Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2016年07月29日金曜日

[] 19:58

戸塚×2

這うようにして家を出たが、10分で心がオールアウトし、1時間経過したところで身体がオールアウトしたので這うように帰った。 40km

[] 22:48

ローラー台ソリア。メニューの途中でやめてしまいたくなったが、どうにかやり遂げた。

2016年07月28日木曜日

[] 19:14

真っ昼間のV坂5。

2016年07月27日水曜日

[] 19:56

メディオ、SFR

ロングにいくつもりだったが、まさかの11時起床でやる気を失った。

[] 20:58

インターバル

寝不足でモチベーションが皆無の中、何とかサドルにまたがることに成功した。そのあとはお察しの通り。笑

試験中だとモチベーションが上がらないのはとてもよく理解できるが、試験中だからといって、半日かかる実走はともかく手短にやれば1時間で終わるローラー練すら控えようという発想は3年目になっても理解しがたい。ということで、1年生はせめて30分で終わるHIITくらいはやりましょう。

[] 23:12

ローラー

白馬までに張り詰めた糸が一気に緩んだので、自転車に乗る気が起きず2日ほどぐーたらしたり、勉強したりしたが、さすがに3日開けるのはまずいと思い申し訳程度に乗った。

完全に切れた訳ではないので、もう一度モチベーションは高められるはず。多分

[] 00:00

7/26,27 万灯呂山メディオ

まんどろやま。実家から15分行けば10分以上のメディオが出来て素晴らしい限りである。ただし、ザ・林道なのでダンシングの使いどころを間違えると後輪がスリップする笑

2016年07月26日火曜日

[] 07:02

土曜 大垂水

踏むよりも引くことを意識して登ってみた

登りやすかったが脚への負担を考えると引いてばかりではいけない模様

[] 20:02

パワマソリア。テスト期間中、時間もないので、セット少なめレスト短め負荷ちょっと強めでやった。正直回しきれないと思っていたが、回しきれて何より。よく追い込めた気がする。でもこういうのは大会前のモチベーション高いとき以外出来なさそう。

[] 21:06

スプリントインターバル

もがけなさすぎて引いた。

僕に(以下略)

[] 22:50

用事で熊谷に行ったので、かねてから行きたかった埼玉峠ツアーに行こうとした。しかし、雨で峠があまりにも寒く、また、路面も濡れてリスキーで、時間的にも達成が厳しいことに気づいたので釜伏峠〜二本木峠と行ったところでDNFし、小川町から帰宅した。またの機会に再挑戦したい。学校まで走ったりもしたのでトータル70kmほど走行したと思われる。

2016年07月25日月曜日

[] 15:45

白馬両日DNF

1日目 パンクしてニュートラルも目の前で落車が起こり、最後尾から。さすがに無理だった。

2日目 15番手くらいだったが、どうも練習が足りなくだめ。精神状態が不安定なのが本当にだめ。

3年目にしてこんなこと言ってる場合ではないのだけど、自分のモチベーションの変化が大きいのが問題。インカレ後は個抜きとかに挑戦していくのでそれは大きなモチベーションになりそう。頑張ります!

[] 17:04

書くのが滞っていてすみません。

土曜:大垂水表裏裏

萩原と。実走相手がいて良かった。

火曜:パワマソリア

大会前なのにテスト前で実走に行く時間がないのは嫌な感じである。

[] 18:48

白馬クリテリウム

1日目 8位

コーナーが下手過ぎて毎回遅れて、立ち上がりで損した。その上で状況判断がクソなので、ポイント周回で若干遅れる集団を毎度全引きで先頭まで引っ張り上げていた。ポイント形式だったことや、3位まで昇格だったことを考えるともう少しクレバーに走る必要があった。

2日目 11位

始まって15分くらいで逃げが決まったが、大して開かなかったのでしばらくは放置。ただ、集団にいてもろくにローテが回らず、引いているばかりで損している気分になったので、ブリッジをかけて一気に逃げに合流。二人で回していこうと思ったが、何故か逃げていた人が踏み止めていなくなったので仕方なく一人逃げ。ただ一人で独走する力はなく、ラスト一周に入る所であえなく吸収。無論スプリントに絡めるはずもなく撃沈。集団でぬくぬくしてスプリントだけ頑張れば順位はかなり上がったと思うが昇格は厳しかったと思うので、ブリッジの選択は正しかった。ただ足がなかった。それだけの話

湾岸は出ないのでインカレ前昇格は消えたが、今の実力でインカレに出たところでただの参加賞なのは見え見えなので、まだ早いということだろう。少しレース間隔が空くので、今後のレース選択や練習計画などを含めて色々考えていきたい。

監督、ご指導、長時間の運転ありがとうございました。小藤さん応援に来てくださりありがとうございました。

[] 20:37

日曜 荒川

平日しか行ったことがないので、日曜の昼だととても人が多いと感じた。

帰り道で(また)浦さんに遭遇。DHバーつけてたし、高強度やってると言ってたがあの方はどこを目指しているのだろうか。

[] 20:54

土 メディオ

月 メディオ

ラストは残り3分半で心が折れた。まあそんな日もあるさっ

僕に単位と夏休みをください。

[] 21:14

白馬クリテリウム

1日目:1周したところでポジション上げようとしたら後ろから慶応の選手がついてきたのでアタックして二人で逃げた。しかし確か1周くらいで吸収された。久しぶりのレースで興奮し、逃げで頑張りすぎたため、かなり疲れてしまった。これはミスだった。集団は半分以下に減っていて、割と走りやすかったのだが、コーナリングが下手すぎたこともあって、回復する前に数周で千切れてしまった。結局吐き気によりDNFした。

2日目:前日の反省から無駄足を使わないように心掛けて、最低完走、入賞目標で臨んだ。コーナリングも昨日の経験や試走でだいぶ慣れてきてはいた。アクチュアルスタート後すぐに法政二人が逃げ、他の法政が集団を抑える動きを始めたので、逃げても無駄に足は使わないだろうと思い逃げに加わって5人で逃げた。今回は足は使わなかったが、すぐに吸収された。しばらく集団で走っていたら、落車が発生。その前に中切れもしてたらしく、12人くらいの先頭集団の後ろから2番目になっていた。前に残れててよかったと思ったが、この集団のペースが存外早く、千切れてしまった。落車の影響などを受けた後続集団(後で前に追いついていた)にもつけず、DNFした。結局のところ、完走する足すらなかったのであった。

白馬のコースは行田に比べて休める箇所が少なく、完走人数が少なく、自分としてもやや苦手なコースかと思ったが、それでも全く完走に手が届かなかったのは予想外で、非常に残念だった。平日の練習の影響で足が重かったが、それ以上に基本的な体力が衰えている気がした。インカレに向けて練習を積んで調えなければならない。

応援に来ていただいた小藤さん、アドバイスや長時間の運転をしていただいた監督ありがとうございました。

[] 23:39

是政4分坂*6

最近自転車に乗れていなかったので、カロリー消費を稼いで代謝スピードを戻すべく、強度低め下りレストで数をこなすつもりで行ったが、5本目で早くも飽きてしまい、6本目でピークパワーを更新してさっさと終了。

[] 00:25

白馬クリテリウム

1日目 完走

並びに行くのが遅くて後方からスタート。ローリング中にポジション上げられなかった時点で終わり。

2日目 完走

ローリング解除までは前にいたが、その後は立ち上がりの度に1〜2人に抜かれてポジションどんどん落としていき3周目辺りですでにメインから千切れていた。立ち上がりの出力は問題ない(と思う)ので、コーナーの侵入速度の問題か。

1日目は小藤さんが応援に来て下さいました。結果が伴わず申し訳ありません。いつまでたってもレースをまともに走れるビジョンがわいてこない。このままダラダラ続けるのもどうなんだと思わなくもないがもう少しの辛抱だと信じて頑張ります。とりあえずは夏合宿で何らかの手応えを得なくては…。

2016年07月24日日曜日

[] 13:48

7/21 3本ローラーメディオ、パワマHIIT

7/23 白馬クリテ1日目 クラス2 21位 0pt

久々のクリテでビビりまくって一瞬でポジションを下げてしまって、2,3周目ですでに集団ケツでヒラヒラ。さすがにクラス2で、集団後方ヒラヒラの立ち上がり地獄になったらもつはずもなく、すぐにちぎれる。1回目のポイント周回までのペースが速かったってのもあるのかなぁ。あとは4人ほどのグルペットでうまく回してギリギリ完走。クラス2初完走ではあるのだが、本当に何もしてないし、ギリギリ完走だしで何とも言えない。

7/24 白馬クリテ2日目 クラス2 DNF

ほとんど前日と同じ。落車で遅れた有力選手が引いてくれて、集団復帰しかけたのだが、そのペースについていけず、集団復帰直前でちぎれる。ここで死ぬ気でついていかないといけなかった、、、

正直クラス2でももう少しやれるかなと思ってたが全然だった。完全に嘗めてた。高強度域が弱すぎて、クリテはお話にならない。特に立ち上がりがダメで、終わってからは背筋とか腰周りの筋肉が痛い。2Sの間はかなりメディオ、ペース走などのベースの力を重視してやってきたが、これからは高強度にもっと意識を向けていこうと思う。

先週に引き続き、1日目に応援に来てくださった小藤さん、ありがとうございました。本当によく通るお声で、しんどいときでも必ず聞こえてきて、元気が湧いてきます。長時間の運転やアドバイスをしてくださった監督、ありがとうございました。

