クラウトロック

(音楽)
くらうとろっく

"Kraut Rock"*1

ドイツ(旧・西ドイツ)における60年代末期から70年代前半にあらわれたプログレッシブ・ロックの一大ブームであり、Can、Neu!、ファウスト、アモンデュールIIなどのアーティストをさす。
サイケデリック・アヴァンギャルド志向が非常に強い。
初期クラフトワーク、初期タンジェリンドリームなども含まれる。


「クラウトロック」という呼称は、当初ドイツではなく欧米で使われていた。「ザウアークラウト」とは欧米ではメジャーなドイツ風酢漬けキャベツのことで、「クラウトロック」という言葉には、イタリア産ウエスタン映画を英語で「スパゲッティウエスタン」と呼ぶのと同様の蔑称としての意味合いがある。(淀川長治氏は「スパゲッティウエスタン」を「マカロニウエスタン」として輸入したが、「クラウトロック」はそのまま日本で定着した。)

*1:ドイツ語で「クラウト」は「葉っぱ」「キャベツ」を意味する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