米沢嘉博記念図書館報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-04

[][]日野日出志「原色の地獄」 18:35 日野日出志「原色の地獄」を含むブックマーク 日野日出志「原色の地獄」のブックマークコメント

出演:日野日出志(マンガ家)

聞き手:瀧川鯉朝(落語家)

日時:2018年8月4日(土) 16:00〜17:30

場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

参加には整理券が必要です。

当日12時から2階窓口で整理券を配布いたします。

明治大学学生・教員および、すでに当館会員にご登録いただいている方も、

整理券が必要です。


内容

 怪奇マンガの第一人者である日野日出志氏に、恐怖ものを描くようになったきっかけ、制作中のエピソード等についてお話しいただきます。聞き手は7-80年代マンガおよびサブカルシーンに詳しい落語家の瀧川鯉朝師匠です。

2018-06-09

[][]今こそ読みたい戦後怪奇マンガ&『戦後怪奇マンガ史』 18:35 今こそ読みたい戦後怪奇マンガ&『戦後怪奇マンガ史』を含むブックマーク 今こそ読みたい戦後怪奇マンガ&『戦後怪奇マンガ史』のブックマークコメント

出演:米澤英子、想田四、成瀬正祐、白峰彩子(本書協力者の皆様)

日時:2018年6月9日(土) 16:00〜17:30

場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 『戦後怪奇マンガ史』の概要・意義、制作中のエピソード等についてお話いただきます。

また、本編で紹介されているマンガ、あるいは紹介したくともしきれなかったのであろうマンガの中から登壇者お薦めの怪奇恐怖マンガを紹介していただきます。

2018-06-01

[][]米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展 17:11 米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展を含むブックマーク 米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展のブックマークコメント

〜怪奇・恐怖マンガの系譜1948-1990〜

米沢嘉博記念図書館 企画展

米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展

〜怪奇・恐怖マンガの系譜1948-1990〜

f:id:yonezawa_lib:20180601170421j:image

■会場:米沢嘉博記念図書館 1階

展示コーナー

■期間:2018年6月1日[金]〜2018年9月30日[日]

 詳細は当館サイト(下記URL)をご覧ください。

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-kaikimanga.html

2018-05-19

[][]おきあがりこぼしPJ応援イベント 18:35 おきあがりこぼしPJ応援イベントを含むブックマーク おきあがりこぼしPJ応援イベントのブックマークコメント

山根青鬼トーク&「名たんていカゲマン」アテレコライブ

出演:山根青鬼(マンガ家、日本漫画家協会理事)

日時:2018年5月19日(土) 16:00-17:30

場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 おきあがりこぼしプロェクトの一環として4度にわたりライブドローイングを開催してくださった山根青鬼先生とその一門会のみなさんによるイベント。山根青鬼先生に、代表作「名たんていカゲマン」の誕生秘話などをお話しいただきます。また、カゲマンのモーションコミックに声優さんや一門会のマンガ家さんたちが声をあてる、アテレコライブを行います!!

2018-04-07

[][]ウクライナ「マンガこぼし」顛末記 18:35 ウクライナ「マンガこぼし」顛末記を含むブックマーク ウクライナ「マンガこぼし」顛末記のブックマークコメント

出演:ちばてつや(マンガ家、日本漫画家協会理事長)

  森田拳次(マンガ家、日本漫画家協会常務理事)

日時:2018年4月07日(日) 16:00-17:30

場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 おきあがりこぼしプロジェクト ウクライナ展に参加したマンガ家3名に、ウクライナでのこのプロジェクトの受け入れられ方、そこから感じた思い、このプロジェクトの成しえたことなどをお話しいただきます。

2018-03-11

[][]マンガ家の社会貢献としてのおきあがりこぼしプロジェクト 18:35 マンガ家の社会貢献としてのおきあがりこぼしプロジェクトを含むブックマーク マンガ家の社会貢献としてのおきあがりこぼしプロジェクトのブックマークコメント

出演:ちばてつや(マンガ家、日本漫画家協会理事長)

  森田拳次(マンガ家、日本漫画家協会常務理事)