[] 19:19

7/24 中距離ライド 県道513〜宮ケ瀬〜裏ヤビツ

  (各所TT:県道513, 裏ヤビツ(札掛=山頂)

  最近の練習の成果か各所のTTで自己ベストが出せた。 84km

[] 21:32

白馬クリテリウム

1日目 3B 11位(1pt)

ポイントレース形式なもののゴールポイントの配分がかなり大きいうえに3位までが昇格ということで、中間スプリントは先頭集団から遅れないことだけ心がけ、ポイント後の緩むタイミングで可能ならアタックし、ゴールポイントでの滑り込みに賭けるつもりで出走。今から考えるとこの時点で負けていたのかもしれない。

1回目のポイント周回までは前方をキープできていた。中間スプリント手前で2、3番手くらいにつけ、一瞬取ろうかなとか思ったが、後ろが凄い勢いで吹っ飛んできてたので日和って後ろに着こうと判断。ポイント後に追いついたものの、4番手で入った立ち上がりで踏めなくなって盛大に中切れを起こし、中切れを埋めた人たちの後ろにもつけず7人の先頭集団に残れず試合終了。残りは近くにいた3人で回し、ラスト手前でやけくそアタックを試みるも、あっさり捕まって10着でゴール。

監督に言われた通り、明星が下り区間からの3つのコーナーを先頭でもがき続けることで後ろの脚を削りにきていて、自分の脚では明星と同じかそれより前でコーナーに入るしか対抗策はなかった。中途半端な位置で妥協してしまったのは、最初から1位を取ろうとする気持ちがないのが原因。着に絡めないなら何位で完走しても意味がないと言われたが本当にその通りだった。

スタート時に自分がふらついたために落車を誘発し、負傷させてしまった方には本当に申し訳ありませんでした。改めてこの場を借りてお詫び申し上げます。

2日目 3C 12位

前日の反省を踏まえ、1位だけを目標に出走。ロードレース形式なので中間スプリントで削られることは無いし、組分けにも恵まれて、本気で狙えると思っていた。

スタート時に明星3人が先頭に固まっていたのでこれはマズいと思い、下り区間では毎回先頭に出て、3つのコーナーは先頭で入って立ち上がりを適度に踏み、後半は前を譲って先頭に出ても引かない走りを徹底した。途中散発的にアタックがかかって5番手位になることもあったが、特に決まる気配もないので次の周では先頭に戻りを繰り返し、25分経過して残り3周の時点でも脚はだいぶ残っていた。ただ、自分含め誰もペースを上げなかったので集団の人数が多く、このままゴールスプリントでは勝ち目がないので何とか逃げなければと思うものの、思い切りのなさ、コーナリングの下手さから飛び出せないまま残り1周に。予想された通り集団が一気にペースアップしたところで後ろに下がってしまう。焦って下り区間でかなり強引に内側から上げようとしたもののせいぜい5、6番手で、立ち上がりで離されてホームストレートの一つ前の直線でもうトップから完全に遅れて気持ちが切れ、集団最後尾でゴール。

1日目とは違って途中までは自分の考えた走りができていたし、行田でDNFを繰り返し神宮でも大集団から千切れていた自分にとってあれだけの時間を先頭付近で走るのは初めてで、経験値は上がったと思う。しかし、集団ゴールスプリントとという一番望まない展開を作ったのは紛れもなく自分であり、途中のコーナーで後ろが少し離れたり、誰かがアタックしたり逃げるチャンスが全くなかったわけではないにも関わらず何もしなかったのは本当に情けない。順当に勝つ脚なんてないくせにリスクを犯す覚悟もなかった。

来週は湾岸。位置取りが重要らしいし出る以上は絶対勝ちを狙うが、一週間で強くなるのは無理。クラス3でなら圧倒、クラス2でもすぐに適応できるレベルの地脚をつける練習と、アタックなりスプリントなりに必要な高強度を出せるようにするための練習、筋トレを少し長いスパンで考えていきたい。あと、ずっと立ち上がりが極端に弱いと思っていた(実際得意ではない)が、コーナーの進入速度が遅いだけで立ち上がりで劣っているわけではないと監督から教えていただいた。自分が先頭ならキツめにブレーキかけていいだろうが、そうでないなら極力前の人から遅れないようなスピードで入らなくてはいけない。

2日間、監督には的確なアドバイスと厳しいお言葉をいただきました。また、1日目には先週に引き続いて小藤さんが応援に来て下さいました。長野県車連の横澤さんには昨年に引き続き裏ピットでいろいろと助けていただきました。本当にありがとうございました。そして、ec90を貸してくださった拓央さんをはじめとして出発前や当日に激励してくださった皆さんもありがとうございました。結果につなげられなくて申し訳ないです。

2016年07月22日金曜日

[] 20:41

昨日 ソリアとSFR

今日 流し

明日は白馬でポケモン、GETだぜ!(大嘘)

[] 21:00

ローラー

キュルキュルいってたのでプーリーを交換した。これで出力が節約できるはずだ!

[] 21:20

水 流し

メディオ1本くらいはやっとこうと思ったが、まだ足重だったのでソリア1本だけにした。

金 メディオ

テストも谷間に入ったし疲れも取れてきたのでさすがに。4日も休んでいたので、いつもより低い負荷がクソきつかったが何とか2本はやりきった。

白馬へGO!昇格ゲットだぜ!

って書こうとしてたら秋山に先を越されてた(僕は出ません)

[] 22:22

パワマソリア

あんまり最近負荷を上げられてない。というか最近パワマやる頻度が下がってる。だけど今日の感じだと負荷上げたらたぶんムリな負荷になっちゃう。試験勉強もしないとなぁ。

[] 22:57

ローラー台 ソリア。まだ平日の練習のやり方を模索中。

2016年07月21日木曜日

[] 19:12

今日:パワマソリア

レストを少し短くしてやってみた。結果、良い感触だった。

2016年07月20日水曜日

[] 18:09

甲武

色々あって時間がなくなってしまったのと、疲れのせいか足に全然力が入らなかったので甲武一本だけで帰ってきた。ダンシングばっかしてた。まあ100km以上は乗れたので良かった。

どうもうまく漕げない。今朝起きて、ふくらはぎ筋肉痛。これは初めてのことである。新しいシューズでソールの角度がだいぶ変わったせいな気がしてきた。これは元に戻した方がいいかも。

[] 18:33

7/20 3本ローラーメディオ

2日間休んだのでそこそこしんどかったが、まあこんなもんだろう。

終わったあとで試しにぶん回してみたら、ケイデンスは150ちょいまでは上げられた。あと、3本ローラーでもメディオ中にボトルケージからボトル取って水が飲めることに気付いた笑 最近暑すぎて気持ちが切れることが多いのでありがたい。

[] 19:31

スプリント、メディオ未遂

おやつが喉元までこんにちはしかけてメディオは4分くらいで心が折れた。

[] 21:17

ローラー メディオ

扇風機挟み討ちでそれなりの出来。先週と違い脚も重くない。このままいってくれ。

[] 22:35

昨日

復活のアウター確認後にローラーメディオ

何故かかなり元気

今日

戸塚×3→ローラーメディオ

戸塚は毎周スプリント。メディオは大分安定 50km

2016年07月19日火曜日

[] 16:35

7/17 美麻ロード 完走

パレードは集団真ん中辺り。パレード解除後の五分坂でフロントをインナーに落とそうとするがガチャガチャいうだけで落ちてくれない。諦めてアウターで登るが、すでに集団後方辺りにポジションを落としてしまう。激坂前でも同様にインナーに落ちず、ガチャガチャやっているうちに完全にメイン集団から遅れてレースとしては終了。それ以降は贅沢な練習だと思って走った。ずっと引きずりまわされてた平日のロング練の方がよっぽどきつくて辛かった。

運転、サポートをしてくださった中村さん、運転やアドバイスをしてくださった監督、ありがとうございました。そして激坂で名前を呼んで応援してくださった小藤さん、本当にありがとうございました。

[] 18:45

大垂水〜雛鶴峠〜道坂峠 160kmくらい

大垂水はそれなりに頑張ったけど、他はまあ追い込まないくらいで。けど峠だから自然と足は使った。とりあえず体力を取り戻すのと、暑さに慣れていくのが目標だったのでよかった。

日曜からニューシューズにしたのだが、どうもサドル高がしっくりこない、ちょっといじってもだめなので、だいぶ違う気がする。白馬までにそれなりに合わせたいと思う。

[] 19:29

荒川 HIIT、ソリア

さすがに土日の疲れから脚が重かったが、乗ったら意外に回った。最後のスプリントも逆風だったが自己ベストに近く、むしろ土日より調子は上がったと思いたい。実走HIIT初めてやったが、すごくいい練習な気がした。時すでに遅し感あるが、秋〜冬はやってみようかな。

[] 21:52

日曜 美麻ロード クラス3 2周DNF

パレード走行中は集団の真ん中よりやや前方にいた。激しい雨の中の出走で、最初のブレーキ時に思ったより効かず前に突っ込みそうになったこと以外では高密度の集団で危ないことはなくそこまで怖くなかった。パレード解除されると、最初の坂で集団から遅れてしまった。どうすることも出来ず遅れたが、さすがにもう少し集団で走りたかった。その後は、こんなものかとか、あと何周できるかなとか思いながら1.5周ほど2〜5人くらいで回して終了。一緒に走ってた人がちょっと遅いなと感じる時もあったが、1人で走ったら前の人より自分が遅いなと思い、特に何もできなかった。

