場の皆様、サポート、立哨、応援の皆様本当にお疲れ様でした。

2017年06月02日金曜日

[] 10:10

朝練延長戦

生駒さんの日記を読んで、よく考えると自分は院進しないので来年の今頃はてんやわんやしているはずであり、となるとTTも朝練も今年が最後であろうことに気づいた。朝練ITTで一度も大台に到達しないままでは悔いが残るので、今日は一本全力。結果ギリギリで達成したので、もう思い残すことはない。さらば、朝練!!明日は全力でTTTサポートします。

[] 16:54

6/1 ローラーメディオ hiit

試験終わりました。TT気合い入れていきます。

[] 18:35

3本ローラー流し 30min

[] 19:21

火曜日 朝練と筋トレ(with一木と西田)

水曜日 HIIT

金曜日 ペース走(朝練スポットと家の往復)

今日の練習は風が強くて大変だった。本番は風がないといいなぁと感じました。

[] 19:48

昨日 ローラー流し

今日 乗っただけ

あとはよく寝るだけ。足は軽い。今日は高校の親友とオシャレにカフェってきたので明日の調子は最高だろう。

支えてもらった多くの人への感謝はもちろんたくさんあるのだけれど、誰かのためとかそういうことは考えずに自分の限界をただ出し切りたいと思う。そして4人のメンバーの限界もしっかり引き出していきたいと思う。生駒さんはサバイバル生駒だし、こういっちゃんはプロだし、長岡はこれのために相当合わせてきてくれたし、本当にいいメンバーが揃っている。柿木さんの配分は非常に素晴らしいけど、現場レベルで引き出すのは僕の仕事。自分の限界とチームの限界を引き出すことだけ考えて、明日は走り抜きます。

サポートの皆さん、明日だけは王様をやるので宜しくお願いします。応援してくれる方、ヘルメットで聞こえないので盛大に叫んで応援をお願いします。ただただやり抜いて、その結果恩返しになればいいなと思います。

f:id:ut-br:20170523095551j:image

[] 21:42

パワマソリア

中間試験の鬱憤を晴らした

[] 00:02

6/2 朝練、整備

朝練は全然パワーが出なかった。昨日今日と調子がイマイチで日曜が俄然不安になってきたが、休めば治ると信じるしかない。まずはTTTのサポートを頑張る。

東大、ファイトー!!


2017年06月01日木曜日

[] 17:30

ペダリングに関して追記

昨日の記事に関して少しだけ追加。ペダリングの足首の動きに関しては、アタックなど大きなパワーを出すときに関係あるんじゃないかなと思っていた。トラックマンはアンクリングが綺麗にできているし、例のミッドフットクリートも浦さんが2年前にやっていて、曰く「スプリントとか高ケイデンスがやりにくい」とのことだったので。

下肢の大きな力といえば、僕はバスケをやっていたのでジャンプとかが思い浮かぶ。跳躍の際には必ず足首が動く。これがペダリングと相関はあるのだろうかと疑問に。ということで「ペダリング ジャンプ」で調べてみたところさっくり出てきた。

[自転車ペダリング運動と助走ジャンプにおける最高到達点の関係性に関する研究]http://libir-bw.bss.ac.jp/jspui/bitstream/10693/742/1/178%20中西.pdf

最大パワーと跳躍高には相関があるみたいだ。被験者の足首の動きはわからないけど、どういう動きをしていたのだろう。興味が湧く。でも自分も1年生の最初の頃、ベースに対してスプリントの域は強かったし、うえむーもそうだった。バスケと高強度の相関性はバスケのトレーニング(HIIT的トレーニングが多い)の関係性のファクターが大きいのだろうけど、ペダリングも関係しているかも。

以上が今日の(というか昨日の夜考えてた)雑談。ペダリングのイメージとして股関節の伸展・屈曲運動だと思っていたけど、もしかすると「ジャンプ」というイメージも高強度に関しては抱いた方がいいのかもしれない。今更自分のペダリングを直せる気はしないが笑

[] 23:24

6/1 ローラーメディオ

出来損ないになってしまった。

2017年05月31日水曜日

[] 08:33

朝練

ちょっと疲れが溜まっていて足が重かったが、概ね問題はなかった。長かった朝練期間も今日で終わり、後は本番に向けて心身ともに仕上げていくだけ 40km

[] 08:59

5/30 回復走(ちょっとの移動のみ)

ASTUTOにて自転車の整備をしてもらった。TT頑張ります!

5/31 朝練

ペースを上げたが、みんなこれで大丈夫そう。アクシデントがない限り普通に最後まで行けそう。

なんとまあ、これで人生最後の朝練であった。今後(普通の人生を歩むなら)、3時過ぎに起きて自転車を漕ぐことなどないだろう。お疲れ様でした。

[] 09:55

5/30 朝練

前回の朝練ではDHバーのポジションが全く合っておらずドロハン時よりタイムが落ちていたが、今回はそこそこ頑張れて妥当なタイム。ドロハンの時よりは少しだけ出しにくいが姿勢は悪くなさそう。

普通サドルが30分間ほど刺さり続けていたが、そこまで痛くなかった。本番も普通サドルで大丈夫そうである。

[] 14:44

こんにちは。岩手日報杯を観戦していた方が練習日記の記事をブログに引用してくださっていることに気づいてうれしいです。チームマネージャー植田です。ありがとうございます…!

本日は、ついに今週末に迫ったチームロードタイムトライアルのメンバーをご紹介いたします。写真はすべて昨年度の個人TTから。普段は大学での学年を書いていますが、最近いろいろ部内学年と大学学年がややこしいことになってきたので、今回は部内学年で失礼します。笑

--------

◆生駒亮汰 IKOMA, Ryota 4年目

2014年3月入部

f:id:ut-br:20160529121607j:image

使用バイク:Astuto SL66

主な戦績:

・2014全日本学生選手権ITT クラス3 2位で学連クラス2へ昇格

・ツールド北海道2015 3ステージ完走、総合66位

・2016インカレロード 40位

・2016ジャパンカップオープン2組 14位

「学年がよくわからない」でおなじみの生駒さん笑、ついに最後のTTTです。
神宮の落車による故障で練習を一時中断せざるを得なかったものの、調子は上向きのよう。こういっちゃん曰く「練習できてないのにあんなに強いのおかしくないですか」。笑 本人も練習日記で「悪い状態ではない」と書いていて、最後ということで思い入れもあるよう。他のメンバーと詳細に相談して、きっちり調整しています。当日は気負わずに臨んでほしいと思います。
使用フレームは黒のASTUTO。先日オーナーのTimさんに調整をしていただいており、準備は万全です。

