マンガ

カスケード

かすけーど

みどりのマキバオーに登場する黒鹿毛の素質馬。本多リッチファーム所有。父・サンデーサイデンス、母・ヒロポン。名前はコンピューターウイルスの名前に由来するという。

母のヒロポンは「マル外」馬で、当時のエリザベス女王杯*1に出られなかったという悲運の素質馬という過去を持つ。カスケードというダイヤの原石と引き換えに、ヒロポンは死んだ。

2歳馬の頃からミドリマキバオーとたびたび勝負するも格の違いを見せつけようとするが、勝負を重ねるごとに激闘が見られカスケードの体を徐々に蝕んでいった。

やがて不治の難病「マリー病」が発覚するが、それでも外国競馬への挑戦をやめなかった。世界最高峰のレース・凱旋門賞に挑戦するも、カントナに優勝をさらわれ失意の帰国となる。

*1:現在では「3歳牝馬クラシック三冠」の枠組みを外れ、4歳以上の牝馬に条件が緩和されている

環境用語の1つ。

本来は、公園などにある水が流れる階段のことであるが、環境用語では、材料を廃棄する前に別の用途に使うことを指す。

例:

音楽

カスケード

かすけーど

2012年5月16日に発売されるUNLIMITSのシングル。

カスケード

カスケード

カスケード(アニメ盤)

カスケード(アニメ盤)

一般

カスケード

かすけーど