三宅監督、中村洋和さん、運転やレースのサポート、走る時のアドバイス等いつもありがとうございます。井上さんは3位入賞と昇格おめでとうございます。僕も嬉しいです。

火曜 v坂 ソリア SFR

朝起きてすでに暑くて行くのやめようかと思うくらいだったが、最近v坂行くくらいの距離も強度もやった記憶が無いので行くことにした。SFRで踏む力無いなと実感。止まっているかのようだった。

2016年07月18日月曜日

[] 16:31

7/17 大町美麻ロードレース DNF

パレード区間で集団の後方までずるずる下がってしまい、パレード解除後の5分坂では第2か第3くらいの集団のケツに何とかしがみつく。しかし激坂の途中でちぎれる。2周目は、平地で後ろから来たグルペットに入るも上りでちぎれてしまい、一人旅。ラスト2周地点をなんとか降ろされずに通過できたが、直後下った後の急カーブで曲がりきれずに落車。そのままDNF。

幸い(?)怪我は右膝だけで済んだが、傷が少し深く放っておくと感染症のおそれがあるので病院で手当てをしてもらいました。どうやら大事には至ってないようです。ご心配をおかけしました。落車時に水やタオルをくださった地元大町の皆さま、スタート地点まで運んでくださった大会役員の皆さま、応急処置をしてくださった大会ドクターの金子様、本当にありがとうございました。ロードレースが多くの方々の協力で支えられているということを、こんな形ではありますが身にしみて実感しました。

最後に、サポートや運転をしてくださった三宅監督と中村洋和さん、応援に来てくださった小藤さん、レース直後にもかかわらず病院まで車で送ってくださった井上さん、ありがとうございました。

[] 16:34

7/16 TRS#3 @美鈴湖

個抜き 5'08"444 (49-15)

とりあえずB基準を切らなければと思ってエントリーしたのだが、先日のバンク練でやったスタ2000の感じからして、B基準は余裕だろうと思っていた。なので目標は5分15秒にし、1周25.8秒で回るつもりで出走。1周目が28"5、2,3周目が23秒台と早かったため、突っ込んでるのか?と思いやや落とす。その後は25秒台になったが、最後まで25"8を超えることはなく、ペースを維持して終了。終わってみると目標よりもかなりいいタイムだった。

最後まで1周あたりの目標タイムを超えることはなかったということは、もう少し突っ込むなり、全体的な目標ラインを引き上げるなりすることができるということなのだと思う。またギア比についても、ギリギリB基準を切れなかった前回のTRSと同じにしてしまっていたため、少し無理があったかもしれない。ケイデンスが上がりすぎて苦しいという感じはなかったのだが、ギアを上げてみればもっと踏める気もするので、今後試していきたいと思う。今度計るときはもっと色々な部分を詰めて、さらにタイムを縮められるようにしたい。

なんにせよとりあえずダブル昇格の片方を達成し、団抜きに出れるということで一安心。

応援に来てくださった小藤OB、前日からの運転やサポートをしてくださった秋山さん、本当にありがとうございました。

[] 17:52

暑さと膝が痛んだことにより断念、50kmほど?根性がなかった。膝は昨日帰ってきてから微妙に痛かったのだが、今日引き返すことを決めてからなぜか治った。ほっと大安心である。

このままじゃ体力がつかないので、大混雑のプールに繰り出して泳いだ。それなりに頑張ったのでまあよし。

[] 19:17

美麻DNF

前回個人ロードでの反省を踏まえて強い選手の動きを見ることに専念。自分の実力的に着に絡めるわけもないが、いずれ絡みに行くためにチャレンジしようかなと。

案の定下り、平坦ではポジションをキープする程度。たまに行けるかなというところで痴漢行為を連発してひょこひょこ上げる程度。登りに入った直後に集団がすごく緩んだところで上げたいときには上げていくという感じ。

レース2周完了まではけっこうハイペースだったようだが、特にしんどくはない。3周目ラストの激坂で野本がするするっとポジションを上げていたので、怪しいぞと思って自分も上げる。がしかし何もなかった。

4周目の激坂前に野本がアタック。岡本隼も反応していたので少し遅れて自分も踏む。追いつけなかったので下りで一緒にいた人に行こうと言って踏んでもだめ。正直これはやばいと思ったので裏の5分坂でも明星の選手が飛び出したのを見て自分も行こうと思うも、もうあんまり足がない。そのままずるずるっと集団に追い抜かされてさようなら。結局二人とも集団に戻っていたけど、別に反応したことに悔いはないし、いい経験だったように思う。

さて美麻は特別なコースだとは思うけど、個人ロード・美麻とメイン集団がグルペット化するのが続いていて、ベース力だけじゃ完走すらできないのかなと思う。高強度を一発出した後でもそれなりのベースをいつも通り維持できること。集団にいるときに足を回復させることができること。そもそもの高強度のパワーの天井を上げること。足りないことがいっぱいあるので8月はそういうところに注目して練習していきます。

さて今回は小藤さんがTRS、美麻と両日応援に来てくださいました。久しぶりにお話しできて本当に嬉しかったです。来週の白馬でもよろしくお願いします。監督もアドバイスありがとうございます。洋和さんにはたくさん悩みを聞いてもらい、いろいろ助言もいただきました。サポートや運転も本当にありがとうございます。最後に井上プロ、昇格おめでとう。2月は僕に引きずり回されていたのに随分強くなったなあとお父さんは嬉しい限りです。

[] 23:07

美麻ロード 11/13周DNF

先週の感じから長い距離は厳しそうだが前半のハイペースは耐えられるであろうし、そのあとどこまでもつかということの確認とインカレ前最後の大人数のロードレースなので個人ロードの落車を払拭しようなんて考えながら現地へ。長い距離の勝負なのでいつもよりアップは少なめ。クラス3でこういっちゃんの3位を見届けた後、近くの坂で心肺を一回だけ上げてスタート。

前半は速いがまあこんなもの。一方で、下りで一気に割り込んでくる人がいて、ポジションを下げてしまい、コーナーがきつい。自分も上げようと踏んでスペースにぬるっと入ったりもしたが、すぐに進路をふさがれてブレーキせざるをえなくて結局元の位置、なんて無駄足を使ったりと我慢の走り。2周目の激坂の手前で盛大に中切れを作られてもがいたり、4周目の激坂で集団が分断し、平坦を使って5人でなんとか復帰したりと位置取りが悪いせいで危ない場面がちらほらとあってこれはもったいなかった。

そんなこんなで前半はきつくていろいろな動きには参加できず、集団でおとなしくするほかなかった。後半周りの足がなくなるまではと我慢。確か5.6周目あたりでは多少回復していて、補給所手前で日大岡本選手がチームメイトに合図して一緒にアタックしたのと、明治野本選手が平坦でアタックしたのに反応したが、一発ではつけず、かつなぜか周りの反応が薄くて宙ぶらりんになってしまい、結局彼らの動きに乗ることはできなかった。

7周目に入るころには有力選手の逃げが決まってしまい、サイクリングペースに。このあたりでは攣りそうなところはあったもののまだ余裕があって完走できるんじゃという気持ちも出てきたが、一方で個人ロードと同じパターンじゃないかという懸念も。集団を見た感じ、単騎の選手はあまり余裕がなさそうで、鹿屋、法政、早稲田あたりは完全に集団を抑え込むモード。8?9?周目でこのままではまずいと、5分坂で貫名に引き続き自分も踏んで明星の選手と集団を抜け出す。頂上で貫名たちと合流。6人くらいで回していく。登りは余裕のない人が多く(自分もあまりなかった)、登りは抑えめで平坦下りで踏むという方針で。6人いて登りは抑えめだったものの、やはり集団ではほとんど踏まなくてよかった平坦と下りで踏まなくてはいけないために、大分足にダメージがあったが、完走するためにはもはやこうするしかない。

結局登りでは足並みがそろわず、9?10?周目の5分坂で崩壊し、激坂手前で先ほどよりはペースが上がって半分ほどになっていた集団に吸収される。ここで切れたら完走はないとギリギリのところでついていく。11周目、もう足に力が入らず攣りそうな足が攣る強度で踏むことすらできない。もう辛すぎて泣きそう、というか泣きながら走っていたが、ここまで来たら何としても完走したかったし、集団もみんな足がないらしく(今考えると完走できないのがわかっていてDNF宣告を待っているだけだったのかもしれないが)、千切れさせてはくれなかった。自分のいた集団は13位集団で、まだ10周目完了時点で先頭との差は6分半だったのであと1周の勝負だと思っていたのだが、11周完了時点ですでに8分半差になっていてここで赤旗。もうガックリ。

涼しかったのもあると思うが練習量の割に思ったよりも走れたというのは正直なところ。結果的には、有力選手のアタックに乗ってついていかなければ完走できないという展開だった。長距離ロードレースで完走したことのない自分のような選手はアシストという明確な役割が与えられていない限りはどうしてもまずは完走、が念頭にきてしまうし、アタックにのってついていけるという自信はなかったし、実際に上から降ってきた選手や有力選手の登坂を見ても無理だったと思う。正直今の力ではどうしようもなかった。

