カニ族

カニ族

(一般)
かにぞく

大型リュックサックを背負った登山者、旅行者の俗称。1960〜70年代に流行した。
当時のリュックサックはキスリングという横長型だったため、背負ったまま改札や列車の通路などを通る際に横歩きする姿からこう呼ばれた。後のバックバッカーとほぼ同義である。

新着ブログ: カニ族