Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2016年12月05日月曜日

[] 10:40

12/3 TRS#5 @ベロ

4kmIP 5'06"103 51-15

目標は5'05"で、18"75/250mの設定。しかし思いっきり突っ込んでしまう。2周目が17"0、3周目が17"2とかなりやらかす。半分ぐらいまでは設定を上回るペースで回るが、バックスタートの選手を追い抜いたあたりからかなりつらくなる。追い抜きでかなり踏まされたというのもあるが、追い抜きのかなり前から、前方に人が見えていたことで無意識に踏みまくってしまっていた気がする。段々とペースが落ちて最後の3周は20秒代という、、、 つらくなってきてからのライン取りもかなり酷い。コーナー後にブルーバンドに落ちてストレートでフラフラしまくる、、、

結果として自己ベストを2秒更新したことになるのだが、目標には届いていないし、突っ込まなければ絶対に目標以上のタイムが出たなぁという感じで微妙。まあこれも経験ということにして、次また頑張ろう。

ポイントレース クラス2B 10位(0pt,7th)51-14

10kmで4回しかポイントがないということで、様子見とかせずに最初からいこうと思っていた。

リアルスタート直後に東北学院が1人で飛び出していく。前の2Aの感じからして、どうせみんな追うだろうし中切れ埋めさせられるのもめんどくさいと思って追う(前方にいた)。しかし追いついてみると東北学院、中京、自分の3人逃げみたいな感じに。うーん、、、と思いつつ3人で回す。3人とも逃げ切るつもりがなかったようで、すぐに吸収される。そしてしばらくは前方でローテしていたのに、なぜかポイント周回の前にポジションがものすごく下がっていて、ポイントに全く絡めない。後からビデオをみて何やってんだってなった。監督や洋和さんの仰るように、ポイントまでの残り周回を考えた動き方をしなければならない。実際、走ってる最中にあと何周でポイントか分からなくなることが多々ある。よくない。

2回目のポイント周回は後方にひっつくだけで終わり。3回目のポイントも中京のアタックを追ってみたりしたが、またポイント前に後ろに下がって終了。ラストは法政のアタックを追って、4位ぐらいは狙えるかと思える位置にいたが、結局まくられまくって7位。

これを追ってみようかなとか考えるぐらいには余裕が出てきたが、まだまだ展開の予測ができておらず、結局ポイントは取れていない。ポイント周回まで5,6周もあるようなタイミングで、無駄に飛び出したりしてしまうことが多い。もっと頭を使って走ろうという感じ。まあ経験不足の面も大きいと思うので、今後も積極的にレースに出て、色々試していきたいと思う。

結果はそれほど良くなかったが、俄然トラックが楽しくなってきた。今後も個抜きは5分切り、ポイントレースは上位入賞を狙って頑張っていこうと思う。

お忙しい中指導に来てくださり、タイム読みや運転等もしてくださった洋和さん、アドバイスをしてくださった三宅監督、大会役員をしてくださったOBの方々、本当にありがとうございました。

[] 19:28

12/5 ローラーメディオ

まともに出来たのは1本だけ。レースのあと1日休んで、その翌日の練習がだいたいいつもグダってしまう。なんとかならんかな。

[] 21:37

メディオ 短い時間にして本数をこなした。ローラー台換算表で見て、出力の目標値は達成出来たので良し。

[] 21:57

更新が滞ってしまいました。

〜12/2:ALESA論文を中心にやることがありすぎてサボってしまった。

12/3:TRS第5戦@ベロドローム

4kmIP 5’26”797 49-15

やはり1周目少し突っ込みすぎてしまったが、その後は垂れることはなく行けた。しかし、その裏返しとして全力を出し切ることはできなかったように思う。そのあたりのさじ加減はこれからの課題。これから数カ月での、新B基準突破を目指そう。

ポイントレース 3位 49-14

タイム種目の結果を見る限り自分より強い人が2人いたのでその二人をマークし、どこかで出し抜けようという作戦だった。最初のポイント周回は相手が動くのを待って初めて動いたため、当然間に合わなかった。2回目はそれを反省して自分から動こうと思ったが、外に出した瞬間に前も外に出てきたのでブレーキ。ビビってしまったが、後から考えるとあそこでうまく後ろにつけば違っていただろうに。フィニッシュは、残り3周半で加速して粘り切る作戦。しかし後ろが付いてきているかの確認方法をあやまり、独走だと誤信して走った結果、まんまと相手のアシストとなってしまい失敗した。最後の周回は最善を尽くして出し切ったつもりでいたため、試合後につかれていたことを知らされた時は赤面した。ちょっと信じられないミスであった。次はもっと冷静に。

今回、ベロドローム初参戦であり、そこで経験を積めたことはとても良かったが、いかんせん練習不足の状態で走ることになったのはもったいなかった。

お忙しい中、朝早くから来てくださり、指導やサポートをしてくださった中村さん、アドバイスをしてくださった三宅監督、役員をしてくださったOBの方々、ありがとうございました。

昨日:パワマソリア

今日:パワマソリア,HIITの出来損ない

やはり練習不足がたたっている。ハムがうまく使えていない走法になってしまっている気がする。この前のちぎれまくった恩方の時と同じ。意識して元に戻そう。今週もかなり課題が多くて大変だが、週末の大会には、そのつぎへのヒントを少しでも多く得られるよう、万全で挑みたいものだ。

[] 22:09

土:恩方5周

平山と二人で。腰の調子がよろしくないため5周ペースで切り上げた。軽めのロング練となってしまったが、意外と消費カロリーは多く、久しぶりだったので翌日の疲労感は結構なものだった。いい練習でした。

日:休養日 腰的にも休ませた。

月:ローラーメディオ。メディオの調子は完全に回復で、今年の最高くらい。

メディオばっかやっていたから強くなった? 精神的な慣れが大きい気もするが。腰も今日はほぼ違和感なかったので、回復してきているようで好材料。

[] 23:34

筋トレ

2016年12月04日日曜日

[] 23:14

飯能 ペース、ソリア

実は一人のときにここでペース走をするのは初めてだったが、本当にいいコースだと再確認。後半、延々と続くように感じる下りを一人で踏み続けるのは地獄だった。これで使い果たしてしまったので、ソリアはもはや何なのかわからないレベルだった。

[] 00:59

SFR+筋トレ 時間の合間を縫って脚を疲れさせるという目標は達成。

2016年12月03日土曜日

[] 20:50

集合時刻きっかり5分前に起床してしまったので(平山大先生ごめんなさい)、ひとりで都民の森へ。ニホンザルが大量にいた。

[] 21:48

TRS#5

個抜き 5分11秒288 50-15

目標は5分10秒に設定。19秒フラを目安に回ればオケーという感じ。序盤の周を18秒台前半で回って来たが、もはや癖となりつつある弱気な走りで無駄に足を緩めすぎて19秒4とかまで落ちてしまい、結局最後まで大体その辺のタイムで推移して、ラストちょっと上がってお終い。

目標タイムはあくまで目安なのだから、序盤のタイムでいけそうであるのならば、そのままキープすべきであった。もはや、記録会に際してまでも追い込むのをためらっているようなら、選手としての限界は見えているので、もっと強い気持ちを持てるようになりたい。

ポイント 2a 0pt

3回目のポイントで良い感じに抜け出してスプリントする段階まではいったが、まくり切る足はなく6位通過。それ以外は集団にいるだけで、見せ場無し。中々ハイレベルなレースではあったが、もう少しどうにかしたかった。

朝早くから亀石峠を登って会場に来てくださり、タイム読みやご指導をして下さった洋和さん、ありがとうございました

[] 22:36

平日

境川でひいた風邪を引きずり、メニュー1本で気持ち悪くなってリタイアを繰り返し萎える。パワータップがホイールとしては復活したけどパワーメーターとして復活しなかったので更に萎え。

今日 恩方5

生駒さんと。状態を考慮して全部ペースにしたが、二人だったので平均強度は高かったそうな。といっても引いてもらってる時間が長いのでアレだが。この後ソリアの予定だったが、思った以上に脚に来ていた&ぼっちは辛いので帰る。さすがに少ないと思い帰りに寄り道してもがき反復で言い訳を作った。