そうはいっても、今回自分はどこかで千切れたわけではないし、最後までいた集団の頭であれば13位、最下位でも25位くらい、完走者が9人しかいないようなサバイバルレースでなければ完走していても決しておかしくはないはずなのだが。。修善寺プロ選手のアタックでサバイバルな展開になってあと一歩のところで完走できず、今よりもよっぽどコンディションもよくて完走者も多かった個人ロードでは落車、とロードレースで完走することの厳しさと自分の勝負弱さと運のなさを感じざるを得ない。

今からやれることに変わりはないので、とりあえずインカレまで何とか頑張っていこうと思います。もうかれこれ1年以上ないないと言ってる独走力も少しは改善しなければ。

レース中、サポートしてくれた1.2年生、運転から当日のサポートまでやって頂いた中村さん、毎回レースでアドバイス、そして運転してくださる監督、ありがとうございました。そして激坂の最後のところで毎周名前を呼んでいただいた、小籐さんありがとうございました。一番きついところでの応援は本当に力になりました。そろそろリザルトに名前を載せるという形で恩返ししたいのですが。。

こういっちゃんはトラック、ロードでの昇格、平山もトラックの昇格おめでとう。特に1年目は結果がでなくて辛かったこともあったと思うので、僕もうれしいです。2年生は白馬でもミラクルでもなんでもいいから昇格をもぎとって欲しいです。(去年ミラクルを起こした先輩より)

[] 23:08

7/17 大町美麻ロードレース クラス3 3位→昇格!

修善寺で微妙なことになってから、このレースに照準を合わせてひたすら練習をしてきていた。今までの反省を生かして、チェーンウォッチャーをつける等の準備も考えらるだけ完璧にしておいた。自分は去年の松本合宿に行けなかったので、このコースは初めてだったが、前日に試走をしたところ、自分の得意領域の長めの登りがあったり、1周20分という長さや激坂が、飽きるほどに行った恩方にすごく似ていてたりと、かなり歩があると感じた。試走時に秋山さんに色々と教えてもらって、レースの展開も色々とシュミレーションできた。

当日は早めに会場に入ってゆっくりとアップ。周りが並び始めるのが早くて少し焦ったが、無事に前の方に並ぶ。よくわからないけど、今までのレースの中で1番落ち着いた精神でスタートを待っていた気がする。そしていよいよ出走。パレードの最初は多少気を張ってポジションを確保しなくてはいけなかったが、やがて3列目に落ち着く。特に落車もなくパレードが解除されてリアルスタート。3周目の半分までは特にペースがかち上がることもなく、淡々と先頭の方で走る。

集団のペースが大したことなくて、3周目の5分坂が終わってもかなりの人数が集団に残っていたので、昇格行きの逃げを形成したいなと思い、5分坂のあとの短い登りでアタック。このタイミングは出走前から考えていた。しかし誰もついて来ない。集団に向かって「来いよ!」とか吠えてみたりしたけど、やはり誰も来ない。仕方ないので下りは踏むのをやめてあっさり集団に戻る。どうやらこれで集団は縮小したらしいけど、それでも25人も残っていたのでレース中はそれがわからず、無駄足を使ったと絶望する。ごっそり足が削れて一気に辛くなる。下りでほとんど引かないようにして回復を図るもきつい。そんな感じで激坂に入ったところで中央が飛び出し、集団のペースがかち上がる。まじかよふざけんなよと思いつつポジションを必死でキープする。下りも集団が追走のためにガンガン飛ばす。中央との差はすぐに埋まりそうだったので、これはラストの激坂勝負だなと察して、集団前方でひたすら足をためることに専念する。幸い5分坂とその後の登りのペースは大したことがないが、足は回復しない。そして激坂前の下りで足が釣る。本当に絶望した。あれだけ練習を積んでも昇格すら叶わないのかと思った。しかし、あっさりと諦めるわけにはいかない。足の悲鳴を無視して、歯を食いしばって呻きながら必死で踏む。なんとか激坂に差し掛かったところで痛みが引く。そしてラストはひたすらにソリア。最初に飛び出した3人からやや遅れる形で1人で飛び出す。滅茶苦茶に辛かったが、ここまできて辛いとか考えてんなよと自分に言い聞かせてひたすら踏む。激坂の最後で1人がたれてきて、3位で激坂をクリアしてホームストレートへ。もがけば優勝もありえる位置にいたので必死にもがく。差は縮まってあと少しというところだったが、当然前ももがいているのでまくることはできず、そのまま3位ゴール。

昇格したぐらいで何言ってんだよって感じがするが、今までに体験したことのない嬉しさがこみ上げてきて、ちょっと泣きそうだった笑 昇格まで相当長くかかってしまったが、なんとか2年目のインカレには出場できるということで一安心。

この数ヶ月で強くなるにはやはりひたすら練習量を積むしかないということがよくわかった。夏は合宿などでガンガン練習を積んでさらにレベルアップし、初めてのインカレに全力をぶつけたいと思う。特に今回のレースで、アタックをかけるぐらいの高強度を出すと一気に足がなくなってしまうことがわかったので、ソリアやHIITの反復能力や、もがきの練習などを意識してやっていこうと思う。

TRSから引き続き応援に来てくださった小藤さん、ありがとうございました。激坂で小藤さんのご声援を聞く度に元気が湧いてきました。特に3周目の激坂はアタック後でしんどいところだったので、ありがたかったです。

忙しい中で運転やアドバイスをしてくださった監督、運転やサポートをしてくださった洋和さん、本当にありがとうございました。

またこのレースの開催にあたってご協力して下さった地元の方々、ありがとうございました。クラス3の3位というはっきり言ってケツの表彰台なのに、副賞がすごく多くてびっくりしました笑

[] 01:02

美麻ロード 10周/13周DNF

去年インカレの美麻では序盤のペースアップで千切れてしまい何もできなかったので、無駄足を使わずになるべく長くレースに残り、大きい集団でのレース経験値を稼ぐつもりで出走。序盤は思った通りそれなりのペースになり2周目で10人ばかりが抜け出す動きがあったらしく一気に集団が加速。3周目で落ち着いたとき周りを見渡すと、ごっそり人数が減っているので驚いた。つぎにペースが上がったのは4周目で、逃げ集団が一旦捕まったらしく前でさかんに選手が飛び出していたが、ここはひたすら耐えるので精いっぱいで動けず。このあたりで四頭筋に鉄球を押し付けられているような違和感を感じ始める。5周目に入って落ち着いたので、補給を取り出すと、その瞬間また先頭で飛び出した選手が見えたので、仕方なしに補給はあきらめ、またペースアップに耐える。6周目、日大や明治のアタックの後、秋山や金子が追っているのが見えたが、それまでで脚がかなり危なくなっていたので、ここは集団内で回復につとめる。この周の5分坂では集団は一気にペースを落とし、誰も脚が残っていない様子。このままだと集団ごと切られることになるのは見えていたので、マイペースで集団を抜け出し、少し前にいた数人のグループに合流。このグループもそこまでペースは速くなかったが、これについていき、激坂手前で一旦集団に追いつかれた。ここから集団は大幅にペースダウン、散発的にアタックがかかりはするものの、組織立って集団を牽く動きは見られなかったので、やはり5分坂で集団に見切りをつけて数人のグループとともに抜け出し、ここに金子も合流。四頭筋の痛みもかなり増してきたが、単に痛いだけでそれを無視して踏めば進むことに気付く。少人数のグループになって下りでもそれなりに踏む必要が出てきたことと、登りの協調性がとれなかったことでこのグループも崩壊、10周目の5分坂で自分ももはや痛みを無視しても脚が動かなくなってきてしまい千切れる。すぐに後ろからやってきたメイン集団の残骸にも抜かされ、痛みをこらえつつ単独で激坂を上ると、フィニッシュラインで先頭と7分40秒差ということで通され、まだ走ることに絶望しながら11周目に突入。この周の5分坂の頂上でようやくレースを降ろされた。

2時間を越える時間にわたって、集団内でレースを進めたことで、集団内で無駄足を使わず安全に動けることについてはかなり向上したと思う。はじめの4周の様子からしてソリア、メディオといった領域のパワーでは、自分はそこまで弱くはなく、これまでの練習の方向性が外れていなかったことが分かったが、やはり最近の学連のロードレースでは集団から抜け出して勝負に加わらなければ、完走すらできないということを実感した。また、競技時間が1時間を超えるあたりですでに脚が攣りだすため、4時間にわたるレースにはまだ耐えられなかった。やはり夏の間は長時間のレースへの耐性をつけるとともに、アタックのような高強度を意識した練習をしていきたい。

レースの運営やアドバイスをしていただいた監督、運転やサポートをして下さった中村さん、補給や応援をしてくれた1、2年生、そして、苦しい激坂区間で毎周回応援してくださった小藤さん、ありがとうございました。

2016年07月17日日曜日

[] 18:14

木ローラー

今日 昼からヤビツ峠へ。移動で疲労し情けない。めっちゃ弱ってる訳ではないことを願うが。峠は適度に頑張ろうと思ったが、パワーメーターがなかったこともあって、だんだんめちゃきつい。昼飯が消化されてなかったようで終盤にDNFした。移動は渋滞がネックだったが踏めるとこは踏んだので足は使えて良かった。

[] 22:33

美麻ロード クラス3 32位

今思うと自分でもなぜそうしていたか理解に苦しむが、常に集団の後ろをチンタラ走るというおバカかつ無気力走法を披露をした。そうこうしているうちに登りで大して粘ることも出来ずあっさり千切れて後はダラダラ走っていた。

