テルミドールのクーデター

(読書)
てるみどーるのくーでたー

フランス革命暦の熱月(テルミドール9日:1794年7月27日)に行われた、ロベスピエール派が失脚するクーデター。この事件を「テルミドールの反動」とも呼ぶ。
逮捕されたロベスピエールらは翌日処刑された。以後、恐怖政治は終わり、先鋭化した革命は穏健・反動的な方向に舵を切ることになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