[] 00:57

ローラー台 メディオ ここ最近では一番良かった。足の回り方も安定していた様に思う。

2016年12月02日金曜日

[] 12:44

みなさま、お世話になっております。本日は12月24日(土)に開催することになりました戦績報告会のご案内をさせていただきます。

戦績報告会は、当部の一年間の活動の成果や今後の展望などについて、日頃からお世話になっている関係者の方々、また外部の方々へ説明させて頂く大変貴重な機会となります。

関係者の方々はもちろんのこと、当部に興味を持って下さっている皆様にも、足を運んで頂ければ幸いです。

会場、日時等については以下をご参照ください。簡単ではありますが、軽食を用意させて頂きます。

昨年とは異なり、12月の土曜日昼間、駒場キャンパスにて行います。

【時間】

12月24日(土)11:00〜14:00

【場所】

駒場キャンパス食堂2階 ダイニング銀杏

(駒場コミュニケーションプラザ南館2階)

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_52_j.html

【会費】

2000円

ご出席をご希望の方、あるいはご質問等のある方は以下のアドレス、またはこちらのコメント欄にてお気軽にご連絡下さい。

問い合わせ先utbr.manager※gmail.com(※は@に置き換えてください。)

みなさま、ぜひお越しください。

よろしくお願いします。

2016年12月01日木曜日

[] 16:35

11/30 3本ローラーメディオ、パワマソリア

12/1 3本ローラーメディオ、パワマソリア

今週前半に練習時間がイマイチ取れなくて調子が下向いていたが、出力的にはなんとか戻せた。

[] 17:30

昨日 ローラーメディオ

今日 ローラーメディオ

心肺より筋肉が衰えたかな?という印象だったが戻ってきた感。腰はまだ治っていないので慎重に練習を積んでいこうと思います。

2016年11月30日水曜日

[] 15:44

国際×4

軽めにすると言った手前、追い込むつもりはあまりなかったが、いざ登りだすと頑張ってしまった。

久々の国際だったが、成長が実感できたのは喜ばしい 70km

[] 21:44

こんばんは。慶應の後輩マネージャー萌花ちゃんが仲良くしてくれるのでほくほく喜んでいるマネージャー植田です。笑

お待たせしました、「マネージャーなんですよね、いつも何をしているんですか?」にお答えする企画第二弾、本日は 1 試合当日編 です。これまでの関連記事0 試合当日の持ち物「わたしが自転車部に入るまで」編もあわせてどうぞ。

せっかくなら大きい試合の時がいいかなと思ったので、例としてインカレロードの日のことを詳しく書きたいと思います!

どちらかというとすでにマネージャーをやっている子が読んだ方が面白いんじゃないという記事になってしまって恐縮ですが、写真で彩りを添えてみた(?)のでぜひマネージャーに興味がある方も読んでくださると幸いです…!インカレ当日に書いていた日記と合わせてご覧になりたい方はこちらから。

---

今年のインカレロードは修善寺日本CSCが会場。少し前から周辺の宿に泊まっていました。出場選手5人に対し、サポートはわたしと出場しない選手5人と多めです。

4:00 起床
この日は宿の片づけをしてからの出発だったので、出発時間に対してちょっと早めです。自分の準備をして片づけをして駐車場へ。

5:30 宿を出発
会場まではそれほど近くないので、部の車で移動。確かこの日は洋和さんが一緒だったので、運転してくださいました。基本的に試合当日はわたしか出場しない部員が運転しています。安全運転です!

f:id:ut-br:20160814095605j:image

相棒レジアス。部外からは「えっあの大きい車を運転してるの…?」と驚かれることも少なくありませんね…これは夏合宿で撮ったお気に入りの写真です。

6:30前 会場着
インカレは一年でもっとも大きな試合なので、出場しない部員も全員来てサポートにまわります。彼らに前日のうちに分担を指示しておいて、ローラー(アップのための器具)の準備と荷物の運搬、代輪代車(レース中に機材が破損した場合に使うホイールと自転車)の確認等はお願いしました。運んだ荷物をどこに置くかで補給の場所が決まってくるので、前日のうちに選手の希望で決めておいて、そこに運んでもらいます。わたしは運び忘れがないか等のチェックをして選手受付をすませます。

7:00過ぎ
選手がコースに移動し始めます。定期的に現在時刻を伝えますが、自分のペースで動いてもらうため、最後の選手が移動したのを見届けてからわたしも移動します(この日は7時半くらいだったかな…)。他のサポートの人には荷物を引き続き運んでもらったり、代車のバイクチェックを受けておいてもらったり。CSCは駐車場からスタート地点までがそれなりに遠くて大変なんですよね…

7:45ごろ
スタートフィニッシュ地点へ到着。荷物で不足がないか再度確認した後、数本だけ出走前の補給用水とドリンク、ゼリーを用意し、選手の近くに。代輪ももっていくのが普通ですが、手がいっぱいだったので他のサポートに頼みました。一人しかいなかったらドリンクを背中のポケットにおしこむなどして無理やりもっていきます。笑

ちなみにわたしはだいたいサイクルジャージ(上)を着ていますが、これは東大内の決まりというわけではなく、ポケットが多いので便利/落車等があったときに周りの人に東大と分かってもらいやすいので早く情報が回ってきやすい というふたつの理由からこうしています。

いつもだと東大はまとまって並んでいて一人で全員に渡せることが多いのですが、出走人数が多いとそういうわけにもいかないので、他のサポートにもお願いして選手全員がカバーできるように。

8:00 レース開始
最初の数周は補給がないので、選手の応援をしつつ残りのドリンクを作ります。

補給というのはこんな感じで、走ってくる選手にドリンクを渡すことです。補給サポートがずらっと並んでいる列の中で目立たないといけないので、補給開始前の周回で大声で応援して東大選手に見つけてもらえるようにしておきます。

f:id:ut-br:20160828091011j:image

Youtubeの動画も貼っておきます(全く関係のないどこかのチームの方が撮影されたものです)。

https://www.youtube.com/watch?v=ZVSMzKlEE4g

日本CSCは上り坂での補給なのでスピードが出ておらず、それほど難しくないのですが、木祖村コースなどスピードが出た状態で選手が向かってくるときは失敗することがそれなりにあります…

選手が次の周でほしいものを叫んでいくことも多いので、サポートは毎周全選手が通った後で集合して、どの選手がどのサポートから何を受け取ったのか、次の周での希望はあったのか、集団から遅れた選手がいるか等を共有します。機材ピットが離れていて、そちらにもサポートメンバーがいるときは、電話がかかってきてそちらの情報を伝えてくれることもあります。

選手が捨てたボトルを回収して新しくドリンクを詰めたり、渡すゼリーを用意したり、足きりになって戻ってきた選手にドリンクがいるか聞いたりしつつ周回数を重ねます。

普段なら写真も撮っているのですが、補給がある試合では自分では撮れないので、応援に来てくださったOBOGの方々やカメラマンの方から頂くことになります…いつもありがとうございます…!

終盤には補給をしてはいけないルールになっているので、最後の補給可能周回が終わった時点で素早く簡単に荷物をまとめ、ゴール付近へ向かい、とにかくはらはらしつつ待ちます…

f:id:ut-br:20160829122444j:image

ゴール。選手がうれしそうにしているとわたしもうれしい、というきれいごとのような本当のお話です。チームに関わったことのある人にしかわからない感情かもしれません、人に教えるのがもったいないので秘密にしておきたいくらいです。笑

14:00表彰式・閉会式
たしか今年は式の開始が遅れた気がしますが…

この後残った片づけを済ませ、会場を出ます。応援に来てくださったOBOGの皆様、役員の皆様、ほかのチームの監督と引退する先輩方に挨拶しつつ車に乗り込み、東京を目指し渋滞の海へ飛び込んでゆきます。笑 もちろん運転できるのでしますよ!!

東京についてからレジアスに積んでいる自転車と荷物を降ろして、帰宅します。長い一日なのですが、終わってしまえばあっという間です。これだけ試合に行っていると、ああこのことは絶対に忘れないなあ、と思う瞬間がいくつもあって、だからどんなに忙しくとも部を見ていたいと思っているのかもしれません。

---

普段は読者の皆さんに、わたしと同じ目線で東大自転車部を見て頂こうと思いながら日記を書いているので、意識的に自分の写真をあまり載せないようにしているのですが、マネージャーのお仕事ブログの間は乗せることになりそうです。なんだか落ち着きません。笑

次回は2 試合前・試合後編 の予定です。応援してくださる方々、本当にありがとうございます…!頑張って書きます…!

