スマートフォン用の表示で見る

大東文化大学

一般

大東文化大学

だいとうぶんかだいがく

東京都板橋区高島平に本部を置く私立大学

駅伝ラグビーバスケットボールの強豪、書道の名門として有名。

中国語教育の伝統が長く、中国からの留学生も多い。

1923(大正12)年に国会の決議で設立され(大東文化学院)、私学としてはめずらしい創立のしかたをしている。

終戦直後GHQの命令で一時的に「東京文政大学」に名称変更していた時期がある。

本校所在地は九段下池袋→高島平と変遷。

東日本縦断駅伝(青東駅伝。2002年で終了)の埼玉県チームに駅伝関係者が関わっていたためか、本校が東武練馬or西台(板橋区)にあっても、なぜか埼玉県の大学(一部学部の1,2年次は高坂(埼玉県東松山市)に通う)と思われやすい傾向がある。

箱根駅伝で山登りのスペシャリストを輩出する背景には、東松山キャンパス周辺の起伏のある地形が関与しているのかもしれない。

東松山キャンパスの建築設備(ガラス張りの円筒状のオーバーブリッジが南北を貫く構造)は他校併願者の気もかなり引くと思われる。

スクールバスの本数は多く(高坂駅にはバス停直通出口がある)、駅から離れていても

板橋・高坂とも不便は少ない。(大学によっては路線バスを利用するしかない大学もある)

遊び場の本拠地は池袋東武東上線利用率が高い。

都心に近い割には東武東上線沿線は地価も手頃のため、卒業後も東武東上線沿線に定住する人も多い。


付設校に大東文化大学第一高等学校がある。