Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2016年06月29日水曜日

[] 08:47

水曜 ローラーメディオ

最近ようやく扇風機を導入した。体温上昇を抑えられて随分と捗る。

[] 17:45

戸塚 横浜cc周回×5→ローラーメディオ

天気予報で皆察したのか、暗黙の総意により誰一人として練習を企画しなかった。事実午前中は結構雨が降っていた。しかしながら、幸運なことに午後から自宅近辺は止んできたので走りにいった。

とりあえずいつもの周回コースを5周、1時間半ほどマッハで回って足をたっぷり使ってから帰宅後ローラーメディオ。恩方→大垂水的な感じで中々良い練習になった。

平日に一人で走って消費2000オーバーならまあ悪くないだろう 70km

[] 17:48

6/29 パワマソリア、HIIT

[] 19:32

昨日 ローラー ソリア

今日 ローラー メディオソリア、近所スプリント

ソリアとは今週でお別れ。1ヶ月前よりはだいぶ改善されたと思う。来週からメディオ+もがき系に移行するにあたってとりあえずもがきに行ったが、一発も無ければ回復も追いつかずで話にならなかった。白馬、湾岸までに少しでも人並みに近づけたい。

今日も外走りに出た途端に雨降ってきた。梅雨が明けるのはいつやら。

[] 19:53

水曜 パワマメディオHIIT

メディオは、パワマで回数1回にして、終わってすぐスタート押せばレストをなくせるのでは?と思ったので実験的に。やはり5秒位は間が空いてしまうことが分かったので1本やって終わりにした。HIITはレストを倍にしてやった。

[] 22:38

昨日 インターバル

終わってから少し物足りなかったかなぁと思うくらいの適度な追い込み。

今日 メディオ

適度じゃない追い込み。反復する負荷には慣れてきた感じはあるが、反復だと根本的に弱い。メディオの反復が得意な方々の心拍データが見たい。笑

2016年06月28日火曜日

[] 22:14

ローラーメディオ

これから3週間ほどは何かに取り憑かれたか如くメディオばかりしようと思う。

[] 01:37

6/26 大垂水、雛鶴、裏垂水

大垂水は盛大に突っ込んでピーク更新。雛鶴は拓央さんや貫名さんが登りでなかなか上げるので、そのノリについていって上げまくる。15分ぐらいの勾配が緩んだところでなんか遅いように感じてしまって、アタックしてしまった。ごめんなさい。集団が崩壊して貫名さんと2人に。その後、平坦と下りで前に出て鬼引きというアホなことを繰り返していたこともあってちぎれる。残り15分ほどITTとなり、貫名さんに1分40秒もつけられてゴール。メディオなどのイーブンペースは得意だと言えるようになってきたが、登りの度に強度が上がるようなインターバル的なやつはまだまだだと痛感した。裏垂水は特にたれたりもせずにいつものパワーで。

6/28 パワマソリア、HIIT

実走しようとしたがメカトラによりできず。仕方なくパワマ。やはり高強度のインターバルがダメだ。

2016年06月27日月曜日

[] 09:27

金曜日:パワマメディオ

日曜日:雛鶴

先週の土日は移動にもまるでついていけず、お話にならなかったことを考えると、初めてちゃんと練習に参加できた気がする。自分なりに追い込むことはできたし、良かったと思う。

一方、帰り道では熱中症になりそうだった。比較的涼しい山中から暑い市街地に出るとかなり堪える。体調管理はしっかりしないといけないと痛感した。

[] 12:05

6/26 大垂水〜雛鶴〜大垂水

雛鶴は赤い橋に至るまでの下りで遅れる。下りで遅れるのはもったいないとわかっていても無理だった。もうどうにもならない気がする。その後は調子が悪いらしい金子さん、長岡を抜いて最後の登り手前で平山を捉える。多少無理して追い付いたら心肺が整わないうちにペースを上げられてすぐ千切れた。バカだった。雛鶴からの移動中な腹痛に襲われ一時離脱し、最後の大垂水は腹痛を引きずって微妙な出来。

[] 17:35

土曜日 ローラーメディオ

とにかく暑かった。意味分かんないくらい汗が噴き出て来た。これからもっと暑くなるのか…

日曜日 雛鶴

いつの間にかスローパンクしてたことにコンビニで気づいたがそこまで空気抜けてなかったのでそのままスタート。後半まで新谷の後ろにくっついてたが、スルっと離れていってしまった。

大垂水裏は今までで一番頑張れた感じだった。

帰りは多摩川くらいから辛くなっていって、家まで残り20kmくらいの所で踏めなくなり気分も悪くて完全に無理になったので輪行して夢の乗り物を使うことに。それだったら高尾から使えよとは思った。

距離が長くアップダウンもあってかなりキツイ1日だった。

[] 19:23

全日本選手権エリート 6/13周DNF

昨年のツールド北海道完走により出場資格を得たレース。周りは殆どが自分よりも強い。しかも厳しいコース。でも根拠のない自信でもって、完走はできると信じて臨んだ。登りが長めなのは相対的には得意だろうと思ったり。

1周目。いきなり登りのコース。思っていた以上に速いペースできつかったが、集団内でクリア。下りは恐怖心で足をやや無駄に使ってしまう。海岸線沿いは向かい風で、集団内にいる分にはかなり楽。ずっと後ろの方にいたが、海岸線から逸れて緩く登り始めるところでポジションを上げ、集団中ほどで2周目の狭い登りに突入。

ここでもペースが速い。きついけどなんとか集団内で登り切った、と思ったら最後の激坂が残っていた。目の前の壁に心が折れかけ一瞬足が止まってしまうが(振り返ってみればもっと頑張れよと言いたいところ)、気持ちを取り戻し、集団からやや遅れたところで登り切る。10人くらいの集団に入り、海岸線沿いをしばらく走ったところで緩んだメイン集団に追いつく。しかし、吐き気が止まらない、というか吐く。ドリンクを含んでなんとか回復をはかる。

集団の最後尾で3周目に突入。始めからもうきつい。2周目の反省を生かし、オールアウトする前に早々に千切れてイーブンで登る。奇跡的によい後続集団に入ってくれと願うが、そんな願いも叶うわけなく。というか早々に千切れすぎだし、イーブンのペースも遅すぎだわ。ああ、こんなにも早く終わってしまうとは‥、なんて弱いんだと絶望しながら一人から数人で回していくと、海岸線沿いで後ろから10人くらいの集団が。意外と強そうな人も千切れてたんだなとか思いつつ、それに乗ってゴールラインへ。

序盤は集団から1分差で切られるとのことだったので終わりかと思いきや、通される。驚いたが、それなら頑張ろうと気持ちを立て直して登る。が、千切れる。ああ終わったと、また一人から数人で回していると、後ろから10人以上の大きめの集団が。行けるだけ行こうと、これに乗って5周目に突入。なんとか集団内で登り切るがもう限界。ツキイチで6周目へ。その登りでは流石に千切れ、あとは数人でゴールラインへ帰還。6周完了でDNFであった。

千切れた時は序盤すぎてわざわざサポートに来てくれた浦に申し訳なくてたまらなかったが、2周目完了時に1/3強が千切れていたということで、実力的には頑張った方だったかもしれない。勿論いろんな人を巻き込んでいるからにはもっと実力をつけなければならないのですが…。

集団が緩んだのは4周目からだったとのこと。2周目でオールアウトするような走り方をしなければ(試走して分かってたのに…)とか、下りでちゃんと前の人について無駄足を使わないようにしていればとか少しの改善点はあるが、そこまで残るには実力が足りなかった。

わざわざサポートに来てくれた浦、応援に来てくださった水田さん、しばらく前からアドバイスをくださった監督ありがとうございました。しばらくはレースがないので、じっくりと練習を積んでいきたいと思います。

[] 20:22

土曜 金子とV坂SFR→ソリア 脚が軽い、というより思い通りに動く感じがして、調子はよかったが、ソリア中に気分が悪くなってリタイア。ダンシングを使わずにあのペースを維持したい。

日曜 大垂水→雛鶴峠→裏垂水 大垂水はなかなかのペースで突っ込んでいくが、後半はあとの練習のことを考えてペースダウン、とはいえピークパワー更新。雛鶴では前半は短い登りの高強度とその間の休みの繰り返し、後半は井上の鬼引きからのアタックという謎のアシストにより単独先頭になってしまったので、登り微妙に上げ平坦微妙に休みで最後はタレて終了。データが少ない30分あたりのピークを更新していたらしい。帰りの大垂水は糖質が切れかけな状態だったので、とりあえず一定以上のペースを守ることだけ意識してクリア。川とコンビニが天国であった。

月曜 ローラーメディオ。まずまず

[] 21:35

全然更新してなくてごめんなさい。

木曜 ローラーメディオ

土曜 多摩湖周辺ポタリング ミーティング OB総会

家の近くの坂とかをネットで調べて行ってみたが短すぎてソリアにも使えそうになかった。せっかく行ったので何本か登った。

日曜 大垂水表 雛鶴 大垂水裏

大垂水表はこの後の初雛鶴にビビりまくり先週の一本目よりも早めに先輩からちぎれた。雛鶴は半分ちょっとまで萩原と抜きつ抜かれつのアツいバトルを繰り広げたあと引き離した。個人的には小競り合いで頑張るのは好きなのだが、後から考えると二人で交替で回した方が良いタイムが出たなーと。笑 一人になってからは、ほとんどが上りでつらかった。大垂水裏は最初から一人旅だったので一定のペース配分でいけた。

月曜 パワマソリア

今日目標としていたパワーはクリアした。

2016年06月26日日曜日

[] 20:31

大垂水→雛鶴→大垂水

1日を通して自転車がご機嫌斜めだった。実走にこだわりすぎてメディオをすっぽかしてたツケが遂にやってきたので、早急にメディオをやりこむ必要がある。何をやれば良いか明確なのはありがたい 151km

[] 20:40

雛鶴

調子良くなさそうだったので、大垂水は様子見くらいで登る。雛鶴は初めから強度上げすぎたせいで半分くらいで千切れ、そのあとすぐに崩壊したらしい、、非常にもったいないし反省。

そのあと1人では強度を上げられなかったので、上までは登らずに少し休んで微妙なソリア、下りはただ下るのはあれなので長岡と踏めるところは踏み、1か所の登りポイントできちんとしたソリア。裏垂水はこういっちゃんの後ろでヒィヒィ言いながら、何とか。

ちゃんと統率が取れず、いい練習ができなくて申し訳ない。

ここ1か月続く体調不良はもう気にしないことにした、気にするとイライラするし何とかなってるので。

[] 23:40

昨日 ローラー メディオソリア

いつもより本数を増やしたが何とか落とさずに済んだ。

今日 雛鶴

行きの大垂水、同組の貫名さんこういっちゃんがノリノリでぶっ飛ばす。絶望しながらついていき、千切れ、派手にたれた。ゴールタイムは悪くないが、もはや違う練習になってしまった。雛鶴はソリア祭りの効果か、前回より登りの繰り返し自体はついていきやすかったが、それでもキツかったので休めると思ったところでのこういっちゃんのアタックに反応できる脚はなく、周りもバラけたのでITT。最後の登りで加藤が猛追してきて危なかった。締めの大垂水は能活に背後霊されたので、千切れてからも不安感と若干のイライラで粘れた。自己ベスト更新だけど、千切れてるから何とも。

自分が弱いだけかもしれないが、雛鶴は実際の練習量に対してダメージが大きい気がする。今週は明らかに実走成分が不足したので、来週はもっと実走したい。

2016年06月25日土曜日

[] 14:58

V坂 SFRソリア

睡眠不足のまま行ったのでソリア中はソリアとレスト中は眠気と戦う感じになってしまったが、心肺の調子はよくて垂れそうになるところを持ちこたえて最後までやりきれた。実走不足なので、やれてよかった。

谷さんは1時間だけ寝て長尾台とか行ってたが、どこからその体力が湧いてくるのかがわからない。

2016年06月24日金曜日

[] 10:34

6/18 都民の森〜甲武

遅刻したためみんなを追いかけて一人で淡々と登った。熱中症っぽくなっりながら帰宅。

6/19 大垂水表裏裏裏

体調不良気味。大垂水までの移動で頭がボーッとして異常に辛い。大垂水1本登ってダメそうだったら帰ろうと思っていたが低レベルながら登れたので2本は一年生組で全引き。岡野がかなり粘っていて強かった。ラストは平山が引いてくれたが千切れてからは心が折れて逆プログレ状態。帰りは精神的にも身体的にも辛くてこういっちゃんの後ろでうめきながら中切れ量産機と化した。早くこの苦痛に見合う幸福を掴みたい。

6/21〜23 メディオ?

