ミドリマキバオー

(マンガ)
みどりまきばおー

フィクション作品内に登場する架空の競走馬。

ミドリマキバオー(うんこたれ蔵

生年月日 1993年4月4日生まれ・牡・白毛
生産者 みどり牧場(北海道鵡川)
タマーキン
ミドリコ
母の父 マルゼニスキー
馬主 飯富源次郎
ドルジ
管理調教師 飯富昌虎(美浦)
競走成績 18戦7勝(うち障害1戦1勝・海外3戦0勝・地方3戦0勝)
主な勝ち鞍 函館3歳S 京成杯3歳S スプリングS
日本ダービー 有馬記念 (2着・皐月賞)
備考 半弟ブリッツ 半妹マキバコ 甥ヒノデマキバオー



ミドリマキバオーは週刊少年ジャンプで連載された漫画「みどりのマキバオー」の主人公サラブレッド。毛色は両親からの遺伝によらない突然変異の白毛である。

父は(架空の)凱旋門賞馬タマーキンで、みどり牧場に繋養されている桜花賞馬ミドリコの初仔として産まれたが、外見が犬かロバにしか見えず殺処分されかけた。

マキバオーは負債のため売却され生き別れとなった母を追い牧場を飛び出し、野犬の出る恐ろしい森で頭の切れるネズミ「チュウ兵衛」と出会い舎弟となる。下ネタ全開のネーミングの数々を経て、「うんこたれ蔵」はチュウ兵衛の付けた名前。みどり牧場の王様「ミドリマキバオー」と馬名登録された後も本名扱いとなった。

競走馬となる過程で宿命のライバル「カスケード」や、後の主戦騎手・山本菅助と出会い、類稀なる勝負根性や潜在能力で「白い珍獣」「白い奇跡」と呼ばれる競走馬に成長する。

マキバオーの必殺走法

  • バレリーナ走法:函館3歳ステークス*1出走前に、ニトロニクス鞍上の木曽から、雨の芝で滑りやすいマキバオーの蹄の弱点を見抜かれてしまい、菅助らが編み出したつま先立ち走法。脚部の不安が残ることから、昌虎は一度猛反対したが、上がり1ハロンのみを条件に許可した。レース終了後は脚部への影響が懸念されたが、幸運にも軽い裂蹄を起こすだけで済んだ。
  • マスタングスペシャル:ツァビデルの側対歩に対して、マキバオーが行うだく足走法のこと。レース終盤あたりなどの勝負どころで使う。
  • きつつき走法:菅助が編み出した走法。マキバオーの頭を上げ下げする様がきつつきに似ていることから名づけられた。
  • ハングオン走法:菅助がとっさに編み出した走法。菊花賞出走時に、急コーナーを曲がりきれなくなりそうになり、バイクのハングオン状態宜しく、マキバオーの騎乗にも応用させた。

ミドリマキバオー(うんこたれ蔵)の血統*2

タマーキン
*Tama Kin
カンパラ
*Kampala
Kalamoun*Zeddaan
Khairunissa
State Pension*Only for Life
Lorelei
Severn BridgeHornbeamHyperion
Thicket
Priddy FairPreciptic
Campanette
ミドリコマルゼニスキーNijinskyNorthern Dancer
Flaming Page
*ShillBuckpasser
Quill
   
 
  
 

*1:現・函館2歳ステークス

*2:この血統はモデル馬から推測したフィクションです。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