ルーラン

(サイエンス)
るーらん

 メジャートランキライザーの一種である塩酸ペロスピロンの製品名。非定型抗精神病薬。

 抗セロトニン・抗ドーパミン作用を持ち、統合失調症、強い不安感、緊張感、気分の停滞などいろいろな精神状態の改善に用いることがある。統合失調症の陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)と陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)の両方によい効果が期待できる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