全然出力でなくて悲しかった。

[] 10:54

おはよう戸塚 横浜cc周回×4

明日が雨とob総会で練習出来なさそうなので走りにいった。マッハで行って、マッハで4周回って、マッハで帰ってきた。非常に疲れた 60km

[] 16:11

メディオ

きっちりやりきった。負荷はあんまり高くないが、本数揃えるならギリギリ感があったのでもう少しは底上げしたい。

当部OBの西薗さんの全日本TT優勝は、僕にとっても本当に嬉しいです。

[] 21:39

6/24 3本ローラーメディオ、パワマHIIT

最近やってなかったHIITをやったらめちゃくちゃきつかった。ソリアとメディオばっかりでは良くないな。

[] 23:12

火水木ローラー。調子はまあ普通。良いと思っておこうという感じ。ローラーを昔のやつに戻したら大分ましになった。

今から大島に向かいます。

2016年06月23日木曜日

[] 21:51

メディオ

これからは練習の幅を広げます。

[] 22:11

パワマ タバタ

気付いたら時間がなくなっていたので、仕方なくパワマでタバタ。継続してやってなんぼの練習だから正直今日の練習意味あるの的な感じがするが、パワーが出る出る出るねして追い込めたので良しとしよう。

2016年06月22日水曜日

[] 08:39

昨日

HIIT:8本揃えるつもりが、5本めでギブアップ。時間をおいて残り3本を済ませ、一応の形を取り繕うことに。

[] 18:51

6/22 3本ローラーメディオ

グズグズな天気が非常に腹立たしい。八王子方面の雨予報&能活の神奈川雨報告により実走を断念。実際は行けた気がするのがとてもつらい。しかし、ローラーをやってみると異常にしんどかったので、実走しなくて正解か。あるいは昨日の高強度のせいかも。

[] 19:19

水曜 HIIT ミドルパワー メディオもどき

不完全燃焼だったのでメディオ(のようなもの)を追加した。

1年生はソリアよりもメディオをもっとやるように井上さんからアドバイスというかお叱りというかをいただいたので、1年は気を付けよう。(特に練習日記を見る限り僕と新谷はパワマソリア大好き人間なので改善しよう。)井上さん、ありがとうございました。ローラー買うか…

[] 20:15

戸塚 横浜cc周回×6 SFR

朝起きていざ練習に出発しようとしたら雨が降って来たのでふて寝した。いい加減にしてほしい。だが、昼頃起きたら何故か降っていなかったので走りにいった。

奇数周1分、偶数周2分上げで6周。ソリアは一つ壁を破った感があるが、戸塚のソリアがやや平坦基調だから自分的にはパワーを出しやすいという説もある。 85km

[] 21:21

昨日 ローラー ソリア

今日 ローラー メディオソリア

ローラー上ではソリアは進歩しているようなので、飯能orいろはでテストして来週で一区切りつけたいが、まだ伸び代がありそうなら延長したいのと、クリテにそなえてとっとと1分以下に移りたいのとやまやま。やっとこさ仮免を得たものの今週の平日実走がなしになってしまった。

[] 23:24

昨日 メディオ、SFR

今日 メディオ、インターバル

追い込めてはいるのだが、その先になると心がポッキリと...まあいい方向には向かってるというか、パワマ、ローラーの弊害で悪い方向に行きかけていたのを戻せつつある。やっぱり実走不足だとダメだな...

1年生は追い込むとかの前になるべく長い時間乗りましょう。まともに漕いでる時間は、ミドルパワーは1分半、HIITは2分半、ソリアは10分、10分メディオは3本すれば30分、是政まで行って連光寺5本でもやって帰れば2時間。

あとはもがき方分からず大して強度上げられないのにハイパワーとかミドルパワーする意味あるのかという。じゃあそういうお前は正しく高い強度でもがけるのかと言われると非常に苦しいのですが。笑

2016年06月21日火曜日

[] 18:21

パワマソリア

1本目からだいぶつらかった。それに対して終わった後にはソリアやった後のようには思えず、あれ、これ全然ダメじゃんって感じ。

午後には雨があがっていたのでロードで学校に行けば良かったなぁ。

[] 00:06

6/21 V坂ソリアSFR

雨が上がるのを待ってV坂へ。ソリアは鬼突っ込みしたので、3本で使い切ってしまった。

2016年06月20日月曜日

[] 09:07

おはよう国際3

おはようございます。昨日はチェーンが吹っ飛びました。ターゲット出力の第一段階を突破しました。頑張りました 65km

[] 09:56

土曜日 都民の森

遠かった。暑かった。甲武に行った先輩には抜かれたくないなとか思いつつ登って行ったが、結局何人かに抜かれた。どのくらいで着くか分からず最後の方はペースが落ちていた。

日曜日 大垂水

当たり前だが土曜の疲れがかなり残っている状態で家を出た。峠に入ってからはほとんど1人で走っていた。全体練で先輩と練習している意味がなくなってしまうのでついて行けるようになりたい。

ここまで長時間自転車に乗ったのは初めてで色々な所が痛かった。力み過ぎなのか特に手のひらが痛かったので改善できると良い。

[] 19:28

昨日 いろいろあって休み。すみませんでした。

今日 メディオ

メディオが悪い原因が分かった気がする、改善できるかは知らない。

[] 22:36

パワマソリア

途中までは目標とするパワーを出せていたが、ラスト2本で一気に垂れた。

[] 00:05

更新が滞ってしまいすみませんでした。

土曜日

都民の森:延々と続く上りが非常にきつかった。

日曜日

大垂水:土曜日の疲れが引かず、太ももの筋肉痛で移動すらおぼつかない状態だった。結局、他の一年生より量の少ないメニューで終了。しっかり疲労回復はしなければならないと身にしみて感じた。

2016年06月19日日曜日

[] 16:47

土曜全体連

都民の森で練習の予定だったが、色々あって早々に帰宅。

気温が高いときの体力の消費が人一倍激しいのだと実感した。体にかける用の水を用意して練習に臨まなければ。

[] 17:26

木曜 ミドルパワー、SFR

土曜 都民の森

延々と続く上りに絶望感しかなかった。

都民の森まであと○キロの標識は信用してはいけない。

日曜 大垂水4

心を無にしてひたすら踏んだ。

この週末はなんか調子が良かった(気がする)。よく眠れたからかもしれない。睡眠はやはり大切。

[] 17:57

土:甲武〜都民の森DNF

暑い日だった。調子はよさそうだと思っていたが、移動で暑さのために死んでいった。甲武はそれなりに頑張ったのだが、都民の森は登り切れず木陰で休み、皆と共に帰宅した。また練習できなかったと思うのだった。

日:大垂水表1裏3、いろは5

足が重すぎた。やはり昨日は暑くてダメージが大きかったのだろう。移動の段階でどうしようもないかと思ったが、大垂水では不思議と踏めて出力もまずまずだった。しかし、相変わらず100W近いペースアップになるとついていけないのだった。4本とも揃えられたので良かった。

いろはも、着くと意外と踏めた。流石に出力はそこまででなかったが、こんなものだろうというところで5本揃えられた。久々に追い込んで達成感を味わった。ところでいろはの出力ってどんなものだったかなと思って一昨年の12月のデータをみたらめちゃくちゃ強い。この2年でレースでは走れるようになった理由は結構謎なのである。今の自分じゃあ、メニューをひたすらこなしていた過去の自分には顔向けできない。過去を振り返ることは、こうしてモチベの向上につながるのである。

[] 23:32

昨日 甲武→都民の森

分岐までのペース走がそれなりにエグくて、 甲武もいまいち粘れず。都民の森は途中捨て身のブリッジをして案の定死に、何とか前に見える能活と一定の距離を保ったままゴール。最後捲ろうとか思ってたけど完全に干からびていて無理だった。

実力通りかもしれないが都民の森はさすがに弱すぎた。暑すぎたにしても気合いが足りなかったので反省。

今日 大垂水表裏裏裏→いろは3

大垂水1本目はやや攻めた。終盤生駒さんのペースアップでちぎれたのが悔しいけどタイムは上々。2本目は普通にちぎれたが集団が速かったのかいつもよりはマシなタイム。3本目はあっさりちぎれ、平常運転に戻る。どっちもこういっちゃんがダンシングするタイミングで切れた。レースでも勾配上がるとこは皆ダンシングで上げるので、試行錯誤してまともに使えるようにしないとまずい。4本目は下の組に入り、ほぼITTだったが5秒くらいしか落とさずに済んだ。やはり登りは自分のリズムで登る方が楽になってしまうので、できるだけ自分より強い人のぐい上げについていかなければ。

いろは行ったはいいものの、1本目そこそこでもう脚が終わり、飛び石にしても落ちていく一方だった。

[] 23:46

木曜 ローラーメディオ。

金曜 ローラーメディオ。2本目の途中で心が折れる。続けるためにはもう少し強度を下げるべきだろう

土曜 甲武→都民。ペース走、甲武まではそこそこ頑張れたが、そのあたりから暑さにやられはじめ、都民の森ではワット数は低いのにひたすら苦しかった。帰りは暑さでへろへろになりつつ、生駒さんに引きずられて多摩川左岸ルートを攻略。

日曜 大垂水表裏裏裏→いろは5 涼しくて練習はしやすかったが、前日の疲労で足は重い。大垂水はこういっちゃんが強かった。いろはは生駒さんが強かった。

[] 23:58

6/18 都民の森、甲武

アプローチのペース走はかなり上げられた。都民の森の前に甲武のはずが、チェーン落ちしてかなり面倒なところにチェーンが入ってしまい、できなかった。都民の森は初めてだったので、40分だと思って淡々と登ってたら35分もかからなくて、いまいち追い込みきれなかった。これで終わりでは微妙だったので、同じく甲武ができていなかった加藤と2人で甲武。いい感じに追い込めた。

6/19 大垂水表裏裏裏

移動では若干の足重だったが、2本終わったあたりから調子が出てきて、最後までほとんど同じ強度を維持してできた。BBあたりから変な音がするので、トルクのかかることはしたくなくて、いろははやらずに帰宅。

2016年06月18日土曜日

[] 20:13

甲武→都民の森

総じて登りの斜度がきつい1日だったので、ひたすら疲れ、フラストレーションが溜まった。帰りは憂さ晴らしに五日市通りで快速急行福生南公園行きを開業した。しかしながら、この頑張りが祟ってラスト30kmから15km/hしか出なくなった。

もう都民の森はいい。そもそも都民でもないし 169km

[] 23:50

甲武〜都民の森

いつもより10以上心拍数が上がる->足よりも身体全体にダメージ->帰るころには果てるのバッドデイ。しかし、心拍計つけてるおかげで原因がハッキリするのはとても良い。おすすめおすすめ。

そのうえ10分以上の登りはてんでダメなので、都民の森はカス。早々に千切れて平山と長岡だけは回収という最低限のみ。平均ワットがインターバルしてる方が高いんだから救いようがない。。