2016年11月29日火曜日

[] 16:13

ローラー。一本で終了。明日からは量をちゃんとやっていこう。

[] 21:46

11/29 3本ローラーメディオ

時間も気持ちも足りなかった。

[] 00:26

パワマソリアSFR

色々と大学生してたので間が空いてしまいました。とりあえずパワマやりました。あんまり寝れてなくて疲れてるっぽい感じ。

2016年11月28日月曜日

[] 20:40

ローラーソリア。終わった後少し腰が痛んだのでまだ止めといた方がよさそう。しばらくはメディオ一辺倒かな…。

[] 22:07

ローラーメディオ

大分足が疲れているので、今週は軽めにしよう

[] 00:03

ローラーHIIT 時間を勘違いしていたことにアップ中に気付き、HIITだけやって早々に終了。

[] 20:02

ローラー台 メディオ強度 若干風邪気味だったけど、メニューをこなしてみた。

2016年11月27日日曜日

[] 13:46

11/23 パワマミドルSFRHIIT

11/24 ローラーメディオ

11/25 バンク合宿一日目

周回20〜ST2000〜F2000×3〜ST200×2〜F2000×3

今回は来週のベロに向けて各々が目標をもつということで、個抜きに向けてST2000の目標ラップタイムなどを決めて臨んだ。スタが下手くそ+後半垂れで9秒ほど足りなかった。F2000はもはや寒すぎて足が回らなかった。宿は定番となりつつあるひみねであったが、今回は同じ値段で本館にグレードアップした。そして、極寒の中の薬草の湯は最高だった。

11/26 バンク合宿二日目

周回40〜ST2000〜F2000×9〜ST200×3

朝は昨日より寒くて練習どころではない感じだったが、日がだんだん照ってきて午後は大分ましになった。ST2000は昨日のペースで垂れてたのに、スタを速くしようと意識するあまりさらに早いペースで突っ込んでしまい、鬼垂れした。F2000は昨日とは違い足は使えたのだがつきミスで追いつくために無駄足を使ってしまい最後一周のもがきに全くついて行けなかった。最後にST200でスタを洋和さんに見てもらい、アドバイスをいただいた。

ザコすぎて、メニューをこなすだけでいっぱいいっぱいだったが、いい練習になったと思う。来週のベロではペースに気をつけて旧B基準を目標に頑張ります。

洋和さん、寒い中ご指導にいらして下さりありがとうございました。

[] 14:41

バンク合宿@境川

11/25 周回20+S2000+F2000×3+S200×2+F2000×2

前日の雪の影響で、レジアスでは山梨に辿り着けないかと思われたが、中央道の冬タイヤ規制は割とすぐに解除されたので普通に行けた。だがしかし、とにかく寒かった。

S2000は次のTRSの個抜きを見据えて。目標は2'35"だったが、突っ込みすぎてイマイチ。2'36"88 50-15 ディスクバトンTTメット

F2000はそれなりのペースで回してラストもがきで。連続でやることで、ポイントレースでポイント周回ごとにもがく感じを再現し、1年生には今後の団抜きを見据えて、早めのペースでの先頭交代を練習してもらうように考えられたメニュー。引きの長さを調節すれば足に多少差異があっても、全員にしっかり負荷をかけられたのでよかった。52-15ちょっと重い

ここから先は寒すぎて微妙だったと言わざるを得ない、、、

11/26 周回40+S2000+F2000×3×3+連続ハロン10

朝はまたしても鬼寒かったが、だんだん暖かくなってきて、前日と違って寒すぎてムリ!とはならなかった。

S2000は前日の反省を生かして突っ込まないように意識したら、スタが遅すぎた上にタレたので、相当微妙。まだ寒い時間だったということにしたい、、、 2'42 50-15 ディスクバトンTTメット

F2000はこの日もいい感じ。51-15

最後にまだ足が余ってたのでハロンしまくった。トラックではもっと回せるようにならないとレベル上がらないよなぁ。49-15

寒いとか色々あったけど、全体としては2日間いい感じでバンク練ができたのでよかった。メニュー考えたりとかバンクへの連絡とか色々してくれた能活、ありがとう。

2日目にお忙しい中、朝早く来てくださり、指導してくださった洋和さん、本当にありがとうございました。

[] 15:46

部室にいった後風邪をひいたりして、さらにやる気を失ってしまい、昨日は12日ぶりの練習。結果、練習した方が気分がいいということが分かった。

昨日今日と続けてローラー。腰の痛みは実はまだ完全には治っていないのですが、とりあえずローラーする分には問題なさそう。

衰えた感じは殆どないので、次の行田にはいい感じで臨めるかなーと思っております。

[] 19:53

今週はちょっとパワマに乗ったくらいであとは体幹と筋トレくらいしかしてませんでした。要するにサボってしまいました。

11/25,26 バンク合宿@境川

両日とも 千トラ、F2000、ST200

1日目は寒すぎて追い込み切れず。2日目はまだ何とかなったが、弱すぎてへこんだ。F2000の最後のもがきにしてもST200にしても、上半身が全く使えていないのが問題で、今回はまだ動きを意識するまでで形にすることはできなかったので、次回には解決したい。あと、2日目は軽いギアで通したが、ペダリングが下手すぎるのがモロに出てもがく時にケイデンスを上げ切れないので、そこも改善したい。長期的な目標としては、4月に個抜き千トラ両方で新B基準達成できるように。千トラの方はかなり厳しいが、それくらいでなきゃピストやる意味もないだろうし、団抜きの戦力にもならないと思うので。

出来は全然ダメだったが、気持ちを立て直せた点と、オムニアムのトラウマ克服に一歩前進した点はよかった。パワータップもastutoで直していただいたので(いつもありがとうございます)、仕切り直して頑張ります。遠くまで指導しに来てくださった洋和さん、ありがとうございました。企画してくれた長岡もありがとう。

[] 22:19

11/25,26 境川でトラック練合宿

11/25 周回20+S2000+F2000×3+S200×2+F2000×2

スタ2000は1周目突っ込みすぎて最後は盛大に垂れた。フラ2000はスピード感覚が鈍いのか、先頭時のスピード調節が下手くそで迷惑をかけてしまった。どちらも、スピード感覚が悪いことが課題として残った。

11/26 周回40+F2000×3×3+S2000

中村さんが来てくださり、先頭交代時に足をできるだけ使わないやり方についていろいろと聞けた。どうもありがとうございました。スタ2000は前日のリベンジを期したが、やはり突っ込んでしまい最後垂れた。ただ、突っ込み方も垂れ方も、最終的なタイムも1日目よりはマシになっていたので少し成長したか。

お忙しい中、朝早く来てくださり、寒い中指導してくださった中村さん、本当にありがとうございました。

[] 20:03

ローラー台 HIIT かなり調子よく実施できた。そうは言ってもメニュー後の気持ち悪さは相変わらず。

2016年11月26日土曜日

[] 22:35

単独ペース尾根幹〜413号〜宮ケ瀬〜尾根幹。途中慶応に出会ったり、他グループの練習に混ぜてもらったり。

[] 23:15

バンク合宿 2日目

ST2000→F2000反復→200もがき

昨日苦戦を強いられた新ピストに対して、午前中は引き続き苦戦を強いられたが、午後からはサドル以外に関しては無事に和解したので、復活した。

2日続けて、バンクがそれなりに空いていて、しっかりと強度も出せたのでこのバンク合宿に関しては概ね満足している

ただ、この時間になっても通勤ラッシュ並に電車が混んでいて、座れずにさらに体力を削られているのは非常に悩ましい

お疲れの中遠くまで足を運んでくださり、ご指導して下さった洋和さん、ありがとうございました。

皆さんお疲れしたー

[] 20:04

ローラー台 メディオ強度。 今日は少しだけ調子が悪かった。後半が辛くて仕方なかった。

2016年11月25日金曜日

[] 21:40

バンク合宿 1日目

周回→ST2000→F2000反復→ST200→F2000反復

新しいピストを出陣させたが、ポジションがイマイチ出ずに何もかもがいまいちだった。来週に向けてこのままではさすがにいけないので、明日中にしっかりポジションを出したい。あと単純に寒くて足が回らなかった。

