三民主義

三民主義

(読書)
さんみんしゅぎ

中華民国の国父・孫文が提唱した中華民国政治の基本理念。


中国国民党の政綱となり、革命運動の発展とともに、その内容は深化し、孫文の晩年に完成。
民族主義、民権主義、民生主義の三原則によって構成、民有、民治、民享の思想である。

民族主義:民族の独立。(民有)
民権主義:民主制の実現。(民治)
民生主義:地権平均・資本節制による経済的不平等の是正。(民享)


『中華民國憲法』総則の第一章には:
「中華民国は、三民主義に基づく民有、民治、民享の民主共和国とする。」がある。

新着ブログ: 三民主義