カレン族

(一般)
かれんぞく

karen
タイ北部からミャンマーにかけて生活している先住民。山岳民族で、主に女性が農業を行い、男性が狩猟を行って生活している。
首長族のパドン族とカヤン族の他、パーオー族(黒カレン)、ブエ・カレン族(赤カレン)、スゴウ・カレン族、パク・カレン族、モーネプワー族、ポー・カレン族、トンスー族、カヤ族、コヨウ族、ゲコ族、ゲバ族、マヌマノー族、インタレー族、ザヨウン族、インボー族、カレンビュー族、カレンネット族、シンシン族から構成される民族である。現在、独立を求めてミャンマー政府と民族独立闘争を行っているが、多くが迫害を受けて近隣諸国に難民として亡命する者も多い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