明日も頑張りまーす

2016年11月24日木曜日

[] 11:54

11/23 3本ローラーメディオ、パワマソリア

[] 00:42

ローラー台 ソリア 

2016年11月23日水曜日

[] 15:16

戸塚×5→SFR

休日なので全体練があると見せかけて、普通に授業があるため1人。もはや慣れた

毎周1分もがきの5周。1分のピークを更新した。やったね 70km

2016年11月22日火曜日

[] 11:36

機械力学と格闘していて、更新が滞ってしまいました。すみません。

11/18 3本ローラーメディオ

11/19 3本ローラーメディオ、パワマソリア

11/20 大垂水→青根→裏牧馬→裏垂水

なぜか行ったことが無かった青根。アップダウンがきつくて、いい練習コースだった。初めてで長さが分からなかったので、出力は抑え目になってしまった。次からはもっと上げよう。青根が抑え目だったからか、その後のメディオ2本はそんなにきつくなかった。ただ、裏垂水は時差設定が絶妙で最後にカチ上げたので、そこはつらかった。

いちょう祭りで鬼混みだったので、帰りは20号迂回ルートを開拓。カオスな部分もあったけど、まあ使えるのでは笑

浦さん、来ていただいてありがとうございました。青根知ってる人が全然いなかったので、浦さんがいないと詰んでました笑

P.S. 機械力学には大勝利しました笑

[] 12:35

こんにちは。書くネタが思いつかないのでいうのですが、自転車には全く関係ないのですが、特技は指相撲です(親指だけ長いのです笑)。マネージャー植田です。

自転車部競技班の秋新歓はまだまだ継続しています!というよりいつでも入部歓迎です!!

というわけで、よく寄せられるご質問「マネージャーなんですよね、いつも何をしているんですか?」にお答えしたいと思います。ちょっと長くなってしまいそうなので、何回かに分けて書いていこうと思います。分けても長くなりそうですが…

1 試合当日編、2 試合前・試合後編、3 合宿編、4 学連・役員編

の予定です。よろしければお付き合いください。順番は適当です。笑 ほかに気になることがあればぜひ教えてください!!

※この記事はあくまでもわたしがやっている/やってきたことで、入部したら全部やるのが義務になるわけではないのであしからず。笑 東大自転車部競技班はマネージャーの仕事に関してはかなり融通がききますよ!

当日編を書き始めましたが、今日は講義の関係でこのあと余裕がなくなりそうなので笑、先に会場でよく聞かれる疑問、0 植田の三次元ポケット笑には何が入っているのか にお答えします(需要があるのかはわかりませんが…)

f:id:ut-br:20161120091500j:image

こんな感じです。

・レインコート(レース中は傘が差せないので)

・傘(自分で使うより出走前の選手に差し掛けることの方が多いです。日傘兼用なので暑さ除けにも)

・サングラス

・(冬は)手袋

・カメラ

・メモ、ボールペンとマジック(複数あるのは貸すとどこに行ったか分からなくなることがよくあるからです笑)

・携帯工具、ペダルレンチ、メジャー

・ビニールテープとはさみ

・携帯の充電器(サポート同士は電話で連絡を取るので。山の中だとすぐに充電がなくなる気がするんですよね…)

・レジアスキー

パソコン(twitter更新ほか、あると便利)や替えレンズは持つと重くなるので、入っていないこともあります。

あとは普通に出かけるときと変わらないと思います。書いてみてこれを参考にする人はいるのか甚だ疑問だということに気づいてしまったのですが、書いてしまったので更新しておきますね。笑

マネージャーが何をしているのかブログは不定期更新ですが、最後まで書ききれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします。笑

2016年11月21日月曜日

[] 19:50

パワマ いつものメニュー+筋トレ

[] 22:36

11/20 大垂水 青根 牧馬 大垂水

なぜか大垂水下ったあたりで眠くて体が動かないなと思っていたら、移動中に元気になっていった。青根に入って割とすぐに、インナーに落とす時にミスってチェーン落ちした。今回はちょっと頑張って追いついたが、変速の仕方が悪かったのでレースだったらこういうミスは終わってるんだろうなと思った。

最後の大垂水は時差発走で、最後まで逃げ切りが見えていたので頑張れた。頂上までの最後のコーナーあたりでよく後ろを確認して、この距離なら大丈夫だろうと思っていたら、井上さんが吹っ飛んでいった。1番後ろからの出走なのに速かった。

浦さん今日もお越し頂きありがとうございました。

[] 23:13

ローラー台 メディオ強度 外を走れていないのは仕方ないが、仕事から帰って来て、ローラー台メニューをこなすのがだいぶ習慣になってきた。

[] 02:12

11/20 大垂水〜青根〜裏牧馬〜裏垂水

大垂水はラストのペースアップにちぎれた。ゴールまで少ししかなかったし、あそこはついていかなければいけなかった。青根はあまり引かずにそれなりで走ってしまった感があった。裏垂水の時差発走は千葉とともに最初のグループだったので、頑張って逃げ切りを狙ったが結局90秒差の井上さんに蹴散らされた。頂上スプリントは距離を見誤り失敗した。

2016年11月20日日曜日

[] 18:18

全体練DNF→戸塚×4

約1ヶ月ぶりの全体練に意気揚々と向かっていたらタイヤがバーストして帰宅を余儀なくされた。

ここで完全に萎えきって、ふて寝することも考えたが、部内にここ最近こんなのは比でないほど不幸が連発している人がいたのを思い出したので、この程度で折れてはいけないと思い、戸塚に向かった。

毎周1分もがきで4周。最低限の量はこなせた。嗚呼、人と練習したい 70km

[] 19:17

大垂水 青根 裏牧馬 

大垂水も青根も、上のグループに入れてもらって走った。青根は初めてだったが、かなりハードだった。裏牧馬と裏垂水は盛大に垂れた。飯能の時もそうだったが、足を使った後の状態で極端にパフォーマンスが落ちる。レースならば、いわゆる波状攻撃に弱いということなので、今後はここを鍛える必要があると思う。

しかしそんなことより、もっと深刻な問題は別のところにあって、自分の練習への態度が消極的すぎる。練習に参加しないとかいうわけではないが、練習中、なんか自分の中で、これまでの下のレベルに安住したがっている面がある。このままでは未来の程が知れていると言わざるをえない。それを払拭すべく、積極的にならないといけないと強く思う。

浦さん今日も練習に来てくださり、ありがとうございました。

[] 22:18

一昨日

スポーツバイクハイロードにて、クランクとサドルのテストをしていただき、その中で、骨盤ぐらぐら、左脚のペダリング壊滅的、体幹が弱いというより使えていないなど様々な身体の問題がわかり、出力が頭打ちになっている原因なのではないか、と助言をしていただきました。自分でもおかしいなとは思いつつも、追い込めばいいやと思って避けていましたが、現状打破のため真剣に向き合ってみます。青山OB、丁寧な対応ありがとうございました。

今日 大垂水→青根→裏牧馬→裏垂水

青根がいろいろあって全体的な強度を保てなかったので、いつもはダメダメな裏牧馬で頑張ろうと思い、井上浦さんに必死こいてついていったが、長い下りに入る手前までしか持たず。いつもよりは頑張ったけど、実力相応という感じ。大垂水2本も半年前から全く進歩のないタイムで、やっぱり根本的な問題を解決しないとこれ以上成長しないのかなと思うが、どうしても人と練習するとガムシャラになってしまうので難しい。まずは一人の時間にきちんと意識し続けて、その動きが自然にできるようにしていきたい。サドルはテストの甲斐あっていい感じだった。

浦さん今日もありがとうございました。

2016年11月19日土曜日

[] 15:58

ローラーメディオ

3本ローラーでメディオ。

2016年11月18日金曜日

[] 21:14

ローラーメディオ

バタバタしていたら外に行けなかった

[] 21:27

11/16 荒川

久しぶりに行った。ちょっとだけタイムが縮んでた。まあ悪くないのかなって感じ。帰りに急に寒くなったので、ビニール袋を体に巻いて寒さをしのぐことになった。

11/18 v坂10

早めに行ってさっさと帰ってこようと思ったら寝すぎたので昼前出走になった。いつも通りのメニュー。

[] 01:30

11/16 パワマソリア 3本ローラーメディオ

11/18 3本ローラーメディオ

[] 21:36

ローラー台 ソリア 

ここのところ練習に時間を使えていたのが奏功したのか、最後まで結構気持ちよく回せた=凄く辛かった。

2016年11月17日木曜日

[] 20:43

トラック機材整備

練習とは関係ないが一応。

自分が入部した当初は、ロードに関してはチェーンがちょっと汚い程度で整備不良だとやんや言われるが、トラックの整備に関しては自分の使用するピストのチェーンが錆びていようが、タイヤがボロボロだろうが、お構いなしというのは割と当たり前の光景だった。去年から、一年の身でありながら偉そうに「ロードでもっと強くなりたいなら、バンクにもっと入るべきだ」と、主張し続けてきて、時にはうざがられ、バカにされたりもしたが、徐々にトラックをやる重要性が部員の中に浸透し、バンクに入る回数も増え、現在のような状況になるまでに至ったのは中々感慨深いものがある。この流れを切らさず、しっかり継続させていきたい