◆秋山浩杜 AKIYAMA, Hiroto 主将、4年目

2014年4月入部

f:id:ut-br:20160529111416j:image

使用バイク:DE ROSA FORMULA KING

・2014年度 浮城のまち行田クリテリウム クラス3  2位で学連クラス2へ昇格

・2015全日本学生選手権TTT 7位

・ツールド北海道2015 ステージ1完走

・2016年度 個人TT24位

・2016インカレロード29位

主将の秋山くんは今回のメンバーで唯一TTT出場が三回目。自分に言い聞かせるように練習日記を書いているところを見ると当日は相当緊張していそうですが笑、もし会場で見かけたら応援してあげてください。
なんといっても注目はそのフレーム、DE ROSA FORMULA KING。スポンサーの日直商会さまが供給してくださり、同じくスポンサーのSport Bikes HiRoadのオーナー・青山さまに組んでいただいたTTバイクです。
「様々な人から助けていただいて、自力ではとても到達できないところまで登って来ています。ここで結果を出し、その先に待っている景色を見たい気持ちでいっぱいです。頑張ります!」

◆井上功一朗 INOUE, Koichiro 3年目

2015年4月入部

f:id:ut-br:20160529112400j:image

使用バイク:DE ROSA Nick

主な戦績:

・2016RCS#3 大町美麻ロードレース クラス3  3位でクラス2に昇格

昨年のこの時期から急速に強くなったこういっちゃん。ロードカテゴリ昇格、インカレへの出場などを経て、今では部を引っ張る立場になりつつあります。
普段はBHに乗っていますが、TT二戦にはかつて金子くんが乗っていた日直商会様供給のDE ROSA NickをTT仕様にして出走します。TTサドルがなかなか合うものが見つからずに苦戦していましたが、Sport Bikes HiRoadのサドルテスト・サービスのおかげで解決(宣伝でもなんでもなく、本当に良いサービスです)。
練習日記の頻度は低いですが笑、きちんと練習してポジションもしっかり煮詰めてきました。初のTTT参戦となりますが、「脚質的に僕はチームTT向きなので」という本人談の通り、しっかり牽引してくれると思います。

◆長岡能活 NAGAOKA, Yoshikatsu 3年目

2015年4月入部

f:id:ut-br:20160529112214j:image

使用バイク:KhodaaBloom Farna 5800S

主な戦績:

・2016けいはんなサイクルレース クラス3 3位で学連クラス2へ昇格

入部時に東大内で下火になりつつあったトラックにもっと取り組むことを主張し、トラック班長として練習を提案してきた長岡くん。最近急速に力を伸ばし、指標によっては部内で一番になるまでに。練習を引っ張る姿も見られ、「もっと皆さんに楽しんでいただけるようなレースをするためにさらなる努力を積んでいきます」という練習日記の言葉からも上級生としての自覚がうかがえます(こんな書き方をするととても上から目線ですね笑)。
チームTT、個人TT、個人ロードと連戦になるうえに試験が重なる日程で、大変であることは間違いありませんが、しっかり調整に入れているようです。

--------

全員がフロントはASTUTOのTTホイールにMichelin power、後輪にMichelin pro4を履いての出走です。スポンサーの皆様に支えられていることを、本当に実感しています。

良い結果をご報告できるよう、選手・スタッフともども最後の調整に入ります。どうぞ暖かいご声援のほどお願い申し上げます。

[] 15:39

朝練

23時過ぎには寝たのにやたら眠くて調子がイマイチ。ちょっと上の強度を試したけど、やってる最中は無理でしょwって感じだったが、少し修正してなんとかほぼ完遂。1本目最後でタイヤがバーストしてしまって2本目は無し。しかし帰って思い返してみればいける気がしてきた。帰って落ち着いてみれば今日の練習は「疲れた」ではなく、ただ”眠かった”だけな気がするので、しんどくはなかったように思える。本番はきっといけるはず。

帰ってよくペダリングを見てみた。最近twitterで流行りのスクワット型・デッドリフト型で言うと、ペダリング時にあまり足首が動かない僕は間違いなくDL型なのだが、力は3時で綺麗にピークが出ていてそれなりに美しい曲線になっている(詳しくは今月のバイシクルクラブを買うか、ハムスタースピンに行くか、福田昌弘さんのブログ・twitterを見るかどうぞ。ステマをしているわけではございません笑)。

f:id:ut-br:20170531153640p:image

※縦軸のフォース値は0だけ残して他は隠しています。

クリートは結構後ろに下げているが”ミッドフット”と言えるほどではないので、他の筋肉で修正しているのだろう。今更SQ型を目指すつもりもないし、DLでも強い選手はいると思うのであまり気にはしていないが、どこの筋肉で修正しているのか・ポジションやパーツでどんな補正が生まれるのかは煮詰めてみると面白そう。股関節の進展の際に足首を動かすことが自然な動きだとするなら、どこかで無駄が生まれているはずだから、それを突き詰めることでより速くなれるのだろう。4kmIPとか本気で狙う人はやったらいいかも。

さて、これでひとまず学生TTへの練習はひとまずおしまい。あとは結果を出すのみ。ある程度頑張ればどんな強度でやっても死にそうになるのだから、攻めるしかない。体の限界より先に心の限界がいつも来るのだから、それをぶち壊すのみ。柿木さんの設定を信じて、やりきろう。

p.s. 植田に練習日記でさえもいじられたので追記。出走前は緊張しているのでツンツンしてください笑。僕はピリピリすることはないのでお気軽に声をかけてくれると助かります。いつかのTTでOBの謙太さんが「オランジーナ飲むか?飲むか?」と絡みまくってきたのは実はgoodなのです笑

[] 18:18

河川敷往復

行きはペースで、帰りは時々ソリア。今更TTポジションでの踏み方がわかった気がする(速くなるとは言ってない)。

5月は計1500km乗れて、某解析ソフトの数値的にもいい感じになり、かなり充実していた。6月は梅雨、7月は学期末と難しいところもあるが、このペースを維持していけるよう頑張りたい。

[] 20:40

ローラーソリア

そのままいっても垂れそうだったので後半2本は負荷を下げた。

[] 21:55

5/31 神奈川県某所でメディオ(?) 55km

二度寝の誘惑を振り切って4時起き朝練、某所で実走メディオ(のつもりでスタート)。

普段のポジションと違うせいか、お尻周りに集中してかなり昨日の疲労が残っている感じがして全然踏めずメディオではないものになってしまった。また練習場所としてもあまり良くなくてあまり集中できなかった、別の場所を開拓しなければ…

