アンライバルド

アンライバルド

(スポーツ)
あんらいばるど

アンライバルド

生年月日 2006年4月13日生まれ・牡・鹿毛
生産者 ノーザンファーム(北海道安平)
ネオユニヴァース
バレークイーン
母の父 Sadler’s Wells(サドラーズウェルズ)
馬主 (有)サンデーレーシング
管理調教師 友道康夫(栗東)
競走成績 6戦4勝(2009年6月現在)
主な勝ち鞍 スプリングS 皐月賞
備考 半兄フサイチコンコルド ミラクルアドマイヤ ボーンキング



アンライバルドは栗東トレーニングセンター友道康夫厩舎に所属する競走馬。半兄に日本ダービーを制したフサイチコンコルドなどが居る血統。

2008年(2歳シーズン)

10月26日の京都競馬第5レースでデビューした。後の二冠牝馬ブエナビスタ、東京優駿2着のリーチザクラウンに次ぐ3番人気で出走し、中団前めから直線に入ると後続を引き離し初勝利。なお、菊花賞馬のスリーロールス(4着)も出走していた。2戦目の京都2歳Sは主戦の岩田康誠騎手が落馬負傷したため急遽乗り替わり、その影響か1番人気ながら3着に敗れた。

2009年(3歳シーズン)

1月の若駒Sから始動。単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持され、レースは直線追い出すと楽に抜け出し優勝。続いてスプリングSに出走、中団からレースをすすめ直線で2着レッドスパーダを半馬身抑え優勝した。皐月賞はロジユニヴァース、リーチザクラウンに次ぐ3番人気で出走、16番枠からやや後方でレースをすすめ直線を向くと弾けるように突き抜け、ゴール前迫られたものの2着トライアンフマーチに1馬身1/2差をつけ優勝した。この年初年度となるネオユニヴァース産駒としてはGI級レース初勝利。あわせて史上6組目の父子皐月賞制覇。日本ダービーは単勝2.1倍の1番人気で出走。前々日からの長雨により過去に類を見ない不良馬場でレースが行われ、道中中団でレースをすすめたものの見せ場のない12着に敗れた。神戸新聞杯ではイコピコの4着に敗れ、菊花賞では途中躓いて大敗。有馬記念では先行するも大失速で殿負けを喫した*1

2010年(4歳シーズン)

調整中に屈腱炎を発症。長期休養に入る。

アンライバルドの血統



ネオユニヴァースサンデーサイレンス
*Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ポインテッドパスKrisSharpen Up
Doubly Sure
Silken WayShantung
Boulevard
バレークイーン
*Ballet Queen
Sadler’s WellsNorthern DancerNearctic
Natalma
Fairy BridgeBold Reason
Special
Sun Princess*English PrincePetingo
English Miss
Sunny ValleyVal de Loir
Sunland

リスト::競走馬

*1:スリーロールスが競走中止。

新着ブログ: アンライバルド