ジャワ原人

(サイエンス)
じゃわげんじん

化石人類
学名は、発見当初は「ピテカントロプス・エレクトゥス(Pithecanthropus erectus)」だったが、現在は「ホモ・エレクトゥス・エレクトゥス(Homo erectus erectus)」に修正されている。

一九世紀末ジャワ島のトリニールで発見された化石人類。原人に属する。下肢骨は直立歩行に適し、脳容量は類人猿と現代人の中間。眼窩(がんか)上の骨が隆起する。直立猿人。ジャワ原人。


三省堂提供「大辞林 第二版」より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