まあポジションに慣れるためと考えてとりあえず良しとする。

[] 23:29

5/31 ローラーメディオ

ちょっとサドルを下げてみたらいい感じになった。

2017年05月30日火曜日

[] 10:16

おはようございます。学連非公認(!?)フォトグラファーの深井様に撮って頂いた先日の修善寺ロードの写真で、補給を渡しているところが写っていてうれしかったです。チームマネージャー植田です。たぶん初だと思います。だいたいわたしがカメラマン兼任なので、自分がサポートしているところの写真はないんですよね…笑

先日選手がASTUTOのショップに伺い、TTT用の特別ホイールを受け取ってまいりました!ご紹介します!

f:id:ut-br:20170530093230j:image

・厚めの断面形状、ASTUTOで最も空力のいい86mmのリム

ちなみに斜め方向からの風なら実験データ上100mmに分があるという結果が出ていますが、例年利根川ではほぼ横風はない(風はかなり強いですが、進行方向が主です)ことからこの選択です。

・左右のフランジ間隔が狭く、かつ細身のハブを使って、スポーク、ハブの受ける風を減らしている

フランジというのはハブから出てスポークと繋がっている板のような部分。空力性能への配慮が行われています。ハブのフランジ間隔が狭いため、左右方向の剛性は低くなります。その分クリテリウムなどには向きませんが、TTでは大きな力を発揮するホイールです。

リムテープは転がり抵抗をさらに減らすため粘着タイプのもの

ホイール本体のみならず、リムテープにもこだわっています。まさにこのレースに向けて考え込まれた、戦うためのホイールです!

・カラー

以前3月ごろ伺った際、カラーについても「I'll paint them blue, Todai color!!」(うろ覚え)というようなことをおっしゃっていて、見事に淡青のスクールカラーのモデルにしていただきました!ちょっとしたことですが、一気にかっこよくなりますね…!ありがとうございます。


このホイールを全員が履いてチームTTに出走します。もちろん翌日の個人TTでも使用します!ぜひご注目ください!

明日か明後日にメンバーのご紹介もいたします。お楽しみに!

---

We recieved new special TT wheels made by ASTUTO!

! 86mm wide & thick rim; best for Tonegawa-river side wind condition

! narrow space between flange joints & slender hub; focus on TT

! adhesive rim tape; low rolling resistance

! blue logo; the school color of the University of Tokyo

Thank you Tim! We'll do our best!

---

追伸1

先日、スタッフミーティングを開催しました!

f:id:ut-br:20170530093225j:image

女子メンバーが一人じゃないなんて…と感動してしまいました。笑 新スタッフの二人はTTTが初サポートです!

追伸2

部員紹介の更新が始まっています!写真も今年度のものに更新しました。

http://utbr.sakura.ne.jp/wordpress/?page_id=2

新入生が、多いです!笑

おそらくITTまでには新入生分もアップされると思いますので、ぜひお暇な際にチェックしてみてくださいね。

[] 11:58

朝練 ローテ、30分TT

ローテ練までは動いていたサイコンが急に反応しなくなり、ITTは完全に職人技のカンピュータ頼り。後半でタレたものの、悪くはないタイムであった。とはいえMr.14分30秒には敵わない。

[] 14:07

ローラー

TTバイク固定ローラーは無理

[] 16:11

5/29 レスト TTポジション初めてでかなりこわかったので家の近くの空き地で8の字練習、20分ぐらいグルグルしてたらこわくなくなりました。

5/30 朝練

ペース走+ ITT2往復

Mr.14分30秒という名誉なのか不名誉なのかよくわからない呼ばれ方をされています笑

TTポジションにして初の練習。なかなか使う筋肉が違って難しかったが、ITTタイムはまあまあ。貫名にぶち抜かれてからある程度以上離されないのを目標にかなり頑張れた。最初からひとりで追い込めるべきではあると思うが…結局最後まで岡野に勝てず、今回も6秒差の負けである。

もう少しポジション煮詰めていこうと思う。

p.s.貫名に敬語違和感あると言われたので、今後生駒さん以外にはタメ語&呼び捨てで話します笑(一応四年生なので笑)

[] 16:44

朝練+ソリア

ローテ練の後で2往復ITT。普通に後輩たちに完敗したので、修善寺で上がれて本当によかったとしみじみ思った笑。時間が長くなると集中力が保てず出力が乱高下してしまうので、本番はそうならないよう注意したい。

岡野が速くて、もはや自分は基準を切っても団抜きメンバーになれない説が浮上したが、今考えるべきはとにかく基準を切ることなので、TTポジションでのソリアを挟みつつ帰った。土日のもがきのダメージで全然出なかったが…。

[] 16:52

5/30 朝練

チェーンのいざこざで遅刻しペース走無しでTT練。土日の疲れが少し足に残っている気がしたが、今までのベストタイムのペースで2往復出来たのでよく走れたと思う。とはいっても他の1年の成長も著しく、負けているのは悔しい。

練習後本郷にて先輩に面倒をみてもらいつつステム交換などなど。締めすぎで曲がらないハンドルが完成した時は流石に笑った。危なすぎるので整備は慎重にします。

[] 17:11

土曜

V坂

日曜

恩方

激坂で毎回千切られてしまった

火曜 朝練

ステムを下げすぎた気がするような、、、

あんまり力が入らなかったような、、、

ローテ練に参加出来なかったので追加1.5周

[] 18:16

朝練

落車後、先週平日一杯乗らず、そして先週末一気にロング練二連続だったものだから、非常に足が重く、いわゆるバットデーだった。ITTで、負けられない戦いをなんとか3位で切り抜けられたことだけが幸い。今日は理由のある足重だったので、気にせず週末にかけて調子を上げていこう。

[] 18:46

昨日今日で疲労はさよなら。TTバイクにパイオニアをつけて色々。できないと思ってできることなんて、そうそうない。できる、絶対できる。柿木さん水準の秋山になる。

[] 22:24

朝練+筋トレ

朝練に向かう途中に青ジャイアントのチェーンが切れるアクシデント。家からも練習場所からも遠くてどうしようもなく、絶望していたところにたまたま菅家が登場。しかもなんと偶然にも新品のチェーンを持っていた。奇跡。さらに心強い経験者の響が来てくれたので割と迅速に新しいチェーンに付け替えることができた。二人の救世主に助けられました。二人ともホントにありがとう。

