ヘルマン・エビングハウス

(一般)
へるまんえびんぐはうす

(Hermann Ebbinghaus、1850年1月24日 - 1909年2月26日)
ドイツの心理学者。1898年からブレスラウ大学で心理学の教授を務めた。グスタフ・フェヒナーの精神物理学から影響を受け、記憶の忘却の研究を行った。「節約法」という方法を開発し、無意味な綴りを用いて「忘却曲線」を発見した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