エビングハウス錯視

エビングハウス錯視

(サイエンス)
えびんぐはうすさくし

(Ebbinghaus illusion)
ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが発見した錯視。相対的な大きさ知覚 (size perception) に関連する、錯視の一種である。