バネ下重量

バネ下重量

(一般)
ばねしたじゅうりょう

クルマにおいてサスペンション本体、及びその周囲にある部品(ホイール、タイヤ、ブレーキ、サスペンションアーム等)の重量を指す。

いずれもクルマの走行性能に直接関与している部分であり、この部分の軽量化はその他の部分(通称バネ上)の10kg〜15kg(使用用途にて異なる)に匹敵すると言われるため、上位カテゴリーのモータースポーツにおいてはグラム単位での軽量化にまで及んでいる。

最も容易かつ頻繁に行われているのがアルミホイール交換で、メーカー純正から社外製鍛造アルミホイールに交換するだけで、4本で約10kg前後の軽量化となり、大人2人分の大幅な軽量化と同等の効果が得られる。

新着ブログ: バネ下重量