そもそもレースに向けて色々な面での準備が全くと言っていいほど出来ていなかった。サポートをしてくださった方々や、応援してくださった方々に本当に申し訳ない。こんなふざけた走りをするぐらいならわざわざ遠くまで来てレースに出る必要など全くなかった。もうこのような失態は犯さないように、まずは来週のレースに向けて完璧な準備をしたい。

洋和さん、監督、運転やサポート、アドバイスをしていただき本当にありがとうございました。小藤さん応援に来ていただき本当にありがとうございました。

[] 22:55

金曜:メディオ

日曜:大垂水表裏裏

今日は多くの方が大会参加のため個人練。もともとV坂の予定だったが、一本漕いだ後モチベーションがだだ下がりし、これではいけないと目先を変更。大垂水へ。大垂水は、神奈川県側に降りてしまえば帰宅するために否が応でも登ることになるし、それなりに遠いので何の成果もなく帰る気にはならなくなるしで、私のような怠け者には良い所である。

[] 23:46

無駄に長くなってしまいました。

土曜 TRS@美鈴湖

個抜き(49-15) 5:23:941

準備、アップの段階で頭も脚も動かず不安だった。それでも走り出したらいつも通りやや突っ込むものの、真っ直ぐ走れずスポンジを踏んだりなかなか定まらない。一周のラップが26.5を超えないようにするつもりが、半分いかないうちからもう超えていて終わりの方は7秒台に入ってしまい、もうB基準無理なんじゃないかという諦めと、突っ込んでるから頑張れば切れるという希望のせめぎ合いで本当に辛かった。てっきりダメだったと思っていたので、終わってしばらく後に放送でタイムを聞いて心の底から安堵した。まずスタを改善しないと団抜きには加われないだろうが、地脚も足りないので個抜きで今年度中の15秒切りを最低目標に鍛えたい。

ポイントレース(48-14) クラス3 3/9位(8pts)

明星が一人だけ強そうなものの、2位狙いというのも変な話なので目標は優勝。ポイント周回の度にもがく展開では勝ち目はないと考え、まず人数を減らそうと思い開幕アタックをかけるも失敗。集団のまま1回目のポイント周回を迎えたとき先頭にいて、ここで交代しても上から捲る力はないと思い、中切れを期待して早めにもがく。実際その通りになったものの、あっさり明星に捲られて2位どまり。このあと同志社の逃げを集団で見送って吸収したと同時に明星のアタック。絶対についていかなければいけない場面だったものの、集団後方にいたのと脚がなかったのとで反応できず、独走を許してしまった。4人で追う形になり、前を捕まえるためにペースを上げようと呼びかけて強めに引いたりしたものの、もう勝負が決しているためか誰も乗ってくれず周回練状態。どうにかしたくて4回目のポイントの2周手前でアタックして、誰か釣ってブリッジor無理でも確実に2位ポイントを狙ったものの、一周で力尽きる。この後が更にバカで、上がって慶應二人の後ろにつけばよかったのに、下を走り続けて捲ってもらいポイント後につこうとして千切れる。必死でITTして一旦追いつくもののすぐつき切れし、そのままゴール。

優勝できる脚はなかったにしても、無駄な動きで自滅して2位すら取れないのはひどかった。動き、位置取りの原則もわかっていなかったし、短時間高強度のインターバルが苦手なのを改善しないとどうにもならない。思い通りに走れたら楽しいんだろうなと思うので、クラス2で戦えるようになることを目指したい。

日曜 美麻ロード クラス3 22位

目標は昇格。ただ実力的には勝ち目はないので、チェックしたやばい選手たちが逃げたら死ぬ気で乗るか自分でアタックだけしてその人たちに運んでもらうかして少数逃げに持ち込むしかないと考えていた。

周りが並び始めるのが想像以上に早く中程からのスタートなったが、ヒヤヒヤする雨の中のパレード走行を無事に終え、1周目は激坂でポジションを下げたものの問題なく前方でクリア。浦さんのアドバイス通り、ここから5分坂まではかなりポジションが上げやすく、人の後ろを乗り換えながらほぼ脚を使わず10番目くらいまで上がる。5分坂は途中までほぼサイクリングで拍子抜けしたものの、残り1分くらいから上がってキツイ。ポジション下げつつクリアして、激坂までに取り戻す。しかし短時間の弱さはどうしようもなく激坂は千切れかけ、下りで追いついてポジションを上げる。3周目になっても集団はかなりいるので最後激坂勝負濃厚に。なんとか展開を変えなければと思うものの、5分坂終盤は集団後方で登るのが精一杯で、この後の狙い所で仕掛けられる位置にもいなければ脚もないのでついていくだけ(ここでこういっちゃんのアタックでペースアップした。さすが)。激坂でもアタックがかかり千切れる。逃げの追走で集団のペースが上がっており、必死で踏んで復帰。下りのうちにできる限りポジションを上げるものの、5分坂は最後千切れ、また下りで踏んで復帰。もうそこから何かをする脚はなく、最後の激坂はもがく集団の後ろで一人でヘロヘロのソリアしてゴール。

どうせ激坂勝負はノーチャンなのだから、余裕がある下りor平地区間でダメ元でも仕掛ければ何か得られたかもとも思うが、2周目の激坂で遅れた時点で今の自分の力では戦えないことを悟ったのも事実で、何とも言い難い。短いとはいえ登りロードレースでこの結果では、白馬湾岸にチャンスがあるのかというとかなり疑問だが、番狂わせが起こらないレースではないと思うので、今回学んだポジションの上げ方等を活かして僅かな可能性に賭けたい。

今回、日直商会様より提供していただいたミシュランのpowerを初めて使用させていただきました。ウェットな路面の下りでもがっちり地面をとらえてくれ、何より下りや平坦での高速巡航が驚くほど楽でした。そのアドバンテージをアタックや逃げではなく千切れてからの集団復帰や遅れるのを見越してのポジション上げにしか生かせないのが情けない限りですが、このような素晴らしいタイヤを提供していただき感謝に堪えません。必ず結果で返したいと思います。

2日間にわたり、役員の仕事の傍らアドバイスして下さった三宅監督、サポートして下さった洋和さん、金曜夜からTRSのサポートをして下さった秋山さん、移動、宿泊に関して自分に配慮してくれたこういっちゃん、そしてそして、力強い応援をして下さった小藤さん、本当にありがとうございました。特に美麻は応援のおかげで千切れても諦めずに集団復帰できました。

最後に、こういっちゃん昇格おめでとう!

2016年07月16日土曜日

[] 23:01

飯綱神社(仮想V坂 7.6%) 5本 自己ベスト更新できた。STAVAでKOM取りたい。

2016年07月15日金曜日

[] 20:07

水曜 パワマソリア

最初突っこみすぎて盛大に垂れた。

木曜 多摩湖坂(?)インターバル

天気が怪しかったのでV坂〜駒場の予定をやめて電車で授業に行ったが、この選択は正しかった。多摩湖は近くて素晴らしい。

金曜 パワマソリア

[] 00:06

7/14 ローラーメディオ、ソリア

松本なうです。TRSと美麻ロードでダブル昇格狙います!

2016年07月14日木曜日

[] 17:06

1時間ほど外乗り

短かったチェーンを適正な長さに戻したのにスプリントをするとチェーンが吹っ飛び、かなりイラつく。リアディレーラーがゆがんでるのか?なんにせよ白馬までにはどうにかしないとならん

[] 22:19

メディオ、タバタ

インターバルを始めたが、即無理なのを察して変更。久々だったのでだいぶ追い込めた。VO2Maxあげたいならソリアよりこっちの方がいいと思う。というかソリアは個人的には違うと思う。

2016年07月13日水曜日

[] 18:23

7/12 ローラーメディオ

7/13 ローラーメディオ

レース1週間前にどんな感じで調整していったらいいのか、いまいち最適解がつかめてないんよなぁ。

[] 18:32

火曜 荒川

自己最高タイムと最低タイムを1日のうちに出す。微風でコンディションが良く、タイムが出やすかった。出し切った後は全く踏めず。

水曜 パワマ 無酸素パワーテスト ソリア

無酸素テストの結果、エラーが出た。パワマに勝利した。もう無酸素テストはやらない。ソリアはその疲れで死んでた。

[] 19:37

昨日 長尾台5

今日 ローラーメディオ

訪れたどん底からは復活した

[] 21:11

ローラーメディオ

なんか中途半端だったので、最後にソリアを一本やった

さすがに足がバッキーなので、レースまでは軽めにしたい

[] 21:21

昨日今日 ローラーメディオ

やはり自転車以外のことで気力体力を奪われると調子は出ない。先週までしっかりやれたし、修善寺前もひどかったので気にせずリフレッシュすれば大丈夫だと信じる。TRSも美麻も頑張ります。

