三教指帰

三教指帰

(読書)
さんごうしいき

 空海が出家するのにあたって、儒教・道教を貶め、仏教がもっとも優れているとして書いた戯曲。24歳のころの作で、やや青い気がする文献である。

新着ブログ: 三教指帰