ケンドー・ナガサキ

(スポーツ)
けんどーながさき

プロレスラー。本名・桜田一男。
1948年9月26日生まれ。北海道網走市出身。刑務所の看守を父に持つ。
188cm、120kg。
中学卒業後、大相撲の立浪部屋に入門。四股名は網走洋。親方とそりが合わなくなり廃業。
1971年に日本プロレスに入門。6月27日の戸口正徳戦でデビュー。日本プロレス崩壊後、全日本プロレスに移籍。1975年10月、天龍源一郎のアメリカ修行に帯同し初渡米。全米各地とカナダ、プエルトリコを転戦した後、一度はマスクマンのドリームマシーンとして外人側で凱旋帰国。1979年8月、フロリダ州でミスター・ヒトと組んでフロリダタッグ王座を獲得。
再渡米した1981年にケンドー・ナガサキに変身。1984年1月にフロリダ州でフロリダヘビー級王座を獲得。
1985年には全日を退団。新日本プロレスに登場。対戦したアントニオ猪木について「燃える闘魂は意外と軽かったよ」とコメント。FMWにも参戦。
1990年、将軍KYワカマツと共にSWS設立。SWS崩壊後、1992年10月にNOWを旗揚げ。しかし経営不振で崩壊。
1995年、グレート小鹿に誘われ大日本プロレス旗揚げに参加。その後、小鹿の意向でバーリ・トゥード挑戦を表明。9月にシューティング主催の駒沢大会でジーン・フレジャーに36秒の失神KO負け。
大日本プロレスを離脱しフリーになり、SPWF、IWAジャパンで活躍。
神奈川県小田原市にちゃんこ料理「ケンドー」、スナック「ケンドー」を開店。 

得意技

  • パイルドライバー


リスト::プロレスラー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