[] 21:56

昨日 今日 メディオ

昨日は足が重すぎて、軽メディオからのソリアでおしまい。今日も足が重くて1本目からきつかったが何とか。反復の負荷に慣れる日は来るのだろうか。

きつくなるまでがきつくてそのあとは当然すでにきつくなっているのできつい。これ分かる人いますかねww

[] 23:03

ローラー台ソリア 固定ローラー台の負荷のかけ方と丁度よい強度を模索中。

2016年07月12日火曜日

[] 16:56

ローラーメディオ

圧倒的上昇曲線

[] 20:08

パワマソリアSFR

ソリアはまずまず。ケツ筋と太腿を使うように意識した。締めにSFRを一本。

[] 20:38

日曜 クラブ対抗ロード クラスA 7位

これまでの修善寺のレースでは、出走直前に意識を失ったり、チェーンやらサイコンやらが落ちたり、体調不良だったり、けがだったりで全く完走したことがなかったので、インカレまでにこの変なジンクスをなくすことが目標。スタートしてしばらくは、散発的なアタックがかかってそれなりのペースが続いて、3周目の一号橋で秋山がアタック。決まるとは思わなかったが、同チームの2人逃げに持ち込めば集団は追わざるを得ないだろうから人数を絞れるだろうと考え、これについていく。さすがに逃がすはずはなく、秀峰亭の最後で後続の数人が追いついてきた。ここから一気に落ち着き、自分も疲れていたので人数の減った集団の後ろに下がって休憩。5周目あたりでそれ以前から警戒していた2人が抜け出し、もう1人飛び出していって3人の逃げができた。このときは追う脚がなく、集団のペースが上がれば追いつけるだろうと楽観していたが、どうやら追う必要のないチーム以外みんな脚がなくなっているらしく、集団のペースは上がらず。次の一号橋で前に出てペースアップを図ろうとしたら、するすると抜け出して単独になったので、一定ペースを保って前を追ったが、すでに1分離されたらしく一向に前が見えない。そのうち8周目の長者ヶ原で後ろが追いついてきてまた集団。このときはまだそれなりの人数がいたが、すぐに4人になってしまった。ここから一気に脚が動かなくなってきて、ほぼツキイチのままなんとかこの入賞最終便にくっついていき、幸い最後の秀峰亭のふもとまで千切れずに生き残れたので、ここで誰かの心を折ることを期待して先頭に飛び出し、ペースを上げた。一人千切れてくれたがここで自分も終わり、最後は千切れた一人にゴールライン直前で捲られ、7位。

いつもの平日の練習が1時間で終わるためか、1時間を過ぎたあたりで急に失速したように思う。練習量を増やしてインカレに備えたい。何事もなく修善寺を完走できたのは本当によかった。

火曜 ローラーメディオ、ソリア。1時間を過ぎると心がつらい。

2016年07月11日月曜日

[] 15:37

クラブ対抗ロード クラスA 10位

ここ2か月レースをまともに走れていなかったことによる楽しみ半分と最近はほとんど実走できていないことによる不安半分、という感じでスタート。状態が悪くなければ入賞あたり狙えるかなと。アップした感じ足はだいぶ軽いがちょっと高い負荷をかけると心拍数がめっちゃあがる。うへぇ。

前半はそれなりに早いペースだが、10周半のレースなのでまあこんなもの。そんな中アタックも散発->すぐ吸収を繰り返す。自分も周回賞あたりを狙おうかと思ったが、やはり調子が悪いのか先頭集団についていくのは余裕がもてるものの、心拍数が上限に近く、ここから2,3歩さらに踏み込むのとどうなるのか分からないのが怖くてできなかった。

4周目あたりで集団の人数も半分近くになり、そんなこんなでリンク東北含む2,3人の逃げが決まる。恐らく集団の選手はそれなりにきつかったのと、ここまでは逃げがすぐに吸収されていたのでぺースは上がらない。結果的にここで勝ち逃げができてしまう。そのあとすぐに貫名が逃げる。自分も行こうかと迷ったが、2人で回して逃げ切れる自信もなく、自分が集団を引き連れて逃げをつぶしてしまうのではないかと思ってしまい、ここでも自重。最終局面で動けるよう(同じチームメイトが逃げているので)集団は牽かず、ぬくぬく。

集団のペース自体は上がらなかったし、楽な走りをしていたのだが、想定以上に足が削られてしまう。やはり実走不足が露骨に出てしまった。7周目あたりで貫名が吸収される。ここからは自分が動くべきなのだが、集団についていくので精一杯。ペースも上がり、最終周回に入る手前の秀峰亭の登りで千切れてしまった。ラスト1周は後続に抜かれないようにヘロヘロで走った。きつかった。

調子が悪かったというか、いつもより心拍数が上がってしまう状態にしてはよく粘ったとは思うが、動くべき場面でほとんど動けず、結果的に消極的で弱い走りをしてしまった。現状確認としては、高強度域の耐性が上がっているが、やはり調子の悪さ含めて乗り込み不足がもろに出た。

来週は美麻。今回とどうしても同じ感じになってしまうような気がするが、7月中はどうしようもないし、今回のレースで調子が上向きになった(暑くてずっと心拍数高くてマジできつかった)とか思っておいて臨もうと思う。

[] 19:36

7/10 クラブ対抗ロード クラスC 14位

目標は、優先順に1.出走する2.落車しない3.完走4.集団についていく5.入賞(6位まで)。受付もすんなり終わり秋山さん貫名さんからコースの特徴やアドバイスなどを教えて貰いながら2周試走。試走した感想は下りが怖いなーと。

クラスAから順にスタートしクラスCもスタート。一号橋で先導車がいなくなり本当のスタート。思ったより集団のペースが速くて驚いたが最初の上りは難なくついていく。が、その後の長い下りでやはり集団から少し遅れる。そしてどこで完全にちぎれたかは覚えていないがホームストレートにかえってくる頃にはITTになっていた。2周目からは下りの恐怖心が薄れてほぼノンブレーキで行けるようになったので、もう1周試走しとけばよかったなーと。

3周目か4周目の一号橋からの上りで抜かれざまに貫名さんと金子さんから声をかけて頂き、よし頑張ろうと思った矢先、両ふくらはぎがつる兆候をみせ失速。ああ、ふくらはぎがつるってことは太腿とかケツ筋が使えてないんだなと思い意識して使ってみるとまだまだ踏める。復活後は快調にとばしちぎれた人を数人抜かしてゴール。

上記の目標は3番までクリア出来たのでまずまず。1周目の下りが上手く出来ればもう少し集団についていけたとは思うが、それでも最後までついていけてたとは思わないのでまだまだ戦える段階にいないなーと。課題は太腿の筋肉を使うこととそのためのポジションの調整、ちぎれないように出力の上限を上げること。来週の美麻までに少しでも改善していきたい。

[] 20:11

日曜 恩方×4+大垂水表裏

緩い登りのところまでは先輩方を視界から外さずになんとか付いていけたが、斜度が上がるとすぐに垂れてしまった。最後まで付いていける本数を増やしていきたい。

一日中向かい風に見舞われてかなり萎えていたが、帰りにクラブ対抗組と遭遇し元気をもらった。

[] 21:29

クラブ対抗ロードレース クラスC 23位

まず試走でパンク。最近交換したタイヤがチューブに噛んでいた事が原因でチューブが裂けた。ちょうど通ったCSCの車に助けてもらってスタート地点に戻れる。が、代輪はレジアスに置いてあり、キーは試走中の金子さんが持っているとのこと。時間もなくDNSの文字が脳裏によぎったが、貫名さんの早技チューブ交換で助かった。(ありがとうございました。)修理中にフロアポンプを貸して下さった優しい方もいて感謝しきれないほどの思いがある。レース後にお礼を言う事が出来ず、それだけが心残りです。自分の確認不足でパンクさせて、いろんな人に迷惑をかけたり助けて頂いたりで本当に反省と感謝です。

出走後は、最初から集団が速くて半周で集団とサヨナラした。集団にいた間はかなり前の方にいる事ができた。残り4周はひとり。もうちょっとついて行きたかったなとか思いながら回してた。たぶん途中でタイム的にはすごい遅れてたと思うので、降ろされないレースってすばらしい。

2016年07月10日日曜日

[] 16:52

恩方4

大垂水も一応やるつもりだったがシフトワイヤーと心が逝ったので帰った。帰りに偶然駒澤小嶋くんに会って少しおしゃべり。夏の暑さに耐えられる気がしない。

[] 17:17

昨日 ローラーメディオ

シフトワイヤー交換しようとしたら中でほつれてて取り出すのに苦労したうえ、内蔵のガイドを入れなかったためネットの情報を頼りに糸+両面テープでトライするも、糸引っ張ったら切れたり中で詰まったり…。3時間位かけてどうにか完了。とりあえず終わってよかった。

今日 恩方4→大垂水表裏

今日はなぜか後ろつくのに無駄脚を使うことが多くてペースで消耗し、激坂はことごとく登れなかった。でも今までも登れたことなんてほとんどない気がするので、単純にソリアを挟める脚がないだけだろう。大垂水は長岡のペースメイクが丁度良すぎて途中からひたすらケツに引っ付いていた。が、裏は最後のカーブで千切れた。そこまで来たら頑張れよ…。

萩原お疲れ様。自分は家遠い勢だと思っていたがとんだ驕りでした。精進します。

[] 20:45

恩方×4→大垂水 オモーテ ウーラ

恩方にいつもより20分も早く着いたので、今日は調子良いやつだと思っていたが、周回コースに入ったら別に普通だった。しかも新ダンシングが加藤曰くキモい上に止まって見えるとのことだったので落胆した。それでも大垂水はメディオ漬けの効果が出て二本とも出力が目標超えしたので万歳した。