帰りはきつすぎて1年生の時の青根がフラッシュバックした。まあ真夏日に触れられたのはよかった。

2016年06月17日金曜日

[] 18:55

昨日 ローラー ソリアメディオ

メディオが微妙だがソリアが伸びてきたかもしれないので我慢しようと思う。

今日 上半身ウエイト

いいかげんプロテイン買おう。バーテープも。

[] 20:09

6/17 3本ローラーメディオ

蒸し暑すぎて全然集中できなかった。2本目すら完遂できず。1本目はかなり良かったのに、、、 早急に扇風機を導入しよう。

2016年06月16日木曜日

[] 18:49

メディオ、SFR

疲れのせいか全然ダメだった。この天気なら普通に実走行けばよかった気がする。少し後悔。

[] 21:36

加藤と同じメニュー

あまりよくなかった

[] 22:12

ローラーメディオ

[] 00:34

こんにちは。最近秋山くん・井上くんのパワーデータがみられる権限を手に入れたのでときどき眺めています。笑 マネージャー植田です。

全日本学生選手権個人ロードレースにサポートとして参加してきました!(最近日記を書くのが毎回遅くなっていて申し訳ありません…)長くなりますがよろしければお付き合いください。

個人ロードは重要な大会ということで、事前にサポートをかなり詰めました。誰がどこの配置で、補給物はどうなっていて、代輪と代車は何を使って、各選手のサドル高はいくつで、前日にはこう動いて当日にはこう動いて…ととりまとめておいたつもりです。部内では具体的な情報として残しているので、再来年以降にも活用してもらえればと思います(来年はまだまだわたしもいますよ!!笑)

土曜

朝積み込みをして出発。最近は新しく免許を取った選手たちが運転の練習といって運転手を引き受けてくれるので、助手席で楽をしています。笑

ライセンスチェックをしてから少し時間があったので、写真撮影。

三年生が新たに使用することになった、Kaskのヘルメット・Mojitoです!三人あわせると信号カラーです。笑

f:id:ut-br:20160611150854j:image

かっこいいです。ヘルメットはみんな似ているようでも、微妙な違いでかっこいいとか悪いとかあるものですよね。とても軽くてびっくりします!通気性もすばらしいのだそうです。頭囲調整用のバンド部がよいらしく、締め付け感がないのにうまくフィットするとのこと。秋山くんが今まで使っていたものと比べて明らかに差がわかるんだよーと楽しそうに語っていました。笑

f:id:ut-br:20160611151112j:image

こちらはBolleのサングラス・6th sense。貫名くんのカラーはジロデイタリアモデルです。レンズがとても広くて偏光になっています。とても快適らしく、選手たちに植田も買いなよと勧められました。笑 車の運転にもよさそうです。笑

その後試走に向かう選手を見送りました。試走開始を待つ貫名くん。

f:id:ut-br:20160611160704j:image

貫名くんは今回、Michelin Power Competitionを履いて出走しました。詳しくは本人の練習日記に譲りますが、翌日日曜のレースで落車を回避するのにこのタイヤのグリップ力が役立ったとのこと。「絶対にpowerでなければ突っ込んで落車していた、きちんと止まれて自分でもびっくりした」と語っていたので確かだと思います。調べたところ、Pro4からさらに転がり抵抗を低減させたということらしく、転がり抵抗の低さとグリップ力の両立という特色がロードレースにはとても向いているのではないでしょうか!わたしは乗って体感できないのですが、普段それほど機材の違いがわからないと笑うことのある東大の選手たちが言っているのでたしかにそうなんだと思います!笑

しばらく試走後、補給練習。サポートが初となる一年生にも練習してもらいました。

買い出しを済ませ、宿に移動してご飯を食べ、去年の反省を生かして、21時ごろには選手は先に就寝。後輩たちと当日の動きと機材の最終確認をして、補給物の準備まで完了させました。今年は後輩たちにかなり手伝ってもらって、組織的に動けたかなと思います。ありがとう!

部屋に戻って自分の準備をして、もう一度翌朝の行動を確認して(そして学科の課題をやって笑)就寝。

日曜

宿の方にお願いして5時に朝食を準備していただき、5時45分に宿を出発。6時には会場につきました。今回、OBの洋和さん、水田さん、谷さん、浦さんが先に会場入りして補給場所を確保してくださいました。ありがとうございました!

あれだけ動きを決めていてもばたばたするもので、あっという間にスタート時間に。一年生のときにはじめてサポートで来たときはこれほど忙しかった記憶はないので、年々これもやりたい、あれもやったほうがいい、といってやることを増やしているのかもしれません。笑

レースが始まってからは、補給に立った私以外の4人と情報の共有をしたり連絡をしたりしながら観戦。補給開始後はわたしは最前で補給。特に問題なくできたと思います。今回、たまたま秋山くんが「ゼリー!」といった時にはゼリーを、「ドリンク!」といった時にはドリンクを出していてちょっと自分でもびっくりしました。事前に打ち合わせをしたわけではないのですが、なんとなくこの周はこっちかなあ、という勘が冴えていました。笑

今回も選手はそれぞれ思うことがあったようで、そういう時にはいつもうまい言葉が見つからなくて困ってしまうのですが、どこまでいっても支えるつもりですということだけは伝えておきます。みなさんが何かを思って試合に出ている限りは、全力でサポートをします。任せてください。笑

さて、最近部員たちにさんざん心配してもらっています。笑 というのも、私事ではありますがわたしの所属する学科がかなり忙しく、いろいろなものを犠牲にしながら課題に取り組んでいる状況のためです。それでも部にはずっといつづけるつもりでいます。笑

浦さん・谷さんに写真をアップロードしていただいたので、近日中にタイムトライアルとあわせてフォトギャラリーにて公開します。ぜひご覧ください。

最後になりましたが、今大会でもたくさんの方に支えていただきました。遠く長野まで応援に来てくださった日直商会・水口様、恒例のバナナの差し入れをくださった岩崎OB、応援に来てくださった洋和OB、水田OB、谷OB、浦OB、ありがとうございました!

2016年06月15日水曜日

[] 17:05

善波 SFR ソリア

本当は恩方の練習に行く予定だったが出発して30分くらいでかなり雨が降ってきて、無理だーと思い折り返した後少し止んできたので再び向かおうとしたところまた雨がドドドドっと降ってきた。さすがにキレて帰ろうと思ったがこれで終わりはさすがにないので割と近くだった善波でインターバルをした。

割とイラつくが、隣の芝生は青いで行ったら行ったで行かなきゃ良かったとか思ってるかもしれないから、こればっかりは仕方ない 75km

[] 18:50

6/15 恩方ペソソ

家出る時から小雨が降っていたが、気にしたら負けの精神で決行。コース回り始めると結構降ってきて萎え。下りとかが危ないと判断して3周で終了。帰ってくると雨が上がってる上に、甲州街道の路面が乾いててさらに萎え。

ソリアではちょっとアタックしてしまったので、ソリアというよりは、、、という感じになってしまったが、自分としては3周しかできなかった割には追い込めて良かった。駒澤の森さん、小嶋くん、ありがとうございました。

[] 19:08

水曜 パワマソリア

スポ身のあとすぐやったのでいつもより早く垂れてしまった。なのでレストを多めに取って残りの本数をなんとか出力を下げずにやりきった。成長が目に見えやすく楽しいのでついソリアばかりをやってしまう…

[] 20:27

恩方3

想定以上の雨で早めに切り上げに。激坂前の緩坂で使い果たしてほとんどソリアにならなかったくせにダメージが大きい。それにしても毎度恩方周回中の激坂がやたら苦手。裏で時間とってソリアするときは相対的にまだマシで、雛鶴のアップダウンとかクリテの立ち上がり連続とか苦手なことを考えると、トルクorパワーの変化に弱いのだろうか。実走ぼっち練のときはそこを意識した練習をしてみようと思う。

森さん、小嶋くんありがとうございました。

[] 20:34

メディオ

5日練習してないも同然なので軽めにと思ったが足が軽かったのでいつも通りの負荷でやったら心肺きつすぎて1本で死にました。。刺激は入れられたので明日以降に繋がるかな。

とりあえず頑張ろうと思います、インカレも単位も。

[] 22:11

6/12 個人ロードサポート

6/14 飯能2

寝坊して朝ごはんをほとんど食べずに家を出たが道を勘違いして大幅に遅刻。2周目の下りで足がなくなったわけでもないのに千切れて本来3周の予定を減らしてコンビニ休憩。空腹のためだと思って補給をとるが逆に気持ち悪くなる。もうどうしようもなくなったので帰宅。寝坊&遅刻&途中離脱とか…。こういっちゃんごめんなさい。

6/15 恩方2.5〜ソリア

最初の1周はブレーキがすっているのを直してたら置いていかれる。まあ自業自得。2周目から入ったものの毎回激坂前の緩斜面で千切れる。その後は雨のため全体としては終わりになったが2日連続中途半端な練習になるのが嫌だったので最低限として半周頑張った後ソリアした。

[] 00:22

6/14 ローラーメディオ。前回のワット数を狙っていったら、どうやらかなり楽らしいことに気付いたので、目標を上げてみたが普通に完遂。前回やった時期に体調が悪かったのを忘れていた。12-25のクロスレンジのスプロケットはかなりローラー練習に向いている。

6/15 ローラーメディオ。とても時間が無かったのでピークパワー狙いで1本だけやって、終わったら即着替えてバイトへ。帰って見てみると無事ピークパワー更新できていてよかった。

2016年06月14日火曜日

[] 18:14

国際3

1本目に鬼突っ込みしたが、残り2本もなんとかもった。国際は何故かかなり追い込める 65km

[] 19:33

個人ロード 17/20 DNF

大したことはないのに長文です。最後の試合でもないのに長文ですみません笑

先週はあまり調子が良くはなかったけど、平日でしっかり調整できたしこれはいけるんじゃないかと思っていた。安井さんの練習日記を読み漁って知った「普段通り生活して“すっと”試合に臨む」感じをできたと思うし、修善寺の謎の足攣りを繰り返さないために日常生活で気を付けられることはだいたいこなした。準備は大丈夫。前日・当日も僕は適当に後輩に絡んで、あとは自分のことをするだけで良かった。本当にみんなありがとう。

レースはクラス2最前列でスタート。しかし位置取りが激しく苦手、密集地帯があまり好きでないせいでずるずると後退。ちょこちょこ起こる落車には巻き込まれず、運が味方してくれたおかげか落車による集団分裂もない。荒川貫名あたりとおしゃべりできたのは僕を落ち着かせてくれた。位置取りは上達していないけど、メンタル管理は進歩したか。

登りは後ろに吹っ飛んでいく人達を抜かしていき、集団真ん中あたりに潜り込んでいく感じ。一度激しく上がった周があってさすがにきつかったけど、それよりV坂でやっている練習の方がよっぽどしんどかった。ここはすごく練習のありがたみを感じた。登りの入りはダンシングでこなして後は基本シッティング、休憩に休めるダンシングでという形がすごく楽だった。

レース後半あたりから登り区間で四頭筋がすごく痛くなる。軽く攣っていたんだろう。痛いだけなら我慢できる。平坦では大殿筋とかでごまかして、集団後ろでストレッチ。他の筋肉もどうせ攣るだろうなと思って余裕のあるうちにストレッチ。海老さん、伊藤さんや大前くんが後ろに来た時に声をかけて元気をもらっての繰り返し。

しかしいつか死ぬときは来るもので、15周目あたりで登りがまったく踏めなくなる。うめき声を上げながら必死で登って下りで追いついての繰り返し。地獄絵図だったのか他大の方が見かねて坂の頂上で東大頑張れ、粘れと応援してくれてかなり励みになった。

