Hatena Blog Tags

デュシェンヌ型筋ジストロフィー

(サイエンス)
でゅしぇんぬかたきんじすとろふぃ

デュシェンヌ型筋ジストロフィーは19世紀に記載された筋力低下を主症状とする疾患。略してDMD。
イギリスでは1852年にメリオンが詳細に記載しており、おくれて1868年にフランスのデュシェンヌが報告した。
筋ジストロフィーのうち最も数の多いデュシェンヌ型筋ジストロフィーは、男児に多く、5歳以下の幼児期に発病する。
病気 病名

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