万華鏡写輪眼

万華鏡写輪眼

(マンガ)
まんげきょうしゃりんがん

漫画『NARUTO-ナルト-』の用語。


うちは一族の歴史において、数人しか開眼していないとされる伝説の瞳術。
写輪眼を持つ者が、最も親しい友を殺すことによって得られる。
「月読」や「天照」といった非常に強力な術が使える反面、術者の視力が低下するというリスクを伴う。


うちはマダラ、うちはイズナ、うちはイタチ、うちはシスイ、うちはサスケ、はたけカカシ(うちはオビトから移植)が使用可能