チェーンが新しくなったおかげで変速もうまくいくようになった。今日のITT練で自己ベストを出すことができたのも少なからずチェーンが新しくなったおかげだと思う。

朝練後は毎週火曜日恒例の筋トレ@二体。今日は西田と依田と。いつも通りハードだった。西田も依田も割と筋肉マンなので追いつけるように頑張りたい。

その後、シャワー棟でチェーン交換の際についた汚れをしっかり落としてから、駒場図書館のPCで自分の部員紹介のページを書きました。大したこと書いてないので読まなくていいです笑

[] 20:46

5/30 朝練+筋トレ

テスト勉強で寝るのが遅れ寝坊、朝練20分遅れ。猛省してます。ITT練でベストタイムを大幅に更新して嬉しかったが、まだまだ周りに追いついてないので悔しさも残る。朝練の後には一木と依田と二体で筋トレ。ギリギリまで追い込めたので満足。

[] 23:11

朝練、集団走行、ITT連

タイムがしっかり落ちててかなしい

[] 23:40

5/29 
エモンダをtt仕様にしたがレギュレーションを満たすのが意外に困難で、試行錯誤していたら一応うまくいった。あとついにガーミンが来た。

5/30 朝練
今日も今日とて絶対に負けられない戦いがそこにはあったので、気合いの入る朝練であった。まあ実際はなんやかんやでちょっと不本意ではあったが、勝ててよかった。これで絶対に負けられない戦いには2連勝しているので、この調子でITT本番も頑張りたい。
ポジションがまだぜんぜん煮詰まってないので、体のあちこちが痛くなった。
時間がないので早急に煮詰めねば。

2017年05月29日月曜日

[] 09:03

恩方

土曜の夜に整備で色々やらかしてしまい、全然睡眠時間が取れなかった。朝からしんどく、休もうとも思ったが、さすがにそれは違うので気合で参加。足も回らなくてもうどうしようもなかったが、周回では激坂をガン踏みしてなんとか先輩の面目を保つ作戦に。どうせ頂上で一番遅い人を待つので、グループがばらけるとかいう弊害はなかったので。

日曜はとても早く就寝したので、今は完全回復。

[] 11:28

恩方

土曜日の影響で全くトルクが出ずDNF。平坦はいい感じに足は回るのだけれど、登りが異常なほど踏めなかった。調子はいいけど疲労が取れない。2週間のお寝んねは地味に痛いのか、それとも昨日の追い込みがやばかったのか、分からないけど原因がはっきりしない疲労にとても心が辛かった。圧倒的な筋肉が欲しい。筋肉教信者募集中。

夜ご飯には筋肉のために肉を食らった。いつも鳥ばかり食べているので、いつぶりか分からない牛は非常に重かった。まだ21歳。

[] 12:45

5/27 v坂 団地

v坂プログレは最後のもがきで山本さんがものすごい勢いで吹っ飛んでいく。出力がすごい。

団地は毎回かなりもがけた。

5/28 恩方

朝移動中に何か踏んでタイヤが裂けた。悲しかった。チューブ交換してみたものの、空気を入れてみると走ったらすぐパンクしそうな感じ。なんとかこれで帰るかと思っていたが、新谷にタイヤを持ってきてもらった。とてもありがたかった。

修理後は新谷と恩方までかっ飛ばして移動。移動でここまで頑張ったことは今までないかもしれない。

行きの移動で頑張ったせいかペース走が思ったよりキツく、帰りの移動も止まりそうなスピードしか出せなかった。

練習量は実はそんなに多くないみたいだが、体感は長い1日だった。

[] 16:41

5/27 小山田ペース,インターバル
インターバルがつらすぎた。だがピークは更新できたのでよかった。

5/28 恩方ペース,インターバル+大垂水
ペース走はよく足が回ったし、かなり調子は良さそう。相変わらずインターバルはつらい。大垂水では、練習が久しぶりすぎて練習にお金を持ってくるという発想が全くなかった生駒さんに、久々に千切られて悔しかった。

[] 22:08

土: 小山田3周半+もがき

なぜかやたらと調子が悪かった。暑さにまだ慣れていなかったのかもしれない。周回も途中でやめ、もがきも途中でやめて帰宅した。

日: 恩方3+もがき+大垂水 125kmとか

行きたくないと思いながらルーティンで家を出たが、なんと調子が良かった。サドル高が前の日は合っていなかっただけかもしれない。

恩方の周回はかつてないほど踏めた(TTサドルの恩恵かもしれない)。もがきはいまいち出力が出なかった。最後の大垂水は向かう途中は足が重くて仕方なかったが、やってみれば意外と出た。井上が悔しそうにしていたので帰りは足が軽くなって帰った。

全体練はなんと神宮前の春合宿以来だったが、メディオ系はそんなに弱くなってなさそうだったのでひと安心。ただし、やはり高強度系が落ちていると思われるので、個人ロードに向けては少ししか時間がないが練習が必要か。神宮で落車するまでは本当調子が良かったのにと思うと残念だが、終わったことは仕方ないからなるべく忘れたい。ソリア以下で推移するTTTに向けては、そんな悪い状態ではない。

まあロング練としては大した量ではなかったんだけれど、帰ってからの夜に体が妙に熱い感じとか、月曜にやたら腹が減る感じとか久しぶりで懐かしい。

[] 22:27

ペース走 45km

通勤を活かしたペース走。今日の目標は信号待ちからのスタートで全力踏み。信号の度にガンガン踏むので結構良い運動になった。やはり重いバックパックは首と肩に来る。

[] 22:57

5/28

前日の練習の疲れが取れず途中で完全にくたばってしまった

スプリントの練習ではもう少し回転数を上げていきたいと感じた

2017年05月28日日曜日

[] 19:37

土日でロング練

ただただ疲れた。そして災難の多い土日だったが、よい経験になったと思う(先輩方ご迷惑をおかけしました)。

これからも頑張ります。

[] 19:20

新入部員の西田です。よろしくお願いします。

5/27 V坂

5/28 恩方

体力を全部使いきりました。坂が本当にダメなので練習を積んで行きたいです。実力不足を切実に感じたので今回で学んだことを糧に練習していきたい。

[] 16:52

5/27 ロング練

V坂に初めて行った。練習場所の中では家から近いほうなので平日暇な時に行ってみようかなと思った。内容自体もハードであった。

5/28 ロング練

恩方の周回。登りですぐ千切れてしまうの悔しすぎるので早く改善したい。昨日今日で平坦よりも坂の方が苦手と感じた。強化します。

初の土日両日練習で想像以上に消耗した。明日はしっかり休養日にしたいと思う。

[] 17:33

5/28 恩方

1年生もいてペース走が抑えめだったので毎周ソリアをしたが、さすがにアホだったかもしれない。とはいえ、全部垂れる事なく出来たのでよし。ソリア中の呻き声を前のグループに聞かれてたようで恥ずかしかった。笑 

