カラリパヤット

(スポーツ)
からりぱやっと

Kalaripayattu。
インド南部のケララ地方発祥の伝統武術。
体にオイルを塗り、打撃技、組技、剣、盾、棒、短棒、などを使用する。
マルマン医療、ウリチルというマッサージがある。

少林拳の元になったとも言われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