17周目。もう足の感覚がなくて上死点に足を置くとハムストリングが攣りそう。グルペット集団だから登りは緩いはずなんだけど、僕の足では無理だった。唐突に叫び始める生駒さんと痛い痛いと叫ぶ僕の構図はやっぱり気持ち悪い笑。そのまま生駒さんと仲良く赤旗。

さて試合中の反省は位置取り以外ない。集団のペースが上がった時に無駄足を使っているのが本当にもったいない。またこういう走りをしていたら何も得られないんだろう。龍太郎さんのTOJ日記や山本元喜のGiro日記を読んだらすごくそう思う。自分より上位の人相手だろうが彼らはすごく勇敢に戦っていた。ここばっかりは気持ちと経験。試合に出て学ぶしかない。

この試合を通じて自分に足りない点(位置取りとか下り以外で)はわかったつもりなので、そこを重点的にやっていきたい。たぶんここを埋めればかなり強くなれる、はず。今回気持ちに余裕が持てたのはそれなりの地足は身に付いてきたから。さらに強くなればもっと落ち着けるし、トラブルにもきっと対応できるようになると思う。

さて今回もDE ROSA Nickで試合に出ました。乗れば乗るほど思うことですが、シッティング好きの僕には本当に合ったフレームだと思います。踏めばマイルドに進み、しかしパワーが逃げていく感覚はほとんどない。ダンシングがややテンポが合わないなと乗り始めた時期は思いましたが、そこは慣れれば何の問題もなく使えます。一定のケイデンスで回していくとスッと伸びていくフレームです。またタイヤはPro4を使わせていただきました。へたくそな下りでもがっちり路面をつかんでくれますし、グレーチングでも全然ぶれない。個人ロードでこのタイヤ以外に身を任せたくはない、そう思わせてくれる本当にいいタイヤです。新しいミシュランのタイヤ、Powerはまだ僕は使っていないのですが、次回僕が出る都車連のクラブ対抗ロードでは使う予定なので楽しみです。機材関係は本当にいいものを使っています。日直商会様、本当にありがとうございます。

監督も毎回試合に来て下さり本当にありがとうございます。なんとか今シーズン結果らしい結果を必ず出すので、見守ってください。サポート陣もありがとう。植田は一人で抱え込みすぎな気もするからもっと頼ってください笑。OBの洋和さん、水田さん、谷さん、浦さん、応援がすごく身に沁みました。レース中に話してくれた海老さん、伊藤さん、原ちゃん、関谷さん、荒川、大前くん、すごくありがたかったです。最後に柿木さん、今年度はずっとお世話になっていて、精神面でもすごくすごく頼らせてもらっています。これからも頼りにするのでよろしくお願いします。

結果はかなり悔しいけど、たぶん完走してもどうってことはないんだろうなと思った。完走は東大の中じゃ少ないけど、だからすごいわけでもない。今まで選手権で完走したいと思って練習していたけど、完走しても多分やったーと叫べないなと思った。完走圏内と実際に完走したは違うし、そこから入賞へはまた壁があるけど、あと1年ちょいで絶対到達できると思う。2月からの4カ月間それなりに頭を使って練習していい伸びを感じているから、もっとできると思う。頑張ります。応援よろしくお願いします。

[] 23:07

6/10 3本ローラーメディオ、パワマソリア

6/11 個人ロードの会場手前の坂でメディオ、選手に混じって試走

6/12 個人ロードのサポート

選手の方々はお疲れ様でした。サポートとしては、やはりもっと主体的に動いていかないといけないなと反省しました。いつまでも植田さん頼りになっていて、本当に申し訳ない限りです。来てくださったOBの皆様、本当にありがとうございました。

6/13 ローラーメディオ

6/14 飯能ペース2+ソリア3

2月に来たときよりはかなり強度を上げて追い込めた。なんだかんだ久しぶりのロングになってしまったが、6月はどんどん乗り込んでいくつもり。

[] 23:09

土日 個人ロードサポート

土曜はちょこちょこ走っただけ。クリテダッシュにテクニカルな下りに、自分には向いてないコースだなというのが正直な感想。初補給練習は楽しかった。日曜はレースの厳しさを改めて感じたし、いつまでもサポートする側ではいけないとも思った。皆さん本当にお疲れ様でした。

今日 ローラー ソリア

昨日から左足首が痛くて歩くのも辛かったので、飯能練をお休みしておとなしく授業へ。帰宅後様子見でローラーに乗ったら痛みを感じないのでソリア、むしろいつもより良いくらい。でも歩くとやっぱり痛い。よくわからないけどとりあえず明日は行きます。

[] 23:20

土日 個人ロードサポート

サポートは初めてで終始挙動不審だったと思うが、何とか言われたことは最低限出来たという感じ。レース中に実際に補給を渡す機会がなかったのが少し残念だった。間近でみるレースは迫力満点で、

周回コースだから何度もそばを通ったこともありとても興奮した。

月曜 パワマ ソリア、SFR

自分史上最高に追い込めて、とても良い練習が出来た。レベルの高い試合を観ると練習のモチベーションが上がるのはバスケも自転車も同じだということが分かった。

[] 23:55

個人ロード DNF

土曜の試走では秋山にくっついて行き、どのポイントでどういった展開になるかを確認。1周目は下りが怖かったが、練習と違って対向車の来る心配がないことに気付いたら普通に下れるようになった。

日曜、出走3時間前以降固形物が食べられない自分としては遅い朝食を済ませ、後輩たちのサポートのおかげでゆっくりアップをしてクラス2の最前列に陣取る。5月からいろいろあって思うように練習できず、コンディションがいまいちなのでむしろ変な緊張感はなかった。なるようになれといった気持ちでスタート。1周目の激坂は景気良くペースが上がる。頭のスイッチをレースに切り替えるのに手間取ってずるずるポジションを落とし、集団半ばくらいに落ち着く。上流の橋を渡り、テクニカルな下りに入ったところで溝に落ちている金子を発見。とはいえ自分が止まってもできることはないので追いつくことを願って通り過ぎる。

スピードの上がる1周目終盤の下りで、コーナーを曲がっていくと目の前に自転車が何台か転がっているのが見えた。慌ててブレーキ、タイヤがロックしてしまい、横滑りに滑っていく。突っ込んで吹っ飛ぶのも覚悟したが、さすがはミシュランのタイヤで、ぎりぎりのところで耐えて止まってくれた。とりあえずクリートを外し、自転車と人をまたいで無事レースに復帰。集団後方の中切れだらけのところを縫って走り、半周でようやく集団最後尾に復帰。ここまででけっこう脚を使ってしまった。

幸い逃げが決まったらしく集団のペースは落ち着く。最後尾にいるので、登りでも下りでも危険だらけだったが、まだ前に上がるほど回復できていなかった。そのまま集団にぶら下がって行って、3周目のトンネルで前方から嫌な予感がして、すぐトンネル内大落車。後ろだったので一瞬の足止めで済み、これは下手に前にいなくてよかった。ここで多少脚があったので、集団の分断を埋める動きに乗じて前に行けばよかったかもしれない。その後4周目までは集団でこなしたが、5周目前半からのペースアップで雲行きが怪しくなり、橋の後の短い登りで前の3,4人が中切れを起こしたのを埋めきれずそのまま集団とさよなら。集団が落ち着くことを願って1周追ったが、脚がもたず7周目で大幅にペースダウンし、そのままスタートラインで下ろされてしまった。

最大出力的には普段の練習と比べて余裕があったようだが、ベースの力不足で他の人が休んでいるところで休めていなかったこと、下りや集団での位置取りがまずく余計な力を使っていたことはよくなかった。また、1時間半で脚が動かなくなってしまうことも課題であり、当分の間は長時間にわたってペースを維持できることを目標にしようと思う。


サポート、応援に来てくださったみなさんありがとうございました。また、今回も日直商会様にいただいたDe RosaのNickと、MichelinのPower Competitionを使わせていただきました。Powerは転がりがいいので、思い切って気圧を下げたセッティングにしましたが、路面のグレーチングが多い木祖村のコースで安心して走れました。また、落車を回避できたのは完全にこのタイヤのグリップのおかげで、普段の練習用のタイヤであれば間違いなく突っ込んでいました。Nickもロードレースのスピードで乗ったことはあまりなかったのですが、高速の下りでの安定感が光っていたように思います。よい機材を準備していただいてほんとうにありがとうございます。

去年のインカレでは全く違う世界を感じたが、今回は具体的にどうすれば追いつけるかが見えてきた(気がしている)。インカレに向けて頑張ろうと思う。

2016年06月13日月曜日

[] 12:54

個人ロード 3周DNF

シーズン前半戦の目標だったレース、いろいろ犠牲にしてできる準備は思い当たる限り全てしてきたし、万全のサポートのおかげで前日、当日もレースだけに集中できた。本当にありがとう。

修善寺ロードでは十分完走圏内に入る走りができたし、そのときよりも調子は上がっていたので最低目標は完走。一方、木祖村のコースは初めてなので落車のリスクも考えて緩むまでは足を多少使ってでもなるべく前で展開するつもりだった。そこで足を使ったくらいで問題が出てくるほど走れないとは思っていなかったし。

そして何のトラブルもなくスタートすることができたが、1周目裏の下りのコーナーで切れ込んできた選手にハスって落車。チェーン落ちとパンクで2分遅れ、ハンドルが曲がった状態で追ったが、前半のハイペースに追いつけるような足はなく終了。

正直、前の選手の危険走行のせいにしたいのは山々々なのだが、レースで落車するのは多かれ少なかれその選手に原因があると思ってきたし、そういった意味では力不足だったと納得しています。

一方で、これだけ応援、支援してくださるOBの方々、スポンサー様、いつも試合に来て下さる監督、そして2日間すべてサポートに徹してくれた植田、2年生、1年生にはこのような不甲斐ない走りで終わってしまい、結果的にチームとしても全く結果が出せず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にすみません、そしてありがとうございました。

落車した瞬間は吹っ飛び方的にもうすべてが終わるんじゃないかと思うくらいだったが、なぜか機材、身体ともに大事には至らなかったので、なんとか気持ちを切らさずに次に向けてやっていきたい。個人ロードまではと思って後回しにしてきたものが多すぎてわけわかんないことになってますが。

レース、リザルトを見た感じ、結局他の落車に巻き込まれていたのではとも思うし、序盤〜中盤のハイペースの時点で千切れてしまっていたのではとも思うし、終盤のペースアップについていけなかったのではとも思うし、普通に完走できたのではとも思うし、きちんと前で展開に乗れたのではとも思う。それだけにちゃんと走りたかった。

[] 23:42

個人ロード 17/20周DNF

クラス2勢の最前列からスタート。やはり集団の密集度が高い。位置をなるべく下げないようにはするが、少しずつ抜かれ、隣でスタートした金子の10~20人後ろくらいで半周終了。そして、金子が吹っ飛んでいくのを目撃。他にもちょくちょく落車が発生するが、巻き込まれず。この辺り、集団やや後方と密度が下がっているところに位置取っていたおかげもあるかも(集団前方にいられれば一番いいのですが)。

2周目のトンネルで落車発生。一瞬ビンディングを外すことにはなったが、ダッシュした朝日の選手についていき、最後は自分で踏んで集団復帰。この辺り、余裕を持っていたし、凄く冷静だった。

登りは足をなるべく使わないようにやや位置を下げながら。それでも集団のあまり後方にはいないつもりだったが、4周目や6周目の登り返しで中切れを埋めると後ろには誰もいないという事態(秋山とか、その後追いついてきている人もいるようだが)。ぎりぎりではあるが、大丈夫な範囲が感覚的に身についている感じもある。中切れを埋める判断なども結構的確。3年目にもなると少し慣れてきたのだろう。位置取りも相変わらず苦手ではあるが、去年に比べればずっと自然にできるようになったし、走っている最中には悪くないと思っていた。