今日は「1年生を死なせる練」と銘打っていた訳だが、宣言通り次々と死んでいく様は見物であった(爆)。 1年生は土日でガッツリ乗ったのは初めてだと思うのでちゃんと休みましょう。休息も大事です。

[] 19:16

5/28 恩方3周、もがき、大垂水、ローラーメディオ

恩方3周:一木、河村、土屋と。かなり脚の差があったので、ほぼ引いたが、ブチブチキレてなんだかITTのような感じに…1.3周目は坂で良い感じにソリアをできたのでよしとする。最終周は千葉さんが合流してくれたのでキツかった。

もがき:午後は恩方で生駒さん井上さんともがき。このくらいの時間だと出力、追い込み度ともにまだまだダメダメだったが、少しずつもがき方みたいなものがわかってきた気がしなくもない。

大垂水:そのまま生駒さん井上さんと3人で大垂水へ。体重差もあり、序盤のゆるい勾配部分の井上さんの引きがかなりキツかったがなんとかついて行って、自分も少しではあるがローテに加わって前を引けた。残り600mくらいから生駒さんがペースを上げ始め、ツキイチで頑張ったが直ぐにちぎれて、カスカスの脚でなんとか登りきった。それでも今まで登ったタイムの中で一番早かった気がする。よく追い込めてとても良い練習になりました、ありがとうございました。

帰りは生駒さんに全引きしてもらって帰宅。

午前の練習が不完全燃焼だったので帰宅後ローラーメディオ。なんだかんだ疲れていて最初の1本目から出力の割にめっちゃきつかったが、ギリギリ許容範囲内。ラスト1本は最初の1本から10W落ちで完全に垂れた。

休んでまた練習頑張ります。

[] 19:25

5/27(土) V坂&団地 50km

V坂キツかった。ソリア域が全然ダメ。呼吸がうまくできていなかったように思える。

団地もキツかった。精一杯もがいた。最後のもがきで土屋にまくられたのが悔しい。

5/28(日) 恩方 130km

ペース走は付き位置でついていくのが精いっぱいで、激坂では先輩方に毎回圧倒的な差をつけられた。最後の周回は完全に限界を超えていたので良かったと思う。ほぼ死にかけだった。

土日の疲労がハンパなくてもう休みたいが、今週の中間試験対策をするためにもまだ寝るわけにはいかない。とはいえ疲れには抗えない。寝る。

[] 21:21

恩方 ペース、インターバル、ペース

昨日もがきまくったダメージが大きく、最初のペース走の段階でかなりしんどい。もがきも昨日-100wとかしか出ないので、諦めて後半は下級生とのペース走に参加。新谷がいいペースで引くのでこれも結構キツかった。その中で響はよく最後まで着いてきたと思う。

本当は2年生と大垂水にも行く予定だったが、帰宅が19時を過ぎそうだったので回避。数字的には2日間で相当頑張ったのでまあよしとする。と思ったけど安西さんを見ているとそうは言ってられないので、今週平日ヒマなぶん頑張ろうと思う。

[] 22:36

5/28 恩方

前半は下りでペースが上がらなくて休みすぎ、今一つ追い込めず。


後半の序盤で段差を越えたときにボトルを吹っ飛ばし、平山さんの目の前に投下してしまった汗

平山さんすみませんでした。

ボトルを回収して一人で走っていたら秋山さん達がもがき練をしていたので、そちらに合流して平山さん達が来るのを待つ作戦。

ところが、もがきのレストをしているうちに目の前を平山さん達が通りすぎてしまい、あちゃーと思っていたら、なんと秋山さんが牽いてくださることに...!

秋山さん変速のタイミングうまいなあなんて考えながら頑張ったらあっという間に追い付いて無事合流できました!

秋山さんありがとうございました!!

その後は激坂と下りをこなし無事終了。

来週はITTなので体調維持しつつ頑張ります!

[] 22:39

戸塚×5

勉強がひと段落した夕方に出発。汗がしっかり出て、登りのキレもあり調子が良かった。単独走行にも関わらず途中まで昨日を上回るペースで快走していたが、ラスト1周で垂れて結局昨日と同タイム。インターバルをやろうとしたが、ライトが無いので帰った 70km

[] 23:28

恩方

今日もたくさんの伸びしろを感じた

[] 00:37

ローラー台 メディオ

昨日達成できなかった数値を達成。ローラー台での自己ベスト更新。

2017年05月27日土曜日

[] 14:39

戸塚×5→インターバル

テスト前でロングに行くと大学生活がロングになりかねないので、自宅近辺で練習。先輩の強権を利用して新谷を招集

周回は2人ということもあるので平均的に上げるというよりは、登りでソリア域からさらにその上ぐらいの強度でガシガシ上げていった。本当は7周する予定だったが汗が出ず体に熱が溜まっていく感じで気持ち悪くなったので5周で離脱。新谷はしっかり7周していた。素晴らしい。その後インターバルで出し切って終わり。

新谷来てくれてありがとう 75km

[] 16:11

5/27 多摩でインターバル(V坂メニュー、団地坂もがき) 45km

家から10分でV坂につきました笑

V坂:ソリアはどのくらいのペースで持つか分からなかったが、なんとなくわかってきた。次はもっと食らいついていくようにしたい。SFRも混ぜさせてもらったが、体の使い方など勉強になった。プログレでは最後山本くん千葉さんにぶち抜かれて悔しかった。もっと速くなります。

団地坂:もがき。短時間でギアの選択や上半身の使い方、脚の回し方などイロイロと難しかった。特に岡野さんの初めの加速で一気にはなされたしまったのが反省、はじめから一気にスピードを上げるのが難しい。またケイデンスを上げてもがけないのも直さなければいけない。

