文字列射出装置!

2018-04-19 笑顔で最高って言えるか?

[]70、再発防止。

新しい体裁になんとなくなれませんね。

 

昨日の話。

雨だったため愛車の自転車封印して徒歩で出勤。

勤務後にとっても眠かったので夕飯食べてすぐ就寝。

今日の話。

怒られながらも仕事は完遂。

 

まあ相変わらず書くこともありません。

ステラ祭り、たくさんするつもりでしたけれどほぼやってないですね・・・

[][]できない/ゆらゆら帝国

D

お馴染みのゆらゆら帝国

第2回にして既にネタ切れ感がありますけれども、まあ、予想の範囲内です。

曲以外のカテゴリも考えましたけれど、整理する時間が足りないので安定で。

 

できない、すごく歌詞が好きです。

この曲に限らず、ゆらゆら帝国の曲には無気力さを否定するわけでも称賛するわけでもなく、ただ表明しているだけのような歌詞が多いように感じます

できない、あえて抵抗しない、昆虫ロック、ズックにロック、などなど。

僕が聴きはじめるだいぶ前、高校の後輩が貼っていたゆらゆら帝国動画を見て、何も感じなかったか、せいぜい「気持ち悪い歌(い方)だな」と思った程度だったんですけれど、時はたって好みは変わるといいますか。

気分の浮き沈みや他の部分の影響も大きいんだとは思いますけれど、一番低くなる直前くらいに聴きはじめて一時期はかなり聴いていましたね。

どうでもいいんですけれどその後輩のブログ消滅しているように思います、悲しいですね。

 

曲的には、あえて抵抗しないと併せてうねうねしたようなどろどろしたような感じで、最初に聴いたときはこの曲のインスト脳内で延々反響していました。

一見単調に感じる演奏ですけれど、それ故に中毒性があるというか。

発光体のように順当にかっこいい感じも好きですけれど、こういう曲とか空洞ですとかのような曲も良く、「完成してしまった」というバンド解散理由ある意味納得できるように思います

 

とにかく、知り合い界隈でゆらゆら帝国を聴いている人がほとんどいないため、とっても悲しいです。

あとできない、カラオケに入れてほしいですね。

まあ、この曲もそうなんですがゆらゆら帝国の曲はサビの歌詞がともそうればどうでもよかったり意味わからなかったりするのも多いので、何ともという感じかもしれませんけれどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180419

2018-04-17 そんな気分で楽しい一日が始まるの。

[]69、有限のリソースに誰も読まない何もなかった報告を増やしていくのはもったいないよねという話。

日記という事でその日にあったことを書こうとすると何にもないし、最早ここの存在意義存在することだけになってしまう感じなので、好きなものや気になっているものや好きだったことについて、1個ずつ書いていこうかな、なんて。

最近漫画は買うばかりで全く読んでいないこととかを、感想とか書いてモチベーションアップにつながったらいいかなという狙いもあります。曲とかもほとんど新規開拓がないので、なんかこう、閉じて行っている感じがするので。好きなものなどについて1個づつ書いていけば、例えば自分DAP内に300曲くらい*1は入ってるはずなので、その他のことと併せてまあ1年くらいはネタに困らないかなという魂胆もあります。さらにいうと、こう、知り合い界隈で微妙趣味方向性が合わないためあんまり語る機会みたいなのがないというのも要因としてあります。

 

内容的には好きな曲だったりその歌詞だったり、漫画アニメやその登場人物やせりふだったり、食べ物だったり、概念だったり。まあ何でもいいや。

1日1記事ペースにしようとも思ったんですけれど、方向や密度をきっちり決めてしまうと必ず挫折するので、気が向いたときに気が向いた内容を。

まあこれじゃあ今までと何ら変わらなくなってしまうのが目に見えているので、とりあえず新しいカテゴリを作ったりして、まあなんとなくあやふやにやっていきたいと思います。ついでに体裁ちょっと整えよう。

MtGデイリーデッキ記事を書いている岩showさん、改めて毎度あの分量をあのペースで書いているのは相当すごいなと思います。ああいう風になれたらという目標はありますけれども、まあ無理ですね。

 