8周目くらいになると、きつくなってくる。登り返しで少し中切れが起きたが、埋めようという力はなく、京産の選手がイーブンな感じで追っていたのでそれについていったのを覚えている。

そして9周目、ついに緩む。10周目には集団が抑えられて大減速。そして集団はグルペットへと化していく。ちなみに自分は前を全く見られるような位置にはおらず、逃げが行くジーンすら目撃していなかった。

11周目に再び集団のペースが回復。そんなに早いペースではないものの、足がなくなってきている自分にはきつい。12周目あたりでかなりきつくなってきて、とりあえず15周を目標と思っていたのを覚えている。しかし、足のある何人かは飛び出していき、集団は疲労しているようで完全にグルペット。後から見ると周をこなすごとにLAPタイムが落ちていて、自分もなんとかついていける。登りではポジションを下げ、その直後の下りと、スタート地点から登り開始の間を利用してポジションを上げるという走法の繰り返しにより凌ぐ。

15周目終了時にはもう頭がぼーっとしてくるし、若干足もつりかけてくる。補給区間で位置を下げたくないためにゼリーを取るのは諦める(粉飴ボトルが少し残っていたのでゴールまでそれでいってしまおうと腹をくくる)。あと1周、あと1周と思っているうちに16周が終了。ところで、登りのたびに後ろの方で叫んでる人がいて、東大以外でもこんな人いるんだなあと思っていたが、後から聞いたら秋山だった(笑)。

集団ごと切られる可能性も出てきた17周目、登りでペースが上がる。序盤に比べれば全然速いペースではないが、死にかけの自分には十分すぎるほどだった。このペースアップで足がなかった人たちが遅れ、残りはほぼ完走という最後の分け目だった。それを乗り越えるだけの足がなかった。

ここで赤旗。終わった後は気持ち悪いし、立っている気力も湧かなかった。しばらくたって帰りの道中でもなんか気持ち悪いし、全身の疲労感が半端なかった。家に帰ってきた22時過ぎにはようやく食欲が回復してきて、2時間くらいかけて晩飯を食べた。今日も一日中半端じゃない疲労感だった。今までで一番きついレースだった。

終わった後は二度とレースなんかしたくないと思いましたが、不思議なもので、またしたくなってきました。2週間後の全日本選手権・エリート、頑張りたいと思います。

(反省点)

・指摘をもらったのは位置取りだった。自分としてはあまり無理もせず、そこそこ上手くやっているつもりだったが、周りから見れば全然とのことだった。集団の人数が減ってからだいぶ走りやすくなったが、それでも前の方にいくと密度が高く、走りにくくて下がってしまっていた。密度の高いところで走るのが苦手なようである。集団後方では無駄にブレーキと加速を強いられ、足がなくなってしまった要因になったと思われる。

しかし、去年よりはだいぶ上手くなったと思う。これは慣れと、余裕度(実力)のおかげが大きいと思う。これらに加え、もっと意識を高く持っていくことで(前の方に出ることを無駄に遠慮しないなど)さらなる改善が見込まれる。

・後半足がなくなってしまったのは、やはり乗り込み不足が大きかったと思う。最近、長い距離をなかなか乗っていない。もともと、エンデュランス系は得意なつもりなので、きちんと練習を積んで備えたい。

(補給についてのメモ)

・補給を受け取りに行くのはかなりロスになると感じたので、なるべく最初に搭載していった方が良いと思った。

・今回はピットインリキッド4本、スポーツ羊羹1本、ボトル2本(計1.5Lほど、うち1つはかさ1/5ほどの粉飴入り)を初期搭載とした。食欲は湧かないので、スポーツ羊羹は不要だった。それを除くと、1300kcalほどで、レース時間を考えるとちょうどいいくらいかと思ったが、後半ゼリーが欲しくなった。ピットインリキッドはある程度吐き出してしまっということもある。後半の局面までは残れたので、この長さなら5本は積んでよかったか。

・今回はボトルを2回受け取った(1回はすぐに落としてしまったので)。1本受け取れば最後まで走れると思った。(とは言っても、レース後は熱中症・脱水症状気味だった、ただこれは気持ち悪くて結構吐き出したせいが大きいと思う。)

(謝辞)

植田はじめサポートしてくれた部員のみんな、そしてOBの皆さま。皆さんの応援が本当に力になりました。ありがとうございました。監督も良いアドバイスをしていただきありがとうございました。監督や部員、OBのみなさんにいいところを見せたいというのが凄くモチベーションになっています。

また、毎度のことながら、タイヤには日直商会様よりご提供いただいているMichelin PRO4を使わせていただきました。ありがとうございました。フレームとホイールはいつもお世話になっているG.S. Astutoのものを使っています。凄く愛着のあるバイクです。これからもよろしくお願いします。

2016年06月11日土曜日

[] 14:40

ご無沙汰しています。筆不精ですみません。

かなり気持ちを作っていたからか、TTTが終わってからどっと疲れが押し寄せ、その週は水木と少しローラーに乗っただけで、週末から本格再開しようと思っていました。

しかし、土曜日の全体練では絶不調。すぐに千切れ、家へと引き返しました。少し風邪気味でもあっとようで、休むことにしました。

休み明けの火曜日は全然だめで絶望しましたが、サポートしてくれる人の為にも頑張らなければと思い心をなんとか折れずに持ち直した結果、水木とローラーでいい感じに練習が積めました。

調子は上がったり下がったりですが、なんやかんやで今は自分史上で大体一番強い時くらいだと思っています。昨年よりは成長した姿が個人ロードでは見せられると思います。頑張ります。

[] 22:14

木曜 メディオ、インターバル

金曜 20キロほど流し

土曜 試走3周+例の登り

足は多少重かったが、いつも通り心拍だけは上げておいた。

何とかできることはやりました。明日頑張ってきます!

2016年06月10日金曜日

[] 19:24

パワマソリア

3セット目で垂れた。残り2セットは落としてなんとか5本揃えた。5本揃えるのが当面の目標。

[] 21:08

ひとりV坂 ソリア

人と一緒じゃないと行ってもあんまテンション上がんない。最低限の本数だけやったら時間だったので終わり。

一応平日にしてはそこそこ自転車に乗れた。

帰りに車道逆走でぶっ飛ばす自転車に遭遇。めっちゃ怖かった。

[] 22:08

ソリア

部室の酸素が薄かった。もう少し実走に行かねば

[] 22:26

一昨日 ソリアハイ

ソリアの途中で折れてしまい、負荷下げて再開するも撃沈。これで終わるのもなあと思い久々にハイパワーやったら鬼タレして萎えた。1本目は普通だったから単に脚が残ってなかっただけだと思うが…、若干不安。

昨日 修了検定リベンジ

今日 ソリアリベンジ

折れはしなかったが後ろ2本は少し落ちてしまった。それでも限界だったようでダウンもしばらくできず、初めてパワマ乗って降りられなくなった時を思い出した。

[] 23:45

パワマ ソリア、SFR

週末は自転車に乗れないので今日は出来るだけ追い込もうと意気込んだが、すぐに垂れてしまった。今考えると負荷がキツ過ぎたのが原因な気がする。

明日と明後日は初めての貴重な体験が多く出来ると思うので、しっかりとした気持ちで臨みます。

2016年06月09日木曜日

[] 23:15

6/9 3本ローラーメディオ

梅雨の時期はモチベーション維持が難しいようだ。

[] 01:45

ローラーインターバル。バイトの時間が迫っていたのでさっさと追い込んで終了。

2016年06月08日水曜日

[] 12:44

V坂、平地スプリント、メディオ

V坂ではプログレ、弱ソリアを交えてレストを短くした。もう少しレストを短くできるようにするのとプログレの最後のパワーをもっとあげることが今後の目標。

帰って学校で仕上げのメディオ。きつかったぞい。

[] 19:13

パワマ ソリア

負荷を上げたら、かなりキツくていい感じになった。

[] 21:42

小山田4 いろはSFR

小山田は2周目まで偶然出会った慶応の荒川さんにこういっちゃんと二人で引きずり回されたが、二人ではまずかかるはずのない負荷をかけられたので良かった。ありがとうございました。その後は4周目でソリアやった後に二人とも終焉を察したのでSFRをやって帰宅した。

遂に自分の中でのダンシングの最適解を発見し、ソリアの出力が跳ねたので万歳した。 118km

[] 22:18

昨日 今日 メディオ、インターバル

高強度メニュー。今日は足が重くいのと体調が微妙で追い込み切れず。うーむ。

[] 22:27

6/8 小山田ソソペソ+いろはSFR

能活と2人のはずが、偶然お会いした慶応の荒川さんに2周だけ入っていただく。2周は本当にきつくて、「さすがにクラス1やべえ、、、」以外の感情がなかった笑 この強度でやれるのは貴重な機会でした。荒川さんありがとうございました。4周であえなく撃沈し、いろはSFRで〆。でもいろはまでの移動の足の感じからして、あと2周ぐらいは行けたかもしれない、、、 甘えやったかな、、、

2016年06月07日火曜日

[] 18:12

飯能 SFRソリア

朝の雨と寒さで結局ぼっち練に。今日しか行けないしローラーの方がもっと気持ち作れないしなのでそのまま行ったが、幸い着く頃には雨も止んだ。ソリアは後ろ2本全力で追い込んで全てそろったものの、大垂水と同じでその上にいけない。しばらくはソリアの天井を上げるのを目標にしていく。

[] 21:04

ソリア

前回よりさらに0.2負荷を上げるもさすがに撃沈

[] 23:58

昨日

パワマソリア:新たに設定した負荷でやってみたが、途中で撃沈。

今日

パワマソリア:昨日のリベンジ。だったが、昨日より少々垂れるまでの寿命が長くなっただけで、やはり撃沈してしまった。

ソリアを始める前に片足こぎで様子を見てみると、想像以上に左足がギクシャクしていてショックだった。意識的に改善しなければ。

2016年06月06日月曜日

[] 19:28

ハイパワー、HIIT、ミドルパワー

最近出し切れてない感が強い。もっと自分を追い込まねば。

[] 21:18

レポート終了+4限休講→荒川

日没しそうだったので時間は短め。追い風区間で頑張ったらタイムを大きく更新したので嬉しい。6月なのに半袖だと結構寒かった。

[] 22:36

土日 風邪でお休み。

月曜 大垂水〜雛鶴ぼっち練

行きの大垂水は途中微妙に垂れたものの、最後また上げてフィニッシュ。

雛鶴はレースを想定して、短い登りはソリア〜軽いもがき、平坦、下りは緩めで。当然ワット数の変動が大きいので、後で見るとNPと平均パワーが著しく乖離していて面白い。最後のトンネルでちょうど限界が来る、いいペースであった。四頭筋が攣る直前のピクピクをはじめていたので、帰りの登りでは四頭筋をなるべく使わずに高強度を出す練習をしてみたり。

帰りの大垂水は気持ちも脚も売り切れで、のんびり流して帰るつもりが、気付いたらプログレになっていて峠を越えるころにはソリアであった。

雛鶴はアップダウンが激しく、お一人様でもなかなか楽しめるコースだった。風邪の不調がとりあえずはましになったようで安心。

2016年06月05日日曜日

[] 15:22

昨日 雛鶴

一年ぶりの雛鶴。行きのプログレ大垂水はソリア強度になったところで千切れた。雛鶴も序盤は余裕に感じたものの、後半短い登りの度にソリア以上の強度が続くのに耐えられずサヨナラ。クリテやエリミで何回かもがくと終わってしまうのも、原因は同じく散発的に強度が上がるのがダメなことだと思うが、お前それレース向いてねえよってことになるので7月までに改善したい。締めの大垂水もあえなく2本とも千切れたが、2本目の方がかなり早く千切れたのにタイムはほぼ同じだった。最近大垂水に慣れてきて毎回同じ感じに収まってしまい自分の限界を超えられていない。