パワマ ソリア

どっかで聞いたことのある、やるとバカにされるメニューだが、時間がなかったので。久々にやると成長を実感できるので楽しい

[] 23:49

平地練 スプリント、ペース、長メディオ

昨日の疲れと、朝の冷え込みとで全体的にイマイチ。5000円する有能冬用グローブ落としたのが辛い。なんかいろいろついてないなあと思いつつそれらが全部ひっくり返る時を期待してしまう、って結局自分次第なのだが。

[] 12:42

ローラー台メディオ。最後に左足が攣ってしまいDNF。だいぶ調子よかったのに、急にふくらはぎがビシっときて本当にびびった。

2016年11月16日水曜日

[] 13:31

134号2往復→SFR

中間テスト休みなので、皆と練習できるかと思ったら、飯能にスタコラ行ってしまったので、おいてけぼりをくらった。

振り返ってみると、レースを除いて1ヶ月近く他の人と練習できていなかった。寂しい 80km

[] 15:38

こんにちは。そろそろ長岡くんにiPhoneでも半角小かっこ[]が出せることを教えてあげたいマネージャー植田です。笑

(→iPhoneで小かっこが出せない長岡くんの日記

日曜日 六大学クリテリウム&浮城のまち行田クリテリウム

朝6時今回も役員参加でした。朝ちょっとだけ検車をしたあと、ちゃんとカメラを持って行ったのでjicfツイッター用カメラマンをしていました。笑 レースを見られるし結構いい役でした(あんまりいい写真がなかったレースの勝者のみなさんごめんなさい…)

1000枚強の写真を撮ったので探すのが大変なのですが笑、気に入ったものをアップロードします。

まずは六大学。ポイント制なので、単なるロードレース方式のクリテリウムと比べて速度の上下が激しいレースです。

f:id:ut-br:20161113100405j:image

東大3人が集団内前の方にまとまっているころ。たぶんこういっちゃんは最後尾にいます。

f:id:ut-br:20161113095505j:image

長岡くん。そういえば彼はまったく落車しないのでヘルメット等が一年生のころからまったく変わっていない気がしますね…!

f:id:ut-br:20161113101935j:image

レース終盤の生駒さん。

f:id:ut-br:20161113111022j:image

そして行田クリテリウムクラス3、レース前に自分で書いてきたメモを読んでいる新谷くん。

f:id:ut-br:20161113115045j:image

集団前方の新谷くん。いい練習日記でした。新谷くん浮城レースレポート

本人が「我ながらイカ東だと言わざるをえない笑。」と言っていて、たしかにそれはそうなのですが笑、きちんと目標をたててそれに向けて努力することは重要だし、達成するという体験ができたことがなによりよかったなと思います。今後もがんばろうね!!

f:id:ut-br:20161113131621j:image

こちらはクラス2のこういっちゃん。

f:id:ut-br:20161113140506j:image

同じくクラス2、いつも通りエアロな貫名くん。ちなみにしんどくなってくるとさらに空気抵抗を削ろうとするらしく、どんどん前方投影面積が小さくなっていくことが見て取れます。笑

というわけで、残りの写真はのちほどフォトギャラリーで公開します。おそらくいつも通り東大選手が写っているもののみにしますが、もし他大学で写真がほしい方はコメント等でお知らせくださればお送りします!

応援に来てくださった岩崎OB,小藤OB,チーム供出役員を務めてくださった宮崎OB,立哨役員を引き受けてくださった浦さん、林さん、上村くん、ありがとうございました!

そして見学に来てくれた松田さんありがとう、役員であんまり話せなくてごめんね…また来てください!!

[] 21:14

飯能2,ソリア3

周回練は2周目からだいぶきつくなり、どんどん先頭を引く時間が短くなっていった。それでも最後までちぎれず走りきったのは良かった。その後のソリアは目も当てられないほど、たれた。さすがにあれはダメ。ペースの最後にスプリントしたのに、ダウンしなかったのが原因であろう。

おとといの練習日記には、「次の目標が見えてきた」とか「楽しくなってきた」とか書いていたくせに、やっぱり浮城は出来過ぎだと思うのと、浮城によって自分の中で一区切りついてしまったので、浮城以来、気持ちがそぞろだったり、かえって今後に対して後ろ向きになったりしていたが、今日練習に行ったことでそれらが吹っ飛んでくれた気がする。その意味で今日の練習は参加して本当に良かった。

[] 23:00

昨日 ローラー メディオ、ソリア

今日 飯能×2、ソリア

怪我とか試合で3週間ちょっとぶりのロング。自分は家が近いのでセミロング程度だったが、距離耐性の低下が著しく、2周目の5分坂を登りきったところで練習では初めて脚を攣ってサヨナラした。休憩後のソリアは完全に燃えかすで、吹っ飛んでいくこういっちゃんを見送る逆プログレに。まずは体力回復のためしっかり練習量を確保していく。って同じことを2ヶ月前にもやっていたのが凹む。

長岡ごめんね。

[] 23:17

11/15 ローラーメディオ

11/16 飯能 ペース2 ソリア3

宮ヶ瀬、恩方、小山田の無限ループに飽きてきたのと、がっつりペース走がしたかったので、能活には悪いが飯能へ。

いつもならスイスイ進む新青梅街道が向かい風でなかなか辛く、着くまでにそれなりに足を使ってしまった。そのせいか、ペース走はいつもほど先頭出力が出せず、さらに最後に出力が落ちてしまった。風とかの影響でアベレージは高めだったから、単にそのせいかもしれないが。

ソリアもつらすぎて、ダンシングばかりになってしまった。

飯能は本当に環境がいい。東京ヒルクライムNARIKIステージとか、天目指峠とかも行ってみたい。

2016年11月15日火曜日

[] 12:15

11/13

六大学ロード 0pt 23位

目標は中盤で逃げて1ptでも獲得し、六位を回避すること。時間は余裕があり、アップ、試走ともに十分にした上で出走。

最前列に並んでいたのに、相変わらずのコーナーの下手さと立ち上がりの踏めなさで、ズルズル下がって2周目終わる頃には既に最後尾。まずいと思ったが、コーナー&立ち上がりがダメすぎて全然ポジションを上げられない。仕方ないので最後尾で耐える。20分ぐらい経過したところで、2人逃げを作っている大学(法政、早稲田)が抑えに入ったのか、集団が緩む。3位ポイントを狙って、第1コーナーの後に一気に上がって抜け出す。2人逃げには全く追いつきそうに無かったが、能活とかが後ろを抑えてくれたこともあり、5,6人の3位狙い集団が形成され、ポイント周回に入る。しかし、ここからの立ち回りがかなり下手で、後ろの状況がよく分かっておらず、無駄に長く引いてしまう。加えて最終コーナーを先頭で入ってしまい、踏みまくったものの発射台に使われてしまっただけで、全くスプリントに絡めず。ここが本当に良くなかった。その後も後ろの状況が全然把握出来ておらず、さっさと後ろの集団に戻ればいいのに無駄に独走し、カスカスになって後ろの集団に上手くつけず、1人で残り周回を消費して終了。

RCS#8 浮城のまち行田クリテリウム クラス2A 17位

六大戦のダメージで絶望的に足が重かった。六大戦ほどのコーナーの技術も立ち上がりのパワーも要求されなかったが、足がないのでまた同じ展開。中盤で逃げが決まり、集団のペースが緩んだところで上手くローテに加わって延命。最後にペースが上がったところで、またしてもケツにぶら下がるようになり、最終周はちぎれる。ラストで後ろから上がってきた日大の選手と、謎のもがき合いをして終了。足が痛い。

反省は色々あるが、まずはコーナーの技術と立ち上がりである。巡航のペースに付いていく足は不足していないはずなので、ここを改善すればなんとかなるはず。コーナーについては何回もクリテに出場して慣れるしかないだろうか。