後半になるほど速く登れるようになっていたのでまあとりあえず良しとする。

V坂も団地坂も家から近く、平日でも走れるので今日の練習を参考に自分でもやってみようと思う。

[] 17:00

5/27 V坂、団地

V坂は最初頑張りすぎてメニュー中盤で失速した。プログレはやはり苦手意識が強い。強度変化に対応できる脚をつけたい。

団地では一応尊厳を保てた。安西さん山本さんはベースがあるので、これから高強度域が強くなっていくことを考えるとおそろしい…

偶然、ブッシュネル・アウトドア・プロダクツ・ジャパンの松下様にお会いしました!bolleなどを卸している会社で、僕はヘルメットとアイウェアでお世話になっています。(ヘルメットは松下様と色違いです。笑) bolleの the one というヘルメットですが、空力とデザイン性に優れた製品でとても気に入っています!これからもよろしくお願いします。

[] 18:18

小山田 ペース走とインターバル

インターバルはひたすらにもがいた。もがきは個人的に練習していたので、クソザコから少しは張り合えるくらいに成長しており、特に反復能力に向上が見られた。一発も上がってはいるがまだまだ及ばないし、今後ロードレースで戦うにはこの領域がないと残れないので、引き続き強化していく。

[] 18:37

戸塚7

長岡さんに誘われて戸塚へ。とてもいい所だった。怪我明けだったが痛くもなく、走りも問題ない感じである。事情により最後のスプリントは無し。来週上旬には解決するように手を打ってあるので、今日明日だけの我慢。

[] 19:05

小山田 周回とインターバル

久しぶりに慶應を見てテンションが上がった。特に荒川は本当に久しぶりで、相変わらず胴が長くて最高だった。あった瞬間めちゃくちゃはしゃいでしまった。なんか元気をくれる人である。

周回はそれなりの出力が出ているのに全然しんどくなくて、復調を感じた。足がどんどん上がってくる感じ。一方インターバルは1本目にピークパワーを更新するペースでドカンと突っ込んだので(実際に結構更新していた。嬉しい!)、後が死に絶えながらの地獄メニューだった。この後もちょっとやる予定だったけど、明日のこととか今日の予定を考えて終了。というか1本で全て持っていかれた感じしかしない。

明日はもう終わった、と思っていたら帰って寝たら元気になってきたので明日もぶっ飛ばす。

[] 21:05

V坂、団地

V坂のもがきで1分のピークパワー更新したが、団地はもがいてもあまり力が出なくて微妙な感じ。

脇腹の痛みに体幹の必要性を感じる...


ITTに向けてメディオ域を強化しようと思いつつ、短時間がんばる方が楽しいし達成感があるというジレンマ(笑)


明日もがんばります。

[] 23:20

5/27 某坂での練習

いろいろあったため約二週間ぶりの実走

持久力不足を思い知らされた

登りのみの練習の為だいぶ膝にきていたのでしっかりケアをしていきたい

[] 23:48

V坂、団地

伸びしろを感じる1日であった

[] 16:48

ローラー台 メディオ

久しぶりに練習らしい練習が出来た。ただし、目標値未達成。出来損ないになってしまった。

2017年05月26日金曜日

[] 18:27

いつも本当にお世話になっている日直商会様より、TTバイクを貸していただくことになりました。DE ROSA唯一にして最高のTTバイク、FORMULA KINGです!

f:id:ut-br:20170523095551j:image

本当にこれを言いたくて言いたくてうずうずしていました!これからの学生チームTT、学生個人TT、全日本U23TTの3戦で使用させていただきます。日直商会のみなさま、このような最高のフレームを貸していただき心から感謝しています。この3つの試合で結果を出しますので、応援よろしくお願いいたします!

****************

いろんな自転車に乗ってきたわけではありませんが、感想を少し。

この自転車でDHバーを持つと、今までの出力と速度の感覚が崩壊します。TTバイクを今まで舐めていました。本当によく伸び、止まらなく、よく進みます。

形状に関しては空気抵抗を減らすためにどこまでも扁平。ヘッド周りの空気抵抗を減らすため、ヘッド径は通常の1-1/8インチではなく1インチです。このあたりは金属フレームの名品を作っているDE ROSAらしさを感じるポイントでもあります。違ったらごめんなさい!笑

フォークやシートステイも明らかに空気抵抗を減らしてもらっている感覚があります。この速度ってこんなに踏まなくてよかったっけ??と意味がわからなくなるほど速い。

フレームの硬さとしては確かに硬いです。でも硬い芯を持っているものの、踏んだ直後からガツンとくる硬さではなく、しなやかさを持って伸びる、そんな感覚です。以前乗っていたKogaはガッチガチの硬いフレームで、1を入力するとその瞬間に1出力されるようなフレームでした。この硬さは悪くはないけれど、アスファルトを蹴っているような硬さでもあって、しなやかでは全くありません。

FORMULAは違う。硬いカーボンを使っているのでしょうが、それを包み込む柔らかさがあります。「硬い」という表現ではなく「伸びる」という表現がぴったりのフレームです。

****************

このような最高の機材で試合に挑めることに非常にワクワクしています。様々な人から助けていただいて、自力ではとても到達できないところまで登って来ています。ここで結果を出し、その先に待っている景色を見たい気持ちでいっぱいです。頑張ります!

f:id:ut-br:20170523095726j:image

[] 18:20

5/25

駒場でパワマ

5/26

筋トレ

アメフト部のマッチョさんたちがハアハア言ってる中、俺みたいなのが混じっているとなんか申し訳なくなる

[] 23:35

ソリア

昨日、雨で朝練に行かず、結局バタバタしているうちに1日が終わったので、代わりに今日練習した。本当はメディオもするつもりだったが、ローラーを家まで運ぶので力尽きたので少なめ

[] 00:25

更新滞ってすみません。

5/23 dhバー換装

初めてやったがすんなりいった。

5/24 ローラーでポジション出し

あくまで仮。実走して修正していく。

5/25 朝練DNS,ローラーメディオ

起きたら雨が降っていて、しばらくしたら止んだので家を出たらまたむっちゃ降ってきた。仕方なくローラーに乗ったが、蒸し暑い中汗ダラダラでつらかった。

5/26 筋トレ

結局まともに実走できないままドロハンに戻ってしまった…

2017年05月25日木曜日

[] 10:47

おはようございます。選手の人数が増えたので練習日記を読むのが毎日楽しいです。チームマネージャー植田です。

さて!今回は!ビッグニュースです!!

f:id:ut-br:20170521202229j:image

DE ROSAのフレーム。いつものNickではありませんね。

f:id:ut-br:20170521202251j:image

TT仕様、ということは…?

f:id:ut-br:20170521202213j:image

そうです、DE ROSA FORMULA KING。TTバイクです!!