今日 河川敷 もがき

晴れるのを待って出たものの、なぜか気持ちが作れなかったので半狂乱でもがいただけ。上半身の筋肉痛が抜けない。

梅雨入りしたらしく荒川はmmzロードと化すのでしばらくは行かない。

[] 18:31

昨日 V坂

1年だけの練習。まずまず追い込めたが、ラストから2本目だけ意図的に落としてしまったのが今になって悔しい。

今日 パワマ ソリア、SFR

ソリアは今までの負荷が急に楽になり、成長を感じた。

[] 19:22

ミドル×2、メディオ

明日実走するので今日はおとなしく室内練。メディオはいつものごとくお外で三本ローラー。こういうときのメディオはデザートってかんじでやってるけど、強度が軽すぎるかもしれない。終わった後ボトルを地面に置いてそれを拾うというなつかしの遊びを楽しんだ。今年は孝之さんに会えないのがすごくさみしいのです…。

[] 20:41

物見山ソリア、ミドル

まだ上げた後とか咳でたりするけどまあ問題なく実走できるようにはなった

[] 21:20

6/5 3本ローラーメディオ、パワマソリア

よく分からないけどメディオのパワーがどんどん上がってる。ちゃんと校正はしてるはず、、、

6/6 V坂ソリアSFR

加藤と2人で。ソリアはかなりいい感じに追い込めた。SFRは相変わらずのヘボさだった。自分的にはかなり追い込めてるので、単純にトルクがかけられないだけか、、、

[] 22:00

都民の森〜ソリア 175キロくらい

雨が止むのを待って(起きたのが10時だったのでw)11時出発で疲れてても最低限の強度が保てそうな都民の森へ。

昨日の疲れがハンパなかったのでセブンからノンストップで都民の森まで、LSD強度で適当に登る。都民の森で世界一美味しいコーラを飲んでから、都民の森の上のところでソリア、こっちも強度も心拍も上がらなかったが、何とかソリア強度を保つ。

下ってから血迷って甲武に行きかけるが、強度上がらなさそうだしそもそもすでに16時45分だったのでさすがにやめて、仮想ペース走で強度を上げたり下げたりしながらコンビニまで、そこからはノンビリ帰宅。

やはり長距離耐性が微妙で全体的に強度を上げられなかったが、とりあえず距離乗っとくという当初の目的は達成できたので良しとしよう。明日は休んで火水木できっちり追い込みたい。

ロングの日はロングに行った時点で1日が終わるので、それならば幸せに起きて幸せに気持ちを作るのが吉というのが自分勝手な持論。笑

2016年06月04日土曜日

[] 14:10

V坂

新入生のみのメニューだったが、坂でみんなに置いていかれてしまった。新歓合宿の時から、登る力が誰よりも低いことはわかっていたが、今回それが改めて突きつけられた感じ。真摯に受け止めて改善せねばと痛感した。

ところで、入部以来、多くの人に腕などの上半身の力みを指摘していただいている。こちらも相当重要な課題だと思う。

[] 17:36

雛鶴

今日は試合のことを考えてソリア以上の強度をちょこちょこ挟むことを意識。まず大垂水はプログレで最後の1分はしっかり踏み抜く。諸々あって予定の宮ケ瀬ではなく雛鶴へ。ここなら一緒に行けたから置いてきた1年生ごめんね。雛鶴では理不尽なペース走をやって足を削っていく。でも自分がいつもよりもそのダメージが大きく最後10分はかなりきつかった。拓央にもうダメだアタックをかまして普通に着いてこられて見送って死亡。帰りでは3回ほどもがいて久しぶりのスプリントを楽しんだ。10秒程度ならあんまり疲れないから意味ないのかもしれない。唯一のソリアポイントは想像以上に長かったけど最後ちょいと踏み踏みして終わり。

仕上げのメディオは2本目追い込んで1本目より10W上げた。3代目メディオおじさんだから大垂水はすごく楽しく終われて気持ちいい。

雛鶴はなんだか中途半端になりがちだからあんまり行ってこなかったけど、いつもと違う疲れを感じたので、たまにこういう刺激を加えてやるのはいいかもしれないなと思った練習だった。

*********************

先日ブッシュネル・アウトドア・プロダクツ・ジャパン様から提供してくださっているアイウェアの新しいレンズをいただきました!Bolle 6th Sense Sのブラウン調光レンズです。以前までも調光レンズだったのですが夏場に入ってきてやや明るいと申したところ、こちらのやや暗めのレンズをいただきました。視界がかなり広く、また風の巻き込みも少ないので快適に練習に臨むことができ、トンネルに入ってもすぐに明るさが変わるためどんなときでも素晴らしいアイウェアです!あとはこのサングラスを引っ提げて表彰台に上がるのみなので、練習頑張ります!

個人ロードでは金子、貫名もBolle 6th Senseを、また日直商会様取扱のKask mojitoを着用して出走しますので、Nick乗りの3人はお揃いの装備になります。僕自身すごく楽しみです。全力を尽くしますので応援よろしくお願いします!

http://www.nichinao.co.jp/

http://www.bushnell-japan.co.jp/

[] 17:56

大垂水〜雛鶴〜大垂水2

宮ヶ瀬の予定がいろいろあって雛鶴に。。

雛鶴はレース強度を意識して、勾配に対して踏むという形で強弱をつけた。久々の先着笑

足を使ったあとの裏垂水ほど苦手なものはないが、今日はいつもよりは粘れたと思う、弱いけど。久々の達成感笑

何か特に言うことないけど、久々のいい練習だった。

[] 18:09

大垂水→雛鶴→大垂水

出発時から足重くてうわーだった上に、サドルのネジが緩んで2cmも下がった状態で走っていたので大垂水に集合する頃には疲労困憊だった。その後はいつもの8割ぐらいの力しか出ず、常にみんなの後ろをヒラヒラ走って、気づいたら家にいた。自分の回復力の無さが恨めしい 146km

[] 22:20

1年だけでV坂

最初の2本は頑張れたが心肺に来る感じだった。それ以降は割と垂れてた感。

普通に足が筋肉痛。

2016年06月03日金曜日

[] 16:47

パワマ HIIT SFR

中間試験と同じく不完全燃焼だった。

[] 17:25

昨日 ローラー ソリア

目標下げてギリギリ完遂。実走が増えるほどローラー嫌いになる。その後修了検定で盛大にやらかす。やっぱり自転車が下手だと車の運転も下手みたいです。

今日 ウエイト

しばらくぶりに再開。下半身は変わらなかったが上半身が落ちてたので、調子落としたくない時期でも上半身だけはやろうと思った。今から補習教習笑。

[] 19:58

水曜 ミドル、タバタ2

木曜は腹痛で死んでいた。賞味期限切れの豆腐、ダメ、絶対。

明日はチャンプと練習なので気合入れてしがみつきたい

[] 21:43

V坂SFR→ソリア

今日も謎の体調不良。気分も悪くなったのでパワー抑えてレスト長めでとりあえず家を出るときに決めた最低限の本数だけこなして帰宅。

帰りに近所の激坂でちょいもがきしたら15秒までのピークを更新できた。

[] 23:58

パワマソリア

いつも通りの負荷では余裕が出てきたが、最後に1割ほど負荷を上げてチャレンジしてみると相当きつく感じた。これからはその負荷での練習に移行する。

2016年06月02日木曜日

[] 18:44

湘南国際村3 白旗SFR

休講だったので午前中に高速教習を済まし午後から出陣。

出力は1月比+25wぐらいでまあまあ。SFRはケイデンスをいつもより落としてトルクかけまくったら良い感じだった。 72km

[] 19:58

授業がなかったので荒川へ。

風が異常に強くてつらかった。踏んでる割にスピード出てない。帰ってからもう少し走れたと思ったので、せっかく行ったのだからもっと長めに乗れば良かった。

[] 20:24

V坂SFR→ソリア。

ソリアは3本目で鬼垂れ。今までで一番キツいV坂だったが、追い込んだからというより体調不良な感じ。

TT仕様からの換装に合わせて多くのセッティングを変更したせいで、バイクコントロールへたくそマンと化していた。

[] 22:52

火曜 メディオ、インターバル、1分半全開走

水曜 ソリア、SFR with和泉さん(笑)

木曜 メディオ、インターバル

今週は睡眠時間を確保した(課題を提出期限までに出すことを諦めた)結果、とても健康的に生活と練習ができた。

しかし、あの赤メットが行方不明になった。うまく行かないものである。

2016年06月01日水曜日

[] 16:34

ソリア:昨日と同じ負荷。垂れずに回し切れた。

[] 18:05

昨日 流し

月曜にいろいろあって回復走できず脚重&股痛だったので、ハンドル換装して本郷から自走帰宅して終わり。

今日 大垂水表裏表裏→いろはTT

試験で授業がないので水曜練に参戦。駒澤森さんと小嶋くん、こういっちゃんと。やたら眠かったので日野でレッドブルを飲んで気合いを入れる。1本目は最後ツキイチ使って何とか千切れずにゴール。ここでこういっちゃんが消え、2、3、4本目はどれも真ん中過ぎまで形だけローテして実際はほとんど森さんに引いてもらい、最後のペースアップで千切れ、を繰り返した。ペースアップ時の出力を聞いたらまあ千切れるかと納得はしたが、レースではそこでもがくなり何なりしないと勝てないのだから、それができるよう強くなるしかない。

帰りは陽気な小嶋くんの全引きで稲城まで運んでもらい、そこでお二人と別れていろはへ。レッドブル効果も切れてきたし一人だしなのでソリア反復は諦めてTT1本。思ってたより遅くてショックだったが、弱い領域なのでここから鍛えてどこまで縮められるか。

森さん、小嶋くん、今日はありがとうございました。自分が水曜に参加できるのはこれが最初で最後だとは思いますが、機会があれば是非また宜しくお願いします。

2016年05月31日火曜日

[] 10:02

土曜 TTT立哨

いままでに聞いた事のない音と、そのスピードに圧倒された。一緒に立哨してくださった方にも色々お話をいただき充実した1日となった。

日曜 ITT

すごい緊張感に襲われ、気をつけてはいたが案の定スタートでつっこみすぎて往路ですでにふくらはぎが攣りかける。復路は攣ったふくらはぎよりも腰の痛みがキツくてたまにダンシングをしてなんとか耐え抜いたが、ペースは一向に上がらずそのままフィニッシュ。

不完全燃焼とはこのことかと思われるほど追い込む事ができず、不甲斐ない結果に終わってしまった。

抜かれるのが非常に悔しくて抜かれるたびにペースが乱れてしまったのは反省として次に活かしたい。

最後に、今回は応援の力の大きさを強く感じる事ができた上、とてもたくさんの方にサポートされて運営されている事も実感できたのでとても有意義な2日間となりました。本当にありがとうございました。

[] 16:22

こんにちは。立ちはだかる多数の学科課題をなぎ倒してきました笑、マネージャー植田です。

土曜 TTT

今年は風はほぼなし。蒸し暑いなかでの開催となりました。

駐車場からけもの道を通って、(また)12kgのクーラーボックスを運んでいたら、学連の方に「大丈夫?」と心配されてしまいました。笑

アップ中のNickのふたり。秋山くんは今日だけはやらなければならないことを全部みんなにやってもらえる!と言いながらアップしていました。笑

f:id:ut-br:20160528095814j:image

例年通り確認事項をチェックした後、ドリンクを用意して、ほかのサポートにあれやってこれやってと指示を出していたら、いつの間にかスタート時刻間近に。スタートを見送って、補給を再度準備して指示して、とぱたぱたした後は選手が帰ってくるのを待つのみでした。補給では浦さんに、チームピットでは中村洋一OBと水田OBに手伝っていただきました。ありがとうございます。

ゴールシーン。(レース中の写真がなくてすみません…)

f:id:ut-br:20160528130503j:image

今回の試合にもたくさんの方々が応援に来てくださいました。日直商会・水口様、岩崎OB、中村洋和OB、水田OB、サポートに入ってくださった浦さん、ありがとうございました!

