ジェームス・ハント

(スポーツ)
じぇーむすはんと

元F1ドライバー。イギリス出身。(1947年-1993年)

1973年ヘスケスでデビューし、1976年にマクラーレンに移籍し、ワールドチャンピオンに輝く。
同じくチャンピオン経験もあるフェラーリのニキ・ラウダとはライバル関係にあった。
また、そのプレイボーイぶりでも有名であった。
1979年にウルフに移籍したが、マシンパフォーマンスの低さを苦にシーズン中に引退、以降はBBCで解説者をつとめたが1993年心臓発作で急死。享年50。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