そのノリでニンマリして帰宅しようとしたら、意味のわからない爆向かい風が吹いてきて自転車が全然進まなくなった。練習で身体にかなりのストレスをかけて疲弊しているところに、精神的なストレスも加わると良いことがあるとはとても思えなかったので、悟りを開いて無心で帰宅した。 140km

[] 00:49

7/10 恩方ペソペソ

前日何故か全く寝付けず、行くか迷うレベルで睡眠不足だった。なんとか気持ちを作って行くが、案の定恩方だけで異常につらくなってしまってDNF。

2016年07月09日土曜日

[] 11:37

水曜 筋トレ。スクワット中心。

木曜 ローラーメディオ、ソリア。

金曜 ローラーメディオ、ソリア。

土曜 洗車。最近は砂埃よりタイヤカスの汚れのほうが多い。

[] 15:26

木 メディオ、インターバル

土 メディオ

試合前なので1本、集中して。

[] 18:36

メディオ

[] 21:42

この1週間

日:バンク練。スタを何度か。少しましになった。スプリント系の練習は中々してなかったので、良い機会となった。

火:ローラーごく少し

水:自宅と本郷の往復。自宅近くの1分坂ではまずまずの出力が出た。

木:ローラー少し

土:ローラー普通弱 きつかった。

あと1週間すれば練習ができる。

[] 23:34

7/8 3本ローラー流し

メディオしようと思ったらやたらしんどかったので、流しに変更。

7/9 3本ローラーメディオ

今日もなんかきついなと思ってよく見たら、いつもと同じ負荷なのに速度がおかしい。校正してみたら、どうやらかなり低く出てた模様。スマホで受信する時はその都度校正した方がいいのかな。

[] 23:06

飯綱神社(仮想V坂, 7.6%)3本で降雨中止。帰宅後ローラー台ソリア。

2016年07月08日金曜日

[] 10:46

戸塚 横浜×3→SFR

帰ってからローラーメディオとも思ったが、時間を含めて色々無理そうだったのでやめた。

朝っぱらから一人でゴルフ場の周りをグルグル自転車で回ってる変な奴が言うのも何だが、今日は変な車が多くて走りづらかった。 58km

[] 23:10

相模野CC(平均10.1%、) 2本 劇坂練習。とてつもなくつらい。

飯綱神社(仮想V坂, 7.6%) 1本TT そのあとメディア5セットの予定が降雨中止。

2016年07月07日木曜日

[] 16:18

V坂ソリア

暑すぎてまともにできたのは最初の3本位。距離を稼ごうと思って小山田に行こうとしたが団地辺りで干からびたため帰った。

[] 17:14

火曜 パワマソリアSFR

ソリアは設定負荷で完遂。SFRはあまりやった事がないので負荷探り中だが、まだ上げられそう。

水曜 パワマソリア ローラーメディオ

メディオは途中で出力が上下してしまった。一定で最後までやろう。

帰ってからワイヤー交換。自分的には大工事だった。交換前のワイヤーはボロボロで、よくこんなので大丈夫だったなって感じだった。

木曜 荒川

起きたのが遅かったのに午後から授業なので時間は短かった。短いと分かっていたのに強度上げられなかった。

帰り道で浦さんに会う。マジでびっくり。浦さんも荒川で乗ってたらしい。走りこんでるなぁ。

[] 22:34

水曜 パワマソリア

木曜 ローラーメディオ

午前中用事があって実走は出来ず。メディオは一本目上げすぎて持たなくなったため残りがショボくなってしまった。

[] 23:23

ローラーメディオ、近所スプリント

車体を振る、上半身でハンドルを引く、空力良くするために頭を突っ込むあたりを意識したら前よりは進んでる気がして、速度も上がった。カヴェンディッシュを見て研究した成果か笑。

暑すぎてその後を生きる体力を奪われ辛い一日だった。加藤ごめんよ。

2016年07月06日水曜日

[] 17:20

7/2 ローラーメディオ、ソリア

V坂行けなくてごめんなさい。積み込み後に扇風機2台体制でローラー。扇風機のおかげで捗った。

7/3 バンク練@修善寺 外250

久々のバンク練。周回、スタ、チースプ練、スタ2000など。チースプはスタが遅すぎて全然前につけない。3回練習して3回目でやっと何とか体裁が保てたかな?程度の出来。これはもっと練習しないとやばい。スタができないのは団抜きにも影響するので改善しないと。スタ2000は練輪だったが2'38"となかなかいいタイム。次のTRSでのB基準切りは問題ないだろう。

今回のバンク練は機材の準備がうまく出来ておらず、とても効率がいい練習とはいえなかった。もっと意識的に動いて準備をきっちりしないといけないと反省した。次からは気をつけよう。

洋和さん、初バンクの1年生を指導して下さったり、僕達にも色々なアドバイスをして下さり、本当にありがとうございました。生駒さん、車を出していただき、ありがとうございました。

7/5 飯能ペース2+ソリア3

地獄だった。移動のときは雨は全く降ってなくて、予報的にも降水確率40%とかで全然いけると思ってたのに、ペース走を始めた途端に雨が降り出す。とりあえず2周とソリアをこなす。終わってからは、気温が低め+雨で寒くて仕方なかった。このまま家まで2時間走り続けたら体調崩すなと思ったので、夢の乗り物で練馬にワープ。早く梅雨開けてくれ。

7/6 恩方ペソペソ+小仏3

昨日よりちょっと気温が高いぐらいで、ちょうどいい天気。昨日割と追い込んだのでキツかったが、最後まで強度は維持できた。

[] 20:16

恩方→小仏

気候が非常に快適だったの頑張れた。メディオ頑張りが多少なりとも効果が出ていたのは良かった。夏の三連戦での昇格をより近づけるためにもう少し色々な点で詰めていきたい 138km

[] 21:49

昨日 ローラー

授業後午後から走りに行こうとでも考えていたが、諸々の疲れと睡眠不足がたまって寝過ごした。起きてからメディオを試みるも6分でギブ。4分越えれば完遂できるの法則が崩れた。

今日 恩方4→小仏3

お馴染みの恩方。朝待たせてしまってごめんなさい。分をわきまえさえすればさすがにペースでちぎれる気はしないものの、激坂はやっぱりソリアがソリアにならない。ダンシングは探ってみたが、どうにもしっくりこない感じ。それでもこれまでは激坂ペースで遅れてたことを考えるとマシにはなっているのかもしれないが。小仏は無理してこういっちゃんについていって千切れ、能活に抜かれるいつもの展開。斜度が細かく変わるのでダンシングの練習にはなった。

今週末まではしっかり練習して、来週からは試合が続くので、大変なことになっている学業とバイトの方を何とかこなしつつ最低限は乗って調子を合わせていきたい。

[] 21:59

6/30 小山田4

7/2 V坂インターバル

調子がいいのか悪いのかよくわからない一日だった。

7/3 バンク練

スタに慣れるのを目標に。ローリングスタを何回かやってやっとまともにダンシングできるようになったかと思ったが0発進だとやっぱりダメ。加速しきらないうちに座ってしまう。最後の千トラ(49-16)はギアが軽くてケイデンス高すぎかと思ったがトラックではあれが普通とのこと。六大戦にもでることだし高ケイデンスの練習もしておかないと。

洋和さんにはタイム計測や一年生への指導、レジアスの運転などをして頂き本当にありがとうございました。おかげでとてもいい練習になりました。

7/5 飯能ペース2+ソリア3

雨でびしょびしょになりながらこういっちゃんに引きずり回された。帰りはゴミ袋で器用に工作するこういっちゃんを尻目にタオル&ゴミ袋で完全防寒して自転車で帰った。

[] 22:48

昨日今日 メディオ、インターバル

パワマの出力であれば徐々に上がってきた。1時間を超えるとどうなるかは分かりませんが。笑

[] 23:51

夜遅く(といっても10時には終わったけど)にローラー練。いろいろ混ぜたけどさくっと。お隣さんごめんなさい笑。

2016年07月05日火曜日

[] 16:42

日曜日 修善寺バンク練(・亀石峠)

バンク:250メートル、セントラなど。萩原が強かった。それらのあと数周マイペースで回ってコーナリングの感覚を勉強した。

亀石峠:特に海側の登りは勾配急で距離も長く、きつかった。ただ、道は2車線でよく整備されていたので登りやすくはあった。最後までちゃんと足を回せたので、2週間前に大垂水が全然ダメだったことを考えれば、成長しているのだと実感できた。

中村さんにはバイクの組み立て方から何から、とても丁寧に教えていただきました。ありがとうございました。

[] 16:44

ローラーメディオ

弱い、というより足が重い。回復力×

[] 18:08

お久しぶりです。個人ロード後どうも練習する気が起きずに2週間ほどだらだら過ごし、1週間は再び練習の楽しさに気づいて練習して、今に至ります。更新怠って申し訳ないです。

土曜 V坂後おうちでローラー。最近ローラーが苦痛でなくただの痛みぐらいに格下げされた。

日曜 バンク練

洋和さんに本当に助けられました。頭が上がりません。ありがとうございました。

色々あって団抜きができる状況じゃなかったので、ひたすらスタ。TRSで撮影した神々のスタンディングを参考に部員のスタを見ていたら、面白いくらいにひどかった。自分含めもっともっと改善できるだろうけど、やりこむ時間はそんなにないから今回撮った自分のものとうまい選手を比較しながら、効率良く上達していきたい。いい練習になった。