さて、中村洋和OBから、二年生にも動いてもらうようにしたほうがよいとアドバイスを頂きました。私より下の代にはマネージャーがいないので笑、自分で考えて動けるようにしましょう。あと一年の間に、わたしが普段なにを考えて動いているのか、各試合でどんなことに注意しているのか、引き継ぎはしっかりしたいと思います。

メンバーのうち貫名くん以外は会場までの時間短縮のため植田家に泊まり。自分の地元に選手がいるのがシュールでした。笑

日曜 ITT

昨日と異なり、かなり暑く日差しも強くなりました。

一年生が出場することもあり、人数が多いのに対してサポートは一人でなかなか大変でした。代輪をもっていってスタートを見送ってはテントに戻って、を繰り返していました。笑

空力性能がよいことに定評のある貫名くん。

f:id:ut-br:20160529110424j:image

秋山くん。練習日記のコメントがなかなかにうれしかったです。笑

f:id:ut-br:20160529111416j:image

長岡くん。しっかり追い込んできたようです。

f:id:ut-br:20160529112214j:image

今回、各選手の補給に関する準備不足が目立ちました。一年生に関しては上級生の指導も足りなかったのかなと思います。今回はたまたま途中で父に新たに買い出しに行ってもらうことができましたが、たいていの試合ではそのようなことができません。念には念を入れて、万全の態勢で臨めるよう準備をしていきましょう。わたしも気をつけます。

この試合では宮崎OB、林さん、上村くんが役員を務めてくださいました。おかげさまでわたしはチームサポートに回ることができました。特に、何とか都合をつけてくださった宮崎さんには大変お手数をおかけしました。本当にありがとうございました。

また、身内のことではありますが、二日間を通してサポートしてくれた家族にはとても感謝しています。ありがとう。今後も迷惑をかけるかもしれませんが、もう少しの間よろしくお願いします。

次は個人ロードに行きます。あれから一年と思うと早いものです。

[] 20:12

ミドルパワー、(弱)ソリア

正直日曜の疲れが残っていたが、ITTの結果が悔しかったので練習を決行。

ミドルをやったら脚にかなりきたので、予定を変更して弱めのソリアをして終わりにした(それでもきつかった)。

ITTで圧倒的な筋力不足を感じたので、SFRを多めに入れていこうかなと思っています。

[] 22:41

月曜日

ソリア:大会前にクリアしていた負荷でこいだが、途中で垂れ、モチベーションを失ってやめてしまった。

火曜日

ソリア:月曜日のリベンジ。かなり辛かったが意地でこぎ切った。

[] 22:43

ローラーメディオ

なんとなく自転車に乗ってみたが、TTを境に脱追い込まな奴したので10分ピークを更新した。しかし1本で死んだ。

心はかなり安定しているが、身の方は割と疲れている

[] 23:11

土曜 TTT 12位

レース前のアップは、ネットに転がっていたメニューを導入してみる。サポートが手厚かったこともあって、出走10分前までしっかりアップを行うことができた。スタートしてからは、あれ先頭出力こんなに楽だっけと感じつつ、練習でやってきたことを再現する作業を続けているうちに1周目が終わる。ボトルのスポーツドリンクはこまめに飲むようにしていて、まだかなり残っていたが、たくさん入っている状態のほうが飲みやすいのでここでボトルを交換(1本目はミスしたが2本目で受け取れた)。2周目の往路中盤にさしかかったとき、日大に追い越され、そこでかなりペースダウンしてしまい、抜いたり抜かれたりで出力が乱高下する、よくない状況。まだ先頭では楽に出力が出ていたが、このあたりから脚が少し嫌な気配をみせだし、長岡もきつそうにしはじめていたので、交代で後ろにつくときに絶対にミスをしないように警戒レベルを上げる。結局、この追い風の往路は抑えて、復路で上げようということにした。そして3度目のターン。2番手でまわったが、ブレーキの掛け過ぎで先頭の秋山との間に結構差が開く。絶対に待ってくれることはわかっていたが、日大に抜かれた焦りもあって、一番重いギアの状態で全力で踏み込んでしまった。この瞬間右のふくらはぎが盛大に攣ってしまい、そこで終了。すぐ回復しそうになかったので、捨てていってもらい、あとは流して帰還。

もしターンの前にギアを落として、ターン後もゆっくり加速できていれば、フィニッシュまであのペースを維持できていたと思うので、ちょっとした判断ミスで大きくタイムを失ったのは悔しいし、その失敗が無くとも大した順位ではなかったということがそれ以上に悔しい。もしもう一度チャンスがあるならまたしっかりやり込んで出直したい。

日曜 ITT

昨日のアップがうまくいったので、また同じメニュー。走り終わった後即座に攣ったところを冷やして安静にしていたこともあって、脚の疲労感はほぼなし。出走1分前に慌ててスタート台に行き、ヘルメットの位置を調整し終わるや否やスタート。はじめは予定通りの出力で快調に飛ばしていたものの、10分もしないうちに集中力が切れてきて、楽なペースに落ちてしまう。昨日の反省で、折り返し地点ではゆるゆると加速。残り3kmでどうやらこのペースが楽すぎるらしいことに気付き、慌ててペースを上げたものの、ゴールはもうすぐそこで、大したタイムにもならなかった。

条件がほぼ同じであった去年にも負けるタイムであり、けがで調子を落としていたこともあったかもしれないが、メディオをやり込んでいなかったことで集中力が続かなくなっていたように思う(その意味で去年やり込んでいた20分メディオはかなり有効であったのだろう)。

機材面では、チューブラーのバトンホイールよりも、MichelinのPower Competitionを履いたディープリムホイールのほうがロスが少ないという計算結果より、Powerタイヤを使わせていただきました。TTではロスが減っても楽にはならず速くなるだけなので何とも言えないですが、自分と近いタイムの人と比べても平均ワットがかなり低かったことに少なからず影響しているように思います。

2日間を通して、OBのみなさんや柿木さん、監督、上村、加藤、植田、日直商会の水口さん、多くの人々に応援・サポートをしていただきました。周囲のレベルが上がっているとはいえ、不甲斐ない結果で申し訳ないです。夏に向けてリベンジし、結果を残せるようにしていきます。

[] 23:55

5/29 ITT クラス3 14位

かなり早めに会場に着いたので、準備やアップも余裕を持ってできた。目標はAve 42km/hに設定して出走。往路の半分は追い風だったこともあり、快調に飛ばす。しかし、後ろの朝日の選手に抜かれたあたりから、精神的にも身体的にもきつくなってくる。追い風なのに43km/h出るかどうかぐらいまで落ちて、やばいと思ったが上げられない。復路は向かい風でさらにタレる。スピードが乗っても39km/h、たまに35km/hまで落ちるという惨状で、後発の選手にどんどん抜かれる。最後まで上げることはできずそのままゴール。Ave 40.3km/hで残念な順位。圧倒的に追い込みが足りなかったなと思う。本番で追い込めなかったことより、DHバーで長めの時間で追い込むような練習が足りてなかったことに問題があるだろう。修善寺に照準を合わせていたから仕方なかったとはいえ、DHバーに換装してから1週間とちょっとでは準備が足りなかった。来年はきっちり準備しようと思う。

TTT、ITTにかけて多くの方にお世話になりました。宮崎OB、中村洋一OB、水田OB、浦さん、林さん、魁さん、植田さん、植田さんのお父さん、監督、運転や立哨、サポートなど本当にありがとうございました。

5/31 パワマソリア

2016年05月30日月曜日

[] 12:59

土:TTT 12位

今までで一番緊張したレース。出走前は調子が悪い気がしたが、走り出すと良い調子。試合補正もあってか、最初の折り返しまでは1mmの疲れも感じない。ローテもスムーズ。1往復はあっという間。少し疲れを感じ始めまだ余裕はあるが先は長いので余裕はとっておく。みんな結構余裕そうなので自分が一番きついくらいだと思っていたが流石にそうではなかった模様。この時点ではキープは固い、最後の復路で上げられそうだなと思っていた。

2往復目の往路で日大に抜かされ、リズムが狂い始める。抜き返すかどうか判断が難しいところだったが流石に遅いと感じたので貫名に抜こうと声を掛ける。ここで足が余りに余っていた貫名が爆上げ。余裕を持っていた僕はそこまでダメージを感じなかったが、全体としてここで無駄に消耗をしてしまった。振り返れば、スピードはそこそこ出ていたし抜かすべきではなかったといえるが、当時は判断が難しくまあ仕方なかったかと思う。来年以降への反省としたい。その後再度日大に抜かされ、先頭出力が抑えられ、個人的には一瞬冷静さを失いかける。しかし思い直し、ここは割り切って足を溜め、向かい風になって相対的に日大のペースが上がるであろう復路に足を使おうとみんなに声を掛ける。日大に抜かれたのは、ここまで遅く走ってきた僕らが悪かった。

そして最後の折り返し。よっしゃここから、と思った矢先、足を攣った貫名が離脱。3人に。レストの短くなった秋山がきつくなり、長岡も足を攣りかけということで僕の引く時間がだんだん長く。だいぶスピードは落ちる。きつかったが、また後ろに戻れば休めるので案外行けた。全力でゴール。結果は12位。崩壊していなくても入賞は厳しかったということで周りのレベルが高かった。

少し明るい点としては、あれだけ崩壊しても1分しか落ちてなくて、タイムを見るに周りもそのくらいは崩壊しているということ。周りのレベルは高くなったが、イーブンペースで行けるというのは絶対に強みになる。秋山が反省点として挙げていた、引く時間や出力については、バンク練から調整し、朝練でも試し、そんなに悪くなかったのでは。僕に関しては朝練で少し長めにしてみてやっぱり無理だと思った経緯もあるし、そういう意味では朝練で僕の調子がなかなか出なかったことが良くなかった。やはり朝だからかな…。貫名は余裕がありそうだったけど、怪我で離脱していたし難しかったと思う。強いて言うなら、バンク練の時点でもっと乗って配分を詰められたのではと思う。あそこで殆ど4人でできなかったのが痛かった気もする。朝練はやはりいろいろな面で条件が悪いので、バンク練で配分を決め、朝練ではローテとメディオの練習、配分は微調整くらいのつもりがいいのかなと個人的には思った。TTメットとの親和性という問題もあるし。ただ、僕はバンク練の方がやりやすいのだけれど、バンクだと後ろできついという人もいるからそこが難しいところではある。確かに秋山の言う通りもっと話し合うというのが大事なのかも。まとまったいなくてすみません。ただ、ローテはスムーズで朝練が不足していたようには思わなかった。最後まで持つとかそういうのは、個人の練習の問題であろうし。

12位ということで想像していたような達成感は得られず残念ではあったが、とりあえず肩の荷が下りた。植田一家に多大なるサポートを受け、後は翌日のITTに臨むだけ。

日:ITT 43位 44’48’’898 (41.24km/h)

昨日の借りを返すべく、後はやるだけITT。昨日の反省を生かして序盤からきつめで。しかし流石にもたず往路半分くらいから垂れていく。復路に入ると向かい風もあって完全にリズムを失い、気持ちが切れかけてしまったが、なんとか立て直し垂れはだいぶ抑えた。途中意識が飛びかけるなどめちゃくちゃ追い込んだが、後半少し上がったことを考えるに中だるみは痛かった。一応、1年目の自分を超えるという最低目標はクリア。

今年はポジションを攻めすぎていたようで、出力的には行けるはずのところが全然いけなかった(おかげで空力は相当良かった)。練習段階で気づくべきだったのですが、ITTはあまりやらなかったのでここまでとは思いませんでした。来年はTTTも含め、もう少し出力の出しやすいポジションで臨んだ方が良いと思った、TTTでももっと引けるはず。後は写真を見るに、特にITTではテール付きのヘルメットは微妙だった。それから、最近疲れてくると左足のペダリングがぐちゃぐちゃになってくる気がするので何とかしたいところ。



今回の試合では多くの方々にお世話になりました。今回植田のご実家に宿泊させていただき、植田含めご家族には大変お世話になりました。ありがとうございました。お父さんには買い出しなどもしていただき本当に助かりました。毎年のことながら、TTTに当たって準備段階からサポートをしてくださった柿木さんありがとうございました。ITTの日には会場に来てくださって気合いが入りました。OBの岩崎さん、宮崎さん、洋和さん、水田さん、浦、林、上村、それから部員のみんな。応援やサポート、立哨をしていただきありがとうございました。三宅監督も2日間朝早くからありがとうございました。もっと上を目指してやっていきたいと思います。

さらに、Michelin Pro4やPowerをご提供いただいている日直商会様ありがとうございました。今回の試合でもばっちり使わせていただきました。

次は再来週の個人ロード。僕含め東大から何人も完走者を出したいと思います!