という事で、以下第1回予定。更新なかったら察してください。

[][]ハミングがきこえる/カヒミカリィ

第1回兼タイトル復帰回ということで、何の脈絡もないし普段から聞いている曲ではないんですけれど。

D

最近、なんとなく思い出して聴いてみました。

個人的ちびまる子ちゃんOP曲で一番印象に残ってるのはこの曲で、おどるポンポコリンあんまり好きではなかったりします。

嫌いな曲の話などは置いておくとして、曲単体でもこの曲はかなり好きというか、嗜好にあっていという感じがします。

ボンボン跳ねるようなジャズベースに女性のウィスパーボイス。いやまあ普段ジャズなんてほとんど聴かないんですけれどね。

ていうかこの曲、カヒミカリィの曲だったことに今気づきました。というか忘れていただけで、カヒミカリィを知るきっかけがこの曲だったような気もしてきました。

まあ、遠い昔の話は覚えていません。何にも。

この他にもキンキのやる気満々ソングとかアララの呪文も好きだった気がしますし、あっけにとられたときのうたもインパクトはすごかったですね。最近知ったんですけれど、たまってかなりの腕の人が揃っていたんですね。

 

話がそれました。

余談ですけれど、この曲やおどるポンポコリンでもあるような、ちびまる子ちゃんOPで出てくるファンシーな感じの背景、昔はとっても苦手でした。

ついでにいうとスーパーマリオブラザーズ3の砂漠太陽を思い出します。あれも怖い。あとUSAのカギをとると追っかけてくる仮面も怖い。

 

こう、気になる曲があるとすぐダウンロードで購入できるので、文明進歩って偉大だなと思いますよね。

でもここに張った動画出自が明らかでなくて合法かどうかわからないですけれど、まあ許して。

*1:数えてないため不明

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180417

2018-04-16

 

[]68、真水。

なんか書き忘れたり夜勤だったりしました。

新しい年度の体制夜勤は、まだ慣れない点があるとはいえ大変かもしれませんね。

それ以外には特に書くことはないです。

 

なんかちょっとおもったので闇の漫画話とか好きな曲話とか書こうかとも思いましたけれど、こう長くやってると大体書いたことがある内容なのと、ここ数年あんまり嗜好が変わってないのとで無意味かなってなりました。

需要があれば書いてもいいんですけれど、そもそも誰も読んでないので需要はありませんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180416

2018-04-13

 

[]67、妄り。

職場歓送迎会でした。

ここでは今まで書きませんでしたけれど、夜勤の組で仲の良い後輩がいて、その彼が異動のため当面の別れでしょうかね。

まあ、仲が良いといっても別に飲んだり遊んだりするわけでもなく、ただ夜勤中に雑談していた程度だったんですけれどもね。

 

それはそれとして、成人式の頃に作ったスーツちゃんと着ることができるようになりました。

これもここには書いていなかったんですけれど、1月下旬からだいぶ体重が戻ってきていて、今ようやく修士前後くらいかそれよりちょい軽くなった感じです。

その代償としてあうベルトがなくなりましたけれどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180413

2018-04-12

 

[]66、真摯さ。

働いたら1日が終わりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180412

2018-04-11

 

[]65、苦渋繰。 02:36

休みだったので冬絵展(今季3回目)に。

ついでにMtGのなにがしかを買いました。

お金の話はやめときましょう。

 

書くことなから書くことないですって書こうと思っていたんですけれども、22時からぷよテトを始めて1時間くらいやったらこ時間でした。

時間とはいったい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180411

2018-04-10

 

[]64、人魂

夜勤をしてきました。

夜勤中の休憩の時に、3か月ぶりの家計簿つけました。大体期間が長いと違算が出るものなんですけれど、3か月で1500円程度とまあまあな感じでした。

 

それよりも、1月後半以降の出費が恐ろしいことになっていましたね。

寛解したのか躁なのかという感じですけれども、まあ違うと思います。

もともと。

お題は何にもありませんでした。

まあ来るとも思っていなかったんですけれどね。悲しいことです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180410

2018-04-08

 

[]63、アブソーブ。

最近はずーっと適当タイトルをつけていたんですけれど、今日タイトルちゃん意味があってこれになっています

まあ、大した意味はないですけれどね。あんまりにも書くことがないので言葉遊びをしてみたという程度の話です。

 

働きました。

あとはイカを操作して、それで大体人生説明が尽きます

 