今日 最近マイブームのアプリと仲良く。半分なのに、”You’re almost over now!”とか煽ってくるくそアプリです。大好きです。

[] 20:14

土曜 V坂

練習の後積み込みのため本郷を経由して帰ったが、本郷から家までが大分近く感じた。(実際の時間はあまり短くなっていない。)この部活に入ってから距離の感覚が順調に崩壊してきている。

日曜 バンク練

初めてのバンクだったので、終始ビビりまくってた。ただ、ビビってスピードを出さないんじゃ逆に危ないので思い切って踏めるようにしないと。ハンドリングがフラフラしてしまったが、これは普段のロードバイクでブラケットばかり持っているからだと思った(実際普段下ハンを持つと不安定に感じていた)。この他にも色々とダメダメな一日だったが、バンク自体は楽しかったしもっと上手くなりたいと思ったので次回以降の練習を頑張りたい。

2016年07月04日月曜日

[] 16:06

日曜 バンク

一年生の初バンクを見守りつつ、自分はスタ250反復とラストに千トラを一本。いい感じにたくさんもがけて良い練習になった。その成果もあり、帰りがけにv坂48秒の驚異的記録を叩き出した

中村洋和さんに練習に来ていただいたため、非常に効率良く練習を行うことができました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

車出しをしてくださった生駒さん、積み下ろしをしてくれた方々ありがとうございました。

[] 18:18

金曜 ローラーメディオ。いつもの強度がきつくなくなってきたので、途中で少し上方修正

土曜 V坂インターバル。ソリアの頑張り方を体が忘れているようで、きついと感じた割に帰ってからの疲労度が少なかった。

月曜 ローラーインターバル。ソリアに慣れるのがこれから数週間の目標。

[] 21:07

木 メディオ、インターバル

金土日 ここ1カ月続いた症状が悪化、心も折れてダウン。完全休息。

今日 メディオ

体調はまだ微妙だったが、やれそうな日にはやっておこうということで。乗れば始まるのはまだ救い。レスト中にクラクラしてくるし正直実走は怪しいが、何とか日曜日のクラブ対抗では現時点でのベストを尽くせるように頑張りたい。

[] 23:08

土曜 V坂練

ソリア祭りの成果を発揮する機会だと意気込んでいたものの、残念な出来だった。メディオ以上の強度でアップしないとダメな体質なのにいきなり激ソリアで調子狂った感もあるが、何よりダンシングでつなぐor上げることができないのが一番な気がする。これでもシッティングで維持できるレベルは前より上がっているようなので、飯能ソリアをダンシング中心でやるとかしてみようと思う。浦さん来ていただいてありがとうございました。

日曜 バンク練@修善寺250

久々のピスト。TRSも控えているので結構楽しみにしていたが、準備、管理不足でなって練習量が少なくなってしまい反省。

周回練は序盤まだノリを思い出せず、半分くらいでようやく慣れてきてストレスなく走れたものの、その辺りから3人になったので結局キツかった。未だにコーナーで身体を傾けられないのは要改善。

その後チースプのお手伝いをしつつスタ250。いろいろアドバイスをいただいて、どこをどう修正すればいいのかわかった。が、望むように身体を動かすことができずタイムは一年生にも負けるほどで、個抜きのスタ250と一発のスタ250のタイムがあまり変わらないというおかしな事態に。このままだと団抜きは論外なので、8月のバンク練で重点的にやるつもりだが、それまでロードのスプリント練をゼロ発進で、フォームを意識しながらやっていく。

最後はフル装備でスタ2000。いつも通り突っ込んでしまったり周回数を忘れたりしたのは反省点だが、諸条件を考慮すれば美鈴湖ではB基準切れそうな未来が見えてきた。と思ったら前後練輪のこういっちゃんに完敗した。いろいろ面倒だしまだ怖いけどやっぱりピストは楽しい!ので次こそB基準達成&ポイントで結果を出したい。

中村洋和さんには、多くのアドバイスやタイム計測、往復の運転に加え一年生への指導等本当にお世話になりました。これからもよろしくお願いします。生駒さん、車を出していただきありがとうございました。

[] 23:38

土曜 v坂

頑張って途中まで前について行く時とすぐだめになる時を一本ごとに繰り返していた。

浦さんが来て驚いた。(ありがとうございました。)この日初めてだった阪口さんとはこれからもっと走っていきたいです。

日曜 バンク練(+亀石峠?)

初めてのバンク練。ピストに初めて乗った。バイクの組み立ても学べて良かった。ブレーキがないと思って怖いのは最初だけで慣れたら大丈夫だった。立ち上がりは一応出来ていたらしいのでそれは良かった。

帰りの亀石峠は景色良くて楽しかった。

2016年07月03日日曜日

[] 23:11

相模野CC(1.6km, 10.1%)2本 何度やっても慣れる気が一切しない。20%の劇坂箇所はもう泣きたくなる。

2016年07月02日土曜日

[] 21:43

V坂計7本

3本終了時で吐き気が強く辛かった。加藤が強くて完敗。

2016年07月01日金曜日

[] 08:01

木曜 蓮光寺

岡野と一緒の予定だったが、彼が来ることはなかった。結果ひとりに。行く途中は雨が降ったりやんだりで帰ろうかとも思ったが、着いたら雨は上がっていた。平日にこれだけの距離実走出来たのはなかなか良い感じかなと。

[] 12:41

ローラー メディオ

早朝ローラー。いい加減去年の秋頃と大差ない強度からは卒業したい。ソリアが伸びたのでメディオも伸びると信じる。

[] 21:24

気持ちを作っていた反動でかなり疲れていたので、昨日今日と少しだけローラー。

明日から再開したいと思います。

2016年06月30日木曜日

[] 22:10

ローラーメディオ

足がバキバキ

超回復!超回復!

[] 23:04

火曜:メディオ

木曜:メディオ、ソリア

バランスの良い練習を心がけたい。もう一本ソリアをやりたかったところ、時間がなくなったのは残念だった。

[] 23:47

水曜 筋トレの日。スクワット、ベンチプレス。

木曜 ローラーメディオ。

[] 23:54

木曜 パワマソリア

授業が午後からなので千葉と実走しに行くはずが完全に寝坊してブッチ。千葉に申し訳ないのはもちろんだが、平日で唯一実走出来るチャンスを無駄にしてしまったのはかなり痛い。生活習慣を見直します。

[] 00:42

6/30 小山田ペソペソ+V坂SFR

加藤、大遅刻してごめんなさい。若干SFRが改善されてきたかも

2016年06月29日水曜日

[] 08:47

水曜 ローラーメディオ

最近ようやく扇風機を導入した。体温上昇を抑えられて随分と捗る。

[] 17:45

戸塚 横浜cc周回×5→ローラーメディオ

天気予報で皆察したのか、暗黙の総意により誰一人として練習を企画しなかった。事実午前中は結構雨が降っていた。しかしながら、幸運なことに午後から自宅近辺は止んできたので走りにいった。

とりあえずいつもの周回コースを5周、1時間半ほどマッハで回って足をたっぷり使ってから帰宅後ローラーメディオ。恩方→大垂水的な感じで中々良い練習になった。

平日に一人で走って消費2000オーバーならまあ悪くないだろう 70km

[] 17:48

6/29 パワマソリア、HIIT

[] 19:32

昨日 ローラー ソリア

今日 ローラー メディオソリア、近所スプリント

ソリアとは今週でお別れ。1ヶ月前よりはだいぶ改善されたと思う。来週からメディオ+もがき系に移行するにあたってとりあえずもがきに行ったが、一発も無ければ回復も追いつかずで話にならなかった。白馬、湾岸までに少しでも人並みに近づけたい。

今日も外走りに出た途端に雨降ってきた。梅雨が明けるのはいつやら。

[] 19:53

水曜 パワマメディオHIIT

メディオは、パワマで回数1回にして、終わってすぐスタート押せばレストをなくせるのでは?と思ったので実験的に。やはり5秒位は間が空いてしまうことが分かったので1本やって終わりにした。HIITはレストを倍にしてやった。

[] 22:38

昨日 インターバル

終わってから少し物足りなかったかなぁと思うくらいの適度な追い込み。

今日 メディオ

適度じゃない追い込み。反復する負荷には慣れてきた感じはあるが、反復だと根本的に弱い。メディオの反復が得意な方々の心拍データが見たい。笑

2016年06月28日火曜日

[] 22:14

ローラーメディオ

これから3週間ほどは何かに取り憑かれたか如くメディオばかりしようと思う。

[] 01:37

6/26 大垂水、雛鶴、裏垂水

大垂水は盛大に突っ込んでピーク更新。雛鶴は拓央さんや貫名さんが登りでなかなか上げるので、そのノリについていって上げまくる。15分ぐらいの勾配が緩んだところでなんか遅いように感じてしまって、アタックしてしまった。ごめんなさい。集団が崩壊して貫名さんと2人に。その後、平坦と下りで前に出て鬼引きというアホなことを繰り返していたこともあってちぎれる。残り15分ほどITTとなり、貫名さんに1分40秒もつけられてゴール。メディオなどのイーブンペースは得意だと言えるようになってきたが、登りの度に強度が上がるようなインターバル的なやつはまだまだだと痛感した。裏垂水は特にたれたりもせずにいつものパワーで。

6/28 パワマソリア、HIIT

実走しようとしたがメカトラによりできず。仕方なくパワマ。やはり高強度のインターバルがダメだ。