[] 18:27

土曜日 TTT立哨

コース脇にひたすら立ってるだけだったが、他大の選手も含め速い人の走りが間近で見れた。スピード感を見れて良い刺激になった。

日曜日 ITT

自分の性格からしてもっと緊張すると思っていたが、この日は大丈夫で朝ご飯もしっかり食べられたのは良かった。ペースが分からなかったので往路は抑えめに行き、復路から上げ始めたが終わってみると前半からもっと追い込めたと思う。また、折り返し直後の向かい風になった所でスピードを落とさないこともできただろう。去年の加藤先輩のタイムも下回る遅さで最下位だった。数え切れない人数に抜かれたので、次は抜く方になりたい。

監督やOBの方々、暑い中サポート本当にありがとうございました。

[] 22:34

ITT

結果は、わざわざ書くまでもないですが、「下から数えて何番目」というところだった。それでも、初めて大会に出場し、多くのことを学ぶことができた。また、強い選手の走りを見て、意識の面でも成長したところがあったと思う。

レースの反省点としては、前半もう少し攻めた方が良かったかもしれない。後半向かい風の中で足が止まるのを恐れて中途半端になってしまった。

終わりに、今回私が大会に出場し、走りきることができたのは、競技班の皆さん、大会関係者の皆さんをはじめ、書ききれないほど多くの方々の支えによるものだという事をひしひしと感じています。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

[] 23:12

5/28 TTT

立哨の仕事を精一杯やった。強い選手の走りを間近で見られたのはいい刺激になった。

5/29 ITT  0:56'17''774

初レース。一つ前の人がポイントレースのジュニアチャンピオンで一瞬で見えなくなってしまった笑ので、あせって序盤はペースを上げすぎてしまった。復路はほとんど垂れてたし、残り3kmで上げる余裕もなかった。まあ初レースだしサイコンもついていないので仕方がない気もするが、他人のペースにあまり惑わされないようにしたい。

最後に、二日間を通してロードレースが多くの人の支えのもと行われていることを実感しました。本当にありがとうございました。

[] 23:59

土曜 TTT立哨

先輩方や他大の、チームでの走りを見ることができた。が、暑さにやられてほとんど覚えていない。日焼け止めの重要性を知る。

日曜 ITT

往路は「あれ?これ結構楽じゃね?」と思うくらいの速度でいい、と先輩方には教えてもらっていたけれども、往路で抜かれまくると萎えて不完全燃焼に終わりそうな気がして、不完全燃焼になるくらいなら追い込んで死んだ方がましと思い、序盤からちょっととばした。とばしてるので楽ではなかったが、追い風のおかげもあり、折り返し地点までの距離は割と短く感じて、復路に入った時点で萎えていなかったのはよかった。復路に入るとすぐにケツが痛くなり、シッティングがツラくなる。シッティングが我慢の限界になるとダンシングをするが、ダンシングをするとすぐに太腿が攣りそうになるのでシッティングに戻す。疲れというよりはケツと太腿の痛みに耐えることがダルかった。サイコンがなかったので実際はどうかわからないが復路でもそこまで減速せずに済んだと思う。走りきった後はケツ割れした。追い込めた証拠だと思いたい。

結果を見てみると2秒差で慶應の人に負けてるっぽくて悔しかった。

これから練習に取り組んで強くなります。

監督や来てくださったOBの方々はありがとうございました。

2016年05月29日日曜日

[] 19:41

金曜 高強度インターバル

土曜 TTTサポート

サポートの合間にちょこっとローラーに乗っただけ。

メンバーの4人はお疲れ様でした。チームに貢献できず申し訳ない。1年生も立哨ありがとう。2年生も朝練から1年生の指導等から当日のサポートまでありがとうございました。

日曜 武蔵五日市方面へ

疲れていたので遅め起床遅め出発で甲武〜都民の森に行く予定だったが、分岐までのペース走で持病の気管支喘息で呼吸が苦しくなり、甲武登った感じダメそうだったので引き返す。萎え。なぜかこの時期に多いし、修善寺でも後半に出てきたし、対策を考えなければ。

立哨してくれた、宮崎さん、林さん、上村、加藤ありがとうございました。

[] 21:23

ITT クラス3 11位 44分53秒 avg.41.17km/h

昨日の疲れはまあそれなりに残っていてケツとかは結構痛いが最低限は頑張ろうと思ってた。

何故か出走5分前にクリートが急にはまらなくなって割とイライラしながら出走。なんとかクリートをはめてスタートしたがダンシングした瞬間にクリート外れて15秒くらい損するし、変な角度でしかはまらいしで普通にどうでもよくなりそうだったが、なんとか気持ちを保って走る。その後は予想に反して快調に走り5人くらい抜いてゴール。タイム、出力的にそこそこだなと思ってテントに戻ったら昇格あるかもと言われたので、少し期待しつつもまあないだろうと思ってたいたら、案の定青いジャージのチームがあり得ないタイムですっ飛んでたので普通に無理だった。

この二日間立哨して下さった方々、サポートして下さった方々、また宿泊させていただくなど今回の大会に関して多大な援助をして下さった植田家の皆様本当にありがとうございました。

[] 22:00

TTT12位

自分のできるであろう範囲のことはやっただけに残念。これが実力か。

1往復目は練習通り。特になし。

2本目往路できついなあ、でも時間、出力は大丈夫。しっかり休まないと死ねるな。くらいだったのが日大とのごたごたで消耗。貫名がいなくなって休めなくなって、僕の引ける時間が短くなっていってダメダメなゴールだった。

自分個人の問題はたぶん見つからない。1往復半は柿木さんと前もって話していたことはできたし、ゴタゴタ+貫名が消えたことをカバーできなかったのは自分の実力じゃできないことだと思う。それよりも練習をしっかりコントロールすること、自分一人が経験者なんだから経験を還元すること、メンバーと引く時間や出力を話し合うこと等が足りなかったんじゃないかなと思う。そこは準備段階の問題で、そういうのをしっかりしないと強い人がいない現段階ではどうやっても結果を残せない。周りのチームが速かろうが遅かろうが関係なくて、自分のチームのベストを引き出せなかったのはある程度は僕の責任なのかな、なんて思ったりもするので反省点はしっかり控えて来年にリベンジを果たそうと思う。試合後は植田家で過去最高のおもてなしを受けてきた。おかんのおかんは最強である。

ITT27位

僕も植田も1分勘違いしてて、ぬか喜びしていました笑。もし勘違いタイムなら18位くらいなので割とおおってなったのですが…。

昨日の疲れは感じるものの、みんな同じ条件って言い聞かせて無視しまくっているうちに感じなくなっていい状態で出走。貫名の教えてくれたアップも本当に良かった。往路は追い風で怖いくらいのスピードが出る。出力は練習よりやや上くらい。折り返しまではきついと楽の間くらいだった。折り返し後は大殿筋がつらかったけど調子はよさげだったのでやや上げたパワーではいっていく。折り返し後5分からの10分ほどは天国を見続けて残り3キロ。踏んでも踏んでも今まで出し続けていたパワーのほんの少し上しか出なくて地獄の3キロを終えてゴール。帰ってパワーデータを見ての反省は前半からもう少しあげなくちゃいけなかったかなと。多分前半のペースに関わらず、後半はきつい思いをするのがTTの怖さなんだろうなと思う。僕はまだできると思うし、このきつさ、順位では満足できないししてはいけない。どうもパッとしない成績ばかりですが、自分はできるという根拠のない自信だけはあるので、何が足りないのかを監督・柿木さんを頼って成長していきます。

2日間多くの人に助けていただき、応援していただきました。日直商会様の水口さん、OBの洋和さん、水田さん、浦さん、林さん、うえむー、岩崎さん、柿木さん。そして2日とも監督にはアドバイス等いただきました。植田家では植田以上のマネージャー能力がある両親に大変お世話になりました。本当に感動するレベルの待遇でした。その他サポートの方も含め、2日間ありがとうございました。

最近応援されていることを実感することが多く、本当に励みになります。結果が伴わない自分を不甲斐なく思うこともありますが、どんな時でも支えてくれる植田や柿木さんがいるので僕は前を向いて練習するだけだなといつも感じます。必ず結果で返しますので引き続き応援よろしくお願いします。

[] 22:52

昨日 TTTサポート

メンバーの四人はお疲れ様でした。来年…は難しくても再来年は選手として結果に貢献できるよう強くなりたいです。サポートして下さったOBの方々ありがとうございました。

今日 ITT クラス3 29位 47'29 Ave38.91km/h

Ave39km/h超えを最低目標にあわよくば40km/hを超えるつもりで。往路追い風復路向かい風だが風は強くなったり弱くなったりだったので、往路の速度設定は感覚に任せ、復路平均で往路平均ー40km/hの貯金を使い切らないように頑張る予定だった。

序盤は頑張らなくても45km/h以上が出るが、風が弱まったのか突っ込んでただけなのかこれ無理だなと悟り42〜3km/hに落ち着く。しかし、7分半経過5.5km地点で後輪バトンに貼っていたスピードメーターのマグネットが飛んでいき時速その他が不明に。何重にも固定しなかったことを反省。ケイデンスだけはわかるので往路はそのままのギアでケイデンスを維持することにするも、徐々にたれてしまう。折り返しで変速してからは自分の勘を信じて走る。すぐに能活に抜かれ、朝日の選手多数にも抜かれるがペースは上げられない。股が痛すぎて痛い痛いしか考えられないが、自分に檄を飛ばして走る。残り3kmでも上げる余裕はなく、1km辺りからやや上げてゴール。

結果的に39km/hすら超えられず、悔しいの一言。走ってる時はキツかったが終わった時は死に切れた感が無く、メーターやサドルの件など準備も含めてもっとできたと思ってしまう。ただ仮にその辺を詰められたとしても大した順位にはならないし、長岡井上とのタイム差を見ても実力通りの結果だと思う。7月の三連戦で昇格を目指そうにも今の実力では話にならないので、乗り込みを前提に高強度の改善に重きを置いて取り組んでいきたい。

朝早くから運転、アドバイスしてくださった監督、応援に来てくださった柿木さん、立証、サポートしてくださった宮崎さん、林さん、魁さん、植田さんと植田さんのお父さん、加藤、本当にありがとうございました。