f:id:ut-br:20170523095551j:image

今回、当部スポンサーの日直商会様より、主将の秋山浩杜にこのFormula Kingを貸し出していただけることになりました。DE ROSA唯一のタイムトライアルバイクであるFORMULA KINGは、特徴的なリアブレーキなど、空力性能と機械的性能を両立したレース用マシンです。

6月3日の全日本学生選手権チームタイムトライアル、翌日4日の全日本学生選手権個人タイムトライアル、そして24日の全日本選手権タイムトライアル男子U23にて使用させていただきます。6月のタイムトライアルの連戦を、このバイクで戦い抜きます。どうぞ応援のほどお願い申し上げます。

---

このフレーム、「戦闘用」といった風情で、ものすごくかっこいいんですよ…!!!(私情まるだしですみません…笑)

特にフォークのあたりがかなりかっこよくて、

f:id:ut-br:20170523095408j:image

薄くて、なんというかうまく表現できないのですが、風を切り裂くような形をしているんですよね…!

f:id:ut-br:20170523095422j:image

あとはシートステーの形が!!かっこいいです!!!

f:id:ut-br:20170523095648j:image

もちろん性能は言うまでもなく高いです。ここにMichelineのタイヤ・powerを合わせて履くと、秋山くんに言わせると「こんなに楽でいいんですか!ってくらい進むんやで!!」だそうです。わたしもそれを実感できる身体能力を持ちたかったですね…うらやましい…

インプレッションは秋山くん本人から更新されると思いますので、お楽しみに!

[] 08:29

朝練

がっつりめ。しんどいけど死なない、死ねない。途中で一箇所減速から踏みなおしたところからちょっとしんどかったけど、3ローテくらい引く時間を減らしたら復活。イエローゾーンだけどレッドには行かないという生き殺しの刑であった。

[] 08:36

朝練

なんだか脚が重くてクソザコナメクジだった。一木がいたので雨の中行った甲斐があった。

[] 10:30

朝練

雨の中激走。チーム全体として中々良い仕上がりになって来ていると思う。自分自身に関しても配分その他諸々ベストに感じた。あとは本番に向けてコンディションをしっかり整えたい 60km

[] 12:21

火曜日 朝練(ペース走のみ)

水曜日 足の調子がちょっと嫌な感じがしたので練習なし

木曜日 ソリア HIIT

来週の朝練のTTではベストを出したい

[] 14:16

5/23 朝練

体調も万全で挑んだTTでタイムが出ず、とても悔しかった

5/25 ソリア HIIT

ので今日こそはと朝練に行こうと思ったが雨で中止に。一コマしか入っていない授業も休講になりまさかの全休。しっかりパワマ。前まで垂れていた強度で最後まで踏めたのが嬉しい。

[] 14:21

5/25 雨 朝練の代わりにローラーメディオ

いい感じ。練習再開後のピークパワーを大幅に更新できて、以前はソリア域くらいまで爆上がりしていた心拍にも少しずつ余裕が出てきた。

ローラーメディオは日に日に少しずつではあるが出力が戻ってきているのを感じられるので(始めるまではとても億劫だが…)まあ楽しいし、自信になる。

まだ行けそうなので次にメディオやる時にはさらに大幅更新したい。

[] 16:50

5/23 朝練 TTT+ITT

秋山が復活してフルメンになったので(といっても僕も2回目でしたが)、かなり楽になった。TTポジションもだいぶ漕ぎやすくなった。ITTはましにはなったが、相変わらず遅かった。

5/24 20km移動のみ

5/25 朝練 TTT

雨が降っていたので文明の利器で練習場所に行ったが、準備して家を出るころには小雨になっていたのでやや無駄だった感はあるが、まあ雨はずっと降っていたし、風邪を予防するためにも文明の利器はこういうところで使うものだと考えればよしである。

練習は火曜日と同じ配分でやったが、僕が一人配分が少なすぎて余裕だった疑惑。まあ改善していきましょう。TTポジションや後ろにつくことは結構慣れてきた気がする。

何が無駄かというと、学校に間に合うために家までHighwayを使って帰らなければならなかったことである。それでもぎりぎりだった。間に合ってよかった。

まだ練習習慣が戻っていないという感じなので(大好きだったはずのローラーとかいつからやってないんだ…)、ちゃんと戻して、ちゃんと体力を戻して、TTTから個人ロード、全日本選手権に臨みたい。今年で終わりなんだから。

[] 17:17

ローラー メディオ、短ソリア

TTのポジション出しを兼ねて。しかしやはりローラーが苦手なのかメディオは実走より全然出ず。一方でソリアはわりと良かった。個抜き基準切りという義務が残っているので、この機会にソリアも頑張っておこう。

[] 20:13

5/21 修善寺オープン DNF

膝の問題で練習量が落ちていたので、走るまでどうなるかわからない状態でのスタート。ニュートラル解除後は学連レースにありがちなアホやろと言いたくなるようなペースになることはなく、ダラダラ走っているうちに逃げが決まったらしく、そのあとも時々誰かがペースを上げようとするものの誰もそれに続かず、ゆっくりしたペースでレースは進行。とはいえ練習できていないことがじわじわと効いてくる感触があり、8周目あたりで脚が怪しくなってきて、9周目で千切れ、10周目の秀峰亭の途中で右脚が攣って動かなくなり、そのままそこでレースを終えた。

他の選手もそうだったようだが、急な暑さに対応できず、水分を摂っても吸収されずに胃に溜まっていく感触があったので、これは夏に向けての課題である。膝の問題は快方に向かっていることが分かったのは収穫だった。

秀峰亭で介抱してくださった皆さんありがとうございました。

5/23 朝練

ローテ練は響、颯希と(一木を置き去りにしてしまった)。ペースが速くそれなりにきつかった。ITTは追い込んだもののいまいちなタイム。

5/25

ローラーインターバル。メディオはいつものペースではじめるといつまで経ってもきつくならないのでギア一つ上げて、めでたくピーク更新。

[] 21:08

雨で朝練に行かなかったので、大学から帰ってきた後多摩川でペース走(多摩サイではありません)

初TTポジションだったがそこそこパワーは出た。

ただ、ペダリングが窮屈なので調整したい。

[] 23:23

5/24 筋トレ

5/25 ローラーメディオ

DHバーを握りながらにしてはかなり出た。終わった後お尻は痛かった。

[] 07:50

朝練

小雨の中、加藤さんと二人でローテ練。なかなか前を引けなかったし、最後ちぎられてしまったのでまだまだダメだと思った。

駒場で何かしようと思ったが、全身も自転車も泥まみれで何もやる気が起きず撃沈。自転車の泥を拭き取りながら、ソリア中の依田を煽って終了。雨の日は嫌だ。

2017年05月24日水曜日

[] 08:37

読売ランドに参拝する予定だったが、体がなぜか重くて重くて途中で引き返しDNF。朝から気持ち作れないまま頑張って家を出てきたけど、こんなに低出力なのに踏んでいる感覚があれば練習はできないと判断。残念でござる。これがバッドデイというやつか。

