マテリアル

マテリアル

(一般)
まてりある

material〔英〕

  1. 物質、材料、素材、原料、構成要素
  2. 服などの生地、織物
  3. 資料、題材、教材、データ
  4. 用具、道具
  5. 人材、人物
  6. 物質的な、有形の、肉体的な、物欲的な、世俗的な、重要な

……などを意味する英単語。

ビジネスでは

一般的に有機・無機・金属の総称として使われています。
⇒マテリアル生産財、
⇒マテリアル系生産財。

物質主義者,唯物論者

物欲の強い人を否定的に差す言葉。

マテリアル

(スポーツ)
まてりある

スキーやスノーボード等に於いて板、ブーツ、ビンディング(バインディング)など道具のことを指す。

マテリアル

(スポーツ)
まてりある

素材の意味だが、フライフィッシングではフライを作るための材料一般を指す。
マテリアルには、鳥の羽、羽根、獣毛などがある。
鳥は、雄鳥が最も一般的で、スタンダードフライには欠かせない。雌鳥もウイングにしばしば利用される。他にも、孔雀や雉や鶉がよく使われる。
羽根は、コンドルがあまりにも有名だが、一般的なものとして家鴨のものを染色することも少なくない。
また、近年は鴨の脂線まわりの毛が使われることも多く、CDC(キュドカナール)として一般化している。
合成素材は、シンセティックマテリアルと呼ばれ、ウールヤーン、マイクロファイバー、不織布などさまざまなものが使われている。

ネットの話題: マテリアル

人気

新着

新着ブログ: マテリアル