次に、もっと冷静に走ることである。特に六大戦では、後ろの状況を的確に把握して上手く立ち回れば、3位ポイントをとれる可能性はもっとあったはずである。

監督がおっしゃる通り、また新谷の例に見て取れるように、やはり目標をきっちり決めて望むことが重要である。現状としてはクリテでは何も出来ずに、ほぼ最下位完走となっている事が多い。なので、今年度の行田と神宮のなかで、着実に1ケタの順位に入れる様にしていこうと思う。低すぎる目標な気もするが、現状これが全くできていない状態であることは事実なので、まずはしっかりこれができるようになりたい。

運転や様々な指導をして下さった、三宅監督と洋和さん、最終コーナーで力強い声援を送って下さった小藤OB、ありがとうございました。また、立哨をして下さった浦さん、林さん、魁さん、役員をして下さった宮崎OB、植田さん、見学で来ていたにも関わらず、サポートの仕事を手伝ってくれた松田さん、ありがとうございました。

今回のクリテリウムにおいて使用したZipp303は、スポーツバイク・ハイロードの青山OBに振れ取りをしていただきました。いつも本当にありがとうございます。

[] 22:38

こんばんは。冬も日焼け止め塗りたくりのマネージャー植田です(行田でちょっと適当に塗っただけにしておいたら顔がかゆくなりました…)

週末は自転車部づけでした…!写真の整理に手間取っていてなかなか更新できないのですが、順番に日記を書きます。

土曜日 東京大学自転車部60周年記念式典

東大自転車部は昭和31年に創設され、今年で60周年です。12日に本郷キャンパス山上会館で記念式典が行われました!

一度も部員が途切れたことがないだけあって、たくさんのOBの方がお見えになりました。

f:id:ut-br:20161112141726j:image

式典は石川部長の基調スピーチから始まりました。恥ずかしながらわたしもそれほど部の歴史を詳しく知らなかったので、初めて耳にすることもあり興味深かったです。

そして創部メンバーの皆様の顕彰とスピーチののち、各界で活躍されているOBのご講演ということで、まずは守山市長・宮本様の「ビワイチで地方創生 自転車を活用した観光振興とまちづくりについて」。

f:id:ut-br:20161112145622j:image

みなさんビワイチはご存知でしょうか…?琵琶湖の周りを一周するサイクリングコースです。GIANT劉社長もいらしたことがあるそうで、かなり盛り上がっているようです。

ビワイチ、と検索すると素敵な写真がたくさんあります。気になった方はぜひ!

そういえば、と思い出したのですが、昨年琵琶湖の近くでの大会に参加した際も、琵琶湖の周りにはサイクリストの方々がたくさんいらっしゃいました。自転車を載せることができるバスや漁船タクシー(!)といった面白い取り組みをされているそうです。いつか行ってみたいですね…!

ビワイチHP http://www.biwako1.jp/

講演お二人目は松本様。なんと非独立国を含めて世界246か国、全ての国を訪れたことがあるというすごい方です…!エッセイ集を出版されたり、新聞連載をされたり、講演活動をされたりと大変エネルギッシュです。

f:id:ut-br:20161112152326j:image

実はわたしは次の会場の準備で少し抜けてしまったため、すべてのお話を聞くことができなかったのですが、とても想像のつかないような世界の面白いお話でした。

そののちの会食にて、競技班・旅行班からそれぞれ活動報告をさせていただきました。

f:id:ut-br:20161112164237j:image

OBの皆様が築き上げてきたからこそ今の部があるということを強く感じています。皆様のご期待に応えられるよう、今後も努力を重ねて参ります。変わらぬご声援のほどお願い申し上げます。

2016年11月14日月曜日

[] 11:26

浮城行田クリテ クラス3A 30位

クリテは初めてで自分がどのくらい走れるのか、どんなレースになるのか想像がついていなかった。最初はなるべく前の方にいることを意識したが、おそらく7〜10番手くらい。コーナーで前と間隔を開けてしまうことなども原因だったと思う。3周目で、気がついたら後ろからペースを上げて抜かしてくる人が何人かいて、それに乗れずに後ろに下がってしまった結果、次のコーナー2つくらいで集団からドロップした。そこからは約5周完全に1人で走った。これがものすごくツラかった。いつ赤旗になるかとヒヤヒヤしながら必死でペダルを回した。結局最後まで赤旗はなかったので、一応頑張った甲斐はあった。

ドロップが早すぎるし、風のない走りやすいコンディションだから完走できたというのがあるので、ちゃんと走れるには技術面体力面まだまだであると感じた。

新谷は3ヶ月前から言い続けていた5位を本当に達成していたので、目標の大切さについては改めて気づかされた。

運転やアドバイスを頂いた三宅監督、中村洋和さん、役員のお仕事をして下さった植田さん、立哨、役員をして下さった先輩方、お世話になりました。ありがとうございました。

[] 21:53

日曜:浮城行田クリテリウム クラス3C 5位

出走直前の数分間は、この大会を目指してやってきたことの一覧と、やりがちなミスやその他の要点を書き込んだメモを読み、自信を呼び起こしたり、いろいろな最終確認を行ったりした。まるで入試会場で試験直前に見直しをする受験生の如くである。我ながらイカ東だと言わざるをえない笑。スタート地点に並ぶと、前から3列目なのでよしよしと思っていたら、道幅が広いため全体の隊列も3列しかなく、すなわち自分は最後尾に並んだことになっていた。これは大きな失敗だった。

発走すると、スタートが後ろだったせいで中切れを埋める事を繰り返しながら前を追う羽目になり、前に風除けを置ける時間も短く、非常に辛い状態が続いた。特に4周目が一番きつく、喉はカラカラながらボトルに手をかける余裕もなく悲惨な感じだった。だが、5周目、ついに先頭集団に取り付くと、今までが嘘のように余裕ができ、残り2周の時には元気になってゴールライン前で残り周回数を表示するプレートを指差したり、するすると先頭に上がったりしたほどであった。そのまま先頭集団で最終周まで進め、最後の直線に7番手で入ると、ゴールスプリントを経て5着入線!ゴールスプリントは必死すぎて覚えていないが二人抜かしたということはそれなりによくスピードが出たのだろう。

浮城は以前から明確に目標としてきた舞台であっただけに、この5着は自分にとって非常に価値が高い。なにより、自分の中で、結果にコミットする準備方法が一つ見つかったというのが、とても大きいと思う。

しかし、課題も多く見つかった。特に最初の並び位置は最悪であった。あとでわかったことだがクラス3Cは平均速度が一番遅かった。もし他のレース並みだったら、追いつくまでにもっと体力を消費し、致命傷になったかもしれない。並び位置など、意識さえすれば今日からでも変えられることである。ほかにも問題はいろいろあったが、それらは今後クリアしていこう。

さて、今回はMichelinのPower Competitionを使用しました。転がりの良いこのタイヤが、前半のきつい中でもスピードを出して先頭集団に取り付けたことの大きな助けとなり、また、そのグリップ力により、今回のテクニカルなコースを問題なく立ち回ることができたのだと思います。

ご指導してくださった監督、中村さん(監督には並び位置が最後尾だとスタート前に伝えていただけたことで本当に助かりました)、力強い応援をしてくださった小藤さん、立哨や役員としてサポートしてくださった植田さん、OBの皆さん、また、自転車部競技班に興味を持ってくださり、サポートや、よき話し相手としていてくれた松田さん、本当にありがとうございました。

今回の結果には、大袈裟だが、心底満足している。しかし、だからこそ次の目標がくっきりと見えてきた感がある。楽しくなってきた。ゆるむことなく今後も頑張ろう。

[] 22:21

六大クリテ 21位完走

レース前のモードの切り替えが全くできていなかったし、自分を過小評価しすぎていた。1周目の2コーナー明けでペダルを路面に当ててひやっとしたところで既に日和りはじめて、苦しみながら集団に付いていくだけのレース展開にしてしまい、案の定残り6周回で集団から遅れて、本当に何もせず完走しただけのレースになった。実力的にはこの結果以上のことも出来ただろうが、気持ちが入っていなかった。

