蝸牛の歩み RSSフィード

2016-07-06

[]マンホール探し 00:24

f:id:xnissy:20160706145949j:image:w320

いつぞや探していたマンホール、電話の修繕の業者さんが1つ探し出してくれた。完全に木の根に覆われていた。さて、あと一つ。ユンボで掘って探したが、図面通りの場所にはないようだ。金属探知機を使う場合もあるが、レンタルするのに費用がかかるので今回は使わないんだそうな。ちょっと調べたらスマホ用の金属探知機アプリもあるけど、埋まってるマンホールのフタを探知してくれるかな?

2016-07-05

[]タマシキゴカイのような糞をする生物 21:56

f:id:xnissy:20160702115611j:image:w320

「干潟のモンブラン」と言えば、タマシキゴカイの糞と相場は決まっている。

ところが、その下を掘ってみると、よく分からない生き物が出てきた。

f:id:xnissy:20160702115110j:image:w320

はて、環形動物なのか、棘皮動物なのか、それ以外か、門レベルでわからない。

f:id:xnissy:20160702113106j:image:w320

しばらくすると、こんなふうに、あちこちくびれてしまう。

f:id:xnissy:20160702121417j:image:w320

こちらはタマシキゴカイ。ん?ひょっとして同じ?さっきのは子ども?

f:id:xnissy:20160705110144j:image:w320

f:id:xnissy:20160705111046j:image:w320

エラの発達具合が全然違うけど、やっぱり同じかな。ということで、タマシキゴカイのような糞をする謎の生物はやっぱりタマシキゴカイだったようだ。

2016-07-02

クマゼミ、ニイニイゼミ初認 08:01

今日は自宅でクマゼミ初認。

昨日、職場でニイニイゼミ初認。もっとも、他の人はもっと前から聞いていたようだ。

2016-07-01

[]貝類のフタは革質か角質か 19:55

貝類の多くはフタを持っている。サザエのように石灰質のフタを持っているグループのほかに、タニシのように茶色っぽくて比較的薄い、弾力のあるフタを持つグループがいる。このフタのことを、「角質のフタ」と言ったり、「革質のフタ」と言ったりする。どちらが正しいのだろう。この疑問は、カタツムリ展のときだったか以前調べたことがあるのだが、今回調べ直したら新たなことがわかったので備忘録として書き残しておく。

貝類のフタは何かというと……英語版wikipediaの「Operculum (gastropod)」によると corneous だという。リーダーズによると、corneousの翻訳は「角質」。日本語の文献で「角質」という用語が使われるのは、翻訳が元かもしれない。「角質」というのは、wikipediaや生物学事典によるとケラチンのことである(wikipedia:角質)。ケラチンとは硬タンパク質の一種。

ところが、wikipediaの corneous を見ると、違うことが書いてある。哺乳類では普通ケラチンだというのはいいとして、それ以外に巻貝のフタを記述するのに使われるという。巻貝のフタの場合は、"Corneous opercula are made out of the protein conchiolin." コンキオリン(wikipedia:コンキオリン)というタンパク質でできているという。角質(ケラチン)じゃないのだ!

もっとも広辞苑では「角質」は、「1.生物体を被う、特に硬質な外被、およびその変形物。クチクラなどの分泌、細胞の角質化により形成され、内部を保護する。ケラチン・コラーゲン・フィブロインなどの硬蛋白質が主成分。2.無脊椎動物の石灰質でない殻の成分。」と少し異なる説明になっている。この意味であれば、巻貝のフタは角質であると言えそうだ。しかし、ケラチンと間違われる可能性があるので不適切だと思う。

「革質」というのは、wikipediaや生物学事典には項目がなく、広辞苑によると「 植物の表皮などの、革のようにかたい性質。」こちらは、成分ではなくて性質を言っているらしい。この意味でも、巻貝のフタは革質であると言っても間違っていないようだ。

日本語の文献として、佐々木 猛智さんの「貝類学」を見ると、p.159に蓋という項目があり、次ページに「多くの蓋は有機質であるが、石灰化するグループがある」という記述がある。なるほど、有機質と書けば間違いはないだろう。

今調べた範囲では、巻貝のフタは革質とか角質と言っても間違いではなかもしれないいが、有機質と言うのが良さそうだ。もし、もっと詳しく成分を言う場合には「コンキオリン」というタンパク質でできている、と言うのが正確なんじゃないかと思う。

2016-06-28

[]アブラゼミ初認 19:10

iPhone SEにしたらいままで日記を書くのに使っていたiHatenaSyncが起動しなくなってしまった。

ともかく、職場の駐車場にてアブラゼミ初認。いつもはニイニイゼミの声を先に聞くような気がする。今年は私が聞いてないだけかも。

この日記では生物の種名を漢字で表記している場合があります.
「蝸牛の歩み」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です.
「蝸牛の歩み」は楽天アフィリエイトに参加しています.