日時:2018年3月11日(日) 16:00-17:30

場所:明治大学 リバティタワー9階1096教室

料金:無料

会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 今回のおきあがりこぼしプロジェクトなどをはじめ、大きな天災や人災があったとき、マンガ家が社会活動をすることの意義。マンガ家らしい国際交流とは何か。それは作品にどう還元されていくのかなどについて、たくさんの社会活動にかかわっていらしたちばてつや先生、森田拳次先生にお話しいただきます。

2018-02-09

[][]おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学17:11 おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展を含むブックマーク おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展のブックマークコメント

100人超のマンガ家による かわいい社会支援

米沢嘉博記念図書館 企画展

おきあがりこぼしプロジェクト明治大学展

100人超のマンガ家による かわいい社会支援

f:id:yonezawa_lib:20180125152620j:image

■会場:米沢嘉博記念図書館 1階

展示コーナー

■期間:2017年9月29日[金]〜2018年1月28日[日]

 詳細は当館サイト(下記URL)をご覧ください。

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-koboshi.html

2018-01-25

[][]展示紹介記事のお知らせ[おきあがりこぼし展] 17:11 展示紹介記事のお知らせ[おきあがりこぼし展]を含むブックマーク 展示紹介記事のお知らせ[おきあがりこぼし展]のブックマークコメント

WEBサイト「マガジン航」にて、

当館開催のおきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展の紹介記事が公開されました。

本展示監修者の小田切博氏による、プロジェクト全体から本展示の概要までをまとめた記事になります。

https://magazine-k.jp/2018/01/23/okiagari-koboshi-project/

当館サイト

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-koboshi.html

2018-01-21

[][]トークイベント「チェコ・コミックの出版、展示」 18:35 トークイベント「チェコ・コミックの出版、展示」を含むブックマーク トークイベント「チェコ・コミックの出版、展示」のブックマークコメント

出演:

トマ−シュ・プロクーペック

(モラヴィア美術館研究員/Analphabet Books代表)

日時:2018年1月21日(日) 16:00〜17:30

場所:米沢嘉博記念図書館2階閲覧室

料金:無料 (※会員登録料300円が別途必要です)会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 チェコ・モラヴィア美術館における、チェコ文化、特にコミックスの展示の方法や、ファンの受容の在り方などチェコ・コミックの現在をお話しいただきます。

2017-12-16

[][]ガイマン賞2017トークイベント「ガイマン賞2017結果発表!」 18:35 ガイマン賞2017トークイベント「ガイマン賞2017結果発表!」を含むブックマーク ガイマン賞2017トークイベント「ガイマン賞2017結果発表!」のブックマークコメント

出演:柳澤はるか (『マッティは今日も憂鬱』翻訳者)、

樽本周馬 (『HERE ヒア』編集者)、

ガイマン賞実行委員会

日時:2017年12月16日(日) 16:00-17:30

場所:米沢嘉博記念図書館2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料300円が別途必要です

会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

内容

 10月1日から11月30日の2カ月間にわたって行なわれる読者投票に基づき、ついにガイマン賞2017とガイマン読者賞が決定! 上位作の関係者をお招きし、該当作を中心に今年のガイマン賞を振り返ります。

柳澤はるか(やなぎさわ・はるか)

 1985年生まれ、東京大学文学部言語文化学科卒業。文化、コミュニケーション、ジェンダー、教育、働き方などを題材に日本と北欧、双方について取材記事の執筆や翻訳などを手がける。北欧文化に精通し、とりわけフィンランドの森とキノコ、サウナと湖が大好き。翻訳書に『マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議』『マッティ、旅に出る。 やっぱり今日も憂鬱』(いずれも方丈社)。よく読む本のジャンルはエッセイとノンフィクション。

樽本周馬(たるもと・しゅうま)

 1974年奈良県生まれ。国書刊行会編集部。主な担当書籍にエイドリアン・トミネ/長澤あかね訳『サマーブロンド』、『キリング・アンド・ダイング』、マット・マドン/大久保譲訳『コミック文体練習』など。