クラス2B 15位

出走すると意外と前のレースのダメージはなく、脚も軽かった。ここまで今年度はクラス2のレースを一つも完走できていなかったので、これからの行田連戦でリスキーなレース展開ができるようにするため、今日はひとまず完走を優先。スタート後は先頭のアタック合戦がある程度緩和される10番手あたりまで上がってそこをキープし、終盤に前から降ってくる選手がいれば順位を上げて展開に絡もうという思惑であったが、コーナーごとに先頭がわざと大きく減速して後ろに急加速を強いるため、集団が後ろから一人ずつ消えていくというまずい展開で、気付いたころにはポジションを上げる脚もなく、残り4周でついにその消えていく側に回ってしまった。そこからは山梨学院大の雨宮君と回して、最後は千切れたが、追いつきそうだったので気付かれないように近づきフィニッシュ直前で捲ろうとしたもののぎりぎりで気付かれて、15位。ひとまず完走は出来たので、残りの行田クリテでは積極的に先頭でのレースに加わろうと思う。

はるばる立哨や応援、役員で来てくださったOBの皆さん、アドバイスをいただいた三宅監督、中村さん、サポートしてくれた植田、ありがとうございました。

[] 23:24

浮城行田クリテリウム 3A 完走のみ

オムニアムの怪我であまり練習は積めていなかったが、普通に乗れるまで回復していたので、昇格を狙って初めから上げていく作戦だった。いざ出走してみると、1周目は予定通り先頭で踏めたものの、このまま全引きはキツイなと思い緩めてしまった瞬間に飲み込まれる。一度埋もれると最近の落車続きで集団内でのコーナリングにナーバスになってしまっていたのか、コーナーのたびに過剰な減速をしてみるみる遅れ、すぐに千切れて終了。終盤で緩んだ集団に追いつきかけたが、当然最終周はペースが上がるので追いつくはずもなく。

夏が明けてからは悪い事ばかりだが、唯一良い事があるとすれば、今回は無傷なので次までしっかり練習できること。昇格した選手は別格だったと思うが、入賞した選手達とはこれまでのレースで脚の差は感じていなかったし、練習量を確保して恐怖心を克服すればチャンスは絶対にある。ただ、行田4連戦はコース的にも距離的にも、スプリントで勝てる力と、爆風に耐えうる体が必要になると思うので、その点も強化していく。

役員・立哨を務めてくださったOBの方々、植田さん、応援してくださった小藤さん、指導してくださった三宅監督、中村洋和OB、見学に来てくれていろいろ手伝ってくれた松田さん、ありがとうございました。

2016年11月13日日曜日

[] 18:16

六大学ロード 0pt 19位

中間スプリントはまあ無理なので、ラスト10位以内でポイントを取ることに専念。正直完走すらきついかも思っていたが、案の定最初の10分ほどは猛烈に辛かったので、DNFがチラついた。しかし、そこからは多少緩んだので、途中他の東大メンバーが逃げに入ったので集団を抑えるなどして、集団内で問題なく過ごせた。その後ラスト一周に入るホームストレートで、目立ちたい気持ち半分、集団から抜け出したい気持ち半分ぐらいでアタックをしたが、程なくして吸収。ラストは集団のケツでゴール。

このレベルのレースでしっかり走れたことは収穫だが、いかんせんラストのアタックはいらなすぎた。集団内に東大が自分1人しか残っていなかったのは分かっていたし、チームのことを考えればラストのスプリントに備えるのが最善であった。

RCS クラス2B 17位

序盤は前方で展開していたが、カーブが下手すぎて気づいたら集団後方に追いやられ、以後立ち上がり地獄に陥り、あえなく千切れ、残りは順天堂の選手と回して終わり。だいたい真ん中ぐらい。

クラス3ではカーブで若干離れても特に問題は無かったが、クラス2では割と命取りになるということが分かった。このままでは今日のようなテクニカルなコースでは、毎回集団経由立ち上がり地獄行きが確定してしまうので、どうにかしたい。監督がおっしゃっていたように、絶望的な脚力の差というよりは、こういう技術的な部分での差が大きいように思うので、しっかり修正したい。

立哨や役員の仕事をして下さったOBの皆様、ご指導して下さった監督、洋和さん、遠方から応援に駆けつけて下さった小藤さん、サポートをして下さった植田さん、自転車部に興味を持ってくれて、見学といいながらも、多くの仕事を手伝ってくれた松田さん、本当にありがとうございました。

[] 00:08

11/13 浮城 クラス3B 19位

初クリテ。アップを済ませて早めに並んだら最前列でスタート出来た。前でスタートしたのはいいのだが、コーナーからの立ち上がりの度にぐんぐん抜かれ(これは遠慮したとかではなく単にダンシングのキレがなくて抜かれた)、気づけば集団の後方にいた。そしていつの間にか前で中切れが起こり先頭集団に戻るのは絶望的になってしまった。その後は何度か前に追いつこうと上げるも結局後続に追いつかれてしまい、残り3周くらいはもう諦めてグルペットでぬくぬく回していた。ラストにスプリントと呼ぶにはあまりにもお粗末なものを披露し終了。

反省としては、まず立ち上がりの遅さ。重いギアを踏まなくてはという意識からケイデンスがガタ落ちしていた。もっと細かい変速調整が必要。あとは上体が高いとの指摘を多くの方から受けた。ハンドルがやや高いのもあるが、それよりも肘が突っ張っていることの方が理由として大きいと思うので意識して改善したい。あと、やはりクリテは後ろに下がってはいけないということを身をもって体感したので、次のクリテではなんとしてでも先頭から5番目以内をキープしたい(これがなかなか難しいのだが、、、)

最後に、ご指導下さった三宅監督と洋和さん、役員や立哨をしてくださった宮崎OB、浦さん、林さん、上村さん、植田さん、毎周回ホームストレートに入るコーナーで名前を呼んで応援してくださった小藤さん、本当にありがとうございました。

[] 00:38

ローラー台 メディオ

あまり調子が良くなかったのか、後半の辛さが際立った。目標値はクリアしたので良しとする。大会出場の皆様、サポート、応援の皆様、お疲れ様です。

[] 22:23

六大ロード 24位(最下位完走)

今シーズン最後のレースと考えて気合いを入れて臨んだ今レース。しかし出来は悪かった。

序盤のペースが非常にきつかった。2周目のポイント前に形成された前のパックには入ったものの、立ち上がりでつきぎれしてしまった。集団に戻ったところ、東大が他に誰もいないように見えて焦ったが、しばらくすると他の選手の姿も確認できた。その後もペースはきつかったが、だんだんと緩くなり、井上らが逃げ(第二集団)を形成してからは余裕ができた。この逃げが作られる際、何人かの選手がブリッジしていくところに自分も乗りたかったのだが、その時は余裕がなくて動けなかった。井上が前に行ってくれて幸いだった。

しかし、各大学が逃げに人を乗せていて、もうメイン集団は逃げ(第二集団)に追い付かないだろうと予想する(結局追いついたのですが…)。その中で東大が井上一人では分が悪いだろうと考え、立教の選手がアタックしたのに合わせてアタック。しかし立教の選手はついてこず、一人で前を追うことに。ただ、それを実行するには自分の力がなさすぎた。自分の持ちワット的には無理模様。

結局もといた集団に追い付かれ、そこにつくつもりが失敗。一人で走っていたら落車。そんなに攻めたつもりはなかったが、砂が結構浮いていて滑ってしまった。ニュートラルで復帰して最下位完走した。

RCSの方は落車で腰を痛めた影響でDNS

久しぶりのクリテということもあってコーナリングがど下手で立ち上がりがきつく、上手く走れなかった。他の選手にも申し訳なかった。自分の実力を過信しすぎていたのかもしれない。ただ、次戦からの行田クリテの方がコーナーの難易度が低く得意なので、上位を狙っていきたいと思う。今年こそ表彰台に上りたいな…。

三宅監督、中村さん、応援や役員をしていただいたOBの方々ありがとうございました。松田さんもいろいろ手伝ってくれてありがとう。

縁石に腰を強打した影響でしばらくは練習できなさそうです…。もともとこの試合が終わったら今シーズン一区切りということで1週間くらい休もうと思っていたので最悪ではないですが、もう少し長く休むことになるかもしれません。行田第一戦での復帰するつもりで、じっくり治したいと思います。

2016年11月12日土曜日

[] 10:52

ローラーで調整。

[] 23:52

ローラー台 メディオ

昨日より調子は良かった。

2016年11月11日金曜日

[] 15:55

ローラーメディオ

[] 23:46

11/11 ローラーメディオ

[] 00:59

ローラー台 メディオ

一昨日よりもキツく感じた。数日ローラー台用のタイヤに空気入れてないから?

