フィギュア

(スポーツ)
ふぃぎゅあ

→フィギュアスケート

フィギュア

(アート)
ふぃぎゅあ

figure(『かたどる』の意味)
転じて、飾って鑑賞する単一成素材の人形のこと。
レジンキャスト・コールドキャスト・ソフビ・塩ビなど様々な素材がある。

1980年初頭に秋山徹郎が美少女フィギュアというカテゴリーを開拓し、フィギュアといえばアニメや漫画のキャラクターをモチーフとした造形物を指す言葉であった。
その後、海洋堂が製作したチョコエッグのおまけの動物がフィギュアとして一般的に認知され、以降、食玩等のおまけの総称をフィギュアと呼ぶようになった。

手や足などの関節を動かして遊ぶことを前提にして造られた人形は、アクション・フィギュアと呼ぶ。
(G.I.ジョー、スポーン、スターウォーズの3.5インチ物が有名。)

「ドール」との違いは?

ドールとは布製の服を着て、髪の毛もドールヘア*1で出来ている人形のこと。
しかしながら、一部の大人向けのものには頭髪を樹脂で造形したドールとアクションフィギュアの中間のようなものもあり*2、明確な分類は難しくなってきている。

*1:化繊。材質はサラン及びトヨカロンがメジャーと思われる

*2:ボークスのカスタマイズフィギュア、メガハウスのアクションフィギュアコレクションプラスシリーズなど

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