チビチリガマ

(一般)
ちびちりがま

沖縄県読谷村にある石灰岩の自然洞窟。沖縄戦で避難壕に使われた自然壕。
1945年4月2日に米軍が上陸した際にチビチリガマに避難していた住民139人のうち82人が「集団自決」遂げた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