[] 02:14

11/10 3本ローラーメディオ

11/11 3本ローラーメディオ

美麻の賞品のラテックスチューブが1日で2本ともお釈迦になって、メンタルがえぐられました笑

2016年11月10日木曜日

[] 19:25

(V坂)・パワマHIIT

朝V坂に行ったが、気持ちを作れずすぐ諦めて帰った。あまりの寒さに萎えた面があるが、これからもっと寒くなっていくので、こうならないようにしなければ。不完全燃焼だったのでパワマHIITを付け足した。

なんだかんだ言いつつ、常に意識してきた浮城。まだロードで完走すらしたことがない初心者だけれども、少しでもいい結果を出したいものだ。頑張りたい。

[] 21:49

昨日 ローラーメディオ

今日 ローラーソリア

ローラー2日やると疲れる軟弱体質なので、今日は調子が悪かった。

[] 23:59

パワマソリア ミドル

両方とも最後の一本で撃沈した。まあそのくらいの負荷がちょうどいいのかな。

[] 00:28

ローラー メディオ、ソリア

2016年11月09日水曜日

[] 13:24

134号(松波〜大磯間)2往復

信号通過ごとに5秒もがくという制約を課したので、中々きつかった。2本目の復路で明らかに垂れ、新湘南大橋で風に飛ばされてあやうく水上スキーをしかけたが、実はこの橋を渡って柳島を通過したあたりからは信号が少なくなり、スイスイ進むので何とかこらえた。

帰りも引地橋あたりまでスイスイだったが、白旗を登り、善行を超えたあたりから道路が混み始めたので、六会からはダラダラ帰った。

何となく気が向いたので、地元の地名をたくさん書いてみた 80km

[] 14:43

メディオ

半年前より弱くなってることが分かってリアルに泣きそうだった

[] 19:53

11/9 パワマソリアHIIT

[] 22:09

昨日 ローラーメディオ

調子が悪くまるでダメでソリア失敗。

今日 荒川ソリア、スプリント

ロードでの実走が2週ぶりなので、実走感覚を取り戻すことと、できない動作があるかの確認。かなりの強風で違和感だらけだったが、もがいても気にならなかったので大丈夫そう。それよりもちょっとした登りでのダンシングの方が痛んだのだが、手に体重かけ過ぎなのだろうか。

[] 00:20

ローラー台 メディオ HIIT

今日も練習できた。少し、負荷が高い練習が恋しかったのでHIIT。終盤で、やめときゃよかったって思うくらいに辛かった。

床と同化した後は爽快感たっぷり。

[] 01:11

ローラーメディオ

今日はやりきれたのでよかった。

2016年11月08日火曜日

[] 12:27

戸塚 ソリア SFR

オムニアムが終わったので、一旦火曜メニューに別れを告げた。ソリアは久々に気持ち悪さとの勝負になったが何とか耐えた。値は悪くない。その後道端で少しグダグダしてからSFR。それでも少し時間が余ったので、一周ビャッと回って帰宅 50km

[] 15:22

ローラーメディオ

土日の疲れが残っていたのか足が重く、目標の半分で終了。

[] 21:35

ローラーソリア。好調である。ただ足の調子がいまいち。尻の筋肉がめっちゃ固い。

[] 22:37

ローラーメディオ パワマハイ SFR

休講で昼と夕方2回やる時間があった。

[] 01:12

11/8 3本ローラーメディオ、パワマHIIT

[] 00:12

ローラー台 メディオ 

メディオ週間みたいになってきている。これを習慣にしたいところ。忙しさにかまけず頑張らねば。

2016年11月07日月曜日

[] 11:15

11/5大垂水 雛鶴 大垂水

朝集まった部員が5人。帰る頃には3人。人が少ないなあ。雛鶴は自分だけ早々にちぎれた。1年2人はもうちょっと最後までついて行ってたらしいので、さっさと踏めなくなったのは良くない。

浦さんに来て下さった。ありがとうございました。今日浦さんがいなかったら練習はどうなっていたのだろう…

11/6 恩方4 時差発走2

3人で練習。「全体」練とは…。みんなどこに行ってしまったのだろう。

1本目から足痛かった。周回を重ねるごとに坂で踏めなくなっていった。時差発走はほぼ何もできない感じだった。強度は上がってないのに死んでいった。

[] 20:40

11/5大垂水〜雛鶴〜大垂水

大垂水は残り200m位で浦さんから千切れる。雛鶴は最初はかなり楽に感じたが20分あたりから終わらないアップダウンに絶望し始め残り10分くらいで千切れる。最後の大垂水は足が残っておらず、とりあえずのぼりました的な感じになってしまって。

浦さん練習に来ていただいてありがとうございました。浦さんがいなかったら強度がかなり落ちていたでしょう。

11/6恩方ペース4、時差発走2

淡々とメニューをこなして淡々と帰った。

[] 21:27

土 全体練に行ったものの、足に違和感があったため大垂水前で切り上げ。

日 V坂5。調子がかなり良かった。足を悪化させないためにはこのくらいが限界かな。

六大ロードまでは体力を落とさないようこのくらいで練習していこうと思います。

[] 23:33

11/6 3本ローラーメディオ

11/7 3本ローラーメディオ、パワマソリア

諸事情によりローラーになってしまった。昨日はやたらつらくて、調子を崩してしまったかと思ったが、今日は好調だった。とりあえず六大戦と浮城に問題が出ることは無さそう。

[] 00:01

ローラー台 メディオ?全力走? 

昨日に引き続きメディオでブランクを埋めるべく。パワーメーターがないので20分間中心拍を目安にしたが、心拍的には結構高負荷だった。

2016年11月06日日曜日

[] 16:53

恩方4・時差発走2

昨日の疲れが残っていて足が重く、きつかった。3人しかいなかったため周回練で千切れるのはあってはならなかったので、先頭を引く時間をだいぶ短くしたりして対応。今日はあれが限界でした。時差発走はゲーム性ゆえ頑張れたが、激坂のもがきが全然もがきになっていなかった。

[] 18:13

自宅〜134号〜大磯〜134号〜白旗インターバル〜自宅

全体練に行こうとしたが、喉が治りきっておらず痰を撒き散らしていることに萎えて、気づいたら集合場所とは真逆の南側に走り出していた。いや、普通にごめんなさい

しかし、134号に辿り着く頃には何故か喉が回復の兆しを見せ、ゴリゴリ踏んでおり、帰りがけにはその勢いでインターバルを行なった。いつもなら心が荒むインターバルも久々にハーハーするとむしろハッピーな気持ちになってきて、登り坂が平坦にすら感じた。結論、自転車は楽しい乗り物だった。 60km

[] 21:23

昨日 ローラーメディオ

今日 ウエイト、ローラーメディオ、ソリア

着実に回復していて、今日久々にソリアができたのはよかった。腕を横に曲げるのはまだ痛むので、火曜以降で実走して具合を見る。

[] 22:38

練習の集合場所までは行ったものの不眠から明らかに周囲への反応速度が落ちていて危険を感じたので、帰ってローラーメディオ、ソリア。目標値が低かったようでいまいちであった。

[] 23:58

ローラー台 メディオ

仕事の合間を縫って、久々に自転車の練習が出来た。

2016年11月05日土曜日

[] 18:29

雛鶴

昨日、スポ身陸上の45分間走で頑張りすぎたため、朝から足が重かった。特に来週は大会なので自重しなければと反省した。雛鶴では来てくださった浦さんに限界までついていった。ちぎれた後はそれまでのオーバーペースの反動でペースがガクッと下がったが、攣って一度脱落したはずの岡野が復活して後ろから迫ってきていたし、ゴールまであと少しだったので力を振り絞り、なんとかかわされずに最後までいけた。今日は、これまでの練習で一番出し切れたかもしれない。

浦さん今日もありがとうございました。おかげさまで有意義な練習ができました。

[] 20:09

ローラー

早く治れー

[] 21:08

11/2 ローラーメディオ

11/3 3本ローラーメディオ

初三本だったので、軽め。

11/5 大垂水〜雛鶴

大垂水は後の雛鶴を考えてしまうと強度が落ちると思ったので考えずに頑張った。雛鶴で終盤脚をつりかけてちぎれたものの回復したので前を追うと、浦さんからちぎれた新谷を前方に確認。差を詰めたが結局抜かせずにゴール。今思えば絶好のスプリントチャンスだった。練習で出来ないことは試合でも出来ないので、練習のうちからベストを尽くすことが大切だと思った。帰りは諸事情で大垂水をワープした。浦さん、練習に来て下さってありがとうございました。