何かしら長文を書きたいけれど、中身がさっぱり思いつきませんね。

絵や漫画お話を書きたくても書きたいないよいうがないし、楽器演奏したくても弾きたい曲はないし、電子工作したくても作りたいものはないし、料理したくても食べたいものはないし。

すごく大雑把にいうと、死にたくないけれど生きている意味はないみたいなところです。

 

人生で一番精神が死んでいた頃*1は、ここにも書けないようなアレな考えが色々と浮かんでは消えていたけれども、それでも死にたかったことはただの1度の間かったので、無事に生きてます

その頃に比べると今はずいぶん調子がいいのかもしれませんし、負の感情が消えて虚無が残ったようにも感じます

まあでも日々食べていけていてお金にも困っていなくてそんなに悪くない仕事をしているのできっと幸福なんでしょうね。

思うに、自分幸福かどうかの尺度を、どこかに忘れてきたような気がするというか、最初から持っていなかったような気さえします。

別に幸福に限った話ではないですけれど、美味しいとか楽しいとか痛いとか辛いとか。

自分が感じている美味しいが、楽しいが、痛いが、辛いが、幸福が、他人にはどう感じているのか。

 

自分環境生活身体に、考え方だけ他人の脳を移植したとき、その脳は何を感じて何を感じないのか。

あるいは、他人環境自分の脳を移植して、自分は同じように感じ取ることができるのだろうか。

間違いなく別のことを感じると思います。現状幸せな人は誰に移っても幸せだろうし、自分が誰に乗り移っても虚無のまま。

そうであるならば、すべての外的刺激は自分フィルタを通さなければ感じ取れないわけで、つまりすべての物事は各々の脳内だけで完結しているってことなんですよね。

これ、以前にも書いたような気がしますけれど。日々そんなことを考えたり考えなかったりしています

まあ、何にも考えてないし、考えても何にもなりませんね。

時事ネタについて書くのもいいんですけれどもなんか違うし、かといって毎日話題にするようなこともなく、それでいて外に向けて発信するようなこともないです。

僕は昔から将来の夢とか目標みたいなのは一切ないか、明らかに無謀なものしかなかったんですけれど、その時々で憧れというのはいくつかあったりしました。

で、大学修士にかけてあこがれていたのは、研究者パン屋コピーライターコラムニストでした。

コラムニストって、別に目指してなるようなものじゃあないと思うんですけれど。何か専門的に秀でていたり、編集者だったり。どうやってなるかもあんまりイメージが付かないし。

でも、自分が書きたいことというより、あるお題に沿って何かを語る、というのはなんというかとても羨ましく思いました。

当時もここに、常にネタがないと書き続けていましたが、内心では何か書きたいけれど何にも書くことがなかったり全くまとまらなかったり。

今回もそうですけれど、こう期間が長いと、自然と書くこともループしてしまうのでおんなじない様ばっかりになってしまます。まあ何にも成長、変化をしていない証左なんでしょう。

 

これも何度目になるかわかりませんけれど、書くことがないのも主体性がないのも、自信というか自尊心というか、書けているのが原因なんだと自分では思っています

若しくは逆に、そういうものが足りないから自信が欠けているのか。

鶏と卵の比喩よろしく、どちらが因でどちらが果かわかりませんけれども、いったんそういう状況に陥ってしまうと、そういう志向スパイラル形成されて閉じていってしまます

一度失ったもは取り返すことも埋め合わせることも難しい、なぜなら取り返したり埋め合わせることができる人は一度も失わないような人だから

 

 

 

 

みたいな。

まあ要するに、書くネタがないのでなんかお題くださいってやつです。

誰も見てないし誰もくれないけれどね。

以前の週刊お題みたいなやつ、結構好きだったけれどなくなってしまったんですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180408

2018-04-07

 

[]62、禁じられた遊び

間が空いてしまい案下が、一昨日はお金をたくさんとっても使いました。

道具とか家具とかゲームとかそういうのに計7万円程度。

 

で昨日は仕事してゲームして、今日休みゲームして。

ぷよぷよテトリスをしているんですけれど、誤クイックドロップが多くて悲しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180407

2018-04-04

 

[]61、好意

夜勤をするとこれといって書くことのない日々が量産されますね。

まあ夜勤をしなければそこから夜勤が無くなるだけなんですけれどもね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zeppeli/20180404