エアアジア・ジャパン

(地理)
えああじあじゃぱん

2015年の日本市場再参入新計画におけるエアアジア・ジャパン。
現行では2016年度4月期より順次運行開始予定としている。

2015年10月現在*1での株主状況は親会社のエアアジア陣営が33%、当初から主要株主の一角に名を連ねていた楽天に続きノエビアホールディングス(化粧品・健康食品関連)及びアルペン(スポーツ用品小売り)が18%保有となった。

なお、独立系投資会社「オクターブ・ジャパン」は設立時に関与しているが9月下旬の株売却で議決権も放棄しているため、現在は関与していない。

*1:公式では同年9月25日付。

エアアジア・ジャパン

(地理)
えああじあじゃぱん

日本の全日本空輸とマレーシアのエアアジア(AirAsia Berhad )との合弁会社。LCC(格安航空会社)。
2011年設立。2012年から成田空港を拠点に格安航空事業を行う。

経緯

  • 2011年7月22日、「東京〜大阪、飛行機で2400円で行ける」と発表したことから話題になった。
  • 2013年10月26日、利用低迷のため運航を終える。
  • 2013年11月1日、社名を「バニラ・エア」に変更。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