マッサージオイルを買ったので、セルフマッサージでもして明日に備えよう。明日はきっと良い日になる。

[] 11:59

5/21 修善寺ロードクラス3 5周DNF

1周目は普通に集団でやり過ごしたが、2周目入ったくらいで普通にいっぱいだった。長者ヶ原でちぎれかけくらいになってちょっとずつ下がってしまった。

ちぎれてからは周りにいる人とうまく協力することもできず、ただ走っていた。下りでちぎったり上りでちぎりあったりしてしまった。

もともとですがクソ弱くてすいません。集団のペースとしてはすごく速いということはないくらいだろうと自分でも感じましたが秒でちぎれて死にました。前からですが特にソリア域は足りてないです。(ソリア域以外もですが。)

三宅監督、中村さん、長岡さん、植田さんサポートやアドバイスありがとうございました。役員をして下さったOBの皆様もありがとうございました。

平山さん昇格おめでとうございます!本当に良かったです。

5/23 朝練

初のDHバーでの練習。前日夜に帰ってから時間のない中で交換したので、ただつけただけになってしまった。TTでは、つらくないのに意味が分からないくらい踏めなくて、まったく追い込めなかった。タイムもドロハンの方がよっぽど良かった。ただつけただけでは意味がないんですね…。朝練後ひたすら家でポジションを作った。次の朝練でどれほどのものになったか試したい。

[] 12:52

戸塚×3

新たなルート開拓に成功し、1時間走り続けて信号ストップ一回という奇跡を達成。個人ロードのコースにそっくりなので、本番前までに合計で30周(270km)ぐらい走っておきたいところ。テストが邪魔すぎるし、TTTもあるしで個人ロードを捨て去りたい気持ちで一杯だが、後々後悔しそうなので頑張っておく 50km

[] 15:16

更新が遅くなってすみません。

5/20 TRS#2 @ベロ
スクラッチ クラス2B 10位
ペースは全然大したことなく、余裕でついて行けた。最後の10周は前方に位置取れて、ラスト2周でかかるなと思ったとことでかかったのだが、単純に1発のスピードが足りなかった。ずぶずぶ抜かれて10位。ポイントレースよりもさらに1発にかける感じになってしまうので、まだまだ通用しないなという感じ。

ポイントレース クラス2B 11位(1pt, 15th)
アベレージが49.5km/hと相当速く、いつものタイミングで後ろに付こうとしたら付き切れしまくった。序盤で付き切れしてちぎれ、5,6周ひたすら一人で追いかけて何とか追いつく。ここで相当足を使ってしまった。しばらく何もできなかったが4回目のポイントで何とか1pt取る。5回目も1pt取れそうだったが、なぜか後ろに「おい!」と叫ばれたのに注意を持っていかれ、まんまと刺される。これはもったいなかった。あとは何もできず終了。
メンツ的にもう少し色々できると思っていたので、この結果はかなり残念。スクラッチも通して言えることだが、前と車間を詰め切れない、付き切れするなどの走り方の稚拙さが目立ったので、今後改善していきたい。

[] 18:30

5/24 V坂ソリア

若干疲れが残っていたが、メニューを始めたらさほど気にならなくなった。でも一昨日よりも踏めなかった。

出し切る、追い込む精神力はまだまだなので、(噂に聞く生駒さんレベルまでには行かなくとも、)しっかり追い込めるようになりたい。

そういえばやっと明日ステムが届きそうです。

[] 18:57

5/22

メディオ、ソリア

TTポジションをいろいろ試しながらメディオをやった

5/23

朝練(ローテ練、ITT)

初めてのDHバーに興奮していたら始めの方で飛ばしすぎてしまった

いまだに安定したペースで走れていないのはよろしくない気がする

次は14分台を出す

その後駒場で筋トレ

マッチョマッチョ

[] 20:06

5/23
朝練のttで立ちこぎした時、若干足は楽になるが速度は上がるどころかむしろ落ちてしまうのだが、これはこぎ方の問題だろうか。

[] 20:08

ローラーメディオ

BGMを聴きながらのメディオは割と良かった。

不器用すぎて結束バンドの取り扱いに苦戦していたが、ようやく昨日サイコンを取り付けられたので今日はちゃんとケイデンスを意識しながらできた。

しっかり休息を取って朝練頑張ろう。ITTのタイムを伸ばしたい。

[] 22:48

5/21 RCS#2 修善寺オープンロード 11/20周 DNF
チャレンジの落車の記憶が鮮明に焼き付いており、試走してみたところ下りで心拍数がアホほど上がるという、かなり最悪な精神状態。どうしても集団で下れる気がしなかったので、スタート直後から最後尾にさがってゆっくり下り、登り返しでもがいて追いつくという最悪の地足走法をしていた。暑さのせいか集団のペースが遅かったので、それでもだいぶ持ったが、9周完了で補給をとったところで遅れ、追いつくだけの足も気力も切れ、そのままDNF。サポートしてくれた人たちにはだいぶ申し訳ない走りしてしまった。

まあ下りさえ何とかなればそれほど絶望的ではないという感触はあったし、下りも中盤から心拍数が変に上がるということもなくなった。65km/h前後できっちりライン取りして下れていたので、ここから10km/h上がったからといってフェンスに突っ込むとも思えず、やはり前回の落車はただ単にクリートが外れたせいだなと、自分の中で整理がついた。次からはちゃんと下れると思う。インカレとかではもっと速く下っていたし、精神的に大丈夫ならいけるはず。

サポートをしてくださった洋和さん、植田さん、能活、ありがとうございました。TRSも含めて、役員をしてくださったOBの皆様、ありがとうございました。

最後に、平山昇格おめでとう!!


5/23 朝練

[] 22:48

体幹系メニューとストレッチとマッサージ。1日生活する中で、足の気だるさはだいぶましになった気がする。

マッサージオイルはすごくおすすめ。滑りがとてもいいからマッサージしやすいし香りもいい。本当は人にやってもらうのが一番なんだけど、セルフでもそれなりには気持ちよくできる。テニスボールで筋肉をゴリゴリ押して、その後オイルで揉み込むとスッキリするのでぜひお試しあれ。